「愛知県の映画館の総合情報サイト」であり、「日本の映画館の総合データベース」です。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


滋賀県の映画館

中島峰夫(著)『映画でおべんきょう』〈高校生のための社会科読本3〉かもがわ出版、2004年では、滋賀県の映画文化や滋賀県の映画館の変遷についてまとめられている。愛知県内の公共図書館では稲沢市祖父江の森図書館のみが所蔵している。

湖南

大津市

堅田昭和館
所在地 : 滋賀県滋賀郡堅田町(1969年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1969年以後1980年以前
1953年・1960年の映画館名簿では「昭和館」。1969年の映画館名簿では「堅田昭和館」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。
大津協映劇場
所在地 : 滋賀県大津市(1969年)
開館年 : 1960年以後1969年以前?
閉館年 : 1979年
1960年の映画館名簿には掲載されていないと思われる。1969年の映画館名簿では「大津協映劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。「公楽座」とも呼ばれた。「丸屋町商店街」にあった。
大黒座/大津大黒映画劇場/大黒映画劇場
所在地 : 滋賀県大津市長等2-8(1980年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1984年
1960年の映画館名簿では「大黒座」。1969年の映画館名簿では「大津大黒映画劇場」。1980年の映画館名簿では「大黒映画劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「グランドメゾン浜大津」。長等商店街にあった。
東洋映画劇場/石山東劇
所在地 : 滋賀県大津市栄町8-24(1980年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1980年以後1990年以前
1960年の映画館名簿では「東洋映画劇場」。1969年・1980年の映画館名簿では「石山東劇」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。石山商店街にあった。
石山映画劇場/石山映劇
所在地 : 滋賀県大津市栄町4-1(1980年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1980年以後1990年以前
1960年の映画館名簿に掲載されている「石山館」が後の石山映劇だと思われる。1969年の映画館名簿では「石山映画劇場」。1980年の映画館名簿では「石山映劇」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
アルプラ劇場
所在地 : 滋賀県大津市月輪1-3-8 アルプラザ瀬田4階(1990年)
開館年 : 1987年2月28日
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿では「アルプラ劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。1スクリーン97席のビデオシアター。
大津教育会館/教育会館
所在地 : 滋賀県大津市梅林1-4-15(1990年)
開館年 :
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1969年の映画館名簿では「大津教育会館」。1990年の映画館名簿では「教育会館」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
ラックホール
所在地 : 滋賀県大津市大津市今堅田2-40-10 ダイエー堅田店3階
開館年 : 1990年
閉館年 : 1999年8月30日
1999年8月31日、大津市堅田にある映画館「ラックホール」が閉館する。ダイエー堅田店内にある。1988年にイベントホールとして設置され、1990年に二番館の映画館となった。*1
滋賀会館シネマホール
所在地 : 滋賀県大津市京町3丁目4-22
開館年 : 1995年1月29日
閉館年 : 2010年3月31日
Wikipedia : 滋賀会館シネマホール
OTSU7シネマ/ユナイテッド・シネマ大津
所在地 : 滋賀県大津市打出浜14-30 Oh!Me大津テラス内
開館年 : 1996年11月
閉館年 : 営業中
1996年11月にOTSU7シネマとして開館。ユナイテッド・シネマの1号館である。2004年1月にユナイテッド・シネマ大津に改称。
浜大津アーカスシネマ/大津アレックスシネマ
所在地 : 滋賀県大津市浜町2-2-1
開館年 : 1998年4月
閉館年 : 営業中
2007年12月、東宝グループのTOHOシネマズは、大津市の浜大津アーカスシネマの営業を2008年1月25日で終了し、アレックスに事業譲渡すると発表した。映画興行会社の有限会社アレックスは滋賀県甲賀市(水口アレックスシネマ)や福井県敦賀市(敦賀アレックスシネマ)でシネコンを運営しており、大津市で3施設目となる。1月26日から1月31日は休館し、2月1日に大津アレックスシネマと改称して営業を再開する予定である。浜大津アーカスシネマは1998年4月に開館した5スクリーンのシネコンである。東宝グループの戦略の中で大津市からの撤退を決めたという。*2

草津市

草津シネマハウス
所在地 : 滋賀県草津市 JR草津駅前
開館年 : 1948年(文栄座)、1988年(草津シネマハウス)
閉館年 : 2007年7月31日
2007年9月末、滋賀県草津市唯一の映画館である草津シネマハウスが閉館する。1948年に角正太郎によって、前身の文栄座が1スクリーンで開館。1988年に5スクリーン計540席の現在の建物となり、文栄座から草津シネマハウスに改称した。2007年の閉館時には角正太郎の孫の角大介が社長だった。ピークの1997年には観客数が約30万人を記録したが、中心市街地にあって駐車場がないことや、近隣にシネコンが開館したことなどが響き、2006年は約15万人まで減少。さらに草津市にもシネコンの開館が計画されていることから、2007年春頃に閉館を決意した。*3

草津シネマハウスは滋賀県南部で唯一の本格的映画館。1994年5月の大型連休には『シンドラーのリスト』『クレヨンしんちゃん』『ミセス・ダウト』などの話題作を上映。立ち見の観客もあった。*4

1995年11月18日から映画誕生100周年を記念して、彦根市の「ひこね燦ぱれす」、草津市の「草津シネマハウス」、大津市の「大津市生涯学習センター」の3会場で「95年びわ湖シネマフェスタ」を開催。草津シネマハウスでは『午後の遺言状』、『エイジアン・ブルー』、『恋人までの距離』、『マディソン郡の橋』の4作品を上映し、新藤兼人監督が舞台挨拶を行う。*5

滋賀県で育った映画音楽作曲家・シンガーソングライターの世武裕子は、草津駅前の草津シネマハウスによく通ったという。アメリカ映画『スリーパーズ』を観た時は観客が一人だった。*6
ワーナー・マイカル・シネマズ草津/イオンシネマ草津
所在地 : 滋賀県草津市新浜町300 イオンモール草津3階
開館年 : 2008年11月26日
閉館年 : 営業中
2008年11月26日にワーナー・マイカル・シネマズ草津として開館。2013年7月にイオンシネマ草津に改称。

守山市

栗東市

野洲市

甲賀市

水口アレックスシネマ
所在地 : 滋賀県甲賀市水口町本綾野566-1 アル・プラザ水口内
開館年 : 2000年11月25日
閉館年 : 営業中

湖南市

湖東

彦根市

彦根市の映画館
東近江市立八日市図書館には、個人や団体が地域限定で自主発行する「リトルプレス」のコーナー「筏川」(いかだがわ)がある。2013年春に設置され、全国から集めた250冊が並んでいる。リトルプレスコーナーは全国の図書館でも珍しいという。彦根市の閉館した映画館を振り返る自主製作雑誌『かぜがたみ』、長野県の高齢者を追う『鶴と亀』、大阪府のビルの魅力を語る『月刊ビル』などがある。*7
第一劇場/彦根第一劇場/彦根第一会館
所在地 : 滋賀県彦根市河原町甲(1960年)
開館年 : 1946年10月10日
閉館年 : 1969年以後1980年以前
1950年の映画館名簿では「第一劇場」。1953年・1960年の映画館名簿では「彦根第一劇場」。1969年の映画館名簿では「彦根第一会館」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。

1946年10月10日には河原町に東宝劇場が開館し、すぐに第一劇場に改称した。1961年に改築を行い、食堂と喫茶店が併設された。1950年頃の写真あり。*8
真盛座/彦根東映真盛座/彦根協映劇場/彦根協映
所在地 : 滋賀県彦根市錦町1-24(1980年)
開館年 : 1945年以後
閉館年 : 1980年以後1990年以前
1950年・1953年の映画館名簿では「真盛座」。1960年の映画館名簿では「彦根東映真盛座」。1969年の映画館名簿では「彦根協映劇場」。1980年の映画館名簿では「彦根協映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

1945年11月30日に設立された彦根土地興行株式会社は、河原町の帝国館跡地に直営館として真盛座を開館させた。やがて彦根東映に改称し、さらに彦根協映に改称した。1959年(昭和34年)の写真あり。*9
彦根セントラル劇場/大映劇場/彦根セントラル劇場
所在地 : 滋賀県彦根市中央町中央町4-4(1990年)
開館年 : 1952年12月30日
閉館年 : 1990年以後1996年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていないと思われる。1960年・1969年・1980年・1990年の映画館名簿では「彦根セントラル劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

1952年12月30日には中央町の蓮華寺前にセントラル劇場が開館。1958年7月1日には大映劇場に改称したが、翌年の1959年7月1日にはセントラル劇場に戻した。1957年頃の写真あり。『白昼の対決』(1955年、アメリカ)の看板が見える。「どれでも面白ろいセントラルのお正月映画」〈面白ろいは原文ママ〉の文字も見える。*10
金城館/彦根映劇/彦根映画劇場
所在地 : 滋賀県彦根市四番町(1960年)、滋賀県彦根市本町1-10-6(1990年)
開館年 : 1950年以前、1953年
閉館年 : 1996年4月
1950年の映画館名簿では「彦根映画劇場」。1953年の映画館名簿では「彦根映劇」。1960年・1969年の映画館名簿では「彦根映画劇場」。1980年の映画館名簿では「彦根映劇」。1990年の映画館名簿では「彦根映画劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。彦根市最後の従来型映画館。通称「彦劇」。後継館は彦根ビバシティシネマ。

団鬼六は金城館の館主の息子であり、『オール読物』2002年6月号の「湖国の春」で金城館について書いている。
彦根ビバシティシネマ
所在地 : 滋賀県彦根市竹ヶ鼻町43-1 ビバシティ彦根3階
開館年 : 1996年
閉館年 : 営業中
2000年・2010年の映画館名簿では「彦根ビバシティシネマ1・2・3・4」。4スクリーンの複合映画館。前身は1953年開館の彦根映画劇場。

近江八幡市

武佐映画劇場
所在地 : 滋賀県近江八幡市末広町(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1960年の映画館名簿では「武佐映画劇場」。
武佐東映
所在地 : 滋賀県近江八幡市末広町(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1960年の映画館名簿では「武佐東映」。
常盤館/トキワ館
所在地 : 滋賀県近江八幡市宮内町(1960年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1950年の映画館名簿では「常盤館」。1953年の映画館名簿では「トキワ館」。1969年の映画館名簿には「八幡東映トキワ館」があり、トキワ館と八幡東映が経営統合した可能性がある。
八幡東映/八幡東映トキワ館/八幡東映/トキハ館
所在地 : 滋賀県近江八幡市仲尾町(1960年)、滋賀県近江八幡市仲屋町9(1990年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1960年の映画館名簿では「八幡東映」。1969年の映画館名簿では「八幡東映トキワ館」。1980年の映画館名簿では「八幡東映」。1990年の映画館名簿では「トキハ館」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
ワーナー・マイカル・シネマズ近江八幡/イオンシネマ近江八幡
所在地 : 滋賀県近江八幡市鷹飼町190-9 イオン近江八幡ショッピングセンター2番街4階
開館年 : 2000年10月6日
閉館年 : 営業中
2000年10月6日にワーナー・マイカル・シネマズ近江八幡として開館。2013年7月にイオンシネマ近江八幡に改称。

東近江市

八日市シネマ
所在地 : 滋賀県八日市市金屋1丁目6番9号
開館年 : 1960年1月
閉館年 : 1972年
1960年・1969年の映画館名簿では「八日市シネマ」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。八日市東映劇場と八日市シネマは隣接地にあり、もともとは経営者が異なっていたが、のちに経営統合された。
清楽館/大正座/八日市東映大正座/八日市東映劇場
所在地 : 滋賀県八日市市金屋1丁目6番9号
開館年 : 1957年(八日市東映大正座)
閉館年 : 1970年
Wikipedia : 八日市東映劇場
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の映画館名簿では「八日市東映劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。八日市東映劇場と八日市シネマは隣接地にあり、もともとは経営者が異なっていたが、のちに経営統合された。
協楽映画劇場・昭和映画劇場/八日市協楽映画劇場・八日市昭和映劇/八日市協映・昭和映劇/八日市協映・昭栄劇場
所在地 : 滋賀県八日市市浜野町(1960年)滋賀県八日市市本町10-2(1980年・1990年)
開館年 : 1940年、1978年(新築移転)
閉館年 : 1996年
Wikipedia : 八日市協楽映画劇場
1960年の映画館名簿では「協楽映画劇場・昭和映画劇場」(2館)。1969年の映画館名簿では「八日市協楽映画劇場・八日市昭和映劇」(2館)。1980年の映画館名簿では「八日市協映・昭和映劇」(2館)。1990年の映画館名簿では「八日市協映・昭栄劇場」(2館)。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

愛知郡愛荘町

愛映劇場
所在地 : 滋賀県愛知郡愛知川町(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1960年の映画館名簿では「愛映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

犬上郡甲良町

映画館名簿によると甲良町に映画館はなかったと思われる。

犬上郡多賀町

映画館名簿によると多賀町に映画館はなかったと思われる。

犬上郡豊郷町

映画館名簿によると豊郷町に映画館はなかったと思われる。

蒲生郡日野町

日野映画劇場
所在地 : 滋賀県蒲生郡日野町大窪(1960年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1960年の映画館名簿では「日野映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

蒲生郡竜王町

映画館名簿によると竜王町に映画館はなかったと思われる。

湖北

長浜市

長浜市の映画館
1921年(大正10年)には南呉服町の日比研究劇場、高田町の新清館、神前町の長浜劇場と、映画館が相次いで開館した。館名は不明だが昭和初期の長浜市の映画館前で撮影した写真あり。*11
日吉座
所在地 : 滋賀県伊香郡木之本町(1960年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1950年・1953年・1960年の映画館名簿では「日吉座」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。
長浜映画劇場
所在地 : 滋賀県長浜市永保町(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1980年以前
1969年の映画館名簿では「長浜映画劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。
長浜東映劇場/長浜東映
所在地 : 滋賀県長浜市元浜町1-2(1980年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1980年以後1990年以前
1960年の映画館名簿では「長浜東映」。1969年の映画館名簿では「長浜東映劇場」。1980年の映画館名簿では「長浜東映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「滋賀銀行長浜駅前代理店」。

1915年(大正4年)に下郷共済会が御大典記念に建てた私立図書館「下郷共済会文庫」の建物を、戦後から長浜東映劇場が使用していた。長浜東映劇場の廃業後に建物は取り壊され、跡地は滋賀銀行長浜駅前代理店となっている。*12
長浜楽市ドライブインシアター
所在地 : 滋賀県長浜市八幡東町9-1(1990年)
開館年 : 1988年または1989年
閉館年 : 1998年
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿では「長浜楽市ドライブインシアター」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「西友長浜楽市店」。

西友長浜楽市店の開店は1988年3月31日だが、ドライブインシアターは遅れて設置されたらしい。1998年1月27日付『読売新聞』滋賀版には、長浜楽市ドライブインシアターが10年の歴史に幕を閉じるとする記事が掲載されているらしい。現物は未確認。
長栄座/長浜協映劇場/長浜協映
所在地 : 滋賀県長浜市横町(1960年)、滋賀県長浜市元浜町6-8(1990年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1990年以後1996年以前
1960年の映画館名簿では「協映劇場」。1969年の映画館名簿では「長浜協映劇場」。1980年・1990年の映画館名簿では「長浜協映」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。「松竹館」とも呼ばれた。長浜市最後の常設型映画館。跡地は「横町月極駐車場」。

1883年(明治16年)に開館した劇場の長栄座が全身。浜京極商店街の中央部にあった。1976年(昭和51年)には浜京極商店街にアーケードが設置されている。長浜市最後の映画館である。閉館後の1996年(平成8年)には建物が北近江秀吉博覧会のパビリオンとして利用され、その後取り壊された。跡地は横町月極駐車場。昭和20年代の長栄座付近の写真あり。*13

米原市

遊楽館
所在地 : 滋賀県坂田郡醒井村(1950年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1950年以後1960年以前
1950年の映画館名簿では「遊楽館」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

湖西

高島市

栄楽座
所在地 : 滋賀県高島郡今津町(1960年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1950年・1953年・1960年の映画館名簿では「栄楽座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
安曇川映画劇場
所在地 : 滋賀県高島郡安曇川町西万木(1960年)、滋賀県高島郡安曇川町(1969年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1980年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1969年の映画館名簿では「安曇川映画劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。高島市最後の映画館。現在の所在地は高島市安曇川町西万木797-1?

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます