閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


国中:峡中

甲府市

甲府市の映画館
1911年(明治44年)には甲府初の映画館として「甲府館」(中央1丁目)が開館した。1919年(大正8年)には「富士館」(中央4丁目)が、昭和に入って「中央館」(仲見世通り北側)、「オリオンパレス」(丸の内1丁目)、「松竹銀峰」、「日活」(丸の内1丁目)が相次いで開館した。終戦後には甲府館が「電気館」に、中央館が「セントラル劇場」に改称。「東宝劇場」が太田町から春日町(中央1丁目)に移り、「甲府東宝プラザ劇場・甲府宝塚劇場」の2館となった。「武蔵野館」は「ピカデリー」と「武蔵野館」の2館となった。「スカラ座」(後のテアトル甲府)、「南嶺」、「伊勢」、「かぶと」、「シネマ」、「甲南」、「ヒカリ」、「朝日館」(後の国際劇場)、「名画座」も相次いで開館した。テレビの普及や東京オリンピックの開催などで、1965年(昭和40年)頃には映画産業が斜陽化した。時期不明の甲府館、時期不明の中央館、時期不明の富士館、1973年の電気館の写真あり。*1
オリオンパレス映画劇場
所在地 : 山梨県甲府市紅梅町(1955年)
開館年 : 1946年11月
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1946年11月。1955年の映画館名簿では「オリオンパレス映画劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
ヒカリ座
所在地 : 山梨県甲府市白木町(1955年)、山梨県甲府市白木町92(1958年・1960年)、山梨県甲府市朝日町4-5-6(1963年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1951年12月。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「ヒカリ座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
かぶと座/甲府かぶと座
所在地 : 山梨県甲府市和田平町15(1960年・1963年)、山梨県甲府市城東3-5-6(1966年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1966年頃
1960年・1963年の映画館名簿では「かぶと座」。1966年の映画館名簿では「甲府かぶと座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
甲府南嶺映画劇場/甲府有楽座
所在地 : 山梨県甲府市伊勢町2615(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年頃(甲府南嶺劇場)、1960年3月(甲府有楽座)
閉館年 : 1968年
1960年の映画館名簿では甲府南嶺映画劇場」。1963年・1966年の映画館名簿では「甲府有楽座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
伊勢劇場/甲府伊勢劇場
所在地 : 山梨県甲府市伊勢町2717(1960年)、山梨県甲府市伊勢町2712(1963年)、山梨県甲府市伊勢町2717(1966年)
開館年 : 1955年12月30日
閉館年 : 1968年
1960年・1963年の映画館名簿では「伊勢劇場」。1966年の映画館名簿では「甲府伊勢劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
銀峯座・甲府松竹映画劇場/甲府松竹映画劇場/甲府日活・甲府松竹映画劇場/甲府銀峰劇場
所在地 : 山梨県甲府市常盤町7(1958年・1960年・1963年)、山梨県甲府市丸の内1-21-11(1966年・1969年)
開館年 : 1947年6月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると銀峯座の開館は1946年5月で甲府松竹映画劇場の開館は1947年6月。1955年の映画館名簿では常盤町に「銀峯座」と「甲府松竹映画劇場」。1958年の映画館名簿では「甲府松竹映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では常盤町6に「甲府日活」で常盤町7に「甲府松竹映画劇場」。1966年の映画館名簿では丸の内1-21-11に「甲府日活・甲府松竹映画劇場」(2館)。1968年のゼンリン住宅地図では「甲府松竹」。1969年の映画館名簿では「甲府銀峰劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「岡島百貨店」の建物南東角。
甲府新東宝名画座/名画座/甲府名画座
所在地 : 山梨県甲府市橘町1(1958年・1960年・1963年)、山梨県甲府市丸の内2-15-12(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「甲府新東宝名画座」。1960年の映画館名簿では「名画座」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「甲府名画座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1968年のゼンリン住宅地図では「名画座」。跡地は「秀英予備校大学受験部山梨校」の敷地北西。
甲府館/東映電気館/甲府東映電気館/甲府電気館
所在地 : 山梨県甲府市錦町18(1958年・1960年・1963年)、山梨県甲府市中央1-5-4(1966年)、山梨県甲府市中央1-4-4(1969年・1973年)
開館年 : 1911年、1945年12月
閉館年 : 1973年以後1976年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1945年12月。1955年の映画館名簿では「電気館」。1958年の映画館名簿では「甲府電気館」。1960年の映画館名簿では「東映電気館」。1963年・1966年の映画館名簿では「甲府東映電気館」。1968年のゼンリン住宅地図では「東映電気館」。1969年・1973年の映画館名簿では「甲府電気館」。1975年のゼンリン住宅地図では「ダイエー甲府ショッパーズプラザ」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。1982年のゼンリン住宅地図では「ダイエー7階甲府東映」。跡地はマンション「デュオヒルズ甲府」建物南側。

1927年の甲府市にあった映画館「甲府館」の写真あり。1911年に活動写真常設館として春日通りに開館し、やがて「第一甲府館」・「第二甲府館」の2館となった。1936年には「電気館」に改称し、戦後も営業した。甲府館があった場所は1999年までトポス(ダイエー)があったが、2004年現在はオギノの一角となっており、映画館の「東映アルジャン」が入っている。*2

昭和30年代の甲府市にあった映画館「電気館」の写真あり。現在の岡島百貨店の南、「かすがもーる」とエル西銀座の通りの交差点にあった。*3

昭和20年代後半の春日町商店街に開館した映画館「電気館」と「セントラル劇場」の写真あり。1945年に電気館が開館し、東映系の作品を上映した。1946年にセントラル劇場が開館し、洋画を上映した。右奥には岡島百貨店が見える。現在の春日町商店街はかすがもーると改称している。*4
甲府市民劇場
所在地 : 山梨県甲府市飯田3-2-44(1980年)
開館年 : 1976年以後1980年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
1976年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の映画館名簿では「甲府市民劇場」。1982年のゼンリン住宅地図では「健康文化劇場2階市民劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「JA会館南別館」の建物西側。
国際劇場/国際映画劇場/甲府国際劇場/朝日シネマ武蔵野館
所在地 : 山梨県甲府市朝日町15(1960年・1963年)、山梨県甲府市朝日1-11-2(1966年・1969年・1973年・1985年)
開館年 : 1955年12月29日
閉館年 : 1985年以後1990年以前
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 甲府市街地
1960年の映画館名簿では「国際劇場」。1963年の映画館名簿では「国際映画劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「甲府国際劇場」。1968年のゼンリン住宅地図では「国際映画劇場」。1976年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の映画館名簿では「朝日シネマ武蔵野館」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「建栄ビル」北側の「クラブカット」駐車場。

1955年12月29日、朝日町通りのデパートを改装して「国際映画劇場」が開館した。*5
甲府武蔵野館/甲府武蔵野館・甲府ピカデリー劇場/甲府武蔵野館・甲府ピカデリー
所在地 : 山梨県甲府市柳町16(1960年・1963年)、山梨県甲府市中央4-317(1966年)、山梨県甲府市中央4-3-6(1969年・1973年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1954年3月
閉館年 : 1996年10月
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 甲府市街地
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1954年3月。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「甲府武蔵野館」。1968年のゼンリン住宅地図では「甲府武蔵野館」。1973年の映画館名簿では「甲府武蔵野館・甲府ピカデリー劇場」(2館)。1975年のゼンリン住宅地図では「甲府武蔵野館ピカデリー」。1976年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「甲府武蔵野館・甲府ピカデリー」(2館)。1982年のゼンリン住宅地図では「ピカデリー」「甲府武蔵野館」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。後継施設は「甲府武蔵野シネマ・ファイブ」(5館)。

1927年の甲府市仲見世にあった映画館「中央館」の写真あり。2004年現在はワシントンホテルプラザの敷地の一部となっており、この建物には映画館の「武蔵野シネマファイブ」が入っている。*6
甲府シネマカリテ1・2
所在地 : 山梨県甲府市丸の内1-8-1(2000年)
開館年 : 1996年10月10日
閉館年 : 2001年9月30日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 甲府市街地
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年の映画館名簿では「甲府シネマカリテ1・2」(2館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。

1996年10月10日、甲府市丸の内1丁目の国際興業ビル地下に「甲府シネマ・カリテ1・2」が開館した。運営は武蔵野興業。1が93席、2が69席。武蔵野興行は甲府市中心部に14階建てビルの建設と5スクリーンの映画館の開館を計画中であり、甲府シネマ・カリテは完成までの仮店舗という位置づけである。オープニング作品は岩井俊二監督の『スワロウテイル』とケヴィン・コスナー主演の『ティン・カップ』。*7

2001年9月30日、甲府市丸の内1丁目の映画館「甲府シネマ・カリテ1・2」が閉館する。1996年に甲府武蔵野シネマ・ファイブが建て替えられた際、代替施設として国際興業ビルの地下に開館した。2スクリーンを有し、洋画が上映の中心だった。比較的収支が良好だったため、1998年に甲府武蔵野シネマ・ファイブの建て替えが終わった後も営業を続けたが、隣接する西武デパートの閉店などで観客数が減少した。2000年末には郊外にシネコン「グランパーク東宝8」が開館し、甲府市の映画館は8施設27館となった。甲府市の映画館は過当競争気味となり、甲府シネマ・カリテの観客数は開館当初の半分以下に落ち込んでいた。国際興業ビルの賃貸契約が9月末で切れることから閉館が決定した。国際興業ビルの所有者である山梨県土地開発公社は、施設を改修して研修施設や生涯学習センター事業に使うという。*8
甲府スカラ座/テアトル甲府/テアトル甲府1・2・3/テアトル甲府1・2・3・4
所在地 : 山梨県甲府市若松町6-34(1966年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 2001年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 甲府市街地
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「甲府スカラ座」。1968年のゼンリン住宅地図では後の映画館の場所に「甲府ボール」。1969年・1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年・1982年のゼンリン住宅地図では「テアトル甲府」。1976年・1980年の映画館名簿では「テアトル甲府」。1985年の映画館名簿では「テアトル甲府1・2」(2館)。1990年の映画館名簿では「テアトル甲府1・2・3」(3館)。1995年・2000年の映画館名簿では「テアトル甲府1・2・3・4」(4館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は食品店「おかめ麹」の南東。

2001年2月下旬、甲府市若松町の映画館「テアトル甲府」が閉館する。近年の甲府市では映画館が過密状態にあり、テアトル甲府は観客数が減少していた。1950年代に「スカラ座」として開館し、一時期はボウリング場に転換していたが、再び映画館のテアトル甲府となった。1985年以降には順次スクリーン数を増やしており、1991年には4スクリーンになった。1998年頃から甲府市中心部では映画館の開館や増築が相次ぎ、スクリーン数は10から19に増加していた。2000年12月には8スクリーンのシネコン「グランパーク東宝8」も開館しており、山梨県は「人口に対するスクリーンの多さが全国一、二」と言われる映画館激戦区になっていた。2000年12月の観客数は4年前の半分以下に落ち込んでおり、グランパーク東宝8の開館後はさらに減少していた。2月3日からは4スクリーンのうち1スクリーンのみの上映とし、早ければ2月23日に、遅くとも2月28日までに完全閉館する。同じく有泉英機社長が経営する「テアトル石和」は好調なため営業を続ける。*9

2001年2月いっぱいで、甲府市若松町にある映画館「テアトル甲府」が閉館する。1950年代前半に「スカラ座」として開館し、有泉英機社長によると甲府市内で3番目に古い映画館だという。4スクリーンを有する。2000年12月には「グランパーク東宝8」が開館して競争が激化しており、入場者数はここ3年で半分以下に落ちこんでいた。車での来館者に料金を割り引いたり、ウェブサイトで映画情報を流すなどして固定客の取り込みを図っていた。*10

2001年2月28日、甲府市若松町の映画館「テアトル甲府」が閉館する。約半世紀にわたって市民に親しまれていたが、郊外に開館したシネコンなどに押されていた。今後は石和町で営業中の「テアトル石和」に注力する。1950年代前半にスカラ座として開館し、現在の甲府市にある映画館では東映セントラルと並ぶ老舗館だった。1960年代にはボウリング場に経営が写ったが、テアトル甲府として映画館が復活。4スクリーンがあり、50席から300席までの計650席がある。1953年の『君の名は』は大人気であり、夜中2時まで上映したが満員だった。『君の名は』はフィルムが足りず、南巨摩の5映画館ではフィルムをリレーして営業した。テアトル甲府ではブルース・リー関連の映画の人気が高かった。2000年12月にはシネコン「グランパーク東宝8」が開館し、甲府市内のスクリーン数は27スクリーンに増加している。*11

2001年3月2日をもって、甲府市若松町の映画館「テアトル甲府」が閉館した。1950年代に「スカラ座」として開館した。現在は4スクリーンを有するが、近年は映画館数増加のあおりを受けて観客数が減少し、2月3日からは1スクリーンのみで上映していた。テアトル甲府の閉館にともなって、映画館で使用されていた座席を希望者に無料で譲渡している。*12
中央劇場/セントラル劇場/甲府セントラル劇場/甲府東映/甲府東映劇場/甲府東映セントラル
所在地 : 山梨県甲府市錦町(1955年)、山梨県甲府市錦町18(1958年・1960年・1963年)、山梨県甲府市中央1-5-2(1966年)、山梨県甲府市中央1-4-3(1969年・1973年)、山梨県甲府市中央1-5-2(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1946年12月
閉館年 : 2009年6月
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 甲府市街地
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1946年12月。1955年の映画館名簿では「中央劇場」。1958年の映画館名簿では「甲府東映」。1960年の映画館名簿では「セントラル劇場」。1963年・1966年の映画館名簿では「甲府セントラル劇場」。1969年の映画館名簿では「甲府東映」。1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「甲府東映劇場」。1975年のゼンリン住宅地図では「ダイエー甲府ショッパーズプラザ」。2000年の映画館名簿では「甲府東映セントラル」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「デュオヒルズ甲府」建物北側。

1996年12月14日、甲府市中央1-5-2で「甲府東映劇場」を運営する中央興業は、甲府東映劇場が入るトポス甲府店の西隣に2スクリーンの映画館「シアターセントラルBe館」とレストランが入るビルを開館させる。既存の甲府東映劇場と合わせて3館体制となる。新ビルは4階建て・延べ床面積約500m2であり、2階に120席のスクリーンを、3階に80席のスクリーンを設置する。4階には最新のデジタル映写機を導入する映写室となる。1階は映画館ロビーのほかに、同一地点にあったレストラン「ポンマルシェ」が入る。基本的には3館のうち1館を邦画とし、残り2館を洋画とする。新館開館と同時に甲府東映劇場は「甲府東映セントラル」に改称し、かつてのセントラルという名称を復活させる。甲府東映劇場の観客数は1994年に6万8000人だったが、1995年に6万3000人に減少していた。新館の開館によって現在の1.5倍から1.8倍の観客数を見込んでいる。*13
甲府武蔵野シネマ1・2・3・4・5
所在地 : 山梨県甲府市中央4-3-5 柳町4Eビル2階(2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1998年9月
閉館年 : 2011年3月31日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 甲府市街地
前身施設は「甲府武蔵野館・甲府ピカデリー」(2館)。1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「甲府武蔵野シネマ1・2・3・4・5」(5館)。2015年の映画館名簿には掲載されていない。5スクリーンのロードショー館。

2012年3月末をもって、甲府市の映画館「甲府武蔵野シネマ・ファイブ」が閉館する。2012年2月9日に運営会社の武蔵野興業が決定した。2012年3月には山梨県最大のシネコンが開館することが決定していた。1954年、武蔵野興業の子会社が「甲府武蔵野館」として開館させた。1998年9月に武蔵野興業の直営となった。6スクリーン、計715席を有しており、甲府市の中心市街地では最大の映画館だった。2004年の観客数は約16万人だったが、2010年には約7万人にまで落ち込んでいた。中心市街地には「甲宝シネマ」と「シアターセントラルBe館」が残っている。*14

2012年3月末をもって、甲府市の映画館「甲府武蔵野シネマ5」が閉館する。2月9日に運営会社の武蔵野興業が発表した。3月には昭和町に山梨県最大規模のシネコンが開館する予定であり、収益の改善が困難だと判断したため。1998年9月、複合商業ビルに甲府武蔵野シネマ5が開館した。5スクリーン計700席超を有し、邦画や洋画の新作を上映していた。*15

2011年3月31日をもって、甲府市中央4丁目のシネコン「甲府武蔵野シネマ5」が休館した。1954年に開館した「甲府武蔵野館」を含めると、半世紀以上に渡って営業していたが、イオンモール甲府昭和に山梨県最大規模のシネコンが開館したことなどで、収益の改善が見込めなくなったため閉館が決定した。最終上映作品は『ミッション・インポッシブル2』。*16
甲府宝塚劇場/甲府シネマ・甲府宝塚劇場/甲府プラザ劇場・甲府宝塚劇場/甲府東宝プラザ劇場・甲府宝塚劇場/甲宝シネマ1・2・3・4
所在地 : 山梨県甲府市春日町2(1960年・1963年)、山梨県甲府市中央1-3-7(1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1936年7月(甲府宝塚劇場として)、1946年(移転)、1997年11月8日(ビル化)
閉館年 : 2013年4月14日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 甲府市街地
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1936年10月。1936年7月に甲府市太田町82番地(現・太田町3)に甲府宝塚劇場として開館。1945年7月の甲府空襲で焼失。1946年に甲府市春日町2番地に移転して開館。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「甲府シネマ・甲府宝塚劇場」(2館)。1973年の映画館名簿では「甲府プラザ劇場・甲府宝塚劇場」(2館)。1975年のゼンリン住宅地図では「甲宝プラザ」。1976年・1980年の映画館名簿では「甲府東宝プラザ劇場・甲府宝塚劇場」(2館)。1982年のゼンリン住宅地図では「甲府宝塚劇場・甲府東宝プラザ」。1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「甲府東宝プラザ・甲府宝塚劇場」(2館)。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「甲宝シネマ1・2・3・4」(4館)。跡地は「甲府101ビル」。

1996年10月には「甲府シネマカリテ」が開館、12月には「シアターセントラルBe館」が開館し、1997年11月8日には「甲府宝塚劇場」を引き継いで「甲宝シネマ」が開館する。甲府宝塚劇場は2スクリーンだったが、甲宝シネマは4スクリーンとなる。鉄筋コンクリート造3階建て。1階にはファストフード店やゲームセンターなどのテナントが入る。11月7日の甲宝シネマ完成式では、女優の一路真輝などによるテープカットが行われる。*17

2008年7月31日、甲府宝塚劇場は甲府市中央1丁目の映画館「甲宝シネマ」を2009年4月に閉館することを発表した。配給元の東宝グループが、甲府市内での配給先を直営館「グランパーク東宝8」に集約することを決めたため。韮崎市出身で阪急グループ創業者の小林一三が、1937年に甲府市太田町に甲宝シネマを開館させた。戦災で焼失したが、1946年には現在地の甲府市中央1丁目に移転して開館した。その後建て替えを行い、現在は4スクリーンを有していた。年間観客数は15万人で横ばいだったが、東宝グループの決定で独立系映画館として存続することが困難だと判断した。*18

2009年4月、甲府市中央1丁目の映画館「甲宝シネマ」が閉館する。2008年3月に配給元の東宝グループが再編されたことに伴い、国母5丁目の「グランパーク東宝8」と統合する方針が浮上したため。甲宝シネマを運営する甲府宝塚劇場は独自での経営が難しいと判断した。1937年、韮崎市出身で東宝の創設者である林一三が、1937年に甲府市太田町に東宝封切館として甲宝シネマを開館させた。1945年の甲府空襲で焼失したが、1946年には現在地に移転して開館した。1995年の建物を新築し、2スクリーンから4スクリーンに増やして甲宝シネマに改称した。過去5年間の年間観客数は約15万人で推移し、300万円程度の黒字を計上していた。東宝系以外の作品を上映することも検討したが、開館経緯も考慮して閉館を決めた。甲宝ビルは売却する方針。*19

2009年3月18日、甲府宝塚劇場は4月に閉館予定だった映画館「甲宝シネマ」の運営継続が決まったと発表した。同映画館が入るビルでゲームセンターを運営するサンエー企画に施設を売却し、サンエー企画は館名をそのまま使用して運営する。甲府宝塚劇場による運営は4月12日に終了し、施設保守などで1週間の休館を挟んだ後、4月18日にサンエー企画による運営が開始される。甲宝シネマの閉館は地元資本のスーパー・オギノの撤退とともに、甲府市中心市街地空洞化の象徴とみられていた。*20

2013年4月14日、甲府市中央1丁目の映画館「甲宝シネマ」が閉館する。運営会社とビル所有者との賃借交渉の折り合いがつかなかったため。1936年、小林一三が甲府市太田町に「甲府宝塚劇場」を開館させた。1946年に現在地に移転した。2009年にはビル所有者が映画館を閉館させてビルを売却することを決めたが、ビルを買収した会社と賃借契約を結んだ中央興業が運営を引き継いだ。2009年にビルを買収した会社役員の男と妻が、2013年2月に業務上横領罪で実刑判決を受けるなどの事件があった。2000年の甲府市中心部には6施設の映画館があったが、郊外へのシネコンの開館などで閉館が相次ぎ、甲宝シネマの閉館後はシアターセントラルBe館のみとなる。*21

2013年4月14日、甲府市にある老舗映画館「甲宝シネマ」が閉館する。家主との賃貸契約が終了するため。かつて甲府市中心部には多くの映画館があったが、甲宝シネマの閉館で「シアターセントラルBe館」のみとなる。1930年代、韮崎市出身で阪急グループ創業者の小林一三が、甲府市太田町に甲宝シネマを開館させた。戦災で焼失したが、1946年には現在地の甲府市中央1丁目に移転して開館した。その後建て替えを行い、現在は4スクリーンを有していた。2009年には当時のビル所有者がビルを別の所有者に売却。中央興業が新たなビル所有者と賃貸契約を結んでいた。*22

2013年4月14日、甲府市中央1丁目の映画館「甲宝シネマ」が閉館する。1936年に「甲府宝塚劇場」として開館し、1946年に現在地に移転した。2009年には運営会社が中央興業に代わったが、ビル所有者との賃貸契約が終了するタイミングでの閉館が決定した。閉館にともなうイベントやセレモニーは行わない。4月14日には『ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』などを上映し、『フライト』が最終上映作品となる。*23

2013年4月14日、甲府市中央1丁目の映画館「甲宝シネマ」が閉館した。運営は中央興業。宝塚歌劇団や東宝の創設者である小林一三が前身の「甲府宝塚劇場」を開館させてから77年。14日の最終上映作品は『フライト』であり、同日には『レ・ミゼラブル』なども上映された。甲府市中心部では映画館の閉館が相次いでおり、残るのは中央興業が運営する「シアターセントラルBe館」のみとなる。*24

2014年6月14日、映画館「甲宝シネマ」の跡地にイベントホール「GAZ KOFU」(ギャズ甲府)がオープンする。映画館だったころの設備を活かして、コンサート・落語・セミナーなど多目的に利用できる。1946年から現在地で営業していた甲宝シネマは、2013年4月に閉館した。その後は空き店舗となっていたが、山梨県内でカラオケ店やゲームセンターなどを経営する都留市のN&Kが賃貸契約を結んだ。4ホールのうち最大のホールは縦12m×横14mであり、ライブホールで立ち見の場合は500人を収容できるため、山梨県で最大のライブホールとなる。*25

2014年6月14日、甲府市中央1丁目のかすがも〜るにある甲宝ビルにエンターテイメントスペース「GAZ KOFU」(ギャズ甲府)がオープンした。2013年4月に閉館した映画館「甲宝シネマ」を一部改修した。座席型と立ち見型が2ホールずつの全4ホールであり、山梨県最大の500人を収容できるイベントホールがある。N&Kグループが運営する。*26
甲府甲南劇場/甲南劇場
所在地 : 山梨県甲府市伊勢町1205(1958年・1960年・1966年・1969年)、山梨県甲府市伊勢町12-5(1973年)、山梨県甲府市幸町16-23(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年)
開館年 : 1948年
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 甲南劇場
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「甲南劇場」。1963年の映画館名簿では「甲南映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「甲南劇場」。1970年に成人映画館化。1973年・1976年の映画館名簿では「甲府甲南劇場」。1980年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造1階部分180席、経営会社は甲南劇場、経営者・支配人ともに恩田庄二、成人映画を上映。1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「甲南劇場」。2000年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造1階部分180席、経営会社は甲南劇場、経営者・支配人ともに恩田エイ、成人映画を上映。成人映画館として営業中。
シアターセントラルBe館1・2
所在地 : 山梨県甲府市中央1-5-12(2000年・2005年・2010年・2015年)
開館年 : 1996年12月14日
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 甲府市街地
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「シアターセントラルBe館1・2」(2館)。

1996年12月14日、甲府市中央1-5-2で「甲府東映劇場」を運営する中央興業は、甲府東映劇場が入るトポス甲府店の西隣に2スクリーンの映画館「シアターセントラルBe館」とレストランが入るビルを開館させる。既存の甲府東映劇場と合わせて3館体制となる。新ビルは4階建て・延べ床面積約500m2であり、2階に120席のスクリーンを、3階に80席のスクリーンを設置する。4階には最新のデジタル映写機を導入する映写室となる。1階は映画館ロビーのほかに、同一地点にあったレストラン「ポンマルシェ」が入る。基本的には3館のうち1館を邦画とし、残り2館を洋画とする。新館開館と同時に甲府東映劇場は「甲府東映セントラル」に改称し、かつてのセントラルという名称を復活させる。甲府東映劇場の観客数は1994年に6万8000人だったが、1995年に6万3000人に減少していた。新館の開館によって現在の1.5倍から1.8倍の観客数を見込んでいる。*27

1996年12月、甲府市中央1丁目の「甲府東映劇場」の西隣に「シアターセントラルBe館1・2」が開館する予定。経営は甲府東映劇場と同じく中央興業。*28

1996年12月14日、甲府市のトポス甲府店西隣に映画館「シアターセントラルBe館」が開館した。運営は「甲府東映劇場」を運営する中央興業。4階建てビルの2階に120席のスクリーンを、3階に80席のスクリーンを設置し、デジタル音響システムを導入した。さらに座席の間隔を広げ、カップホルダーを設けるなど快適な環境を作った。トポス甲府店7階の甲府東映劇場は「甲府東映セントラル」に改称し、座席数を250席から270席に増設した。*29
グランパーク東宝8
所在地 : 山梨県甲府市国母5-2158(2010年)
開館年 : 2000年12月9日
閉館年 : 2011年3月13日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - グランパーク東宝
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年の映画館では「グランパーク東宝1-8」(8館)。2015年の映画館名簿には掲載されていない。公式には2011年3月13日閉館とされているが、実質的には3月11日の東日本大震災で営業を停止したまま再開しなかった。3月17日にはグランパーク東宝の後継施設として、中巨摩郡昭和町にTOHOシネマズ甲府が開館している。

2000年12月、山梨県甲府市国母5丁目の大型商業施設グランパークの一角にシネコン「グランパーク東宝8」が開館する予定である。東宝系の東宝関東興行が運営する。山梨県興行環境衛生同業組合の大森泉事務局長は「マーケットは飽和状態」と話す。*30

2000年12月9日、山梨県甲府市国母5丁目の複合商業施設グランパークの敷地内に、山梨県最大規模のシネコン「グランパーク東宝8」が開館する。現在の甲府市中心市街地には映画館が7劇場19スクリーンあり、「人口に対するスクリーン数の多さは全国一、二」と言われる激戦区であるが、グランパーク東宝8は郊外型映画館という形で参入する。この2-3年の甲府市には甲宝シネマ、武蔵野シネマ5、甲府シネマカリテ、シアターセントラルBe館の4施設が相次いで新規開館したりリニューアル開館した。これによってスクリーン数は10スクリーンから19スクリーンに増加し、相乗効果による好影響もあったとされるが、売り上げが激減した映画館もあったとされる。甲府市中心部の一般映画館6施設の年間観客数は約50万人とされるが、グランパーク東宝8は30万人を目標に掲げている。立地は「全国の東宝系シネコンの中で最高」とされ、さらに商業施設全体で4500台の駐車場を備えることも大きい。*31

2000年12月9日、甲府市国母に映画館「グランパーク東宝8」が開館する。8つの映画館が複合したシネマコンプレックスであり、客席数は計1548席で山梨県最多となる。中でも最大のスクリーン6は350席である。全スクリーンが階段式の座席であり、前後幅は110センチとゆったりしている。スクリーン6には国内最新の音響システムを導入しており、臨場感あふれる音響を楽しめる。*32

2000年12月9日、山梨県甲府市国母5丁目の大型商業施設グランパークの一角にシネコン「グランパーク東宝8」が開館する。東宝系の東宝関東興行が運営する。甲府市は全国有数の映画館密集地であり、競争がさらに激化するとされる。3階建てであり、敷地面積は6157m2、延床面積は595m2。1階は売店などであり、2階にスクリーンがある。目玉のスクリーン6は350席であり、最新の音響装置を備えている。*33

2000年12月9日、山梨県甲府市国母にグランパーク東宝8が開館した。山梨県初のシネコン。8スクリーン計1550席。運営する東宝関東興行は山梨県全体と長野県南部を商圏に見込んでいる。大規模駐車場を有し、観客の大半がマイカー客。売店収入は劇場全体の収入の2割に達する。無料駐車場と充実した売店をが経営の特徴に挙げられる。グランパーク東宝開館後の1年間では、甲府市内で2館が閉館した。*34

甲斐市

敷島映画劇場
所在地 : 山梨県中巨摩郡敷島町330(1960年)、山梨県中巨摩郡敷島町島上条320(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「敷島映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

中央市

宝嶺/宝嶺映画劇場
所在地 : 山梨県中巨摩郡花輪村(1955年)、山梨県中巨摩郡田富村花輪(1960年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。『全国映画館総覧 1955』によると開館は1953年12月。1955年の映画館名簿では「宝嶺」。1960年の映画館名簿では「宝嶺映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

中巨摩郡昭和町

TOHOシネマズ甲府
所在地 : 山梨県中巨摩郡昭和町飯喰1505-1 イオンモール甲府昭和2階(2015年)
開館年 : 2011年3月17日
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - TOHOシネマズ甲府
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2015年の映画館名簿では「TOHOシネマズ甲府1-9」(9館)。2011年3月13日に閉館した「グランパーク東宝」の後継施設。

国中:峡北

北杜市

長坂映画劇場
所在地 : 山梨県北巨摩郡日野春村長坂(1955年)、山梨県北巨摩郡長坂町(1960年)
開館年 : 1951年4月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1951年4月。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「長坂映画劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「長坂映画劇場 休館中」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和30年代の長坂町にあった「長坂映画劇場」の写真あり。『霧の夜の男』、『橋蔵のやくざ判官』のポスターが見える。*35
白須劇場
所在地 : 山梨県北巨摩郡白州町白須(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「白須劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
峡映館
所在地 : 山梨県北巨摩郡長坂町(1958年・1960年)、山梨県北巨摩郡長坂町上条2084(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「峡映館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

韮崎市

川口座
所在地 : 山梨県韮崎市中田町小田川(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「川口座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
寿座/寿座映画劇場
所在地 : 山梨県北巨摩郡韮崎町(1953年)、山梨県韮崎市韮崎町(1955年)、山梨県韮崎市韮崎町2165(1960年)
開館年 : 1929年
閉館年 : 1961年
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「寿座」。1960年の映画館名簿では「寿座映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「スーパー三幸」の廃墟。最寄駅はJR中央本線韮崎駅。

1929年(昭和4年)には、中島高次郎から赤井国太郎が「寿座」を買い取り、主に芝居の興行を行った。これが韮崎市初の専門興行館である。太平洋戦争中には休館同様の状態だった。戦後の1961年(昭和36年)には寿座が閉館した。*36
ニューパール劇場/韮崎ニューパール劇場
所在地 : 山梨県韮崎市韮崎町2407(1960年)、山梨県韮崎市韮崎町(1963年)、山梨県韮崎市韮崎町2407(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「ニューパール劇場」。1966年の映画館名簿では「韮崎ニューパール劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

新たに建設された「ニューパール劇場」は韮崎市唯一の娯楽場であり、敬老会・青年団・婦人会の会場、表彰式、学校映画会など、公民館的な役割も果たした。1955年(昭和30年)頃から韮崎市でもテレビが普及し始め、1966年(昭和41年)には閉館を余儀なくされた。この間に「韮崎東宝館」という娯楽館もあったが、火災によってわずか1年ほどで閉館した。*37

国中:峡西

南アルプス市

鏡中条劇場
所在地 : 山梨県中巨摩郡若草村(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「鏡中条劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
金峰映画館
所在地 : 山梨県中巨摩郡白根町(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「金峰映画館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
小笠原座
所在地 : 山梨県中巨摩郡櫛町小笠原(1955年)、山梨県中巨摩郡櫛形町小笠原395(1958年)、山梨県中巨摩郡櫛形町小笠原(1960年)
開館年 : 1906年9月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1906年9月。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「小笠原座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
白根シネマ
所在地 : 山梨県中巨摩郡白根町倉庫(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1956年
閉館年 : 1963年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「白根シネマ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1895年12月には白根の有力者らの共同出資によって、白根で初となる劇場「かほる座」が飯野3669に創立した。当初は芝居小屋として、浪花節・義太夫・講談・演劇・相撲・活動写真などの興行が行われていた。昭和初期には日吉良太郎一座や川上丈太郎一座などの興行が行われた。1956年12月に飯野3611に「白根シネマ」が開館し、渡辺五郎によって経営された。「白根シネマ」の開館と同月には「かほる座」が閉館して、跡地に中込時計店の店舗が建てられた。1953年には百々1826に「金峰館」が開館し、有泉由雄によって経営された(閉館時期不明)。戦後の白根町には3館の映画館と3館のパチンコ店があった。1957年頃から家庭にテレビが普及し、しまいには映画館・パチンコ店ともに営業中の館がなくなったが、1968年になって倉庫町の巨摩パチンコが改装して営業を再開した。時期不明の「白根シネマ」の写真あり。*38

1967年(昭和42年)頃の中巨摩郡白根町にあった映画館「白根シネマ」(跡地)の写真あり。明治時代には白根で初の劇場として「かほる座」が開館した。「かほる座」の閉館と入れ替わるように、1956年(昭和31年)に「白根シネマ」が建設され、多くの観客を集めた。映画産業の衰退によって1963年(昭和38年)に閉館し、2001年(平成13年)現在の跡地は空き地となっている。*39
荊沢農業会館/荊沢会館
所在地 : 山梨県中巨摩郡甲西町荊沢(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「荊沢農業会館」。1963年の映画館名簿では「荊沢会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
小笠原武蔵野映画劇場/小笠原武蔵野館
所在地 : 山梨県中巨摩郡櫛形町小笠原(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿では「小笠原村」。1960年の映画館名簿では「小笠原武蔵野映画劇場」。1963年の映画館名簿では「小笠原武蔵野館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
中央座/小笠原中央座
所在地 : 山梨県中巨摩郡櫛町小笠原(1955年)、山梨県中巨摩郡櫛形町小笠原1652(1963年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1946年。1955年の映画館名簿では「中央座」。1958年・1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「小笠原中央座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

国中:峡東

笛吹市

モンパレス
所在地 : 山梨県東八代郡石和町(1953年・1955年・1958年)
開館年 : 1950年8月
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「モンパレス」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
石和シネマ
所在地 : 山梨県東八代郡石和町1084(1960年・1963年)、山梨県東八代郡石和町市部(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「石和シネマ」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
テアトル・アンネ/石和テアトルアンネ/テアトル石和
所在地 : 山梨県東八代郡石和町八田290(1980年)、山梨県東八代郡石和町八田291(1985年・1990年・1995年・2000年)、山梨県笛吹市八田291(2005年・2010年)、山梨県笛吹市石和町八田291(2015年)
開館年 : 1968年
閉館年 : 2018年2月28日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - テアトル石和
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1976年の映画館名簿では「テアトル・アンネ」。1980年の映画館名簿では木造1階部分170席、経営会社は南嶺映画興行、経営者・支配人ともに有泉貞夫、邦画と洋画を上映。1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「石和テアトルアンネ」。1995年・2000年・2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「テアトル石和」。2000年の映画館名簿では木造1階部分100席、経営会社は有泉商事、経営者は有泉英機、支配人は有泉忍、邦画と洋画を上映。

テアトル石和は1966年に石和町に開館した。開館当初は成人向け映画と一般映画を併せて上映していたが、1993年には一般映画の二番館に転換した。2003年現在のスタッフは有泉忍に加えて、有泉の父と週3回来る女性アルバイトの3人だけ。3人の仕事はチケットのもぎりから映写機の操作まで多岐にわたる。ロードショー公開された際にヒットした『マトリックス』が思うように観客を集められないなど、二番館の難しさもある。入場料は作品によって異なるが、900円から1100円である。水曜日と金曜日は女性が800円になる。*40

「テアトル石和」は笛吹市石和町八田の住宅街にある。座席数は100。2本立・3本立の作品を上映しており、料金は2本立が900円、3本立が1200円。最近の観客数は平日が約20人、土日が約100人。1972年に成人映画館として開館したが、家庭用ビデオの普及で観客数が激減した。1970年代後半に月2000人いた観客数は、1990年代前半には1000人を下回った。1993年には一般映画に転換し、3週間から1か月ほど遅れて上映する二番館となった。*41

2008年9月13日から10月10日まで、靖国神社参拝問題を描いたドキュメンタリー映画『靖国 YASUKUNI』が笛吹市の映画館「テアトル石和」で上映される。山梨県では初上映となる。全国的には右翼団体の抗議などで上映を中止する映画館が相次いでいるが、7月21日にテアトル石和で行われた試写会では混乱はなかった。上映はテアトル石和と民間団体「映画普及運動センター」の共催。*42

2008年9月16日、笛吹市の映画館「テアトル石和」で『黒駒勝蔵』の監督と主演を務めた愛川欽也の舞台挨拶が行われる。上映は9月21日まで。甲斐国上黒駒村(現在の笛吹市御坂町)出身の侠客である黒駒勝蔵の悲哀を描いている。笛吹市には黒駒勝蔵の墓もある。*43

「テアトル石和」は笛吹市石和町では唯一の映画館である。石和温泉で旅館や芸者置屋などの開業ラッシュの時期に開館し、100席の座席は地域住民や観光客で立ち見が出るほどだった。芸者が観光客を連れてくると、内内に入館料300円をバックしたこともあった。現在は2本立1000円で上映している。2010年11月5日・11月6日には笛吹市・甲州市・山梨市の3市の有志によって街おこしのための映画祭が企画され、倉庫に眠っていたポスター約300枚を張り付けたり、昔の投影機を展示するなどした。*44

笛吹市石和町八田には映画館「テアトル石和」がある。有泉英機社長。1スクリーン88席。ロビーからカーテン1枚隔てた場所で、約20年前から使用する大型の映写機が回る。1967年、有泉社長の父である有泉由幸が石和温泉街のポルノ映画館として開館。建物は当時のままである。上映作品は有泉社長と有泉忍専務が相談して決定している。*45

2013年2月1日、笛吹市の映画館「テアトル石和」で『カミハテ商店』の特別上映が開催され、高橋伴明監督と主演の高橋恵子が舞台挨拶やトークショーを行う。2人は山梨文学シネマアワード2013を受賞しており、これを機に企画された。*46

1966年、石和温泉にポルノ専門映画館「テアトルアンネ」が開館した。周辺では数年前に温泉が湧きだしたばかりであり、「温泉街にも娯楽は必要」との考えだった。初代の有泉由幸は戦前に中国で映画館を経営し、1946年に故郷の富士川町に「南嶺劇場」(後のテアトル南嶺)を開館させた。その後は山梨県の各所に映画館を開館させ、1964年の東京オリンピック頃には約20館を経営していた。レンタルビデオ店の普及を背景に、1993年にはロードショーを終えた作品を2本立で上映する二番館に路線転換した。2001年には「テアトル甲府」を閉館させ、経営する映画館は「テアトル石和」のみとなった。2013年3月中旬にはデジタル映写機を導入した。*47

山梨文学シネマアワードを受賞した映画監督の高橋伴明と女優の高橋惠子夫妻は、高橋惠子の主演作品『カミハテ商店』の舞台あいさつでテアトル石和を訪れた。有泉由幸は戦前に満州で映画館を経営し、1946年(昭和21年)には故郷の増穂町に南嶺劇場(後のテアトル南嶺)を開館させた。その後も山梨県各地に映画館を開館させ、最盛期には20館近くに及んだ。1966年(昭和41年)に成人映画専門館としてテアトルアンネが開館した。1970年(昭和45年)には有泉英機が2代目となったが、2001年(平成13年)にテアトル甲府を閉館させるとテアトル石和のみとなった。1993年(平成5年)には数週間から数カ月遅れで見られる二番館に鞍替えし、2本立て1200円で上映。2013年(平成25年)3月にはデジタル映写機を導入した。*48

2013年10月4日と10月11日の2日間、笛吹市石和町の映画館「テアトル石和」で日本未公開のフランス映画「シャンボンの背中」(2009年)が無料上映される。エリック・オルデルの同名小説の映画化作品であり、2010年にはセザール賞の脚本賞を受賞した。WOWOWが各地で行っている無料上映会「旅するW座」の一環*49

2015年5月11日、笛吹市の映画館「テアトル石和」を運営する有泉商事の有泉英機社長が死去した。74歳。父親が中国の張家口市で映画館などを経営していたことから、1941年に張家口市に生まれ、1945年の終戦直前に一家で日本に引き揚げた。父親は地元の富士川町で「南嶺映画劇場」を経営し、山梨県各地で映画館を展開した。有泉英機は早稲田大学政治経済学部出身であり、在学中には学生運動にも参加した。卒業後は東京都内で学習塾を経営し、父親の事業拡大にともなって山梨県に戻ると、新規開館した「テアトルアンネ」の初代支配人に就任した。1961年には石和町で温泉が湧出し、町は一気に活気づいた。有泉英機は1981年に有泉商事を立ち上げ、パチンコ店を併設したり、映画館内にレンタルビデオ店を構えたりと、当時としては珍しい取り組みを行った。甲府市中心部でも「テアトル甲府」を経営しており、「甲府武蔵野館」や「甲府ピカデリー」などとともに甲府市の映画文化の中心地となっていたが、テアトル甲府は2001年2月末に閉館した。*50

笛吹市の映画館「テアトル石和」ではこの4年間で100回以上、婚活イベント「シネ婚」を開催している。映画を1本鑑賞した後に懇談タイムに移り、交際したい相手をカードに書いて提出する。テアトル石和の開館は1968年であり、当時は周囲に何軒も映画館があったという。東京都や長野県からも参加者があり、これまでに多くのカップルが成立、3組が結婚の報告に来てくれたという。基本的にシネ婚用に上映作品を変えることはなく、妻が死んでも涙が出ない男が主人公の『永い言い訳』が観賞作だったこともある。なお、支配人の有泉忍(49)は独身である。2016年春には映画館のサポートクラブが発足し、1年足らずで会員が110人を超えた。イベントなどで映画館に協力しており、映画関連のフリーマーケットなども開催している。*51

2018年2月いっぱいで、笛吹市石和町八田の映画館「テアトル石和」が閉館する。シネコンの山梨県への進出や、インターネットでの映画配信の普及などによって、観客数が減少したため。近年の山梨県では甲府市中心部での閉館が相次いでいた。1968年に「テアトルアンネ」として開館した。1スクリーン100席の小規模映画館であり、当初は成人映画や任侠作品を中心に上映していた。1992年にテアトル石和に改称し、戦争や原発など社会派の作品も上映するようになった。映画鑑賞と婚活パーティをセットにした「シネ婚」というイベントも開催してきた。2000年代になると山梨県にも大手シネコンが進出し、またインターネットでの映画配信が普及したことで、来館者数が落ち込んだ。また、日本音楽著作権協会(JASRAC)が映画音楽の使用料を映画館から徴収する方針を打ち出し、将来的な負担増が見込まれることも理由のひとつである。2016年には有志がテアトル石和サポートクラブを設立してイベントの開催などを行ってきたが、最終的には閉館が決定した。同団体は山梨の映画文化を守る会として活動を継続したいとしている。運営元の有泉商事やその関連会社は最盛期には18館の映画館を経営していた。今後も婚活イベントなどを中心に事業を継続するとしている。テアトル石和は昭和40年代に建てられた建物の雰囲気などが人気を得て、映画やミュージックビデオのロケ地になったこともある。*52

1968年にテアトルアンネとして開館。当初はポルノ映画を上映していたが、レンタルビデオ店が普及するにつれて、1993年からロードショーを終えた作品を2本立てで公開する二番館に路線を変更。また原発や戦争などの社会問題を扱った作品も多く上映。映画上映以外には「シネ婚」などの企画、劇場貸し切りサービス、イベントでの出張上映など、地域に密着した活動を行ってきた。有泉商事であり、有泉忍50歳は3代目だった。50周年を迎えた2018年の2月28日に閉館。出張上映は続ける。テアトル石和サポートクラブが上映作品の案内紙を発行するなどして運営を支援していた。28日には開館からの歴史を写真で振り返るお別れ会を開催。*53

1968年にテアトルアンネとして開館。100席の1スクリーン。同じ運営会社の映画館は映画最盛期には18館もあったが、2001年に甲府市のテアトル甲府が閉館するとテアトル石和のみとなった。戦争や原発を主題とする社会派作品の上映に力を入れていた。2004年には石和町などが合併して笛吹市に。シネマコンプレックスの台頭などで観客数が減少したため、50年の節目となる2018年2月28日で閉館する。2月28日午後6時半からお別れの会を開催する。かつては月3000人の観客がいたが、閉館時には月500人にまで減少していた。*54

2018年(平成30年)2月28日、山梨県笛吹市の「テアトル石和」が閉館した。テアトル石和サポートクラブと映画館が主催したお別れイベントには映画ファンら70人が集まった。1968年(昭和43年)に「テアトルアンネ」として開館し、地域の文化拠点として社会派作品を多く上映した。建物には昭和40年代の趣が残り、映画やミュージックビデオのロケ地にもなった。*55

2018年(平成30年)2月28日、山梨県笛吹市の「テアトル石和」が閉館した。社会は作品を多く上映し、また出張上映を積極的に行って地域密着を図っていた。1968年(昭和43年)にテアトルアンネとして開館し、1993年(平成5年)にテアトル石和に改称。改称後には社会は作品の上映を増やした。開館時から毎年欠かさず、映画館がない地域での出張上映を行った。多い年には年10回近くでかけ、公共施設で上映会を開催した。2013年(平成25年)には上映会を兼ねた婚活イベント「シネ婚」を開催。2016年(平成28年)にはファン有志によるテアトル石和サポートクラブが結成された。最終上映後のお別れ会では有泉忍支配人が開館から閉館までの50年間の出来事をスライドで振り返った。*56

2018年2月末、笛吹市の映画館「テアトル石和」が閉館した。1968年に開館し、娯楽作だけではなく社会派作品も上映していた。1946年には有泉忍支配人の祖父が増穂町で「南嶺映画劇場」を開館させてから、親子3代で映画館の灯を守り続けていた。17年前に甲府市の「テアトル甲府」を閉館させた後はテアトル石和のみとなっていた。*57

山梨市

諏訪劇場/諏訪映画劇場
所在地 : 山梨県東山梨郡牧丘町諏訪(1955年)、山梨県東山梨郡牧丘町(1958年)、山梨県東山梨郡牧丘町180(1960年)、山梨県東山梨郡牧丘町106(1963年)
開館年 : 1945年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1945年。1955年の映画館名簿では「諏訪劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「諏訪映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
笛宝館
所在地 : 山梨県山梨市加納岩町上神内河(1955年)、山梨県山梨市上神内川町1320(1960年)、山梨県山梨市上神内川1474(1963年)
開館年 : 1928年3月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1928年3月。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「笛宝館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
亀甲座
所在地 : 山梨県山梨市日下部町(1955年)、山梨県山梨市小原西町1219(1960年)、山梨県山梨市小原西1114(1963年)
開館年 : 1899年3月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1899年3月。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「亀甲座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
山梨国際劇場
所在地 : 山梨県山梨市上神内川町(1960年)、山梨県山梨市上神内303(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「山梨国際劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

甲州市

文化劇場
所在地 : 山梨県東山梨郡勝沼町(1955年)
開館年 : 1946年12月
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1946年12月。1955年の映画館名簿では「文化劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
塩山中央劇場/中央劇場
所在地 : 山梨県塩山市塩山町(1955年・1958年)
開館年 : 1953年1月
閉館年 : 1958年以後1960年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1953年1月。1955年の映画館名簿では「塩山中央劇場」。1958年の映画館名簿では「中央劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
勝富座/勝沼劇場
所在地 : 山梨県東山梨郡勝沼町3026(1958年)、山梨県東山梨郡勝沼町2997(1960年)、山梨県東山梨郡勝沼町2026(1963年)
開館年 : 明治初期
閉館年 : 1963年以後1966年以前
明治初期に劇場として開館。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「勝沼劇場」。1957年に映画館化。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

勝沼町の娯楽施設といえば、富町の「勝沼劇場」と仲町の「武蔵野館」の2館の映画館である。1922年(大正11年)1月7日、1962年(昭和37年)現在の場所に新たに劇場が建てられ、「勝沼座」といった。芝居や浪花節の興行が主体だったが、やがて映画も上映されるようになり、1935年(昭和10年)頃にはトーキー映画も入ってきた。戦後の勝沼座は「文化映画劇場」に改称し、芝居より映画の方が多く興行されるようになった。1959年(昭和34年)4月1日には富士吉田興行株式会社に経営が移り、現在の「勝沼劇場」となった。支配人は森源吾。東映・日活・東宝・第二東映・外映などの作品が中心であり、桟敷席は腰掛席に改良されている。*58

昭和30年代の勝沼町にあった映画館「勝沼座」の写真あり。旧国道20号沿いの路地奥にあった。東映・東宝・日活などの映画が上映された。かつては桟敷席だったが、腰掛椅子に改良されていた。左側には宮原履物店が見える。*59
勝沼武蔵野館
所在地 : 山梨県東山梨郡勝沼町3141(1958年)、山梨県東山梨郡勝沼町(1960年)、山梨県東山梨郡勝沼町仲町3141(1963年)
開館年 : 1957年4月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「勝沼武蔵野館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

勝沼町の娯楽施設といえば、富町の「勝沼劇場」と仲町の「武蔵野館」の2館の映画館である。1957年(昭和32年)4月、仲町の商店などの有志が中心となって「武蔵野館」が設立された。社長は海沼博、支配人は奥山重雄。大映・松竹・新東宝・外映などの作品が中心である。新式の映写機を備えており、本格的な暖房などもある。定員270人が満員になりつつある。*60
七宝館
所在地 : 山梨県塩山市塩山町上於曽(1960年)、山梨県塩山市上於曽1811(1963年)
開館年 : 1920年4月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1920年4月。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「七宝館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
鶴命座
所在地 : 山梨県塩山市季候町(1960年)、山梨県塩山市上於曽1209(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「鶴命座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

賑わう「鶴命座」の写真あり。『誰が為に鐘は鳴る』の看板が見える。*61
塩山シネマ
所在地 : 山梨県塩山市塩山町上於曽1138-1(1960年)、山梨県塩山市上於曽1138-1(1963年・1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)、山梨県甲州市塩山上於曽1138-1(2010年・2015年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 塩山シネマ
港町キネマ通り : 塩山シネマ
1955年・1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では経営者が富士吉田興行、支配人が向井長栄、木造2階建て、収容人員575人。富士吉田興行は富士吉田市の「銀嶺シネマ」・「松竹館」・「富士国際劇場」・「富士映画劇場」・山梨市の「山梨国際劇場」・収丘町の「諏訪映画劇場」・御坂町の「御坂会館」・南部町の「南部映画劇場」・甲西町の「荊沢農業会館」・白根町の「白根シネマ」・長坂町の「峡映館」・長坂町の「長坂映画劇場」・西柱町の「小沼座」・河口湖町の「船津座」・中野村の「富嶽座」と、16館を経営する県内最大の映画興行会社だった。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「塩山シネマ」。1980年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造2階部分230席、経営会社は塩山シネマ、経営者・支配人ともに渡辺和夫、邦画と洋画を上映。2000年の映画館名簿では木造1階部分100席、経営会社は塩山シネマ、経営者は渡辺和夫、支配人は渡辺真吾、邦画と洋画を上映。

2011年6月から、建築家や歴史研究家で作るNPO法人山梨家並保存会は、甲州市塩山地区で登録有形文化財への登録に向けた調査活動に取り組んでいる。築50年を超える映画館の「塩山シネマ」、荒木薬局、塩山温泉街の広友館や中村屋旅館などの建物がある。塩山地区には1950年代に建てられた建物が多く、この時期の街並みが残っている貴重な地域とされる。*62

国中:峡南

南巨摩郡早川町

映画館名簿によると早川町に映画館は存在しなかったと思われる。

南巨摩郡身延町

下山住吉劇場
所在地 : 山梨県南巨摩郡身延町(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「下山住吉劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
常葉映画劇場
所在地 : 山梨県西八代郡下部町681(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「常葉映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
飯富劇場
所在地 : 山梨県南巨摩郡中富町飯富(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「飯富劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
身延映画劇場
所在地 : 山梨県南巨摩郡身延町(1960年)、山梨県南巨摩郡身延町身延4001(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「身延映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
身延会館/商工会館/身延商工会館
所在地 : 山梨県南巨摩郡身延町(1955年)、山梨県南巨摩郡身延町角内(1960年)、山梨県南巨摩郡身延町角内8(1963年)、山梨県南巨摩郡身延町角内800(1966年)
開館年 : 1950年8月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1950年8月。1955年の映画館名簿では「身延会館」。1960年の映画館名簿では「身延商工会館」。1963年の映画館名簿では「商工会館」。1966年の映画館名簿では「身延商工会館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
身延COMAシアター
所在地 : 山梨県南巨摩郡身延町丸滝557(1995年・2000年)
開館年 : 1993年3月17日
閉館年 : 2004年4月16日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 身延COMAシアター
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年の映画館名簿では「身延COMAシアター」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。1スクリーン93席のビデオシアター。身延ショッピングセンターCOMA内にあった。身延ショッピングセンターCOMAは2008年7月27日に経営不振により営業を終了している。

2004年4月16日、身延町の映画館「コマシアター」が閉館した。峡南地方唯一の映画館だった。座席数は100席。1993年3月のショッピングセンターの開店と同時に開館した。1998年3月には経営者が閉館を決定したが、ショッピングセンター内の小売店主らが資金を出して存続させ、赤字を押して営業していた。配給が打ち切られることで閉館となった。*63

南巨摩郡南部町

南部映画劇場
所在地 : 山梨県南巨摩郡睦合村南部(1955年)、山梨県南巨摩郡南部町南部(1960年)、山梨県南巨摩郡南部町南部325(1963年)
開館年 : 1952年10月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1952年10月。1955年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「南部映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

南巨摩郡富士川町

テアトル銀嶺
所在地 : 山梨県南巨摩郡鰍沢町(1953年・1955年・1958年・1960年)、山梨県南巨摩郡鰍沢町仲町(1963年)
開館年 : 1950年9月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1950年9月。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「テアトル銀嶺」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1923年(大正12年)春、鰍沢に株式組織の「鰍沢劇場」が開館した。上棟式の写真あり。1986年(昭和61年)現在の中沢時計店の東である。太平洋戦争の戦火が激しくなったことで、「鰍沢劇場」は休館となった。戦後には南湖の有泉由泉によって「水明映画館」が開館した。音丸市丸、勝太郎、田畑義夫などの芸能人が水明映画館を訪れている。水明映画館の繁栄に着目して、仲町2丁目に「銀嶺映画館」が開館した。1986年(昭和61年)現在の鰍沢職業指導所の西の駐車場である。12〜13年ほど繁盛していたが、1965年(昭和40年)頃に閉館した。*64
南嶺/テアトル南嶺/青柳南嶺劇場
所在地 : 山梨県南巨摩郡増穂町(1955年)、山梨県南巨摩郡増穂町青柳(1960年)、山梨県南巨摩郡増穂町青柳363(1963年・1966年・1969年)、山梨県南巨摩郡増穂町青柳2-363(1973年・1980年・1985年)
開館年 : 1946年11月
閉館年 : 1987年
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1946年11月。1955年の映画館名簿では「南嶺」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「テアトル南嶺」。1976年のゼンリン住宅地図では「映画館南嶺(有泉)」。1980年・1985年の映画館名簿では「青柳南嶺劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「井上電器商会」の東側。

1987年まで増穂町で映画館を経営していた人物が、35ミリ映写機を増穂町文化会館に寄贈した。映画監督の山田洋次は文化会館に興業映写機があることに感激し、1993年には全国に先駆けて『学校』の試写会が開催された。1994年1月29日には増穂町文化会館で、黒澤明監督の『羅生門』の上映会が開催される。*65

西八代郡市川三郷町

丹頂館
所在地 : 山梨県西八代郡市川大門町(1955年・1960年)、山梨県西八代郡市川大門町183-1(1963年)
開館年 : 1927年8月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1927年8月。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「丹頂館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
岩間劇場
所在地 : 山梨県西八代郡六郷町岩間(1955年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年5月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1950年5月。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「岩間劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

郡内:北都留

大月市

白猿座
所在地 : 山梨県大月市猿橋町横町通(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「白猿座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
鳥沢映画劇場
所在地 : 山梨県大月市富浜町鳥沢(1963年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「鳥沢映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
七保映画劇場
所在地 : 山梨県大月市七保町(1963年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1951年12月。1960年・1963年の映画館名簿では「七保映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
橋栄映画劇場
所在地 : 山梨県大月市猿橋町(1963年)
開館年 : 1951年4月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1951年4月。1960年・1963年の映画館名簿では「橋栄映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
えくらん座
所在地 : 山梨県大月市大月町96(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「えくらん座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
明月座/大月明月座
所在地 : 山梨県大月市大月町426(1960年・1963年・1966年)、山梨県大月市大月1-18-23(1969年)
開館年 : 1946年1月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1946年1月。1960年・1963年の映画館名簿では「明月座」。1966年・1969年の映画館名簿では「大月明月座」。1971年のゼンリン住宅地図では「明月座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「月極駐車場」。

1957年(昭和32年)の大月市の映画館「名月座」(※明月座ではない)の写真あり。「MEIGETSUZA」の文字が見える。1957年(昭和32年)に新装開館し、芝居・歌謡ショー・講演・映画などが行われた。2008年(平成20年)現在の名月座の跡地は駐車場になっている。*66
大月シネマ
所在地 : 山梨県大月市花咲町1652(1980年)
開館年 : 1973年以後1976年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
1973年の映画館名簿には掲載されていない。1976年・1980年の映画館名簿では「大月シネマ」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。現在の大月市花咲町1652には「ファミリーマート大月インター店」がある。

都留市

谷村劇場
所在地 : 山梨県南都留郡谷村町(1953年)
開館年 : 1915年
閉館年 : 1953年以後1955年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1915年。1953年の映画館名簿では「谷村劇場」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。
大手劇場/大手映画劇場
所在地 : 山梨県南都留郡谷村町(1953年)、山梨県都留市谷村町上谷215(1960年・1963年)
開館年 : 1947年7月
閉館年 : 1964年
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1947年7月。1953年の映画館名簿では「大手劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「大手映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「山梨県民信用組合都留支店」。最寄駅は富士急行線谷村町駅。

昭和30年代の都留市の映画館「大手映画劇場」の写真あり。主として洋画を上映していたが、1964年(昭和39年)に閉館した。都留市にあったその他の娯楽施設としては、「谷村座」や「若松館」があった。2008年(平成20年)現在の大手映画劇場の跡地には山梨県民信用組合都留支店が建っている。*67
谷村座/都留谷村座
所在地 : 山梨県南都留郡谷村町(1953年)、山梨県都留市谷村町下谷287(1960年・1963年)、山梨県都留市下谷278(1966年)、山梨県都留市下谷287(1969年)
開館年 : 1877年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1886年。1953年・1960年・1963年の映画館名簿では「谷村座」。1966年・1969年の映画館名簿では「都留谷村座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。読みは「やむらざ」。1972年のゼンリン住宅地図では「谷村座」。跡地は立体駐車場。最寄駅は富士急行線都留市駅。

1877年に劇場として開館。1949年の谷村大火で焼失。その後再建されたが現在は閉館している。現在の都留市中央2丁目4番地。読みは「やむらざ」。*68*69

上野原市

上野原映画劇場
所在地 : 山梨県南都留郡上野原町(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年以後1960年の映画館名簿では「上野原映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
春風座
所在地 : 山梨県南都留郡秋山村大池8991(1963年)
開館年 : 1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「春風座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
大正館/上野原大正館
所在地 : 山梨県北都留郡上野原町1404(1963年)、山梨県北都留郡上野原町1061(1969年・1973年・1980年)、山梨県北都留郡上野原町1661(1990年・1995年)、山梨県上野原市上野原1404(現在)
開館年 : 1912年
閉館年 : 1988年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 上野原大正館
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1924年7月。1953年・1960年・1963年の映画館名簿では「大正館」。1963年の映画館名簿では「上野原大正座」。1969年・1973年・1976年・1980年・1990年・1995年の映画館名簿では「上野原大正館」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。1997年7月30日、「大正館倉庫(旧大正館)」の名称で登録有形文化財に登録された。建物は現存する。

上野原市上野原の国道20号から北に1本入った静かな通りに、1924年に開館して1988年に閉館した映画館「大正館」の建物が残る。木造2階建ての吹き抜け構造であり、延床面積は247m2。1階とバルコニー型の2階を合わせて250人を収容できた。開館当初の上映は夜間のみであり、日暮れ頃に楽団による呼び込みが行われた。無声映画の時代は楽団が演奏する中で弁士が説明した。戦後に観客数が減少すると、子ども向けアニメ映画を上映したり、70歳以上を無料とするなどしたが、施設の安全面などの問題もあって閉館した。2006年現在は最後の官庁である阿部紀好が経営する人形展の倉庫となっている。1997年には国の登録有形文化財に登録された。*70

上野原市の「大正館」は1924年の建築であり、旧上野原町唯一の映画館だった。木造2階建て。無声映画時代は楽団の演奏に合わせて活弁士が語った。開館当初の1階のホールは畳敷きであり、観客は座布団を持参した。子どもたちは映画の代金を稼ぐために、工事現場の銅線や鉄くずを集めて古物商に売った。やがて1階も2階も固定座席に代わり、250人を収容できた。晩年は子ども向けアニメなどを上映し、高齢者の入館無料サービスなどを行った。1988年に閉館し、阿部紀好(68)が最後の館長だった。2012年現在は人形店の倉庫として使われている。1997年には国の登録有形文化財に登録された。山梨県で唯一残る大正時代の映画館建築である。*71

「上野原大正館」は1912年(大正元年)に「演芸館」として開館した。1924年(大正13年)からは上野原唯一の映画専門館だった。1988年(昭和63年)に閉館した。建物は登録有形文化財に登録されている。映写機2代は使用できる状態で保存されている。2017年(平成29年)8月には昭和40-60年頃に上映された映画ポスター1800点の展示会が行われた。三船敏郎、石原裕次郎、小林旭、渡哲也、鶴田浩二、浅丘ルリ子、加山雄三、舟木一夫、和泉雅子らの出演作。美術評論家の阿部紀好が館長だった。*72

1924年(大正13年)竣工。木造2階建て。甲州街道の旧上野原宿の東側に建つ。1988年(昭和63年)まで現役の映画館であったが、現在は倉庫となっている。*73

北都留郡丹波山村

映画館名簿によると丹波山村に映画館はなかったと思われる。

北都留郡小菅村

小菅銀嶺座/銀嶺座
所在地 : 山梨県北都留郡小菅村川久保(1960年)、山梨県北都留郡小菅村4754(1963年)
開館年 : 1958年
閉館年 : 1963年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「小菅銀嶺座」。1960年の映画館名簿では木造平屋建て100席、経営者は藤木福重、邦画を上映。1963年の映画館名簿では「銀嶺座」。1963年の映画館名簿では木造平屋建て100席、経営者は藤木福重。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「小菅郵便局」の南西60m。映画館時代の建物が現存する。

北都留郡小菅村には映画館「銀嶺座」があった。1954年(昭和29年)の小菅村の人口は2,247人であり、1958年(昭和33年)に銀嶺座が開館した。1階・2階を合わせて約200席の映画館であり、小菅村唯一の娯楽施設だったが、わずか5年後の1963年(昭和38年)に閉館した。小菅村役場などが面する旧青梅街道から入った道沿いに建物が残っている。*74

南都留郡道志村

映画館名簿によると道志村に映画館はなかったと思われる。

郡内:南都留

富士吉田市

松竹館/富士吉田松竹館
所在地 : 山梨県富士吉田市下吉田町(1955年)、山梨県富士吉田市下吉田町276(1960年・1963年)、山梨県富士吉田市下吉田278(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「松竹館」。1966年・1969年の映画館名簿では「富士吉田松竹館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
武蔵野大映/富士吉田武蔵野館/富士吉田武蔵野館・富士吉田松竹東映劇場/下吉田武蔵野館・下吉田松竹東映劇場
所在地 : 山梨県富士吉田市下吉田町1731(1960年・1963年)、山梨県富士吉田市下吉田1731(1966年・1969年・1973年・1980年・1985年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「武蔵野大映」。1970年のゼンリン住宅地図では「武蔵野大映」。1973年の映画館名簿では「富士吉田武蔵野館」。1976年の映画館名簿では「富士吉田武蔵野館・富士吉田松竹東映劇場」(2館)。1980年・1985年の映画館名簿では「下吉田武蔵野館・下吉田松竹東映劇場」(2館)。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「都留信用組合本店」南西の「鶴信用組合駐車場」。最寄駅は富士急行線月江寺駅。
富士国際劇場/富士吉田国際劇場
所在地 : 山梨県富士吉田市下吉田町827(1960年・1963年)、山梨県富士吉田市下吉田327(1966年・1969年・1973年)、山梨県富士吉田市下吉田327(1980年)、山梨県富士吉田市下吉田827(1985年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「富士国際劇場」。1970年のゼンリン住宅地図では「富士国際劇場」。1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「富士吉田国際劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「内藤医院」北西の建物。最寄駅は富士急行線月江寺駅。
銀嶺シネマ/富士吉田銀嶺シネマ
所在地 : 山梨県富士吉田市下吉田町(1955年)、山梨県富士吉田市下吉田町263(1960年・1963年)、山梨県富士吉田市下吉田263(1966年・1969年・1973年・1980年・1985年)
開館年 : 1953年8月
閉館年 : 1985年以後1990年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1953年8月。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「銀嶺シネマ」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「富士吉田銀嶺シネマ」。1970年のゼンリン住宅地図では「映画館銀嶺」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「銀嶺月極駐車場・べんけい駐車場」。最寄駅は富士急行線月江寺駅。

南都留郡富士河口湖町

船津座
所在地 : 山梨県南都留郡河口湖町船津(1960年)、山梨県南都留郡河口湖町船津3922(1963年)
開館年 : 1956年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年新築。1960年・1963年の映画館名簿では「船津座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
河口湖ベルシアター
所在地 : 山梨県南都留郡河口湖町船津3128(1990年)、山梨県南都留郡河口湖町船津2986(1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1987年11月12日
閉館年 : 2006年4月2日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版) - 河口湖ベルシアター
1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「河口湖ベルシアター」。河口湖ショッピングセンターBELLの3階にあった。ビデオシアター。1スクリーンであり、座席数は90席。

2006年4月2日、富士河口湖町船津の商業施設「河口湖ショッピングセンターベル」にあるビデオシアター「河口湖ベルシアター」が閉館する。ビデオシアター向け作品の配給元が事業から撤退するため。河口湖ベルシアターは郡内地域唯一の映画館だった。ただし、このビデオシアターは一定の集客力があったことから、2007年11月のショッピングセンター改装時には、6から10スクリーンを有するシネコンを設置する方針。1987年11月のショッピングセンター開店と同時に開館し、小スペースでも映写できるビデオプロジェクターを使用していた。主にアニメ映画や洋画の人気作を上映し、110席の観客席が満席になることもあった。しかし、ビデオシアター作品の配給を行っていたソニー・シネマチックは、3月いっぱいでビデオシアター事業からの撤退を決定し、映画館は閉館を迫られていた。*75

2006年4月2日には富士河口湖町の商業施設「河口湖ショッピングセンターベル」にある映画館「河口湖ベルシアター」が閉館するが、ショッピングセンター2階の催事場ではこれまで上映した作品のポスターが展示されている。『ドラえもん』などのアニメを中心に約300枚が掲示されている。*76

2006年4月2日、富士河口湖町の商業施設「河口湖ショッピングセンターベル」にある映画館「河口湖ベルシアター」が閉館する。特に親子連れに人気があり、現在は『ドラえもん』を上映中。郡内地域唯一の映画館だった。1987年11月、河口湖ショッピングセンターベルの開店と同時に映画館も開館した。フィルムを映写するのではなくビデオを用いた上映のため、映画館としての運営が簡易だったが、配給会社が映画事業から撤退するため閉館が決定した。採算は悪くなく、買い物客を増やす効果は計り知れなかったという。閉館を惜しむ声や買い物客を増やす効果を考慮して、河口湖ショッピングセンターベルはシネコンの建設を構想している。*77

2006年4月2日、富士河口湖町船津の商業施設「河口湖ショッピングセンターベル」にあるビデオシアター「河口湖ベルシアター」が閉館した。郡内地域唯一の映画館だった。最終日は『ドラえもん のび太の恐竜2006』を4回上映した。春休み中の小学生らが詰めかけ、観客席が満員になる回もあった。1987年11月のショッピングセンターの開店と同時に開館した。配給会社が映画事業から撤退することで閉館が決まった。事業協同組合は2007年11月にショッピングセンターをリニューアルする際、シネコンを建設したいとする方針を立てている。*78

南都留郡西桂町

小沼映画劇場/小沼座
所在地 : 山梨県南都留郡西桂町小沼(1960年)、山梨県南都留郡西桂町小沼1479(1963年)
開館年 : 1949年6月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1949年6月。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「小沼座」。1955年の映画館名簿では「小沼映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「小沼座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

南都留郡山中湖村

富岳館/富嶽座
所在地 : 山梨県南都留郡中野村山中(1960年)、山梨県南都留郡中野村山中62(1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「富岳館」。1960年・1963年の映画館名簿では「富嶽座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

南都留郡鳴沢村

映画館名簿によると鳴沢村に映画館はなかったと思われる。

南都留郡忍野村

奥浦
所在地 : 山梨県南都留郡忍野村(1953年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1953年以後1955年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「奥浦」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。

このページへのコメント

中学生なのにテアトル甲府の金曜レイトに。罪悪感と興奮を同時に感じたことを思い出します。1000円握りしめて2本同時上映とかね。宝塚劇場でBTTF2と危険な情事?とかね。Be館にたまには行かないとね。

0
Posted by がーすー 2020年01月31日(金) 20:35:41 返信数(1) 返信

コメントありがとうございます!

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2020年02月05日(水) 23:17:57

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます