閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


大津市

大津市は大津市の映画館を参照。

湖南

草津市

大正座/草津映画劇場
所在地 : 滋賀県草津市本町2丁目(1960年・1963年)
開館年 : 1924年(大正座)、1956年(草津映画劇場)
閉館年 : 1963年
Wikipedia : 大正座 (草津市)
草津市初の映画館。1960年・1963年の映画館名簿では「草津映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

草津市には映画館が2館あった。大路井の「文栄座」と、草津2丁目の本町筋の路地を西に入った場所の「大正座」である。1946年頃の大正座の写真あり。「娯楽殿堂」の看板が見える。映画上映前に行われた紙芝居に子供たちが集まっている。1955年頃の大正座と菓子屋の写真あり。佐伯幸三監督作『裁かれる十代』の看板が見える。正面はかつての料理旅館「魚竹楼」である。2005年現在はひっそりとした路地である。*1
文栄映画劇場/草津東映劇場/草津東宝劇場/草津グリーン劇場/グリーン劇場
所在地 : 滋賀県草津市大路井町537(1960年・1963年)、滋賀県草津市大路1-4-30(1966年・1969年・1973年)、滋賀県草津市大路1-2(1980年・1985年)、滋賀県草津市大路1-4-30(1990年)
開館年 : 1927年、1955年12月24日
閉館年 : 1993年
Wikipedia : 草津グリーン劇場
1927年開館。1955年12月24日建て替え。1959年草津東映劇場改称。1960年・1963年の映画館名簿では「草津東映」。1966年の映画館名簿では「草津東映劇場」。1967年草津東宝劇場改称。1969年の映画館名簿では「草津東宝劇場」。1972年草津グリーン劇場改称。1973年・1980年の映画館名簿では「草津グリーン劇場」。1985年・1990年の映画館名簿では「グリーン劇場」。1993年閉館。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「アーバンホテル草津」。

1955年12月24日、草津市大路井町の「文栄座」を改築して「文栄映画劇場」が開館した。木造2階建て、椅子席310人。シネスコ設備を有している。経営者は舟木秀三、支配人は深見温。*2
草津第二映画劇場/草津第二映劇/第二劇場/草津スターホール・草津シネマハウス1・2/草津シネマハウス1-5
所在地 : 滋賀県草津市大路井町(1960年・1963年)、滋賀県草津市大路1-2-14(1966年・1969年・1973年)、滋賀県草津市大路1-4(1980年)、滋賀県草津市大路1-2-14(1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1948年(文栄座)、1988年(草津シネマハウス)
閉館年 : 2007年7月31日
Wikipedia : 草津シネマハウス
『全国映画館総覧 1955』では1948年8月開館。1956年草津第二映画劇場として開館。1960年の映画館名簿では「草津第二映画劇場」。1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「草津第二映劇」。1980年・1985年の映画館名簿では「第二劇場」。1988年3スクリーン化して草津スターホール・草津シネマハウス1・2に改称。1990年・1995年の映画館名簿では「草津スターホール・草津シネマハウス1・2」(3館)。1996年5スクリーン化して草津シネマハウス1-5に改称。2000年・2005年の映画館名簿では「草津シネマハウス1-5」(5館)。2007年9月30日閉館。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和30年代の草津市にあったマーケットや草津温泉の写真あり。草津川の堤防から見下ろしている。左側にわずかに見える白い屋根は、1948年開館の映画館「文栄座」であり、のちに「草津第二映画劇場」に改称した。*3

2007年9月末、滋賀県草津市唯一の映画館である草津シネマハウスが閉館する。1948年に角正太郎によって、前身の文栄座が1スクリーンで開館。1988年に5スクリーン計540席の現在の建物となり、文栄座から草津シネマハウスに改称した。2007年の閉館時には角正太郎の孫の角大介が社長だった。ピークの1997年には観客数が約30万人を記録したが、中心市街地にあって駐車場がないことや、近隣にシネコンが開館したことなどが響き、2006年は約15万人まで減少。さらに草津市にもシネコンの開館が計画されていることから、2007年春頃に閉館を決意した。*4

草津シネマハウスは滋賀県南部で唯一の本格的映画館。1994年5月の大型連休には『シンドラーのリスト』『クレヨンしんちゃん』『ミセス・ダウト』などの話題作を上映。立ち見の観客もあった。*5

1995年11月18日から映画誕生100周年を記念して、彦根市の「ひこね燦ぱれす」、草津市の「草津シネマハウス」、大津市の「大津市生涯学習センター」の3会場で「95年びわ湖シネマフェスタ」を開催。草津シネマハウスでは『午後の遺言状』、『エイジアン・ブルー』、『恋人までの距離』、『マディソン郡の橋』の4作品を上映し、新藤兼人監督が舞台挨拶を行う。*6

滋賀県で育った映画音楽作曲家・シンガーソングライターの世武裕子は、草津駅前の草津シネマハウスによく通ったという。アメリカ映画『スリーパーズ』を観た時は観客が一人だった。*7
ワーナー・マイカル・シネマズ草津/イオンシネマ草津
所在地 : 滋賀県草津市新浜町300 イオンモール草津3階
開館年 : 2008年11月26日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2008年11月26日にワーナー・マイカル・シネマズ草津として開館。2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ草津」(9館)。2013年7月にイオンシネマ草津に改称。2015年の映画館名簿では「イオンシネマ草津1-9」(9館)。

守山市

大黒座/守山映画劇場
所在地 : 滋賀県野洲郡守山町(1950年・1953年)、滋賀県野洲郡守山町吉身(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1929年(大黒座)、1953年12月(守山映画劇場)
閉館年 : 1973年
Wikipedia : 守山映画劇場
『全国映画館総覧 1955』では1953年12月開館。1950年・1953年の映画館名簿では「大黒座」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「守山映画劇場」。1975年の弘報社住宅地図では70m北に「守山第二映画劇場」が掲載されているが関連は不明。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。

栗東市

映画館名簿によると栗東市に映画館は存在しなかったと思われる。

野洲市

野洲映画劇場
所在地 : 滋賀県野洲郡野洲町小篠原(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では経営者が片岡、支配人が片岡、木造1階、定員300、邦画を上映。1960年・1963年の映画館名簿では「野洲映画劇場」。1964年・1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。

甲賀市

信楽中央劇場
所在地 : 滋賀県甲賀郡信楽町長野(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「信楽中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
信楽映劇/信楽映画劇場/信楽映画劇場・信楽小劇場
所在地 : 滋賀県甲賀郡信楽町長野(1955年)、滋賀県甲賀郡信楽町(1960年)
開館年 : 1947年
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』では1947年開館。1950年の映画館名簿では「信楽映劇」。1955年の映画館名簿では「信楽映画劇場」。1960年の映画館名簿では「信楽映画劇場・信楽小劇場」(2館)。1963年・1966年の映画館名簿では「信楽映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「植西設備」。
パール映画劇場/パール劇場
所在地 : 滋賀県甲賀郡甲賀町923(1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「パール映画劇場」。1963年・1964年の映画館名簿では「パール劇場」。1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「葬儀会館パールホール」。

甲賀町『夢生きる里かふか 甲賀町50年記念アルバム』甲賀町、2004年には「パール劇場」について言及されている。現物は未確認。*8
水口劇場/水口映画劇場
所在地 : 滋賀県甲賀郡水口町大字水口(1955年)、滋賀県甲賀郡水口町(1960年)、滋賀県甲賀郡水口町水口2400(1969年)、滋賀県甲賀郡水口町本町2-2-37(1973年)
開館年 : 1949年3月
閉館年 : 1972年3月31日
『全国映画館総覧 1955』では1949年3月開館。1955年の映画館名簿では「水口劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「水口映画劇場」。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。1979年弘報社住宅地図では「本正寺」北の用水路を挟んだ場所の跡地と思われる場所に「駐車場」。「水映」とも。
水口銀座映画劇場/水口銀映
所在地 : 滋賀県甲賀郡水口町伴町3322(1958年)、滋賀県甲賀郡水口町3233(1960年・1963年)、滋賀県甲賀郡水口町保町(1966年・1969年・1973年・1977年・1980年)
開館年 : 1956年
閉館年 : 1980年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1977年の映画館名簿では「水口銀座映画劇場」。1979年弘報社住宅地図では「水口銀映」。1980年の映画館名簿では「水口銀映」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「水口本町郵便局」東の資材置き場。
水口アレックスシネマ
所在地 : 滋賀県甲賀市水口町本綾野566-1 アル・プラザ水口内
開館年 : 2000年11月25日
閉館年 : 営業中
2000年11月25日、水口町の国道1号沿いに大型ショッピングセンター「アル・プラザ水口」がオープンする。核となるのは平和堂水口店。5階建ての本棟と2階建ての別棟からなり、別棟の2階には映画館やアミューズメントスペースなどが入る。*9

湖南市

石部映画劇場
所在地 : 滋賀県甲賀郡石部町谷町(1961年)、滋賀県甲賀郡石部町谷(1962年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1962年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1962年の映画館名簿では「石部映画劇場」。1962年の映画館名簿では経営者が奥村捨一、支配人は記載なし、木造1階、定員200、邦画を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
下田映画劇場
所在地 : 滋賀県甲賀郡甲西町下田(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1964年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「下田映画劇場」。1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。

湖東

彦根市

彦根市の映画館
1964年(昭和39年)現在の彦根市には、「彦根映画劇場」、「真盛座」、「第一劇場」、「セントラル劇場」、「彦根大劇」の5館がある。*10

東近江市立八日市図書館には、個人や団体が地域限定で自主発行する「リトルプレス」のコーナー「筏川」(いかだがわ)がある。2013年春に設置され、全国から集めた250冊が並んでいる。リトルプレスコーナーは全国の図書館でも珍しいという。"彦根市の閉館した映画館" を振り返る自主製作雑誌『かぜがたみ』、長野県の高齢者を追う『鶴と亀』、大阪府のビルの魅力を語る『月刊ビル』などがある。*11
中村座
所在地 : 滋賀県彦根市高宮町2123(1960年・1961年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1961年頃
1958年・1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1961年の映画館名簿では「中村座」。1961年の映画館名簿では経営者が中村利七、支配人が北川三郎、木造2階冷暖房付、定員400、東映を上映。1962年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。
彦根大劇
所在地 : 滋賀県彦根市餌指町7(1958年)、滋賀県彦根市餌指町5117(1960年)、滋賀県彦根市餌指町17-5(1963年・1964年)
開館年 : 1956年11月7日
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「彦根大劇」。1960年の映画館名簿では経営者が寿興行、支配人が鈴木八郎、鉄筋2階冷暖房付、定員750、洋画を上映。1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「日本生命保険彦根営業部」と思われる。

1956年(昭和31年)11月7日、有限会社寿興行が駅前通りに「彦根大劇」を新築した。こけら落としとして歌手の田畑義夫が出演している。彦根市唯一の洋画封切館である。*12
東宝劇場/第一劇場/彦根第一劇場/彦根第一会館
所在地 : 滋賀県彦根市(1950年)、滋賀県彦根市川原町甲72(1953年・1955年)、滋賀県彦根市川原町甲75(1958年)、滋賀県彦根市川原町甲(1960年)、滋賀県彦根市川原町甲72(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1946年10月10日
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』では1946年10月開館。1950年の映画館名簿では「第一劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「彦根第一劇場」。1958年の映画館名簿では「第一劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「彦根第一劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「彦根第一会館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1970年弘報社住宅地図では発見できず。跡地は「滋賀銀行彦根支店」西のパチンコ店「銀座会館」廃墟。映画館時代の建物が現存している可能性がある。最寄駅はJR琵琶湖線・近江鉄道彦根駅。

1946年10月10日、有限会社新興劇場が彦根市の川原町に「東宝劇場」を開館させ、すぐに「第一劇場」に改称した。1954年6月、寿興行有限会社が第一劇場を買収し、1961年4月に改築して第一会館とした。食堂や喫茶店が併設され、2階が映画館となった。*13

1946年10月10日には彦根市の河原町に「東宝劇場」が開館し、すぐに「第一劇場」に改称した。1961年に改築を行い、食堂と喫茶店が併設された。1950年頃の写真あり。*14

1955年頃の彦根市にあった「第一劇場」の写真あり。1946年10月10日、有限会社新興劇場が彦根市川原町(現・銀座町)に「東宝劇場」として開館させた。1954年には寿興行有限会社が買収し、1961年4月に「第一会館」に改装した。食堂や喫茶店が併設され、2階が映画館だった。*15

1947年の「第一劇場」の写真あり。1946年10月10日に「東宝劇場」として開館し、間もなく「第一劇場」に改称した。1961年に食堂や喫茶店を併設した「第一会館」が建ち、2階が映画館となった。*16

1955年頃の彦根市河原町の第一劇場付近の写真。第一劇場が開館した頃であり、アーケードはまだなかった。閉館後の一時期は「厚生会スーパー」となり、2004年現在はパチンコ店「銀座会館」となっている。*17
真盛座/彦根東映真盛座/彦根協映劇場/彦根協映
所在地 : 滋賀県彦根市(1950年)、滋賀県彦根市川原町甲67(1953年)、滋賀県彦根市川原町甲66(1955年)、滋賀県彦根市川原町甲67(1958年・1960年)、滋賀県彦根市川原町甲72(1963年)、滋賀県彦根市川原町甲67(1966年・1969年)、滋賀県彦根市錦町1-24(1973年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1946年11月
閉館年 : 1988年以後1990年以前
『全国映画館総覧 1955』では1946年11月開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「真盛座」。1958年の映画館名簿では「彦根東映」。1960年・1963年の映画館名簿では「彦根東映真盛座」。1966年・1969年・1973年・1977年の映画館名簿では「彦根協映劇場」。1970年・1979年弘報社住宅地図では「彦根協映」。1980年・1985年の映画館名簿では「彦根協映」。1985年・1988年ゼンリン住宅地図では「彦根協映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1992年ゼンリン住宅地図では跡地に空き地。1995年ゼンリン住宅地図では跡地に駐車場。現在の跡地は「滋賀銀行彦根支店」北東30mの「滋賀銀行彦根支店第2駐車場」。最寄駅はJR琵琶湖線・近江鉄道彦根駅。

1945年11月30日、彦根土地興業株式会社が設立され、彦根市川原町の「帝国館」跡地に直営館を建設した。その後、「彦根東映」、「彦根協映」と改称した。*18

1935年頃の「帝国館」の写真あり。1923年、秋山泉三の子が元・聚楽座を引き継ぎ、帝国座と改称して映画館とした。「洋画 自由 選択 大衆映画 帝国座」の看板が見える。*19

1955年頃の「真盛座」の写真あり。1945年11月30日に彦根土地興業株式会社が設立され、川原町の帝国館跡地に直営館の真盛館を開館させた。その後、彦根東映や彦根協映に改称している。*20

1955年頃の「真盛座」の写真あり。1923年、「聚楽座」が「帝国館」に改称して映画館となった。1945年、帝国館の跡地に建てられた。*21

1945年11月30日に設立された彦根土地興行株式会社は、河原町の帝国館跡地に直営館として真盛座を開館させた。やがて彦根東映に改称し、さらに彦根協映に改称した。1959年(昭和34年)の写真あり。*22
大映劇場/セントラル劇場/彦根セントラル劇場
所在地 : 滋賀県彦根市一番町(1955年)、滋賀県彦根市一番町15(1958年)、滋賀県彦根市一番町8(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1977年)、滋賀県彦根市本町一番町8(1980年)、滋賀県彦根市中央町4-4(1985年・1990年)
開館年 : 1952年12月30日
閉館年 : 1990年以後1992年以前
『全国映画館総覧 1955』では1952年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「セントラル劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1977年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「彦根セントラル劇場」。1970年・1979年弘報社住宅地図では「セントラル映劇」。1985年・1988年ゼンリン住宅地図では「セントラル映劇」。1992年・1995年ゼンリン住宅地図では跡地に「ガレージ」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「蓮華寺」本堂北西50mの月極駐車場。最寄駅はJR琵琶湖線・近江鉄道彦根駅。

1952年11月28日、彦根振興土地建物株式会社が設立され、12月30日には彦根市一番町の蓮華寺前に「セントラル劇場」が創設された。1958年7月1日には「大映劇場」に改称したが、1959年7月1日には再び「セントラル劇場」に改称した。*23

1952年12月30日には彦根市中央町の蓮華寺前に「セントラル劇場」が開館。1958年7月1日には「大映劇場」に改称したが、翌年の1959年7月1日には「セントラル劇場」に戻した。1957年頃の写真あり。『白昼の対決』(1955年、アメリカ)の看板が見える。「どれでも面白ろいセントラルのお正月映画」〈面白ろいは原文ママ〉の文字も見える。*24
金城館/彦根映劇/彦根映画劇場
所在地 : 滋賀県彦根市(1950年)、滋賀県彦根市四番町(1953年)、滋賀県彦根市四番町92-2(1955年・1958年)、滋賀県彦根市四番町(1960年)、滋賀県彦根市四番町92(1963年)、滋賀県彦根市四番町92-2(1966年・1969年・1973年)、滋賀県彦根市本町4-92-2(1977年)、滋賀県彦根市本町四番町92-2(1980年)、滋賀県彦根市本町1-10-6(1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1927年頃、1953年
閉館年 : 1996年4月
『全国映画館総覧 1955』では1941年11月開館。1950年の映画館名簿では「彦根映画劇場」。1953年の映画館名簿では「彦根映劇」。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1977年の映画館名簿では「彦根映画劇場」。1970年・1979年弘報社住宅地図では「彦根映画劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「彦根映劇」。1985年・1988年・1992年・1995年ゼンリン住宅地図では「彦根映画劇場」。1990年・1995年の映画館名簿では「彦根映画劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「りそな銀行彦根支店」西北西60mの月極駐車場。彦根市最後の従来型映画館。通称「彦劇」。「彦根ビバシティシネマ」は経営者が同一であり実質的な後継館。最寄駅はJR琵琶湖線・近江鉄道彦根駅。

1927年2月には株式会社タチバナ倶楽部が解散し、若林庄太郎らが昭和会を結成して「金城館」という映画館を開館させた。1930年には宮崎辰雄が経営した。1935年頃の金城館の写真あり。彦根市土橋町(現・銀座町)にあった。*25

1996年1月25日付『京都新聞』滋賀版には、4月に「彦根映画劇場」が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*26

サイレント映画時代の彦根市には、「帝国館」と「金城館」があった。当初はむしろに座って観ていたが、1921年(大正10年)頃には椅子に座って観るようになり、1927年(昭和2年)にはトーキー映画が出現した。金城館はやがて「彦根映画劇場」に改称し、1941年(昭和16年)11月には経営者が黒岩信行から大橋鈴二に交代した。太平洋戦争が激化すると、1945年(昭和20年)の建物疎開の際に帝国館は取り壊された。*27

小説家の団鬼六は彦根市出身であり、父親は1941年まで映画館「金城館」の経営者だった。団鬼六は文藝春秋が発行する『オール讀物』2002年6月号の「湖国の春」で金城館について書いている。現物は未確認。*28
彦根ビバシティシネマ
所在地 : 滋賀県彦根市竹ヶ鼻町43-1 ビバシティ彦根3階
開館年 : 1996年4月26日
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「彦根ビバシティシネマ1・2・3・4」(4館)。1953年開館の彦根映画劇場は経営者が同じであり実質的な前身館。。

1996年4月26日、彦根市のJR南彦根駅近くに大型複合商業施設「ビバシティ彦根」がオープンする。店舗を含めた施設の延床面積は約10万m2であり滋賀県最大規模。核となる店舗はビバシティ平和堂。ボウリング場、カラオケ店、ゲームセンター、スポーツクラブ、4スクリーン計560席を持つ映画館もある。*29

2018年8月31日、彦根市の映画館「ビバシティシネマ」で『カメラを止めるな!』の上映が開始された。同日の上映後、長浜市木之本町出身の上田慎一郎監督と、上田監督の幼馴染で音楽を担当した鈴木伸宏による舞台挨拶が行われた。上田の実家から一番近い映画館はビバシティシネマであり、何度も遠足気分で足を運んだという。同日には近江八幡市の「イオンシネマ近江八幡」と大津市の「大津アレックスシネマ」でも2人の舞台挨拶が行われた。*30

2018年8月31日から、彦根市の映画館「ビバシティシネマ」で『カメラを止めるな!』が公開される。上田慎一郎監督は長浜市木之本町出身だが、長浜市や米原市には映画館がなく、上田監督は自身のSNSで「電車で1時間かけてこの映画館に行った。ドラえもんもドラゴンボールもアルマゲドンもここで見たんや」と記している。*31

近江八幡市

常盤館/トキワ館(旧)
所在地 : 滋賀県蒲生郡八幡町(1950年・1953年)、滋賀県近江八幡市宮内町(1955年)、滋賀県近江八幡市宮内町87(1960年・1963年)、滋賀県近江八幡市宮内町87-1(1964年)
開館年 : 1946年10月
閉館年 : 1964年頃(移転)
『全国映画館総覧 1955』では1946年10月開館。1950年の映画館名簿では「常盤館」。1953年・1955年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「トキワ館」。1964年頃に八幡公園下から仲屋町に移転。旧館の建物は1973年か1974年の火災で焼失。1979年弘報社住宅地図では跡地に「旧映画館」。跡地は「シキボウ駐車場」。
武佐映画劇場
所在地 : 滋賀県蒲生郡武佐村大字南野567(1958年)、滋賀県近江八幡市末広町567(1960年・1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1965年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「武佐映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
武佐東映南座/武佐東映
所在地 : 滋賀県近江八幡市末広町(1960年)、滋賀県近江八幡市末広町730(1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「武佐東映」。1964年の映画館名簿では「武佐東映南座」。1965年の映画館名簿では「武佐東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
八幡大劇
所在地 : 滋賀県近江八幡市宮内町100(1961年・1962年)、滋賀県近江八幡市宮内町87(1963年)、滋賀県近江八幡市宮内町100(1964年・1965年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1962年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「八幡大劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1973年か1974年の火災で焼失。1979年弘報社住宅地図では跡地に「旧映画館」。跡地は「近江八幡市立図書館」敷地。
八幡映画劇場/八幡東映トキワ館/八幡東映/トキハ館(新)
所在地 : 滋賀県近江八幡市仲尾町(1955年)、滋賀県近江八幡市仲尾町9(1960年)、滋賀県近江八幡市仲尾町上9(1963年)、滋賀県近江八幡市仲屋町上9(1964年)、滋賀県近江八幡市仲屋町上(1965年)、滋賀県近江八幡市仲屋町上9(1966年・1969年・1973年・1977年)、滋賀県近江八幡市仲屋町(1980年)、滋賀県近江八幡市仲屋町9(1985年・1988年・1990年・1992年)
開館年 : 1952年12月、1964年頃(トキワ館移転)
閉館年 : 1988年? 1992年以後1994年以前?
『全国映画館総覧 1955』では1952年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「八幡映画劇場」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「八幡東映」。1965年・1966年・1969年・1973年・1977年の映画館名簿では「八幡東映トキワ館」。1979年弘報社住宅地図では「八幡東映トキワ館」。1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「八幡東映」。1990年・1992年の映画館名簿では「トキハ館」。1994年の映画館名簿には掲載されていない。1999年ゼンリン住宅地図では跡地に空白の建物。建物は2004年頃に取り壊された。

1958年の近江八幡市の仲屋町通りにあった「トキハ館」の写真あり。「八幡映画劇場」の看板が見える。当時は近江八幡市唯一の映画館だった。3本立ての上映も行われた。2005年現在も残っている「トキハ館」の写真あり。「トキハ館」の看板が見える。大型スーパーに客を取られたことで、仲屋町通りは衰退して映画館の観客も減少し、1988年に閉館した。*32

2004年には近江八幡市仲屋町上にあった映画館「トキハ館」の建物が、「BIWAKOビエンナーレ」の映像作品の上映会場となった。トキハ館は1952年に開館し、1970年代までは任侠映画などでにぎわったが、約15年前に閉館していた。100席。建物は近いうちに取り壊される予定。*33

2004年8月29日、近江八幡市仲屋町上の映画館「トキハ館」が閉館した。建物は近いうちに取り壊される。1952年に開館したが、1986年に閉館した。2004年8月1日から30日までは「BIWAKOビエンナーレ2004」が開催され、期間中は映像作品やドキュメンタリー作品の上映場所として使用された。*34
ワーナー・マイカル・シネマズ近江八幡/イオンシネマ近江八幡
所在地 : 滋賀県近江八幡市鷹飼町190-9 イオン近江八幡ショッピングセンター2番街4階
開館年 : 2000年10月6日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2000年10月6日にワーナー・マイカル・シネマズ近江八幡として開館。2005年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ近江八幡1-8」(8館)。2013年7月にイオンシネマ近江八幡に改称。2015年の映画館名簿では「イオンシネマ近江八幡1-8」(8館)。

東近江市

永源寺映画劇場
所在地 : 滋賀県神崎郡永源寺町山上(1961年・1962年・1963年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1963年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1962年・1963年の映画館名簿では「永源寺映画劇場」。1964年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。
能登川劇場/能登川昭和映画劇場/能登川昭和映画劇場/能登川映画劇場
所在地 : 滋賀県神崎郡能登川町(1953年)、滋賀県神崎郡能登川町26(1955年)、滋賀県神崎郡能登川町垣見(1960年)、滋賀県神崎郡能登川町26(1963年)、滋賀県神崎郡能登川町垣見(1966年)
開館年 : 1930年代、1953年9月
閉館年 : 1968年
『全国映画館総覧 1955』では1953年9月開館。1953年の映画館名簿では「能登川劇場」。1955年の映画館名簿では「能登川昭和映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「能登川昭和映画劇場」。1966年の映画館名簿では「能登川映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「セブンイレブン能登川垣見店」南西30mの民家。最寄駅はJR琵琶湖線能登川駅。
清楽館/大正座/八日市東映大正座/八日市シネマ・八日市東映劇場/八日市シネマ
所在地 : 滋賀県八日市市金屋町643(1963年)、滋賀県八日市市金屋1-6-9(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1957年(八日市東映大正座)、1960年1月(八日市シネマ)
閉館年 : 1970年(八日市東映劇場)、1972年(八日市シネマ)
Wikipedia : 八日市東映劇場
『全国映画館総覧 1955』では1948年10月開館。1960年の映画館名簿では金屋町641に「八日市シネマ」。1963年の映画館名簿では金屋町641に「八日市シネマ」で金屋町643に「八日市東映」。1963年以後1966年以前には隣接地にあった両社が経営統合。1966年・1969年の映画館名簿では「八日市シネマ・八日市東映劇場」(2館)。1973年の映画館名簿では「八日市シネマ」。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。

1951年頃の八日市東映(大正座)の写真あり。大きく「八日市東映」の看板があり、その上に小さく「大正座」の看板がある。大正座は野々宮神社の裏手にあり、当初は芝居小屋として、のちに映画館となった。八日市市には大正座のほかに、昭映、協映、八日市シネマなどがあった。戦前の八日市には飛行第三連隊があったため、大正座は兵士の娯楽施設でもあった。映画のほかには小サーカスや演劇の興行も行われた。大正座は1970年に閉館した。2005年現在の跡地には一般住宅が建てられている。*35
昭和映画劇場/協楽映画劇場・昭和映画劇場/八日市協楽映画劇場・八日市昭和映劇/八日市協映・昭和映劇/八日市協映・昭栄劇場
所在地 : 滋賀県八日市市浜野465(1955年)、滋賀県八日市市浜野町(1960年)、滋賀県八日市市本町10-2(1980年・1990年)
開館年 : 1928年6月、1940年、1978年(新築移転)
閉館年 : 1996年
Wikipedia : 八日市協楽映画劇場
『全国映画館総覧 1955』では1928年6月開館。1955年の映画館名簿では「昭和映画劇場」。1960年の映画館名簿では「協楽映画劇場・昭和映画劇場」(2館)。1969年の映画館名簿では「八日市協楽映画劇場・八日市昭和映劇」(2館)。1979年弘報社住宅地図では「協映」。1979年弘報社住宅地図では「昭映」。1980年の映画館名簿では「八日市協映・昭和映劇」(2館)。1990年の映画館名簿では「八日市協映・昭栄劇場」(2館)。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

1928年には八日市初の映画館として「万歳館」が開館した。社長は横畑耕夫。戦時中に火災で焼失したが、飛行隊の尽力で再建され、「昭和映画劇場」(略して昭映)として開館した。1950年頃の昭映の写真あり。「昭映」の看板が見える。1981年現在は協楽映画劇場と並んで建っている。*36

1955年の八日市市にあった「昭和映画劇場」の写真あり。「昭映」の愛称で親しまれている。1991年現在では協楽映画と並んで建っている。当初は「万歳館」という名称だったが、火災後に飛行隊によって再興され、昭和映画劇場となった。*37

愛知郡愛荘町

愛映劇場
所在地 : 滋賀県愛知郡愛知川町愛知川(1955年)、滋賀県愛知郡愛知川町(1958年・1960年)、滋賀県愛知郡愛知川町愛知川(1963年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955』では1953年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「愛映劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。現在の跡地は「宝満寺」すぐ東の「愛知川保育園」の南東50mの駐車場。最寄駅は近江鉄道湖東近江路線愛知川駅。

愛知川町の中山道沿いには「愛知川映画劇場」(通称は愛映)があった。1952年から1953年頃に株式組織で開館し、森野久助が愛知川振興株式会社の初代代表に就任した。当時は愛知川の住民が映画を観る場合は彦根や八日市を訪れる必要があった。東映のチャンバラ映画、石原裕次郎や小林旭主演の作品などを上映し、歌謡ショーや舞踊の公演もあった。映画館の周囲にはうどん・焼きまんじゅう・アイスキャンディなどを販売する店があった。館内は木製の長椅子だった。入場料は大人70円・学生55円だった。愛知川映画劇場で支配人を務めた森野儀三郎は地域の名士であり、愛知川区長、愛知川町議会議員、高校PTA会長、小学校同窓会会長、印刷会社社長などを歴任した。後に内閣総理大臣となる衆議院議員の宇野宗祐と親交があり、後に東京都知事となる石原慎太郎と対談したこともある。森野儀三郎は1965年以前に閉館させようと思っていたが、東海道新幹線のための現場作業員が愛知川に飯場を作って働いており、警察から工事が終わるまで営業し続けるように要請があった。愛知川映画劇場は1967年頃に閉館し、建物は愛知川ストアに売却した。2004年現在の愛知川映画劇場跡地は駐車場となっている。*38

2002年6月4日付『京都新聞』滋賀版には、愛知川商工会がかつての商店街の地図を掲載した冊子を作ったとする記事が掲載されている。現物は未確認。*39

犬上郡甲良町

映画館名簿によると甲良町に映画館はなかったと思われる。

犬上郡多賀町

映画館名簿によると多賀町に映画館はなかったと思われる。

犬上郡豊郷町

映画館名簿によると豊郷町に映画館はなかったと思われる。

蒲生郡日野町

日野映画劇場
所在地 : 滋賀県蒲生郡日野町大窪85(1958年)、滋賀県蒲生郡日野町大窪815(1960年・1963年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1962年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「日野映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1979年弘報社住宅地図では跡地に「日映興業衛生部」。跡地は「徳田しょうゆ店」の南、「岡本町曳山格納庫」の南東80m。建物が現存。

戦後の日野町には仮設の映画館として「蒲生映協」があり、週1回から2回の上映が行われていた。日野警察(※後の日野警部交番。その後移転。)から道路を挟んで東側にあった。日野町大窪には「日野映画劇場」(日映)があった。1955年(昭和30年)頃に開館し、1962年(昭和37年)頃まで上映していた。*40

蒲生郡竜王町

映画館名簿によると竜王町に映画館はなかったと思われる。

湖北

長浜市

長浜市の映画館
1921年(大正10年)には南呉服町の「日比研究劇場」、高田町の「新清館」、神前町の「長浜劇場」と、映画館が相次いで開館した。館名は不明だが昭和初期の長浜市の映画館前で撮影した写真あり。*41
日吉座
所在地 : 滋賀県伊香郡木之本町(1950年・1953年)、滋賀県伊香郡木之本町木之本(1955年・1958年)、滋賀県伊香郡木之本町(1960年・1963年)
開館年 : 昭和初期
閉館年 : 1965年頃
1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「日吉座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の弘報社住宅地図では跡地に「旅館 日吉屋 吉川」。建物は現存。映画館時代の建物をそのまま使った仕出し屋「日吉屋」。

木之本町には映画館「日吉座」があり、2004年現在は仕出し屋となっている。外装は映画館時代の面影を残しており、内部の客席部分は椅子が撤去されて畳敷きの宴会場になっているが、舞台はそのまま残っており、カラオケ設備が設置されている。*42

2017年7月16日には長浜市木之本町木之本で「きのもと映画祭」が開催され、映画館「日吉座」が約半世紀ぶりに復活する。*43

2017年7月16日には長浜市木之本町木之本で、木之本地区地域づくり協議会が「きのもとノスタルジー」の一環で「きのもと映画祭」を開催する。会場は1965年頃まで営業していた映画館「日吉座」。日吉座は北国街道の西側の通り沿いにあり、大正時代に料理旅館として創業すると、昭和初期に映画館を併設して演芸場としても利用された。*44

2019年8月31日には長浜市木之本町で、かつて映画館「日吉座」だった建物を使用して「第3回きのもと映画祭」が開催される。日吉座は1965年頃に映画館としては閉館した。*45
日比劇場/大和映画劇場
所在地 : 滋賀県長浜市南呉服町325(1958年)、滋賀県長浜市南呉服町335(1960年)
開館年 : 1921年(演劇場)、1955年10月下旬(映画館化)
閉館年 : 1960年以後1963年以前? 1970年頃?
1921年日比劇場として開館。長浜初の映画館。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「大和映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1970年頃閉館とされる。1970年弘報社住宅地図では跡地に「大阪チェーンストアーKK長浜店」。

1955年10月下旬、長浜市の「大和映画劇場」が開館した。「大和劇場」を改修して映画常設館となった。支配人は岡崎為義。洋画と日活の上映館。座席数は450。*46

JR長浜駅から北に向かった豊国神社の前に、1921年に長浜市初の映画館「日比劇場」が開館した。この場所にはもともと繭市場があり、日比劇場の開館によって繭市場は移転している。太平洋戦争中に改装されて「大和劇場」という映画館となったが、1970年頃に廃業した。跡地の建物はスーパーとなったが、2004年現在は取り壊されて駐車場となっている。*47
長浜大映/長浜映画劇場
所在地 : 滋賀県長浜市(1950年)、滋賀県長浜市永保町(1960年・1963年)、滋賀県長浜市永保町39(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1950年以前、1953年8月
閉館年 : 1969年以後1970年以前?
『全国映画館総覧 1955』では1953年8月開館。1950年の映画館名簿では「長浜映画劇場」。1955年の映画館名簿では「長浜大映」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「長浜映画劇場」。1970年弘報社住宅地図では跡地に「信和家具」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。1979年弘報社住宅地図では跡地に「坂本歯科医院」。2004年時点の跡地は「坂本歯科」。滋賀県道556号「三ツ矢町」交差点南東角。
ロード劇場/長浜東映劇場/長浜東映
所在地 : 滋賀県長浜市(1953年)、滋賀県長浜市西本町10(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年)、滋賀県長浜市元浜町1-12(1973年)、滋賀県長浜市元浜町1-2(1980年・1985年)
開館年 : 1953年8月
閉館年 : 1985年以後1990年以前
『全国映画館総覧 1955』では1953年8月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「ロード劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「長浜東映」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「長浜東映劇場」。1970年・1979年弘報社住宅地図では「長浜東映劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「長浜東映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「滋賀銀行長浜駅前代理店」。

1915年(大正4年)に下郷共済会が御大典記念に建てた私立図書館「下郷共済会文庫」の建物を、戦後から長浜東映劇場が使用していた。長浜東映劇場の廃業後に建物は取り壊され、跡地は滋賀銀行長浜駅前代理店となっている。1963年の長浜東映劇場の写真あり。1962年の東映作品『ちいさこべ』の看板が見える。*48

長浜駅の駅前通りと北国街道の角には洋風建築の映画館「東映劇場」があり、主に時代劇や任侠物の映画を、春休みや夏休みには子供向け映画を上映した。この洋風建築は1915年11月に下郷共済会文庫として建てられたものであり、西側にあった鐘秀館(1993年現在は農協長浜支所)とともに滋賀県初の図書館・美術館として知られた。戦後のこの建物は洋画上映館「ロード劇場」となった。テレビ普及後の東映劇場は三本立てや四本立ての映画館となり、土曜日にはオールナイト上映も行われた。東映劇場の周辺にはおもちゃ店「うさぎや」(後に八百屋)、パチンコ店「アタリヤ」などもあった。1993年現在の東映劇場は駐車場となり、当時の面影はない。*49
長浜楽市ドライブインシアター
所在地 : 滋賀県長浜市八幡東町9-1(1990年)
開館年 : 1988年?
閉館年 : 1998年
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1995年の映画館名簿では「長浜楽市ドライブインシアター」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「西友長浜楽市店」。

西友長浜楽市店の開店は1988年3月31日だが、ドライブインシアターは遅れて設置されたらしい。

1998年1月27日付『読売新聞』滋賀版には、1998年1月限りで長浜市の「長浜楽市ドライブインシアター」が10年の歴史に幕を閉じるという記事が掲載されている。現物は未確認。*50
長栄座/松竹館/長浜協映劇場/長浜協映
所在地 : 滋賀県長浜市横町16(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、滋賀県長浜市元浜町6-8(1980年・1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1883年
閉館年 : 1996年1月28日
『全国映画館総覧 1955』では1895年6月開館。1883年開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「松竹館」。1960年長浜協映に改称。1960年の映画館名簿では「協映劇場」。1960年の映画館名簿では「長浜劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「長浜協映劇場」。1970年・1979年弘報社住宅地図では「協映」。1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「長浜協映」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。長浜市最後の常設型映画館。跡地は「横町月極駐車場」。

時期不明だがアーケードがない横町通り(浜京極)の写真あり。「夢にまで見た松竹館」という文字が見える。1949年にコンクリート舗装された頃に映画の人気が急上昇し、映画館「松竹館」では『長崎の鐘』、『羅生門』、『また逢う日まで』などが上映された。*51

時期不明の横町通り(浜京極)の写真あり。1949年に道路が舗装され、各店舗が競うように電飾を施した。映画館「松竹館」前には多くの自転車が並んでいる。1952年には『風と共に去りぬ』が、1953年には『君の名は』が、1954年には『七人の侍』『雪之丞変化』『笛吹童子』が上映された。*52

1996年1月28日、長浜市元浜町の映画館「長浜協映」(320席)が閉館する。県内の単独映画館は彦根市の「彦根映画劇場」(彦劇、220席)のみとなる。両館は大阪市に本社を置く自由映画社の運営であるが、1996年春にはJR琵琶湖線南彦根駅前のビバシティ彦根に4スクリーンの複合映画館を開館させる予定であり、4月には彦根映画劇場も閉館する予定である。長浜協映は明治時代開館の芝居小屋である長栄座が前身。長栄座の家主だった片桐寅之進は1930年に映画館「松竹館」を開館させた。1956年には松竹館の経営権が自由映画社に移り、この際に「長浜協映」に改称した。1950年代から1960年代の黄金期には長浜協映のほかに、「長浜映画劇場」、「長浜ロード劇場」(長浜東映劇場)、「大和劇場」もあり、長浜市内には4館の映画館があった。*53

1996年4月7日、長浜市で北近江秀吉博覧会(秀吉博)が開幕する。メインの中央会場は、元浜町の旧映画館と商家を改造しており、映像ホール、大河ドラマ「秀吉」関連の展示室、物産展示室、喫茶コーナーが設置されている。映像ホールは約200人が入場できる。*54

1883年(明治16年)に開館した劇場の長栄座が全身。浜京極商店街の中央部にあった。1976年(昭和51年)には浜京極商店街にアーケードが設置されている。長浜市最後の映画館である。閉館後の1996年(平成8年)には建物が北近江秀吉博覧会のパビリオンとして利用され、その後取り壊された。跡地は横町月極駐車場。昭和20年代の長栄座付近の写真あり。*55

米原市

米原劇場
所在地 : 滋賀県坂田郡米原町
開館年 : 不明
閉館年 : 不明
映画館名簿には掲載されていない。

米原駅東口から中山道に至る通りは米原銀座と呼ばれ、映画館「米原劇場」があった。国鉄購買部や三協ストアの近くにあった「弥生座」が閉館した後に米原劇場が開館したが、開館年や閉館年は定かでない。国道8号から中山道に向かって、通りの北側には日通荷物、小物屋、八百屋、米原劇場、風呂屋、散髪屋、履物屋があった。通りの南側には食堂、旅館、小物屋、靴屋、菓子屋、麻雀荘・ビリヤード場、文具店、文具店があった。*56
遊楽館
所在地 : 滋賀県坂田郡醒井村(1950年・1952年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1952年頃
1950年の映画館名簿では「遊楽館」。1952年の経営者・支配人は川崎米造、木造2階、定員400、大映・松竹を上映。1953年の映画館名簿には掲載されていない。

湖西

高島市

栄楽座
所在地 : 滋賀県高島郡今津町(1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1961年・1962年)
開館年 : 1947年9月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』では1947年9月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「栄楽座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は滋賀県道291号栄町交差点北北東80mの民家。最寄駅はJR湖西線近江今津駅。

今津町は映画のロケでよく使用された町であり、琵琶湖畔の松並木を東海道に見立てた時代劇などの撮影が行われた。大河内伝次郎、長谷川一夫、美空ひばり、八千草薫、市川雷蔵、市川歌右衛門、大川橋蔵、中村錦之助、東千代ノ介、本郷功次郎、勝新太郎などが訪れている。俳優がよく泊まった旅館は丁子屋であり、監督やスタッフがよく泊まった旅館は長浜屋(2004年現在は駐車場)であり、人数が多い場合は福田屋などにも分かれて泊まった。*57

高島郡今津町の栄区には「栄楽座」があった。昭和30年代の映画全盛期には連日たくさんの観客を集めた。昭和40年代にはテレビが普及して映画が斜陽化し、栄楽座はパチンコ店に代わった。1983年(昭和58年)には建物が取り壊された。*58
安曇川映画劇場
所在地 : 滋賀県高島郡安曇川町西万木(1958年・1960年・1963年)、滋賀県高島郡安曇川町797(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1973年以後1977年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「安曇川映画劇場」。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。1981年のゼンリン住宅地図では跡地に「日本生命安曇川支部」。高島市最後の映画館。2004年時点の跡地は「日本生命」。現在の跡地は「魚岩安曇川店」の東側の建物。

このページへのコメント

甲賀市のパール劇場は甲賀町田堵野にあり、昭和34年に開業して10年ほど営業したと甲賀町50年記念アルバム「夢生きる里かふか」に当時の支配人の談が掲載されている。
跡地はパールホールという葬儀場になっている。

0
Posted by ます 2021年04月12日(月) 16:11:20 返信数(1) 返信

貴重な情報ありがとうございます!
反映させました。

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2021年04月13日(火) 04:15:43

武佐映画劇場の跡地の現在は民家になってる。
俺の36年位前の9歳当時の記憶では武佐映画劇場の建物が残存していて、建物内の観客席は駐車場として転用されていた。
コンクリート造りだったが、鉄筋か木造かは解らない。
営業当時は近衛十四郎や市川雷蔵等の映画を上映していたり、1963年には芝居も興行されていたが、テレビの普及により完全閉館する事になったから1963年はたまた1964年以後の完全閉館が現時点では正しい。
駐車場として転用されていた当時、2階の映写室に上がる入口は板で封鎖されていたが、映写機は当時のまま残されていた。
映写室は1階入口の真上だった為、完全閉館後や駐車場として転用されていた当時、投石等のイタズラによる映写室のガラス窓は割られていた。
現在は民家の為に番地を明かせないが、余り付き合いがなかった遠縁の親戚が経営していた。
創業主は西生来町の男山八幡宮に午(馬)の像を寄贈した。

0
Posted by きまぐれ★オレンジロード 2019年10月04日(金) 05:11:56 返信数(1) 返信

貴重な情報をありがとうございます!

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2019年10月18日(金) 21:29:22

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます