日本の映画館の総合データベースです。管理人「かんた」のみが編集可能。

中央区

東京中央劇場/中央劇場
所在地 : 東京市京橋区築地4(1943年)、東京府京橋区築地4-14 東劇5階(1947年)、東京都中央区築地4-14(1950年・1953年)
開館年 : 1943年以前
閉館年 : 1953年頃
1943年・1947年・1950年の映画館名簿では「東京中央劇場」。1953年の映画館名簿では「中央劇場」。1954年の映画館名簿には掲載されていない。
日本橋白木劇場/白木劇場
所在地 : 東京市日本橋区通1(1943年)、東京府日本橋区通1-9 白木屋7階(1947年)、東京都中央区日本橋通1丁目(1950年)、東京都中央区日本橋通り1-9(1953年)
開館年 : 1943年以前
閉館年 : 1953年頃
1943年・1947年の映画館名簿では「日本橋白木劇場」。1950年・1953年の映画館名簿では「白木劇場」。1954年の映画館名簿には掲載されていない。
築地映画劇場
所在地 : 東京市京橋区築地3(1943年)、東京府京橋区築地3-8(1947年)、東京都中央区築地3-8(1950年・1953年・1955年)
開館年 : 1930年7月
閉館年 : 1956年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1930年7月開館。1943年・1947年・1950年の映画館名簿では「築地映画劇場」。1953年の映画館名簿では「築地映劇」。1955年の映画館名簿では「築地映画劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
ムーヴィー銀座/ムービー銀座/銀座映画劇場
所在地 : 東京都中央区銀座西5-5(1950年)、東京都中央区銀座西5-4(1953年)、東京都中央区銀座西5-5(1955年・1958年)
開館年 : 1947年2月
閉館年 : 1958年以後1960年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年2月開館。1950年の映画館名簿では「ムーヴィー銀座」。1953年・1955年の映画館名簿では「ムービー銀座」。1958年の映画館名簿では「銀座映画劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
コニー劇場
所在地 : 東京都中央区銀座6-5(1953年・1955年・1958年・1960年)
開館年 : 1951年7月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年7月開館。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「コニー劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「東京銀座ビルディング」。

1959年9月17日、中央区銀座東6の「銀座コニー劇場」が新東宝封切館となった。経営は三和興行。*1
明治ニュース/明治小劇場
所在地 : 東京都中央区日本橋浪花町1(1956年・1957年・1958年・1960年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「明治ニュース」。1957年・1958年・1960年の映画館名簿では「明治小劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
銀座映画劇場/銀座松竹映画劇場銀座松竹/松竹アカデミー/銀座大映
所在地 : 東京市京橋区木挽町5(1943年)、東京都京橋区木挽町3-8(1947年)、東京都中央区木挽町5-5(1950年)、東京都中央区銀座東5-5(1953年・1955年・1958年・1960年)、東京都中央区東銀座5-5(1963年)
開館年 : 1937年8月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1937年8月開館。1943年の映画館名簿では「銀座映画劇場」。1947年の映画館名簿では「銀座松竹映画劇場」。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「銀座松竹」。1958年・1960年の映画館名簿では「松竹アカデミー」。1963年の映画館名簿では「銀座大映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

1961年11月3日、松竹の直営館として「銀座松竹」が開館した。松竹の直営館は47館となった。*2
人形町大映
所在地 : 東京都中央区日本橋浪花町2(1955年・1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「人形町大映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
人形町武蔵野/人形町武蔵野館
所在地 : 東京都中央区日本橋浪花町2(1955年・1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1953年2月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年2月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「人形町武蔵野」。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「人形町武蔵野館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
八重洲名画座
所在地 : 東京都中央区八重洲2-5(1960年)、東京都中央区八重洲2-5 不二ビル(1963年・1966年・1967年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1967年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1967年の映画館名簿では「八重洲名画座」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は八重洲セントラルパークビル。
人形町ユニオン/ユニオン座/人形町ユニオン座
所在地 : 東京都中央区日本橋人形町2-3(1956年・1958年・1960年・1963年・1964年・1965年・1966年・1968年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1968年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「人形町ユニオン」。1958年・1960年の映画館名簿では「人形町ユニオン座」。1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「ユニオン座」。1966年・1968年の映画館名簿では「人形町ユニオン座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
人形町浪花座/浪花座
所在地 : 東京都中央区日本橋人形町2-3(1956年・1958年・1960年・1963年・1964年・1965年・1966年・1968年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1968年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年の映画館名簿では「人形町浪花座」。1963年・1964年・1965年・1966年・1968年の映画館名簿では「浪花座」。1969年の住宅地図では「浪花座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「日土地人形町ビル」建物南西部。
人形町名画座/人形町映劇/人形町映画劇場
所在地 : 東京都中央区日本橋人形町2-3(1956年・1957年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1969年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「人形町名画座」。1957年・1958年・1960年の映画館名簿では「人形町映劇」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「人形町映画劇場」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「日土地人形町ビル」建物北東部。
人形町松竹映劇/人形町松竹映画劇場/人形町松竹
所在地 : 東京市日本橋区人形町2(1943年)、東京府日本橋区人形町2-3(1947年)、東京都中央区日本橋人形町2(1950年)、東京都中央区日本橋人形町2-3(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1947年8月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年8月開館。1943年の映画館名簿では「人形町松竹映劇」。1947年・1950年の映画館名簿では「人形町松竹映画劇場」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「人形町松竹」。1969年の住宅地図では「松竹映劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「日土地人形町ビル」建物北東部。
東劇地下劇場/築地大映/銀座スバル座/銀座松竹
所在地 : 東京都京橋区4-14 東劇地下(1947年)、東京都中央区築地4-14(1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都中央区築地4-1-1(1969年・1973年)
開館年 : 1945年12月
閉館年 : 1974年
『全国映画館総覧 1955』によると1945年12月開館。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「東劇地下劇場」。1950年の映画館名簿では「東劇地下映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「東劇地下劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「築地大映」。1963年の映画館名簿では「銀座スバル座」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「銀座松竹」。1969年の住宅地図では「東京劇場 銀座大映 傑作座」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「東劇ビル」。

1962年9月、松竹直営館「築地大映」が外画ロードショー館に転向した。*3
東京劇場(旧)・傑作座
所在地 : 東京都中央区築地4-14(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都中央区築地4-1-1(1969年・1973年)
開館年 : 1930年3月
閉館年 : 1974年
『全国映画館総覧 1955』によると1930年3月開館。1943年・1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「東京劇場」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「東京劇場・傑作座」(3館)。1969年の住宅地図では「東京劇場 銀座大映 傑作座」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「東劇ビル」。
月島映画劇場/月島東映/月島東映劇場
所在地 : 東京都中央区月島西仲通3-8(1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、東京都中央区西仲通3-801(1966年)、東京都中央区月島3-4-1(1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1949年2月
閉館年 : 1975年以後1978年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年2月開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「月島映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「月島東映」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「月島東映劇場」。1969年の住宅地図では「月島東映映画劇場」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「セザール第2月島」。最寄駅は東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線月島駅。
銀座全線座/銀座東急
所在地 : 東京都京橋区銀座84(1947年)、東京都中央区銀座8丁目(1950年)、東京都中央区銀座8-4(1953年・1955年・1958年)、東京都中央区銀座8-7-13(1973年・1975年・1978年)
開館年 : 1938年4月
閉館年 : 1978年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1938年4月開館。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年・1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「銀座全線座」。1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「銀座東急」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は銀座国際ホテル。

1957年から映画館の増加のペースが低下しており、転廃業した館もある。1958年9月から1959年8月までの1年間に東京都で転廃業した映画館は以下の通り。神田南明座(倉庫に転業)、銀座映画劇場(廃館)、神楽坂銀鈴座(焼失)、新宿グランド(パチンコ屋に転業)、銀座全線座(ダンスホールに転業)、渋谷全線座(貸ホールに転業)、シネマ西荻(廃館)、池袋日活(焼失)、池袋文化映画(パチンコ屋に転業)、弁天座(廃館)、文芸坐(廃館)、文芸地下(廃館)、人生坐(廃館)、大山映画劇場(廃館)、町田中央(廃館)。*4
テアトル銀座/テアトル東京・テアトル銀座
所在地 : 東京都京橋区銀座1-1-1(1947年)、東京都中央区銀座1丁目(1950年)、東京都中央区銀座1-1(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都中央区銀座1-11-2(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)
開館年 : 1946年12月、1955年11月1日(ビル化)
閉館年 : 1981年10月31日
『全国映画館総覧 1955』によると1946年12月開館。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「テアトル銀座」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「テアトル東京・テアトル銀座」(2館)。1982年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「コナミグループ本店ビル」(旧銀座テアトルビル)。

東京・京橋の「テアトル東京」「テアトル銀座」の写真あり。1階・2階・3階の平面図あり。「Theatre Tokyo」の文字が見える。『恐怖の砂』の看板が見える。1階と2階は1599席のテアトル東京、地下は831席のテアトル銀座である。設計・施工は竹中工務店。*5

1955年11月1日、映画館「テアトル東京」と「テアトル銀座」が開館した。1981年8月31日にはテアトル銀座が閉館し、同年10月31日にはテアトル東京が閉館した。*6
ヤエス洋画名画座/ヤエス松竹
所在地 : 東京都中央区日本橋通3-8(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、東京都中央区日本橋中央通3-4-13(1975年・1978年・1980年・1985年・1986年・1987年)
開館年 : 1959年
閉館年 : 1987年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「ヤエス洋画名画座」。1969年の住宅地図では「新第一ビル 第一信用金庫 ヤエス名画座」。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年・1987年の映画館名簿では「ヤエス松竹」。1986年の映画館名簿では経営会社が松竹第一興行、経営者が奥山融、支配人が阿部達男、鉄筋造地下、195席、にっかつ・成人映画を上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。1959年竣工の新第1ビル地下。建物の新第1ビルは現存。
三越映画劇場/三越劇場ロイヤルシアター
所在地 : 東京都中央区日本橋室町1-7(1975年)、東京都中央区日本橋室町1-7-4(1978年・1980年)、東京都中央区八重洲1-1(1985年・1986年・1987年)
開館年 : 1973年11月
閉館年 : 1987年頃
1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年の映画館名簿では「三越名作劇場」。1978年・1980年の映画館名簿では「三越映画劇場」。1985年・1986年・1987年の映画館名簿では「三越劇場ロイヤルシアター」。1986年の映画館名簿では経営会社が三越、経営者が市原晃、支配人が服部明、鉄筋造1階、366席、邦画・洋画特選を上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。三越日本橋本店新館4階。建物の「三越日本橋本店新館」は現存。

「三越劇場」に言及している書籍として、伊藤隆之『看板建築・モダンビル・レトロアパート』グラフィック社、2014年がある。*7
ヤエススター座/八重洲スター座
所在地 : 東京都中央区八重洲3-7(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、東京都中央区八重洲1-9-9(1975年・1978年・1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1989年8月31日
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「ヤエス・スター座」。1969年の住宅地図では「東京建物ビル 富士銀行八重洲口支店 山一證券八重洲口支店 日本皮革 ヤエススター座」。1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「ヤエススター座」。1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「八重洲スター座」。1988年の映画館名簿では経営会社が松竹第一興行、経営者が奥山融、支配人が阿部達男、鉄筋造地下、135席、洋画特選を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1929年竣工の東京建物ビル地下1階。跡地は「中央警察署八重洲通交番」北西70mの工事用地。
東京ニュース劇場/八重洲松竹/八重洲シネマ/ヤエスシネマ
所在地 : 東京都中央区京橋1-2 越前屋ビル内(1953年)、東京都中央区京橋1-2 越前屋ビル(1955年)、東京都中央区京橋1-2(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年)、東京都中央区京橋1-1-6(1980年・1985年・1988年・1990年・1991年)
開館年 : 1952年10月
閉館年 : 1991年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年10月開館。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「東京ニュース劇場」。1963年の映画館名簿では「八重洲松竹」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「八重洲シネマ」。1969年の住宅地図では発見できず。1980年・1985年・1988年・1990年・1991年の映画館名簿では「ヤエスシネマ」。1988年の映画館名簿では経営会社が中映、経営者が牧原剛男、支配人が湯浅栄治、鉄筋造地下、163席、邦画を上映。1991年の映画館名簿では経営会社が中映、経営者が牧原剛男、支配人が伊東守之、鉄筋造地下、111席、邦画を上映。1992年の映画館名簿には掲載されていない。越前屋ビル地下。建物の越前屋ビルは現存。
並木座/銀座並木座
所在地 : 東京都中央区銀座西2-3(1955年・1958年)、東京都中央区銀座2-3(1960年・1963年・1966年)、東京都中央区銀座2-3-5(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・1998年)
開館年 : 1953年10月8日
閉館年 : 1998年9月22日
『全国映画館総覧 1955』によると1953年10月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「並木座」。1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・1998年の映画館名簿では「銀座並木座」。1998年の映画館名簿では経営会社が株式会社並木座、経営者が吉井博、支配人が長谷田康彦、鉄筋造地下、84席、成人映画を上映。2000年の映画館名簿には掲載されていない。三木ビル。建物の三木ビルは現存。

1953年10月、銀座の並木通りに「並木座」がオープンした。ほとんどの映画は一週間で公開を終えていたが、良質な作品を再鑑賞できる名画座として誕生した。毎年必ず一度は黒澤明、小津安二郎、溝口健二、成瀬巳喜男の特集上映が行われた。雑誌『ぴあ』が創刊された1972年〜1973年頃には若い世代の観客も多かった。1998年9月22日の閉館当日には観客が行列を作った。最終日の上映作品はいずれも成瀬巳喜男監督の『晩菊』と『おかあさん』。*8

銀座並木座に言及している雑誌記事として、「UPDATE 銀座名物の小型館『並木座』閉館で名画座の灯が消える」『週刊文春』1998年10月1日がある。現物は未確認。((「UPDATE 銀座名物の小型館『並木座』閉館で名画座の灯が消える」『週刊文春』1998年10月1日、p.40」)

銀座並木座に言及している雑誌記事として、「裏窓 74回 どうにもならないこと」『週刊読売』1998年10月11日がある。現物は未確認。*9

銀座並木座に言及している雑誌記事として、「今月のロンググッドバイ さようなら、並木座」『ターザン』1998年10月14日がある。現物は未確認。*10
松竹会館
所在地 : 東京都中央区銀座3-8(1958年)、東京都中央区築地3-8(1960年・1963年・1966年)、東京都中央区築地1-13-5(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・1998年)
開館年 : 1956年9月14日
閉館年 : 1999年2月11日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「松竹セントラル劇場・松竹中央劇場・築地東宝・松竹名画座」(4館)。1960年の映画館名簿では「松竹セントラル・松竹中央劇場・築地東宝・松竹名画座」(4館)。1963年の映画館名簿では「東京松竹セントラル・銀座松竹・銀座東宝・銀座名画座」(4館)。1966年・1969年の映画館名簿では「松竹セントラル・銀座日活・銀座大映」(3館)。1973年の映画館名簿では「松竹セントラル・銀座ロキシー・銀座東映」(3館)。1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「松竹セントラル・銀座ロキシー・銀座松竹」(3館)。1985年の映画館名簿では「松竹セントラル・松竹シネサロン・銀座松竹」(3館)。1990年・1995年・1998年の映画館名簿では「松竹セントラル1・2・3」。1998年の映画館名簿では経営会社が松竹、経営者が奥山融、支配人が保坂邦和、1が鉄筋造1階で1156席で洋画ロードショーを上映、2が鉄筋造1階で417席で松竹を上映、3が鉄筋造地下で185席で洋画を上映。2000年の映画館名簿には掲載されていない。建物名は松竹本社なども入っていた松竹会館。跡地は「銀座松竹スクエア」。

1960年7月29日、洋画ロードショー館「松竹セントラル劇場」は「東京松竹劇場」に改称して松竹封切館に転向した。1956年9月にパラマウント映画『山』で洋画ロードショーを開始し、『ポンペイ最後の日』まで52本を上映した。『戦争と平和』『昼下りの情事』『大いなる西部』『騎兵隊』などがヒットした。*11
テアトルニュース劇場/テアトルニュース・銀座東映/テアトル三原橋・銀座東映/テアトル三原橋・銀座東映劇場/銀座名画座・銀座地球座/銀座シネパトス1・2・3
所在地 : 東京都中央区銀座三原橋下(1955年・1958年・1960年)、東京都中央区銀座4-5(1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、東京都中央区銀座4-8-4(1978年・1980年・1985年)、東京都中央区銀座4-8-7(1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2012年)
開館年 : 1952年4月(テアトルニュース)、1967年(名画座・地球座)、1988年7月9日(シネパトス)
閉館年 : 2013年3月31日
『全国映画館総覧 1955』によると1952年4月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「テアトルニュース劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「テアトル・ニュース」と「銀座東映」(2館)。1963年の映画館名簿では「テアトル三原橋・銀座東映」(2館)。1966年の映画館名簿では「テアトル三原橋・銀座東映劇場」(2館)。1966年の映画館名簿ではテアトル三原橋の経営者が東京テアトル、銀座東映劇場の経営者が三陽興業、テアトル三原橋の支配人が遠山謙一、銀座東映劇場の経営者が樋代敬一、いずれも鉄筋造地下1階冷暖房付、テアトル三原橋が252席で混合・洋画を上映、銀座東映劇場が433席で東映を上映。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「銀座名画座・銀座地球座」(2館)。1969年の映画館名簿では経営者が恵通プロ、支配人が黛隆夫、鉄筋造地下1階冷暖房付、銀座名画座が252席で洋画を上映、銀座地球座が364席で成人映画・OPを上映。1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2012年の映画館名簿では「銀座シネパトス1・2・3」。2012年の映画館名簿では経営会社がヒューマックスシネマ、経営者が林瑞峰、支配人が鈴木伸英、いずれも鉄筋造地下、1が177席、2が130席、3が72席、いずれも邦画・洋画を上映。2015年の映画館名簿には掲載されていない。三原橋地下街地下1階。

1962年9月から1963年9月までに、東京都ではテアトル三原橋(中央区)、銀座東映(中央区)、牛込名画座(新宿区)、墨田大成館(墨田区)、自由ヶ丘松竹(目黒区)、帝都座(大田区)、コンパル映劇(葛飾区)、新小岩名画座(葛飾区)の8館が休館となった。同期間中には32館が廃館となっている。*12

1988年7月9日、ヒューマックスシネマによって「銀座シネパトス」が開館した。銀座名画座と銀座地球座の跡地。シネパトス1が200席、シネパトス2が144席、シネパトス3が81席。*13
銀座テアトル西友/銀座テアトルシネマ
所在地 : 東京都中央区銀座1-11-2(1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2012年)
開館年 : 1987年
閉館年 : 2013年5月31日
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「銀座テアトル西友」。2005年・2010年・2012年の映画館名簿では「銀座テアトルシネマ」。2012年の映画館名簿では経営会社が東京テアトル、経営者が前田稔、支配人が野崎千夏、鉄筋造5階、150席、洋画ロードショーを上映。2015年の映画館名簿には掲載されていない。銀座テアトルビル5階。跡地は「コナミグループ本店ビル」(旧銀座テアトルビル)。
丸の内東映劇場・丸の内東映パラス劇場/丸の内東映劇場・銀座シャンゼリゼ/丸の内東映劇場・丸の内シャンゼリゼ/丸の内TOEI 1・2
所在地 : 東京都中央区銀座西3-1(1963年・1966年)、東京都中央区銀座3-2-17(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1960年9月18日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 丸の内TOEI
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「丸の内東映・丸の内東映パラス」(2館)。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「丸の内東映劇場・丸の内東映パラス劇場」(2館)。1980年・1985年の映画館名簿では「丸の内東映劇場・丸の内東映パラス」(2館)。1990年の映画館名簿では「丸の内東映劇場・銀座シャンゼリゼ」(2館)。1995年・2000年の映画館名簿では「丸の内東映劇場・丸の内シャンゼリゼ」(2館)。2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「丸の内TOEI 1・2」(2館)。
東劇(新)
所在地 : 東京都中央区築地4-1-1(1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年)、東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル3階(2015年・2020年)
開館年 : 1975年
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 東京劇場
1975年の映画館名簿には掲載されていない。1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「東劇」。
銀座文化/銀座文化・銀座ニュー文化/銀座文化劇場・銀座ニュー文化劇場/銀座文化劇場/銀座文化1・2/シネスイッチ銀座・銀座文化劇場/シネスイッチ銀座1・2
所在地 : 東京都中央区銀座4丁目(1956年)、東京都中央区銀座4-4(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)、東京都中央区銀座4-4-5(1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1955年頃、1987年12月19日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : シネ・スイッチ銀座
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「銀座文化」。1960年の映画館名簿では「銀座文化・銀座ニュー文化」(2館)。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「銀座文化劇場・銀座ニュー文化劇場」(2館)。1969年の住宅地図では「銀座文化劇場・ニュー文化劇場」。1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「銀座文化劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「銀座文化1・2」(2館)。1990年・1995年の映画館名簿では「シネスイッチ銀座・銀座文化劇場」(2館)。2000年・2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「シネスイッチ銀座1・2」(2館)。
TOHOシネマズ日本橋
所在地 : 東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2-3階(2015年・2020年)
開館年 : 2014年3月20日
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2015年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ日本橋1-9」(9館)。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます