日本の映画館の総合データベースです。管理人「かんた」のみが編集可能。

墨田区

戦前の映画館
墨田区域(戦前の本所区と向島区)最古の映画館は、業平橋1丁目にあった業平座であるが、太平洋戦争の戦災で焼失したまま復興しなかった。緑町1丁目には相生館(両国日活館)が、石原町3丁目には第八福宝館(後の本所日活館)があった。第八福宝館は日活の前身の映画会社の福宝堂が設置した映画館である。福宝堂は東京市に1区1館の映画館を設置することを目標とし、1910年(明治43年)の四谷第四福宝館など8館の福宝館を開館させている。1936年(昭和11年)の墨田区域には、寺島町に向島劇場・向島キネマ・向島館・南竜館・寺島電気館・玉ノ井館などがあった。吾嬬町には吾嬬館・橘館・請地館・東成館・宮戸館があった。隅田町には映画館がなかった。*1

現在の墨田区域は明治時代から工業地帯として栄え、工員向けの娯楽施設として商工業者や地主によって映画館が開設された。戦前の現墨田区域には、現業平1丁目の「業平座」、現緑1丁目の「相生館」、現石原3丁目の「第八福宝館」、江東楽天地の「本所映画館」と「江東劇場」、現八広1丁目の「南竜館」、現京島3丁目の「橘館」などの映画館があった。多くの映画館は戦災で焼失した。*2
戦後の映画館
1958年(昭和33年)1月時点の墨田区には29館の映画館があった。*3
江東劇場----------江東橋4丁目1番地(江東楽天地)
錦糸町映画館------江東橋4丁目1番地(江東楽天地)
江東文化劇場------江東橋4丁目1番地(江東楽天地)
めばえ座----------江東橋4丁目1番地(江東楽天地)
江東東映映画劇場--江東橋4丁目1番地(江東楽天地)
本所映画館--------江東橋4丁目1番地(江東楽天地)
リッツ劇場--------江東橋4丁目1番地(江東楽天地)
江東地下劇場------江東橋4丁目1番地(江東楽天地)
江東名画座--------江東橋4丁目1番地(江東楽天地)
江東花月映画劇場--江東橋4丁目1番地(江東楽天地)
両国日活映画劇場--緑町1丁目12番地
向島金美----------寺島町1丁目3番地
墨田文化映画館----寺島町2丁目98番地
墨田オデオン------寺島町4丁目20番地
玉ノ井東映--------寺島町7丁目78番地
玉ノ井新劇場------寺島町7丁目40番地
請地シネマ--------吾嬬町西1丁目37番地
第一南竜館--------吾嬬町西7丁目1番地
吾嬬富士館--------吾嬬町西8丁目30番地
橘新東宝----------吾嬬町西4丁目62番地
昌和シネマ--------吾嬬町西4丁目12番地
国際映画劇場------吾嬬町東5丁目7番地
菊川シネマ--------菊川1丁目9番地
石原ミリオン座----石原町3丁目9番地
墨田大成館--------寺島町6丁目29番地
朝日座------------寺島町4丁目145番地
向島館------------寺島町3丁目46番地
押上シネマ--------業平橋4丁目6番地
両国劇場----------東両国2丁目19番地

戦後の墨田区では、1946年1月に「江東劇場」が再開館し、同年6月には空襲を受けた「本所映画館」も営業を再開した。1949年には「両国日活映画劇場」(相生館)が復旧し、1950年には「錦糸町映画劇場」が開館した。昭和20年代後半には映画黄金期を迎え、1958年の墨田区には29館の映画館があった。昭和30年代後半から映画興業は斜陽となり、1968年には両国日活映画劇場が、1971年には「向島金美館」が、同年には「吾嬬国際劇場」が閉館した。2018年現在の墨田区には江東楽天地の数館が残るのみである。八広南竜通りや橘館通りなど、映画館に由来する通りや商店街もある。*4

『すみだ史談会会報集大成』すみだ史談会、2004年には「すみだと映画の郷土史 映画館の分布」が掲載されている。現物は未確認。*5

東京楽天地  浅草宝塚劇場、浅草テンプル劇場
西子興業   押上シネマ、菊川シネマ、請地シネマ、亀戸劇場(江東)、松江シネマ(江戸川)
深野福次郎  石原ミリオン座、第一南竜、キネマハウス(台東)、入谷金美館(台東)、深川ミリオン座(江東)、豊洲ミリオン座(江東)、木場ミリオン座(江東)、ニューパール劇場(北)、新小岩東映(葛飾)
関口民造   墨田大成館、吾嬬国際、葛西橋映画劇場(江東)
吉本     浅草花月劇場
両国映画   
東京映画興行 
手塚恒雄   墨田文化映画館、墨田オデオン
堀口博信   
中沢茂    
朝倉晴男
古谷照夫
武舎吉弥
江東楽天地
1937年(昭和12年)2月27日には、工業地帯である東京市江東地域の歓楽地として、錦糸町駅前に江東楽天地が設立された。同年11月には本所映画館・江東劇場の3館の映画館が開館し、1938年(昭和13年)には遊園地の江東楽天地も開業した。1945年(昭和20年)3月10日の東京大空襲では、本所映画館以外の施設が壊滅的な被害を受けた。1946年(昭和21年)には江東劇場が営業を再開し、その後遊園地も営業を再開した。1948年(昭和23年)には江東劇場が館内の改装を行い、同年4月には関西の宝塚歌劇団が初めて江東地域で公演を行った。1956年に行われた調査によると、江東楽天地の観客の在住地は江東区が33.0%、墨田区が21.5%、江戸川区が16.0%、千葉県が10.4%、その他が19.1%であり、江東地域が80%を占めていた。*6

1983年11月1日、墨田区錦糸町駅前の東京楽天地が新しいビル「きんし町らくてんち」としてこのほど新装オープンした。地上9階・地下2階の建物の総工費は50億円。東京楽天地は浅草と並んで戦前から下町の映画街として知られる。1937年に東京楽天地が誕生し、下町の歓楽街としてにぎわっていた。昭和30年代には8館の映画館があったが、映画の斜陽化とともに閉館していき、残った映画館も客足が減っている。新装オープンを記念して「らくてんち映画まつり」が開催され、チラシ・ポスター・スチール写真の販売、戦艦大和の模型やゴジラの立像の展示などが行われている。*7

1937年、国鉄錦糸町駅前の工場跡地に東京楽天地がオープンした。芝居の「江東劇場」、映画封切の「本所映画館」の2棟である。戦後の江東劇場は演歌歌手の登竜門として知られ、美空ひばり、橋幸夫、都はるみらが出演した。1960年代には映画産業が斜陽化し、東京楽天地はパチンコ、キャバレー、ボウリング、天然温泉サウナ、ストリップ劇場、バッティングセンターなどの新事業を展開した。1986年、地下2階・地上9階建の楽天地ビルが建ち、4スクリーンの映画館、ゲームセンター、天然温泉サウナなどが入っている。収益の主体は不動産管理業に移ったが、映画館は死守している。1948年の江東劇場と本所映画館の写真あり。*8

1937年、阪急東宝グループの創始者である小林一三によって江東楽天地がオープンした。約1.65ヘクタールの工場跡地に冷暖房完備の2階建てビルが2棟建ち、それぞれ定員1500人のホールを有していた。*9

戦後の錦糸町は復興を遂げて繁栄し、「西の有楽町、東の錦糸町」と謳われた。1950年には映画館内に国営競馬の場外馬券売り場が開設され、1955年には京葉道路を挟んだ現在地に移転した。*10

1960年9月、江東楽天地の楽天地天然温泉会館1階・2階に東京最大級のキャバレーであるグランド・フォンテンがオープンした。床面積約825平方メートル、高さ約10メートルの空間に約120のテーブルが置かれた。一晩に3回のショーを行い、女剣劇の浅香光代、奇術の初代引田天功、歌手の藤圭子らも出演した。*11
業平座
所在地 : 東京都本所区仲ノ郷業平町(1930年)、東京都本所区業平橋1-8(1936年)、東京都本所区業平橋通り(1943年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1945年
1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「業平座」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「キムラヤのパン店」や「キムラヤ茶房」など。跡地はパン屋「キムラヤ」や大衆酒場「酒房キムラヤ」や食堂「洋食キムラヤ」。最寄駅は東武伊勢崎線とうきょうスカイツリー駅。

昭和10年代の本所区業平町1丁目にあった業平座の写真あり。現在の墨田区域でもっとも古い映画館である。当時の東京市東部の映画の流行地は浅草六区であるが、本所にも映画館が多かった。業平座は東京大空襲で焼失した。2007年(平成19年)現在の業平座跡地に建っている民家には映写室の一部が残っている。*12
向島劇場/向島映画劇場
所在地 : 東京都向島区寺島町7-121(1936年)、東京都向島区寺島町7(1943年)、東京都向島区寺島町1-113(1947年)、東京都墨田区寺島町3-12(1950年)、東京都墨田区寺島町2-112(1953年)、東京都墨田区寺島町2-113(1955年)、東京都墨田区寺島町2-122(1958年)
開館年 : 1946年12月
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年12月開館。1936年の映画館名簿では「向島劇場」。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「向島映画劇場」。1959年・1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年の東京都全住宅案内図帳では「キャバレー 向島劇場(映)」。1985年の住宅地図では跡地に「向島郵便局」。跡地は「向島郵便局」。最寄駅は東武鉄道伊勢崎線・亀戸線曳舟駅。

『大日本職業別明細図 第393号 東京市』東京交通社、1934年には「向島劇場」、「向島キネマ」(戦前のみ?)が描かれている。*13
橘館/橘映画劇場/橘新東宝
所在地 : 東京都南葛飾郡吾嬬町大畑(1930年)、東京都向島区吾嬬町西4-62(1936年)、東京都向島区吾嬬町西4(1943年)、東京都向島区吾嬬町西4-62(1947年)、東京都墨田区吾嬬町(1950年)、東京都墨田区吾嬬町4-42(1953年)、東京都墨田区吾嬬町4-62(1955年)、東京都墨田区吾嬬町西4-62(1958年・1960年・1961年)
開館年 : 1924年12月
閉館年 : 1961年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1924年12月開館。1930年・1936年・1943年・1947年の映画館名簿では「橘館」。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「橘映画劇場」。1958年・1960年・1961年の映画館名簿では「橘新東宝」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「橘館」。1961年の映画館名簿では経営者が金竜興業、支配人が宮田亮平、木造2階、定員548、新東宝・大映を上映。1962年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「スーパーダイエー吾嬬店」。スーパー「ビッグ・エー墨田京島店」。最寄駅は京成押上線京成曳舟駅。

1955年の橘館通りの写真あり。手前右手が映画館「橘館」であり、多数の自転車が停められている。左手には山田屋薬局やセキネ靴店が見える。*14

昭和30年代の橘銀座通りの写真あり。映画館「橘館」があった。1927年頃から発展し、2007年現在は約120店舗が並んでいる。(※文章にはないが右手前の自転車がある部分が橘館)*15

昭和30年代と昭和50年代の向島橘銀座商店街の写真あり。戦火を免れた商店街であり、映画館「橘館」があったことから橘館通りと呼ばれた。橘館の跡地にはダイエーの関東1号店が出店した。昭和50年代の写真にはダイエーの看板が見え、2010年現在のこの場所にはグルメシティがある。*16

1975年の歳末大売り出し時の橘館通りの写真あり。正式名称は向島銀座商店街。1931年に映画館「橘館」が開館したことで橘館通りと呼ばれるようになった。*17

墨田区曳舟にはキラキラ橘商店街がある。幅5mの通りに約120店がひしめいている。商店街が形成されたのは大正末期であるが、1931年に映画館「橘館」が開館したことを契機として通りの名称に橘が付いた。関東大震災や東京大空襲でも無事だったため、周辺地域から人が流入して発展していった。*18

2010年、墨田区京島のキラキラ橘商店街の空き店舗を利用して無料休憩所「おやすみ処橘館」がオープンした。*19

墨田区京島2丁目・3丁目にはキラキラ橘商店街がある。長さ約470m、幅4.5mの通りの両側に約90店舗が並んでいる。1927年頃には商店が目立ち始めた。戦時中に空襲の被害を受けず、古い町並みが残った。1960年には商店街として法人化された。半径500〜700mの近隣消費者に支えられる商店街である。*20
墨田オデオン
所在地 : 東京都墨田区寺島町4-17(1957年・1958年・1960年・1961年・1962年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1962年頃
1955年・1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「墨田オデオン」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「墨田オデオン座」。1962年の映画館名簿では経営者が手塚恒雄、支配人が宮本虎馬雄、木造2階、定員340、洋画を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「新東京ヨコハマタイヤ墨田支店」。跡地は「セブンイレブン墨田押上2丁目東店」が入る「ハマハイツ隅田」。最寄駅は東武鉄道伊勢崎線・亀戸線曳舟駅。
向島館/白髭映画劇場
所在地 : 東京都墨田区寺島町3-46(1936年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1923年6月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1923年6月開館。1936年の映画館名簿では「向島館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「向島館」。1961年の住宅地図では「三髭劇場」。1963年の映画館名簿では経営者が堀口博信、支配人が江崎磯雄、木造2階暖房付、定員308、大映・東映を上映。1964年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「東白鬚第一マンション」。最寄駅は東武伊勢崎線東向島駅。

戦後の墨田区寺島町7丁目付近で営業していた映画館には、東映系の「玉の井映画劇場」(現在の墨田3-6-14)、日活系の「玉の井新劇場」(現在の東向島5-31付近)、「白髭映画館」(現在の堤通2-4付近)の3館がある。玉の井映画劇場は「旧玉」、玉の井新劇場は「新玉」、白髭映画館は「豚館」(ぶたかん)という愛称があった。白髭映画館は土地区画整理事業の際に買収され、2010年現在は都営住宅白髭団地となっている。玉の井新劇場は取り壊され、跡地には建売住宅が建設された。*21
石原ミリオン座
所在地 : 東京都墨田区石原町3-9(1956年・1957年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1963年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1957年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「石原ミリオン座」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「石原ミリオン座」。1963年の映画館名簿では経営者が深野福次郎(第一南竜と同じ)、支配人が山田明、木造1階冷暖房付、定員356、邦画を上映。1964年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「東京とみん銀行本所支店」。跡地はマンション「D'クラディア錦糸町石原」建物北側。最寄駅は都営地下鉄浅草線本所吾妻橋駅。
南竜館/大都南竜館/第一南竜館/第一南竜/寺島東映
所在地 : 東京都南葛飾郡寺島町寺島2614(1930年)、東京都向島区寺島町1-54(1936年)、東京都向島区寺島町8(1943年)、東京都墨田区吾嬬町西7-1(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1952年9月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年9月開館。1930年・1936年の映画館名簿では「南竜館」。1943年の映画館名簿では「大都南竜館」。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「第一南竜館」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「第一南竜 深野映画」。1963年の映画館名簿では「第一南竜」。1963年の映画館名簿では経営者が深野福次郎(石原ミリオン座と同じ)、支配人が福田長市、木造2階冷暖房付、定員404、松竹・大映・東映を上映。1964年の映画館名簿では「寺島東映」。1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に民家数軒。跡地は「東京朝鮮第五初中級学校」南西100mにある民家数軒。最寄駅は京成押上線八広駅。
墨田大成館
所在地 : 東京都墨田区寺島町6丁目(1957年)、東京都墨田区寺島町6-29(1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1964年頃
1955年・1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「墨田大成館」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「墨田大成館(映)」。1963年の映画館名簿では経営者が関口民造(吾嬬国際と同じ)、支配人が岡田栄一、木造1階、定員288、東宝・日活を上映。1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に健康堂薬局や民家数軒。跡地は「さつき公園」南西40mにある民家数軒。最寄駅は東武伊勢崎線東向島駅。
昌和シネマ
所在地 : 東京都墨田区吾嬬町西4-12(1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1964年頃
1955年・1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「昌和シネマ」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「昌和シネマ」。1963年の映画館名簿では経営者・支配人ともに古谷照夫、木造2階、定員150、東映を上映。1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に駐車場。跡地は「原公園」南70mにある駐車場。
請地シネマ
所在地 : 東京都墨田区吾嬬町西1-37(1957年・1958年)、東京都墨田区吾嬬町1-37(1960年・1963年・1964年)、東京都墨田区吾嬬町西1-37(1965年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1965年頃
1955年・1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「請地シネマ」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「請地シネマ」。1963年の映画館名簿では経営者が西子興業(押上シネマ・菊川シネマと同じ)、支配人が赤羽俊次、木造2階、定員301、松竹・大映・東宝を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「東京とみん銀行押上支店」。跡地はマンション「サウンドおしあげ」。最寄駅は京成電鉄・都営地下鉄・東京メトロ・東武鉄道押上駅。
東映押上シネマ/押上シネマ
所在地 : 東京都墨田区業平4-6(1956年・1957年・1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1966年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1957年・1958年・1960年の映画館名簿では「押上シネマ」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「押上シネマ」。1963年の映画館名簿では「東映押上シネマ」。1966年の映画館名簿では「押上シネマ」。1966年の映画館名簿では経営者が西子興業、支配人が船越忠雄、木造1階冷暖房付、定員300、松竹・大映・東映・日活を上映。1967年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「スナック竹美」や「(株)三恵商会」など。跡地は「押上駅前郵便局」南東80mにある建物など。最寄駅は京成電鉄・都営地下鉄・東京メトロ・東武鉄道押上駅。
菊川シネマ
所在地 : 東京都墨田区菊川町1-9(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年12月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「菊川シネマ」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「菊川シネマ」。1966年の映画館名簿では経営者が西子興業、支配人が船越忠雄、木造1階冷暖房付、定員285、松竹・大映・東映・日活を上映。1967年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「ライオンズマンション菊川」。跡地は「ライオンズマンション菊川」。最寄駅は都営地下鉄新宿線菊川駅。
玉の井松竹映劇/玉映文化劇場/玉の井東映/玉の井大映
所在地 : 東京都墨田区寺島町7(1943年)、東京都墨田区寺島町7-78(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、東京都墨田区東向島3-6-14(1966年)
開館年 : 1948年12月
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1948年12月開館。1943年の映画館名簿では「玉の井松竹映劇」。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「玉映文化劇場」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「玉ノ井映画劇場」。1963年の映画館名簿では「玉の井東映」。1966年の映画館名簿では「玉の井大映」。1966年の映画館名簿では経営者が新和興業、支配人が鈴木保雄、木造3階冷暖房付、定員380、大映・東映を上映。1967年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「青楓チェンストアー玉の井店」。跡地はマンション「ライオンズクオーレ東向島」建物北側。最寄駅は東武伊勢崎線東向島駅。

戦後の墨田区寺島町7丁目付近で営業していた映画館には、東映系の「玉の井映画劇場」(現在の墨田3-6-14)、日活系の「玉の井新劇場」(現在の東向島5-31付近)、「白髭映画館」(現在の堤通2-4付近)の3館がある。玉の井映画劇場は「旧玉」、玉の井新劇場は「新玉」、白髭映画館は「豚館」(ぶたかん)という愛称があった。白髭映画館は土地区画整理事業の際に買収され、2010年現在は都営住宅白髭団地となっている。玉の井新劇場は取り壊され、跡地には建売住宅が建設された。玉の井のカフェーの女給たちは地元の映画館には行かず、浅草六区の封切館まで行って映画を観ていた。*22

墨田区にあった「玉の井映画劇場」の建物は2010年現在も現存している。地主は戦前から変わっていない。昭和一桁時代、寄席「玉の井館」として建てられ、1945年の東京大空襲でも被害を受けずに残った。戦後すぐの玉の井館はゴム工場となっていたが、1947年には玉の井映画劇場に転向した。1955年にはカフェー組合の婦人会総会が開催されている。1962年から1970年の間に閉館し、2010年現在はスーパーマーケットのグルメシティ玉の井店となっている。正面から屋根を見ると、かつて映画館だったことを忍ばせる特徴的な山形を見ることができる。*23

2014年4月12日、墨田区東向島(旧・寺島町)の東武博物館で「玉の井館演芸会」が開催される。大正末期から終戦間際まであり、永井荷風の『濹東綺譚』(ぼくとうきたん)にも登場する寄席「玉の井館」の名を関している。1945年の東京大空襲による戦火を免れたが、終戦間際に創業者から他の人物の手に渡って映画館となった。昭和40年代から50年代まで建物が存在していたが、2013年に建物が取り壊された。跡地ではマンションの建設が進んでいる。*24

2014年4月12日、墨田区の東武博物館で玉の井にあった寄席「玉の井館」をしのぶ演芸会が開催される。大正末期に小間物屋の創業者が開いた寄席であり、1936年に永井荷風が書いた随筆『寺じまの記』にも登場する。戦時中に映画館となり、1975年頃まで営業していた。その後スーパーに転用され、2013年に建物が取り壊された。*25
玉の井新劇場/玉の井日活新劇場
所在地 : 東京都墨田区寺島町7-40(1955年・1958年・1960年・1963年)、東京都墨田区東向島5-31-3(1966年)
開館年 : 1953年7月
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年7月開館。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「玉の井新劇場」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「玉ノ井新劇場」。1966年・1967年の映画館名簿では「玉の井日活新劇場」。1966年の映画館名簿では経営者が中沢茂、支配人が中沢昌彦、木造1階暖房付、定員300、日活を上映。1968年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に民家数軒。跡地は眼鏡店「晶美堂」南東20mの民家数軒。最寄駅は東武伊勢崎線東向島駅。

戦後の墨田区寺島町7丁目付近で営業していた映画館には、東映系の「玉の井映画劇場」(現在の墨田3-6-14)、日活系の「玉の井新劇場」(現在の東向島5-31付近)、「白髭映画館」(現在の堤通2-4付近)の3館がある。玉の井映画劇場は「旧玉」、玉の井新劇場は「新玉」、白髭映画館は「豚館」(ぶたかん)という愛称があった。白髭映画館は土地区画整理事業の際に買収され、2010年現在は都営住宅白髭団地となっている。玉の井新劇場は取り壊され、跡地には建売住宅が建設された。*26
相生館/両国日活館/両国日活映画劇場
所在地 : 東京都本所区緑町1-12(1936年)、東京都本所区緑町1(1943年)、東京都墨田区緑町1丁目(1950年)、東京都墨田区緑町1-12(1953年・1960年・1963年・1966年・1967年)
開館年 : 1930年12月
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1930年12月開館。1936年・1943年の映画館名簿では「両国日活館」。1950年・1953年・1960年・1963年・1966年・1967年の映画館名簿では「両国日活映画劇場」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「両国日活」。1966年の映画館名簿では経営者が日活、支配人が山村弘、鉄筋造3階冷暖房付、定員815、日活を上映。1968年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に空白の建物。跡地は「りそな銀行本所支店」南の建物。最寄駅はJR・都営地下鉄両国駅。

1957年から1958年頃の墨田区緑町1丁目にあった「両国日活」の写真あり。「両國日活」(国ではなく國)、「KIKKATSU」の文字が見える。1992年現在の第一勧銀の場所である。*27

1963年頃の「両国日活」の写真あり。両国日活になる前は相生館と呼ばれていた。かつてはこの場所に本所区役所があった。*28
あづま富士館/吾嬬富士館
所在地 : 東京都墨田区吾嬬町西8-30(1955年・1958年・1960年・1963年・1964年・1965年)、東京都墨田区西8-30(1966年)、東京都墨田区八広4-38-14(1969年)
開館年 : 1953年11月
閉館年 : 1969年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年11月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1964年・1966年の映画館名簿では「吾嬬富士館」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「吾嬬富士館」。1965年の映画館名簿では「あづま富士館」。1969年の映画館名簿では「吾嬬富士館」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「吾嬬富士館」。1968年の全住宅案内地図帳では「吾嬬富士館」。1969年の映画館名簿では経営者が関口興業、支配人が山田全吉、木造2階冷暖房付、定員342、邦画を上映。1970年・1973年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「アパレルエイト富士荘」など。跡地はマンション「エスペランサ吾嬬」建物西側とその西側の「浜野製作所第2工場」。最寄駅は京成押上線八広駅。

1966年頃の「吾嬬富士館」の写真あり。*29
墨田東映/墨田文映/墨田文化映画館/墨田文化劇場
所在地 : 東京都墨田区寺島町2-98(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年・1965年)、東京都墨田区東両国町2-98(1966年)、東京都墨田区東向島2-30-11(1969年)、東京都墨田区東向島2-30-2(1970年)
開館年 : 1950年12月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年12月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「墨田文化映画館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「墨田東映」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「墨田文化映画館」。1964年・1965年の映画館名簿では「墨田文映」。1966年の映画館名簿では「墨田文化劇場」。1968年の全住宅案内地図帳では「墨田文化映画館」。1969年の映画館名簿では「墨田文化映画館」。1970年の映画館名簿では「墨田文化劇場」。1970年の映画館名簿では経営者が城東興業、支配人が手塚裕彦、木造1階冷暖房付、定員200、成人映画を上映。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「曳舟スカイハウス」。跡地は「ファミリーマート曳舟病院前店」が入るマンション「曳舟スカイハウス」。最寄駅は東武鉄道伊勢崎線・亀戸線曳舟駅。墨田文映とも。

昭和30年代の墨田区の曳舟川通りにあった洋画系映画館「墨田文化映画館」の写真あり。2007年現在の跡地には東京ホンダ向島が建っている。*30

1957年頃の墨田区寺島町2丁目(現在の東向島2丁目)にあった映画館「墨田文化映画館」の写真あり。『捨身の一撃』と『太陽に向かって走れ』の看板が見える。洋画館だったようである。*31
錦糸町地球座
所在地 : 東京都墨田区江東橋2-2-6(1969年・1970年)
開館年 : 1968年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1966年・1967年・1968年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の全住宅案内地図帳では発見できず。1969年・1970年の映画館名簿では「錦糸町地球座」。1970年の映画館名簿では経営者が恵通プロ、支配人が馬田智夫、木造2階冷暖房付、定員250、成人映画を上映。1970年の住宅地図では「錦糸町地球座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。演劇場兼映画館。跡地は「スミトー錦糸町ビル」。最寄駅はJR・東京メトロ錦糸町駅。
向島金美/向島金美館
所在地 : 東京都墨田区寺島1-3(1955年・1958年)、東京都墨田区寺島1-2(1960年)、東京都墨田区寺島1-3(1963年)、東京都墨田区東両国町1-27-13(1966年)、東京都墨田区東向島1-27-13(1969年・1970年)
開館年 : 1953年3月
閉館年 : 1971年1月
『全国映画館総覧 1955』によると1953年3月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「向島金美」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「向島金美館」。1968年の全住宅案内地図帳では「向島金美館」。1966年・1969年の映画館名簿では「向島金美館」。1970年の映画館名簿では経営者が田辺実、支配人が中山徳平、木造1階冷暖房付、定員250、東宝・東映・日活・成人映画を上映。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に駐車場。跡地は2019年竣工のマンション「パレステージ曳舟2」建物北側。

1966年頃の「向島金美館」の写真あり。*32

昭和40年代の墨田区東向島1丁目にあった映画館「向島金美館」の写真あり。「向島金美」の文字が見える。鳩の街の水戸街道側入口にあった。1953年3月から1971年1月まで営業していた。*33

1971年1月、墨田区東向島1丁目の「向島金美館」と立花5丁目の「吾嬬国際劇場」が廃館となり、向島地区から映画館が姿を消した。*34

最盛期の墨田区向島には14館の映画館があったが、テレビの普及や映画の斜陽化が理由で、1971年には姿を消した。1989年現在の墨田区の映画館はJR錦糸町駅前に集中している。1910年代の向島には日活の撮影所があり、『すみだむかしばなし』は「活動写真新派劇の総本山は向島だった」としている。1989年夏からは墨田区の主催により、曳舟文化センターで年2回の映画上映会が開催される。*35
吾嬬国際映画劇場/吾嬬国際劇場
所在地 : 東京都墨田区吾嬬町東5-7(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、東京都墨田区東5-7(1966年)、東京都墨田区立花5-2-1(1969年・1970年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1971年1月
『全国映画館総覧 1955』によると1951年12月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「吾嬬国際映画劇場」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「吾嬬国際劇場」。1968年の全住宅案内地図帳では「吾嬬国際劇場」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「吾嬬国際劇場」。1970年の映画館名簿では経営者が関口興行、支配人が山田全吉、木造2階冷暖房付、定員328、邦画を上映。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「吉野家」や道路。跡地は「吉野家立花店」やその西側の道路など。最寄駅は東武亀戸線小村井駅。

1955年頃(※大幅に誤っていると思われる)の墨田区にあった「吾嬬国際劇場」の写真あり。1966年公開の『ゴキブリ舞台』、1966年公開の『のれん一代 女侠』、1966年公開の『エロ事師たちより 人類学入門』の看板が見える。「各社準封切上映」の文字が見える。*36

1966年頃の「あずま国際劇場」の写真あり。*37

1966年頃の「吾嬬国際劇場」の写真あり。『のれん一代 女侠』の看板が見える。*38

1969年(昭和44年)の吾嬬国際劇場の写真あり。1987年(昭和62年)現在の同一地点の写真もあり。小村井交差点近く、「吉野家立花店」の東側。*39

1971年1月、墨田区東向島1丁目の「向島金美館」と立花5丁目の「吾嬬国際劇場」が廃館となり、向島地区から映画館が姿を消した。*40
本所映画劇場/本所映画館
所在地 : 東京都墨田区江東橋4(1943年)、東京都墨田区江東橋4-1(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都墨田区江東橋4-27-3(1969年)、東京都墨田区江東橋4-27-4(1970年)
開館年 : 1937年12月3日、1963年7月15日(本映ビル)
閉館年 : 1971年5月
『全国映画館総覧 1955』によると1937年12月開館。1943年の映画館名簿では「本所映画館」。1953年の映画館名簿では「本所映画劇場」。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「本所映画館」。1970年の映画館名簿では経営者が東京楽天地、支配人が亀ケ谷孝司、鉄筋造2階冷暖房付、定員1166、TY白を上映。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の住宅地図では「本所映画館 本映ビル」。跡地は「錦糸町PARCO」建物南西部。

1937年12月3日に江東楽天地に開場した「本所映画館」の写真あり。「皇軍万歳」の幕が見える。東宝作品『愛国六人娘』と大河内傳次郎主演作『血路』、香島ラッキーと御園セブンの漫才。1954年5月22日にはシネマスコープ映写設備を設置し、洋画ファンの圧倒的な支持を得た。オープニングは『聖衣』。シネマスコープ用大スクリーンは横48尺×縦19尺である。*41

1937年11月27日、江東楽天地の「本所映画館」が竣工した。施工は竹中工務店。同年12月3日、本所映画館が開場した。東宝作品『血路』と『愛国六人娘』が封切られた。12月5日から普通興行が行われた。1938年6月24日、洋画選択上映館となった。1940年4月18日、日活第一封切館となった。1945年3月10日午前2時には江東劇場が空襲で焼失したが、本所映画館は空襲を免れている。1953年10月には『風と共に去りぬ』で興行収入の新記録を樹立した。*42

昭和20年代の錦糸町駅前から見た「江東劇場」と「本所映画館」の写真あり。2007年現在の江東劇場跡地はリヴィン錦糸町店であり、本所映画館跡地は楽天地ビルと三井住友銀行である。江東劇場は実演と映画の双方を行う劇場であり、本所映画館が洋画封切館だった。*43

1954年の江東楽天地にあった「本所映画館」の写真あり。マリリン・モンロー主演の『帰らざる河』の看板が見える。屋上には地球も装飾が見え、その左には富士山、右にはニューヨークの摩天楼の装飾が見える。戦災に遭わなかったことから戦後間もないころからにぎわった。*44

1955年の墨田区江東橋4丁目にあった「本所映画館」の写真あり。『スピードに命を賭ける男』の看板が見える。1937年12月3日、「江東劇場」と同日に開館した。1971年5月、映画館としては閉館してボウリング場に転向した。*45

1963年7月15日、本映ビルが完成した。同年9月10日、屋上に楽天地ゴルフガーデンが開場した。1965年3月9日、本映ビル屋上にネオン塔が設置された。1971年5月26日、本所映画館が閉館した。*46

1964年の錦糸町駅前広場と東京楽天地の写真あり。左側には「江東劇場」のビルが、右側には「本所映画館」のビルがある。江東劇場のビルには実演「橋幸夫ショー」の看板が見える。*47

1971年6月8日、墨田区江東橋4-27-3の旧「本所映画館」2階客席付近から出火した。本所映画館は1937年に開館したが、1971年5月26日に35年の歴史に幕を閉じ、ボウリング場に衣替えするために改装工事中だった。*48

1972年の錦糸町駅前から見た江東楽天地の写真あり。左側には「江東劇場」があり、『蒼ざめた日曜日』と『その人は炎のように』の看板が見える。右側には楽天地ヤングボウルがあるが、かつては「本所映画館」があった。中央には都電の車両が見える。*49
両国劇場
所在地 : 東京都墨田区東両国2-19(1956年・1957年・1958年・1960年・1963年)、東京都墨田区東両国町2-19(1966年)、東京都墨田区両国2-20-10(1969年・1973年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1973年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1957年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「両国劇場」。1961年の東京都全住宅案内図帳では「両国映画(映)」。1961年の映画館名簿では経営者が趙純、支配人が斉藤明、木造1階、定員350、東映・松竹を上映。1968年の全住宅案内地図帳では「両国劇場」。1970年の映画館名簿では経営者が純徳企業、支配人が小川四郎、木造1階冷暖房付、定員300、成人映画を上映。1974年・1975年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「ライオンズステーションプラザ両国」。跡地はマンション「ライオンズステーションプラザ両国」建物東側。

1966年頃の「両国劇場」の写真あり。映画と実演の双方を行う劇場だった。*50

1972年の墨田区両国2丁目にあった映画館「両国劇場」の写真あり。「両國劇場」(国ではなく國)の文字が見える。「毎土曜日オールナイト」「成人映画常設館」の文字が見える。『ブルーフィルム一代女』の看板が見える。右隣には東宝ダンスホールがあった。*51
めばえ座(旧)/江東リッツ(旧)/江東名画座/楽天地シネマ1
所在地 : 東京都墨田区江東橋4-1(1960年・1963年・1966年)、東京都墨田区江東橋4-32-7(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)
開館年 : 1954年4月1日、1979年12月15日(楽天地シネマ1)
閉館年 : 1981年4月15日
『全国映画館総覧 1955』によると1954年4月開館。1955年の映画館名簿では「江東リッツ」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「江東名画座」。1978年の住宅地図では「名画座」。1980年の映画館名簿では経営会社が東京楽天地、経営者が雨宮恒之、支配人が加藤直哉、木造1階、264席、にっかつ・東映を上映。跡地は「錦糸町PARCO」建物北部。

1954年4月1日、子どものための劇場として20円の低料金劇場「めばえ座」が開場した。1954年7月14日にはめばえ座が「江東文化劇場」2階に移転し、旧めばえ座は「リッツ劇場」に改称した。1954年12月25日、リッツ劇場が拡張改築されて新装開場した。*52

1954年7月、当初の「めばえ座」が楽天地会館2階遊戯場に移転したことで、めばえ座跡地にTY封切館「リッツ劇場」が開館した。*53

1979年12月15日、「江東名画座」を「楽天地シネマ1」に、「江東地下劇場」を「楽天地シネマ2」に改称した。1981年4月15日、楽天地シネマ1が閉館した。*54
江東リッツ(新)/リッツ劇場/江東リッツ劇場
所在地 : 東京都墨田区江東橋4-1(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都墨田区江東橋4-32-5(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1956年7月14日
閉館年 : 1983年10月30日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「江東リッツ」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「江東リッツ劇場」。1978年の住宅地図では「リッツ劇場」。1980年の映画館名簿では経営会社が東京楽天地、経営者が雨宮恒之、支配人が加藤直哉、鉄筋造1階、661席、洋画ロードショーを上映。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「錦糸町PARCO」建物北東部。

1956年7月14日、屋外スポーツランド跡地にT・Y系洋画封切館「リッツ劇場」が開場した。オープニングは『暴力の季節』。宇宙を表現した壁画が名物である。*55

1956年7月14日、新たな「リッツ劇場」がTY封切館として新築落成し、従前のリッツ劇場は「江東名画座」に改称して洋画特選上映館となった。*56
江東劇場
所在地 : 東京都墨田区江東橋4(1943年)、東京都墨田区江東橋4-1(1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都墨田区江東橋4-32-12(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1937年12月3日、1963年10月31日(江劇ビル)
閉館年 : 1983年10月30日
『全国映画館総覧 1955』によると1937年12月開館。1943年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「江東劇場」。1978年の住宅地図では「江劇ビル 1階江東劇場」。1980年の映画館名簿では経営会社が東京楽天地、経営者が雨宮恒之、支配人が加藤直哉、鉄筋造1階、1162席、東宝を上映。建物名は江劇ビル。跡地は「錦糸町PARCO」建物北西部。

1937年12月3日に江東楽天地に開場した「江東劇場」の写真あり。「愛国劇日吉一座出演」「祝大勝利」の幕が見える。東宝劇団による「寿式三番叟」、日吉良太郎一座による「銃後の護」「乃木将軍と一等卒」「踊の師匠」の公演。1953年5月に美空ひばりが初出演した際には、動員数・興行収入ともに新記録を樹立した。同年6月3日には日本初のワイドスクリーンが設置された。横25.5尺×縦16.5尺である。*57

1937年11月22日、江東楽天地の「江東劇場」が竣工した。施工は竹中工務店。同年12月3日、江東劇場が開場した。10時に修祓式を行い、13時から17時に東宝劇団による「寿式三番叟」が行われた。12月5日から普通興行が行われた。1939年3月31日には東宝封切館となった。1945年3月10日午前2時、江東劇場は空襲で焼失した。本所映画館は空襲を免れている。1946年1月1日、清水組の施工による復旧工事が完成して再開場した。松竹・大映の選択封切館となった。1953年5月には美空ひばりの公演で興行収入の新記録を樹立した。同年6月3日、日本初のワイド・スクリーンが設置された。*58

昭和20年代の「江東劇場」の写真あり。1947年前後と思われる。「松竹歌劇 江東初公演」と書かれた提灯が見える。江東劇場と「本所映画館」の奥には複数の映画館や遊園地があった。*59

昭和20年代の錦糸町駅前から見た「江東劇場」と「本所映画館」の写真あり。2007年現在の江東劇場跡地はリヴィン錦糸町店であり、本所映画館跡地は楽天地ビルと三井住友銀行である。江東劇場は実演と映画の双方を行う劇場であり、本所映画館が洋画封切館だった。*60

1949年頃の「江東劇場」の写真あり。「宝塚星組初公演」の文字が見える。江東劇場は戦災を免れたことで、進駐軍に接収されていた「宝塚劇場」の代わりに宝塚歌劇の公演があった。*61

戦後の「江東劇場」は新人歌手の登竜門として知られ、江東劇場での公演が成功すると歌手として大成するというジンクスもあった。フランク永井、三橋美智也、島倉千代子らが江東劇場から育っていった。美空ひばりのショーでは1500席のホールに連日のように3500人も入った。1950年には楽天地の中に都内3番目の場外馬券売り場が造られた。*62

1950年頃から数年間にわたって、美空ひばりは毎年ゴールデンウィークに「江東劇場」で公演を行った。身動きできないほどの観客を集め、「トイレに行く人は群衆の頭の上に持ち上げられ、荷物のように順送りで運ばれていった」という逸話もある。*63

1953年(昭和28年)のゴールデンウィークには美空ひばりの公演が開催され、江東劇場は開館以来最高の収益を上げた。1953年の美空ひばり公演の写真あり。*64

1953年6月3日、墨田区の「江東劇場」は日本で初めてワイドスクリーンを用いてコロムビア立体映画『恐怖の街』を公開した。一般的な劇場のスクリーンは13尺×17尺だが、江東劇場では17尺×30尺の湾曲拡大スクリーンを用いており、特殊レンズで映写される。*65

1954年の江東楽天地にあったネオンが光る「江東劇場」の写真あり。『旅がらす 次郎長一家』や『赤線基地』の看板が見える。「ワイドスクリーン劇場」の文字が見える。江東劇場は江東楽天地の二大劇場のひとつである。2018年現在のLIVINの場所にあった。*66

1963年5月15日、江劇ビルの建設に着工した。1963年10月31日、江劇ビルが完成した。12月22日、4階に囲碁・将棋ホール、ビリヤード場、麻雀荘が、屋上に洋弓場が開場した。1965年11月10日には洋弓場が閉場し、12月28日には楽天地バッティングセンターが開場した。1979年11月16日、楽天地卓球ホールが開場した。1983年10月30日、江東劇場、江東リッツ、キンゲキ、楽天地シネマ2が閉館した。*67

1972年の錦糸町駅前から見た江東楽天地の写真あり。左側には「江東劇場」があり、『蒼ざめた日曜日』と『その人は炎のように』の看板が見える。右側には楽天地ヤングボウルがあるが、かつては「本所映画館」があった。中央には都電の車両が見える。*68
江東花月劇場(旧)/キンゲキ/錦糸町映劇/江東錦糸町劇場/錦糸町映画劇場
所在地 : 東京都墨田区江東橋4(1943年)、東京都墨田区江東橋4-1(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都墨田区江東橋4-32-4(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1938年4月3日(花月劇場)、1950年12月23日(錦糸町映画劇場)
閉館年 : 1983年10月30日
『全国映画館総覧 1955』によると1950年12月開館。1943年の映画館名簿では「江東花月劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「錦糸町映画劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「錦糸町映劇」。1963年の映画館名簿では「錦糸町映画劇場」。1966年の映画館名簿では「江東錦糸町劇場」。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「錦糸町映画劇場」。1978年の住宅地図では「キンゲキ」。1980年の映画館名簿では経営会社が東京楽天地、経営者が雨宮恒之、支配人が加藤直哉、鉄筋造1階、462席、松竹を上映。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「錦糸町PARCO」建物北東端部。

「江東劇場」と「本所映画館」に続いて、1938年4月3日には江東楽天地に「吉本花月劇場」(※江東花月劇場ではなく吉本花月劇場という表現)、仲見世、須田町食堂、遊園地、スポーツランドが開場した。吉本花月劇場は漫才や音曲などのアトラクションにニュース映画を併映する劇場である。これによって東京下町唯一の総合娯楽場である江東楽天地が完成した。*69

1950年9月4日、花月劇場跡地に「錦糸町映画劇場」(キン・ゲキ)の建設が開始された。江東楽天地における戦後初の劇場建設である。1950年12月23日、松竹映画封切劇場として錦糸町映画劇場が開場した。オープニングは『奥様に御用心』。地鎮祭の際の那波社長の写真、建築途中の工事現場の写真、「祝キンゲキ開場」とある開館時の写真あり。*70

1938年4月3日、江東楽天地の「江東花月劇場」が開場した。施工は竹中工務店。吉本興業合名に賃借されている。その他には大食堂、仲見世、高等屋台店、スポーツランド、喫茶店も同日に開場している。1950年9月4日、「錦糸町映画劇場」(略称キン・ゲキ)地鎮祭を挙行した。同年12月23日、キン・ゲキの落成式を挙行して即日開場した。オープニングは松竹作品『奥様に御用心』。*71

1950年の「キンゲキ」(錦糸町映画劇場)の写真あり。中央に「キン ゲキ」の文字が見える。「江東劇場」と「本所映画館」の横からすぐの場所にあった。封切館ではなく、少し前に封切られた映画を上映していた。周辺には「リッツ劇場」、「錦糸町スカラ座」、「めばえ座」、「江東地下劇場」などがあったが、平成になって「シネマ8楽天地」に統合された。*72
江東地下劇場/楽天地シネマ2
所在地 : 東京都墨田区江東橋4-1(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都墨田区江東橋4-32-8(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1953年12月、1979年12月15日(楽天地シネマ2)
閉館年 : 1983年10月30日
『全国映画館総覧 1955』によると1953年12月開館。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「江東地下劇場」。1980年の映画館名簿では経営会社が東京楽天地、経営者が雨宮恒之、支配人が加藤直哉、鉄筋造地下、132席、にっかつ・東映を上映。1982年の映画館名簿では「楽天地シネマ2」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「錦糸町PARCO」建物北西部。

1952年11月15日、ストリップ劇場のパリー座が開場した。江東地区初のストリップ劇場であり、「オールかぶりつき」や「廻転椅子」で話題となった。1953年12月29日、パリー座は邦画特選上映館「江東文化劇場」に転向した。*73

1953年12月29日、パリー座を改造して邦画特選上映館「江東地下劇場」が開館した。*74

1979年12月15日、「江東名画座」を「楽天地シネマ1」に、「江東地下劇場」を「楽天地シネマ2」に改称した。1983年10月30日、江東劇場、江東リッツ、キンゲキ、楽天地シネマ2が閉館した。*75
江東文化劇場・めばえ座(新)/江東文化劇場・江東スカラ座
所在地 : 東京都墨田区江東橋4-1(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都墨田区江東橋4-32-3(1969年・1973年・1975年)、東京都墨田区江東橋4-27-14(1978年・1980年)、東京都墨田区江東橋4-32-3(1985年)
開館年 : 1953年11月1日(江東文化劇場)、1954年7月14日(めばえ座)
閉館年 : 1985年9月2日
『全国映画館総覧 1955』によると江東文化劇場が1953年11月開館、めばえ座が1954年7月開館。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「江東文化劇場・めばえ座」(2館)。1961年の東京都全住宅案内図帳では「江東文化劇場・めばえ座」。1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「江東文化劇場・江東スカラ座」(2館)。1978年の住宅地図では「スカラ座 文化劇場」。1980年の映画館名簿では経営会社が東京楽天地、経営者が雨宮恒之、支配人が加藤直哉、いずれも鉄筋造1階、文化劇場が133席でにっかつを上映、スカラ座が171席で洋画を上映。

1953年1月1日、楽天地会館(文化ビル)が完成した。1階はパチンコデパート、2階と3階と屋上はスポーツランドである。屋上には観覧車・空中ケーブル・豆汽車などが設置された。同年11月1日、パチンコデパートを改装して洋画特選上映館「江東文化劇場」が開館した。1954年7月14日、江東文化劇場2階の屋内スポーツランド跡地に「めばえ座」が移転した。*76

1953年11月1日、楽天地会館内のパチンコデパートを改装して洋画特選上映館「江東文化劇場」が開場した。1954年4月1日、楽天地パチンコセンターを改造して児童向映画館「めばえ座」が開場した。*77

1956年の墨田区江東橋4丁目にあった江東楽天地の写真あり。江東劇場と本所映画館の間の道には多くの映画館があった。左側の曲面があるビルには「めばえ座」、「文化劇場」、卓球ホールなどが入っていた。1953年11月に江東文化劇場が、1954年4月にめばえ座が開館した。*78

1956年の江東楽天地にあった「めばえ座」で行われた学童無料招待映画会の写真あり。子どもの日を記念して500人の児童が招待された。*79

1972年の江東楽天地の写真あり。左側に「スカラ座」と「文化劇場」と書かれたビルが見え、スカラ座では『性私刑』や『のぞき穴』が、江東文化では『狂乱の夜』などが上映されている。左奥には「江東東映」の看板が見える。昭和40年代には映画産業に陰りが見え、1971年には本所映画館が閉館した。*80
江東花月劇場
所在地 : 東京都墨田区江東橋4-1(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都墨田区江東橋4-28-5(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年・1989年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 1989年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年・1989年の映画館名簿では「江東花月劇場」。1989年の映画館名簿では経営会社が吉本、経営者が林英之、支配人が新井良徳、鉄筋造1階、247席、洋画を上映。1978年の住宅地図では「江東花月」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は跡地はマンション「エクセレントシティ錦糸町」南の工事現場。最寄駅はJR・東京メトロ錦糸町駅。
江東吉本映画劇場/江東東映/江東東映劇場
所在地 : 東京都墨田区江東橋4-1(1953年・1955年・1956年・1957年・1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都墨田区江東橋4-31-10(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年)、東京都墨田区江東橋4-28-5(1990年・1992年)
開館年 : 1951年12月26日
閉館年 : 1992年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年12月開館。1953年・1955年・1956年の映画館名簿では「江東吉本映画劇場」。1956年の映画館名簿では経営者が吉本、支配人が星合整、鉄筋造1階冷房付、定員672、大映・東映を上映。1957年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「江東東映」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年の映画館名簿では「江東東映劇場」。1978年の住宅地図では「江東東映」。1989年の映画館名簿では経営会社が吉本、経営者が林英之、支配人が新井良徳、鉄筋造1階、430席、東映を上映。1993年・1994年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「エクセレントシティ錦糸町」。最寄駅はJR・東京メトロ錦糸町駅。

1951年12月26日、吉本興業の経営による「江東吉本劇場」が開場した。*81

1972年の江東楽天地の写真あり。左側に「スカラ座」と「文化劇場」と書かれたビルが見え、スカラ座では『性私刑』や『のぞき穴』が、江東文化では『狂乱の夜』などが上映されている。左奥には「江東東映」の看板が見える。昭和40年代には映画産業に陰りが見え、1971年には本所映画館が閉館した。*82
キネカ錦糸町/錦糸町スカラ座2
所在地 : 東京都墨田区江東橋4-27-14 錦糸町西武7階(1990年)、東京都墨田区江東橋4-27-14 錦糸町西武プライム7階(1993年・1994年・1995年・1998年・1999年)
開館年 : 1986年11月5日
閉館年 : 1999年7月9日
Wikipedia : キネカ錦糸町
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1986年11月5日開館。1994年1月末にキネカ錦糸町が錦糸町スカラ座2改称。1990年の映画館名簿では「キネカ錦糸町」。1993年・1994年の映画館名簿では「マールイキノキネカ錦糸町」。1994年の映画館名簿では経営会社が西友、経営者が上田宏、支配人が千田浩司、鉄筋造7階、130席、洋画を上映。1995年・1998年・1999年の映画館名簿では「錦糸町スカラ座2」。1999年の映画館名簿では経営会社が東京楽天地、経営者が瀬戸勇、支配人が太田光一、鉄筋造7階、130席、洋画ロードショーを上映。1999年7月10日には錦糸町スカラ座1・2が錦糸町シネマ8楽天地のシネマ5・6に移行。建物は「錦糸町PARCO」として現存。

1986年11月、墨田区の錦糸町駅南口にミニシアター「キネカ錦糸町」がオープンした。セゾングループが製作した作品、若い女性ファン向けの洋画などを上映していた。1990年4月21日、日本初のソ連映画専門館として再出発する。4月7日から4月20日までのプレオープン期間には「ソ連映画フェスティバル」を開催し、4月21日からはユーリー・マミン監督『泉』(1988年)をロードショー公開する。初年度はプログラムの約8割をソ連作品で構成し、残りの2割は東欧や北欧などの作品で構成する。世界を見渡してもソ連映画の専門館はフランス・パリの1館のみとされる。セゾングループの堤清二代表はかねてからソ連文化に関心が強く、1984年にはセゾングループとしてソ連文化省と文化交流促進の覚書を交わしているほか、1988年には都内にソビエト・バレエ・インスティテュートを開校させた。西友は11館の映画館を運営しており、映像産業の新興勢力とされている。世界を見渡してもソ連映画の専門館はフランス・パリの1館のみとされる。*83

1990年4月21日、墨田区江東橋の錦糸町西武ザ・プライム7階にソビエト連邦専門映画館「キネカ錦糸町」が開館する。運営は西友。ソ連映画の専門館はフランスに次いで世界で2番目という。*84

1990年4月7日、墨田区錦糸町の西武デパート7階に「キネカ錦糸町」が開館する。ソ連映画の専門館はパリとキネカ錦糸町の2館だけだという。4月7日午後にはアレクサンドル・アスコリドフ監督と女優のライサ・ネダシコフスカヤを招いたシンポジウムが開催される。4月7日から4月20日には『泉』や『コミッサール』など7本を特集し、その後は新作をロードショー公開する。*85

1992年6月中旬、墨田区錦糸町の錦糸町西武7階にある「キネカ錦糸町」が「マールイ・キノ」に改称する。同時にソ連映画専門館の看板を下ろし、ソ連以外の映画も上映する。1991年暮れにソ連が解体されて国名が消滅したことが理由。「マールイ・キノ」はロシア語でミニシアターを意味する。1986年11月に開館し、1990年4月にソ連映画専門館となった。「知られざるソビエト映画特集」「ソビエト女性映画人週間」「ドストエフスキーを愛した巨匠たち」「ロシア文芸映画フェア」などの特集上映を行い、2年間で約80本のソ連映画を上映した。1958年の『静かなるドン』は3部計6時間の大作であり、3600円と高額の入場料だったが、2か月で約3500人が観賞する人気ぶりだった。*86

1992年春、墨田区の錦糸町西武ザ・プライム7階にある「キネカ錦糸町」の愛称が「ソ連映画専門館」から「マールイ・キノ」に変わった。"小さな映画館"を意味するロシア語と"丸い地球"を掛けている。開館4年目の1990年に日本初のソ連映画専門館になったが、ソ連の崩壊でソ連映画という言葉が不自然になったため。ただし、現在でも上映作品の約8割は旧ソ連や周辺諸国の作品である。座席数は130席。旧ソ連映画の研究会「エイゼンシュテイン・シネクラブ」に会場を提供しており、上映会や講演会も開催している。*87

1994年1月末をもって、墨田区江東橋4丁目のショッピングビル7階にある「キネカ錦糸町」が閉館する。日本で唯一のロシア・ソビエト映画専門館であり、西友が経営している。1986年に開館し、1990年からロシア・ソビエト映画を中心に上映していた。座席数130席。ロシア語で小さい映画館を意味する「マールイ・キノ」という愛称がある。今後はビルのオーナー会社によって新しい映画館として運営される。*88

1994年2月1日、「錦糸町スカラ座2」が開館した。*89
錦糸町スカラ座/錦糸町スカラ座1
所在地 : 東京都墨田区江東橋4-27-14(1990年・1993年・1994年・1995年)
開館年 : 1986年11月5日
閉館年 : 1999年7月9日
Wikipedia : キネカ錦糸町
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1993年・1994年の映画館名簿では「錦糸町スカラ座」。1994年の映画館名簿では経営会社が東京楽天地、経営者が矢部健一、支配人が太田光一、鉄筋造7階、120席、洋画ロードショーを上映。1994年1月末にキネカ錦糸町が錦糸町スカラ座2改称。1995年・1998年・1999年の映画館名簿では「錦糸町スカラ座1」。1999年の映画館名簿では経営会社が東京楽天地、経営者が瀬戸勇、支配人が太田光一、鉄筋造7階、120席、洋画ロードショーを上映。1999年7月10日には錦糸町スカラ座1・2が錦糸町シネマ8楽天地のシネマ5・6に移行。建物は「錦糸町PARCO」として現存。

1986年11月5日、楽天地ビルが全館グランドオープンし、「錦糸町スカラ座」が開館した。*90
東京楽天地ビル本館/錦糸町シネマ8楽天地/楽天地シネマズ錦糸町1-4/TOHOシネマズ錦糸町楽天地9-12
所在地 : 東京都墨田区江東橋4-27-14(1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2008年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1983年11月1日(東京楽天地ビル)、1999年7月10日(錦糸町シネマ8楽天地)
閉館年 : 営業中
1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「本所映画・キンゲキ・リッツ劇場・江東劇場」(4館)。1999年7月10日には江東劇場が錦糸町シネマ8楽天地のシネマ1に、キンゲキがシネマ2に、本所映画がシネマ3に、リッツ劇場がシネマ4に、錦糸町スカラ座1・2がシネマ5・6に移行し、錦糸町シネマ8楽天地のシネマ7・8が新設された。2000年・2005年の映画館名簿では「錦糸町シネマ8楽天地シネマ1-8」(8館)。2008年・2010年・2015年の映画館名簿では「楽天地シネマズ錦糸町1-4」(4館)。2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ錦糸町楽天地9-12」(4館)。楽天地ビル4階・6階。

1983年11月1日、楽天地ビルの第1期工事が竣工し、「江東劇場」・「本所映画」・「リッツ劇場」・「キンゲキ」が開館した。1999年7月10日、江東劇場、キンゲキ、本所映画、リッツ劇場、「錦糸町スカラ座1・2」、新設2館の名称を「シネマ楽天地1-8」に改称した。2006年4月20日、「TOHOシネマズ錦糸町」が開館した。*91

1993年4月には神奈川県海老名市に「ワーナー・マイカル・シネマズ7海老名」が、大阪府岸和田市に「ワーナー・マイカル・シネマズ8岸和田」が誕生。2000年1月現在ではワーナーグループだけで28館あり、その他には福岡県福岡市にAMC、滋賀県大津市と石川県金沢市にUCIがある。1999年7月にはシネコンが首都圏にも進出し、錦糸町に「錦糸町シネマ8楽天地」がオープンした。従来は6館あった映画館をまとめてシネコン方式にし、新たに2スクリーン増設した。今後はお台場や大泉学園にもシネコンが開館する予定である。*92
TOHOシネマズ錦糸町1-8/TOHOシネマズ錦糸町オリナス1-8
所在地 : 東京都墨田区太平4-1-2 olinasモール4階(2008年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2006年4月20日(TOHOシネマズ錦糸町)、2018年(オリナス改称)
閉館年 : 営業中
2000年の住宅地図では後の映画館の場所に巨大な空白の建物多数。2005年の映画館名簿には掲載されていない。2008年・2010年・2015年の映画館名簿では「TOHOシネマズ錦糸町1-8」(8館)。2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ錦糸町オリナス1-8」(8館)。

2006年4月20日、墨田区太平4丁目に大型商業施設「オリナスモール」と「オリナスコア」がオープンする。約2.7ヘクタールの精工舎跡地。1997年から9年がかりで行われた大規模再開発事業である。錦糸町の地名にちなんで「錦の糸が様々な模様を『織りなす』」という意味を込めている。オリナスモールには8スクリーン計約1500席のシネコン「TOHOシネマズ錦糸町」が入る。*93

2006年4月20日、「TOHOシネマズ錦糸町」が開館した。*94
Stranger
所在地 : 東京都墨田区菊川3-7-1 菊川会館ビル
開館年 : 2022年9月16日
閉館年 : 営業中
ミニシアター。ストレンジャー。

2022年9月16日、東京都墨田区菊川に映画館「Stranger」(ストレンジャー)が開館する。9月15日に内覧会が行われた。1スクリーン、席数数49。椅子は新潟県十日町市の「十日町シネマパラダイス」で使用されていたものであり、スピーカーは山形県鶴岡市の「鶴岡まちなかキネマ」で使用されていたもの。*95

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます