閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


中部

高知市

高知市の映画館
2019年9月20日から香美市土佐山田町東本町の商家で、展示会「高知の映画館資料展」が開催されている。高知市の市民団体である黄昏キネマ代表の岡本卓也(65)の調査によると、映画黄金期の1957年の高知市には32館もの映画館があったという。シネコンとミニシアターのウィークエンドキネマMを除けば、戦後の高知市で営業していたのは46館であるが、現在はあたご劇場の1館のみとなっている。*1
高知中劇/高知中劇場
所在地 : 高知県高知市中島町66(1960年・1969年)、高知県高知市本町2-3-35(1980年・1985年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1960年・1969年の映画館名簿では「高知中劇」。1980年・1985年の映画館名簿では「高知中劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
テアトル土電/高知テアトル土電・高知土電ホール/高知テアトル土電
所在地 : 高知県高知市南播磨屋町5(1960年・1969年)、高知県高知市南播磨屋町1-8-1(1980年・1985年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1960年の映画館名簿では「テアトル土電」。1969年・1980年の映画館名簿では「高知テアトル土電・高知土電ホール」(2館)。1985年の映画館名簿では「高知テアトル土電」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
高知名画座
所在地 : 高知県高知市旭町1-6(1980年・1985年)
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1980年・1985年の映画館名簿では「高知名画座」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
高知アサヒ劇場
所在地 : 高知県高知市旭町99(1999年)、高知県高知市旭町1-39(1980年・1985年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1969年・1980年・1985年の映画館名簿では「高知アサヒ劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
高知第二劇場
所在地 : 高知県高知市城見町137(1969年)、高知県高知市城見町9-12(1980年・1990年)
開館年 : 1960年以後1969年以前
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1969年・1980年・1990年の映画館名簿では「高知第二劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
高知東映劇場/高知東映劇場・高知東映パラス/高知東映劇場・高知東映パラス劇場/高知東映
所在地 : 高知県高知市中島町80(1960年・1969年)、高知県高知市本町1-2-25(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1960年以前、1975年3月(ビル化)
閉館年 : 2004年8月31日
1960年の映画館名簿では「高知東映」。1969年の映画館名簿では「高知東映劇場」。1980年の映画館名簿では「高知東映劇場・高知東映パラス」(2館)。1990年の映画館名簿では「高知東映劇場・高知東映パラス劇場」(2館)。2000年の映画館名簿では「高知東映」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2004年8月31日、高知市本町1の映画館「高知東映」が閉館した。1975年3月に開館し、土佐を舞台とした『鬼龍院花子の生涯』(1982年製作)が上映された際には1日で3500人を超す観客が集まった。最終上映作品はアニメ映画『金色のガッシュベル 101番目の魔物』だったが、最終日の観客は少なかったという。今年7月にはシネコン「TOHOシネマズ高知」が開館しており、今後は東映配給作品がTOHOシネマズ高知で公開される。*2
高知松竹/高知松竹劇場/高知松竹劇場・高知ピカデリー劇場・高知にっかつモデル劇場/高知松竹ピカデリー劇場・高知にっかつモデル劇場/高知松竹ピカデリー1・2・3
所在地 : 高知県高知市本町85(1960年・1969年)、高知県高知市本町1-3-22(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 2005年11月
1960年の映画館名簿では「高知松竹」。1969年の映画館名簿では「高知松竹劇場」。1980年の映画館名簿では「高知松竹劇場・高知ピカデリー劇場・高知にっかつモデル劇場」(3館)。1990年の映画館名簿では「高知松竹ピカデリー劇場・高知にっかつモデル劇場」(2館)。2000年の映画館名簿では「高知松竹ピカデリー1・2・3」(3館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2005年4月9日、高知市本町1の映画館「高知松竹ピカデリー」で『ハルウララ』の全国先行上映が始まった。高知競馬で113連敗中の人気馬であるハルウララを描いている。森川時久監督や出演した賀来千香子が舞台挨拶を行った。*3
高知東宝劇場/高知東宝1・2・高知宝塚劇場/高知東宝1・2・3
所在地 : 高知県高知市帯屋町27(1960年)、高知県高知市帯屋町1-9-4(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 2006年1月29日
1960年の映画館名簿では「高知東宝」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の映画館名簿では「高知東宝劇場」。1990年の映画館名簿では「高知東宝1・2・高知宝塚劇場」(3館)。2000年の映画館名簿では「高知東宝1・2・3」(3館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2005年10月31日、高知市中心市街地活性化推進懇話会の会合で帯屋町1の映画館「高知東宝」と本町1の映画館「高知シネプラザ」の閉館が明らかにされた。2004年7月にシネコン「TOHOシネマズ高知」が開館したことが理由。高知東宝は2006年1月末に閉館する予定。高知東宝が入居しているビルは取り壊され、跡地にはビジネスホテルが建設される予定。*4

2006年1月29日、高知市の映画館「高知東宝会館」が36年の歴史に幕を閉じて閉館した。高知市中心部のアーケード街唯一の映画館だった。2004年には「高知東映」が、2005年11月には松竹系映画館が閉館しており、高知市中心部から一般映画館がなくなった。1月7日から1月29日までは、『砂の器』や『ロード・オブ・ザ・リング』などの名作30作品を1本500円で上映する「サヨナラフェスティバル」を実施していた。2005年10月から12月の月間入場者数は3000人台から5000人台だったが、1月は28日までに約7700人と増加した。*5
高知小劇/高知小劇場
所在地 : 高知県高知市本町99(1960年・1969年)、高知県高知市本町2-2-7(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 2013年3月31日
1960年・1969年の映画館名簿では「高知小劇」。1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「高知小劇場」。2010年の映画館名簿には掲載されていないが理由は不明。高知県最後の成人映画館。
ウィークエンドキネマM
所在地 : 高知県高知市帯屋町1-13-8 アルカビル1階(2018年)
開館年 : 2017年10月7日
閉館年 : 2019年1月23日
2015年の映画館名簿には掲載されていない。2018年の映画館名簿では「ウィークエンドキネマM」。2018年の映画館名簿では経営会社が桃山商店、代表者が中村桃子、支配人が宇賀朋未。2020年の映画館名簿には掲載されていない。

2019年1月23日、高知市帯屋町1丁目の映画館「ウィークエンドキネマM」がビル建て替え前の最終上映を行った。高知市在住の映画監督である安藤桃子が運営する。2021年春には新築される13階建てのビル内にリニューアルオープンする予定。最終上映には安藤桃子の父親である奥田瑛二、母親である安藤和津も駆け付けた。*6
あたご劇場/高知あたご劇場
所在地 : 高知県高知市愛宕町79(1960年)、高知県高知市愛宕町1-79(1969年)、高知県高知市愛宕町1-1-22(1980年・1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 営業中
1960年の映画館名簿では「あたご劇場」。1969年・1980年・1990年・2000年・2010年の映画館名簿では「高知あたご劇場」。

高知城の北東の高知市愛宕町には、1955年開館の映画館「あたご劇場」がある。館主の水田朝雄(63)の実家は大正期から映画館の経営を行っており、県外の大学を卒業した後に父親が経営するあたご劇場を手伝い始めた。経営は10年以上も赤字であり、2012年末で閉館する予定だったが、約600万円を投じてドイツ製デジタル映写機を購入し、フィルム映写機と併用しながら映画館を存続させた。2013年現在の上映本数は年間約40本であり、旧作のほかに新作も多く上映している。*7
TOHOシネマズ高知
所在地 : 高知県高知市秦南町1-4-8 イオンモール高知3階(2010年)
開館年 : 2004年7月17日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「TOHOシネマズ高知1-9」(9館)。

2004年7月17日、イオン高知ショッピングセンターの3階と4階に、シネコン「TOHOシネマズ高知」が開館する。延床面積は約5,800m2。9スクリーン計1597席を有し、延床面積と座席数で四国最大のシネコンとなる。年間65万人の観客と8億円の売り上げを目指している。2001年の開館を目指していたが、中心市街地への影響などを理由に高知市議会が反対した。イオン側は11万人分の署名を集めて建設を申請し、高知市が認めなかったことから訴訟に発展したが、2003年9月に高知市が敗訴して建設許可が下りた。東宝関西興行は高知市帯屋町に「高知東宝」を経営しているが、シネコンとの共存を図るとしており、すぐに撤退する気はないという。*8

2004年7月17日、高知市のイオン高知SC3階・4階部分にシネコン「TOHOシネマズ高知」が開館する。高知県初のシネコンであり、9スクリーンを有する。総床面積5821m2、座席数計1579席はいずれも四国最大。7月16日には『世界の中心で愛をさけぶ』に出演した長沢まさみなどが招待された開館記念式典が開催された。*9

2004年(平成16年)7月には高知市郊外に、高知県内初のシネコンとして「TOHOシネマズ高知」が開館。10スクリーン計約1600席。同年8月には本町1丁目の「高知東映」が閉館し、翌2005年(平成17年)3月には帯屋町1丁目の「高知東宝」が閉館を決定した。同年6月末には本町1丁目の「高知松竹ピカデリー」も閉館するが、高知松竹ピカデリーの支配人は運営を引き継ぐ方針を示しており、松竹の撤退後しばらくして営業を再開する予定である。TOHOシネマズ高知の開館後、高知東宝と高知松竹ピカデリーの観客数は従来の3割にまで激減していた。*10

南国市

御免映劇
所在地 : 高知県長岡郡御免町28(1960年)、高知県南国市後免町(1969年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1980年以前
1960年・1969年の映画館名簿では「御免映劇」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。

土佐市

メトロ劇場/土佐メトロ劇場
所在地 : 高知県土佐市高岡町乙727(1960年)、高知県土佐市高岡町2-26-6(1969年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1980年以前
1960年の映画館名簿では「メトロ劇場」。1969年の映画館名簿では「土佐メトロ劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。
土佐戸波劇場
所在地 : 高知県土佐市高岡町(1969年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1969年以後1980年以前
1969年の映画館名簿では「御免映劇」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。

香南市

第二さくら館
所在地 : 高知県香美郡夜須町(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1960年の映画館名簿では「第二さくら館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
野市劇場
所在地 : 高知県香美郡野市町(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1960年の映画館名簿では「野市劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
昭和座
所在地 : 高知県香美郡野市町(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1960年の映画館名簿では「昭和座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
赤岡劇場
所在地 : 高知県香美郡赤岡町(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1960年の映画館名簿では「赤岡劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
赤岡東映
所在地 : 高知県香美郡赤岡町(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1960年の映画館名簿では「赤岡東映」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

香美市

山田東映劇場/山田東映
所在地 : 高知県香美郡土佐山田町(1960年・1969年)、高知県香美郡土佐山田町東本町1(1980年)、高知県香美郡土佐山田町東本町1-2-37(1985年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1960年の映画館名簿では「山田東映」。1969年の映画館名簿では「山田東映劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「山田東映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

長岡郡本山町

長岡郡大豊町

土佐郡土佐町

土佐郡大川村

吾川郡いの町

伊野文化劇場
所在地 : 高知県吾川郡伊野町(1960年・1969年)、高知県吾川郡伊野町大黒町3103(1980年)、高知県吾川郡伊野町3103(1985年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1960年・1969年・1980年・1985年の映画館名簿では「伊野文化劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

吾川郡仁淀川町

高岡郡日高村

高岡郡佐川町

高岡郡越知町

西部

須崎市

須崎オリオン座
所在地 : 高知県須崎市新町(1969年)、高知県須崎市新町2-1(1980年)、高知県須崎市新町2-2-3(1990年)
開館年 : 1960年以後1969年以前
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1969年・1980年・1990年の映画館名簿では「須崎オリオン座」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

宿毛市

宿毛劇場
所在地 : 高知県宿毛市新町2789(1960年)、高知県宿毛市新町(1969年)、高知県宿毛市新町2789(1980年・1985年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1960年・1969年・1980年・1985年の映画館名簿では「宿毛劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

土佐清水市

土佐清水日劇/清水日劇
所在地 : 高知県土佐清水市本町503(1969年)、高知県土佐清水市栄町3(1980年)、高知県土佐清水市栄町2-4(1990年)
開館年 : 1960年以後1969年以前
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1969年の映画館名簿では「土佐清水日劇」。1980年・1990年の映画館名簿では「清水日劇」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

四万十市

中村東映劇場/中村東映
所在地 : 高知県中村市大橋通3丁目(1960年・1969年)、高知県中村市大橋通3-23(1980年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
1960年の映画館名簿では「中村東映」。1969年の映画館名簿では「中村東映劇場」。1980年の映画館名簿では「中村東映」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。
太陽館/中村太陽館
所在地 : 高知県中村市栄町1254(1960年)、高知県中村市栄町(1969年)、高知県中村市栄町28(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1926年? 1935年?
閉館年 : 2005年3月
1960年の映画館名簿では「太陽館」。1969年・1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「中村太陽館」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2005年3月、中村市栄町の映画館「太陽館」の閉館が決定した。2004年5月のゴールデンウィーク興行を最後に休館となっており、同年夏には経営者の沢田寛(79)が体調を崩して入院していた。1935年に組合組織で開館。昭和30年代中頃の中村市には6館の映画館があった。高知県西部では唯一の映画館だった。*11

1926年(大正15年)に中村太陽館が開館した。全盛期の中村市には4館の映画館があり、中村市栄町にあった中村太陽館は「おまち中村」のシンボル的存在だった。2005年(平成17年)には4館の中で最後に残った中村太陽館も閉館した。幡多地域最後の映画館だった。閉館後も待ち合わせ場所などに使用されたが、2017年(平成29年)5月以降に建物が解体された。*12

高岡郡中土佐町

高岡郡檮原町

高岡郡津野町

高岡郡四万十町

幡多郡黒潮町

幡多郡大月町

幡多郡三原村

東部

室戸市

中央館/室戸中央劇場/室戸中央館
所在地 : 高知県室戸市室戸町室津391(1960年)、高知県室戸市浮津391(1969年・1980年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
1960年の映画館名簿では「中央館」。1969年の映画館名簿では「室戸中央劇場」。1980年の映画館名簿では「室戸中央館」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

安芸市

安芸太平館
所在地 : 高知県安芸市元町877(1960年)、高知県安芸市本町1-6-15(1969年・1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1926年以前
閉館年 : 2000年以後2010年以前
1960年・1969年・1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「安芸太平館」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

安芸郡東洋町

安芸郡奈半利町

平和劇場/奈半利平和劇場
所在地 : 高知県奈半利町(1960年・1969年・1980年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
1960年・1969年・1980年の映画館名簿では「奈半利平和劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。

安芸郡田野町

安芸郡安田町

大心劇場
所在地 : 高知県安芸郡安田町町内京坊992-1
開館年 : 1954年(中山映劇)、1982年(大心劇場)
閉館年 : 営業中
1960年・1969年・1980年・1990年・2000年・2010年の映画館名簿には掲載されていない。

安芸郡安田町は人口わずか4000人程度の町であり、映画館「大心劇場」は四方を山に囲まれている。座席数は103席。映画館の組合に属していないため、配給される作品には制約があり、上映作品がなかなか決定しないなどの苦労がある。*13

映画館「大心劇場」は安田川沿いの山中にある。館内にはオレンジ色の革張りの椅子が約100席ならんでいる。1954年に小松博行が開館させ、映画業界の斜陽化によって一時的に休館したが、1982年に息子の小松秀吉が場所を移転させて営業再開した。小松秀吉は1台の映写機で複数のフィルムをつなぐ「流し込み」という職人技を習得している。2016年現在はフィルム映画とデジタル映画を合わせて、年間約6本の映画をそれぞれ1週間ずつ上映している。1週間の上映で80-90人の観客を集める。*14

1954年、安芸郡安田町に「中山映劇」が開館した。映画業界の低迷により中山映劇は取り壊すこととなったが、1982年には中山映劇の骨組みなどを受け継いで「大心劇場」が開館した。安田川の林道沿いにあり、オレンジ色の屋根が目印である。受付には尾崎正直高知県知事や俳優の写真やサインなどが並んでいる。喫茶店「豆でんきゅう」を併設している。*15

1982年4月、安芸郡安田町内京坊に「大心劇場」が開館した。その約30年前に小松博行が開館させた「中山映劇」を車で5分ほど下流に移したものである。2019年時点で昭和から営業を続けている映画館は、高知市のあたご劇場と大心劇場の2館のみである。*16

安芸郡北川村

安芸郡馬路村

安芸郡芸西村

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます