日本の映画館の総合データベースです。管理人「かんた」のみが編集可能。



北九州市

小倉北区

北九州市の映画館
北九州市の映画館に言及している雑誌記事として、小野芳美「北九州の映画館の変遷」『松本清張研究』2012年、13号がある。現物は未確認。*1
到津東映
所在地 : 福岡県小倉市下到津産川町28(1960年)
開館年 : 1957年後半
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「到津東映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1957年後半のこのほど、小倉市下到津に「到津東洋映劇」が開館した。東映・松竹の再映館。鉄筋造平屋建て。経営は福田幸次郎。*2
とみの映画劇場/とみの映劇
所在地 : 福岡県小倉市北富野334(1955年)、福岡県小倉市北下富野町334(1960年)
開館年 : 1952年7月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年7月開館。1955年の映画館名簿では「とみの映画劇場」。1960年の映画館名簿では「とみの映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
衆楽映劇
所在地 : 福岡県小倉市片野本町1(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「衆楽映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年1月25日、小倉市三萩野の「衆楽映画劇場」(小倉衆楽)は東宝二番館から東宝封切館に転向した。代表は山崎普良。*3

1960年3月には第二東映が発足。北九州5市では門司市の「有楽映画劇場」と「大里金星」、小倉市の「衆楽」(旧称は衆楽松竹)と「木町東映」(旧称は木町松竹)と「城野国際」、八幡市の「祇園東映」と「三条東映」と「折尾東映」と「折尾第二東映」と「枝光東映」、若松市の「若松映画劇場」、戸畑市の「戸畑松竹」が第二東映上映館となった。*4
第二日活館/第三松竹
所在地 : 福岡県小倉市昭和町3丁目(1955年・1960年)
開館年 : 1950年2月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年2月開館。1955年の映画館名簿では「第二日活館」。1960年の映画館名簿では「第三松竹」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
名画座/中央名画劇場/ニュー中央
所在地 : 福岡県小倉市米町4丁目(1955年)、福岡県小倉市米町4丁目4(1960年)
開館年 : 1953年11月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年11月開館。1955年の映画館名簿では「名画座」。1960年の映画館名簿では「中央名画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1960年6月18日、小倉市米町の「小倉中央名画座」は「ニュー中央」に改称して洋画封切館となった。経営は河野音五郎。*5
第二南小倉映画劇場/第二南小倉映劇/南小倉映劇
所在地 : 福岡県小倉市東清水町1(1955年)、福岡県小倉市東清水町1-13(1960年)
開館年 : 1953年8月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年8月開館。1955年の映画館名簿では「第二南小倉映画劇場」。1960年の映画館名簿では「第二南小倉映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1954年の小倉市清水でチャンバラをする子供の写真あり。近くには「南小倉映劇」や「第二南小倉映劇」の2館があった。*6
第一南小倉映画劇場/南小倉映劇
所在地 : 福岡県小倉市東清水町1(1955年)、福岡県小倉市東清水町1-13(1960年・1963年)
開館年 : 1950年12月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年12月開館。1955年の映画館名簿では「第一南小倉映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「南小倉映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1954年の小倉市清水でチャンバラをする子供の写真あり。近くには「南小倉映劇」や「第二南小倉映劇」の2館があった。*7
第一日活館/日活館
所在地 : 福岡県小倉市香春口6丁目(1955年)、福岡県小倉市香春口6-890(1960年)、福岡県小倉市三萩野890(1963年)
開館年 : 1933年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1933年開館。1955年の映画館名簿では「第一日活館」。1960年・1963年の映画館名簿では「日活館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1963年の小倉市三萩野にあった「日活劇場」の前で撮られた記念写真あり。小倉昭和館の姉妹館である。*8
錦東映
所在地 : 福岡県小倉市中井口東町965(1960年)、福岡県小倉市中井東町4(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「錦東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
うさまち映劇
所在地 : 福岡県小倉市宇佐町3-723(1960年)、福岡県小倉市宇佐町(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「うさまち映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
アテナ映画劇場/南有楽映劇
所在地 : 福岡県小倉市白銀町2丁目(1955年)、福岡県小倉市白銀町2-65(1960年・1963年)
開館年 : 1953年8月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年8月開館。1955年の映画館名簿では「アテナ映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「南有楽映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
小倉新東宝/公楽映劇
所在地 : 福岡県小倉市大正町1丁目(1955年)、福岡県小倉市大正町1-235(1960年)、福岡県小倉市馬借町235(1963年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年開館。1955年の映画館名簿では「小倉新東宝」。1960年・1963年の映画館名簿では「公楽映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
小倉日本劇場/日本劇場
所在地 : 福岡県小倉市舟町61(1960年・1963年)
開館年 : 1958年7月10日
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「小倉日本劇場」。1963年の映画館名簿では「日本劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年7月10日、小倉市船町に「日本劇場」が開館した。木造2階建て。定員400人。松竹・日活系再映館。経営は国際興行であり、同日には小倉市城野町に「城野宝塚会館」も開館している。*9
小倉室町劇場
所在地 : 福岡県北九州市小倉区八百屋町12(1966年)
開館年 : 1963年以前1966年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「小倉室町劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
到津会館・第二到津会館/小倉到津会館
所在地 : 福岡県小倉市下到津産川町70(1960年)、福岡県小倉市下到津産川2(1963年)、福岡県北九州市小倉区下到津産川町2丁目(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「到津会館・第二到津会館」(2館)。1966年の映画館名簿では「小倉到津会館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
朝日東映/朝日館/小倉朝日館
所在地 : 福岡県小倉市砂津幸町406(1955年・1960年)、福岡県小倉市砂津幸町(1963年)、福岡県北九州市小倉区砂津幸町(1966年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年12月開館。1955年の映画館名簿では「朝日館」。1960年の映画館名簿では「朝日東映」。1963年の映画館名簿では「朝日館」。1966年の映画館名簿では「小倉朝日館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
第二中央映劇/第二中央/小倉第二中央劇場
所在地 : 福岡県小倉市鳥町9(1955年・1960年・1963年)、福岡県北九州市小倉区鳥町1丁目(1966年)
開館年 : 1951年9月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年9月開館。1955年の映画館名簿では「第二中央劇場」。1960年の映画館名簿では「第二中央映劇」。1963年の映画館名簿では「第二中央」。1966年の映画館名簿では「小倉第二中央劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
小倉銀映映劇/城野銀映/小倉銀座東映劇場
所在地 : 福岡県小倉市片野新町360(1960年・1963年)、福岡県北九州市小倉区片野新町3612(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「小倉銀映映劇」。1963年の映画館名簿では「城野銀映」。1966年の映画館名簿では「小倉銀座東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
木町松竹/木町東映/小倉木町東映劇場
所在地 : 福岡県小倉市木町1-13(1960年)、福岡県小倉市木町1(1963年)、福岡県北九州市小倉区木町1丁目(1966年・1969年)
開館年 : 1955年6月1日
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「木町松竹」。1963年の映画館名簿では「木町東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「小倉木町東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年6月1日、小倉市南小倉に「樹町東映」が開館した。オープニングは『あばれ纏千両肌』。樋口勇社長の昭和興行。木造2階建て。定員350人。東映系封切館。*10

1960年3月には第二東映が発足。北九州5市では門司市の「有楽映画劇場」と「大里金星」、小倉市の「衆楽」(旧称は衆楽松竹)と「木町東映」(旧称は木町松竹)と「城野国際」、八幡市の「祇園東映」と「三条東映」と「折尾東映」と「折尾第二東映」と「枝光東映」、若松市の「若松映画劇場」、戸畑市の「戸畑松竹」が第二東映上映館となった。*11

昭和30年代の小倉市木町にあった映画館「木町東映」の写真あり。昭和30年代に開館して東映作品を上映していたが、昭和40年代に閉館した。*12
東宝富士館/小倉東宝富士館
所在地 : 福岡県小倉市三萩野853(1963年)、福岡県北九州市小倉区三萩野町853(1966年・1969年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「東宝富士館」。1966年・1969年の映画館名簿では「小倉東宝富士館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
小倉中央劇場/第一中央映劇・第三中央映劇/小倉中央大劇・小倉第三中央劇場
所在地 : 福岡県小倉市大門町85(1955年・1960年)、福岡県小倉市大門85(1963年)、福岡県北九州市小倉区大門町85(1966年・1969年)
開館年 : 1948年8月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年8月開館。1955年の映画館名簿では鉄筋造2階、1200席。1955年の映画館名簿では「小倉中央劇場・第三中央劇場」(2館)。1960年の映画館名簿では「第一中央映劇・第三中央映劇」(2館)。1963年の映画館名簿では「中央大劇・第三中央」(2館)。1966年・1969年の映画館名簿では「小倉中央大劇・小倉第三中央劇場」(2館)。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年夏のこのほど、小倉市大門の「小倉第一中央劇場」が改築される。総工費5000万円。トッド・AO(70ミリ)の設備が付けられる。経営は河野音五郎社長の中央興業。*13

1960年3月、小倉市大門の「小倉第一中央」が70ミリ劇場に転向する。オープニングは『南太平洋』の予定。鉄筋造3階建て。ワンスロープ式。定員1000人。スクリーンは15メートル×7.5メートル。経営は河野音五郎。「*14

1960年6月1日から小倉市大阪町45の「中央会館」が、お盆興行から大門町85で改築中の「第一中央劇場」が70ミリ劇場として新発足する。いずれも経営は河野音五郎。*15
中央松竹/小倉中央シネマ
所在地 : 福岡県小倉市米町4丁目(1963年)、福岡県北九州市小倉区栄町4丁目(1966年・1969年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「中央松竹」。1966年・1969年の映画館名簿では「小倉中央シネマ」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
三萩野大映/三萩野大映劇場/小倉三萩野大映劇場
所在地 : 福岡県小倉市黄金町4-102(1960年)、福岡県小倉市黄金町4(1963年)、福岡県北九州市小倉区黄金町4丁目(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1973年以後1975年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「三萩野大映」。1966年・1969年の映画館名簿では「三萩野大映劇場」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。
大洋映画劇場/大洋映劇・大洋東映/小倉大洋映画劇場・小倉大洋東映映画劇場/小倉大洋劇場・小倉大洋東映劇場
所在地 : 福岡県小倉市馬借町6丁目(1955年)、福岡県小倉市馬借町6丁目、馬借町(1960年)、福岡県小倉市馬借町6(1963年)、福岡県北九州市小倉区馬借町6-83-1(1966年)、福岡県北九州市小倉区馬借町6-33-1(1969年・1973年)
開館年 : 1943年11月
閉館年 : 1973年以後1975年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1943年11月開館。1955年の映画館名簿では「大洋映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「大洋映劇・大洋東映」(2館)。1966年の映画館名簿では「小倉大洋劇場・小倉大洋東映劇場」(2館)。1969年の映画館名簿では「小倉大洋映画劇場・小倉大洋東映映画劇場」(2館)。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
勝山映劇/勝山東映/小倉勝山東映劇場
所在地 : 福岡県小倉市西本町2(1960年・1963年)、福岡県北九州市小倉区西本町2丁目(1966年・1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1922年6月
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「勝山映劇」。1963年の映画館名簿では「勝山東映」。1966年の映画館名簿では「小倉勝山東映映画劇場」。1969年の映画館名簿では「小倉勝山東映劇場」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。

小倉市にあった劇場「勝山劇場」の写真あり。1899年頃の大門町にあった「稲荷座」の後身であり、1922年6月に創立した。後に劇場から映画館に転換した。*16

小倉市大門にあった「勝山劇場」のイラストあり。和風建築であり、座席の広さは小倉一だった。やがて芝居小屋から映画館に転換した。*17
小倉サンコーシネマ
所在地 : 福岡県北九州市小倉北区船場町2-30(1980年)
開館年 : 1978年以後1980年以前
閉館年 : 1980年以後1982年以前
1978年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の映画館名簿では「小倉サンコーシネマ」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。
小倉文化大劇/中央グランド/小倉中央グランド/小倉東映パラス劇場/小倉東映パラス
所在地 : 福岡県小倉市室町2丁目(1960年)、福岡県小倉市室町3丁目(1963年)、福岡県北九州市小倉区室町2丁目(1966年・1969年・1973年)、福岡県北九州市小倉北区室町2-132-4(1975年・1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1960年の映画館名簿では「小倉文化大劇」。1963年の映画館名簿では「中央グランド」。1966年・1969年の映画館名簿では「小倉中央グランド」。1976年の住宅地図では「中央グランド映画劇場」。1980年の映画館名簿では「小倉東映パラス劇場」。1982年の映画館名簿では「小倉東映」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では「ダイエー中央立体駐車場」。跡地は「中央室町立体駐車場」。

1960年7月19日、小倉市室町2丁目の洋画封切館「小倉文化大劇」が松竹封切館に転向した。経営は小倉文化映画。*18

1960年11月3日、小倉市室町2丁目の松竹封切館「小倉文化大劇」を有楽興行が買収し、洋画館に転向して新発足した。これまでの経営は阿倍義政。*19

1961年のこのほど、小倉市室町2丁目の70ミリ劇場「文化大劇」が有楽興行から中央興行に売却され、「小倉グランド劇場」に改称した。経営は東日本興行。*20

東映の直営館を見ると、1972年12月に「金沢東映パラス」と「横浜東映」と「盛岡東映パラス」が開館し、1973年3月に「小倉東映パラス」と「黒崎東映パラス」が開館し、5月に「新宿名画座」が開館し、6月に「福岡グランド」と「浅草名画座」が開館し、7月に「富山東映パラス」が開館した。1972年7月には「鹿児島東映」が閉館し、1973年1月には「岩見沢東映」が閉館し、2月には「八幡東映」が閉館し、3月には「関西東映・関西小劇場」が閉館した。*21
小倉喜楽館/東宝喜楽館/喜楽館/小倉日活/小倉日活劇場/小倉にっかつ/小倉にっかつ劇場/小倉ロッポニカ劇場
所在地 : 福岡県小倉市船頭町21(1955年・1960年・1963年)、福岡県北九州市小倉区船頭町21(1966年・1969年)、福岡県北九州市小倉区船頭21(1973年)、福岡県北九州市小倉北区船頭21(1980年)、福岡県北九州市小倉北区船頭2-34(1985年・1990年)
開館年 : 1904年
閉館年 : 1990年以後1992年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1904年開館。1955年の映画館名簿では「小倉喜楽館」。1960年の映画館名簿では「喜楽館」。1963年の映画館名簿では「小倉日活」。1966年・1969年の映画館名簿では「小倉日活劇場」。1976年の住宅地図では「小倉日活」。1985年の住宅地図では「映画館小倉日活」。1992年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「駐太郎パーク」。

1912年の小倉市にあった映画館「喜楽館」の写真あり。連鎖大活劇「秘密の王国」を上映している。もとは1900年頃からあった劇場「旭館」であり、経営委不振に陥った1915年に長崎萬活商会が買収して日活作品を上映するようになった。*22

1919年頃の北九州にあった「喜楽館」の写真あり。1932年頃の北九州にあった「喜楽館」の写真あり。1900年頃に開館した「旭館」が1915年から1916年頃に映画館化したものである。当初は日活やマキノ系だったが、後に松竹系も併映した。*23

1928年から1929年頃の小倉にあった「喜楽館」のイラストあり。日本活動写真株式会社(日活映画)の封切館であり、小倉一の人気を持つ活動写真館だった。1993年現在も残っている。*24

1962年2月から、小倉市の日活直営館「小倉喜楽館」が改築のために休館する。*25
小倉大映/小倉大映劇場/小倉プラザ劇場/小倉東宝プラザ
所在地 : 福岡県小倉市船頭町37(1955年・1960年・1963年)、福岡県北九州市小倉区船頭町37(1966年・1969年・1973年)、福岡県北九州市小倉北区船頭町37(1975年・1980年・1985年)、福岡県北九州市小倉北区船頭2-26(1990年)、福岡県北九州市小倉北区船頭2-25(1995年)
開館年 : 1954年7月? 1956年?
閉館年 : 1997年夏
『全国映画館総覧 1955』によると1954年7月開館。1955年の映画館名簿では「小倉大映劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「小倉大映」。1966年・1969年の映画館名簿では「小倉大映劇場」。1973年・1975年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「小倉プラザ劇場」。1976年・1986年の住宅地図では「東宝プラザ」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は立体有料駐車場「APパーク小倉駅前」建物東側。
小倉東宝/小倉東宝劇場
所在地 : 福岡県小倉市船頭町37(1955年・1960年・1963年)、福岡県北九州市小倉区船頭町37(1966年・1969年・1973年)、福岡県北九州市小倉北区船頭町37(1975年・1980年・1985年)、福岡県北九州市小倉北区船頭2-25(1990年・1995年)
開館年 : 1956年12月22日
閉館年 : 1997年夏
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「小倉東宝」。1966年・1969年・1973年・1975年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「小倉東宝劇場」。1976年・1986年の住宅地図では「小倉東宝」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は立体有料駐車場「APパーク小倉駅前」建物西側。

1956年12月22日、小倉市に東宝直営館「小倉東宝」が開館した。東宝邦画封切館。支配人は木下継男。*26

1965年、小倉の「小倉東宝」では市川崑監督の記録映画『東京オリンピック』が公開された。当時の北九州市域には110館以上の映画館があり、映画ブームに沸いていた。*27

1997年夏をもって、北九州市小倉北区の映画館「小倉東宝」(452席)と「東宝プラザ」(417席)が閉館する予定。1956年に開館し、1950年代後半から1970年代初頭にかけて、『ゴジラ』シリーズや若大将ブームで多くの観客を集めた。1995年には北九州市の特定建築物調査で改装の必要があると指摘を受けたが、建て替えても採算が見込めないことで閉館を決めた。この5年間は採算が取れているが、年間観客数は約15万人から約20万人。1997年内に建物を取り壊し、当面は跡地を駐車場にする予定。*28
小倉松竹劇場・小倉ロマン座/小倉松竹劇場
所在地 : 福岡県北九州市小倉北区京町1-141(1985年)、福岡県北九州市小倉北区京町1-5-22(1990年・1995年)
開館年 : 1973年以後1975年以前
閉館年 : 1995年以後1998年以前
1976年・1985年の住宅地図では「1階松竹劇場 2階ロマン座」。跡地は「第一大成ビル」。
小倉文化東映/文化東宝/小倉松竹文化劇場/小倉SY松竹文化/小倉ピカデリー・小倉SY松竹文化/小倉ピカデリー・小倉松竹文化
所在地 : 福岡県小倉市室町2丁目(1960年)、福岡県小倉市室町2(1963年)、福岡県北九州市小倉区室町2-132-1(1966年・1969年・1973年)、福岡県北九州市小倉北区室町2-6-1(1980年・1985年・1990年・2000年)
開館年 : 1958年9月
閉館年 : 2000年7月31日
1960年の映画館名簿では「小倉文化東映」。1963年の映画館名簿では「文化東宝」。1966年・1969年の映画館名簿では「小倉松竹文化劇場」。1976年の住宅地図では「松竹文化劇場」。1985年の住宅地図では「小倉文化ビル 2階小倉ピカデリー 3階小倉SY文化」。跡地は「福岡中央銀行小倉支店」。

1958年6月4日から、小倉市の松竹封切館「文化劇場」が改築工事のために休館に入った。9月上旬に完成予定であり、「文化東映」に改称して東映封切館に転向する予定。代表は安倍政義。*29

1963年4月、松竹直営館「小倉松竹文化」が新発足した。*30

1997年12月4日、北九州市の「小倉SY文化」と「小倉ピカデリー」はアナログ音響用機器を更新した。*31
常盤映劇/小倉ときわ映画劇場/小倉ときわ映劇/小倉トキワ映劇
所在地 : 福岡県小倉市京町1-1(1960年)、福岡県小倉市京町1丁目(1963年)、福岡県北九州市小倉区京町1丁目(1966年・1969年)、福岡県北九州市小倉北区京町1-6-2(1990年・2002年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 2002年以後2005年以前
1960年の映画館名簿では「常盤映劇」。1963年の映画館名簿では「ときわ映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「小倉ときわ映画劇場」。1976年の住宅地図では「トキワ映画劇場」。1985年の住宅地図では「常盤橋会館 1階トキワ劇場」。2002年の映画館名簿では「小倉トキワ映劇」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「フルール・ド・パリス」。

小倉にあった「常磐座」(※盤ではなく磐)のイラストあり。和風建築だった常磐座は突然休館したが、映画館となって松竹作品や洋画を上映した。常磐座は無法松のストーリーにも登場する。*32
中央会館/小倉中央会館
所在地 : 福岡県小倉市大阪町45(1960年・1963年)、福岡県北九州市小倉区平和通(1966年・1969年・1973年)、福岡県北九州市小倉北区大阪町45(1980年・1985年)、福岡県北九州市小倉北区船頭1-5-14(1990年)、福岡県北九州市小倉北区魚町1-5-14(2000年)
開館年 : 1957年3月20日
閉館年 : 2002年9月16日
1960年・1963年の映画館名簿では「中央会館」。1966年・1969年・1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「小倉中央会館」。1976年の住宅地図では「中央会館ビル 3階・4階映画」。1985年の住宅地図では「中央会館ビル 3階・4階映画中央会館」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ダイワロイネットホテル小倉駅前」。

1957年3月20日、小倉市新駅前通りに「中央会館」が開館した。経営は中央興行。工費8000万円。鉄筋造5階建てであり、1階と2階は「第二中央劇場」、3階と4回はロードショー劇場、5階は貸事務所。ロードショー劇場のこけら落としは『王様と私』と『あの日あのとき』の二本立て。定員900人。*33

1960年6月10日、小倉市の小倉駅前にある「中央会館」が70ミリ劇場に転向した。経営は河野音五郎。*34

1963年春、小倉市の小倉駅前通りにある「中央会館」が増築される予定。現在は地上5階・地下1階建てだが、地上8階・地下3階建てに増築し、6階から8階はホテル、3階は機械室や更衣室、2階は食堂、地下はボウリング場などとする。河野音五郎社長の中央興業。*35

1997年11月29日、北九州市のJR小倉駅南口にある映画館「中央会館」が改装オープンし、デジタル音響設備と大型座席を導入した。1997年5月には『スター・ウォーズ』のリバイバル上映で再生ができず、7月には『もののけ姫』でせりふが聞き取れない事態となっていた。床と壁も張り替えている。*36

2002年9月16日をもって、北九州市のJR小倉駅前にあるロードショー映画館「小倉中央会館」が閉館し、44年の歴史に幕を下ろした。11月末をめどに、大型アミューズメント施設に生まれ変わる。546席の客席数は九州地方最大であり、大スクリーンや小倉駅前という立地の良さがあったが、シネコンに観客が流れた。*37
小倉有楽映劇/有楽映劇/小倉有楽映画劇場/小倉有楽劇場/小倉有楽100・小倉有楽150/小倉シネシティ有楽1・2・3
所在地 : 福岡県小倉市大正町1丁目(1960年)、福岡県小倉市馬借町235(1963年)、福岡県北九州市小倉区大正町1丁目(1966年・1969年・1973年)、福岡県北九州市小倉北区馬借町1-2-8(1990年)、福岡県北九州市小倉北区馬借町1-2-1(2000年)
開館年 : 1955年以後1960年以前、1987年7月(2館化)、1997年7月5日(シネシティ)
閉館年 : 2003年8月31日
1960年の映画館名簿では「小倉有楽映劇」。1963年の映画館名簿では「有楽映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「小倉有楽映画劇場」。1976年の住宅地図では「映画館有楽」。1985年の住宅地図では「小倉有楽」。1997年7月5日開業の東京第一ホテル小倉(現・ホテルクラウンパレス小倉)地下。開館当初から全席全回指定席制だったミニシアター。
小倉東映/小倉東映劇場/小倉東映シネマ1・2/小倉東映劇場・小倉東宝劇場
所在地 : 福岡県小倉市大阪町1-28(1963年)、福岡県北九州市小倉区大阪町1-28(1966年・1969年・1973年)、福岡県北九州市小倉北区大阪町1-28(1975年)、福岡県北九州市小倉北区船場町2-6(1980年・1982年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1961年12月28日、1982年以後1985年以前(2館化)
閉館年 : 2003年6月
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「小倉東映」。1966年・1969年・1973年・1975年・1980年の映画館名簿では「小倉東映劇場」。1976年の住宅地図では「東映会館 4階小倉東映劇場」。1982年の映画館名簿では「小倉東映劇場」。1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「小倉東映シネマ1・2」(2館)。1985年の住宅地図では「小倉東映会館 4階東映シネマ1・2」。2000年の映画館名簿では「小倉東映劇場・小倉東宝劇場」(2館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。建物名は小倉東映会館。跡地は「オリエントキャピタルタワー」。

1960年10月18日、小倉市大阪町の緑屋デパート跡地で「小倉東映会館」の地鎮祭が行われた。大川社長らが出席した。1961年10月に完成予定。鉄筋造地上6階・地下1階建て。映画館のほかに食堂や名店街も入る。*38

1960年頃の「小倉東映会館」の写真あり。「祝 小倉東映会館開業」の文字が見える。映画上映や女性衣料品の販売などを行っていた。2010年の跡地にあるビルの写真あり。外観には小倉東映会館の名残がある。*39

1961年12月28日、東映の直営館「小倉東映」が新築開館した。*40

1999年3月6日、北九州市小倉北区船場町2の商業施設「小倉東映会館」がリニューアルオープンした。総額4億円をかけて1階から3階の店舗の約半分を改装した。10店舗が新規出店した。インテリア用品をテナントを入れるなどして品ぞろえに幅を持たせた。*41

2004年9月末をもって、北九州市小倉北区船場町の複合商業ビル「小倉東映会館」が閉館する。1961年11月、東映が東京と大阪に続く会館として建設した。地下2階・地上6階建て。*42

2004年9月末をもって、北九州市小倉北区の一等地にある商業ビル「小倉東映会館」が閉館する。土地と建物は東映が所有しており、新たにビルを建設する予定だが詳細は未定。1961年に開館した。地下2階・地上6階建て。1980年代には若者に人気のDCブランドを導入し、北九州におけるファッションの拠点として注目された。2003年には同じ東映系のシネコンを有するリバーウォーク北九州が開業し、小倉東映会館内の映画館が閉館した。*43

2004年9月30日をもって、北九州市小倉北区船場町のファッションビル「小倉東映会館」が閉館した。1961年に小倉中心部の大型商業施設の先駆けとして開業し、開業から1990年代半ばにかけてにぎわった。2003年にはリバーウォーク北九州が開業し、小倉東映会館内の映画館が閉館した。老朽化や新しい商業施設との競争などが理由で、約43年の歴史に幕を下ろした。地下1階・地上6階建て。当面は建物を現状のまま残す予定だが、新たな商業ビルの建設も検討している。*44
昭和館/小倉昭和館/小倉昭和館1・2
所在地 : 福岡県小倉市紺屋町1丁目(1955年)、福岡県小倉市紺屋町11(1960年)、福岡県小倉市紺屋町1丁目(1963年)、福岡県北九州市小倉区紺屋町1丁目(1966年・1969年)、福岡県北九州市小倉区魚町4丁目(1973年)、福岡県北九州市小倉北区魚町4-2-9(1975年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1939年、1950年2月、1982年(2館化)
閉館年 : 2020年8月10日(休館)
Wikipedia : 小倉昭和館
『全国映画館総覧 1955』によると1950年2月開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「昭和館」。1966年・1969年・1973年・1975年・1980年の映画館名簿では「小倉昭和館」。1976年の住宅地図では「映画昭和館」。1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「小倉昭和館1・2」(2館)。1985年の住宅地図では北に「昭和館1」で南に「昭和館2」。2000年・2005年の映画館名簿では「小倉昭和館・小倉昭和館2」(2館)。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「小倉昭和館1・2」(2館)。

1957年の小倉市魚町にあった映画館「小倉昭和館」の写真あり。1939年に映画館兼芝居小屋として創業した。600席の1スクリーンで邦画のみを上映していた。映画全盛期の昭和30年代には姉妹館として3館があった。1989年には洋画も上映されるようになり、2017年には35ミリフィルム映写機はそのままにデジタル上映機器が導入された。*45

「小倉昭和館」に言及している雑誌記事として、「74年間、この街を見守り続けた映画館 小倉昭和館」『九州王国』2013年6月、70号がある。現物は未確認。*46

「小倉昭和館」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*47
小倉名画座/小倉名画座1・2
所在地 : 福岡県北九州市小倉北区京町2-5-6(1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1975年以後1978年以前、1986年以後1988年以前(2館化)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 小倉名画座
1975年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では「名画座 東洋ショー」。1978年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「小倉名画座」。1985年の住宅地図では「東洋ショー劇場」(※映画館に関する記載なし)。1988年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「小倉名画座1・2」(2館)。

「小倉名画座」に言及している書籍として、藤森照信(文)、中馬聰(写真)『藤森照信のクラシック映画館』青幻舎、2019年がある。*48
シネプレックス小倉
所在地 : 福岡県北九州市小倉北区砂津3-1-1 チャチャタウン小倉内(年)
開館年 : 2000年11月
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。10スクリーンのシネコン。
T・ジョイリバーウォーク北九州
所在地 : 福岡県北九州市小倉北区室町1-1-1-7100 リバーウォーク北九州デコシティ4階(年)
開館年 : 2003年4月19日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。8スクリーンのシネコン。
小倉コロナシネマワールド
所在地 : 福岡県北九州市小倉北区西港町27-5(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2008年4月
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「小倉コロナシネマワールド1-10」(10館)。

小倉南区

市丸劇場
所在地 : 福岡県小倉市大字市丸(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「市丸劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
曽根富久寿座/富久寿座
所在地 : 福岡県小倉市曽根町下曽根(1955年)、福岡県小倉市曽根町下曽根2429(1960年)、福岡県小倉市下曽根(1963年)
開館年 : 1952年5月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年5月開館。1955年の映画館名簿では「曽根富久寿座」。1960年・1963年の映画館名簿では「富久寿座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
宝塚会館
所在地 : 福岡県小倉市城野町659(1963年)
開館年 : 1958年7月10日
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「宝塚会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年7月10日、小倉市城野町に「城野宝塚会館」が開館した。ブロック2階建て。定員600人。松竹・日活系封切。経営は国際興行であり、同日には小倉市船町に「日本劇場」も開館している。*49
城野国際館/城野国際映劇/国際映劇
所在地 : 福岡県小倉市城野町654(1960年・1963年)
開館年 : 1952年8月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年8月開館。1955年の映画館名簿では「城野国際館」。1960年の映画館名簿では「城野国際映劇」。1963年の映画館名簿では「国際映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1960年3月には第二東映が発足。北九州5市では門司市の「有楽映画劇場」と「大里金星」、小倉市の「衆楽」(旧称は衆楽松竹)と「木町東映」(旧称は木町松竹)と「城野国際」、八幡市の「祇園東映」と「三条東映」と「折尾東映」と「折尾第二東映」と「枝光東映」、若松市の「若松映画劇場」、戸畑市の「戸畑松竹」が第二東映上映館となった。*50

八幡西区

大丸映劇
所在地 : 福岡県八幡市本城町大字三越(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「大丸映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
大正館/木屋瀬劇場/木屋ノ瀬映画劇場/木屋ノ瀬映劇
所在地 : 福岡県鞍手郡木屋瀬町(1943年・1953年)、福岡県八幡市木屋ノ瀬町(1958年)、福岡県八幡市木屋ノ瀬町8-5(1960年)、福岡県八幡市木屋ノ瀬8-5(1963年)
開館年 : 1936年以後1943年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「大正館」。1953年の映画館名簿では「木屋瀬劇場」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「木屋ノ瀬映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「木屋ノ瀬映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
旭座/旭映劇
所在地 : 福岡県遠賀郡香月町(1943年・1953年)、福岡県八幡市香月町1233(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1936年以後1943年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「旭座」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「旭映劇」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「旭映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「旭映劇」。
相生東映
所在地 : 福岡県八幡市穴生竹末(1963年)
開館年 : 1959年11月10日
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「相生東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年11月10日、八幡市黒崎穴生の穴生相互ビル2階・3階に東映二番館「相生東映」が開館した。定員250。経営は谷岡光次。*51
三ヶ森東映
所在地 : 福岡県八幡市永犬丸三ヶ森(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「三ヶ森東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
陣山映劇
所在地 : 福岡県八幡市東浜町(1960年)、福岡県八幡市藤田西浜762(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「陣山映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
黒崎大映
所在地 : 福岡県八幡市黒崎町1丁目(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「黒崎大映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
黒崎新興/黒崎南映映画劇場/黒崎南映
所在地 : 福岡県八幡市黒崎西通5(1943年)、福岡県八幡市黒崎西通町5丁目(1950年)、福岡県八幡市西通町5丁目(1953年・1955年)、福岡県八幡市西通5丁目(1960年)、福岡県八幡市西通町5丁目(1963年)
開館年 : 1923年5月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1923年5月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「黒崎新興」。1950年の映画館名簿では「黒崎南映劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「黒崎南映映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「黒崎南映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
黒崎新映
所在地 : 福岡県八幡市筒井通2丁目(1960年)、福岡県八幡市菅原町42(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「黒崎新映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
金星映劇/黒崎金星映劇
所在地 : 福岡県八幡市筒井通1丁目(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「金星映劇」。1963年の映画館名簿では「黒崎金星映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
第二折尾東映
所在地 : 福岡県八幡市折尾(1960年)、福岡県八幡市折尾本城(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「第二折尾東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1960年3月には第二東映が発足。北九州5市では門司市の「有楽映画劇場」と「大里金星」、小倉市の「衆楽」(旧称は衆楽松竹)と「木町東映」(旧称は木町松竹)と「城野国際」、八幡市の「祇園東映」と「三条東映」と「折尾東映」と「折尾第二東映」と「枝光東映」、若松市の「若松映画劇場」、戸畑市の「戸畑松竹」が第二東映上映館となった。*52
折尾東映
所在地 : 福岡県八幡市折尾(1960年)、福岡県八幡市折尾鷹見458(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「折尾東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1960年3月には第二東映が発足。北九州5市では門司市の「有楽映画劇場」と「大里金星」、小倉市の「衆楽」(旧称は衆楽松竹)と「木町東映」(旧称は木町松竹)と「城野国際」、八幡市の「祇園東映」と「三条東映」と「折尾東映」と「折尾第二東映」と「枝光東映」、若松市の「若松映画劇場」、戸畑市の「戸畑松竹」が第二東映上映館となった。*53
折尾中央映劇/折尾中央/折尾中央映画劇場
所在地 : 福岡県八幡市折尾町(1955年)、福岡県八幡市折尾1371(1960年・1963年)、福岡県北九州市八幡区大字折尾1371(1966年・1969年)
開館年 : 1949年8月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年8月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「折尾中央映画劇場」。1960年の映画館名簿では「折尾中央映劇」。1963年の映画館名簿では「折尾中央」。1966年・1969年の映画館名簿では「折尾中央映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
黒崎銀座映劇/黒崎銀座映画劇場
所在地 : 福岡県八幡市黒崎町1丁目(1960年)、福岡県北九州市八幡区黒崎町1丁目(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「黒崎銀座映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「黒崎銀座映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
黒崎日活/黒崎日活劇場
所在地 : 福岡県八幡市黒崎町2丁目(1960年・1963年)、福岡県北九州市八幡区西通町5丁目(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の住宅地図では「黒崎日活映劇(映画館)」。1960年・1963年の映画館名簿では「黒崎日活」。1966年・1969年の映画館名簿では「黒崎日活劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「太陽会館」北端部。
黒崎名劇/黒崎名画劇場
所在地 : 福岡県八幡市黒崎町2丁目(1960年・1963年)、福岡県北九州市八幡区黒崎筒井通1丁目(1966年)、福岡県北九州市八幡区黒崎町2丁目(1969年)、福岡県北九州市八幡区黒崎町3丁目(1973年)、福岡県北九州市八幡区黒崎町2-4-15(1975年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の住宅地図では「黒崎名劇(映画館)」。1960年・1963年の映画館名簿では「黒崎名劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「黒崎名画劇場」。1976年の住宅地図では「黒崎名劇 黒崎インドアゴルフ」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「駐車場」。跡地は有料駐車場「エステート芳賀黒崎第2パーキング」。
黒崎映画劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡区黒崎1-1-16(1973年・1975年)
開館年 : 1970年以後1973年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1970年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1975年の映画館名簿では「黒崎映画劇場」。1976年の住宅地図では「黒崎映劇」で東側に黒崎東洋ショー劇場あり。1978年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「そごう」。跡地は「黒崎駅第2駐車場」出入口付近。
光洋映劇/黒崎ニュー東映劇場/黒崎光洋映劇
所在地 : 福岡県八幡市黒崎町2丁目(1960年・1963年)、福岡県北九州市八幡区黒崎町2丁目(1966年・1969年)、福岡県北九州市八幡区黒崎3丁目(1973年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎2丁目(1975年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎町2丁目(1980年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1980年以後1982年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「光洋映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「黒崎ニュー東映劇場」。1973年・1975年・1980年の映画館名簿では「黒崎光洋映劇」。1976年の住宅地図では「黒崎光洋」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「アキヤ」。跡地は「ラッキーセブン黒崎店パチンコ館」北西30mにあるビル。
黒崎にっかつ/黒崎にっかつ劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡西区黒崎町1丁目(1980年・1985年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎町1-11-22(1988年)
開館年 : 1978年7月
閉館年 : 1988年以後1990年以前
1978年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の映画館名簿では「黒崎にっかつ」。1985年の住宅地図では東から「黒崎文化劇場」「黒崎日活」「黒崎中央大劇」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「黒崎中央会館ビル」。

にっかつの直営劇場の動きを見ると、1978年7月に「黒崎にっかつ」と「郡山にっかつ」が開館し、12月に「福岡にっかつ」が開館し、1979年2月に「尼日栄にっかつ」が開館し、2月に「山形にっかつ」が閉館し、6月に「千葉にっかつ」が開館した。*54
黒崎ロマン座
所在地 : 福岡県北九州市八幡西区黒崎1-13-17(1982年・1990年)
開館年 : 1980年以後1982年以前
閉館年 : 1990年以後1992年以前
1976年の住宅地図では後の映画館の場所に空白。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1982年・1990年の映画館名簿では「黒崎ロマン座」。1985年の住宅地図では「ナイトビル黒崎 1階黒崎ロマン座」。1992年の映画館名簿には掲載されていない。ナイトビル黒崎1階。ナイトビル黒崎は現存。
黒崎スカラ座
所在地 : 福岡県北九州市八幡西区熊手町2-1(1978年)、福岡県北九州市八幡西区熊手町2丁目(1980年・1985年)、福岡県北九州市八幡西区熊手2-1-24(1990年)
開館年 : 1975年以後1978年以前
閉館年 : 1990年以後1992年以前
1975年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では後の映画館の場所に「ボストン靴店」。1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「黒崎スカラ座」。1985年の住宅地図では「1階ボストン 2階ヤマハミュージックセンター黒崎 3階スカラ座」。1992年の映画館名簿には掲載されていない。吉野ビル3階。跡地は有料駐車場「エルザパーク熊手栄町通り」。
黒崎銀座映劇(旧)/黒崎東映映画劇場/黒崎東映劇場/黒崎松竹映画劇場/黒崎松竹映劇(旧)
所在地 : 福岡県八幡市黒崎町1丁目(1963年)、福岡県北九州市八幡区黒崎町1丁目(1966年・1969年)、福岡県北九州市八幡区黒崎1丁目(1973年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎町1丁目(1975年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1976年以後1985年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「黒崎銀座映劇」。1963年の映画館名簿では「黒崎東映」。1966年の映画館名簿では「黒崎東映映画劇場」。1969年の映画館名簿では「黒崎東映劇場」。1973年・1975年の映画館名簿では「黒崎松竹映画劇場」。1976年の住宅地図では「黒崎松竹」。1985年の住宅地図では跡地に「月極有料駐車場」。跡地は立体駐車場「銀映駐車場」。
黒崎大映/黒崎銀座映劇(新)/黒崎銀座映画劇場/黒崎銀座映画劇場・黒崎松竹映劇/黒崎銀座映劇・黒崎松竹劇場/黒崎松竹劇場(新)
所在地 : 福岡県八幡市黒崎町1丁目(1963年)、福岡県北九州市八幡区黒崎町1丁目(1966年・1969年)、福岡県北九州市八幡区黒崎1丁目(1973年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎町1丁目(1975年・1980年・1985年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎1-8-7(1990年・1992年・1995年・1998年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1998年以後2000年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「黒崎銀映(映画館)」。1960年・1963年の映画館名簿では「黒崎大映」。1966年・1969年の映画館名簿では「黒崎銀座映画劇場」。1973年の映画館名簿では「黒崎銀座映劇」。1975年の映画館名簿では「黒崎銀座映画劇場」。1976年の住宅地図では「黒崎銀映」。1980年・1985年の映画館名簿では「黒崎銀座映画劇場・黒崎松竹映劇」(2館)。1985年の住宅地図では「銀映ビル 3階黒崎銀映 4階黒崎松竹」。1990年の映画館名簿では「黒崎銀座映劇・黒崎松竹劇場」(2館)。1992年・1995年・1998年の映画館名簿では「黒崎松竹劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。黒崎銀映ビルの銀映が3階で松竹が4階。黒崎銀映ビルは現存。
黒崎クラブ/黒崎東宝/黒崎東宝劇場/クロサキ東宝1・2/黒崎東宝1・2
所在地 : 福岡県八幡市黒崎町駅前(1943年)、福岡県八幡市黒崎町2丁目(1950年)、福岡県八幡市黒崎町(1953年)、福岡県八幡市黒崎町3丁目(1955年)、福岡県八幡市黒崎町2丁目(1960年・1963年)、福岡県北九州市八幡区黒崎町駅前25(1966年)、福岡県北九州市八幡区黒崎町2丁目(1969年)、福岡県北九州市八幡区黒崎町3丁目(1973年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎町2丁目(1980年・1985年)、北九州市八幡西区黒崎2-1-15(1990年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎2-1-10(2000年)
開館年 : 1937年5月
閉館年 : 2003年5月31日
『全国映画館総覧 1955』によると1937年5月開館。1943年・1950年・1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「黒崎クラブ」。1958年の住宅地図では「黒崎クラブ」。1955年・1960年の映画館名簿では「黒崎クラブ」。1963年の映画館名簿では「黒崎東宝」。1966年・1969年の映画館名簿では「黒崎東宝劇場」。1976年の住宅地図では「1階ニュー東宝 2階黒崎東宝」。1985年の住宅地図では「1階パチンコニュー東宝 2階黒崎東宝」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「エルザパーク黒崎駅前供廖

1960年1月7日、八幡市の「黒崎クラブ」が全焼した。原因は不明。*55

1960年1月9日午前2時30分頃、八幡市黒崎町2丁目の「黒崎クラブ」2階客席付近から出火し、モルタル2階建て約1000平方メートルが全焼した。損害額は約1000万円。*56

1960年10月15日、八幡市黒崎町2丁目に東宝封切館「黒崎東宝劇場」が開館した。1月7日に焼失した「黒崎クラブ」の後継。鉄筋造、地下1階・地上3階建て。延面積1810平方メートル。客席642。経営は福岡宝塚会館であり、有限会社黒崎クラブと提携している。*57
永楽館/黒崎永楽館/黒崎中央映画劇場・黒崎第二中央劇場/黒崎中央大劇・黒崎東映パラス劇場/黒崎中央大劇・黒崎文化劇場1・2/黒崎中央大劇・黒崎文化劇場
所在地 : 福岡県八幡市黒崎町1丁目(1960年・1963年)、福岡県北九州市八幡区黒崎町1丁目(1966年)、福岡県北九州市八幡区黒崎町1丁目(1969年・1973年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎1-11-22(1978年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎町1丁目(1980年・1985年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎1-11-22(1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 2003年6月6日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の住宅地図では「永楽館(映画館)」。1960年の映画館名簿では「黒崎永楽館」。1963年の映画館名簿では「永楽館」。1966年の映画館名簿では「黒崎永楽館」。1969年の映画館名簿では「黒崎中央劇場・黒崎第二中央劇場」(2館)。1973年の映画館名簿では「黒崎中央映画劇場・黒崎第二中央劇場」(2館)。1976年の住宅地図では「黒崎中央ボウル 東映パラス 中央大劇」。1978年の映画館名簿では「黒崎八幡中央大劇・黒崎東映パラス劇場」(2館)。1980年の映画館名簿では「黒崎八幡中央大劇・黒崎東映パラス」(2館)。1985年の映画館名簿では「黒崎中央大劇・黒崎文化劇場」(2館)。1985年の住宅地図では東から「黒崎文化劇場」「黒崎日活」「黒崎中央大劇」。1990年・1995年の映画館名簿では「黒崎中央大劇・黒崎文化劇場1・2」(3館)。2000年の映画館名簿では「黒崎中央大劇・黒崎文化劇場」(2館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。

東映の直営館を見ると、1972年12月に「金沢東映パラス」と「横浜東映」と「盛岡東映パラス」が開館し、1973年3月に「小倉東映パラス」と「黒崎東映パラス」が開館し、5月に「新宿名画座」が開館し、6月に「福岡グランド」と「浅草名画座」が開館し、7月に「富山東映パラス」が開館した。1972年7月には「鹿児島東映」が閉館し、1973年1月には「岩見沢東映」が閉館し、2月には「八幡東映」が閉館し、3月には「関西東映・関西小劇場」が閉館した。*58

2001年9月、北九州市八幡西区黒崎の映画館「シネ・ワールド黒崎」が開館1周年を迎える。中央興業が経営。もともとは一般的な映画館だったが、独自色を出すためにアンコール劇場(再映館)に切り替えた。ロードショー公開が終了して3か月以上経った作品、アカデミー賞受賞作品などを上映する。開館当初に上映した『タイタニック』は2週間で約800人を集めるほど好評だった。11月3日からは1周年記念イベントとして『風と共に去りぬ』と『カサブランカ』を上映する。

2002年9月21日から、北九州市八幡西区黒崎の映画館「シネ・ワールド黒崎」は2周年を記念して「木下恵介監督作品特集」を行う。9月21日から27日には『二十四の瞳』を、9月28日から10月5日には『喜びも悲しみも幾歳月』を、10月6日からは『楢山節考』を上映する。シネ・ワールド黒崎は2年前に一般映画館から切り替えたアンコール劇場(再映館)であり、ロードショー館の半額以下の料金である。*59

2003年6月6日をもって、北九州市八幡西区黒崎1にある映画館「黒崎中央大劇」と「シネ・ワールド黒崎」が閉館した。黒崎中央大劇の最終上映作品は『戦場のピアニスト』。1998年に中間市に開館したシネコンの影響で、2002年まで4館が相次いで閉館していた。2002年には黒崎中央大劇とシネ・ワールド黒崎も椅子を改修するなどして対抗したが、観客数は従来の1割にまで落ち込んでいた。黒崎中央大劇とシネ・ワールド黒崎より2週間早く、「黒崎東宝」も閉館している。黒崎東宝は2002年から、ロードショーではなく名作を企画形式で上映していた。かつて黒崎には約30の映画館があったが、これによってすべて閉館した。*60

2010年10月9日、北九州市八幡西区黒崎で黒崎シネマチャレンジと題した上映イベントが始まった。開場は2003年に閉館した映画館「黒崎中央大劇」跡の「きてみて館2」。『おくりびと』や八幡製鉄所が舞台の木下恵介監督作『この天の虹』などが上映される。黒崎は九州有数の映画館街だったが、2005年に最後の映画館が閉館した。*61
黒崎ロキシー劇場/黒崎ロキシー
所在地 : 福岡県北九州市八幡区西通り5丁目(1973年)、福岡県北九州市八幡西区藤田3丁目(1980年)、福岡県北九州市八幡西区藤田3-3-26(1985年・1990年・2000年・2005年)
開館年 : 1969年以後1973年以前
閉館年 : 2005年4月29日
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1976年・1985年の住宅地図では「黒崎ロキシー」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は立体駐車場「ロキシーパーク」。

2003年9月6日、北九州市八幡西区のJR黒崎駅前にあった映画館「黒崎ロキシー」が3年ぶりに営業を再開する。6月6日には「中央大劇」など2館が相次いで閉館し、黒崎から一時的に映画館が消えていた。黒崎ロキシーはもともと松竹系洋画封切館であり、中間市や戸畑区に開館したシネコンの影響などで2000年3月に閉館していた。*62

2003年9月6日、北九州市八幡西区黒崎にある映画館「黒崎ロキシー」が3年半ぶりに営業を再開した。オープニング作品は『ショーシャンクの空に』。263席。1970年頃の黒崎には20数館の映画館があったが、今年5月と6月には黒崎の映画館の閉館が相次ぎ、黒崎から映画館がなくなっていた。黒崎ロキシーも2000年2月に閉館したが、運営会社が営業再開を企て、過去の作品を再上映する映画館として再開した。*63

2005年4月29日をもって、北九州市八幡西区の黒崎にある映画館「黒崎ロキシー」が閉館する。2000年3月に閉館したが、2003年9月に再上映館として営業を再開していた。1300人を超す支援会員を集め、黒崎商店組合連合会もシネマ委員会を発足させて貸し切り上映会を開くなどしていた。これによって黒崎から映画館が姿を消す。*64
黒崎三角公園劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡西区
開館年 : 2011年11月12日
閉館年 : 2011年11月16日

2011年11月12日、北九州市八幡西区黒崎地区に映画館「黒崎三角公園劇場」が開館する。2003年に閉館した「黒崎中央大劇」の建物を街づくり団体のクロサキカンパニーが借りて運営する。館主は井口洋(46)。オープニング作品は石井裕也監督作『あぜ道のダンディ』であり、12日には主演した黒崎出身の光石研が舞台挨拶を行う。三角公園という通称を持つ黒崎中央公園の向かいにある。開館時は1スクリーン120席だが、年内にも150席に増やす予定。独立系作品や旧作を上映する予定。*65

2011年11月21日、北九州市八幡西区の映画館「黒崎三角公園劇場」が休館することが明らかになった。11月12日に光石研の舞台挨拶を行って開館したばかりだった。11月12日から16日までは光石が主演する作品を上映していた。従業員は開館直前から館主と連絡が取れなくなり、館主の知人から病気療養中であると伝えられたという。*66

八幡東区

公楽映画劇場
所在地 : 福岡県八幡市大阪町4丁目(1955年)
開館年 : 1952年4月
閉館年 : 1955年以後1960年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年4月開館。1955年の映画館名簿では「公楽映画劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
若草映画劇場
所在地 : 福岡県八幡市東通町1丁目(1955年)
開館年 : 1920年10月
閉館年 : 1955年以後1960年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1920年10月開館。1955年の映画館名簿では「わかくさ映画劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
大門日活
所在地 : 福岡県八幡市春ノ町5-72(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「大門日活」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
八幡祇園東映/祇園東映
所在地 : 福岡県八幡市祇園町2丁目(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「八幡祇園東映」。1963年の映画館名簿では「祇園東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1960年3月には第二東映が発足。北九州5市では門司市の「有楽映画劇場」と「大里金星」、小倉市の「衆楽」(旧称は衆楽松竹)と「木町東映」(旧称は木町松竹)と「城野国際」、八幡市の「祇園東映」と「三条東映」と「折尾東映」と「折尾第二東映」と「枝光東映」、若松市の「若松映画劇場」、戸畑市の「戸畑松竹」が第二東映上映館となった。*67
仲町衆映
所在地 : 福岡県八幡市尾倉町2丁目(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「仲町衆映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
七条銀映
所在地 : 福岡県八幡市東通町6丁目(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「七条銀映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
枝光公楽
所在地 : 福岡県八幡市白川町2丁目(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「枝光公楽」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
日映劇場/枝光日映
所在地 : 福岡県八幡市白川町2丁目(1955年・1960年・1963年)
開館年 : 1948年11月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年11月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年の映画館名簿では「日映劇場」。1958年の住宅地図では「日映劇場」。1963年の映画館名簿では「枝光日映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はファミレス「ジョイフル北九州枝光店」。最寄駅はJR鹿児島本線枝光駅。
神田日活/神田松竹
所在地 : 福岡県八幡市大蔵神田町(1960年)、福岡県八幡市大蔵神田1丁目(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「神田日活」。1963年の映画館名簿では「神田松竹」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

現在の八幡東区大蔵にあった映画館「神田日活」の写真あり。1958年に公開された『紅の翼』ののぼりがみえる。*68

1960年2月21日、八幡市大蔵神田町の「神田日活」が「神田松竹」に改称して松竹封切館に転向した。*69
千日映画劇場/千日映劇/日活千日
所在地 : 福岡県八幡市大阪町4丁目(1953年・1955年)、福岡県八幡市中央通2丁目(1960年)、福岡県八幡市中央区大坂町(1963年)
開館年 : 1951年5月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年5月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「千日映画劇場」。1958年の住宅地図では「千日映劇」。1960年の映画館名簿では「千日映劇」。1963年の映画館名簿では「日活千日」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「明善社中央町斎場」西の有料駐車場「コインパーク八幡」。
八幡製鉄労働会館
所在地 : 福岡県八幡市西本町6丁目(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1952年竣工。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「八幡製鉄労働会館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1982年頃取り壊し。
太陽館/八幡太陽館
所在地 : 福岡県八幡市通町11丁目(1936年)、福岡県八幡市通町11(1943年)、福岡県八幡市通町1丁目(1950年)、福岡県八幡市通町11(1953年)、福岡県八幡市通町11丁目(1955年・1960年)、福岡県八幡市本町3丁目(1963年)、福岡県北九州市八幡区本町3丁目(1966年)
開館年 : 1920年5月、1954年
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1920年5月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年の映画館名簿では「太陽館」。1950年の映画館名簿では「太陽座」。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「太陽館」。1966年の映画館名簿では「八幡太陽館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1954年のこのほど、八幡市の「太陽映画」が開館した。総工費1000万円で改築され、北九州で最も近代的なモデル館となった。九州で初めて防音装置付きの二重ドアを採用し、椅子は全席がスポンジ張り、冷房装置やワイドスクリーンを完備している。*70
八幡大映/八幡大映劇場
所在地 : 福岡県八幡市大阪町4丁目(1958年)、福岡県八幡市中央通(1960年)、福岡県八幡市中央町2丁目(1963年)、福岡県北九州市八幡区中央町2丁目(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1958年の住宅地図では「八幡大劇」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「八幡大映」。1966年の映画館名簿では「八幡大映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「明善社中央町斎場」。
前田銀映/前田銀映映画劇場
所在地 : 福岡県八幡市西本町9丁目(1958年・1960年)、福岡県八幡市前田町2丁目(1963年)、福岡県北九州市八幡区前田町2丁目(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「前田銀映映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「前田銀映」。1966年の映画館名簿では「前田銀映映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
枝光東映/枝光文化映画劇場
所在地 : 福岡県八幡市枝光新町6丁目(1958年)、福岡県八幡市諏訪町1丁目(1960年・1963年)、福岡県北九州市八幡区諏訪町1丁目(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の住宅地図では「枝光東映」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「枝光東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「枝光文化映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「リサイクルショップ諏訪」など。最寄駅はJR鹿児島本線枝光駅。

1960年3月には第二東映が発足。北九州5市では門司市の「有楽映画劇場」と「大里金星」、小倉市の「衆楽」(旧称は衆楽松竹)と「木町東映」(旧称は木町松竹)と「城野国際」、八幡市の「祇園東映」と「三条東映」と「折尾東映」と「折尾第二東映」と「枝光東映」、若松市の「若松映画劇場」、戸畑市の「戸畑松竹」が第二東映上映館となった。*71
八幡東宝/八幡東宝劇場
所在地 : 福岡県八幡市鉄管町(1958年・1960年)、福岡県八幡市中央区大坂町(1963年)、福岡県北九州市八幡区中央町2丁目(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の住宅地図では「八幡東宝」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「八幡東宝」。1966年・1969年の映画館名簿では「八幡東宝劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はガレージ「MMスカイパーキング」敷地北東部。

1914年7月17日、八幡初の常設活動写真館として「中央館」が開館した。中央館は天活系であり、現在の中央町にあった。八幡製鉄所が活況を呈していたこともあり、1920年頃には中央町を中心として10館以上の常設活動写真館があったが、1926年10月時点では5館となった。1938年12月28日には中央町の中心に東宝直営の「八幡東宝映画劇場」が開館し、建築・設備・サービスの点で北九州随一とされたため、小倉や戸畑からも観客を集めた。戦前の八幡には八幡東宝のほかに、「記念館」、「中央館」、「世界館」、「黒崎新興」(藤田町)、「太陽館」、「黒崎クラブ」(黒崎駅前)、「大丸館」、「寿館」、「帝国館」(枝光駅前、後の「日活映画劇場」)、「龍国館」(大蔵)、「日本映画劇場」(白川町2丁目)、「八幡館」の計13館があった。戦時企業整理で4館が休館し、1945年8月の空襲で5館が焼失した。戦後には次々と映画館が再建され、1960年の八幡市には39館があった。その後は八幡製鉄所の"鉄冷え"とともに減少し、2016年現在の八幡には「八幡有楽劇場」の1館のみとなっている。*72
民衆楽映劇/八幡民衆楽映画劇場
所在地 : 福岡県八幡市槻田東通町8丁目(1955年)、福岡県八幡市東通町8丁目(1960年・1963年)、福岡県北九州市八幡区東通町8丁目(1966年)、福岡県北九州市八幡区東通8丁目(1969年)
開館年 : 1952年2月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年2月開館。1960年・1963年の映画館名簿では「民衆楽映劇」。1966年の映画館名簿では「八幡民衆映画劇場」。1969年の映画館名簿では「八幡民衆楽映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
八幡中央映画劇場(旧)/八幡東映/八幡東映劇場
所在地 : 福岡県八幡市通町9丁目(1955年・1960年)、福岡県八幡市中央町3丁目(1963年)、福岡県北九州市八幡区中央町3丁目(1966年・1969年)、福岡県北九州市八幡区中央町2丁目(1973年)
開館年 : 1949年3月、1959年10月22日
閉館年 : 1973年2月
『全国映画館総覧 1955』によると1949年3月開館。1955年の映画館名簿では「八幡中央映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「八幡東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「八幡東映劇場」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では「八幡東映」。1985年の住宅地図では跡地に「オークラ中央ハイツ」。跡地は集合住宅「オークラ中央ハイツ」。

1959年内に東映は全国に6直営館を開館させる。9月12日には「津東映」、10月10日には「釧路東映」、10月22日には「金沢東映」、11月3日には「名古屋第二東映」、12月12日には「八幡東映」、12月24日には「和歌山東映」が開館する。年末までに直営館は62館となる。*73

1959年10月22日、八幡市大字尾倉字東208に東映直営館「八幡東映劇場」が開館した。建坪306坪。地上2階建て。座席数504。東映直営館は62館となった。*74

1959年12月、八幡市春ノ町の「八幡東映」は「八幡セントラル劇場」に改称して洋画専門館に転向した。経営は前田友信。*75

1959年12月12日、八幡市中央町に東映直営館「八幡東映劇場」が開館した。大川東映社長、東千代之介などが挨拶した。椅子席504。冷暖房完備。*76

東映の直営館を見ると、1972年12月に「金沢東映パラス」と「横浜東映」と「盛岡東映パラス」が開館し、1973年3月に「小倉東映パラス」と「黒崎東映パラス」が開館し、5月に「新宿名画座」が開館し、6月に「福岡グランド」と「浅草名画座」が開館し、7月に「富山東映パラス」が開館した。1972年7月には「鹿児島東映」が閉館し、1973年1月には「岩見沢東映」が閉館し、2月には「八幡東映」が閉館し、3月には「関西東映・関西小劇場」が閉館した。*77
八幡中央劇場/八幡中央映画劇場/八幡中央映劇/八幡中央大劇
所在地 : 福岡県八幡市春の町3丁目(1963年)、福岡県北九州市八幡東区尾倉605(1966年・1969年・1980年・1982年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「八幡中央劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「八幡中央映画劇場」。1976年の住宅地図では「八幡中央(映画)」。1980年の映画館名簿では「八幡中央映劇」。1982年の映画館名簿では「八幡中央大劇」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「駐車場」。跡地は「済生会病院駐車場」。
八幡小劇場/八幡ロマン座
所在地 : 福岡県八幡市大坂町5丁目(1963年)、福岡県北九州市八幡区中央町2丁目(1966年・1969年)、福岡県北九州市八幡東区中央町2丁目(1985年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1985年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「八幡小劇場」。1962年・1976年の住宅地図では「八幡小劇場」。1985年の経営者は福島武鶴、木造平屋建、120席、成人映画を上映。1985年の住宅地図では跡地に「マタマビル」。1986年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「マタマビル」建物西側。
八幡名画座
所在地 : 福岡県八幡市中央町11(1958年)、福岡県八幡市中央通2丁目(1960年)、福岡県八幡市中央町2-9(1963年)、福岡県北九州市八幡区中央町9-6(1966年・1969年)、福岡県北九州市八幡東区中央町2-16-15(2000年)
開館年 : 1955年以後1958年以前、1964年頃(建て替え)
閉館年 : 2000年以後2002年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の住宅地図では「名画座」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「八幡名画座」。1976年の住宅地図では「上階名画座 下階名食街」。1985年の住宅地図では「名画座」。2002年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「八幡中央区商店街ふれあい広場」北東40mにある駐車場。

1963年12月13日、北九州市八幡区中央町2丁目の「八幡名画座」裏側ボイラー室から出火して全焼した。木造モルタル2階建て。損害約300万円。暖房用重油の取り扱いの際の不手際が原因とみられる。館主は望月康生。*78
有楽映画劇場/有楽映劇/八幡有楽映画劇場/八幡有楽映劇/八幡有楽劇場
所在地 : 福岡県八幡市通町18丁目(1955年)、福岡県八幡市前田町2丁目(1960年・1963年)、福岡県北九州市八幡区前田町805(1966年・1969年)、福岡県北九州市八幡区前田通り805(1973年)、福岡県北九州市八幡東区前田町805(1975年)、福岡県北九州市八幡東区前田町805(1980年)、福岡県北九州市八幡東区前田2-5-1(1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年)
開館年 : 1954年1月
閉館年 : 2019年6月27日
Wikipedia : 有楽映画劇場
『全国映画館総覧 1955』によると1954年1月開館。1955年の映画館名簿では「有楽映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「有楽映劇」。1966年・1969年・1973年・1975年・1980年の映画館名簿では「八幡有楽映画劇場」。1976年・1985年の住宅地図では「有楽映劇」。1985年の映画館名簿では「八幡有楽映劇」。1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「八幡有楽劇場」。2020年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「真照寺」北の敷地。

北九州市八幡東区前田2丁目には1954年に開館した映画館「有楽映画劇場」がある。スクリーンの手前には奥行き約5メートルの舞台がある。2階の映写室には1968年製造の映写機が据えられている。2004年夏には舞台で歌や芸を披露していた幕間芸人を描く『カーテンコール』のロケ地となり、作品中では「みなと劇場」として登場した。2007年公開の映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』のロケ地にもなり、作品中では東京・浅草の劇場として登場した。*79

2019年6月27日をもって、北九州市八幡東区の映画館「有楽映画劇場」が閉館する。1954年に開館し、1960年頃には八幡市だけで約40館もの映画館があった。1971年には日活がロマンポルノ路線に走り、有楽映画劇場もロマンポルノを上映するようになり、1970年代後半には成人映画専門館となった。2000年には北九州フィルム・コミッションが設立され、2005年の『カーテンコール』や2007年の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』など、しばしば映画やテレビドラマのロケ地にも使用された。社長は鈴木利明(71)。建物は台風シーズンを迎える前に解体する予定。*80

2019年6月27日をもって、北九州市八幡東区前田2丁目の成人映画館「有楽映画劇場」が閉館する。所在地の地名から「前田有楽」とも呼ばれる。高度経済成長期初期の1954年に一般映画館として開館し、八幡製鉄所の工員などが詰めかけて盛況だった。映画離れに加えて製鉄業の低迷もあり、1970年代に成人映画館に転換した。近年は10年以上にわたって赤字が続いていた。2005年公開の映画『カーテンコール』、2007年公開の映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』ではロケ地としても使用された。閉館後の6月29日には有志によって「さよなら前田有楽まつり」が開催され、館内や映写室内の見学会や、倖田李梨主演作『スモーキング・エイリアンズ』の上映、倖田李梨によるアフタートークなどが開催される。建物は近いうちに取り壊される予定。*81

「前田有楽映画劇場」に言及している書籍として中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*82

「有楽映画劇場」に言及している書籍として、藤森照信(文)、中馬聰(写真)『藤森照信のクラシック映画館』青幻舎、2019年がある。*83

倖田李梨と藤里一郎による写真集『タイガーリリー』には、「石巻パール劇場」(宮城県石巻市)、「宇都宮オークラ」(栃木県宇都宮市)、「新橋ロマン」(東京都港区)、「旧上野オークラ」(東京都台東区)、「横浜光音座」(神奈川県横浜市)「金沢駅前シネマ」(石川県金沢市)、「的場有楽」(広島県広島市)、「前田有楽」(福岡県北九州市)、「首里劇場」(沖縄県那覇市)、が掲載されている。現物は未確認。図書館には基本的に所蔵されていない。*84

門司区

早鞆倶楽部
所在地 : 福岡県門司市(1925年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1925年以後1930年以前
1925年の映画館名簿では「早鞆倶楽部」。1930年の映画館名簿には掲載されていない。
松竹倶楽部
所在地 : 福岡県門司市東河端町5(1930年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1930年以後1936年以前
1930年の映画館名簿では「松竹倶楽部」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。
喜館
所在地 : 福岡県門司市大里町(1936年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1936年以後1943年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「喜館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
日活館
所在地 : 福岡県門司市内堀川町1(1943年)
開館年 : 1936年以後1943年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「日活館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
永真館/ミナト名画劇場
所在地 : 福岡県門司市(1925年)、福岡県門司市日之出町2(1930年)、福岡県門司市日ノ出町2丁目(1936年)、福岡県門司市日ノ出町2(1943年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1925年・1930年・1936年の映画館名簿では「永真館」。1943年の映画館名簿では「ミナト名画劇場」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
松濤館
所在地 : 福岡県門司市大里町(1925年・1930年・1936年・1943年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1925年・1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「松濤館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
世界館
所在地 : 福岡県門司市内本町(1925年)、福岡県門司市内本町1丁目(1930年)、福岡県門司市内本町1(1936年)、福岡県門司市内本町(1943年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1925年・1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「世界館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
豊国館/中央映画劇場/門司セントラル映画劇場
所在地 : 福岡県門司市葛葉町(1925年)、福岡県門司市葛葉町(1930年・1936年・1943年・1947年・1950年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1925年・1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「豊国館」。1947年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1950年の映画館名簿では「門司セントラル映画劇場」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。
門司劇場
所在地 : 福岡県門司市白木崎大山町3丁目(1958年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「門司劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
大里金星
所在地 : 福岡県門司市大里不老町(1958年)、福岡県門司市大里不老町2-14(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「大里金星」。1962年の住宅地図では「金星映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「門司典礼会館」建物北側。最寄駅はJR鹿児島本線・山陽本線門司駅。

1960年3月には第二東映が発足。北九州5市では門司市の「有楽映画劇場」と「大里金星」、小倉市の「衆楽」(旧称は衆楽松竹)と「木町東映」(旧称は木町松竹)と「城野国際」、八幡市の「祇園東映」と「三条東映」と「折尾東映」と「折尾第二東映」と「枝光東映」、若松市の「若松映画劇場」、戸畑市の「戸畑松竹」が第二東映上映館となった。*85
稲荷座/門司東映映画劇場/門司東映
所在地 : 福岡県門司市日之出町(1947年)、福岡県門司市日の出町3丁目(1950年)、福岡県門司市日ノ出町3(1953年・1955年)、福岡県門司市日ノ出町3丁目(1958年)、福岡県門司市日の出町3(1960年・1963年)
開館年 : 1923年5月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1923年5月開館。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「稲荷座」。1958年の映画館名簿では「門司東映映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「門司東映」。1962年の住宅地図では「門司東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はアパート「東門司一丁目市街地住宅」建物中央北部。

門司市にあった稲荷座の写真あり。「イナリザ」の文字が見える。明治20年代に蛭子町に創業した。1907年3月には工費1万5000円で日出町に新築されたが、1913年3月に火災で焼失し、その後再建された。戦後には新東宝や大映の封切館となった。土地区画整理事業のために取り壊され、跡地は高層アパートになった。*86

1955年頃の門司市にあった「稲荷座」の写真あり。「イナリザ」の文字が見える。明治20年代に開館した劇場に起源をもち、戦後には大映や新東宝の封切館となった。*87
毎日館/第二銀星映劇/第二銀座映劇
所在地 : 福岡県門司市葛葉1丁目松町1(1953年)、福岡県門司市葛葉ニツ松町1(1955年)、福岡県門司市葛葉ニタ松町(1958年)、福岡県門司市葛葉ニタ松町1-311(1960年)、福岡県門司市葛葉ニタ松町(1963年)
開館年 : 1953年11月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年11月開館。1953年の映画館名簿では「毎日館」。1955年の映画館名簿では「第二銀座映劇」。1958年の映画館名簿では「第二銀座映画劇場」。1960年の映画館名簿では「第二銀星映劇」。1962年の住宅地図では「第二東映」。1963年の映画館名簿では「第二銀座映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「西照寺」北北東30mにある「和生産業」付近。最寄駅はJR鹿児島本線小森江駅。
昭和映画劇場/昭和映劇
所在地 : 福岡県門司市大字恒見1931(1958年)、福岡県門司市大字吉志1005(1960年)、福岡県門司市大字恒見1931(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「昭和映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「昭和映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
平和キネマ/ロマン座/大里東映映画劇場/大里東映/門司大里東映映画劇場
所在地 : 福岡県門司市大里町(1947年)、福岡県門司市大里大杉町1丁目(1950年)、福岡県門司市大里大杉町2(1953年)、福岡県門司市大里大杉町1丁目(1955年・1958年・1960年)、福岡県門司市大里大杉町1(1963年)、福岡県北九州市門司区大里杉町1丁目(1966年)
開館年 : 1930年4月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1930年4月開館。1947年の映画館名簿では「平和映画劇場」。1950年・1953年の映画館名簿では「平和キネマ」。1955年の映画館名簿では「ロマン座」。1958年の映画館名簿では「大里東映映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「大里東映」。1962年の住宅地図では「大里東映」。1966年の映画館名簿では「門司大里東映映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「飯野ビル」。最寄駅はJR鹿児島本線・山陽本線門司駅。
本川座/国際映画劇場/国際映劇/門司国際映画劇場
所在地 : 福岡県門司市(1925年)、福岡県門司市本川町4丁目(1930年・1936年)、福岡県門司市本川町4(1943年)、福岡県門司市本川町(1947年・1950年)、福岡県門司市本川町4(1953年・1955年)、福岡県門司市本川町4丁目(1958年)、福岡県門司市本川町4-1906(1960年)、福岡県門司市本川町4(1963年)、福岡県北九州市門司区本川町4丁目(1966年)
開館年 : 1927年10月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1927年10月開館。1925年・1930年・1936年・1943年・1947年の映画館名簿では「本川座」。1950年の映画館名簿では「門司国際映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「国際映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「国際映劇」。1962年の住宅地図では「門司国際映劇」。1966年の映画館名簿では「門司国際映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「岡三ビル」。
大和館/恒見映画劇場/恒見映劇/門司恒見昭和映画劇場
所在地 : 福岡県企救郡松ケ江村(1943年)、福岡県企救郡松ケ枝村恒見(1947年)、福岡県門司市恒見691(1950年)、福岡県門司市恒見町井浦(1953年・1955年・1958年)、福岡県門司市恒見字前田691(1960年)、福岡県門司市大字恒見字前田(1963年)、福岡県北九州市門司区字吉志193(1966年)
開館年 : 1936年以後1943年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1943年の映画館名簿では「大和館」。1947年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「恒見映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「恒見映劇」。1962年の映画館名簿では「恒見映劇(中村)」。1966年の映画館名簿では「門司恒見昭和映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はアパート「平和荘」。
松竹座/有楽映画劇場/有楽映劇/門司有楽映画劇場
所在地 : 福岡県門司市川端町5丁目(1936年)、福岡県門司市東川端町5(1943年)、福岡県門司市川端通(1947年)、福岡県門司市東川端町5丁目(1950年)、福岡県門司市川端町5(1953年・1955年)、福岡県門司市川端町5丁目(1958年)、福岡県門司市川端町5-1142(1960年)、福岡県門司市東川端町5(1963年)、福岡県北九州市門司区川端町3丁目(1966年)、福岡県北九州市門司区錦町8-26(1969年)
開館年 : 1931年4月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1931年4月開館。1936年・1943年・1947年の映画館名簿では「松竹座」。1950年の映画館名簿では「門司有楽映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「有楽映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「有楽映劇」。1962年の住宅地図では「有楽映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「門司有楽映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では跡地に「有楽有料駐車場」。跡地は「野口整形外科医院」北50mにある「有楽月極駐車場」。最寄駅はJR鹿児島本線門司港駅。

1960年3月には第二東映が発足。北九州5市では門司市の「有楽映画劇場」と「大里金星」、小倉市の「衆楽」(旧称は衆楽松竹)と「木町東映」(旧称は木町松竹)と「城野国際」、八幡市の「祇園東映」と「三条東映」と「折尾東映」と「折尾第二東映」と「枝光東映」、若松市の「若松映画劇場」、戸畑市の「戸畑松竹」が第二東映上映館となった。*88
門司銀映/銀座映画劇場/銀座映劇/門司銀座映画劇場(旧)
所在地 : 福岡県門司市銀座街(1950年・1953年)、福岡県門司市銀座通(1955年)、福岡県門司市羽衣町(1958年)、福岡県門司市羽衣町3-3113(1960年)、福岡県門司市羽衣町3-313(1963年)、福岡県北九州市門司区羽衣町3丁目(1966年)、福岡県北九州市門司区東本町2-1-24(1969年)
開館年 : 1947年7月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年7月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「門司銀映」。1953年・1955年の映画館名簿では「銀座映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「銀座映劇」。1962年の住宅地図では「銀映劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「門司銀座映画劇場」。1970年の住宅地図では「銀映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では跡地に「銀座有料駐車場」。跡地はマンション「オークランド門司港」。最寄駅はJR鹿児島本線門司港駅。
テアトル金星/門司テアトル金星
所在地 : 福岡県門司市羽衣町(1958年)、福岡県門司市門司字馬場3102(1960年)、福岡県門司市羽衣町3-313(1963年)、福岡県北九州市門司区羽衣町3丁目(1966年)、福岡県北九州市門司区東本町2-2-25(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「テアトル金星」。1962年の住宅地図では「テアトル金星」。1966年・1969年の映画館名簿では「門司テアトル金星」。1970年・1976年の住宅地図では「テアトル金星」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「エクレール門司港東」。最寄駅はJR鹿児島本線門司港駅。
新世界映劇/新世界/門司新世界映画劇場/門司銀座映劇(新)
所在地 : 福岡県門司市羽衣町(1958年)、福岡県門司市門司字馬場3102(1960年)、福岡県門司市羽衣町3-313(1963年)、福岡県北九州市門司区羽衣町3丁目(1966年)、福岡県北九州市門司区東本町2-5-25(1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「新世界映劇」。1962年の住宅地図では「新世界映劇」。1963年の映画館名簿では「新世界」。1966年・1969年の映画館名簿では「門司新世界映画劇場」。1970年の住宅地図では「新世界映劇」。1976年の住宅地図では跡地に「サウナ新世界」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「コーポラス大田」。最寄駅はJR鹿児島本線門司港駅。
松竹映画劇場/若草映画劇場/若草映劇/門司大里若草映画劇場/門司若草映劇
所在地 : 福岡県門司市大里不老町2(1943年)、福岡県門司市大里不老町(1947年)、福岡県門司市大里不老町2丁目(1950年)、福岡県門司市大里不老町(1953年・1955年)、福岡県門司市大里町(1958年)、福岡県門司市大里不老町2-14(1960年・1963年)、福岡県北九州市門司区大里不老町2丁目(1966年・1969年)、福岡県北九州市門司区大里柳町2-3-6(1973年)、福岡県北九州市門司区大里柳町2丁目(1980年・1982年)
開館年 : 1931年5月
閉館年 : 1982年以後1985年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1931年5月開館。1943年の映画館名簿では「松竹映画劇場」。1947年・1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「若草映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「若草映劇」。1962年の住宅地図では「パチンコ若草会館」。1966年・1969年の映画館名簿では「門司大里若草映画劇場」。1976年の住宅地図では「若草映画館」。1980年・1982年の映画館名簿では「門司若草映劇」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に空白。跡地は「門司典礼会館」建物北東側。門司区最後の映画館。最寄駅はJR鹿児島本線・山陽本線門司駅。

門司区の映画館に言及している書籍として阿奈井文彦『名画座時代 消えた映画館を探して』岩波書店、2006年がある。*89

戸畑区

中原国際
所在地 : 福岡県戸畑市中原西町3(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「中原国際」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
戸畑ニュー国際/国際シネマ/日活シネマ
所在地 : 福岡県戸畑市小無田町1(1958年)、福岡県戸畑市高峰町(1960年)、福岡県戸畑市小無田1(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「ニュー国際映劇」。1960年の映画館名簿では「戸畑ニュー国際」。1963年の映画館名簿では「日活シネマ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1960年春のこのほど、戸畑市高峰町の邦画館「戸畑ニュー国際」が「国際シネマ」に改称して洋画館に転向した。経営は田中巌社長の八波興行。*90
天籟映劇
所在地 : 福岡県戸畑市昭和通4丁目(1958年)、福岡県戸畑市沢見通4丁目(1960年)、福岡県戸畑市天籟寺町(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年1月14日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「天籟映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1963年1月14日をもって、戸畑市天籟寺の邦画再映館「天籟映劇」が閉館した。経営は八波興業。*91
戸畑松竹/戸畑参宮映劇
所在地 : 福岡県戸畑市参宮通(1960年・1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年3月1日
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「戸畑松竹」。1963年の映画館名簿では「戸畑参宮映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1960年3月には第二東映が発足。北九州5市では門司市の「有楽映画劇場」と「大里金星」、小倉市の「衆楽」(旧称は衆楽松竹)と「木町東映」(旧称は木町松竹)と「城野国際」、八幡市の「祇園東映」と「三条東映」と「折尾東映」と「折尾第二東映」と「枝光東映」、若松市の「若松映画劇場」、戸畑市の「戸畑松竹」が第二東映上映館となった。*92

1960年春のこのほど、戸畑市参宮通の「戸畑松竹」は「参宮東映」に改称して第二東映に転向した。第一東映を併映する。経営は柴田マスエ。*93

1963年3月1日午後4時頃、北九州市の「戸畑参宮映劇」2階便所から出火し、モルタル2階建て約1700平方メートルが全焼した。損害額は600万円。観客は無事だった。経営は柴田マスエ。*94
天神東映映画劇場/天神東映
所在地 : 福岡県戸畑市天神町2丁目(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「天神東映映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「天神東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
戸畑劇場/戸畑映画劇場/戸畑大映/戸畑大映劇場
所在地 : 福岡県戸畑市昭和通(1950年)、福岡県戸畑市中本町(1953年・1955年・1958年)、福岡県戸畑市中本町1-6(1960年)、福岡県戸畑市中本町1-16(1963年)、福岡県北九州市戸畑区中本町1丁目(1966年)
開館年 : 1948年
閉館年 : 1966年6月
『全国映画館総覧 1955』によると1948年開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「戸畑劇場」。1958年の映画館名簿では「戸畑映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「戸畑大映」。1966年の映画館名簿では「戸畑大映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年頃の戸畑市にあった「戸畑大映」のネオンアーチの写真あり。「映画は大映 戸畑大映」の文字が見える。*95

1966年6月、大映直営館「戸畑大映」が大映との賃借契約を解約された。*96
大成映劇/戸畑大成映画劇場/戸畑天神大映
所在地 : 福岡県戸畑市天神町2丁目(1958年・1960年・1963年)、福岡県北九州市戸畑区天神町2丁目(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「大成映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「大成映劇」。1966年の映画館名簿では「戸畑大成映画劇場」。1969年の映画館名簿では「戸畑天神大映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
大丸映劇/戸畑大丸映画劇場
所在地 : 福岡県戸畑市堀町3丁目(1958年・1960年)、福岡県北九州市戸畑区堀町3丁目(1966年)、福岡県北九州市戸畑区明治町8-21(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「大丸映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「戸畑大丸映画劇場」。1976年の住宅地図では跡地に「駐車場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
国際映劇/第一国際/戸畑国際映画劇場/戸畑国際東宝劇場
所在地 : 福岡県戸畑市昭和通4丁目(1950年・1953年・1955年)、福岡県戸畑市昭和町4丁目(1958年)、福岡県戸畑市昭和通4丁目(1960年・1963年)、福岡県北九州市戸畑区高峰通(1966年)、福岡県北九州市戸畑区浅生町3-13-12(1969年)
開館年 : 1945年12月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1945年12月開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「国際映画劇場」。1958年の映画館名簿では「第一国際映劇」。1960年の映画館名簿では「国際映劇」。1963年の映画館名簿では「第一国際」。1966年の映画館名簿では「戸畑国際映画劇場」。1969年の映画館名簿では「戸畑国際東宝劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
第二国際映画劇場/第二国際映劇/第二国際/戸畑第二国際映画劇場/戸畑スカラ座
所在地 : 福岡県戸畑市堀町3丁目(1955年・1958年・1960年・1963年)、福岡県北九州市戸畑区堀町3丁目(1966年)、福岡県北九州市戸畑区明治町9-7(1969年・1973年)
開館年 : 1953年4月
閉館年 : 1973年以後1975年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年4月開館。1955年・1958年の映画館名簿では「第二国際映画劇場」。1960年の映画館名簿では「第二国際映劇」。1963年の映画館名簿では「第二国際」。1966年の映画館名簿では「戸畑第二国際映画劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「戸畑スカラ座」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では跡地に空白。跡地は「明治町クリニック」北西50mにある建物。

1960年春のこのほど、戸畑市堀町3丁目の洋画館「第二国際映画劇場」が「戸畑日活」に改称して邦画館に転向した。経営は田中巌社長の八波興行。*97
旭館/戸畑朝日館
所在地 : 福岡県戸畑市東本町9丁目(1958年・1960年・1963年)、福岡県北九州市戸畑区東本町9(1966年)、福岡県北九州市戸畑区中原西町2(1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「旭館」(※朝日ではなく旭)。1966年・1969年の映画館名簿では「戸畑朝日館」(※旭ではなく朝日)。1976年の住宅地図では「朝日館」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「工大前アベニュー」。
中原映劇/戸畑中原映画劇場
所在地 : 福岡県戸畑市東本町13丁目(1958年・1960年・1963年)、福岡県北九州市戸畑区東本町13丁目(1966年)、福岡県北九州市戸畑区中原西町2-3(1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「中原映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「中原映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「戸畑中原映画劇場」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。
戸畑東映/戸畑東映劇場
所在地 : 福岡県戸畑市中本町1丁目(1958年・1960年・1963年)、福岡県北九州市戸畑区中本町1丁目(1966年)、福岡県北九州市戸畑区中本町1-5(1969年・1973年)、福岡県北九州市戸畑区中本町11-10(1975年・1978年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1978年以後1980年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「戸畑東映劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「戸畑東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「戸畑東映劇場」。1976年の住宅地図では「戸畑東映」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「戸畑中本町郵便局」北にある駐車場。
戸畑名画座
所在地 : 福岡県戸畑市昭和町4丁目(1958年)、福岡県戸畑市昭和通4-4(1960年)、福岡県戸畑市昭和通4丁目(1963年)、福岡県北九州市戸畑区昭和通4丁目(1966年・1969年・1973年)、福岡県北九州市戸畑区浅生町3-32(1980年・1985年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1985年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「戸畑名画座」。1986年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。戸畑区最後の従来型映画館。
ワーナー・マイカル・シネマズ戸畑/イオンシネマ戸畑
所在地 : 福岡県北九州市戸畑区汐井町2-2 イオン戸畑S.C 4階(2020年)
開館年 : 1999年3月1日(WMC)、2013年7月(イオンシネマ)
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。8スクリーンのシネコン。

1999年3月1日、北九州市戸畑区のJR戸畑駅前に戸畑サティが開業する。商業施設部分は鉄筋造4階建。売場面積は約2万9400平方メートルであり、井筒屋(小倉北区)、小倉そごう(小倉北区)、ザ・モール小倉(小倉南区)に次ぐ北九州市4番目の規模。北九州市初の複合映画館である「ワーナー・マイカル・シネマズ戸畑」(8スクリーン)が入る。*98

若松区

太陽映劇
所在地 : 福岡県若松市大井通2丁目(1958年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「太陽映劇」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
若松名画座
所在地 : 福岡県若松市中川通3(1958年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1958年3月24日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「若松名画座」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年3月24日、若松市中川通3の「若松名画座」スクリーン上部の配線から出火して全焼した。木造平屋建て。損害は約500万円。代表は石井忠一。*99
隆豊館
所在地 : 福岡県若松市藤ノ木(1958年)、福岡県若松市藤ノ木三軒屋(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「隆豊館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
文化映劇
所在地 : 福岡県若松市白山町1丁目(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「文化映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
二島クラブ
所在地 : 福岡県若松市二島町1447(1958年)、福岡県若松市東二島(1960年)、福岡県若松市二島町(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「二島クラブ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
二島映劇
所在地 : 福岡県若松市東二島町655(1960年)、福岡県若松市東二島(1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「二島映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
宮丸映劇
所在地 : 福岡県若松市藤ノ木(1958年)、福岡県若松市藤ノ木宮丸町27(1960年)、福岡県若松市宮丸町27(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「宮丸映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
若松映劇
所在地 : 福岡県若松市老松町5丁目(1958年・1960年)、福岡県若松市老松町22(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「若松映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1960年3月には第二東映が発足。北九州5市では門司市の「有楽映画劇場」と「大里金星」、小倉市の「衆楽」(旧称は衆楽松竹)と「木町東映」(旧称は木町松竹)と「城野国際」、八幡市の「祇園東映」と「三条東映」と「折尾東映」と「折尾第二東映」と「枝光東映」、若松市の「若松映画劇場」、戸畑市の「戸畑松竹」が第二東映上映館となった。*100
毎日映画劇場/毎日座
所在地 : 福岡県若松市西新町3丁目(1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1949年9月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年9月開館。1955年の映画館名簿では「毎日映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「毎日座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
ミナト映劇/若松ミナト映画劇場
所在地 : 福岡県若松市本町6丁目(1958年・1960年)、福岡県若松市本町6-644(1963年)、福岡県北九州市若松区本町6-644(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「ミナト映劇」。1966年の映画館名簿では「若松ミナト映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
栄楽映劇/若松栄楽映画劇場
所在地 : 福岡県若松市栄盛川町(1958年)、福岡県若松市栄盛川町(1960年)、福岡県若松市栄盛川(1963年)、福岡県北九州市若松区栄盛川(1966年)、福岡県北九州市若松区栄盛川8-29(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「栄楽映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「栄楽映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「若松栄楽映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
若松第二秀瑛映画劇場/若松秀瑛松竹劇場
所在地 : 福岡県若松市中川通6丁目(1958年・1960年・1963年)、福岡県北九州市若松区中川通6丁目(1966年)、福岡県北九州市若松区桜町6-27(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「第二秀瑛映劇」。1966年の映画館名簿では「若松第二秀瑛映画劇場」。1969年の映画館名簿では「若松秀瑛松竹劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
秀瑛映画劇場/松竹秀瑛映劇/第一秀瑛映劇/秀瑛映劇/若松秀瑛映画劇場
所在地 : 福岡県若松市中川通2丁目(1953年・1955年)、福岡県若松市中川通3丁目(1958年)、福岡県若松市中川通2丁目(1960年・1963年)、福岡県北九州市若松区中川通(1966年)、福岡県北九州市若松区本町2丁目(1969年)
開館年 : 1951年8月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年8月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「秀瑛映画劇場」。1958年の映画館名簿では「松竹秀瑛映劇」。1960年の映画館名簿では「第一秀瑛映劇」。1963年の映画館名簿では「秀瑛映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「若松秀瑛映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年2月11日から、若松市中川通りの松竹封切館「若松秀映映画劇場」が休館している。改築工事を行って4月上旬に完成予定。(※秀瑛ではなく秀映)*101
旭座/若松大映旭座/若松旭座
所在地 : 福岡県若松市三内町(1950年)、福岡県若松市三内町3(1953年)、福岡県若松市中川通2丁目(1955年)、福岡県若松市三内町3(1958年)、福岡県若松市三内町(1960年)、福岡県若松市三内町3丁目(1963年)、福岡県北九州市若松区三内町3丁目(1966年)、福岡県北九州市若松区本町3-5-3(1969年・1973年・1980年)
開館年 : 1942年
閉館年 : 1978年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1942年開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「旭座」。1966年の映画館名簿では「若松旭座」。1969年の映画館名簿では「若松大映旭座」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は集合住宅「高齢者向け市営住宅 ふれあいむら若松」建物北側。
若松東映/若松東映劇場
所在地 : 福岡県若松市三内町3(1958年)、福岡県若松市裏三内町3丁目(1960年)、福岡県若松市三内町3丁目(1963年)、福岡県北九州市若松区三内町3丁目(1966年)、福岡県北九州市若松区本町3-5-5(1969年・1973年・1980年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1980年以後1982年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「若松東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「若松東映劇場」。1976年の住宅地図では「若松東映」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「若松井筒屋客用駐車場」。跡地は集合住宅「高齢者向け市営住宅 ふれあいむら若松」建物中央部。
平和館/若松平和キネマ/若松にっかつ劇場
所在地 : 福岡県北九州市若松区連歌町438(1958年)、福岡県若松市連歌町1丁目(1960年・1963年)、福岡県北九州市若松区連歌町1-438(1966年)、福岡県北九州市若松区中川町1-3(1969年)、福岡県北九州市若松区中川通り1-3(1973年)、福岡県北九州市若松区中川町1-3(1980年・1982年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「平和館」。1963年・1966年の映画館名簿では「若松平和館」。1969年・1980年の映画館名簿では「若松平和キネマ」。1976年の住宅地図では「平和ビル 2階平和キネマ」。1982年の映画館名簿では「若松にっかつ劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「平和ビル」。平和ビル3階。平和ビルは現存。

1958年夏のこのほど、若松市連歌町の「平和館」(若松平和)は場内空気の浄化と温度低下を狙い、7平方メートルの酸素を1日2回場内に放出する試みを行う。支配人は石田一雄。*102
若松倶楽部/若松クラブ/若松東宝劇場
所在地 : 福岡県若松市中川通2丁目(1930年)、福岡県若松市中川通3丁目(1936年)、福岡県若松市中川通2(1943年)、福岡県若松市中川通3丁目445(1950年)、福岡県若松市中川通3(1953年)、福岡県若松市中川町3丁目(1955年)、福岡県若松市中川通3丁目(1958年)、福岡県若松市中川通3-445(1960年)、福岡県若松市中川通3丁目(1963年)、福岡県北九州市若松区中川通3丁目(1966年)、福岡県北九州市若松区中川町12-24(1969年・1990年)
開館年 : 1924年
閉館年 : 1994年
『全国映画館総覧 1955』によると1924年開館。1930年の映画館名簿では「若松倶楽部」。1936年の映画館名簿では「若松クラブ」。1943年の映画館名簿では「若松倶楽部」。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「若松クラブ」。1958年の映画館名簿では「若松倶楽部」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「若松クラブ」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。若松地区最後の映画館。跡地は「FORE中川店」。

1935年頃の若松市にあった映画館「若松クラブ」の写真あり。『ロイドの牛乳屋』を上映している。入場料は20銭だった。*103

1958年の若松市中川町にあった中川通の写真あり。アーチの左奥には3階建の映画館「若松クラブ」が見える。向かいには食堂や喫茶店が並び、角にはたばこ店があった。*104

1953年の若松市にあった映画館の写真あり。「若松クラブ」と思われる。鉄筋造3階建ての映画館であり、館内には喫茶店があった。*105

1934年の若松にあった「若松倶楽部」の写真あり。1915年に若松初の映画常設館として開館し、当初は天活(天然色活動写真)系だったが、松竹系、マキノ系、東亜系と変遷した。1989年現在は「若松東宝劇場」となっている。*106

村松友視『黄昏のムービー・パレス』には、「若松東宝劇場」に関する随筆が掲載されている。*107

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます