閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


福井市

福井市中心部

福井県の映画館
福井県において初めて活動写真が上映されたのは福井市の「昇平座」とされる。やがて本格的な活動常設館「世界館」が開館し、古くからあった劇場「加賀屋座」も映画の上映を始めた。その後、「福井劇場」、「松竹館」、「中央館」が相次いで開館して活弁士が活躍した。昭和初期の「福井劇場」の写真あり。「福井劇場」の開館は1919年(大正8年)8月であり、日活キネマの常設館だった。畳敷きの他の映画館とは異なり、全席椅子席の近代的な映画館だった。1927年(昭和2年)の福井県には18館の映画館があった。*1

1972年(昭和47年)現在の福井県の映画館は、福井市が「松竹座・スカラ座・ピカデリー・テアトル・福井東宝・福井東映・放送会館・城東劇場・福宝シネマ・福宝会館・福宝劇場」(11館)、大野市が「亀山座」(1館)、勝山市が「勝山劇場」(1館)、武生市が「広小路劇場・武生劇場・ロマン劇場」(3館)、敦賀市が「敦賀第一・敦賀東映・ミラノ劇場」(3館)、小浜市が「小浜大映・浮島劇場」(2館)。(※原文では敦賀市のミラノ劇場が武生市と誤記されている)*2

1972年(昭和47年)現在の福井県における映画興行会社には、国際劇場・中央劇場・敦賀劇場・武生広小路劇場を経営する福井県興行株式会社、大衆館や東宝劇場を中心とする加賀産業、福井市の佐佳枝地区や丸の内地区を中心とする伊井興行がある。*3
福井市の映画館
福井市の寄席・劇場・映画館史(福井空襲/福井地震前)*4
#開館年閉館年名称所在地備考
1江戸中期明治中期誓願寺地区足羽山北麓(玉井町)心月寺付近には芝居役者や芸妓が居住。芝居小屋8軒や料理屋。1885年頃から分散焼失。
21881年1916年照手座御舟町三秀プール付近。芝居小屋として開館し、1902年以後に照手席に改称して寄席化。
3明治中期1945年加賀席片町(順化2)寄席として開館。1903年に加賀屋座に改称。1922年改築。空襲で焼失。
41902年頃大正初期昇平座馬場(順化1)芝居小屋として開館。1905年には福井市で初めて映画を上映。
5明治後期不明大黒座照手上町(中央3)寄席として開館。
6明治後期不明湊座照手中町(照手1)寄席として開館。
7明治後期不明城東館手寄上町(手寄1)寄席として開館。
81912年1915年九十九座/福井館九十九橋南詰寄席として開館し、1914年に福井館に改称して映画館化。
91912年1917年福寿座/世界館錦上町(順化1)寄席として開館し、1914年に世界館に改称して映画館化。
101918年大正末期第二世界館京町元勧工場の北。映画館として開館。大正末期に閉館したとされる。
111918年大正末期地球館京町元勧工場の北。映画館として開館。大正末期に閉館したとされる。
121919年1945年福井劇場本町通(中央3)全席椅子席の本格的映画館として開館。空襲で焼失。
141922年1946年松竹館/大衆館片町(順化2)片町の順化2丁目に松竹館として開館。1940年に大衆館に改称。

福井市の寄席・劇場・映画館史(戦後)※1990年時点*5
#開館年閉館年名称所在地備考
131921年1971年中央館/中央劇場駅前南通り(中央1)映画館として開館。空襲で焼失。1947年に中央劇場として再開。福井大映に改称。
151928年営業中松竹座だるま屋南(中央1)福井市初のRC造映画館。空襲でも残り1945年末に営業再開。1978年に新築。
161939年1945年丸ノ内ニュース劇場駅前百間堀埋立地ニュースを上映。空襲で焼失。
171939年営業中福井東宝劇場片町(順化2)
181940年営業中佐佳枝劇場/テアトル福井だるま屋西(中央1)空襲/地震後は1950年開館。1962年にテアトル福井に改称。1977年に新築。
191946年1948年福井ニュース館だるま屋西(中央1)ニュース映画や文化映画を上映。福井地震で焼失。
-1946年営業中大衆館/福井東映片町(順化1)大衆館が順化1丁目に移転。1952年に福井東映に改称。1977年に新築。
201948年1971年国際劇場/錦劇片町(順化2)福井地震後に開館。1963年に錦劇に改称。1971年の閉館で片町映画街が消滅。
21戦後不明銀映座木田大和紡績工場前。戦後に開館したが失火で焼失。
221956年1965年橋南劇場木田大和紡績工場前。邦画の二番館。
231939年1970年福井日活松竹座の南1939年に東宝文化劇場が開館。1952年に丸の内劇場に改称。福井日活に改称。
241950年営業中日本劇場/メトロ劇場福井東宝の北(順化1)1953年にメトロ劇場に改称。1971年に洋画の二番館に。
251957年1988年福宝劇場五福町の入口(照手1)
261960年1973年城東劇場城の橋通り
271960年1978年スカラ座だるま屋の南
281962年1978年ピカデリー劇場だるま屋の西1962年に福井劇場として開館。ピカデリー劇場に改称。
291963年営業中シアターFBC大手3福井放送会館にもともとあった貸しホールを常設映画館化して開館。
301964年営業中福宝会館本町通り
311964年営業中福宝シネマ本町通り
321977年営業中みゆき座福井東宝の南
331977年営業中東映パラス片町(順化2)
341978年営業中シネマプラザだるま屋の南ピカデリー劇場とスカラ座を統合し、松竹座とともにシネマプラザに。
福井映画サークル協議会
1950年には福井映画サークル協議会が設立された。会報として月刊誌を発行しており、福井市で上映される映画の紹介や批評、映画知識やエッセイなどが書かれている。この種の映画サークル誌としては発行部数が全国1位である。研究会や講演会の開催や、福井市内の映画館の入場割引券の配布なども行っている。1964年には福井県文化奨励賞を受賞した。だるや屋百貨店社長で脚本家でもある坪川健一、三国町に住んだ芸術家の小野忠弘、福井市出身の哲学者である杉原丈夫、福井文学界の先駆者である詩人の則武三雄などが執筆している。*6
佐佳枝劇場
所在地 : 福井県福井市佐佳枝上町(1955年)、福井県福井市佐佳枝上町(1960年)
開館年 : 1940年、1949年? 1950年?(福井地震後)
閉館年 : 1960年以後1962年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年6月開館。1955年・1960年の映画館名簿では「佐佳枝劇場」。1962年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1949年には市川猿之助一座を招いて「佐佳枝劇場」が開館した。*7
福井ニュース劇場
所在地 : 福井県福井市佐佳枝上町168(1960年)
開館年 : 1945年
閉館年 : 1960年以後1962年以前
1960年の映画館名簿では「福井ニュース劇場」。1962年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。

だるま屋の真向かいには小規模な劇場として「福井ニュース劇場」があった。五十嵐興業によって戦時中に建てられ、戦時ニュースや文化映画を上映していた。*8
橋南劇場/福井橋南劇場
所在地 : 福井県福井市葵町(1953年)、福井県福井市葵町95(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1950年8月15日
閉館年 : 1965年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 橋南劇場
『全国映画館総覧 1955』によると1950年8月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「橋南劇場」。1960年の福井市住宅詳細図では「橋南劇場」。1965年のゼンリン住宅地図では「橋南劇場」。1966年の映画館名簿では「福井橋南劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。当時は南側に東西に道路が通っていた。跡地は日本料理店「魚松」の南側にある月極駐車場「たからや駐車場」。フェニックス通り沿いでありすぐ西側に歩道橋がある。最寄駅は福井鉄道福武線赤十字前停留場。

木田に開館した橋南劇場は、橋南地区唯一の映画館だった。材木屋の川端氏が鉄筋コンクリート造で建設した。当初は邦画の二番館であり、各社の作品を安い料金で上映して安定した経営を続けた。*9

1950年の開館当時の橋南劇場の写真あり。今週上映として『若草物語』と『松旭音天勝』、次週上映として『大平原』、近日上映として『心の旅路』などのポスターが写っている。新規館であったことや、橋南地区というハンデもあり、開館当初はフィルム上映権の獲得に難儀した。橋南地区の織物・紡績・精錬業の企業の従業員に対する経営努力などの結果、1952年の正月興行は豪華な編成となり、営業成績は徐々に上向いたという。*10

福井赤十字病院近くのフェニックス通り沿いには、橋南劇場という映画館があった。「家具ふるの」の北隣である。1950年8月15日に開館し、長谷川一夫主演『小判鮫』と洋画の『ジョニイペランダ』の二本立てがオープニング作品だった。鉄骨造2階建てであり、当時としては立派な建物だった。座席数は625席。当時の福井赤十字病院近くには大和紡績があり、集団就職で集まった女工らで繁昌した。映画の上映の他には、島倉千代子や美空ひばりらの公演も行われた。1964年の東京オリンピックを機にテレビが普及したことで映画産業は下火となり、パチンコ店などとして使用されたのち、橋南劇場の建物は1975年に取り壊された。現在の跡地は駐車場となっている。2017年末には映画館前の歩道橋が撤去されたが、映画館の観客が道路まで続いたために歩道橋が建設されたとする逸話もある。*11
国際劇場/錦劇
所在地 : 福井県福井市(1950年)、福井県福井市錦上町40(1953年・1955年)、福井県福井市錦上町1(1958年・1960年・1963年)、福井県福井市錦町1409(1966年・1969年)
開館年 : 1948年10月
閉館年 : 1971年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 国際劇場
『全国映画館総覧 1955』によると1948年10月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「国際劇場」。1957年の福井市武生市住宅明細図では「国際劇場」。1963年に錦劇に改称。1965年のゼンリン住宅地図では「国際劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「錦劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年・1980年の福井市住宅明細図では跡地に「銀座会館パチンコ」。1985年のゼンリン住宅地図では跡地に「パチンコ銀座会館」。跡地はステーキ店「ブシェリ片町」などがある「ライブリービル」。「福井錦町郵便局」から道路を挟んで南側。最寄駅は福井鉄道福武線仁愛女子高校停留場または福井城址大名町停留場。

1951年頃の片町にあった国際劇場とその前の通りの写真あり。『飛び出した若旦那』や小津安二郎監督作『麦秋』のポスターが見える。*12

焼失した加賀屋の跡地には国際劇場が建てられた。国際劇場には宿直室・楽屋・風呂などがあり、演劇の興行が可能な福井市内唯一の劇場だった。*13
中央劇場/福井中央劇場
所在地 : 福井県福井市(1950年)、福井県福井市日ノ出元町82(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、福井県福井市元町802(1966年)、福井県福井市中央1-10-16(1969年)
開館年 : 1921年、1949年3月
閉館年 : 1971年
『全国映画館総覧 1955』によると戦後は1949年3月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「中央劇場」。1957年の福井市武生市住宅明細図では「中央劇場」。1965年のゼンリン住宅地図では「中央劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「福井中央劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年・1980年の福井市住宅明細図では跡地に「パチンコニュージャパン」。1985年のゼンリン住宅地図では跡地に「パチンコニュージャパン」。跡地は衣料品店「ボトムライン」。最寄駅はJR北陸本線福井駅または福井鉄道福武線福井停留場。
丸ノ内劇場/福井日活劇場
所在地 : 福井県福井市佐佳枝上町168(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、福井県福井市佐佳枝町1-917(1966年)、福井県福井市中央1-17-3(1969年)
開館年 : 1939年
閉館年 : 1970年
『全国映画館総覧 1955』によると戦後は1949年8月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「丸ノ内劇場」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「福井日活劇場」。1965年のゼンリン住宅地図では「福井日活」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年の住宅地図では跡地に「白崎誠事務所」。跡地は映画館「テアトルサンク4・5」が入る「アップルビル」建物南側。
城東劇場/福井城東劇場
所在地 : 福井県福井市手寄町2-603(1963年)、福井県福井市手寄町2-604(1966年・1969年)
開館年 : 1962年頃
閉館年 : 1973年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 城東劇場
1960年・1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「城東劇場」。1965年のゼンリン住宅地図では「城東映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「福井城東劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「システムパーク手寄第1」やその南の建物。最寄駅はJR北陸本線・福井鉄道福武線福井駅。
福井松竹映画劇場/松竹座/スカラ座・松竹座/福井スカラ座・福井松竹座
所在地 : 福井県福井市佐佳枝上町168(1960年・1963年)、福井県福井市佐佳枝町1-1000(1966年)、福井県福井市中央1-8-5(1969年・1973年・1976年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1978年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 福井スカラ座・福井松竹座
1957年の福井市・武生市住宅明細図では後の映画館の場所に「だるまや特売場」。1958年の映画館名簿では「福井松竹映画劇場」。1960年の映画館名簿では「松竹座」。1960年の福井市住宅詳細図では「松竹座・スカラ座」。1963年の映画館名簿では「スカラ座・松竹座」(2館)。1965年のゼンリン住宅地図では北に「スカラ座」で南に「松竹座」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「福井スカラ座・福井松竹座」(2館)。1965年の福井市住宅明細図では北に「スカラ座」で南に「松竹座」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「西武福井店」建物南東端部。
福井劇場/福井ピカデリー劇場/福井ピカデリー
所在地 : 福井県福井市佐佳枝上町168(1960年・1963年)、福井県福井市佐佳枝町1-1012(1966年)、福井県福井市中央1-8-25(1969年・1973年・1976年)
開館年 : 1958年以後1960年以前(福井劇場)、1962年(福井ピカデリー)
閉館年 : 1978年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 福井ピカデリー
1957年の福井市・武生市住宅明細図では後の映画館の場所に「福井劇場(建)」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の福井市住宅詳細図では「福井名店街(福井ビル)福井劇場 ニュース劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「福井劇場」。1965年のゼンリン住宅地図では「名店街 福井劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「福井ピカデリー劇場」。1973年・1976年の映画館名簿では「福井ピカデリー」。1975年の住宅地図では「ピカデリー」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「1階服地の福洋 2階美呂」。跡地は「西武福井店」建物中央北側。

福井県初の活動写真常設館は「福井劇場」である。1919年(大正8年)、本町通りに開館した。時期不明の写真あり。「画映活日大」の文字が見える。福井劇場に続いて、1921年(大正10年)には国鉄福井駅近くに「中央館」が開館した。*14
福井福宝劇場/福宝劇場
所在地 : 福井県福井市照手上町31(1960年)、福井県福井市照手町31(1963年)、福井県福井市照手町1-209(1966年・1969年・1973年・1976年)、福井県福井市照手町1-2-17(1980年・1985年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1988年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 福宝劇場
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「福宝劇場」。1965年のゼンリン住宅地図では「福宝(薬品)劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「福井福宝劇場」。1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「福宝劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「福銀リース」。最寄駅は福井鉄道福武線福井城址大名町停留場。
福井放送会館大ホール/シアターFBCシネマホール
所在地 : 福井県福井市大手町55(1966年・1969年)、福井県福井市大手3-4-1(1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1962年
閉館年 : 2001年2月
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - シアターFBCシネマホール
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「福井放送会館大ホール」。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「シアターFBCシネマホール」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。

JR福井駅前の福井放送会館にある映画館「シアターFBC」は、2001年2月で常設映画館としての営業を終了し、夏には貸しホールとしてリニューアルする。1961年に多目的ホールとして開館。1962年には70ミリの大スクリーンを備えた常設映画館となった。奥行き8m、間口16mの舞台があり、演劇の公演なども行われた。映画上映用のスクリーンと映写機2台は貸しホールとなった後も残される。*15
福井福宝会館・福井福宝シネマ/福宝会館・福宝シネマ
所在地 : 福井県福井市佐久良町510(1966年・1969年)、福井県福井市中央3-6-18(1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1964年
閉館年 : 2008年6月25日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 福宝会館・福宝シネマ
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1965年のゼンリン住宅地図では「福宝会館(建)」。1966年・1969年の映画館名簿では「福井福宝会館・福井福宝シネマ」。1973年・1976年・1980年・2985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「福宝会館・福宝シネマ」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。晩年は成人映画館。跡地は「損保ジャパン日本興亜福井ビル」西側の空き地。最寄駅は福井鉄道福武線福井城址大名町停留場。
東宝文化劇場/福井東宝映画劇場/福井東宝劇場(順化1-2-19)/福井みゆき座/福井シネマ3・4
所在地 : 福井県福井市佐佳枝中町(1953年)、福井県福井市佐佳枝中町41(1955年・1958年・1960年・1963年)、福井県福井市佐佳枝町3-301(1966年)、福井県福井市順化1-2-19(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・2000年・2005年・2010年・2015年・2018年)
開館年 : 1949年8月
閉館年 : 2018年9月9日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 福井シネマ
Wikipedia : 福井シネマ
1950年の映画館名簿では「東宝文化劇場」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「福井東宝映画劇場」。1957年の福井市・武生市住宅明細図では「福井東宝」。1960年の福井市住宅詳細図では「福井東宝劇場」。1965年のゼンリン住宅地図では「福井東宝」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「福井東宝劇場」。1975年の福井市住宅明細図では「福井東宝」。1980年の住宅地図では「1階みゆき座 2階サロンドボーテ」。1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「福井みゆき座」。1990年の住宅地図では「みゆき座」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。1995年の住宅地図では跡地に「シネパーク駐車場」。1998年ニュー映画ビル竣工。2000年・2005年・2010年・2015年・2018年の映画館名簿では「福井シネマ3・4」(2館)。跡地は「福井銀行本店」建設工事用地。最寄駅は福井鉄道福武線福井城址大名町停留場。

1948年(昭和23年)6月28日に発生した福井地震で、「国際劇場」、「福井東宝」、「大衆館」の映画館3館が倒壊して火災が発生し、観客100人が圧死あるいは焼死した。*16

加賀産業の経営による「東宝劇場」は、東宝の『ジャコ万と鉄』がオープニング作品であり、東宝・新東宝・東映の作品を上映した。東宝劇場は「大衆館」より一回り小規模だった。*17

1992年9月30日をもって、福井市順化1丁目の「福井みゆき座」が15年の歴史に幕を下ろして閉館する。東宝洋画系のロードショー館であり、1991年にはアーノルド・シュワルツネッガー主演の『ターミネーター2』が人気を集めていた。客席は520席。建物の老朽化が進行したことが閉館の理由。なお、今年2月には福井東映パラスも閉館している。*18

2021年1月にWeb OYA-bunko(大宅壮一文庫)で検索したが有意な言及は発見できず。
大衆館/福井東映福井東映劇場/福井東映劇場・福井東映パラス・福井東宝劇場/福井シネマ1・2
所在地 : 福井県福井市(1950年)、福井県福井市佐佳枝中町(1953年)、福井県福井市佐佳枝中町41(1955年・1958年・1960年・1963年)、福井県福井市佐佳枝町3-301(1966年)、福井県福井市順化1-2-1(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年)、福井県福井市順化1-2-19(2000年・2005年・2010年)、福井県福井市順化1-2-1(2015年・2018年)
開館年 : 1948年7月
閉館年 : 2018年9月9日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 福井シネマ
Wikipedia : 福井シネマ
『全国映画館総覧 1955』によると1948年7月開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「大衆館」。1957年の福井市・武生市住宅明細図では「大衆館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「福井東映」。1960年の福井市住宅詳細図では「福井東映」。1965年のゼンリン住宅地図では「福井東映」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「福井東映劇場」。1975年の福井市住宅明細図では「福井東映」。1977年8月13日映画ビル開館。1980年の住宅地図では「1階福井東宝 2階・3階福井東映 5階東映パラス」。1980年の映画館名簿では「福井東映劇場・福井東映パラス・福井東宝」(3館)。1985年の映画館名簿では「福井東映劇場・福井東映パラス・福井東宝劇場」(3館)。1990年の映画館名簿では「福井東映・福井東映パラス・福井東宝」(3館)。1990年の住宅地図では「福井映画ビル 1階福井東宝 福井東映 2階福井東映 3階・4階福井東宝 5階東映パラス」。1995年の住宅地図では「福井映画ビル 1階福井東映シネマ1 パチンコシネマ 2階加賀産業 5階福井東宝シネマ2」。1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2018年の映画館名簿では「福井シネマ1・2」(2館)。跡地は「福井銀行本店」建設工事用地。最寄駅は福井鉄道福武線福井城址大名町停留場。

1923年(大正12年)、片町通りの加賀屋座横(錦上町)に「松竹館」(大衆館の前身)が開館した。一時は「日活館」という名称であり、1940年(昭和15年)に「大衆館」となった。*19

1942年頃の「大衆館」の写真あり。1923年には前身の「松竹館」が開館し、一時は「日活館」に改称した。1940年から大衆館となった。*20

1952年(昭和27年)の福井市の本町通りの写真あり。1948年(昭和23年)に片町から移転した「大衆館」は東映専門の映画館であり、後に「福井東映」に改称した。2005年(平成17年)現在は建物が建て替わって「福井シネマ1・2・3・4」となっているが、場所は同じである。*21

1952年頃の「福井東宝」前の通りの写真あり。手前の本町通沿いには「大衆館」が、奥には「日劇」があった。*22

1957年の「大衆館」(後の「福井東映」)の写真あり。*23

加賀屋座の隣には松竹蒲田映画の封切館として「松竹館」が開館し、栗島すみ子や諸口一九などが人気だった。その後「大衆館」に改称し、PCL・洋画・大都映画の三本立てに変更した。*24

福井市順化1丁目で福井シネマ1・2を運営する加賀産業は、同ビル北隣の駐車場に鉄骨造3階建ての新ビルを建設中である。3月14日に福井シネマ3・4の開館を予定している。福井シネマ3・4はそれぞれ100席であり、500席の福井シネマ1、300席の福井シネマ2を加えると、100席から500席までの多様なホールがそろう。福井県における映画館客数のピークは、50館を数えた1958年頃であり、年間観客数は380万人だった。1998年現在は福井市9館と武生市1館の計10館であり、福井シネマ3・4の開館で計12館となる。福井シネマ3・4の1階には居酒屋が入り、2階と3階が映画館となる。*25

1998年3月14日、福井市順化1丁目に福井シネマ3・4の2館が開館した。既存の福井シネマ1・2に隣接する場所に新ビルを建設し、2階に2館を設置した。それぞれ100席。福井シネマ3・4ともに『リバイバル・オブ・エヴァンゲリオン』がこけら落とし作品であり、立ち見が出るスタートを切った。福井市内のスクリーン数は11となった。*26
福井メトロ劇場
所在地 : 福井県福井市佐佳枝中町55(1955年・1958年・1960年・1963年)、福井県福井市佐佳枝町3-309(1966年)、福井県福井市順化1-2-14(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年)、福井県福井市順化1-2-14 メトロ会館4階(2015年・2018年)
開館年 : 1953年4月1日
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 福井メトロ劇場
Wikipedia : メトロ劇場
『全国映画館総覧 1955』によると1953年3月開館。1965年のゼンリン住宅地図では「メトロ劇場」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「福井メトロ劇場」。1957年・1960年・1965年の住宅地図では「メトロ劇場」。1975年・1980年の住宅地図では「福井メトロ劇場」。1985年の住宅地図では「メトロ会館 4階メトロ劇場」。

2000年、福井市順化1丁目の映画館「メトロ劇場」は公式ウェブサイトを開設した。メトロ劇場では1か月に長期上映作品2本と短期上映作品4本を上映しており、これまではチラシなどを配布していたが、より多くの人に上映作品を紹介するためにウェブサイトの開設を決めた。福井県では東宝の直営館である鯖江シネマ7が観客数の半分を占め、残りは福井市内の6館に集中している。福井市のテアトルサンクでは、コンビニで上映情報誌を無料で配布したり、割引特典が付く無料会員券を発行したりしている。*27

福井市順化1丁目、福井市最大の歓楽街である「片町」の一角には映画館「メトロ劇場」がある。1953年に開館。市民参加型の運営スタイルであり、アンケートを基にして上映作品を決定、福井の映画人による自主製作映画も積極的に上映する。事務所には宮沢りえや吉田喜重監督のサインなどが飾られている。*28

2013年4月、福井市順化1丁目のメトロ劇場が開館60周年を迎える。1953年、根岸義明(64)の祖父が開館させ、当時は洋画の封切館だった。1971年には義明が働き始め、そのころから旧作を上映する名画座となった。1978年にはATGなどアート系作品を中心に、観客に観たい作品のアンケートを募って上映している。36作品を候補とし、月に1回アンケートを回収して上映作品を決定している。上映作品はアカデミー賞受賞作の『アーティスト』から社会派ドキュメンタリーの『死刑弁護人』まで幅広い。根岸は福井県今立郡今立町に生まれ、愛知県豊橋市で育ち、夏休みなどに祖父のもとを訪れてメトロ劇場にも通った。兵庫県の大学を卒業後、福井市に戻ってメトロ劇場で働き始めた。*29

福井市の繁華街であるの片町には、1スクリーン117席のミニシアターのメトロ劇場がある。現在の経営者は4代目館主の根岸輝尚(42)。曽祖父が映画館の経営を始めた。2016年に3代目の根岸義明が死去すると、長男の輝尚が経営を継いだ。輝尚は東京でシステムエンジニアをしながら、東京と福井を往復して経営している。チケット代の収入だけでは配給会社への支払い・社員1人の給料と6人のアルバイト代を賄うので精いっぱいである。自身は映画館経営で収入を得ていない。輝尚らが選んだ約40作品を候補とし、観客の投票で上映作品が決定する。観客は次に見たい作品を2作品まで選び、館内の投票箱に入れると、投票数が上位の作品を中心に2週間ほど上映する。観客は高齢化が進み、中高生の客はほとんどいない。twitterにあった「観たい映画があるけどお金がない」というツイートをきっかけに、勤労招待券サービスを行っている。学生を対象とし、1-2時間ほど館内の清掃などをしてくれたら招待券をプレゼントするというものである。*30

福井市にある映画館「メトロ劇場」は、大手配給会社の直接的な影響を受けない独立系映画館であり、国内の映画祭の受賞作品や往年の名画を上映している。東日本大震災後には原子力発電所に関する作品を数多く上映している。毎年8月は「平和を考える月」とし、戦争や平和が主題の作品を取り上げている。館主の根岸義明(64)は福井県越前市出身であり、愛知県豊橋市で育った。神戸大学を卒業後の1971年に福井市に戻ってメトロ劇場を手伝い始めた。*31

雑誌『組人』2017年、第28号の特集は「昔も今も映画館」であり、福井市の「メトロ劇場」について2ページを割いている。

2021年1月にWeb OYA-bunko(大宅壮一文庫)で検索したが有意な言及は発見できず。
テアトル福井/テアトル サンク1・2・3
所在地 : 福井県福井市(1950年)、福井県福井市佐佳枝上町168(1963年)、福井県福井市佐佳枝町1-1005(1966年)、福井県福井市中央1-8-17(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2018年)、福井県福井市中央1-8-17 テアトルビル(現在)
開館年 : 1930年11月(松竹座)、1966年以後1969年以前(テアトル福井が独立)、1999年12月17日(テアトルサンク1・2・3)
閉館年 : 1999年12月頃(テアトル福井)、営業中(テアトルサンク1・2・3)
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - テアトルサンク
Wikipedia : テアトルサンク
1963年・1966年の映画館名簿では「テアトル福井」。1965年のゼンリン住宅地図ではサンクビルに「テアトル福井」。1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「テアトル福井」。1975年の住宅地図では「テアトル福井」。1980年の住宅地図では「1階テアトル駐車場 2階テアトル福井」。1985年・1990年の住宅地図では「テアトルビル福井 2階テアトル福井」。1995年の住宅地図では「テアトル福井ビル 2階テアトル福井」。サンクビルの「テアトル福井」とアップルビルの「福井松竹座・シネマプラザ」を統合したうえで2館増やし、1999年12月17日にテアトルサンク1・2・3開館。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「テアトル・サンク1・2・3」(3館)。2015年の映画館名簿では「テアトルサンク1・2・3」(3館)。2018年の映画館名簿では「テアトル・サンク1・2・3」(3館)。

1978年7月にはビッグ・アップル・ビレッジ内の「松竹座」と「シネマプラザ」の2スクリーンになった。1999年(平成11年)12月17日にはテアトルビルの「テアトルサンク1・2・3」とアップルビルの「テアトルサンク4・5」の5スクリーンとなった。

JR福井駅前の商店街で映画館3館を経営している伊井興業は、2スクリーン増やして5スクリーンとし、都市型複合館(マルチプルシアター)にすると発表した。1999年4月から工事を開始し、12月に新施設が開館する予定である。伊井興業はだるまや西武の西隣のビルにテアトル福井を、南隣のビルにシネマプラザと松竹座を経営している。テアトル福井の北側の敷地に2スクリーンを増築し、各スクリーンをつないで行き来できるようにするという。これまでは3館がそれぞれ映画会社と単独で興行契約を結んでいたが、同一作品の複数館での上映なども可能とする。*32

2021年1月にWeb OYA-bunko(大宅壮一文庫)で検索したが有意な言及は発見できず。
福井松竹座・シネマプラザ/テアトルサンク4・5
所在地 : 福井県福井市中央1-17-1(1980年・1990年・2000年)、福井県福井市中央1-17-1 アップルビル(現在)
開館年 : 1930年(松竹座)、1978年7月(福井松竹座・シネマプラザ)、1999年12月17日(テアトルサンク4・5)
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - テアトルサンク
Wikipedia : テアトルサンク
1957年の福井市・武生市住宅明細図では「福井日活」。1960年の福井市住宅詳細図では後の映画館の場所に「伊井ビル建築中」。・1965伊井ビル建築中1965年のゼンリン住宅地図ではアップルビルに「福井日活」。1975年の住宅地図では後の映画館の場所に「有料駐車場」。1978年7月にはビッグ・アップル・ビレッジ内の「松竹座」と「シネマプラザ」の2スクリーンになった。1980年・1990年の映画館名簿では「福井松竹座・シネマプラザ」(2館)。1980年の住宅地図では「ビッグアップルビレッジ 3階シネマプラザ 5階松竹座」。1985年の住宅地図では「ビッグアップルビル 3・4階シネマプラザ 5階福井松竹座」。1990年の住宅地図ではビッグアップルビレッジ 3階シネマプラザ 5階松竹座」。1995年の住宅地図では「ビッグアップルビル 3・4階シネマプラザ 5階福井松竹座」。1999年(平成11年)12月17日にはアップルビルの「テアトルサンク4・5」となった。サンクビルの「テアトル福井」とアップルビルの「福井松竹座・シネマプラザ」を統合したうえで2館増やし、1999年12月17日にテアトルサンク4・5開館。2000年の映画館名簿では跡地に「テアトル・サンク4・5」(2館)。2000年の映画館名簿では「テアトル・サンク4・5」(2館)。

1930年(昭和5年)、だるまや百貨店横に「松竹座」が開館した。1934年(昭和9年)頃には栗島すみ子がステージで挨拶して観客を沸かせた。*33

JR福井駅前の商店街で映画館3館を経営している伊井興業は、2スクリーン増やして5スクリーンとし、都市型複合館(マルチプルシアター)にすると発表した。1999年4月から工事を開始し、12月に新施設が開館する予定である。伊井興業はだるまや西武の西隣のビルにテアトル福井を、南隣のビルにシネマプラザと松竹座を経営している。テアトル福井の北側の敷地に2スクリーンを増築し、各スクリーンをつないで行き来できるようにするという。これまでは3館がそれぞれ映画会社と単独で興行契約を結んでいたが、同一作品の複数館での上映なども可能とする。*34

1999年12月17日午後5時、都市型複合映画館「テアトルサンク」がリニューアルオープンする。伊井興業が経営する映画館3館(テアトル福井、シネマプラザ、福井松竹座)が統合される。9月に新館を開館させたばかりのだるまや西武とともに、福井市の中心市街地活性化の拠点施設として期待されている。だるまや西武1階とテアトルビル1階は通路で結ばれた。アップルビルとだるまや西武を空中通路で結ぶ計画もある。映画・ファッション・音楽・書籍など情報発信の一大拠点となり、鯖江市のシネコン「鯖江シネマ7」や福井市大和田町に計画中のシネコンとの差別化を図る。改装費は約8億5000万円。*35

1999年12月17日、JR福井駅前の2つのビルに、5スクリーンを有する複合映画館「テアトルサンク」が開館する。テアトル福井、シネマプラザ、福井松竹座があった2つのビルを改装し、座席数を90席増やして計1508席とした。伊井興業が8億5000万円かけて改装した。座席は前後の間隔を広げ、ヘッドレストやカップホルダーを設けた。最新のデジタル音響システムを備えた。テアトルサンクの1番スクリーンは日本海側最大級という。*36

1999年12月17日、福井市中央1丁目に都市型複合映画館「テアトルサンク」がオープンする。テアトルビルの3館(旧テアトル福井)とアップルビルの2館(旧シネマプラザと旧福井松竹座)で構成される。オープニング作品はスクリーン1が『ファイトクラブ』、スクリーン2が『ランダムハーツ』、スクリーン3が『ターザン』(字幕スーパー)、スクリーン4が『ターザン』(日本語)、スクリーン5が『シックスセンス』。運営する伊井興業は8億5000万円をかけて改装した。2000年の観客数は45-50万人と見込んでいる。*37

1999年12月17日、都市型複合映画館「テアトルサンク」の披露式が開催された。17日には前夜祭としてナイター上映が実施され、18日から通常営業が開始される。テアトル福井を改装して2劇場を追加し、アップルビルの2館も含めて計5スクリーンとなる。最新の映写設備や音響設備、ゆったりとした大型座席などが設置された。運営は福井市の伊井興業。*38
福井コロナワールド/福井コロナシネマワールド
所在地 : 福井県福井市大和田町30-17 フェアモール福井(2005年・2010年)、福井県福井市大和田2丁目1201 フェアモール福井(2015年)
開館年 : 2001年12月15日
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 福井コロナシネマ
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年の映画館名簿では「福井コロナワールド1-10」(10館)。2015年の映画館名簿では「福井コロナシネマワールド1-10」(10館)。

2000年10月27日、福井市大和田町に大型商業施設「フェアモール福井」が開業する。売り場面積は約5万6000平方メートルであり、北陸地方最大規模の売り場面積となる。南側には先行して開業した商業施設「ワイプラザ」がある。2001年にには同一敷地内に複合映画館などの娯楽施設がオープンする予定である。福井市、勝山市、、坂井郡、吉田郡、足羽郡の全域、計47万人14万世帯を商圏とする。*39

2001年12月15日、福井市大和田町のショッピングセンター「フェアモール福井」の敷地内に3階建てのシネマ棟が開店する。1階にはゲームセンターと飲食店街が、2階と3階にはシネマコンプレックス「福井コロナワールド」が開業する。建物はフェアモール福井を経営するユニーが所有し、テナントとしてアミューズメント会社のコロナが出店する形をとる。福井県嶺北地方と石川県加賀地方の一部を商圏とする。*40

2001年12月15日、福井市大和田町の大型商業施設「フェアモール福井」に娯楽施設「福井コロナワールド」が開業する。2階にはシネコンの「福井シネマワールド」があり、105席から338席の10スクリーン計1609席を備える。福井県では初めて全席指定席とした。コロナシネマは北陸地方に初進出となる。*41

福井市郊外

東郷文化会館
所在地 : 福井県足羽郡足羽村東郷(1958年)、福井県足羽郡足羽村子安(1960年)
開館年 : 1949年頃
閉館年 : 1960年以後1962年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「東郷文化会館」。1960年の映画館名簿では経営者が寺田新蔵、支配人が記載なし、構造・定員ともに記載なし、邦画を上映。1962年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。

東郷村誌編纂会(編)『東郷村誌 後編』東郷村誌編纂会、1957年に東郷文化会館の言及はない。足羽町史編纂委員会 (編)『足羽町史』福井市、1976年に東郷文化会館の言及はない。福井市史編さん委員会(編)『新修 福井市史 供拱^羯圈1976年は福井市の映画館について詳しいが、旧福井市部分しか掲載されておらず、東郷文化会館の言及はない。福井市(編)『わがまち福井 福井市制100周年記念誌』福井市、1990年には福井市の映画館史が年表形式で書かれているが、旧福井市部分しか掲載されておらず、東郷文化会館の言及はない。

「ウィキペディアタウン in 福井市東郷」でガイド役となってくださった高嶋さんのメモによると、「1949年(昭和24年)頃、久米平屋敷跡(現・安本酒造倉庫)に劇場が新築され「文化会館」と命名。福井大震災の一年後では市内の映画館は3カ所ぐらいしか復興されてなく、当館では最新型の映写機を導入して観客を大いに楽しませた。1959年(昭和34年)春に皇太子と美智子さまの結婚の様子が上映された時は、テレビがあまり普及されていない時代でもあり、遠くからの老若男女が観賞に来られた。」とある。

『映画年鑑 全国映画館録 1960』時事映画通信社、1960年には「東郷文化会館、所在地:福井県足羽郡足羽村小安、支配人:寺田新蔵、建築構造不明、階数不明、席数不明」とある。当時の福井県の館数は52館であり、うち郡部は24館だった。当時の福井県の人口は75万人だった。『映画年鑑 全国映画館録』1955年版・1957年版・1958年版には掲載されていない。『映画年鑑 全国映画館録』1962年版・1965年版・1968年版にも掲載されていない。
鷹巣会館
所在地 : 福井県坂井郡川西町和布(1963年)
開館年 : 1962年頃
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年・1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「鷹巣会館」。1960年の映画館名簿では経営者が近葉乙松、支配人が加藤裕二、木造1階冷暖房付、定員265、東映を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
森田文化映画劇場/森田東映
所在地 : 福井県吉田郡森田町(1958年・1960年)、福井県吉田郡森田町古市(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「森田文化映画劇場」。1958年の映画館名簿では経営者・支配人ともに黒田近、250席、映写機は新響。1959年の映画館名簿では経営者・支配人ともに黒田近、木造平屋建、250席、邦画を上映。1963年の映画館名簿では「森田東映」。1963年の映画館名簿では経営者が黒田近、支配人が桑野光栄、木造平屋建、250席、邦画を上映。1965年のゼンリン住宅地図には掲載されていない。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
蒲生館/越前蒲生館
所在地 : 福井県丹生郡越廼村蒲生(1958年・1960年・1963年)、福井県丹生郡越廼村(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「蒲生館」。1960年の映画館名簿では経営者が宮崎仁三郎、支配人が記載なし、木造2階、定員212、邦画・洋画を上映。1966年の映画館名簿では「越前蒲生館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
森田劇場/森田座
所在地 : 福井県吉田郡森田町(1953年)、福井県吉田郡森田町下森田(1955年・1958年・1960年)、福井県吉田郡森田町下森田(1963年・1966年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「森田劇場」。1953年の映画館名簿では経営者が千秋一郎、支配人が松井兼吉、木造1階、定員200、移動映画を上映。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「森田座」。1955年の映画館名簿では経営者が千秋一郎、支配人が松井兼吉、木造1階、定員200、混合を上映。1965年のゼンリン住宅地図では「森田座」。1966年の映画館名簿では経営者が富沢清英、支配人が千秋一郎、木造平屋建、定員250、邦画を上映。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます