日本の映画館の総合データベースです。管理人「かんた」のみが編集可能。


東大阪市

布施の映画館
映画最盛期の大阪府には約400館の映画館があったが、当時の布施市には20館以上が集まっていた。1954年(昭和29年)に布施市の線路際に並ぶ映画看板を映した写真あり。*1
高井田映画劇場
所在地 : 大阪府布施市高井田本通2-12(1959年)、大阪府布施市高井町本通2-12(1960年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1960年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年の映画館名簿では「高井田映画劇場」。1961年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。
太陽座
所在地 : 大阪府布施市下小阪町216(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「太陽座」。1961年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。
御園映画劇場/御園映劇
所在地 : 大阪府布施市横沼3-70(1955年・1960年)
開館年 : 1954年1月
閉館年 : 1960年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1954年1月開館。1955年の映画館名簿では「御園映画劇場」。1960年の映画館名簿では「御園映劇」。1961年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。
南座
所在地 : 大阪府布施市中小阪667-8(1955年)、大阪府布施市小阪本町2-5(1960年)、大阪府布施市中小阪497-1(1961年)
開館年 : 1952年6月
閉館年 : 1961年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年6月開館。1955年・1960年・1961年の映画館名簿では「南座」。1962年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。
新町東映
所在地 : 大阪府布施市足代北1-46(1958年)、大阪府布施市足代1-46(1960年・1961年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1961年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1961年の映画館名簿では「新町東映」。1962年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はスーパーマーケット「サンプラザ布施店」建物東側と駐車場。最寄駅は近鉄奈良線・大阪線布施駅。
新町シネマ
所在地 : 大阪府布施市足代1-46(1958年・1960年)、大阪府布施市足代北1-46(1961年・1962年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1962年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「新町シネマ」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はスーパーマーケット「サンプラザ布施店」建物西側。最寄駅は近鉄奈良線・大阪線布施駅。
枚岡大劇
所在地 : 大阪府枚岡市豊浦町469-4(1958年)、大阪府枚岡市豊浦町579-4(1960年)、大阪府枚岡市豊浦町469-4(1961年・1962年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1961年9月
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「枚岡大劇」。1961年の全商工住宅案内図帳では「枚岡大劇」。1962年・1965年の全商工住宅案内図帳では跡地に「空地」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は倉庫。国道170号「箱殿」交差点南東のブロックの南東角。最寄駅は近鉄奈良線枚岡駅。

1961年9月16日には第二室戸台風が上陸し、大阪府の映画館は全壊1館、半壊3館、三分の一破壊6館などの大きな被害を受けた。枚岡市の「枚岡劇場」が全壊、枚岡市の「瓢箪山東映」と「銀映」、堺市の「堺国際劇場」が半壊、守口市の「守口東映」と「日吉館」、八尾市の「八尾日活」、堺市の「山口大劇」、大阪市北区の「大阪座」、大阪市旭区の「森小路劇場」が三分の一破壊。*2
花園日映劇場/花園日活劇場
所在地 : 大阪府河内市大字稲葉923-1(1960年・1961年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1961年頃
1958年・1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「花園日映劇場」。1961年の映画館名簿では「花園日活劇場」。1961年の全商工住宅地図帳では「花園劇場」。1962年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「TOYOビル」。「関西みらい銀行河内花園支店」から道路を挟んで東隣。最寄駅は近鉄奈良線河内花園駅。
花園映劇/花園映画劇場
所在地 : 大阪府河内市吉田957(1958年・1960年・1961年・1962年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1962年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「花園映劇」。1961年・1962年の映画館名簿では「花園映画劇場」。1961年の全商工住宅地図帳では「花園映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1965年の全商工住宅地図帳では跡地に空白。跡地は河内花園駅北出口から東北東130mにある分譲住宅地。最寄駅は近鉄奈良線河内花園駅。
鴻池映劇/鴻池東映
所在地 : 大阪府河内市大字鴻池920(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「鴻池映劇」。1961年の大阪府精密住宅地図では「鴻池映劇」。1963年の映画館名簿では「鴻池東映」。1964年・1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は100円ショップ「ワッツ鴻池店」。最寄駅はJR学研都市線鴻池新田駅。東大阪市域で唯一JR学研都市線沿線にあった映画館。
日本劇場/フセ日劇/布施日劇
所在地 : 大阪府布施市長堂町67(1958年)、大阪府布施市長堂町1-61(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「日本劇場」。1960年の映画館名簿では「フセ日劇」。1963年の映画館名簿では「布施日劇」。1964年・1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「メゾンドヴェール」。最寄駅は近鉄奈良線・大阪線布施駅。
布施パール座/パール座
所在地 : 大阪府布施市足代2-29(1955年・1960年・1963年)
開館年 : 1952年11月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年11月開館。1955年の映画館名簿では「布施パール座」。1960年・1963年の映画館名簿では「パール座」。1964年・1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「KEC近畿予備校布施校」。最寄駅は近鉄奈良線・大阪線布施駅。
瓢箪山映画劇場/瓢箪山劇場/瓢箪山東映
所在地 : 大阪府中河内郡縄手町河内910(1955年)、大阪府枚岡市河内町910(1958年・1960年・1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1952年5月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年5月開館。1955年の映画館名簿では「瓢箪山映画劇場」。1958年の映画館名簿では「瓢箪山劇場」。1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「瓢箪山東映」。1961年の全商工住宅地図帳では「瓢箪山東映」。1965年の全商工住宅地図帳では「枚岡東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ヤマトマンション」。最寄駅は近鉄奈良線瓢箪山駅。

1961年9月16日には第二室戸台風が上陸し、大阪府の映画館は全壊1館、半壊3館、三分の一破壊6館などの大きな被害を受けた。枚岡市の「枚岡劇場」が全壊、枚岡市の「瓢箪山東映」と「銀映」、堺市の「堺国際劇場」が半壊、守口市の「守口東映」と「日吉館」、八尾市の「八尾日活」、堺市の「山口大劇」、大阪市北区の「大阪座」、大阪市旭区の「森小路劇場」が三分の一破壊。*3
ヒカリ劇場/布施ヒカリ劇場
所在地 : 大阪府布施市足代1-102(1955年)、大阪府布施市足代新町2-26(1960年)、大阪府布施市足代新町2-22(1963年)、大阪府布施市足代新町1-22(1966年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年12月開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「ヒカリ劇場」。1966年の映画館名簿では「布施ヒカリ劇場」。1967年・1968年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「Mプラザ布施駅前」。最寄駅は近鉄奈良線・大阪線布施駅。
瓢箪山銀映
所在地 : 大阪府枚岡市四条町595(1958年・1960年)、大阪府枚岡市四条町594(1963年)、大阪府枚岡市四条町595(1966年)、大阪府枚岡市四条町2-12(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「瓢箪山銀映」。1965年の全商工住宅地図帳では「瓢箪山銀映」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。1972年の吉田地図では空白。跡地は「ローソン東大阪四条町店」。最寄駅は近鉄奈良線瓢箪山駅。

1961年9月16日には第二室戸台風が上陸し、大阪府の映画館は全壊1館、半壊3館、三分の一破壊6館などの大きな被害を受けた。枚岡市の「枚岡劇場」が全壊、枚岡市の「瓢箪山東映」と「銀映」、堺市の「堺国際劇場」が半壊、守口市の「守口東映」と「日吉館」、八尾市の「八尾日活」、堺市の「山口大劇」、大阪市北区の「大阪座」、大阪市旭区の「森小路劇場」が三分の一破壊。*4
布施映画劇場
所在地 : 大阪府布施市足代1-151(1955年・1960年・1963年)、大阪府布施市足代2-151(1966年)、大阪府東大阪市足代2-151(1969年・1973年)
開館年 : 1952年11月
閉館年 : 1973年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年11月開館。1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「布施映画劇場」。1974年・1975年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「成協信用組合本店」。最寄駅は近鉄奈良線・大阪線布施駅。
朝日劇場/布施朝日劇場
所在地 : 大阪府布施市足代1-115(1955年・1960年・1963年・1966年)、大阪府東大阪市足代1-115(1969年・1973年)
開館年 : 1946年6月
閉館年 : 1973年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年6月開館。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「朝日劇場」。1963年の全商工住宅地図帳では「朝日劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「布施朝日劇場」。1974年・1975年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。1986年の大阪府精密住宅地図では跡地に「岡島ラインハウス」。跡地は1983年竣工のマンション「岡島ラインハウス」。最寄駅は近鉄奈良線・大阪線布施駅。

1958年(昭和33年)の布施市にあった「朝日劇場」付近の家並みの写真あり。朝日劇場の跡地にはマンションが建った。*5

1957年(昭和32年)の布施市にあった「朝日劇場」の写真あり。新築当初とのことで建物前には花輪があり、『男の牙』や『無法一代』の看板が見える。前に人気を集めた作品や、大衆向けの娯楽作品を上映していた。2007年現在の朝日劇場の跡地には、「岡島ラインハウス」という高層マンションが建っている。*6
佐々木劇場/佐々木映劇/放出佐々木劇場
所在地 : 大阪府布施市森河内773(1955年・1960年・1963年)、大阪府布施市森河内町773(1966年)、大阪府東大阪市森河内町773(1969年・1973年)、大阪府東大阪市森河内773(1974年)
開館年 : 1953年9月
閉館年 : 1974年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年9月開館。1955年の映画館名簿では「佐々木劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「佐々木映劇」。1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「放出佐々木劇場」。1969年の全商工住宅案内図帳では「佐々木映劇」。1975年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はパチンコ店「タイヨー放出店」東40mの空き地。最寄駅はJR片町線・おおさか東線放出駅。
協映劇場・永和東映/布施協映劇場・永和東映劇場/永和東映劇場/永和東映
所在地 : 大阪府布施市永和1-19(1958年・1960年・1963年・1966年)、大阪府東大阪市永和1-19(1969年・1973年・1974年・1975年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1975年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「協映劇場・永和東映」(2館)。1963年の全商工住宅案内図帳では南に「協映劇場」があり北西に「永和東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「布施協映劇場・永和東映劇場」(2館)。1973年の映画館名簿では「永和東映劇場」。1974年・1975年の映画館名簿では「永和東映」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「シャンティー永和」。最寄駅はJRおおさか東線JR河内永和駅・近鉄奈良線河内永和駅。
小阪映劇
所在地 : 大阪府布施市小阪本町3-6(1962年・1963年・1966年)、大阪府東大阪市小阪本町3-6(1969年・1973年)、大阪府東大阪市小阪本町2-5(1976年・1977年)
開館年 : 1961年頃
閉館年 : 1977年頃
1960年・1961年の映画館名簿には掲載されていない。1962年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1977年の映画館名簿では「小阪映劇」。1963年の全商工住宅案内図帳では「小阪映劇」。1978年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。1984年の大阪府精密住宅地図では跡地に「コーポラス小阪」。現在の跡地は「小阪エヌピーシー薬局」などが入る「コーポラス小阪」。最寄駅は近鉄奈良線河内小阪駅。
河内東映/河内劇場/宏栄劇場
所在地 : 大阪府布施市岩田町62-1(1960年・1963年・1966年)、大阪府東大阪市岩田町62-1(1969年)、大阪府東大阪市岩田町5-7-21(1973年・1980年・1982年・1984年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1984年頃
1958年・1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「河内東映」。1961年の全商工住宅地図帳では「河内映画劇場」。1965年の全商工住宅地図帳では「河内東映」。1978年の大阪府精密住宅地図では「河内東映」。1980年・1982年の映画館名簿では「河内劇場」。1984年の映画館名簿では「宏栄劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は大阪府道21号「岩田」交差点から東北東80mにある分譲住宅地。最寄駅は近鉄奈良線若江岩田駅。
光楽座/布施光楽座
所在地 : 大阪府布施市足代1-35(1958年・1960年・1963年・1966年)、大阪府東大阪市足代1-35(1969年・1973年・1980年・1982年)
開館年 : 1955年以後1956年以前
閉館年 : 1982年頃
1955年・1956年・1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「光楽座」。1963年の全商工住宅地図帳では「光楽座」。1966年・1969年・1973年・1980年・1982年の映画館名簿では「布施光楽座」。1983年・1984年の映画館名簿には掲載されていない。1986年の大阪府精密住宅地図では跡地に「光楽モータープール」。跡地は「東大阪足代郵便局」北西の駐車場。最寄駅は近鉄奈良線・大阪線布施駅。

1956年(昭和31年)の布施市にあった「光楽座」の写真あり。「大映 東宝 日活 松竹 名画上映館 光楽座」の文字が見える。『祇園姉妹』や『人妻椿』の看板が見える。近鉄布施駅南西の飲食店街にあり、各配給会社の名画を格安で再上映していた。近鉄のすぐ南側の路地沿いにあり、2007年現在の跡地は駐車場の三井のリパークとなっている。*7
長瀬映画劇場/長瀬映劇
所在地 : 大阪府布施市吉松町110(1958年)、大阪府布施市吉松町110-60(1960年・1963年・1966年)、大阪府東大阪市吉松町110-60(1969年)、大阪府東大阪市長瀬町1-8-7(1980年)、大阪府東大阪市岩田町5-7-21(1985年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1985年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「長瀬映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「長瀬映画劇場」。1980年の映画館名簿では「長瀬映劇」。1984年の大阪府精密住宅地図では「長瀬映劇」。1986年・1987年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2007年竣工のマンション「ラトゥール長瀬」。最寄駅は近鉄大阪線長瀬駅。

1994年6月25日14時頃、東大阪市長瀬町1丁目にある閉館中の映画館「長瀬劇場」の2階から出火し、鉄骨2階建てのうち2階の映写室が焼失した。*8
アルス座/布施アルス座
所在地 : 大阪府布施市足代北2-108(1955年)、大阪府布施市足代新町2-43(1960年)、大阪府布施市足代新町2-46(1963年)、大阪府布施市足代新町2-45(1966年)、大阪府東大阪市足代新町2-45(1969年・1973年・1980年・1985年・1986年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1986年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年12月開館。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「アルス座」。1966年・1969年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「布施アルス座」。1978年の吉田地図では「アルス座」。1986年の大阪府精密住宅地図では跡地に「ニューグランドビル」。1987年・1988年の映画館名簿には掲載されていない。現在の跡地は「ニューグランドビル」。最寄駅は近鉄奈良線・近鉄大阪線布施駅。
大栄座/布施日活/布施日活劇場/布施日活劇場・布施ロマン劇場/布施にっかつ劇場・布施東映プラザ劇場/布施東映プラザ1・2
所在地 : 大阪府布施市(1953年)、大阪府布施市足代北2-69(1955年・1960年・1963年・1966年)、大阪府東大阪市足代北2-69(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1985年・1986年・1987年)
開館年 : 1949年11月
閉館年 : 1987年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年11月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「大栄座」。1960年の映画館名簿では「布施日活」。1963年・1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「布施日活劇場」。1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「布施日活劇場・布施ロマン劇場」(2館)。1984年・1985年の映画館名簿では「布施にっかつ劇場・布施東映プラザ劇場」(2館)。1986年・1987年の映画館名簿では「布施東映プラザ1・2」(2館)。1986年の大阪府精密住宅地図では「布施東映プラザ」。1987年の映画館名簿では経営会社が東映商事、経営者が田中義朗、支配人が島守、鉄筋1階、1が292席で洋画を上映、2が121席でにっかつを上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はパチンコ店「レジア布施店」。最寄駅は近鉄奈良線・近鉄大阪線布施駅。

1958年(昭和33年)時点の布施市には20館以上の映画館があり、河内市や枚岡市よりも遥かに多かった。1954年(昭和29年)に「大栄座」前で写した写真あり。1954年公開『人生劇場 望郷篇 三州吉良港』の看板が見える。*9

1954年(昭和29年)の布施駅前の写真あり。アドバルーンで「大栄座」の『人生劇場 望郷篇 三州吉良港』を宣伝している。*10

時期不明の東大阪市の住宅地図に掲載されている。

日活の直営劇場の動きを見ると、1973年10月に「布施日活」が開館し、11月に「泉大津日活」が開館し、11月に「万松寺日活」が開館し、11月に「横須賀日活ロマン」が閉館し、1974年6月に「梅田日活オスカー・梅田日活ロマン・梅田日活シネマ」が開館した。*11
有楽座/布施有楽座
所在地 : 大阪府布施市足代新町1-22(1958年)、大阪府布施市足代新町1-23(1960年)、大阪府布施市足代新町1-22(1963年・1966年)、大阪府東大阪市足代新町1-22(1969年・1973年・1980年・1985年・1988年・1989年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1989年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「有楽座」。1966年・1969年・1980年・1985年・1988年・1989年の映画館名簿では「布施有楽座」。1978年の吉田地図では「有楽座」。1989年の映画館名簿では経営会社が井上有楽興業、経営者が井上佑子、支配人が大隅喜一、鉄筋1階、77席、洋画を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「メゾンユウラク」。最寄駅は近鉄奈良線・大阪線布施駅。
富士映劇/布施富士映劇
所在地 : 大阪府布施市足代新町2-40(1960年・1963年)、大阪府布施市足代新町2-40-1(1966年)、大阪府東大阪市足代新町2-40(1969年・1980年・1990年)
開館年 : 1955年7月15日
閉館年 : 1994年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「富士映劇」。1969年・1980年・1990年の映画館名簿では「布施富士映劇」。1978年の吉田地図では「富士映劇」。1986年の大阪府精密住宅地図では「富士映劇」。1995年・2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「リップル布施モータープール」。最寄駅は近鉄奈良線・近鉄大阪線布施駅。

1955年7月15日、布施市足代新町40に洋画封切館「富士映画劇場」が開館した。オープニングは『死刑五分前』。定員は420人。シネスコ設備を有する。経営は林興業。*12
昭栄座/布施昭栄座・布施昭栄シネマ/布施ラインシネマ8・9・10
所在地 : 大阪府布施市(1953年)、大阪府布施市足代1-58(1955年・1960年・1963年・1966年)、大阪府東大阪市足代1-58(1969年・1980年)、大阪府東大阪市足代1-15-5(1990年)
開館年 : 1933年9月、1956年12月8日(ビル化)
閉館年 : 2010年9月5日
『全国映画館総覧 1955』によると1933年9月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「昭栄座」。1960年・1963年の映画館名簿では「昭栄座・昭栄シネマ」(2館)。1963年の全商工住宅地図帳では「昭栄座」。1966年・1969年・1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「布施昭栄座・布施昭栄シネマ」(2館)。1978年の吉田地図では「昭栄シネマ・昭栄座」。1986年の大阪府精密住宅地図では「昭栄シネマ・昭栄座」。2005年・2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ローソン東大阪足代一丁目店」があるビル。最寄駅は近鉄奈良線・近鉄大阪線布施駅。

1956年12月8日、布施市に松竹系「昭栄座」と洋画館「地下劇場」が開館した。鉄筋造3階建て。東大阪随一の近代的設備を有する。経営は岡島興業であり、直営館は布施市に6館目。*13

1964年の布施市にあった「昭栄座」の写真あり。「昭栄座 昭栄シネマ」の文字が見える。庶民的な雰囲気の映画館であり、松竹映画を上映することが多かった。2007年現在は元の建物が全面改装され、「布施ラインシネマ10」の南館として営業している。同一建物の中で3作品を別個に上映する施設として注目されている。*14
東大阪劇場/布施東映/布施東宝東大阪劇場/布施東劇1・布施東劇2
所在地 : 大阪府布施市(1953年)、大阪府布施市足代1-68(1955年)、大阪府布施市足代1-168(1960年)、大阪府布施市足代1-68(1963年・1966年)、大阪府東大阪市足代1-66(1969年)、大阪府東大阪市足代1-68(1980年)、大阪府東大阪市足代1-21-10(2000年)
開館年 : 1949年12月
閉館年 : 2001年6月
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「東大阪劇場」。1960年の映画館名簿では「布施東映」。1963年の全商工住宅地図帳では「布施東宝」。1963年・1966年・1969年・1980年の映画館名簿では「布施東宝東大阪劇場」。1978年の吉田地図では「布施東宝 東劇」。1986年の大阪府精密住宅地図では「布施東宝・東劇」。1990年・2000年の映画館名簿では「布施東劇1・布施東劇2」(2館)。2005年・2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は1階に「ドラッグストアアカカベ足代店」があるビル「布施ハイライン」。最寄駅は近鉄奈良線・近鉄大阪線布施駅。

1959年8月9日、布施市足代新町1丁目の大映封切館「東大阪映画劇場」は「布施東映」に改称して東映封切館となった。経営は岡島興業。*15

1956年(昭和31年)の布施市にあった「東劇」の写真あり。『逢いぞめ笠』や『天使もお年ごろ』などのポスターが見える。大きくて立派な建物であり、天井は高く観客席も多かった。よく東宝映画が上映された。映画館の建物は取り壊され、2007年現在はスーパーマーケット「スバルタウンFUSE」が建設された。*16

時期不明の東大阪市の住宅地図に掲載されている。
第一小阪座/小阪座/小阪東映/ニュー小阪座・小阪国際劇場/小阪座・小阪国際劇場
所在地 : 大阪府中河内郡小阪町680(1930年・1936年)、大阪府布施市下小阪町(1943年・1947年・1950年)、大阪府布施市下小阪664-2(1953年・1955年)、大阪府布施市下小阪町664(1958年)、大阪府布施市下小阪677(1961年・1963年・1966年)、大阪府東大阪市下小阪677(1969年・1973年・1980年)、大阪府東大阪市小阪1-5-2(1985年・1990年・1995年・2005年・2010年)
開館年 : 1930年以前、1960年頃(建て替え)
閉館年 : 2010年3月31日
1930年の映画館名簿では「第一小阪座」。1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「小阪座」。1958年の映画館名簿では「小阪東映」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1963年・1966年・1969年・1973年・1980年・1985年の映画館名簿では「ニュー小阪座・小阪国際劇場」(2館)。1984年の大阪府精密住宅地図では「小阪国際劇場・ニュー小阪座」。1990年・1995年・2000年・2010年の映画館名簿では「小阪座・小阪国際劇場」(2館)。跡地は「ゲオ河内小阪駅前店」北側の空き地。最寄駅は近鉄奈良線河内小阪駅。

1928年から1930年9月30日まで中河内郡小阪町に存在した帝キネ(帝国キネマ演芸)長瀬撮影所は「東洋のハリウッド」と呼ばれた。小阪座、長瀬川周辺、金岡公園、長栄寺、鴨高田神社、小坂神社、彌栄神社などもロケ地として使用された。*17

1959年9月1日、布施市西下小阪の「小阪東映」が全焼した。*18

「小阪座」に言及している書籍として、高瀬進『ピンク映画館の灯 暗闇が恋しい都市の隠れ家』自由国民社、2001年がある。*19
リオン座/布施リオン座/布施東映リオン座/布施東映リオン座・布施リオン小劇場/リオン座1・2/リオン座1・2・3/布施ラインシネマ
所在地 : 大阪府布施市(1950年・1953年)、大阪府布施市足代北2-114(1955年)、大阪府布施市足代新町2-14(1960年・1963年・1966年)、大阪府東大阪市足代新町2-14(1969年・1973年・1980年)、大阪府東大阪市足代2-14(1990年)、大阪府東大阪市足代新町7-4 布施ラインシネマ10 北館・南館(2010年)
開館年 : 1952年8月(布施リオン座)、1997年12月(布施ラインシネマ)
閉館年 : 2020年2月29日
Wikipedia : 布施ラインシネマ
港町キネマ通り : 布施ラインシネマ
『全国映画館総覧 1955』によると1952年8月開館。1953年・1960年・1963年の映画館名簿では「リオン座」。1966年・1969年の映画館名簿では「布施リオン座」。1973年の映画館名簿では「布施東映リオン座」。1978年の吉田地図では「布施東映リオン座・リオン小劇場」。1980年の映画館名簿では「布施東映リオン座・布施リオン小劇場」(2館)。1986年の大阪府精密住宅地図では「東映リオン座・ルック座」。1990年の映画館名簿では「リオン座1・2」(2館)。1995年の映画館名簿では「リオン座1・2・3」(3館)。2000年の映画館名簿では「布施ラインシネマ1-7」(7館)。2001年6月には南館を増築。2010年の映画館名簿では「布施ラインシネマ1-10」(10館)。シネマ1-7が北館に、シネマ8-10が南館にある。最寄駅は近鉄奈良線・近鉄大阪線布施駅。

1956年(昭和31年)の布施市にあった「リオン座」の写真あり。「東宝封切場 リオン座」の文字が見える。『へそくり社員とワンマン社長 ワンマン社長純情す』の看板が見える。近鉄奈良線のすぐ北側の道路は、昼間は人影も少なく寂しかったが、夜間は近くの飲食店街のおかげでにぎわいを増した。2007年現在は近鉄線が高架化され、またビルの布施ラインシネマが開館し、この道路も自動車の往来が激しい。*20

1954年(昭和29年)に「リオン座」と近鉄の間の道路を工事している際の写真あり。リオン座は「布施ラインシネマ」の前身であり、7スクリーン計1145席のシネコンとなった。*21

布施ラインシネマに言及している雑誌記事として、「お正月映画はカップルで10倍楽しむ カップルで楽しむならこの映画館へ」『Hanako WEST』1999年1月がある。ナビオシネ、梅田ガーデンシネマ、シネ・ヌーヴォにも言及している。*22

このページへのコメント

失礼します。
「大阪市生野区小路1丁目22」の北西交差点の南東の古い建物に緑色の掲示板がありますが、2016年頃までは「布施東映プラザ」のポスター掲示板を再利用していました。Googleストリートビューの過去画像にて確認可能です。
失礼しました。

0
Posted by 名無し(ID:/+VGspmbvg) 2022年02月16日(水) 23:50:51 返信

個人情報を誤って掲載したので、コメント削除をお願いします。

0
Posted by はいてい 2022年02月05日(土) 20:23:57 返信

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます