閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


滋賀県の映画館

中島峰夫(著)『映画でおべんきょう』〈高校生のための社会科読本3〉かもがわ出版、2004年では、滋賀県の映画文化や滋賀県の映画館の変遷についてまとめられている。愛知県内の公共図書館では稲沢市祖父江の森図書館のみが所蔵している。

湖南

大津市

近江館/大津キネマ/帝国キネマ/新興キネマ/大津東宝/大勝館/昭劇
所在地 : 滋賀県大津市(1953年)、滋賀県大津市上京町16-1(1955年)
開館年 : 1922年
閉館年 : 1955年頃
『全国映画館総覧 1955』では1947年7月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「大勝館」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大津フィジカルクラブ」。

1922年(大正11年)には大津市の札ノ辻にある大津市役所跡地に3階建ての「近江館」が開館。1階は土産物店、2階はカフェ「パウリスタ」と映画館、3階は展望台であり、大正時代としてはハイカラな建物だった。最後は「昭劇」という名称であり、1955年頃に閉館してスーパーマーケットとなった。現在の大津フィジカルクラブの場所である。昭劇の写真あり。『キネマ旬報』1955年5月号(第118号)に掲載されている。*1
稲荷座/帝国館/大津日活館/大津日活/大津東映/有楽座
所在地 : 滋賀県大津市(1953年)、滋賀県大津市甚七町161(1955年)、滋賀県大津市甚七町16(1960年・1963年)
開館年 : 1943年5月
閉館年 : 1963年
『全国映画館総覧 1955』では1943年5月開館。1950年の映画館名簿では「大津日活館」。1953年・1955年の映画館名簿では「大津日活」。1960年の映画館名簿では「大津東映」。1963年の映画館名簿では「有楽座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「パテシオン大津アクアテラス」。

昭和10年代の「帝国館」の写真あり。大津市にあった映画館。浜通りの旧甚七町にあった芝居小屋の「稲荷座」が前身。「帝国館前」というバス停もあった。「有楽座」や「大津映画劇場」などと改称し、1963年に閉館した。*2

大津市の石場甚七町には「有楽座」があり、よく東映の時代劇を観に行った。1階は椅子席であり、2階は畳敷きだったようである。有楽座は1963年に閉館した。当時の有楽座周辺は、パチンコ屋・大衆食堂・飲み屋・遊郭の石場新地などもあって繁栄していた。有楽座の写真あり。*3

明治時代、石場の甚七町に芝居小屋「稲荷座」が開館した。1920年(大正9年)には「帝国館」に改称し、戦後には「大津映画劇場」(大津日活劇場)や「有楽座」(大津東映)に改称した。1963年(昭和38年)に閉館した。*4
昭和館/堅田昭和館
所在地 : 滋賀県滋賀郡堅田町(1953年・1955年)、滋賀県滋賀郡堅田町本堅田(1960年)、滋賀県滋賀郡堅田町158982(1963年)、滋賀県滋賀郡堅田町1589-2(1966年・1969年)
開館年 : 昭和初期、1943年2月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』では1943年2月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1960年・1963年の映画館名簿では「昭和館」。1966年・1969年の映画館名簿では「堅田昭和館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和初期から昭和30年代中頃まで、大津市堅田地区には昭和館があった。道路を挟んで正面には堅田湯があった。1978年(昭和53年)に昭和館の建物が解体されている。写真あり。*5
桃廼屋/朝日座/朝日劇場/松竹座/大津新興/公楽座/大津協映劇場
所在地 : 滋賀県大津市(1953年)、滋賀県大津市丸屋町5(1955年・1960年・1963年)、滋賀県大津市中央1-8-9(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1872年
閉館年 : 1979年
『全国映画館総覧 1955』では1947年7月開館。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「公楽座」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「大津協映劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。「丸屋町商店街」にあった。

1872年(明治5年)に劇場「桃廼屋」(もものや)が開館した。1899年(明治32年)には「朝日座」に改称、1930年(昭和5年)には「朝日劇場」に改称、1933年(昭和8年)には「松竹座」に改称、1937年(昭和12年)頃には「大津新興」に改称。戦後には「公楽座」や「大津協映劇場」に改称している。1979年(昭和54年)に閉館し、2004年現在は「丸屋町プラザ」という飲み屋街となっている。公楽座の写真あり。*6
大黒座/大津大黒映画劇場/大黒映画劇場
所在地 : 滋賀県大津市(1950年・1953年)、滋賀県大津市石橋町14(1955年・1960年・1963年)、滋賀県大津市長等2-8-6(1966年・1969年・1973年)、滋賀県大津市長等2-8(1980年)
開館年 : 1889年
閉館年 : 1983年12月
『全国映画館総覧 1955』では1947年7月開館。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「大黒座」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「大津大黒映画劇場」。1980年の映画館名簿では「大黒映画劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「グランドメゾン浜大津」。長等商店街にあった。

1889年(明治22年)には大津市小川町に芝居小屋「大黒座」が開館し、その後大津市石橋町に移転した。やがて映画館となったが、大黒座という名称は変わっていない。1983年12月に閉館し、2004年現在はグランドメゾン浜大津というマンションが建っている。大黒座の写真あり。『キネマ旬報』1955年5月号(第118号)に掲載されている。*7

昭和40年代の大黒座の写真あり。「毎週土曜日オールナイト」の看板が見える。1889年(明治22年)開館の同名の芝居小屋が前身。旧石橋町に移転すると映画上映が主となったが、1984年(昭和59年)に閉館した。長等商店街の「グランドメゾン浜大津」の場所にあった。*8

1984年6月5日付『産経新聞』滋賀版には、大津市の老舗映画館「大黒映劇」が閉館したという記事が掲載されている。現物は未確認。*9
東洋映画/東洋映画劇場/東洋劇場/石山東洋劇場/石山東劇
所在地 : 滋賀県大津市石山鳥居川町栄町2-158(1955年)、滋賀県大津市石山鳥居川町(1960年)、滋賀県大津市石山鳥居川栄町2-156(1963年)、滋賀県大津市栄町2-156(1966年・1969年・1973年)、滋賀県大津市栄町8-24(1980年・1985年)
開館年 : 1952年5月
閉館年 : 1985年10月
『全国映画館総覧 1955』では1952年5月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「東洋劇場」。1955年の映画館名簿では「東洋映画」。1960年の映画館名簿では「東洋映画劇場」。1963年の映画館名簿では「東洋劇場」。1966年の映画館名簿では「石山東洋劇場」。1969年・1973年・1980年・1985年の映画館名簿では「石山東劇」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。石山商店街にあった。跡地は「大津市栄町駐車場」。

東レの企業城下町である大津市石山地区には、石山映画劇場とともに石山東劇(石山東洋映画劇場)があった。石山東劇は石山映画劇場より1年早く、1985年(昭和60年)8月に閉館した。2004年現在の跡地は大津市サービス公社栄町駐車場となっている。石山東劇の写真あり。『キネマ旬報』1955年5月号(第118号)に掲載されている。*10
石山館/石山映画劇場/石山映劇
所在地 : 滋賀県大津市栄町4-1(1950年・1953年)、滋賀県大津市石山鳥居川町(1955年・1960年・1963年)、滋賀県大津市栄町4-1(1966年・1969年・1973年・1980年・1985年)
開館年 : 1938年頃、1953年4月
閉館年 : 1986年9月23日
『全国映画館総覧 1955』では1953年4月開館。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「石山館」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「石山映画劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「石山映劇」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

1938年(昭和13年)頃、大津市石山の東レ正門から下った場所に映画館「石山館」が開館した。1927年(昭和2年)に操業を開始した東レ滋賀事務所とともに反映した。当初は石山商店街の多喜商店側に入口があったが、のちに東レ側に変更されている。石山映画劇場は1986年(昭和61年)9月23日に閉館し、2004年現在の跡地は伊豆蔵医院となっている。*11

1986年10月2日付『産経新聞』滋賀版には、9月に石山映劇が閉館したという記事が掲載されている。現物は未確認。*12
大津教育会館/教育会館
所在地 : 滋賀県大津市東浦大蔵町(1963年)、滋賀県大津市梅林1-4-15(1966年・1969年・1973年)、滋賀県大津市梅林1-4(1980年・1985年)、滋賀県大津市梅林1-4-15(1990年)
開館年 : 1960年以後1963年以前? 1964年頃?
閉館年 : 1994年6月12日
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「教育会館」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「大津教育会館」。1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「教育会館」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。

1994年6月12日、大津市唯一の映画館「教育会館」が閉館する。観客数の低迷に加えて、支配人の死去も理由。都道府県庁所在地から常設映画館がなくなるのは全国初。大阪府東大阪市に本社を置く永和興業が運営している。永和興業は大津市で5館、彦根市で1館を経営していたが、現在は教育会館のみとなっていた。約30年前、財団法人滋賀県教育会館の中にテナントとして映画館が開館した。1994年5月には支配人兼映写技師の山極照夫が病死し、映写技師を新たに確保するのが困難となっていた。大津市から常設映画館はなくなったが、ドライブインシアターが1館ある。*13

昭和40年代の教育会館にあった映画館の写真あり。1960年、滋賀県庁の西側に開館した。収容人員は470人であり、洋画も邦画も上映した。運営は永和興業。1994年に閉館した。*14

1964年(昭和39年)、大阪府東大阪市の永和興業が財団法人滋賀県教育会館大ホールを賃借して映画館が開館。1994年(平成6年)6月に支配人の山極照夫が死去したこともあり、同年6月12日に閉館した。これによって大津市から常設映画館がなくなった。半年後の1995年(平成7年)1月には「滋賀会館シネマホール」が開館することとなる。*15

杉藤靖美『浪花のラストショー』(恒文社、2001年)は、映画館の支配人を務めた杉藤靖美の自伝である。杉藤の父親は八尾市で映画館の経営を始め、滋賀県・和歌山県・岡山県を含めて最盛期には30館以上の映画館を経営していた。1972年には長女の杉藤靖美が10館の経営を引き継いだが、1994年には最後に残った滋賀県大津市の映画館を閉館させた。*16
アルプラ劇場/瀬田アルプラ劇場
所在地 : 滋賀県大津市月輪1-3-8 アルプラザ瀬田4階(1990年・1995年)
開館年 : 1987年2月28日
閉館年 : 1995年以後2000年以前
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿では「アルプラ劇場」。1995年の映画館名簿では「瀬田アルプラ劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。1スクリーン97席のビデオシアター。
びわ湖パラダイスドライブインシアター
所在地 : 滋賀県大津市茶ヶ崎4-3(1995年)、滋賀県大津市茶が崎4-3 びわ湖パラダイス(閉館時)
開館年 : 1993年8月末頃
閉館年 : 1998年
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年の映画館名簿では「びわ湖パラダイスドライブインシアター」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。ドライブインシアター。

このほど、大津市茶ケ崎の総合レジャーランド「びわ湖パラダイス」に、洋画専門のドライブインシアター「トワイライト・クルーザー」がオープンした。名称は夕景の琵琶湖に浮かぶクルーザーをイメージしている。収容台数は約120台であり、昼間はこれまで通り駐車場として使用される。滋賀県のドライブインシアターは長浜市の長浜楽市に次いで2番目である。スクリーンの横幅は約18メートル、縦幅は約7.2メートルであり、関西地方最大だという。日曜から木曜までと祝日は、19時50分からの1日1回上映。金曜と土曜は、19時50分からと22時からの1日2回上映。料金は1台3500円。当面の上映作品はキャロル・バラード監督の『ウインズ』。*17
ドライブインシアターMOVIX
所在地 : 滋賀県大津市におの浜4丁目7-7 大津プリンスホテル駐車場
開館年 : 1995年8月5日
閉館年 : 不明
ドライブインシアター。1990年・1995年・2000年の映画館名簿には掲載されていない。
堅田ラックホール
所在地 : 滋賀県大津市今堅田2-40-10 ダイエー堅田店3階
開館年 : 1989年5月
閉館年 : 1999年8月30日
1990年・1995年・2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「イズミヤ堅田店」。

1999年8月31日、大津市堅田にある映画館「ラックホール」が閉館する。ダイエー堅田店内にある。1988年にイベントホールとして設置され、1990年に二番館の映画館となった。*18

2000年11月、大津市堅田2のダイエー堅田店3階にある「堅田ラックホール」が映画の上映を再開した。1988年11月にイベントホールとして開設され、1989年5月から映画の上映を行っていた。琵琶湖西岸で唯一の映画館だったが、大津市内にシネコンが相次いで開館したこともあり、1999年8月30日をもって閉館していた。運営は京都市の企画上映会社「RCS」。*19
滋賀会館/県立滋賀会館/大津県立滋賀会館/滋賀会館シネマホール
所在地 : 滋賀県大津市東浦1(1960年)、滋賀県大津市東浦一番町3(1963年)、滋賀県大津市京町3-4-33(1966年・1969年・1973年)、滋賀県大津市京町3丁目4-22(2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1955年以後1960年以前(滋賀会館)、1995年1月29日(滋賀会館シネマホール)
閉館年 : 1973年以後1980年以前(滋賀会館)、2010年3月31日(滋賀会館シネマホール)
Wikipedia : 滋賀会館シネマホール
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「滋賀会館」。1963年の映画館名簿では「県立滋賀会館」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「大津県立滋賀会館」。1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「滋賀会館シネマホール」。2015年の映画館名簿には掲載されていない。
OTSU7シネマ/ユナイテッド・シネマ大津
所在地 : 滋賀県大津市打出浜14-30 大津パルコ7階(2000年・2005年・2010年・2015年)、滋賀県大津市打出浜14-30 Oh!Me大津テラス内(現在)
開館年 : 1996年11月
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。1996年11月にOTSU7シネマとして開館。ユナイテッド・シネマの1号館である。2000年の映画館名簿では「OTSU 7シネマ1-7」(7館)。2004年1月にユナイテッド・シネマ大津に改称。2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマ大津1-7」(7館)。
浜大津アーカスシネマ/大津アレックスシネマ
所在地 : 滋賀県大津市浜町2-1 浜大津アーカス4階(2000年・2005年・2010年・2015年)、滋賀県大津市浜町2-2-1(現在)
開館年 : 1998年4月
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年の映画館名簿では「浜大津アーカスシネマ1-5」(5館)。2010年・2015年の映画館名簿では「大津アレックスシネマ1-5」(5館)。

2007年12月、東宝グループのTOHOシネマズは、大津市の浜大津アーカスシネマの営業を2008年1月25日で終了し、アレックスに事業譲渡すると発表した。映画興行会社の有限会社アレックスは滋賀県甲賀市(水口アレックスシネマ)や福井県敦賀市(敦賀アレックスシネマ)でシネコンを運営しており、大津市で3施設目となる。1月26日から1月31日は休館し、2月1日に大津アレックスシネマと改称して営業を再開する予定である。浜大津アーカスシネマは1998年4月に開館した5スクリーンのシネコンである。東宝グループの戦略の中で大津市からの撤退を決めたという。*20

草津市

大正座/草津映画劇場
所在地 : 滋賀県草津市本町2丁目(1960年・1963年)
開館年 : 1924年(大正座)、1956年(草津映画劇場)
閉館年 : 1963年
Wikipedia : 大正座 (草津市)
草津市初の映画館。1960年・1963年の映画館名簿では「草津映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

草津市には映画館が2館あった。大路井の「文栄座」と、草津2丁目の本町筋の路地を西に入った場所の「大正座」である。1946年頃の大正座の写真あり。「娯楽殿堂」の看板が見える。映画上映前に行われた紙芝居に子供たちが集まっている。1955年頃の大正座と菓子屋の写真あり。佐伯幸三監督作『裁かれる十代』の看板が見える。正面はかつての料理旅館「魚竹楼」である。2005年現在はひっそりとした路地である。*21
文栄映画劇場/草津東映劇場/草津東宝劇場/草津グリーン劇場/グリーン劇場
所在地 : 滋賀県草津市大路井町537(1960年・1963年)、滋賀県草津市大路1-4-30(1966年・1969年・1973年)、滋賀県草津市大路1-2(1980年・1985年)、滋賀県草津市大路1-4-30(1990年)
開館年 : 1927年
閉館年 : 1993年
Wikipedia : 草津グリーン劇場
1927年開館。1956年文栄映画劇場改称。1959年草津東映劇場改称。1960年・1963年の映画館名簿では「草津東映」。1966年の映画館名簿では「草津東映劇場」。1967年草津東宝劇場改称。1969年の映画館名簿では「草津東宝劇場」。1972年草津グリーン劇場改称。1973年・1980年の映画館名簿では「草津グリーン劇場」。1985年・1990年の映画館名簿では「グリーン劇場」。1993年閉館。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「アーバンホテル草津」。
草津第二映画劇場/草津第二映劇/第二劇場/草津スターホール・草津シネマハウス1・2/草津シネマハウス1-5
所在地 : 滋賀県草津市大路井町(1960年・1963年)、滋賀県草津市大路1-2-14(1966年・1969年・1973年)、滋賀県草津市大路1-4(1980年)、滋賀県草津市大路1-2-14(1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1948年(文栄座)、1988年(草津シネマハウス)
閉館年 : 2007年7月31日
Wikipedia : 草津シネマハウス
『全国映画館総覧 1955』では1948年8月開館。1956年草津第二映画劇場として開館。1960年の映画館名簿では「草津第二映画劇場」。1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「草津第二映劇」。1980年・1985年の映画館名簿では「第二劇場」。1988年3スクリーン化して草津スターホール・草津シネマハウス1・2に改称。1990年・1995年の映画館名簿では「草津スターホール・草津シネマハウス1・2」(3館)。1996年5スクリーン化して草津シネマハウス1-5に改称。2000年・2005年の映画館名簿では「草津シネマハウス1-5」(5館)。2007年9月30日閉館。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2007年9月末、滋賀県草津市唯一の映画館である草津シネマハウスが閉館する。1948年に角正太郎によって、前身の文栄座が1スクリーンで開館。1988年に5スクリーン計540席の現在の建物となり、文栄座から草津シネマハウスに改称した。2007年の閉館時には角正太郎の孫の角大介が社長だった。ピークの1997年には観客数が約30万人を記録したが、中心市街地にあって駐車場がないことや、近隣にシネコンが開館したことなどが響き、2006年は約15万人まで減少。さらに草津市にもシネコンの開館が計画されていることから、2007年春頃に閉館を決意した。*22

草津シネマハウスは滋賀県南部で唯一の本格的映画館。1994年5月の大型連休には『シンドラーのリスト』『クレヨンしんちゃん』『ミセス・ダウト』などの話題作を上映。立ち見の観客もあった。*23

1995年11月18日から映画誕生100周年を記念して、彦根市の「ひこね燦ぱれす」、草津市の「草津シネマハウス」、大津市の「大津市生涯学習センター」の3会場で「95年びわ湖シネマフェスタ」を開催。草津シネマハウスでは『午後の遺言状』、『エイジアン・ブルー』、『恋人までの距離』、『マディソン郡の橋』の4作品を上映し、新藤兼人監督が舞台挨拶を行う。*24

滋賀県で育った映画音楽作曲家・シンガーソングライターの世武裕子は、草津駅前の草津シネマハウスによく通ったという。アメリカ映画『スリーパーズ』を観た時は観客が一人だった。*25
ワーナー・マイカル・シネマズ草津/イオンシネマ草津
所在地 : 滋賀県草津市新浜町300 イオンモール草津3階
開館年 : 2008年11月26日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2008年11月26日にワーナー・マイカル・シネマズ草津として開館。2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ草津」(9館)。2013年7月にイオンシネマ草津に改称。2015年の映画館名簿では「イオンシネマ草津1-9」(9館)。

守山市

大黒座/守山映画劇場
所在地 : 滋賀県野洲郡守山町(1950年・1953年)、滋賀県野洲郡守山町吉身(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1929年(大黒座)、1953年12月(守山映画劇場)
閉館年 : 1973年
Wikipedia : 守山映画劇場
『全国映画館総覧 1955』では1953年12月開館。1950年・1953年の映画館名簿では「大黒座」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「守山映画劇場」。1975年の弘報社住宅地図では70m北に「守山第二映画劇場」が掲載されているが関連は不明。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。

栗東市

映画館名簿によると栗東市に映画館は存在しなかったと思われる。

野洲市

野洲映画劇場
所在地 : 滋賀県野洲郡野洲町小篠原(1960年・1963年)
開館年 : 1953年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「野洲映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

甲賀市

信楽中央劇場
所在地 : 滋賀県甲賀郡信楽町長野(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「信楽中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
信楽映劇/信楽映画劇場/信楽映画劇場・信楽小劇場
所在地 : 滋賀県甲賀郡信楽町長野(1955年)、滋賀県甲賀郡信楽町(1960年)
開館年 : 1947年
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』では1947年開館。1950年の映画館名簿では「信楽映劇」。1955年の映画館名簿では「信楽映画劇場」。1960年の映画館名簿では「信楽映画劇場・信楽小劇場」(2館)。1963年・1966年の映画館名簿では「信楽映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「植西設備」。
パール映画劇場/パール劇場
所在地 : 滋賀県甲賀郡甲賀町923(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「パール映画劇場」。1963年の映画館名簿では「パール劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
水口劇場/水口映画劇場
所在地 : 滋賀県甲賀郡水口町大字水口(1955年)、滋賀県甲賀郡水口町(1960年)、滋賀県甲賀郡水口町水口2400(1969年)、滋賀県甲賀郡水口町本町2-2-37(1973年)
開館年 : 1949年3月
閉館年 : 1973年以後1977年以前
『全国映画館総覧 1955』では1949年3月開館。1955年の映画館名簿では「水口劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「水口映画劇場」。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。
水口銀座映画劇場/水口銀映
所在地 : 滋賀県甲賀郡水口町3233(1960年・1963年)、滋賀県甲賀郡水口町保町(1966年・1969年・1973年・1977年・1980年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1977年の映画館名簿では「水口銀座映画劇場」。1980年の映画館名簿では「水口銀映」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。
水口アレックスシネマ
所在地 : 滋賀県甲賀市水口町本綾野566-1 アル・プラザ水口内
開館年 : 2000年11月25日
閉館年 : 営業中
2000年11月25日、水口町の国道1号沿いに大型ショッピングセンター「アル・プラザ水口」がオープンする。核となるのは平和堂水口店。5階建ての本棟と2階建ての別棟からなり、別棟の2階には映画館やアミューズメントスペースなどが入る。*26

湖南市

下田映画劇場
所在地 : 滋賀県甲賀郡甲西町下田(1960年・1963年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「下田映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

湖東

彦根市

彦根市の映画館
1964年(昭和39年)現在の彦根市には、「彦根映画劇場」、「真盛座」、「第一劇場」、「セントラル劇場」、「彦根大劇」の5館がある。*27

東近江市立八日市図書館には、個人や団体が地域限定で自主発行する「リトルプレス」のコーナー「筏川」(いかだがわ)がある。2013年春に設置され、全国から集めた250冊が並んでいる。リトルプレスコーナーは全国の図書館でも珍しいという。"彦根市の閉館した映画館" を振り返る自主製作雑誌『かぜがたみ』、長野県の高齢者を追う『鶴と亀』、大阪府のビルの魅力を語る『月刊ビル』などがある。*28
彦根大劇
所在地 : 滋賀県彦根市餌指町7(1958年)、滋賀県彦根市餌指町5117(1960年)、滋賀県彦根市餌指町17-5(1963年)
開館年 : 1956年11月7日
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「彦根大劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大和証券彦根支店ビル」付近。

1956年(昭和31年)11月7日、有限会社寿興行が駅前通りに「彦根大劇」を新築した。こけら落としとして歌手の田畑義夫が出演している。彦根市唯一の洋画封切館である。*29
東宝劇場/第一劇場/彦根第一劇場/彦根第一会館
所在地 : 滋賀県彦根市(1950年)、滋賀県彦根市川原町甲72(1953年・1955年)、滋賀県彦根市川原町甲75(1958年)、滋賀県彦根市川原町甲(1960年)、滋賀県彦根市川原町甲72(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1946年10月10日
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』では1946年10月開館。1950年の映画館名簿では「第一劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「彦根第一劇場」。1958年の映画館名簿では「第一劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「彦根第一劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「彦根第一会館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1970年弘報社住宅地図では発見できず。跡地は「滋賀銀行彦根支店」西のパチンコ店「銀座会館」廃墟。映画館時代の建物が現存している可能性がある。最寄駅はJR琵琶湖線・近江鉄道彦根駅。

1946年10月10日、有限会社新興劇場が彦根市の川原町に「東宝劇場」を開館させ、すぐに「第一劇場」に改称した。1954年6月、寿興行有限会社が第一劇場を買収し、1961年4月に改築して第一会館とした。食堂や喫茶店が併設され、2階が映画館となった。*30

1946年10月10日には彦根市の河原町に「東宝劇場」が開館し、すぐに「第一劇場」に改称した。1961年に改築を行い、食堂と喫茶店が併設された。1950年頃の写真あり。*31

1955年頃の彦根市にあった「第一劇場」の写真あり。1946年10月10日、有限会社新興劇場が彦根市川原町(現・銀座町)に「東宝劇場」として開館させた。1954年には寿興行有限会社が買収し、1961年4月に「第一会館」に改装した。食堂や喫茶店が併設され、2階が映画館だった。*32

1947年の「第一劇場」の写真あり。1946年10月10日に「東宝劇場」として開館し、間もなく「第一劇場」に改称した。1961年に食堂や喫茶店を併設した「第一会館」が建ち、2階が映画館となった。*33

1955年頃の彦根市河原町の第一劇場付近の写真。第一劇場が開館した頃であり、アーケードはまだなかった。閉館後の一時期は「厚生会スーパー」となり、2004年現在はパチンコ店「銀座会館」となっている。*34
真盛座/彦根東映真盛座/彦根協映劇場/彦根協映
所在地 : 滋賀県彦根市(1950年)、滋賀県彦根市川原町甲67(1953年)、滋賀県彦根市川原町甲66(1955年)、滋賀県彦根市川原町甲67(1958年・1960年)、滋賀県彦根市川原町甲72(1963年)、滋賀県彦根市川原町甲67(1966年・1969年)、滋賀県彦根市錦町1-24(1973年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1946年11月
閉館年 : 1988年以後1990年以前
『全国映画館総覧 1955』では1946年11月開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「真盛座」。1958年の映画館名簿では「彦根東映」。1960年・1963年の映画館名簿では「彦根東映真盛座」。1966年・1969年・1973年・1977年の映画館名簿では「彦根協映劇場」。1970年・1979年弘報社住宅地図では「彦根協映」。1980年・1985年の映画館名簿では「彦根協映」。1985年・1988年ゼンリン住宅地図では「彦根協映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1992年ゼンリン住宅地図では跡地に空き地。1995年ゼンリン住宅地図では跡地に駐車場。現在の跡地は「滋賀銀行彦根支店」北東30mの「滋賀銀行彦根支店第2駐車場」。最寄駅はJR琵琶湖線・近江鉄道彦根駅。

1945年11月30日、彦根土地興業株式会社が設立され、彦根市川原町の「帝国館」跡地に直営館を建設した。その後、「彦根東映」、「彦根協映」と改称した。*35

1935年頃の「帝国館」の写真あり。1923年、秋山泉三の子が元・聚楽座を引き継ぎ、帝国座と改称して映画館とした。「洋画 自由 選択 大衆映画 帝国座」の看板が見える。*36

1955年頃の「真盛座」の写真あり。1945年11月30日に彦根土地興業株式会社が設立され、川原町の帝国館跡地に直営館の真盛館を開館させた。その後、彦根東映や彦根協映に改称している。*37

1945年11月30日に設立された彦根土地興行株式会社は、河原町の帝国館跡地に直営館として真盛座を開館させた。やがて彦根東映に改称し、さらに彦根協映に改称した。1959年(昭和34年)の写真あり。*38
大映劇場/セントラル劇場/彦根セントラル劇場
所在地 : 滋賀県彦根市一番町(1955年)、滋賀県彦根市一番町15(1958年)、滋賀県彦根市一番町8(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1977年)、滋賀県彦根市本町一番町8(1980年)、滋賀県彦根市中央町4-4(1985年・1990年)
開館年 : 1952年12月30日
閉館年 : 1990年以後1992年以前
『全国映画館総覧 1955』では1952年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「セントラル劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1977年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「彦根セントラル劇場」。1970年・1979年弘報社住宅地図では「セントラル映劇」。1985年・1988年ゼンリン住宅地図では「セントラル映劇」。1992年・1995年ゼンリン住宅地図では跡地に「ガレージ」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「蓮華寺」本堂北西50mの月極駐車場。最寄駅はJR琵琶湖線・近江鉄道彦根駅。

1952年11月28日、彦根振興土地建物株式会社が設立され、12月30日には彦根市一番町の蓮華寺前に「セントラル劇場」が創設された。1958年7月1日には「大映劇場」に改称したが、1959年7月1日には再び「セントラル劇場」に改称した。*39

1952年12月30日には彦根市中央町の蓮華寺前に「セントラル劇場」が開館。1958年7月1日には「大映劇場」に改称したが、翌年の1959年7月1日には「セントラル劇場」に戻した。1957年頃の写真あり。『白昼の対決』(1955年、アメリカ)の看板が見える。「どれでも面白ろいセントラルのお正月映画」〈面白ろいは原文ママ〉の文字も見える。*40
金城館/彦根映劇/彦根映画劇場
所在地 : 滋賀県彦根市(1950年)、滋賀県彦根市四番町(1953年)、滋賀県彦根市四番町92-2(1955年・1958年)、滋賀県彦根市四番町(1960年)、滋賀県彦根市四番町92(1963年)、滋賀県彦根市四番町92-2(1966年・1969年・1973年)、滋賀県彦根市本町4-92-2(1977年)、滋賀県彦根市本町四番町92-2(1980年)、滋賀県彦根市本町1-10-6(1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1927年頃、1953年
閉館年 : 1996年4月
『全国映画館総覧 1955』では1941年11月開館。1950年の映画館名簿では「彦根映画劇場」。1953年の映画館名簿では「彦根映劇」。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1977年の映画館名簿では「彦根映画劇場」。1970年・1979年弘報社住宅地図では「彦根映画劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「彦根映劇」。1985年・1988年・1992年・1995年ゼンリン住宅地図では「彦根映画劇場」。1990年・1995年の映画館名簿では「彦根映画劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「りそな銀行彦根支店」西北西60mの月極駐車場。彦根市最後の従来型映画館。通称「彦劇」。「彦根ビバシティシネマ」は経営者が同一であり実質的な後継館。最寄駅はJR琵琶湖線・近江鉄道彦根駅。

1927年2月には株式会社タチバナ倶楽部が解散し、若林庄太郎らが昭和会を結成して「金城館」という映画館を開館させた。1930年には宮崎辰雄が経営した。1935年頃の金城館の写真あり。彦根市土橋町(現・銀座町)にあった。*41

1996年1月25日付『京都新聞』滋賀版には、4月に「彦根映画劇場」が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*42

サイレント映画時代の彦根市には、「帝国館」と「金城館」があった。当初はむしろに座って観ていたが、1921年(大正10年)頃には椅子に座って観るようになり、1927年(昭和2年)にはトーキー映画が出現した。金城館はやがて「彦根映画劇場」に改称し、1941年(昭和16年)11月には経営者が黒岩信行から大橋鈴二に交代した。太平洋戦争が激化すると、1945年(昭和20年)の建物疎開の際に帝国館は取り壊された。*43

小説家の団鬼六は彦根市出身であり、父親は1941年まで映画館「金城館」の経営者だった。団鬼六は文藝春秋が発行する『オール讀物』2002年6月号の「湖国の春」で金城館について書いている。現物は未確認。*44
彦根ビバシティシネマ
所在地 : 滋賀県彦根市竹ヶ鼻町43-1 ビバシティ彦根3階
開館年 : 1996年4月26日
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「彦根ビバシティシネマ1・2・3・4」(4館)。1953年開館の彦根映画劇場は経営者が同じであり実質的な前身館。。

1996年4月26日、彦根市のJR南彦根駅近くに大型複合商業施設「ビバシティ彦根」がオープンする。店舗を含めた施設の延床面積は約10万m2であり滋賀県最大規模。核となる店舗はビバシティ平和堂。ボウリング場、カラオケ店、ゲームセンター、スポーツクラブ、4スクリーン計560席を持つ映画館もある。*45

2018年8月31日、彦根市の映画館「ビバシティシネマ」で『カメラを止めるな!』の上映が開始された。同日の上映後、長浜市木之本町出身の上田慎一郎監督と、上田監督の幼馴染で音楽を担当した鈴木伸宏による舞台挨拶が行われた。上田の実家から一番近い映画館はビバシティシネマであり、何度も遠足気分で足を運んだという。同日には近江八幡市の「イオンシネマ近江八幡」と大津市の「大津アレックスシネマ」でも2人の舞台挨拶が行われた。*46

2018年8月31日から、彦根市の映画館「ビバシティシネマ」で『カメラを止めるな!』が公開される。上田慎一郎監督は長浜市木之本町出身だが、長浜市や米原市には映画館がなく、上田監督は自身のSNSで「電車で1時間かけてこの映画館に行った。ドラえもんもドラゴンボールもアルマゲドンもここで見たんや」と記している。*47

近江八幡市

武佐映画劇場
所在地 : 滋賀県近江八幡市末広町567(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「武佐映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
武佐東映
所在地 : 滋賀県近江八幡市末広町(1960年)、滋賀県近江八幡市末広町730(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「武佐東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
八幡映画劇場/八幡東映
所在地 : 滋賀県近江八幡市仲尾町(1955年)、滋賀県近江八幡市仲尾町9(1960年)、滋賀県近江八幡市仲尾町上9(1963年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』では1952年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「八幡映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「八幡東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
常盤館/トキワ館/八幡東映トキワ館/八幡東映/トキハ館
所在地 : 滋賀県蒲生郡八幡町(1950年・1953年)、滋賀県近江八幡市宮内町(1955年)、滋賀県近江八幡市宮内町87(1960年・1963年)、滋賀県近江八幡市仲屋町上9(1966年・1969年・1973年・1977年)、滋賀県近江八幡市仲屋町(1980年)、滋賀県近江八幡市仲屋町9(1985年・1990年)
開館年 : 1946年10月、1952年
閉館年 : 1986年頃? 1989年頃?
『全国映画館総覧 1955』では1946年10月開館。1950年の映画館名簿では「常盤館」。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「トキワ館」。1963年以後1966年以前に八幡公園下から仲屋町に移転。1966年・1969年・1973年・1977年の映画館名簿では「八幡東映トキワ館」。1979年弘報社住宅地図では「八幡東映トキワ館」。1980年・1985年の映画館名簿では「八幡東映」。1990年の映画館名簿では「トキハ館」。1999年ゼンリン住宅地図では空白の建物が描かれている。2000年の映画館名簿には掲載されていない。建物は2004年頃に取り壊された。

1958年の近江八幡市の仲屋町通りにあった「トキハ館」の写真あり。「八幡映画劇場」の看板が見える。当時は近江八幡市唯一の映画館だった。3本立ての上映も行われた。2005年現在も残っている「トキハ館」の写真あり。「トキハ館」の看板が見える。大型スーパーに客を取られたことで、仲屋町通りは衰退して映画館の観客も減少し、1988年に閉館した。*48

2004年には近江八幡市仲屋町上にあった映画館「トキハ館」の建物が、「BIWAKOビエンナーレ」の映像作品の上映会場となった。トキハ館は1952年に開館し、1970年代までは任侠映画などでにぎわったが、約15年前に閉館していた。100席。建物は近いうちに取り壊される予定。*49

2004年8月29日、近江八幡市仲屋町上の映画館「トキハ館」が閉館した。建物は近いうちに取り壊される。1952年に開館したが、1986年に閉館した。2004年8月1日から30日までは「BIWAKOビエンナーレ2004」が開催され、期間中は映像作品やドキュメンタリー作品の上映場所として使用された。*50
ワーナー・マイカル・シネマズ近江八幡/イオンシネマ近江八幡
所在地 : 滋賀県近江八幡市鷹飼町190-9 イオン近江八幡ショッピングセンター2番街4階
開館年 : 2000年10月6日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2000年10月6日にワーナー・マイカル・シネマズ近江八幡として開館。2005年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ近江八幡1-8」(8館)。2013年7月にイオンシネマ近江八幡に改称。2015年の映画館名簿では「イオンシネマ近江八幡1-8」(8館)。

東近江市

永源寺映画劇場
所在地 : 滋賀県神崎郡永源寺町山上(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「永源寺映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
能登川劇場/能登川昭和映画劇場/能登川昭和映画劇場/能登川映画劇場
所在地 : 滋賀県神崎郡能登川町(1953年)、滋賀県神崎郡能登川町26(1955年)、滋賀県神崎郡能登川町垣見(1960年)、滋賀県神崎郡能登川町26(1963年)、滋賀県神崎郡能登川町垣見(1966年)
開館年 : 1930年代、1953年9月
閉館年 : 1968年
『全国映画館総覧 1955』では1953年9月開館。1953年の映画館名簿では「能登川劇場」。1955年の映画館名簿では「能登川昭和映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「能登川昭和映画劇場」。1966年の映画館名簿では「能登川映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「セブンイレブン能登川垣見店」南西30mの民家。最寄駅はJR琵琶湖線能登川駅。
清楽館/大正座/八日市東映大正座/八日市シネマ・八日市東映劇場/八日市シネマ
所在地 : 滋賀県八日市市金屋町643(1963年)、滋賀県八日市市金屋1-6-9(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1957年(八日市東映大正座)、1960年1月(八日市シネマ)
閉館年 : 1970年(八日市東映劇場)、1972年(八日市シネマ)
Wikipedia : 八日市東映劇場
『全国映画館総覧 1955』では1948年10月開館。1960年の映画館名簿では金屋町641に「八日市シネマ」。1963年の映画館名簿では金屋町641に「八日市シネマ」で金屋町643に「八日市東映」。1963年以後1966年以前には隣接地にあった両社が経営統合。1966年・1969年の映画館名簿では「八日市シネマ・八日市東映劇場」(2館)。1973年の映画館名簿では「八日市シネマ」。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。

1951年頃の八日市東映(大正座)の写真あり。大きく「八日市東映」の看板があり、その上に小さく「大正座」の看板がある。大正座は野々宮神社の裏手にあり、当初は芝居小屋として、のちに映画館となった。八日市市には大正座のほかに、昭映、協映、八日市シネマなどがあった。戦前の八日市には飛行第三連隊があったため、大正座は兵士の娯楽施設でもあった。映画のほかには小サーカスや演劇の興行も行われた。大正座は1970年に閉館した。2005年現在の跡地には一般住宅が建てられている。*51
昭和映画劇場/協楽映画劇場・昭和映画劇場/八日市協楽映画劇場・八日市昭和映劇/八日市協映・昭和映劇/八日市協映・昭栄劇場
所在地 : 滋賀県八日市市浜野465(1955年)、滋賀県八日市市浜野町(1960年)、滋賀県八日市市本町10-2(1980年・1990年)
開館年 : 1928年6月、1940年、1978年(新築移転)
閉館年 : 1996年
Wikipedia : 八日市協楽映画劇場
『全国映画館総覧 1955』では1928年6月開館。1955年の映画館名簿では「昭和映画劇場」。1960年の映画館名簿では「協楽映画劇場・昭和映画劇場」(2館)。1969年の映画館名簿では「八日市協楽映画劇場・八日市昭和映劇」(2館)。1980年の映画館名簿では「八日市協映・昭和映劇」(2館)。1990年の映画館名簿では「八日市協映・昭栄劇場」(2館)。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

1928年には八日市初の映画館として「万歳館」が開館した。社長は横畑耕夫。戦時中に火災で焼失したが、飛行隊の尽力で再建され、「昭和映画劇場」(略して昭映)として開館した。1950年頃の昭映の写真あり。「昭映」の看板が見える。1981年現在は協楽映画劇場と並んで建っている。*52

1955年の八日市市にあった「昭和映画劇場」の写真あり。「昭映」の愛称で親しまれている。1991年現在では協楽映画と並んで建っている。当初は「万歳館」という名称だったが、火災後に飛行隊によって再興され、昭和映画劇場となった。*53

愛知郡愛荘町

愛映劇場
所在地 : 滋賀県愛知郡愛知川町愛知川(1955年)、滋賀県愛知郡愛知川町(1960年)、滋賀県愛知郡愛知川町愛知川(1963年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955』では1953年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「愛映劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は愛知川ストアになった後、2004年時点では駐車場。現在の跡地は「宝満寺」すぐ東の「愛知川保育園」の南東50mの駐車場。旧中山道沿いにあり「藤寿司」の向かい。最寄駅は近江鉄道湖東近江路線愛知川駅。

2002年6月4日付『京都新聞』滋賀版には、愛知川商工会がかつての商店街の地図を掲載した冊子を作ったとする記事が掲載されている。現物は未確認。*54

犬上郡甲良町

映画館名簿によると甲良町に映画館はなかったと思われる。

犬上郡多賀町

映画館名簿によると多賀町に映画館はなかったと思われる。

犬上郡豊郷町

映画館名簿によると豊郷町に映画館はなかったと思われる。

蒲生郡日野町

日野映画劇場
所在地 : 滋賀県蒲生郡日野町大窪815(1960年・1963年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1962年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「日野映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1979年弘報社住宅地図では跡地に「日映興業衛生部」。跡地は「徳田しょうゆ店」の南、「岡本町曳山格納庫」の南東80m。建物が現存。

蒲生郡竜王町

映画館名簿によると竜王町に映画館はなかったと思われる。

湖北

長浜市

長浜市の映画館
1921年(大正10年)には南呉服町の「日比研究劇場」、高田町の「新清館」、神前町の「長浜劇場」と、映画館が相次いで開館した。館名は不明だが昭和初期の長浜市の映画館前で撮影した写真あり。*55
日吉座
所在地 : 滋賀県伊香郡木之本町(1950年・1953年)、滋賀県伊香郡木之本町木之本(1955年)、滋賀県伊香郡木之本町(1960年・1963年)
開館年 : 昭和初期
閉館年 : 1965年頃
1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「日吉座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の弘報社住宅地図では跡地に「旅館 日吉屋 吉川」。建物は現存。映画館時代の建物をそのまま使った仕出し屋「日吉屋」。

2017年7月16日には長浜市木之本町木之本で「きのもと映画祭」が開催され、映画館「日吉座」が約半世紀ぶりに復活する。*56

2017年7月16日には長浜市木之本町木之本で、木之本地区地域づくり協議会が「きのもとノスタルジー」の一環で「きのもと映画祭」を開催する。会場は1965年頃まで営業していた映画館「日吉座」。日吉座は北国街道の西側の通り沿いにあり、大正時代に料理旅館として創業すると、昭和初期に映画館を併設して演芸場としても利用された。*57

2019年8月31日には長浜市木之本町で、かつて映画館「日吉座」だった建物を使用して「第3回きのもと映画祭」が開催される。日吉座は1965年頃に映画館としては閉館した。*58
日比劇場/大和映画劇場
所在地 : 滋賀県長浜市南呉服町335(1960年)
開館年 : 1921年
閉館年 : 1970年頃
1921年日比劇場として開館。長浜初の映画館。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「大和映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1970年頃閉館。1970年弘報社住宅地図では跡地に「大阪チェーンストアーKK長浜店」。
長浜大映/長浜映画劇場
所在地 : 滋賀県長浜市(1950年)、滋賀県長浜市永保町(1960年・1963年)、滋賀県長浜市永保町39(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1950年以前、1953年8月
閉館年 : 1969年以後1970年以前?
『全国映画館総覧 1955』では1953年8月開館。1950年の映画館名簿では「長浜映画劇場」。1955年の映画館名簿では「長浜大映」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「長浜映画劇場」。1970年弘報社住宅地図では跡地に「信和家具」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。1979年弘報社住宅地図では跡地に「坂本歯科医院」。2004年時点の跡地は「坂本歯科」。滋賀県道556号「三ツ矢町」交差点南東角。
ロード劇場/長浜東映劇場/長浜東映
所在地 : 滋賀県長浜市(1953年)、滋賀県長浜市西本町10(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年)、滋賀県長浜市元浜町1-12(1973年)、滋賀県長浜市元浜町1-2(1980年・1985年)
開館年 : 1953年8月
閉館年 : 1985年以後1990年以前
『全国映画館総覧 1955』では1953年8月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「ロード劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「長浜東映」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「長浜東映劇場」。1970年・1979年弘報社住宅地図では「長浜東映劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「長浜東映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「滋賀銀行長浜駅前代理店」。

1915年(大正4年)に下郷共済会が御大典記念に建てた私立図書館「下郷共済会文庫」の建物を、戦後から長浜東映劇場が使用していた。長浜東映劇場の廃業後に建物は取り壊され、跡地は滋賀銀行長浜駅前代理店となっている。1963年の長浜東映劇場の写真あり。1962年の東映作品『ちいさこべ』の看板が見える。*59

長浜駅の駅前通りと北国街道の角には洋風建築の映画館「東映劇場」があり、主に時代劇や任侠物の映画を、春休みや夏休みには子供向け映画を上映した。この洋風建築は1915年11月に下郷共済会文庫として建てられたものであり、西側にあった鐘秀館(1993年現在は農協長浜支所)とともに滋賀県初の図書館・美術館として知られた。戦後のこの建物は洋画上映館「ロード劇場」となった。テレビ普及後の東映劇場は三本立てや四本立ての映画館となり、土曜日にはオールナイト上映も行われた。東映劇場の周辺にはおもちゃ店「うさぎや」(後に八百屋)、パチンコ店「アタリヤ」などもあった。1993年現在の東映劇場は駐車場となり、当時の面影はない。*60
長浜楽市ドライブインシアター
所在地 : 滋賀県長浜市八幡東町9-1(1990年)
開館年 : 1988年?
閉館年 : 1998年
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1995年の映画館名簿では「長浜楽市ドライブインシアター」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「西友長浜楽市店」。

西友長浜楽市店の開店は1988年3月31日だが、ドライブインシアターは遅れて設置されたらしい。

1998年1月27日付『読売新聞』滋賀版には、1998年1月限りで長浜市の「長浜楽市ドライブインシアター」が10年の歴史に幕を閉じるという記事が掲載されている。現物は未確認。*61
長栄座/松竹館/長浜協映劇場/長浜協映
所在地 : 滋賀県長浜市横町16(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、滋賀県長浜市元浜町6-8(1980年・1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1883年
閉館年 : 1996年1月28日
『全国映画館総覧 1955』では1895年6月開館。1883年開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「松竹館」。1960年長浜協映に改称。1960年の映画館名簿では「協映劇場」。1960年の映画館名簿では「長浜劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「長浜協映劇場」。1970年・1979年弘報社住宅地図では「協映」。1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「長浜協映」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。長浜市最後の常設型映画館。跡地は「横町月極駐車場」。

時期不明だがアーケードがない横町通り(浜京極)の写真あり。「夢にまで見た松竹館」という文字が見える。1949年にコンクリート舗装された頃に映画の人気が急上昇し、映画館「松竹館」では『長崎の鐘』、『羅生門』、『また逢う日まで』などが上映された。*62

時期不明の横町通り(浜京極)の写真あり。1949年に道路が舗装され、各店舗が競うように電飾を施した。映画館「松竹館」前には多くの自転車が並んでいる。1952年には『風と共に去りぬ』が、1953年には『君の名は』が、1954年には『七人の侍』『雪之丞変化』『笛吹童子』が上映された。*63

1996年1月28日、長浜市元浜町の映画館「長浜協映」(320席)が閉館する。県内の単独映画館は彦根市の「彦根映画劇場」(彦劇、220席)のみとなる。両館は大阪市に本社を置く自由映画社の運営であるが、1996年春にはJR琵琶湖線南彦根駅前のビバシティ彦根に4スクリーンの複合映画館を開館させる予定であり、4月には彦根映画劇場も閉館する予定である。長浜協映は明治時代開館の芝居小屋である長栄座が前身。長栄座の家主だった片桐寅之進は1930年に映画館「松竹館」を開館させた。1956年には松竹館の経営権が自由映画社に移り、この際に「長浜協映」に改称した。1950年代から1960年代の黄金期には長浜協映のほかに、「長浜映画劇場」、「長浜ロード劇場」(長浜東映劇場)、「大和劇場」もあり、長浜市内には4館の映画館があった。*64

1996年4月7日、長浜市で北近江秀吉博覧会(秀吉博)が開幕する。メインの中央会場は、元浜町の旧映画館と商家を改造しており、映像ホール、大河ドラマ「秀吉」関連の展示室、物産展示室、喫茶コーナーが設置されている。映像ホールは約200人が入場できる。*65

1883年(明治16年)に開館した劇場の長栄座が全身。浜京極商店街の中央部にあった。1976年(昭和51年)には浜京極商店街にアーケードが設置されている。長浜市最後の映画館である。閉館後の1996年(平成8年)には建物が北近江秀吉博覧会のパビリオンとして利用され、その後取り壊された。跡地は横町月極駐車場。昭和20年代の長栄座付近の写真あり。*66

米原市

米原劇場
所在地 : 滋賀県坂田郡米原町
開館年 : 不明
閉館年 : 不明
映画館名簿には掲載されていない。
遊楽館
所在地 : 滋賀県坂田郡醒井村(1950年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1950年の映画館名簿では「遊楽館」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。

湖西

高島市

栄楽座
所在地 : 滋賀県高島郡今津町(1950年・1953年・1955年・1960年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1950年・1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「栄楽座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。パチンコ店となった後、2004年時点の跡地は民家。
安曇川映画劇場
所在地 : 滋賀県高島郡安曇川町西万木(1960年・1963年)、滋賀県高島郡安曇川町797(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1973年以後1977年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「安曇川映画劇場」。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。1981年のゼンリン住宅地図では跡地に「日本生命安曇川支部」。高島市最後の映画館。2004年時点の跡地は「日本生命」。現在の跡地は「魚岩安曇川店」の東側の建物。

このページへのコメント

武佐映画劇場の跡地の現在は民家になってる。
俺の36年位前の9歳当時の記憶では武佐映画劇場の建物が残存していて、建物内の観客席は駐車場として転用されていた。
コンクリート造りだったが、鉄筋か木造かは解らない。
営業当時は近衛十四郎や市川雷蔵等の映画を上映していたり、1963年には芝居も興行されていたが、テレビの普及により完全閉館する事になったから1963年はたまた1964年以後の完全閉館が現時点では正しい。
駐車場として転用されていた当時、2階の映写室に上がる入口は板で封鎖されていたが、映写機は当時のまま残されていた。
映写室は1階入口の真上だった為、完全閉館後や駐車場として転用されていた当時、投石等のイタズラによる映写室のガラス窓は割られていた。
現在は民家の為に番地を明かせないが、余り付き合いがなかった遠縁の親戚が経営していた。
創業主は西生来町の男山八幡宮に午(馬)の像を寄贈した。

0
Posted by きまぐれ★オレンジロード 2019年10月04日(金) 05:11:56 返信数(1) 返信

貴重な情報をありがとうございます!

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2019年10月18日(金) 21:29:22

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます