「愛知県の映画館の総合情報サイト」であり、「日本の映画館の総合データベース」です。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。

尾張西部の映画館を扱います。一宮市は一宮市の映画館を参照。

江南市

江南市の映画館

1958年の商工年鑑には映画館として「新盛館」と「古知野劇場」と「宮田劇場」と「布袋映画劇場」が掲載されている。新盛館の代表者は森川守太郎、所在地は古知野新町3丁目。古知野劇場の代表者は小出静夫、所在地は古知野本町3丁目。宮田劇場の代表者は小沢由太郎、所在地は宮田。布袋映画劇場の代表者は長根三郎、所在地は布袋栄町。*1

1968年の商工年鑑には映画館として「江南東映」と「新盛館」と「古知野劇場」が掲載されている。江南東映の代表者は吉野錠一、従業員数は6人。新盛館の代表者は大塚常一、従業員数は5人。古知野劇場の代表者は小出静夫、従業員数は5人。*2

1980年の商工年鑑には映画館として「江南東映」と「新盛館」が掲載されている。江南東映の代表者は吉野錠一、所在地は古知野町小金73、従業員数は2人、創業年は1959年。新盛館の代表者は大塚定光、所在地は古知野町千丸217、従業員数は6人、創業年は1949年、資本金は180万円。*3

1995年の商工年鑑には映画館として「新盛館」が掲載されている。新盛館の代表者は大塚定光、所在地は古知野町千丸217、従業員数は6人。*4

布袋座/布袋映画劇場/長根布袋映劇

所在地 : 愛知県江南市布袋町栄町(1955年・1960年)
開館年 : 1921年以後(劇場)、1952年(映画館)
閉館年 : 1962年以後1963年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「布袋座」。1955年・1960年の映画館名簿では「布袋映画劇場」。1962年の住宅地図では「長根布袋映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年のポータブル住宅地図では跡地に空き地。1977年の航空住宅地図帳では跡地に駐車場。

初代「布袋座」は、1912年(大正元年)に名古屋市の鶴舞公園で開催された共進博覧会の建物を移築したものである。しかし1927年(昭和2年)の火災で全焼したため、写真にある2代の「布袋座」を建設したが、2代の建物も1960年(昭和35年)3月6日に焼失した。*5

江南市歴史民俗資料館によると、丹羽郡布袋町は丹羽郡の中心地であり、丹羽郡役場や愛知県立養蚕試験場があった。料亭・旅館・映画館も軒を連ねていた。1954年に周辺町村と合併して江南市が発足し、旧古知野町西庁舎が置かれると、ヒトやモノの流れが移った。*6

栄町と旭町の中間、布袋市街地のほぼ中央に布袋座があった。1912年(大正元年)に名古屋市の鶴舞公園で開催された共進博覧会の建物を購入し、造り酒屋の屋敷地内に移築して芝居小屋としたのが創始である。1927年(昭和2年)にはこの建物が火災で焼失し、3丁目に移転した。当初は芝居を行っていたが、やがて映画館となった。明治・大正期の布袋の街並みを再現した地図があり、布袋座も描かれている。「布袋座=布袋劇場」の写真あり。*7

宮田劇場/宮田映画劇場

所在地 : 愛知県江南市宮田町南野306(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「宮田劇場」。1962年の住宅地図で場所確定。1963年の映画館名簿では「宮田映画劇場」。1966年のポータブル住宅地図では「映画館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は工場。

古知野劇場

所在地 : 愛知県江南市古知野町久保見(1955年)、愛知県江南市古知野町本町3(1960年)、愛知県江南市古知野町本町(1963年)、愛知県江南市大字古知野字久保見15(1966年・1969年)、愛知県江南市古知野町久保見15-1(1976年)
開館年 : 1927年
閉館年 : 1976年以後1978年以前
1950年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1976年の映画館名簿では「古知野劇場」。1966年のポータブル住宅地図では「古知野劇場」。1977年の航空住宅地図帳では「古知野劇場」。1978年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1993年のゼンリン住宅地図では跡地に8軒分の分譲住宅地。現在の跡地は住宅。愛知県道63号に面する料亭寿亭から東に100m。

戦前から古知野の街なかにあった劇場が古知野劇場である。1950年(昭和25年)には『緑色の髪の少年』や『ヘンリィ五世』を上映した。1961年(昭和36年)には『お染半九郎』や『流れの旅路』を上映した。芝居も興行した。1961年の写真あり。*8

江南東映/江南東映劇場

所在地 : 愛知県江南市古知野町薬師23(1980年)、愛知県江南市古知野町小金73(1990年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1993年
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「江南東映」。1966年のポータブル住宅地図では「映画館 江南東映」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「江南東映劇場」。1977年の航空住宅地図帳では「江南東映」。1990年・1993年の映画館名簿では「江南東映」。1990年・1993年のゼンリン住宅地図では「江南東映」。1994年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2000年竣工のマンション「ロワイヤルB」の東側にある空き地。

新盛館映画劇場/江南新盛館/新盛館/新盛館・江南シネマ

所在地 : 愛知県江南市古知野町新町(1955年)、愛知県江南市古知野新町(1963年)、愛知県江南市大字古知野字本郷2-1(1966年・1973年)、愛知県江南市古知野町本郷2-1(1976年・1980年)、愛知県江南市古知野町北屋敷215(1985年)、愛知県江南市古知野町千丸214(1990年・2000年)
開館年 : 1926年
閉館年 : 2002年9月
1950年・1955年・1960年の映画館名簿では「新盛館」。1963年の映画館名簿では「新盛館映画劇場」。1966年のポータブル住宅地図では「新盛館」。1966年の映画館名簿では「江南新盛館」。1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「新盛館」。1977年の航空住宅地図帳では「新盛館」。1980年・1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「新盛館・江南シネマ」(2館)。1990年・1993年のゼンリン住宅地図では「江南シネマ・江南新盛館」。2002年9月に新盛館と江南シネマがそろって閉館。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は住宅。

江南コロナホール/江南コロナワールド

所在地 : 愛知県江南市高屋町西町38(1995年・2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1993年
閉館年 : 2011年9月25日
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1990年のゼンリン住宅地図では「パチンコ 映画 コロナ会館 プールバー BECLAP」。1993年のゼンリン住宅地図では「コロナ会館 映画コロナ会館」。1995年の映画館名簿では「江南コロナホール1・2」(2館)。2000年・2004年の映画館名簿では「江南コロナワールド1・2・3・4」(4館)。2005年・2010年の映画館名簿では「江南コロナワールド1・2・3・4・5・6」(6館)。2015年の映画館名簿には掲載されていない。

岩倉市

開栄座

昭和初期の開栄座
所在地 : 愛知県丹羽郡岩倉町
開館年 : 1891年の濃尾大地震以後
閉館年 : 1941年頃?

『岩倉・西春日井今昔写真集』 樹林舎、2009年、p.95に写真あり。1891年(明治24年)の濃尾大地震後、中市場中北裏の光昭寺の東に建てられた芝居小屋。約50年にわたって町民全体の娯楽施設として機能。定員は700人だったが、1,500人まで入場させたことがある。芝居、映画、浪花節、浄瑠璃、曲芸のほか、政談演説会も行われた。加藤鯛一、尾崎行雄、大山郁夫、浜口雄幸、井上準之助などが来演した*9

丹羽郡でもっとも古い芝居小屋は犬山町の「真栄座」と岩倉町の「開栄座」だった。1891年(明治24年)の濃尾地震から間もなく、高梁藤七(中市場)と石黒喜平(東市場)の2人が中心となって開栄座が設立された。新町の光昭寺の東に建てられ、こけら落し興行には坂東蓑助が出演した。その後、名の通った役者では、嵐三五郎一座や浪花節の京山小円が来演した。浅野善三郎が京山小円が出演交渉を行い、その他にも30数人が1人3円の負担金を出したという。「開栄座」の定員は700人だったが、京山小円の公演の際には1500人を入れて入場記録となった。京山小円の声はよく通り、入口にいても十分に聞こえたので、遠くはなれた地点に竹矢来を急ごしらえして群衆を整理したとさえ伝えられている。大正デモクラシー期の「開栄座」では、尾崎行雄や大山郁夫らが政談演説を行った。約50年間も芝居・活動写真・浪花節・曲芸・浄瑠璃などの興行を行った。戦時中には所有者が代わり、一時は倉庫や工場に転用されていたが、1985年現在は建物は跡形もない。*10

明治末期の「開栄座」では活動写真が興行されるようになった。この劇場は1891年(明治24年)の濃尾地震後に建てられた。中市場中北裏の光昭寺の東。定員は700人であったが、1,500人まで入場させたこともある。芝居、映画、浪花節、浄瑠璃、曲芸のほか、政談演説会も行われた。*11

岩倉劇場

所在地 : 愛知県丹羽郡岩倉町下市場(1960年・1963年)、愛知県丹羽郡岩倉町下市場39(1966年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1947年11月3日、または1966年以後1969年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「岩倉劇場」。1966年の住宅地図では「岩倉公民館」。1968年の全商工住宅案内図帳では跡地に空き地。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

戦後間もなくの岩倉町には、下本町の河村彦三郎が中心となって「岩倉劇場」が設立され、劇場のこけら落としとして坂東秀一郎一座が興行した。その後、梅沢昇・東家浦太郎・川崎弘子・豆千代・天勝などが来演し、初期には盛況であった。1947年(昭和22年)頃には名古屋市などに新しい興行施設が続々と建てられ、岩倉劇場は採算が取れなくなったため、岩倉町公民館に転用された。「岩倉町議会議事録」によれば、1947年(昭和22年)11月3日以後は町有財産となり、岩倉町公民館として使用されている。しかし、岩倉町に支障のない限り劇場としての興行が認められ、その後も映画が上映されていた。*12

北名古屋市

西春劇場

所在地 : 愛知県西春日井郡師勝村鹿田(1960年・1963年)、愛知県西春日井郡師勝町若宮(1966年・1969年)
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1969年
1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「西春劇場」。1965年の住宅地図協会住宅地図では「西春劇場」。1970年の住宅地図協会全商工住宅案内図帳では跡地に空白が記されている。1970年・1973年の映画館名簿には掲載されていない。1977年のゼンリン住宅地図では跡地に巨大な「ソーコ」があり映画館の建物が残っていた可能性がある。師勝町/西春町の自治体境界から近く、劇場名に「西春」とあるが師勝町にあった。最寄駅は名鉄犬山線西春駅。

末広館/西春末広館

所在地 : 愛知県西春日井郡西春村西之保(1963年)、愛知県西春町西新町1872(1966年・1969年)、愛知県西春日井郡西春町西新町(1972年)
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1978年12月
1960年・1963年の映画館名簿では「末広館」。1965年の住宅地図協会住宅地図では「映画館 末広館」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「西春末広館」。1970年の住宅地図協会全商工住宅案内図帳では「末広映画館」。1977年のゼンリン住宅地図では「末広映画館」。1976年時点では西春日井郡唯一の映画館だった。1980年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅は名鉄犬山線西春駅。

1961年まで万年筆の会社に勤めていた加藤信孝は大の洋画ファンだったことから、姉の嫁ぎ先が経営する末広館を手伝うこととなり、やがて支配人となった。*13

支配人は1978年12月に末広館を閉館させ、1980年8月には尾西市(現一宮市)に尾西シネラマパワーを開館させた。*14

清須市

旧・新川町の映画館

西春日井郡新川町に映画館がなかった時代、若者たちは名古屋の柳橋駅まで乗り入れていた名鉄一宮線の電車に乗って、円頓寺にあったオデオン座・豊富館・双葉館などに通った。*15

昭和30-40年代の西春日井郡新川町の商店街に、パチンコ店は4軒(須ケ口駅前・西町・東町・東町)あり、映画館は2軒(須ケ口駅前・坂町)あり、銭湯は4軒(旗本・坂町・横町・東町)あった。*16

昭和40年代に入ると、新川町の常設映画館は姿を消した。*17

富士丸座/新川映画劇場/新川劇場

所在地 : 愛知県西春日井郡新川町須口(1955年)
開館年 : 1926年?、1930年2月?
閉館年 : 1955年以後1960年以前
1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「新川映画劇場」。1961年の全商工住宅案内図帳には掲載されていないと思われる。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

『全国映画館総覧 1955』には新川劇場の開館は1926年(大正15年)とある。*18

1936年(昭和11年)には富士丸座が新川劇場に改称。1940年(昭和15年)には定員350人の椅子式座席の劇場となり、映画館に転換した。1936年12月28日の開館当時の写真あり。*19

1930年(昭和5年)、西春日井郡新川町須ヶ口(旗本)に富士丸座が開館。1940年(昭和15年)には全席椅子席で定員350人の近代的な映画館に改修され、富士丸座から新川劇場に改称された。新川劇場は新川町のみならず近隣の町村からも観客を集めた。昭和15年から昭和30年代前半の写真あり。*20

新川劇場は1930年(昭和5年)2月に開業した。当初は新川町旗本にあったが、やがて名鉄須ケ口駅前に移転している。242坪、定員356人の芝居小屋だった。1941年(昭和16年)に全席椅子席とし、映画上映専門館となった。昭和20年代の写真あり。*21

新川キネマ/尾張新川キネマ

所在地 : 愛知県西春日井郡新川町東町(1955年)、愛知県西春日井郡新川町土器新田(1966年)、愛知県西春日井郡新川町土器野新田(1963年・1969年)
開館年 : 1937年
閉館年 : 1969年
1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「新川キネマ」。1961年の全商工住宅案内図帳では「新川キネマ」。1966年・1969年の映画館名簿では「尾張新川キネマ」。1970年・1973年の映画館名簿には掲載されていない。1971年の全商工住宅案内図帳には掲載されていない。跡地は「土器野神明社」の北側。

1937年(昭和12年)、定員445人で椅子式座席を有する映画館の新川キネマが開館した。*22

1937年(昭和12年)、富士丸座に続いて土器野新田(東町)に映画館の新川キネマが開館した。定員は447人、1階席と2階席があり、いずれも全席椅子席だった。*23

西枇劇場

所在地 : 愛知県西春日井郡西枇杷島町字住吉町45(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「西枇劇場」。1961年の全商工住宅案内図帳では「西枇劇場」。1965年の全商工住宅案内図帳では「キネマ西枇東映」。1971年の全商工住宅案内図帳では跡地に「スーパーマルイ」。1970年・1973年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図では跡地は「串かつ店むぎ」。現在の跡地はアパート「メゾン・ド・グレージュ」。

写真あり。「西枇東映」は、西枇杷島町にあった唯一の映画館である。跡地はマンションになっている。*24

稲沢市

稲沢市の映画館

1956年(昭和31年)の中島郡祖父江町の商工会員名簿には「演劇・映画」の欄に「高木屋興行」と「酒井興行」がある。高木屋興行の代表者は高木代次郎。酒井興行の代表者は酒井誠一。*25

1958年(昭和33年)に中島郡稲沢町が市制施行して稲沢市になった際、娯楽機関には400人収容の「稲沢東映」(稲沢町大字稲沢字居屋敷)、250人収容の「稲沢大劇」(稲沢町大字稲沢字藤塚)、150人収容の「稲沢劇場」(稲沢町大字下津字六反田)の3映画館があった。*26

稲沢大正座/大正座

所在地 : 愛知県中島郡稲沢町稲沢(1955年)
開館年 : 1913年
閉館年 : 1955年以後1960年以前
1953年の映画館名簿では「稲沢大正座」。1955年の映画館名簿では「大正座」。1960年の映画館名簿には掲載されていないが、同年の映画館名簿に掲載されている稲沢大劇や稲沢映画劇場に改称した可能性がある。

1921年(大正10年)頃の写真あり。大衆娯楽の少なかった時代に、この地方唯一の演劇場として1913年(大正2年)に大正座が開館した。おもな出資者は、稲沢町の山田市三郎、水谷宗次、田中甚三郎ら。株主から委託されて鈴木富三郎(右から2人目鳥打ち帽)が経営した。昭和になると演劇とともに映画も上映された。写真撮影当時は凧揚げが流行したため、凧揚げ大会の商品が屋上に積み上げられている。*27

森上会館

所在地 : 愛知県中島郡祖父江町森上(1955年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「森上会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1960年代の航空写真を見ると、現在の名鉄尾西線森上駅北東すぐのアパート「セブンスアゼリア」の場所には大きな建物があり、1968年や1970年の全商工住宅案内図帳では「倉庫」と記されているが、関連は不明。1968年の全商工住宅案内図帳を見ると、現在の「森上製油所」から路地を挟んで東側の民家の場所には「森上館」があるが、関連は不明。

新富座/新豊座

所在地 : 愛知県中島郡祖父江町祖父江(1955年)、愛知県中島郡祖父江町字祖父江(1960年)、愛知県中島郡祖父江町祖父江南川原(1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「新豊座」。1955年・1960年の映画館名簿では「新富座」。1963年の映画館名簿では「新豊座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の全商工住宅案内図帳では跡地に「新東洋会館」。2015年には合名会社新豊座が稲沢市祖父江町祖父江南川原94番地に設立されているが関連は不明。建物は現存しており、跡地は「ダイワパチンコ」の廃墟。

稲沢大劇

所在地 : 愛知県稲沢市稲沢町(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていないが、同年の映画館名簿に掲載されている「大正座」から改称した可能性がある。1960年・1963年の映画館名簿では「稲沢大劇」。1962年の全商工住宅案内図帳では跡地に空白が記されている。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1970年の全商工住宅案内図帳では跡地に空白が記されている。1972年の全航空住宅地図帳では建物の上に「大劇あと」とある。跡地はマンション「セルリアンクォーレ」。当時からある「伊藤理容院」の2件東。最寄駅は名鉄名古屋本線国府宮駅。

『新修 稲沢市史 本文編 下』には「稲沢映画館前」と「稲沢大劇」の写真が掲載されている。*28

稲沢映画劇場

所在地 : 愛知県稲沢市稲沢町下津南六反田(1963年)、愛知県稲沢市下津町南六反田97(1966年・1969年)
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていないが、同年の映画館名簿に掲載されている「大正座」から改称した可能性がある。1960年・1963年の映画館名簿では「稲沢映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「稲沢劇場」。1970年の全商工住宅案内図帳では「稲沢劇場 吉田長平」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はうなぎ屋「魚熊」と「稲沢駅前郵便局」の間の建物。最寄駅はJR東海道本線稲沢駅。

『新修 稲沢市史 本文編 下』には「稲沢映画館前」と「稲沢大劇」の写真が掲載されており、稲沢映画館は稲沢映画劇場のことを指すと思われる。*29

稲沢東映/稲沢東映館

所在地 : 愛知県稲沢市小沢町924(1960年)、愛知県稲沢市稲沢町(1963年)、愛知県稲沢市稲沢居屋敷924(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1968年
1960年の映画館名簿では「稲沢東映」。1962年の全商工住宅案内図帳では「稲沢東映」。1962年の住宅地図では「稲沢東映」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「稲沢東映館」。1966年・1970年の住宅地図では「稲沢東映館」。1970年の全商工住宅案内図帳では「稲沢東映館」。1972年の全航空住宅地図帳では「稲沢東映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は民家。最寄駅は名鉄名古屋本線国府宮駅。

1968年(昭和43年)には「稲沢東映」が閉館した。*30

ユナイテッド・シネマ稲沢

所在地 : 愛知県稲沢市五反田1(2000年・2005年)、愛知県稲沢市天池五反田町1 アピタタウン稲沢C館2階
開館年 : 1999年12月23日
閉館年 : 営業中
2000年・2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマ稲沢1・2・3・4・5・6・7・8・9」(9館)。9スクリーンのシネコン。

1999年12月23日、アピタ稲沢店の南隣に「シネマ&アミューズ館」がオープンする。シネコンのユナイテッド・シネマ稲沢は9スクリーン・2696席を有し、東海地区では18スクリーン・3312席のAMCホリディ・スクエア18豊橋(豊橋市)に次いで2番目。なお、11月20日には名古屋市港区品川町に、12スクリーン・2656席のシネコンを有する大型ショッピングセンターのベイシティ品川がオープンしたばかりである。ユナイテッド・シネマ稲沢は、稲沢市と一宮市を中心に、名古屋市や岐阜県の一部も商圏に見込んでいる。*31

あま市

映画館名簿によるとあま市に映画館は存在しなかったとされる。

八百伊座

所在地 : 愛知県海部郡美和村
開館年 : 1921年頃
閉館年 : 不明
常設映画館ではなく劇場。現在の津島上街道沿い(木田商店街)にある前田書店の西隣と思われる。

1921年(大正10年)頃、美和村の本町の山内医院の西隣に、芝居小屋の「八百伊座」が開館した。正月・盆・祭礼時・農閑期などに年間10数回の頻度で、時代劇・新派劇・活動写真・寄席などの興行を行った。経営者の宮地伊三郎の本業は八百屋だったため、この名称となった。*32

津島市

津島市の映画館

1949年7月8日の旬刊『蘇東報知』には、「津島映画劇場」と「巴座」の映画上映案内が掲載されている。「津島映画劇場」では7月7日と8日にアメリカ映画『センチメンタル・ジャーニー』、7月9日と10日に東宝の『異国の丘』、7月11日から13日に松竹の『花婿三段跳び』、7月14日から16日にアメリカ映画『カンサス騎兵隊』、7月17日と18日に新東宝の『流星』が上映される。「巴座」では7月9日から11日に大映の『美貌の顔役』、7月14日から16日に松竹の『我輩は探偵である』が上映される。*33

1958年10月3日の『津島新聞』には、「津島映画劇場」と「巴座」の映画上映案内が掲載されている。「津島映画劇場」では10月1日から3日に東映の『小天狗霧太郎 第二部』と東映の『国定忠治』、10月4日から7日に大映の『消えゆく能面』と大映の『山を飛ぶ狐姫』と東宝の『サザエさんの新婚旅行』、10月8日から10日に新東宝の『坊ぼん罷り通る』と松竹の『花嫁の抵抗』、10月11日から14日に東映の『満月かぐら太鼓』と東映の『紅顔無双流』が上映される。「巴座」では10月1日から3日に松竹の『浮世風呂』と松竹の『ろまん化粧』、10月4日から7日に日活の『青い乳房』と日活の『明日を賭ける男』、10月8日から10日に日活の『知と愛の出発』と日活の『酔どれ幽霊』、10月11日から14日に松竹の『噛みつかれた顔役』と大映の『花の遊侠伝』が上映される。*34

巴座/津島巴座

所在地 : 愛知県津島市金町18(1955年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1951年
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「巴座」。1957年の全住宅案内図帳では「巴座」。1961年の全商工住宅案内図帳では「巴座」。1965年の住宅地図協会住宅地図では「巴座」。1966年の映画館名簿では「津島巴座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1972年の愛知県全商工住宅案内図帳では跡地に「パチンコ津島一番」。1977年の住宅地図では跡地にパチンコ屋「津島一番」。現在の跡地は1992年3月竣工の14階建てマンション「天王通パーク・ホームズ」。

北側から見ると西側へ坂になっている。旧天王川の中と東堤の境である。北側のマンションはかつて「巴座」という芝居小屋だった。*35

津島映画劇場/津島映劇

所在地 : 愛知県津島市池須町67(1955年・1963年・1966年・1969年・1976年・1980年)
開館年 : 1940年
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1950年・1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「津島映画劇場」。1957年の全住宅案内図帳では「津島映画劇場」。1961年の全商工住宅案内図帳では「津島映画劇場」。1965年の住宅地図協会住宅地図では「津島映画劇場」。1972年の愛知県全商工住宅案内図帳では「津島映画劇場」。1977年の住宅地図で場所確定。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は1990年3月竣工の11階建てマンション「サンハウス津島」。

津島市に2館あった映画館の片方が「津島映劇」。繊維工場の従業員などが仕事終わりや休日に訪れてにぎわった。池須町は火事が多かったが、津島映劇は火事を免れている。跡地はマンション。昭和30年代の写真あり。*36

TOHOシネマズ津島

所在地 : 愛知県津島市大字津島字北新開351番地
開館年 : 2005年12月8日
閉館年 : 営業中
2010年・2015年の映画館名簿では「TOHOシネマズ津島1・2・3・4・5・6・7・8・9・10」(10館)。

2005年12月8日、津島市に10スクリーンのTOHOシネマズ津島が開館する。映画関係者は愛知県の映画館の密集状況を「シネコン銀座」と呼ぶ。スクリーン数が5未満の非シネコン館も含めた愛知県内の総スクリーン数は210。東京都の290に次いで全国で2番目。藤村健二支配人は映画業界では有名人であり、富山ファボーレ東宝の支配人だった2001年9月に公開された『ウォーターボーイズ』(矢口史晴監督)で、東京のシャンテ・シネ、新宿スカラ座に次ぐ全国3位の好成績を挙げた。東宝の直営館である利点を生かし、3度に渡って、矢口監督や妻夫木聡ら出演者のキャンペーンを行い、これまで映画をあまり見なかった地元の中高校生を映画館に呼び寄せた。当時シネコンではほとんど上映されることがなかった単館系の作品を積極的に上映。英国映画『リトル・ダンサー』などをヒットさせて、近隣の外資系シネコンの4倍近い年間売り上げを記録。その手腕を買われて2004年4月にTOHOシネマズ木曽川(愛知県一宮市)の初代支配人となり、今回の津島でもシネコンの立ち上げに携わってきた。*37

2005年12月8日、津島市津島北新開の大型ショッピングセンター「ヨシヅヤ津島本店」南に、映画・ゲーム・飲食などの「シネマ館」がオープンする。10スクリーンを備えた海部津島地方初のシネコン「TOHOシネマズ津島」が核となる。10スクリーン計1782席。全席指定席・完全入れ替え制で、インターネットでチケットを購入したり支払いができる。入場料金は大人1800円、高校・大学生1500円、幼児・小中学生1000円、シニア(60歳以上)1000円。各種サービスデーもある。オープン記念イベントとして上映作品の登場キャラクターによる握手会と撮影会がある。『あらしのよるに』は10日・11日それぞれ午後1時と3時の2回、『ふたりはプリキュア・マックスハート2』は10日午後0時半と2時半の2回行われる。藤村健二支配人は「幅60センチのワイドシートが特長。快適にゆったりと映画を楽しんでもらいたい」と話している。シネマ館にはこのほかゲームセンターや飲食店、100円ショップなども入る。*38

2005年12月7日、シネマコンプレックス「TOHOシネマズ津島」の開会式が開催された。映画配給会社の中部東宝が直営する愛知県内4番目のシネコンで、ヨシヅヤ津島本店敷地内に開設された。10スクリーン、計1782席。座席は幅60センチのワイドシートを導入した。名古屋市や三重県北部からの来場者も見込み、年間50万人の集客を見込んでいる。開会式には映画関係者ら約700人が出席、ヨシヅヤの伊藤彰浩社長が「津島市に新しい映画館がほしいという地域の要望に応えることができた」とあいさつした後、高井英幸・東宝社長や三輪優・津島市長らとテープカットした。オープンは12月8日。*39

愛西市

映画館名簿によると愛西市に映画館は存在しなかったとされる。

弥富市

弥富座

所在地 : 愛知県海部郡弥富町鯏浦
開館年 : 1933年以後
閉館年 : 1936年?
1933年(昭和8年)に国道1号が開通すると同時に、海部郡弥富町鯏浦(現・弥富市前ヶ須)の水田に囲まれた国道1号沿いに弥富座が開館した。1936年(昭和11年)3月、役者の火の不始末で弥富座は全焼した。*40

弥富座/弥富館

所在地 : 愛知県海部郡弥富町1-1610(1955年)、愛知県海部郡弥富町鯏浦字南新田32(1963年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1969年以後1972年以前
1953年の映画館名簿では「弥富座」。1955年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「弥富館」。1966年の住宅協会住宅地図では「映画 弥富館」。1972年の住宅地図には掲載されておらず、跡地は空き地と思われる。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では跡地が「玩具マルヨシ」の敷地。

近鉄名古屋本線の踏切の南側には弥富館という映画館があった。1960年(昭和35年)当時の中六町の商店分布地図あり。映画館の場所も記載されている。*41

丹羽郡扶桑町

映画館名簿によると扶桑町に映画館は存在しなかったとされる。

丹羽郡大口町

映画館名簿によると大口町に映画館は存在しなかったとされる。

西春日井郡豊山町

ミッドランドシネマ名古屋空港

所在地 : 愛知県西春日井郡豊山町豊場林先1-8 エアポートウォーク名古屋
開館年 : 2008年10月31日
閉館年 : 営業中
2010年・2015年の映画館名簿では「ミッドランドシネマ名古屋空港1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12」(12館)。

海部郡蟹江町

鳳栄座/鳳栄蟹

所在地 : 愛知県海部郡蟹江町蟹江(1955年)、愛知県海部郡蟹江町新田字鹿島山(1960年)
開館年 : 1930年
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1953年・1955年の映画館名簿では「鳳栄座」。1960年の映画館名簿では「鳳栄蟹」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1960年代から1980年代前半までの航空写真では「メナード化粧品海部津島」の南西50mに巨大な建物があり、1967年の住宅協会住宅地図では「荒井製作所」とあるが関連は不明。

オデオン劇場/蟹江オデオン劇場

所在地 : 愛知県蟹江町本町城之185(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1976年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「オデオン劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「蟹江オデオン劇場」。1967年の住宅協会住宅地図では「オデオン劇場」。1972年の全商工住宅案内図帳では「オデオン劇場」。1976年の住宅地図には閉館したオデオン劇場と思われる無名の建物が描かれておいる。1976年の映画館名簿には掲載されていない。本町通り(中の町商店街)。蟹江神明社から100m東、跡地は1979年竣工の「丸庄ビル」。1960年代からある「上田医院」の向かい。

1970年5月17日には蟹江本町のオデオン劇場で勤労員福祉会第18回定期総会が開催される。当日は会員とその家族であれば、昼夜通して観劇することができる。*42

1971年5月16日には蟹江本町の蟹江商工会館で勤労員福祉会第19回定期総会が開催される。*43 上記の記事と合わせて考えると、オデオン劇場は1970年5月から1971年5月までの間に閉館した可能性がある。


海部郡大治町

映画館名簿によると大治町に映画館は存在しなかったとされる。

海部郡飛島村

映画館名簿によると飛島村に映画館は存在しなかったとされる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます