閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。



川口市

卓三館
所在地 : 埼玉県北足立郡川口町(1930年)、埼玉県川口市本町2-7(1936年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1936年以後1943年以前
1930年・1936年の映画館名簿では「卓三館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
川口日活館
所在地 : 埼玉県川口市本町2(1943年)
開館年 : 1936年以後1943年以前
閉館年 : 1943年以後1950年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「川口日活館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。
川口松竹映劇
所在地 : 埼玉県川口市寿町(1943年)
開館年 : 1936年以後1943年以前
閉館年 : 1943年以後1950年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「川口松竹映劇」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。
川口有楽劇場
所在地 : 埼玉県川口市仲町283(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の川口市全住宅案内図帳では「有楽座」。1960年の映画館名簿では「川口有楽劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「川口仲町郵便局」東南東70mにあるマンション「グランドール仲町」。最寄駅はJR京浜東北線川口駅。
鳩谷銀映
所在地 : 埼玉県北足立郡鳩谷町1153(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
川口名画座・川口中央劇場/川口日活・川口中央/川口ロマンス座・川口オリンピア劇場
所在地 : 埼玉県川口市幸町2-30(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「川口名画座・川口中央劇場」(2館)。1959年の川口市全住宅案内図帳では「川口名画座」と「川口中央劇場」。1960年の映画館名簿では「川口日活・川口中央」(2館)。1963年の映画館名簿では「川口ロマンス座・川口オリンピア劇場」(2館)。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1986年・1995年の住宅地図では跡地に22軒分の住宅地。跡地は「創価学会川口文化会館」東北東70mにある22軒分の住宅地。最寄駅はJR京浜東北線川口駅。
武蔵野館/川口武蔵野館
所在地 : 埼玉県川口市本町3-16(1950年・1953年・1955年)、埼玉県川口市本町1-16(1958年)、埼玉県川口市本町3-16(1960年・1963年)
開館年 : 1947年7月
閉館年 : 1963年以後1966年以前(ストリップ劇場転換)
『全国映画館総覧 1955』によると1947年7月開館。1950年の映画館名簿では「川口武蔵野館」。1953年・1955年の映画館名簿では「武蔵野館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「川口武蔵野館」。1959年の川口市全住宅案内図帳では「武蔵野館」。1963年以後1966年以前にストリップ劇場の川口ミュージック劇場に転換。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1970年の住宅地図では跡地に「川口ミュージック劇場」。1978年の住宅地図では跡地に「アキヤ」。1986年・1995年の住宅地図では跡地に「ウインザーハイム川口本町」。跡地は1982年竣工のマンション「ウインザーハイム川口本町」。最寄駅はJR京浜東北線川口駅。
川口日活劇場/川口銀座劇場
所在地 : 埼玉県川口市幸町176(1958年)、埼玉県川口市幸町2-7(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1973年以後1975年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「川口銀座劇場」。1959年の川口市全住宅案内図帳では「銀座劇場」。1969年の映画館名簿では「川口日活劇場」。1973年の映画館名簿では「川口銀座劇場」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の住宅地図では跡地に「東映ビル(川口東映マンション)1階丸悦ストアー」。1986年の住宅地図では跡地に「川口東映ビル(川口東映マンション)1階マルエツ幸町店」。1995年の住宅地図では跡地に「川口東映ビル 川口東映マンション」。跡地は「新鮮市場幸町店」が入る「川口東映ビル」。最寄駅はJR京浜東北線川口駅。
キリン館/川口松竹映画劇場/川口松竹1・2
所在地 : 埼玉県北足立郡川口町栄町(1930年)、埼玉県川口市栄町南3(1936年)、埼玉県川口市本町4(1943年)、埼玉県川口市本町4-193(1950年)、埼玉県川口市本町207(1953年)、埼玉県川口市本町4-193(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、埼玉県川口市本町4-3-3(1980年・1982年)
開館年 : 1918年、1945年4月
閉館年 : 1982年3月
『全国映画館総覧 1955』によると1945年4月開館。1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「キリン館」。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「川口松竹映画劇場」。1970年の住宅地図では「川口松竹映画」。1973年・1975年の映画館名簿では「川口松竹劇場」。1978年の住宅地図では「川口松竹」。1980年・1982年の映画館名簿では「川口松竹1・2」(2館)。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1986年・1995年の住宅地図では跡地に「住友生命川口ビル」。跡地は「トライ式高等学院川口キャンパス」が入る「明邦川口第8ビル」。最寄駅はJR京浜東北線川口駅。

川口市本町4-3には映画館「キリン館」があった。六間通りと銀座通りの交差点である。1918年に開館し、映画演芸劇場として親しまれた。昭和初期には労働運動や市民活動の会場にもなった。1946年3月に松竹の直営館となった。1982年3月に閉館した。*1
川口東映映画劇場/川口東映/川口東映劇場
所在地 : 埼玉県川口市錦町140(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、埼玉県川口市川口6-3-28(1980年・1985年・1990年1995年・)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1996年4月30日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「川口東映映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「川口東映」。1966年・1969年・1973年・1975年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「川口東映劇場」。1970年・1978年・1986年・1995年の住宅地図では「川口東映」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はJR京浜東北線川口駅。

1996年4月30日、川口市川口6丁目の映画館「川口東映劇場」が閉館する。施設の老朽化が理由。最盛期の川口市には8館の映画館があったが、成人映画館1館のみとなる。1955年に開館し、火災で焼失後には同じ場所に再建した。木造モルタル、224人収容。鋳物工場の従業員らでにぎわった。*2

1996年4月30日をもって、川口市川口6の映画館「川口東映劇場」が閉館する。施設の老朽化と経営不振が理由。1955年に二番館として開館して東映作品を上映していたが、間もなく火災で焼失したため、1957年に封切館として再開館した。1963年頃の川口市には8館の映画館があったが、初めて冷暖房を完備したのは川口東映劇場だった。5月には建物の取り壊しが始まり、跡地はとりあえず駐車場となる予定。*3
川口劇場/川口オークラ劇場/川口オークラ映劇
所在地 : 埼玉県北足立郡川口町金山町3(1930年)、埼玉県川口市金山町51-1(1936年)、埼玉県川口市金山町(1943年・1950年)、埼玉県川口市金山町5-1(1953年・1955年)、埼玉県川口市金山町51(1958年・1960年・1963年)、埼玉県川口市金山町7-6(1975年・1980年・1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1922年11月
閉館年 : 1998年5月10日
『全国映画館総覧 1955』によると1922年11月開館。1930年・1936年・1943年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「川口劇場」。1959年の川口市全住宅案内図帳では「川口劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1970年の住宅地図では「オークラ ボーリング場」。1975年・1980年・1985年の映画館名簿では「川口オークラ劇場」。1978年の住宅地図では「川口DX劇場 川口オークラ映画」。1986年・1995年の住宅地図では跡地に「川口オークラ映画劇場」。1990年・1995年の映画館名簿では「川口オークラ劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「アクシーズタワー川口次廖最寄駅はJR京浜東北線川口駅。

1955年頃の川口劇場の写真あり。『君ひとすじに』などの看板が見える。大正時代の川口には「卓三館」(たくみかん)、「キリン館」、「川口劇場」の3館の活動写真館があった。卓三館は戦時中の強制疎開で、キリン館は戦後の映画人気低迷で閉館した。戦後の一時期には川口劇場もボウリング場に改装されたが、その後「大蔵劇場」という映画館となった。*4

1918年(大正7年)の川口には「キリン館」(後の川口松竹映画劇場)が開館し、いずれも映画館の「川口劇場」や「卓三館」とともに親しまれた。1956年(昭和31年)には「川口劇場」(後の川口大蔵劇場)では新東宝の映画『君ひとすじに』」などが上映された。1998年(平成10年)にはこの映画館も閉館した。*5

川口市金山町には映画館「川口劇場」があった。開館年は不明だが大正末期からあったとされる。「キリン館」や「卓三館」(たくみかん)とともに親しまれた。昭和20年代後半には大映と東宝系の映画館だった。一時期はボウリング場に改装されたが、その後「大蔵劇場」という映画館となった。*6

1998年5月10日、川口市の成人映画専門館「川口オークラ劇場」が閉館する。20年前には観客の8割が学生だったが、現在の若者は成人映画を観ないとされる。観客は年配者が多く、60歳以上はシルバーチケットで割引がある。20年前の埼玉県には4館の成人映画館があったが、川口オークラ劇場の閉館で1館のみとなる。1995年には川口市から一般の映画館がなくなっており、川口オークラ劇場の閉館で人口46万人の川口市から映画館がなくなる。*7
MOVIX川口
所在地 : 埼玉県川口市並木元町1-17 リボンシティ・アリオ川口3階(2010年・2020年)
開館年 : 2005年11月29日
閉館年 : 営業中
1978年・1986年の住宅地図では後の映画館の場所に「サッポロビール川口工場」。1995年の住宅地図では後の映画館の場所に「サッポロビール埼玉工場」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2020年の映画館名簿では「MOVIX川口」(9館)。最寄駅はJR京浜東北線川口駅。

2005年11月29日、川口市並木元町のサッポロビール埼玉工場跡地に大型SV「アリオ川口」(Ario川口)が開店する。イトーヨーカ堂が管理する店舗では埼玉県2番目の店舗面積を持つ。サッポロビール跡地はリボンシティとして開発されており、リボンシティ内の約3万7000平方メートルの街区に出店した。核施設はイトーヨーカドー川口店であり、その他に103の専門店アリオモールがある。9スクリーン計1950席のシネコンもある。*8
イオンシネマ川口
所在地 : 埼玉県埼玉県川口市安行領根岸3180番地 イオンモール川口4階
開館年 : 2021年5月28日
閉館年 : 営業中
10スクリーンのシネコン。最寄駅は埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線鳩ヶ谷駅。

2021年5月28日、川口市安行領根岸のイオンモール川口4階に10スクリーンのシネコン「イオンシネマ川口」が開館する。イオンモール川口は同日にリニューアルオープンする。ノーマルシートから最上級のグランシアターのシートまで、全座席に飛沫防止と個人スペース確保のためのパーティションが設置される。前席にパーティションを設置する映画館は埼玉県初。*9

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます