日本の映画館の総合データベースです。管理人「かんた」のみが編集可能。



札幌市

札幌市は札幌市の映画館を参照。

旭川市

旭川市は旭川市の映画館を参照。

函館市

函館市は函館市の映画館を参照。

小樽市

小樽市は小樽市の映画館を参照。

釧路市

釧路市は釧路市の映画館を参照。

帯広市

帯広市は帯広市の映画館を参照。

道南

北斗市

松前郡松前町

松前郡福島町

上磯郡知内町

上磯郡木古内町

亀田郡七飯町

茅部郡鹿部町

茅部郡森町

二海郡八雲町

山越郡長万部町

檜山郡江差町

檜山郡上ノ国町

檜山郡厚沢部町

爾志郡乙部町

奥尻郡奥尻町

瀬棚郡今金町

久遠郡せたな町

道央

室蘭市

第二大国館
所在地 : 北海道室蘭市輪西町(1936年・1943年)
開館年 : 1936年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1936年・1943年の映画館名簿では「第二大国館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
共栄館
所在地 : 北海道室蘭市伊達町(1950年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1950年の映画館名簿では「共栄館」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。
愛国館
所在地 : 北海道室蘭市東輪西町(1950年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1950年の映画館名簿では「愛国館」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。
共楽座
所在地 : 北海道室蘭市母恋町(1943年・1947年・1950年)
開館年 : 1943年以前
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1943年の映画館名簿では「共楽座」。1947年の映画館名簿では「共楽館」。1950年の映画館名簿では「共楽座」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。
蘭東劇場
所在地 : 北海道室蘭市東町121(1955年・1958年)、北海道室蘭市東町18(1960年)
開館年 : 1953年6月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年6月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「蘭東劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
ニュース文化劇場
所在地 : 北海道室蘭市浜町52(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「ニュース文化劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
大国館/室蘭大国館/松竹大国館/室蘭松竹大国館
所在地 : 北海道室蘭市(1925年)、北海道室蘭市浜町12(1930年)、北海道室蘭市浜町42(1936年)、北海道室蘭市浜町(1943年)、北海道室蘭市浜町42(1947年)、北海道室蘭市浜町(1950年)、北海道室蘭市浜町42(1953年・1955年・1958年)、北海道室蘭市浜町47(1960年)
開館年 : 1903年頃
閉館年 : 1963年3月31日
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1925年・1930年・1936年・1943年・1947年の映画館名簿では「大国館」。1950年の映画館名簿では「室蘭大国館」。1953年・1955年の映画館名簿では「松竹大国館」。1958年・1960年の映画館名簿では「室蘭松竹大国館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1963年3月31日をもって、室蘭市の「室蘭松竹大国館」が60年の歴史に幕を閉じて閉館した。代表は沢田好央。賃貸ししていた北映興行が解散したため。1階はパチンコホール、2階は貸店舗に改築される。*1
母恋映画劇場
所在地 : 北海道室蘭市母恋北町55(1960年)、北海道室蘭市母恋町55(1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「母恋映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
愛国座/本輪西映画劇場/本輪西劇場
所在地 : 北海道室蘭市本輪西町167(1953年・1955年)、北海道室蘭市本輪西町77(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿では「本輪西劇場」。1955年の映画館名簿では「愛国座」。1958年の映画館名簿では「本輪西劇場」。1960年の映画館名簿では「本輪西映画劇場」。1963年の映画館名簿では「本輪西劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
東室蘭映画劇場
所在地 : 北海道室蘭市東町18(1955年・1958年)、北海道室蘭市東町121(1960年)、北海道室蘭市東町18(1963年)
開館年 : 1953年7月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年7月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「東室蘭映画劇場」。1963年の映画館名簿では「東室蘭映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
富士映画劇場
所在地 : 北海道室蘭市中島町101(1953年・1955年)、北海道室蘭市中島町20(1958年)、北海道室蘭市中島町101(1960年)、北海道室蘭市中島町(1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「富士映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
輪西映画劇場/輪西東映/輪西東映劇場
所在地 : 北海道室蘭市輪西町138(1958年・1960年・1963年)、北海道室蘭市輪西町2-3-21(1966年)
開館年 : 1957年7月3日
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「輪西映画劇場」。1963年の映画館名簿では「輪西東映」。1966年の映画館名簿では「輪西東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1957年7月3日、室蘭市輪西町に「輪西映画劇場」が開館した。オープニングは『鳳城の花嫁』。松竹と東映を上映するシネスコ館。一部鉄筋造、2階建て、建坪112坪。定員308人。*2
輪西大国館
所在地 : 北海道室蘭市輪西町一条通り194(1950年)、北海道室蘭市輪西町194(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、北海道室蘭市輪西町1-11(1966年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「輪西大国館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
室蘭東映劇場/東映劇場/室蘭日活名画座
所在地 : 北海道室蘭市大町32(1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「室蘭東映劇場」。1963年の映画館名簿では「東映劇場」。1966年の映画館名簿では「室蘭日活名画座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
名画座/室蘭日活/室蘭名画座
所在地 : 北海道室蘭市千歳町57(1958年・1960年・1963年)、北海道室蘭市中央町1丁目(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「名画座」。1960年の映画館名簿では「室蘭名画座」。1963年の映画館名簿では「室蘭日活」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の映画館名簿では「室蘭名画座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
大盛館/輪西大盛館
所在地 : 北海道室蘭市西町三条通(1936年)、北海道室蘭市輪西町(1943年)、北海道室蘭市輪西町(1947年)、北海道室蘭市輪西町三条通(1950年)、北海道室蘭市輪西町188(1953年・1955年・1958年・1960年)、北海道室蘭市輪西町1丁目(1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「大盛館」。1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「輪西大盛館」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。
東宝日劇/室蘭日本劇場/松竹日本劇場
所在地 : 北海道室蘭市千歳町40(1958年・1960年・1963年)、北海道室蘭市中央町3丁目(1969年・1973年・1975年・1978年)
開館年 : 1955年7月16日
閉館年 : 1978年以後1980年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「室蘭日本劇場」。1963年の映画館名簿では「東宝日劇」。1969年の映画館名簿では「室蘭日本劇場」。1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「松竹日本劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年7月16日、室蘭市に洋画封切館「室蘭日本劇場」が開館した。オープニングは『愛の迷路』。館主は大森康男。鉄骨木造モルタル。座席数300、定員800。*3
中央映画劇場/スカラ座/室蘭スカラ座・室蘭東映劇場/室蘭東映劇場・室蘭東映パラス劇場
所在地 : 北海道室蘭市千歳町(1950年)、北海道室蘭市千歳町61(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、北海道室蘭市中央町3丁目(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1982年以後1985年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1963年の映画館名簿では「スカラ座」。1966年・1969年の映画館名簿では「室蘭スカラ座・室蘭東映劇場」(2館)。1973年の映画館名簿では「スカラ座・東映劇場」(2館)。1975年の映画館名簿では「東映劇場・東映パラス劇場」(2館)。1978年の映画館名簿では「室蘭東映劇場・室蘭東映パラス劇場」(2館)。1980年の映画館名簿では「室蘭東映劇場・室蘭東映パラス」(2館)。1982年の映画館名簿では「東映劇場・東映パラス」(2館)。1985年の映画館名簿には掲載されていない。

1981年5月、東映直営館「室蘭東映パラス」が閉館した。*4
錦座/東宝映画劇場/室蘭東宝公映劇場/室蘭公映劇場/大映劇場/室蘭大映劇場/大映シネマ/室蘭東宝劇場/室蘭東宝
所在地 : 北海道室蘭市浜町(1925年)、北海道室蘭市浜町46(1936年)、北海道室蘭市浜町(1943年)、北海道室蘭市浜町46(1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、北海道室蘭市中央町2丁目(1969年・1975年・1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1982年以後1985年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1925年の映画館名簿では「錦座」。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「錦座」。1943年の映画館名簿では「東宝公映劇場」。1947年の映画館名簿では「東宝映画劇場」。1950年の映画館名簿では「公映劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「東宝公映劇場」。1958年の映画館名簿では「室蘭東宝公映劇場」。1960年の映画館名簿では「室蘭公映劇場」。1963年の映画館名簿では「大映劇場」。1969年の映画館名簿では「室蘭大映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年・1978年の映画館名簿では「大映シネマ」。1980年の映画館名簿では「室蘭東宝劇場」。1982年の映画館名簿では「室蘭東宝」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年3月中旬、本間興業が経営する室蘭市浜町46の「室蘭公楽」と旭川市四条の「旭川公楽」は、売買契約が成立したため大映の所有に移る。大映は直営館の拡充計画を推進している。*5

1959年9月19日、室蘭市の「室蘭大映」の改装工事が完成して営業を再開した。支配人は永井莞二。木造2階建て。定員513人。*6
日活館/室蘭日活館/室蘭劇場/室蘭劇場・室蘭グランドシネマ・室蘭アポロン
所在地 : 北海道室蘭市千歳町(1936年・1943年)、北海道室蘭市千歳町24(1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、北海道室蘭市中央町3丁目(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)、北海道室蘭市中央町3丁目4(1985年)、北海道室蘭市中央町3丁目(1990年・1995年)
開館年 : 1936年以前、1955年7月
閉館年 : 1995年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1936年・1943年の映画館名簿では「日活館」。1947年の映画館名簿では「室蘭日活館」。1950年の映画館名簿では「日活館」。1953年・1955年の映画館名簿では「室蘭日活館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「室蘭劇場」。1963年の映画館名簿では経営者が須貝興行、支配人が国柄智広、木造2階暖房付、定員510。1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「室蘭劇場・グランド劇場・ミカド劇場」(3館)。1975年の映画館名簿では経営会社が須貝興行、経営者が須貝富安、支配人が確井昭宏、いずれも鉄筋造1階暖房付、室蘭劇場が560席で洋画を上映、グランド劇場が300席で洋画を上映、ミカド劇場が170席で日活を上映。1978年・1980年の映画館名簿では「室蘭劇場・グランド劇場・ミカド劇場・シネマアポロン」(4館)。1985年の映画館名簿では「室蘭劇場・室蘭グランドシネマ・室蘭ミカド劇場・シネマアポロン・室蘭テアトロポニー」(5館)。1985年の映画館名簿では「室蘭劇場・室蘭グランドシネマ・ミカド劇場・室蘭シネマアポロン・室蘭テアトロポニー」(5館)。1988年3館化。1990年・1995年の映画館名簿では「室蘭劇場・室蘭グランドシネマ・室蘭アポロン」(3館)。1995年の映画館名簿では経営会社が須貝興行、経営者が鈴木保男、支配人が栗原日出夫、鉄筋造1階、室蘭劇場が356席で洋画を上映、グランドシネマが210席で邦画を上映、シネマアポロンが77席で洋画を上映。1998年の映画館名簿には掲載されていない。室蘭須貝アミューズ会館。

1962年6月、室蘭市の洋画専門館「室蘭劇場」が70ミリ劇場となる。スクリーンは縦5.7メートル×横12.6メートル。北海道では札幌市、旭川市の劇場に次いで3番目の70ミリ劇場。定員530人。工費1000万円。浜松市鍛治町20の「東洋劇場」が70ミリ劇場に改築された。経営は中川義一社長の新映株式会社。浜松市の70ミリ劇場は2館となった。*7

1962年6月のこのほど、室蘭市の洋画専門館「室蘭劇場」が70ミリ劇場となる。工費1000万円を投じ、道南地方で初めて70ミリ映画上映設備を設置する。6月13日から20日まで工事のために休館した。*8

1955年には室蘭市中央町に洋画上映館「室蘭映劇」を開館させた。須貝興行は近代的な洋画上映館の道内展開を開始した。1966年には室蘭映劇を取り壊し、映画館3館・ボウリング場・ビリヤード場・サウナ等が入った複合レジャービル「室蘭アミューズ会館」を開館させた。1975年には室蘭須貝アミューズ会館内のボウリング場を改装して映画館に転換した。1988年には室蘭須貝アミューズ会館内の映画館2館を閉館させ、改装してビリヤード場とゲーム場に転換した。1995年には室蘭須貝アミューズ会館を閉館させた。*9

室蘭市中央町3の映画館「室蘭劇場」(1954年〜1994年)。室蘭劇場という名の映画館は古くからあったが、1954年には中央町の須貝アミューズ会館に改めて開館した。須貝アミューズ会館には映画館2館に加えて、カラオケ店やビリヤード場もあった。1994年、メル・ギブソン主演作『マーヴェリック』をもって閉館した。閉館時の座席数は約560席。1999年11月、東町に名称を受け継いだ4スクリーンの複合映画館が開館し、2009年には「ディノスシネマズ室蘭」となっている。*10
中島映劇/中島映画劇場/中映シネマ・室蘭中島映画劇場/室蘭シネマロキシ・室蘭中島映劇
所在地 : 北海道室蘭市中島町100(1960年)、北海道室蘭市中島町(1963年)、北海道室蘭市中島町1-18(1966年)、北海道室蘭市中島町1丁目(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)、北海道室蘭市中島町1丁目18(1985年)、北海道室蘭市中島町1丁目(1990年・1995年・1998年・2000年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 2000年以後2002年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「中島映画劇場」。1963年の映画館名簿では「中島映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「中島映画劇場」。1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「中映シネマ・中島映画劇場」(2館)。1980年の映画館名簿では「中映シネマ・室蘭中島映画劇場」(2館)。1985年の映画館名簿では「中映シネマ・中島映画劇場」(2館)。1990年・1995年・1998年・2000年の映画館名簿では「室蘭シネマロキシ・室蘭中島映劇」(2館)。1998年の映画館名簿では経営会社がスガイ・エンタテインメント、経営者が鈴木保男、支配人が栗原日出夫、シネマロキシが鉄筋造2階で121席で邦画・洋画を上映、中島映劇が鉄筋造1階で95席で邦画・洋画を上映。2002年の映画館名簿には掲載されていない。
東室蘭テアトルプチ
所在地 : 北海道室蘭市東町2-25(1988年・1990年・1995年)、北海道室蘭市東町2丁目25(1998年・2000年・2002年・2005年・2010年)
開館年 : 1985年以後1988年以前
閉館年 : 2013年5月
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1988年・1990年・1995年・1998年・2000年・2002年・2005年・2010年の映画館名簿では「東室蘭テアトルプチ」。2002年の映画館名簿では経営会社がテアトルプチ、経営者・支配人ともに藤原律子、木造1階、30席、成人映画を上映。2015年の映画館名簿には掲載されていない。

「テアトルプチ」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*11
室蘭劇場1-4/ディノスシネマズ室蘭
所在地 : 北海道室蘭市東町4丁目(2000年・2002年・2005年・2010年)、北海道室蘭市東町4丁目31-3(2015年・2020年)
開館年 : 1999年11月20日(室蘭劇場)、2010年4月(ディノスシネマズ)
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2002年・2005年・2010年の映画館名簿では「室蘭劇場1-4」(4館)。2002年の映画館名簿では経営会社がスガイ・エンタテインメント、経営者が藤直樹、支配人が伊藤浩二、鉄筋造3階。2015年・2020年の映画館名簿では「ディノスシネマズ室蘭1-4」(4館)。ディノス室蘭。

苫小牧市

演芸場
所在地 : 北海道勇払郡苫小牧町 王子製紙内(1930年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1930年以後1936年以前
1930年の映画館名簿では「演芸場」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。
大和座
所在地 : 北海道勇払郡苫小牧町(1930年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1930年以後1936年以前
1930年の映画館名簿では「大和座」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。
緑映画劇場
所在地 : 北海道苫小牧市大町(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「緑映画劇場(休館中)」。1960年の映画館名簿では経営者が緑映劇、支配人が記載なし、構造が記載なし、定員200。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
喜楽座
所在地 : 北海道勇払郡苫小牧町本町(1936年)、北海道苫小牧市表町(1950年)、北海道苫小牧市本町61(1953年・1955年)、北海道苫小牧市本町62(1958年)、北海道苫小牧市本町2(1960年)
開館年 : 1936年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「喜楽座」。1943年・1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「喜楽座」。1955年の映画館名簿では「喜楽館」。1958年・1960年の映画館名簿では「喜楽座」。1960年の映画館名簿では経営者が砂川かめ、支配人が砂川利雄、木造1階暖房付、定員500、東映・洋画を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
国策パルプ体育館/勇払体育館/勇払娯楽場
所在地 : 北海道苫小牧市勇払143(1960年)、北海道苫小牧市勇払町143(1963年)、北海道苫小牧市勇払(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「国策パルプ体育館」。1960年の映画館名簿では経営者が国策パルプ、支配人が勤労課長、鉄筋造1階暖房付、定員1000、邦画・洋画を上映。1963年の映画館名簿では「勇払体育館」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「勇払娯楽場」。1970年の映画館名簿では経営者が山根元雄、支配人が勤労課長、鉄筋造1階暖房付、定員1200、大映・日活・洋画を上映。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
苫小牧ニュース劇場/ニュース劇場
所在地 : 北海道苫小牧市王子町6(1960年)、北海道苫小牧市王子町(1963年)、北海道苫小牧市王子町6(1966年・1969年・1970年・1973年・1974年)
開館年 : 1958年
閉館年 : 1974年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「ニュース劇場」。1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「苫小牧ニュース劇場」。1970年の映画館名簿では経営者・支配人ともに崔村金市、木造1階暖房付、定員150、邦画を上映。1973年・1974年の映画館名簿では「ニュース劇場」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。
娯楽場/王子娯楽場
所在地 : 北海道苫小牧市表町18(1950年)、北海道苫小牧市表町(1953年)、北海道苫小牧市表町18(1955年・1958年・1960年・1963年)、北海道苫小牧市表町6(1966年・1969年)、北海道苫小牧市表町18(1973年・1975年・1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1915年
閉館年 : 1982年5月30日
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1925年・1930年・1936年・1943年・1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「王子娯楽場」。1953年の映画館名簿では「娯楽場」。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「王子娯楽場」。1960年の映画館名簿では経営者・支配人ともに柏木三男、木造2階暖房付、定員900、邦画・洋画を上映。1970年の映画館名簿では経営者が柏木三男、支配人が堀江義美、鉄筋造3階暖房付、定員900、東宝・洋画を上映。1982年の映画館名簿では経営会社が北日本ヘラルド興業、経営者が赤木滋美、支配人が浅田実、鉄筋造1階、900席、洋画を上映。1985年の映画館名簿には掲載されていない。

1982年5月、苫小牧市表町3の「王子娯楽場」が67年の歴史に幕を閉じて閉館した。1915年に王子製紙の従業員の厚生施設として開館した。建物は東京の明治座を模していた。*12
旭館/苫小牧東映旭館/東映旭館/苫小牧旭館
所在地 : 北海道勇払郡苫小牧町(1925年)、北海道勇払郡苫小牧町二条通(1930年)、北海道勇払郡苫小牧町大町28(1936年)、北海道勇払郡苫小牧町(1943年)、北海道勇払郡苫小牧町大通118(1947年)、北海道苫小牧市大町28(1950年)、北海道苫小牧市大町27(1953年)、北海道苫小牧市大町28(1955年)、北海道苫小牧市大町27(1958年)、北海道苫小牧市大町28(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年)、北海道苫小牧市大町1-2-17(1980年)、北海道苫小牧市大町28(1982年)、北海道苫小牧市大町1-2-17(1985年)
開館年 : 1922年頃
閉館年 : 1986年4月30日
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1925年・1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「旭館」。1966年・1969年の映画館名簿では「苫小牧旭館」。1973年・1975年の映画館名簿では「旭館」。1978年の映画館名簿では「苫小牧東映旭館」。1980年・1982年の映画館名簿では「東映旭館」。1982年の映画館名簿では経営会社が北日本ヘラルド興業、経営者が赤木滋美、支配人が浅田実、木造1階、350席、東映を上映。1985年の映画館名簿では「苫小牧旭館」。1988年の映画館名簿には掲載されていない。
トマコマイ日活
所在地 : 北海道苫小牧市大町1(1975年・1978年・1980年)、北海道苫小牧市大町1-1-4(1982年)、北海道苫小牧市大町1丁目(1985年・1988年・1990年)
開館年 : 1973年
閉館年 : 1991年
1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年・1978年・1980年・1982年・1985年・1988年・1990年の映画館名簿では「トマコマイ日活」。1988年の映画館名簿では経営会社が静内文化興業、経営者が落合敏博、支配人が落合光夫、鉄筋造1階、80席、にっかつを上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。
苫小牧スカラ座
所在地 : 北海道苫小牧市表町2丁目3(1985年)、北海道苫小牧市表町2丁目(1988年・1990年・1995年・1998年)
開館年 : 1981年
閉館年 : 1998年8月21日
1982年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1988年・1990年・1995年・1998年の映画館名簿では「苫小牧スカラ座」。1998年の映画館名簿では経営会社が有限会社セントラル映劇、経営者が落合敏博、支配人が落合俊英、鉄筋造地下1階、170席、邦画・洋画を上映。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
苫小牧シネマ映劇/テアトル36/サンテアトル/苫小牧サンテアトル
所在地 : 北海道苫小牧市大町37(1955年・1960年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)、北海道苫小牧市大町1-1-4(1978年・1980年・1982年)、北海道苫小牧市大町1丁目(1985年・1988年・1990年・1995年・1998年・2000年)
開館年 : 1975年以後1978年以前
閉館年 : 2002年8月30日
1975年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の映画館名簿では「苫小牧シネマ映劇」。1979年苫小牧サンテアトル改称。1980年の映画館名簿では「苫小牧サンテアトル」。1982年・1985年の映画館名簿では「サンテアトル」。1988年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「苫小牧サンテアトル」。1998年の映画館名簿では経営会社が有限会社トマコマイ日活、経営者が落合敏博、支配人が落合俊英、鉄筋造1階、120席、邦画・洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。
苫小牧日劇/とまこまい日劇/苫小牧日劇・苫小牧日劇2
所在地 : 北海道苫小牧市大町37(1958年・1960年)、北海道苫小牧市大町39(1963年)、北海道苫小牧市大町37(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年)、北海道苫小牧市寿町2-4-14(1985年)、北海道苫小牧市寿町2丁目(1988年・1990年・1995年・1998年・2000年・2005年)
開館年 : 1956年12月23日、1986年(2館化)
閉館年 : 2005年4月22日
Wikipedia : 苫小牧日劇
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「とまこまい日劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「苫小牧日劇」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1985年の映画館名簿では「とまこまい日劇」。1988年・1990年・1995年・1998年・2000年・2005年の映画館名簿では「苫小牧日劇・苫小牧日劇2」(2館)。1988年の映画館名簿では経営会社が北日本ヘラルド興業、経営者が八十河瑞雄、支配人が渡部武治、日劇が鉄筋造1階で300席で邦画・洋画を上映、日劇2が鉄筋造2階で200席で邦画・洋画を上映。1998年の映画館名簿では経営会社がヘラルドエンタープライズ、経営者が八十河瑞雄、支配人が井家春一、日劇が鉄筋造1階で300席で邦画・洋画を上映、日劇2が鉄筋造2階で200席で邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「幸福の科学苫小牧支部」。

1956年12月23日、苫小牧市に洋画封切館「苫小牧劇場」(苫小牧日劇)が開館した。鉄筋コンクリート造、3階建て。建坪320坪。定員650人。本格的シネスコ立体音響装置を有する。総工費5200万円。館主は渡辺久芳。*13
苫小牧映劇/遊楽館/遊楽館・苫小牧セントラル劇場/遊楽館・苫小牧セントラル映劇/苫小牧東宝・セントラル映劇/苫小牧東宝・苫小牧セントラル
所在地 : 北海道苫小牧市錦町2(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、北海道苫小牧市錦町2-5-9(1978年・1980年・1982年・1985年)、北海道苫小牧市錦町2丁目(1988年・1990年・1995年・1998年・2000年・2005年)
開館年 : 1957年頃、1975年
閉館年 : 2005年4月15日
Wikipedia : 苫小牧東宝・セントラル映劇
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「苫小牧映画劇場」。1960年の映画館名簿では「苫小牧映劇」。1963年の映画館名簿では「松竹遊楽館」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「遊楽館」。1978年の映画館名簿では「遊楽館・苫小牧セントラル劇場」(2館)。1980年の映画館名簿では「遊楽館・苫小牧セントラル映劇」(2館)。1981年5月1日遊楽館が苫小牧東宝改称。1982年・1985年の映画館名簿では「苫小牧東宝・セントラル映劇」(2館)。1988年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「苫小牧東宝・苫小牧セントラル」(2館)。1998年の映画館名簿では苫小牧東宝の経営会社が有限会社トマコマイ日活、苫小牧セントラルの経営会社が有限会社セントラル映劇、いずれも経営者が落合敏博、いずれも支配人が落合俊英、苫小牧東宝が鉄筋造1階で230席で邦画を上映、苫小牧セントラルが鉄筋造2階で230席で洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。遊楽ビル1階・2階。跡地は日本料理店「鮨 旬彩処 松もと」。
シネマ・トーラス
所在地 : 北海道苫小牧市本町2丁目1の11 中央ボウル1階(2000年・2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1998年3月
閉館年 : 営業中
1998年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「シネマ・トーラス」。

1998年3月、苫小牧市に映画館「シネマ・トーラス」が開館した。北海道に4館だけのミニシアターであり、同名の自主上映サークルが前身である。市民や企業からの約600万円の寄付金を元に、ボウリング場1階の郵便局跡に開館した。*14

「シネマ・トーラス」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*15
ディノスシネマズ苫小牧
所在地 : 北海道苫小牧市柳町3-1-20 イオン苫小牧ショッピングセンター2階(2010年)、北海道苫小牧市柳町3-1-20 イオンモール苫小牧2階(2015年・2020年)
開館年 : 2005年4月28日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「ディノスシネマズ苫小牧1-7」(7館)。

岩見沢市

岩見沢名画座
1959年12月12日、岩見沢市三条西3丁目に「岩見沢名画座」が開館した。定員200人。経営は山田久三郎。*16

1962年2月14日、岩見沢市三条西3丁目の「名画座」が全焼して2人が焼死した。原因はストーブの不始末。*17
岩見沢東映
東映の直営館を見ると、1972年12月に「金沢東映パラス」と「横浜東映」と「盛岡東映パラス」が開館し、1973年3月に「小倉東映パラス」と「黒崎東映パラス」が開館し、5月に「新宿名画座」が開館し、6月に「福岡グランド」と「浅草名画座」が開館し、7月に「富山東映パラス」が開館した。1972年7月には「鹿児島東映」が閉館し、1973年1月には「岩見沢東映」が閉館し、2月には「八幡東映」が閉館し、3月には「関西東映・関西小劇場」が閉館した。*18

恵庭市

恵庭館
所在地 : 北海道千歳郡恵庭村(1953年)、北海道千歳郡恵庭町(1960年・1969年)、北海道恵庭市漁町(1980年・1990年)
開館年 : 大正時代
閉館年 : 1996年2月
1953年・1960年・1969年・1980年・1990年の映画館名簿では「恵庭館」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

1996年2月7日の『北海道新聞』には「恵庭館」の閉館を伝える記事が掲載されている。*19

美唄市

美唄座/宝栄座/太陽座/東映劇場
1936年の美唄町東1南4にあった「美唄座」の写真あり。1930年に建てられた。後に「宝栄座」、「太陽座」、「東映劇場」と改称していった。*20
美唄劇場
1940年の美唄町西1南1にあった劇場「美唄劇場」の写真あり。東1北1にあった美唄劇場が1937年に大火で焼失し、西1南1に再建された。戦後にはいっそう盛況となった。*21
互楽座
1940年の美唄町我路市街にあった「互楽座」の写真あり。大正期に炭坑の発展によって我路市街が活気を帯びると、1915年に「三咲座」が開館し、続いて「福井座」が、1918年頃に互楽座が建設された。*22

1941年の美唄町にあった「互楽館」の写真あり。三井美唄鉱業所が直轄する娯楽施設だった。*23
親和倶楽部
1921年の美唄にあった「親和倶楽部」の写真あり。三井美唄鉱業所が直轄する施設であり、演芸や映画が安価で鑑賞できた。*24
常盤台会館
昭和20年代の美唄市にあった「常盤台会館」の写真あり。三井美唄鉱業所が直轄する娯楽施設だった。*25
日東会館
1938年の美唄町にあった「日東会館」の写真あり。日東美唄鉱業所の娯楽施設だった。炭鉱の閉山後には工場として使用された。*26
我路映劇
1957年8月12日、美唄市我路町に「我路映劇」が開館した。開場番組は『地獄と高潮』『底抜け最大のショウ』の二本立。遠山成雄社長の株式会社我路映劇の直営。木造モルタル造。北国の劇場らしく暖房設備を完備している。定員300人。*27
公楽劇場
1961年4月3日午後4時15分頃、美唄市茶志内市街の「公楽劇場」舞台近くから出火し、建物が全焼した。敗戦の修理中にスパークして幕に引火したため。*28
びばいシネマ/びばいシネマ・びばいシネマ2/びばいシネマ2
所在地 : 北海道美唄市大通西1条北1丁目(2010年)
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 2008年
2012年2月17日、美唄市大通西1条北1にある旧映画館の建物が積雪の重みで崩壊した。隣接する2階建て店舗兼住宅の窓ガラスが割れ、敷地内に停車中の乗用車1台が押しつぶされたが、負傷者はいなかった。1941年竣工の建物であり、木造モルタル2階建て。映画館としては2008年に閉館していた。美唄市の積雪は2月17日時点で163センチであり、平年より約70センチ多かった。*29

芦別市

芦別劇場
1955年12月14日午前10時30分頃、芦別市芦別本町575の「芦別劇場」ボイラー室から出火し、建物69坪が全焼した。原因はボイラー室煙筒の過熱とみられる。損害額は約1500万円。なお、芦別劇場は1955年3月28日夜の火災で全焼し、8月31日に再建されて開館していたばかりだった。*30

登別市

鷲別映画劇場
1959年11月2日午前1時頃、幌別郡幌別町字鷲別94の「鷲別映画劇場」映写室付近から出火し、木造モルタル約225平方メートルが半焼した。残り火の不始末が原因とみられる。損害額は約100万円。経営は山口栄一。*31

1959年11月2日、幌別郡幌別町の「鷲別映画劇場」が全焼した。原因は残火の不始末。*32

岩内郡岩内町

岩内ニューシネマ
「岩内ニューシネマ」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*33

虻田郡洞爺湖町

虻田映画劇場/虻田映劇
所在地 : 北海道虻田郡虻田町(1950年)、北海道虻田郡虻田町本町14(1953年)、北海道虻田郡虻田町本町(1955年・1960年)、北海道虻田郡虻田町(1969年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1959年3月31日、1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「万歳座」。1955年の映画館名簿では「虻田映画劇場」。1960年の映画館名簿では「虻田映劇」。1969年の映画館名簿では「虻田映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年3月31日午前3時頃、虻田郡虻田町字本町の「虻田映画劇場」から出火し、同劇場と付近の民家46戸が全焼した。邦洋混映。木造2階建て。定員500人。原因と損害額は調査中。経営者は山本庄太郎。*34

1959年3月11日、虻田郡虻田町字本町の「虻田映劇」が全焼した。原因は不明。*35

浦河郡浦河町

浦河大黒座
所在地 : 北海道浦河郡浦河町大通2丁目18
開館年 : 1918年9月1日、1994年12月1日(建て替え)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 大黒座

村松友視『黄昏のムービー・パレス』には、「浦河大黒座」に関する随筆が掲載されている。*36

「浦河大黒座」に言及している書籍として、阿奈井文彦『名画座時代 消えた映画館を探して』岩波書店、2006年がある。*37

「浦河大黒座」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*38

磯谷郡蘭越町

昆布座/昆布劇場
所在地 : 北海道磯谷郡南尻別村(1953年)、北海道磯谷郡南尻別村昆布(1955年)、北海道磯谷郡蘭越町昆布(1958年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿では「昆布座」。1955年・1958年の映画館名簿では「昆布劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
蘭越劇場
1961年2月8日、磯谷郡蘭越町の「蘭越劇場」から出火し、木造モルタル一部2階建てが全焼した。東興業の劇団員である泉広(19歳)が死亡した。原因はストーブの不始末。損害は約1000万円。*39

道東

北見市

神田館
所在地 : 北海道常呂郡野付牛町(1925年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1925年以後1930年以前
1925年の映画館名簿では「神田館」。1930年の映画館名簿には掲載されていない。
相内座
所在地 : 北海道常呂郡野付牛町上相内市街地(1936年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1936年以後1943年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「相内座」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
富士館
所在地 : 北海道常呂郡野付牛町一条東5丁目(1936年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1936年以後1943年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「富士館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
北見劇場
所在地 : 北海道常呂郡野付牛町(1936年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1936年以後1943年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「北見劇場」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
丸井シネマ
所在地 : 北海道北見市大通り東1(1950年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「丸井シネマ」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。
芸遊会館
所在地 : 北海道常呂郡常呂町日吉(1955年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「芸遊会館」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
豊稔座
所在地 : 北海道常呂郡端野村(1955年・1958年・1963年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「豊稔座」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「豊稔座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
中央映画劇場/中央劇場
所在地 : 北海道常呂郡留辺藁町上町48(1958年)、北海道常呂郡留辺藁町上町(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
互楽座
所在地 : 北海道常呂郡留辺藁町(1958年)、北海道常呂郡留辺藁町上町(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「互楽館」。1960年・1963年の映画館名簿では「互楽座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
春喜座
所在地 : 北海道常呂郡留辺藁町温根湯市街(1953年)、北海道常呂郡留辺藁町温根湯(1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「春喜座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
常呂座/常呂劇場
所在地 : 北海道常呂郡常呂町(1953年・1955年・1958年)、北海道常呂郡常呂町大町(1960年・1963年)
開館年 : 1936年10月9日
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「常呂座」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「常呂劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1936年10月9日、常呂町に「常呂劇場」が完成して劇場開きが行われた。大西信武が建設していた。1941年8月4日、「常呂座」(常呂劇場)で「支那の夜」が上映された。1959年11月10日、常呂劇場のボイラー室から出火して劇場が半焼した。*40

1958年6月28日、常呂町の「常呂劇場」で常呂婦人会が主催する演芸大会が開催された。公民館設立のための準備基金集めが目的であり、常呂婦人会は益金3万7000円を常呂町に寄付した。*41
東相内座
所在地 : 北海道北見市相内町252(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「東相内座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
高砂座
所在地 : 北海道北見市相内町138(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「高砂座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
北見映画劇場/北見名画座
所在地 : 北海道北見市4条西2(1953年)、北海道北見市北4条西2丁目(1955年)、北海道北見市大通西2丁目(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1951年7月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年7月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「北見映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「北見名画座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
中央館/常呂シネマ
所在地 : 北海道常呂郡常呂町(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1952年以前
閉館年 : 1967年10月
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「中央館」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「常呂シネマ」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1952年9月5日、常呂町常呂325番地の「中央館」に映写室設置の届けが出された。300人を収容する映画館であり、後の「常呂シネマ」である。1956年8月10日、常呂シネマで映画の上映が開始された。経営は内田金物店である。1967年10月末、常呂シネマが閉鎖された。*42
北見小劇場/北見東小劇場
所在地 : 北海道北見市常盤町395(1958年・1960年・1963年)、北海道北見市4条東4丁目(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「北見小劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「北見東小劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
稲荷座/北見東宝映画劇場/北見東宝劇場
所在地 : 北海道北見市五条通(1943年)、北海道北見市南5条2(1950年)、北海道北見市5条西2(1953年)、北海道北見市5条西2丁目(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、北海道北見市5条西3丁目(1969年)
開館年 : 1936年11月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1936年11月開館。1943年・1950年の映画館名簿では「稲荷座」。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「北見東宝映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「北見東宝劇場」。1966年の映画館名簿では「北見東宝映画劇場」。1969年の映画館名簿では「北見東宝劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
北見みゆき座/みゆき座
所在地 : 北海道北見市1条西1丁目(1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1966年以後1969年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の映画館名簿では「北見みゆき座」。1973年・1975年の映画館名簿では「みゆき座」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。
留辺藁座/留辺蘂映劇/留辺蘂映画劇場
所在地 : 北海道常呂郡留辺藁町(1950年・1953年・1955年)、北海道常呂郡留辺蘂町仲町68(1958年)、北海道常呂郡留辺蘂町仲町(1960年・1963年)、北海道常呂郡留辺蘂町(1966年・1969年・1975年・1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1982年以後1984年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「留辺藁座」。1955年の映画館名簿では「留辺蘂映劇」。1958年・1960年の映画館名簿では「留辺蘂映画劇場」。1963年の映画館名簿では「留辺蘂映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「留辺蘂映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年・1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「留辺蘂映画劇場」。1982年の映画館名簿では経営者・支配人ともに佐々木隆良、木造1階、470席、邦画・洋画を上映。1984年の映画館名簿には掲載されていない。
東映劇場/北見東映劇場
所在地 : 北海道北見市4条西3丁目(1958年・1960年・1963年)、北海道北見市大通西2丁目1(1966年)、北海道北見市大通西2丁目(1969年)、北海道北見市4条西2丁目(1973年・1975年)、北海道北見市北4条西2丁目(1978年・1980年)、北海道北見市4条西2丁目(1982年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1982年以後1984年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「北見東映劇場」。1973年・1975年の映画館名簿では「東映劇場」。1978年・1980年の映画館名簿では「北見東映劇場」。1982年の映画館名簿では「東映劇場」。1982年の映画館名簿では経営会社が北見映画劇場、経営者が岡本純義、支配人が宮田和晴、鉄筋造1階、261席、東映を上映。1984年の映画館名簿には掲載されていない。
北見友楽座/北見有楽座/友楽座/シアター友楽/シアター有楽/北見シアター友楽
所在地 : 北海道常呂郡野付牛町(1925年)、北海道常呂郡野付牛町二条西3(1930年)、北海道常呂郡野付牛町二条西3丁目(1936年)、北海道北見市二条通(1943年)、北海道北見市二条西3丁目(1947年)、北海道北見市二条通り(1950年)、北海道北見市2条西3(1953年)、北海道北見市2条3丁目(1955年)、北海道北見市2条西3丁目(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、北海道北見市3条西3丁目(1978年)、北海道北見市北3条西3丁目(1980年)、北海道北見市3条西3丁目(1985年・1988年)
開館年 : 1925年以前、1940年3月
閉館年 : 1988年以後1990年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1940年3月開館。1925年・1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「友楽座」。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「北見友楽座」。1969年の映画館名簿では「北見有楽座」。1973年・1975年の映画館名簿では「友楽座」。1978年・1980年の映画館名簿では「シアター友楽」。1985年の映画館名簿では「シアター有楽」。1988年の映画館名簿では「北見シアター友楽」。1988年の映画館名簿では経営会社が浅川興業、経営者が浅川正敏、支配人が西村良孝、木造1階、110席、邦画・洋画を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
テアトル北見
所在地 : 北海道北見市1条西1丁目(1978年)、北海道北見市北1条西1丁目(1980年)、北海道北見市1条西1丁目(1985年・1990年・1992年)
開館年 : 1975年以後1978年以前
閉館年 : 1992年以後1995年以前
1978年・1980年・1985年・1990年・1992年の映画館名簿では「テアトル北見」。1992年の映画館名簿では経営会社が北日本ヘラルド興業、経営者が八十河瑞雄、支配人が鈴木静夫、鉄筋造地下1階、308席、邦画を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。
北見にっかつ/北見にっかつ劇場/にっかつ劇場
所在地 : 北海道北見市北1条西7丁目(1980年)、北海道北見市1条4丁目(1985年)、北海道北見市1条西4丁目(1990年・1992年・1995年)
開館年 : 1978年以後1980年以前
閉館年 : 1995年以後1998年以前
1978年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の映画館名簿では「北見にっかつ」。1985年・1990年・1992年の映画館名簿では「北見にっかつ劇場」。1992年の映画館名簿では経営会社が高橋興業、経営者が高橋貫一、支配人が高橋勝美、鉄筋造1階、126席、にっかつを上映。1995年の映画館名簿では「にっかつ劇場」。1998年の映画館名簿には掲載されていない。
北見中央劇場/中央映画劇場/北見中央劇場・北見ミリオン座/北見中劇・北見ミリオン座
所在地 : 北海道北見市4条西2丁目(1958年)、北海道北見市4条西3丁目(1960年・1963年)、北海道北見市4条西2丁目(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年)、北海道北見市北4条西2丁目(1980年)、北海道北見市4条西2丁目(1985年・1990年・1995年)、北海道北見市北4条西2丁目(1998年・2000年)
開館年 : 1956年8月10日
閉館年 : 2001年2月下旬
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「北見中央劇場」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1980年の映画館名簿では「北見中央劇場・北見ミリオン座」(2館)。1985年・1990年・1995年・1998年・2000年の映画館名簿では「北見中劇・北見ミリオン座」(2館)。1998年の映画館名簿では経営会社がヘラルドエンタープライズ、経営者が八十河瑞雄、支配人が鈴木静夫、中劇が鉄筋造1階で360席で洋画を上映、ミリオン座が鉄筋造2階で280席で洋画を上映。2002年の映画館名簿には掲載されていない。

1956年8月10日、北見市に「北見中央劇場」が開館した。木造モルタル2階建て。建坪250坪。定員550。大映と日活の封切館。経営は浅川正敏社長の浅川興行株式会社。*43

2001年2月下旬、北見市の映画館「北見中劇・ミリオン座」が閉館する。1956年に北見市中心部の北4条西2に開館した。1950年代後半の北見市には13館の映画館があったという。1977年にヘラルド・エンタープライズが買い取り、洋画中心の映画館として再スタートした。2000年9月には大型ショッピングセンターの北見サティが開店し、7スクリーンのシネコン「ワーナー・マイカル・シネマズ北見」が開館すると、北見中劇・ミリオン座の観客数は半減した。*44
北見109ホール/きたみ東急ホール109/シアターボイス
所在地 : 北海道北見市大通西2丁目(1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1982年(109ホール)、2006年3月1日(シアターボイス)
閉館年 : 2013年3月29日(シアターボイス)
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年の映画館名簿では「北見109ホール」。1995年・1998年・2000年の映画館名簿では「きたみ東急ホール109」。1998年の映画館名簿では経営会社がきたみ東急百貨店、経営者が瀬下弘毅、支配人が山田春男、鉄筋造6階、88席、邦画・洋画を上映。2002年の映画館名簿には掲載されていない。まちきた大通ビル6階。

2013年3月29日、北見市の映画館「シアターボイス」が閉館する。3月30日から4月6日には、市民団体である懐かしの名画を観る会が「さよなら上映会」を開催してイタリア映画『ニュー・シネマ・パラダイス』を上映する。*45
ワーナー・マイカル・シネマズ北見/イオンシネマ北見
所在地 : 北海道北見市北進町31-1 北見サティ4階(2002年)、北海道北見市北進町30-1 ポスフール北見4階(2005年)、北海道北見市北進町1-1-1 ポスフール北見4階(2010年)、北海道北見市北進町1-1-1 イオン北見4階(2015年)、北海道北見市北進町1-1-1 イオン北見店4階(2020年)
開館年 : 2000年9月23日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2002年・2005年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ北見1-7」(7館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ北見1-7」(7館)。

根室市

根室東映(旧)/根室第二東映
1960年春のこのほど、根室市本町の「根室東映」は「根室第二東映」に改称して第二東映に転向した。経営は寺島清司。4月23日、鈴木興行が経営する根室市鳴海町の「根室シネマ」を寺島が買収し、「根室東映」に改称して東映に転向した。*46
根室シネマ/根室東映(新)
1960年春のこのほど、根室市本町の「根室東映」は「根室第二東映」に改称して第二東映に転向した。経営は寺島清司。4月23日、鈴木興行が経営する根室市鳴海町の「根室シネマ」を寺島が買収し、「根室東映」に改称して東映に転向した。*47
北映劇場
1961年9月25日、根室市梅ケ枝町1-11の「北映劇場」楽屋裏から出火して焼失した。電気コンロの過熱が原因とされる。*48

1961年9月25日、根室市の「北映劇場」が全焼した。原因は電熱器の過熱。*49

広尾郡広尾町

広尾中央映画劇場
1959年11月2日、広尾郡広尾町に「広尾中央映画劇場」が開館した。木造モルタル2階建て。定員235。系統は東映・東宝・新東宝。経営は本間次郎社長の広尾興業。*50

釧路郡釧路町

ワーナー・マイカル・シネマズ釧路/イオンシネマ釧路
所在地 : 北海道釧路郡釧路町桂木1-2-2 ポスフール釧路横(2010年)、北海道釧路郡釧路町桂木1-2-2 イオン釧路店横(2020年)
開館年 : 2000年11月30日
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ釧路1-8」(8館)。2020年の映画館名簿では「イオンシネマ釧路1-8」(8館)。

網走郡美幌町

銀映座
1959年1月27日午後5時30分、網走郡美幌町の「銀映座」から出火して同館が全焼し、死者12人、重軽傷者15人を出す大惨事となった。*51

紋別郡遠軽町

1955年6月11日、紋別郡遠軽町に洋画専門館「キネマ・ハウス」が開館した。オープニングはチャップリンの『モダン・タイムス』。遠間栄治代表の遠間興行社。*52

紋別郡湧別町

湧楽座/中湧別湧楽館
所在地 : 北海道紋別郡下湧別村(1953年)、北海道紋別郡湧別町(1960年)、北海道紋別郡上湧別町中湧別(1969年)
開館年 : 1946年9月
閉館年 : 1970年
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1960年の映画館名簿では「湧楽座」。1969年の映画館名簿では「中湧別湧楽館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1946年、417人収容の小劇場として「湧楽座」が建築された。花道や桝席があり、映画、浪曲、歌謡ショーなどの興行が行われた。1970年に閉館し、製麺工場として使用されていたが、2006年に修復されて劇場の姿に戻され、劇場の姿のままラーメン店のゆうらく軒になっていたこともあった。1946年9月竣工。2006年改修。所在地は紋別郡湧別町栄町。木造2階建、約776m2。*53

紋別郡西興部村

1960年2月2日午前5時頃、紋別郡西興部村の「新盛座」の隣家から出火し、木造平屋建て330平方メートルが全焼した。損害額は約250万円。経営は安川小市。*54

1960年2月2日、紋別郡西興部村の「新盛座」が全焼した。原因はタバコの火の不始末。*55

阿寒郡阿寒町

阿寒劇場
1960年1月31日、阿寒郡阿寒町の「阿寒劇場」の隣家から出火し、劇場が類焼して半焼した。経営は小宮山幸雄。*56

1960年1月31日、阿寒郡阿寒町の「阿寒劇場」が類焼によって半焼した。*57

1960年4月1日、阿寒郡阿寒町の「阿寒劇場」が営業を再開した。隣家からの類焼で休館中だった。建坪125坪。モルタル2階建て。定員285人。経営は小宮山幸雄。*58


斜里郡斜里町

斜里劇場
1959年1月11日午前3時頃、斜里郡斜里町の「斜里劇場」客席から出火し、木造モルタル2階建て、延435平方メートルが全焼した。原因は観客のたばこの不始末。損害額は1300万円。経営は小成田清。*59

1959年1月11日、斜里郡斜里町の「斜里劇場」が全焼した。原因はタバコの不始末。*60

野付郡別海町

セントラル劇場
1959年1月10日午前5時頃、野付郡別海村西別市外にある「セントラル劇場」事務所付近から出火し、木造モルタル、313.5平方メートルが全焼した。原因はストーブの過熱。損害額は約300万円。経営は内沢清一。*61

1959年1月10日、野付郡別海村西別市外の「セントラル劇場」が全焼した。原因はストーブの過熱。*62

道北

稚内市

銀映座
1957年1月6日午後4時50分頃、稚内市弁天通りの映画館「銀映座」2階映写室付近から出火し、同館と付近の建物が類焼した。損害額は約1200万円。経営者は田中傭助。*63

名寄市

名寄第一電気館
「名寄第一電気館」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*64

留萌市

銀映座
1955年6月8日、留萌市に「銀映座」が開館した。旭川市の本間興行の直営。収容人員270人。留萌市の映画館は4館となった。*65

このページへのコメント

昭和27年当時の札幌市中央区に存在した松竹座や大映劇場、昭和40年当時の札幌市中央区に存在した日活劇場や本間観光(株)経営の東宝公楽は更新されないのでしょうか🤔❓

0
Posted by 元歌舞伎町のカラオケ店員 2021年01月07日(木) 08:20:50 返信数(1) 返信

こんにちは。札幌市の映画館についてもいずれ更新するかもしれませんが、いつになるかはわかりません。

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2021年01月09日(土) 19:50:52

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます