閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。



広島市

中区

ロマン座
所在地 : 広島県広島市西新町(1955年)
開館年 : 1954年6月
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1954年6月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「ロマン座」。1955年の映画館名簿では経営者が清水義範、250席、洋画を上映。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
西劇
所在地 : 広島県広島市都町(1958年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「西劇」。1958年の映画館名簿では経営者が金江順一、支配人が兼広敏一、木造平屋建冷房付、270席。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
アリーナ名画劇場
所在地 : 広島県広島市鷹匠町112(1958年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「アリーナ名画劇場」。1958年の映画館名簿では経営者が松本九市、支配人が河野照夫、木造2階建、540席。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
双葉映画劇場
所在地 : 広島県広島市東魚屋町3(1953年)、広島県広島市東魚屋町3-2(1955年)、広島県広島市東魚屋町3(1958年)
開館年 : 1949年8月
閉館年 : 1958年以後1960年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1949年8月開館。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「双葉映画劇場」。1958年の映画館名簿では経営者が吉田年男、支配人が松宮辰男、鉄筋コンクリート造3階建冷房付、500席。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
柳橋東映
所在地 : 広島県広島市下柳町25(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1962年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「柳橋東映」。1960年の住宅地図では「柳橋東映」。1962年の住宅地図では跡地に空白。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
銀座東宝劇場/銀東映画劇場/銀座東宝映劇
所在地 : 広島県広島市斜屋町27(1953年・1958年・1960年)
開館年 : 1948年11月
閉館年 : 1960年以後1962年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1948年11月開館。1953年の映画館名簿では「銀座東宝劇場」。1958年の映画館名簿では「銀東映画劇場」。1960年の映画館名簿では「銀座東宝映劇」。1960年の住宅地図では「銀座東宝劇場」。1962年の住宅地図では跡地に「パチンコ広島会館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
福屋名画劇場/福屋劇場
所在地 : 広島県広島市八丁堀63-1(1953年・1955年)、広島県広島市八丁堀町63-1(1958年)、広島県広島市八丁堀63-1(1960年・1963年)
開館年 : 1947年5月
閉館年 : 1963年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1947年5月開館。1953年の映画館名簿では「福屋名画劇場」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「福屋劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
江波松映
所在地 : 広島県広島市江波本町(1960年)、広島県広島市江波町808(1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「江波松映」。1960年・1964年の住宅地図では「江波松映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「新宅家具店」。跡地は「中山ビル」。
オリオン映劇/吉島オリオン
所在地 : 広島県広島市吉島新町(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「オリオン映劇」。1960年の映画館名簿では「吉島オリオン」。1962年の住宅地図では「オリオン映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では「のばら」喫茶など複数の店舗。跡地は「のばら喫茶」など。
文映
所在地 : 広島県広島市基町1(1953年・1958年・1960年)
開館年 : 1951年1月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1951年1月開館。1953年・1958年・1960年の映画館名簿では「文映」。1960年・1962年の住宅地図で発見できず。1960年・1962年の住宅地図にある巨大な建物は「山陽プラスチック工場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
白島東宝
所在地 : 広島県広島市西白島町146(1958年)、広島県広島市西白島146(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「白島東宝」。1962年の住宅地図では「白島東宝」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「山陽マーク」。跡地は「山陽マーク株式会社白島製作所」。
竹久映画劇場/舟入映劇
所在地 : 広島県広島市舟入中町172(1958年・1960年)、広島県広島市舟入中町172-4(1963年)
開館年 : 1953年7月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1953年7月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「竹久映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「舟入映劇」。1962年の住宅地図では「舟入映画」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「広島高等経理学校」。跡地は「広島舟入高等専修学校」。
土橋東宝/土橋日活
所在地 : 広島県広島市西新町62(1958年)、広島県広島市西新町102(1960年)、広島県広島市西新町97(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「土橋東宝」。1962年の住宅地図では「土橋日活」。1963年の映画館名簿では「土橋日活」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「松尾ゴム」。跡地はマンション「パークフラッツ土橋」。
白島銀映
所在地 : 広島県広島市東白島町115(1958年)、広島県広島市東白島115(1960年)、広島県広島市東白島町115(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「白島銀映」。1960年・1962年の住宅地図では「白島銀映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「娯楽センターニュージャパン」。跡地はマンション「ツインクレスト」など。
広栄座
所在地 : 広島県広島市大手町1-6(1953年・1960年)
開館年 : 1950年12月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1950年12月開館。1953年の映画館名簿では「広栄座」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「広栄座」。1962年・1966年の住宅地図では「広栄座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「三好ビル」や「ヒロシマNPビル」。
ラッキー映劇/ラッキー映画劇場/ラッキー劇場
所在地 : 広島県広島市立町48(1953年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年6月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1950年6月開館。1953年の映画館名簿では「ラッキー映画劇場」。1958年の映画館名簿では「ラッキー映劇」。1960年の映画館名簿では「ラッキー映画劇場」。1962年の住宅地図では「ラッキー劇場」。1963年の映画館名簿では「ラッキー劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「(建)」。跡地は「ひろしま国際ホテル」。
南街東宝・南街名劇/タカノ橋東映・タカノ橋名劇/タカノ橋東映・タカノ橋大映/タカノ橋東映・スバル座
所在地 : 広島県広島市大手町9丁目(1958年・1960年)、広島県広島市大手町9-88-56(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前(ビル化)
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「南街東宝・南街名劇」(2館)。1960年の映画館名簿では「タカノ橋東映・タカノ橋名劇」(2館)。1960年・1962年・1964年の住宅地図では「タカノ橋東映」。1963年の映画館名簿では「タカノ橋東映・タカノ橋大映」(2館)。1966年の住宅地図では「タカノ橋東映 スバル座」。1966年以後1969年以前にタカノ橋公楽センタービルが竣工。跡地は「大手町ロイヤルコーポ」。
鷹の橋OS/タカノ橋OS/タカノ橋OS劇場/タカノ橋OS・タカノ橋大映・タカノ橋日活
所在地 : 広島県広島市大手町9丁目(1958年・1960年)、広島県広島市大手町9-88-56(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前(ビル化)
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「鷹の橋OS」。1960年の映画館名簿では「タカノ橋OS」。1960年・1962年の住宅地図では「OS劇場」。1963年の映画館名簿では「タカノ橋OS劇場」。1964年の住宅地図では「日活劇場」。1966年の住宅地図では「タカノ橋OS(大映・日活)」。1966年以後1969年以前にタカノ橋公楽センタービルが竣工。2020年7月時点の跡地はマンション建設用地。
第三有楽座/第三有楽/広島第三有楽劇場
所在地 : 広島県広島市江波町15(1958年・1960年・1963年・1969年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1953年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「第三有楽座」。1960年・1962年・1964年・1966年の住宅地図では「第三有楽」。1963年の映画館名簿では「第三有楽」。1969年の映画館名簿では「広島第三有楽劇場」。1969年の住宅地図では「第三有楽座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は駐車場。
有楽劇場/有楽座/有楽東映/広島有楽座
所在地 : 広島県広島市小網町175(1953年・1958年・1960年・1963年)、広島県広島市堺町2-4(1969年)
開館年 : 1950年8月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1950年8月開館。1953年の映画館名簿では「有楽劇場」。1958年の映画館名簿では「有楽座」。1960年・1963年の映画館名簿では「有楽東映」。1960年・1962年の住宅地図では「有楽劇場」。1966年の住宅地図では「有楽座 有楽ボーリング」。1969年の映画館名簿では「広島有楽座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ハイツ西翠園」。
大映帝劇/広島帝劇/広島大映帝劇
所在地 : 広島県広島市鉄砲町147(1958年・1960年・1963年・1969年)
開館年 : 1946年8月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1946年8月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「広島帝劇」。1960年の映画館名簿では「大映帝劇」。1963年の映画館名簿では「広島帝劇」。1962年・1966年・1969年の住宅地図では「広島帝劇」。1969年の映画館名簿では「広島大映帝劇」。
東洋名劇/東洋名画劇場/広島東洋名画劇場
所在地 : 広島県広島市胡町1-5(1958年・1960年・1963年・1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「東洋名劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「東洋名画劇場」。1962年の住宅地図では「東劇 東劇パチンコ店 喫茶紅蜂」。1966年の住宅地図では「東劇」。1969年の映画館名簿では「広島東洋名画劇場」。
歌舞伎座/広島東宝劇場(初代)
所在地 : 広島県広島市八丁堀60(1958年)、広島県広島市八丁堀60(1960年・1963年)、広島県広島市八丁堀15-7(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1980年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「歌舞伎座」。1960年・1963年・1969年の映画館名簿では「広島東宝劇場」。1960年・1962年・1966年の住宅地図では「広島東宝」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「福屋別館」。
若草映劇/若草劇場/若草東宝/広島若草劇場/広島若草劇場
所在地 : 広島県広島市堺町4-12(1958年)、広島県広島市小網町175(1960年)、広島県広島市堺町4-12(1963年)、広島県広島市堺町2-4(1969年・1973年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 1973年以後1976年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1952年12月開館。1955年・1958年の映画館名簿では「若草映劇」。1960年の映画館名簿では「若草劇場」。1960年・1962年の住宅地図では「若草映画」。1963年の映画館名簿では「若草東宝」。1969年の映画館名簿では「広島若草劇場」。1969年の住宅地図では「若草映劇」。1980年の住宅地図では跡地に「サンピア白樺 1階喫茶菩提樹」。跡地は「とんかつ料理さち」が入る「サンピア白樺」。
広島ピカデリー小劇
所在地 : 広島県広島市胡町6-5(1980年)
開館年 : 1976年以後1980年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
1976年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の映画館名簿では「広島ピカデリー小劇」。1980年の住宅地図では発見できず。1985年の映画館名簿には掲載されていない。
広島ロキシー座
所在地 : 広島県広島市流川町8-26(1969年・1980年)
開館年 : 1966年以後1969年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1962年の住宅地図では後の映画館の場所に「寿満旅館」など。1966年の住宅地図では後の映画館の場所に「広島冷菓広島スケートリンク」。1969年の住宅地図では「ロキシー会館」。1969年・1980年の映画館名簿では「広島ロキシー座」。1980年の住宅地図では「ロキシー会館 ロキシー座」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。
広島にっかつ劇場/ロッポニカ広島
所在地 : 広島県広島市中区本通1-29(1985年・1990年)
開館年 : 1980年以後1985年以前
閉館年 : 1990年以後1995年以前
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の映画館ン名簿では「広島にっかつ劇場」。1990年の映画館名簿では「ロッポニカ広島」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。
新天地シネマ/広島新天地シネマ/広島東劇
所在地 : 広島県広島市下流川町216(1958年)、広島県広島市下流川町1(1960年)、広島県広島市下流川町216(1963年)、広島県広島市新天地町6-16(1969年・1980年)、広島県広島市中区新天地6-16(1990年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1990年以後1995年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新天地シネマ」。1962年・1966年・1969年の住宅地図では「新天地シネマ」。1969年の映画館名簿では「広島新天地シネマ」。1980年の住宅地図では「東劇」。1980年・1990年の映画館名簿では「広島東劇」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。
テアトル ウィズ
所在地 : 広島県広島市中区新天地5-3(1990年・1995年)
開館年 : 1986年12月
閉館年 : 1997年頃
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1995年の映画館名簿では「テアトル・ウィズ」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
リッツ劇場/広島リッツ劇場
所在地 : 広島県広島市下流川町42(1958年)、広島県広島市三川区42(1960年)、広島県広島市三川町42(1963年)、広島県広島市二川町42(1969年)、広島県広島市流川町6-2(1980年)、広島県広島市中区流川町6-2(1990年)
開館年 : 1956年12月15日
閉館年 : 1999年10月15日
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「リッツ劇場」。1962年の住宅地図では「リッツ劇場 地下 グランドパレス」。1966年・1969年の住宅地図では「リッツ劇場 グランドパレス」。1969年・1980年・1990年の映画館名簿では「広島リッツ劇場」。1980年の住宅地図では「広島楽天地 シネマリッツ 地下1階 流川ロンドンA館」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。2016年頃に建物が取り壊された。跡地は有料駐車場。

1999年10月15日をもって、広島市中区流川町の歓楽街にある洋画封切館「広島リッツ劇場」が閉館する。1997年秋には広島市南区にシネコン「ワーナー・マイカル・シネマズ広島」が進出し、中心市街地の映画館客が分散したことが理由。リッツ劇場は1956年に開館し、広島市で最も古い。1982年の『E.T.』などがヒットしたが、最近は作品によっては1日数十人だという。広島市における映画館の閉館は、1998年秋の「ステーションシネマ」以来となる。*1

1999年10月15日をもって、広島市中区流川町の映画館「広島リッツ劇場」が43年の歴史に幕を閉じて閉館した。1997年3月の『エヴァンゲリオン』では入口に行列ができたが、同年秋に7スクリーンを有するシネコンが開館すると、以後は行列ができたことがない。1956年12月に開館し、オープニング作品はポール・ニューマン主演の『傷だらけの栄光』だった。43年間で延べ200万人以上の観客を集めた。*2
広島スカラ座(初代)
所在地 : 広島県広島市胡町6-9(1969年・1980年)、広島県広島市中区胡町6-9(1990年・2000年)
開館年 : 1966年以後1969年以前
閉館年 : 2003年7月
1962年の住宅地図では後の映画館の場所に「フレンドパチンコ本店」など。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では後の映画館の場所に「パチンコフレンド」。1969年の住宅地図では「1階パチンコフレンド 2階コンパ 3階・4階スカラ座 5階バッティングセンター」。1969年・1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「広島スカラ座」。1980年の住宅地図では「地下1階味園 1階パチンコフレンド会館 喫茶モナミ 3階・4階スカラ座 5階フレンドゴルフ練習場」。2003年7月に広島朝日会館跡地に移転。
朝日会館/広島朝日会館/広島スカラ座(2代)
所在地 : 広島県広島市基町1(1960年・1963年・1969年)、広島県広島市基町13-7(1980年)、広島県広島市中区基町13-7(1990年・2000年)
開館年 : 1958年12月16日(朝日会館)、2003年8月2日(スカラ座)
閉館年 : 2003年4月11日(朝日会館)、2009年9月6日(スカラ座)
Wikipedia : 広島スカラ座
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「朝日会館」。1963年・1969年・1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「広島朝日会館」。1969年の住宅地図では「朝日会館 7階朝日会館」。1980年の住宅地図では「朝日会館」。2003年3月に朝日会館が閉館し、2003年7月にスカラ座が朝日会館跡地に移転開館。2010年の映画館名簿には掲載されていない。828席を有して中国・四国地方最大の劇場だった。跡地は有料駐車場「三井のリパーク広島基町」。

2003年(平成15年)4月11日、広島市中区の映画館「広島朝日会館」が閉館する。中国・四国地方最大規模の洋画封切館である。1958年(昭和33年)12月に『十戒』で開館し、2003年(平成15年)2月28日現在の『ホワイト・オランダー』まで570本を上映した。観客数は延べ737万人を数える。当初の座席数は1040席であり、現在は828席である。大阪市の朝日ビルディングが経営している。1997年10月に広島市初のシネコンが開館すると、洋画ファンの分散化が進んだ。2002年の観客数は6万430人であり、ピーク時の17%にまで落ち込んでいる。*3

2003年(平成15年)4月11日、広島市中区の東宝洋画系映画館「広島朝日会館」が閉館する。1958年12月に開館し、のべ739万人の観客を集めた。1959年末から1960年末までの1年間が観客数のピークであり、この1年間の観客数は35万人に達した。広島市周辺でのシネコンの相次ぐ開館によって、現在の観客数は6万人に落ち込んでおり、2004年(平成16年)にも広島市安佐南区や府中町にシネコンが開館することから閉館を決めた。約6か月間上映した『タイタニック』は16万人の観客を集め、同館の最多動員作品となったが、その後は広島市で再上映が行われていない。閉館後の4月26日から4月30日には「さよなら興行」として『タイタニック』を上映する。*4

2003年(平成15年)4月11日、広島市中区基町の東宝洋画系映画館「広島朝日会館」が閉館した。最終上映作品はジャッキー・チェン主演の『タキシード』。828席という座席数は広島県で最多だった。閉館後の4月26日から4月30日には、「さよなら興行」として同館の最多動員作品である『タイタニック』を上映する。*5

2003年(平成15年)8月2日、広島市中区基町の映画館「広島朝日会館」跡地に、近くの「広島スカラ座」が移転する。オープニング作品はジョニー・デップ主演の『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』。旧朝日会館は828席を有し、中国・四国地方では最大の映画館である。1966年に開館した348席のスカラ座は老朽化が進んでおり、より良い設備と観やすい観客席を持つ旧朝日会館への移転を決定した。*6

2003年(平成15年)8月2日、広島市中区基町の映画館「広島朝日会館」跡地に、中区胡町の松竹洋画系上映館「広島スカラ座」が移転する。オープニング作品はジョニー・デップ主演の『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』。現在のスカラ座は348席だが、移転によって828席に増える。*7

2009年(平成21年)9月6日、広島市中区の映画館「広島スカラ座」が閉館する。1958年(昭和33年)、広島朝日ビルの7階に「広島朝日会館」として開館した。昭和30年代には広島市最大のホールでもあったため、著名な芸術家のコンサートやバレエ公演なども行われた。2003年には広島朝日会館が閉館したが、松竹洋画系ロードショー館の「広島スカラ座」が広島朝日会館跡地に移転した。同年には『ラストサムライ』が大ヒットしたが、シネコンの影響で観客数を減らした。1958年の開館当初は約1300席があったが、改装のたびに座席数を減らした。しかし現在も828席を有しており、西日本最大級の映画館である。幅13.5メートル×高さ5.8メートルのスクリーンを有する。9月3日から9月6日には『ラストサムライ』を上映する。*8
タカノ橋公楽センタービル
所在地 : 広島県広島市大手町5-8-6、5-8-20、8-6、9-88(1969年)、広島県広島市大手町5-8-6、5-8-20(1980年)、広島県広島市中区大手町5-8-6(1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1966年以後1969年以前
閉館年 : 2014年8月31日
1969年の映画館名簿では大手町5-8-6の「広島タカノ橋大映」と大手町5-8-20の「広島タカノ橋スバル座」と大手町8-6の「広島タカノ橋日活劇場」と大手町9-88の「広島タカノ橋東映劇場」(計4館)。1969年の住宅地図では「タカノ橋公楽センタービル」に「タカノ橋東映 タカノ橋日活 タカノ橋大映 スバル座 公楽キュウ 公楽荘 キッチンベレッカ あずま寿し 山鳥 パーマニュー双葉 喫茶オロ」。1974年の住宅地図では「タカノ橋公楽センタービル」。1980年の映画館名簿では大手町5-8-6の「広島タカノ橋日劇」と大手町5-8-20の「広島タカノ橋サロンシネマ・広島タカノ橋シネマパーラー」(計3館)。1980年の住宅地図では「タカノ橋公楽センタービル」。1990年の映画館名簿では「広島タカノ橋日劇・広島サロンシネマ」(2館)。2000年の映画館名簿では「広島サロン・シネマ1・2」(2館)。2010年の映画館名簿では「広島サロンシネマ1・2」(2館)。

2014年(平成26年)8月末、広島市中区大手町5丁目のタカノ橋商店街にある映画館「サロンシネマ」が閉館する。入居する建物が老朽化したため。昭和30年代のタカノ橋商店街には少なくとも3か所に映画館があったが、すべて消えることとなる。100席と99席の2スクリーンを有する。前身はタカノ橋大映劇場とタカノ橋日劇であり、1972年と1994年にサロンシネマの名称となった。社会性や芸術性の高い映画を積極的に上映し、毎年8月6日には平和や原爆をテーマとする映画を上映してきた。特注のリクライニングシート、天井に描かれた天使の絵でも知られており、名称には「サロンのような感覚で鑑賞できる空間」の意味が込められている。*9

2014年(平成26年)8月末で閉館する広島市中区大手町5丁目の映画館「サロンシネマ」は、6月7日から8月31日にかけてさよなら興行「ラスト・ピクチャー・ショー」を開催し、約30作品を上映する。尾道市出身の大林宣彦監督作品『時をかける少女』、寺山修司監督の『書を捨てよ町へ出よう』、ヌーベルバーグ作品『勝手にしやがれ』など、サロンシネマで何度も上映してきた作品を上映する。毎週土曜日にはソ連や西ドイツなどの各国作品やカルト作品をテーマとするオールナイト上映も行う。*10
広島宝塚劇場/広島宝塚劇場・広島東宝/広島宝塚劇場・広島宝塚シネマ・広島東宝劇場/広島宝塚1・2・3
所在地 : 広島県広島市堀川町82(1953年)、広島県広島市堀川町81(1955年・1958年・1960年・1963年)、広島県広島市新天地2-10(1980年)、広島県広島市中区新天地2-10(1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1951年9月22日
閉館年 : 2011年8月31日
Wikipedia : 広島宝塚1・2・3
『全国映画館総覧 1955年版』によると1951年9月開館。1953年・1958年・1960年・1963年・1969年の映画館名簿では「広島宝塚劇場」。1962年の住宅地図では「宝塚劇場 新天地KK」。1966年・1969年の住宅地図では「宝塚劇場」。1980年の映画館名簿では「広島宝塚劇場・広島東宝」(2館)。1980年の住宅地図では「広島宝塚会館」。1990年の映画館名簿では「広島宝塚劇場・広島宝塚シネマ・広島東宝劇場」(3館)。2000年・2010年の映画館名簿では「広島宝塚1・2・3」(3館)。跡地は「広島東宝ビル」。

2011年8月31日、広島市中区新天地の映画館「広島宝塚1・2・3」が閉館した。最終日には『コクリコ坂から』など3作品を上映し、約300人が観賞した。3階のロビーには開館から60年の歩みを振り返る写真や上映作品のポスターなどが展示された。1951年に「新天地劇場」として開館し、1952年に「広島宝塚劇場」に改称した。1971年には現在の広島宝塚会館のビルが完成した。一時は4スクリーンを有したが、現在は3スクリーンだった。広島宝塚会館が老朽化し、建て替えを行うことから閉館が決定した。2008年の「松竹東洋座・広島名画座」、2009年の「広島東映・広島ルーブル」など、広島市内では老舗映画館が相次いで閉館している。*11
新天地劇場/広島新天地劇場/広島宝塚4/広島シネツイン新天地
所在地 : 広島県広島市下流川町1(1958年・1960年・1963年・1969年)、広島県広島市新天地町1-9(1980年)、広島県広島市中区新天地1-9(1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1952年12月(新天地劇場)、1995年3月18日(広島宝塚4)、2004年6月12日(シネツイン新天地)
閉館年 : 2004年5月下旬(広島宝塚4)、2013年12月27日(シネツイン新天地)
『全国映画館総覧 1955年版』によると1952年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新天地劇場」。1962年・1966年の住宅地図では「新天地劇場」。1969年の住宅地図では後の映画館の場所に空白。1969年・1980年・1990年の映画館名簿では「広島新天地劇場」。1980年の住宅地図では「新天地レジャービル」。2000年の映画館名簿では「広島宝塚4」。2010年の映画館名簿では「広島シネツイン新天地」。新天地レジャービルは現存。

2004年5月23日、広島市中区新天地の映画館「宝塚4」が閉館する。3スクリーンを有する宝塚会館とは別のレジャービル5階・6階に入居している。1995年、洋画ポルノ館だった「新天地劇場」の閉館を受けて広島宝塚が借り、200席の宝塚4では封切りの洋画や邦画を上映していた。シネコンの進出によって中心市街地の映画館の観客離れが進み、1999年にはリッツ劇場、2003年には朝日会館(現在のスカラ座)が閉館した。宝塚4の閉館はこれらに続く3番目の閉館となる。*12

2004年(平成16年)6月中旬、映画館「シネツイン」の2号館が「宝塚4」跡地に開館する。名画中心のアート系ミニシアターとなる。5月23日には広島宝塚が宝塚4を閉館させると、ビルのオーナーから「サロンシネマ」などを経営する蔵本順子社長が相談されて決定した。一度閉館した都心部の映画館の再開は全国的に珍しい。広島市のミニシアターは西区の「横川シネマ」を含めて5館となり、地方都市では日本で最も多くなるという。*13

2004年(平成16年)6月12日、広島市中区新天地に映画館「シネツイン2」がプレ開館する。5月下旬に「宝塚4」が閉館すると、蔵本順子社長がビルの所有者から相談を受けて検討し、中心部の映画館を維持することを決めた。「サロンシネマ1・2」や「シネツイン」の姉妹館である。座席数は200席。6月12日から6月18日までがプレオープン季刊であり、マイケル・ムーア監督作品『ボウリング・フォー・コロンバイン』、韓国映画『ラブストーリー』を上映する。19日からは韓国映画『スキャンダル』を上映し、その後もカンヌ国際映画祭で話題となった是枝裕和監督作品『誰も知らない』やマイケル・ムーア監督作品『華氏911』の上映を予定している。*14
中央映劇/中央映画劇場・広島中央映画劇場・広島中央地下劇場/中央名画劇場/シネツイン/広島シネツイン本通り
所在地 : 広島県広島市平田屋町48(1960年)、広島県広島市平田屋町48-1(1963年・1969年)、広島県広島市中区本通2-22(1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1959年(中央映劇)、1989年(シネツイン本通り)
閉館年 : 1969年以後1980年以前(中央名画劇場)、2016年10月31日(シネツイン本通り)
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「中央映劇」。1962年の住宅地図では「中劇」。1963年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1969年の映画館名簿では「広島中央映画劇場・広島中央地下劇場」(2館)。1969年の住宅地図では「中央ホール 中央地下劇場 中央劇場 モンテカルロ」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿では「シネツイン」。2000年の映画館名簿では「シネ・ツイン」。2010年の映画館名簿では「広島シネツイン本通り」。
広島東映劇場・広島東映地下劇場/広島東映劇場・広島東映パラス/広島東映・広島ルーブル/サロンシネマ1・2
所在地 : 広島県広島市基町1(1958年・1960年・1963年)、広島県広島市八丁堀16-10(1969年・1980年)、広島県広島市中区八丁堀16-10(1990年)、広島県広島市中区八丁堀16-10 広島東映プラザビル8階(2000年)
開館年 : 1956年9月(広島東映劇場)、1995年10月(建て替え)、2014年9月20日(サロンシネマ)
閉館年 : 2009年11月13日(広島東映劇場)、営業中
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「広島東映劇場・広島東映地下」(2館)。1960年・1963年・1969年の映画館名簿では「広島東映劇場・広島東映地下劇場」(2館)。1969年の住宅地図では「広島東映 東映地下劇場」。1980年の映画館名簿では「広島東映劇場・広島東映パラス」(2館)。1980年の住宅地図では「広島東映 東映パラス」。1990年の映画館名簿では「広島東映・広島東映パラス」(2館)。2000年の映画館名簿では「広島東映・広島ルーブル」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。2014年9月20日サロンシネマがタカノ橋から移転して開館。

2009年(平成21年)11月13日、広島市中区八丁堀にある映画館「広島東映・広島ルーブル」が閉館する。9月には「広島スカラ座」も閉館しており、中心市街地の老舗映画館がまたひとつ閉館する。1956年(昭和31年)9月に開館し、1995年(平成7年)10月には東急ハンズ広島店を核とする東映プラザビルの8階に入った。2スクリーン計436席で営業していた。2005年には尾道市でロケが行われた『男たちの大和 YAMATO』が大ヒットしたが、郊外型シネコンの影響で集客が落ち込んでいた。1997年に広島都市圏に初のシネコンが開館して以来、中心市街地では広島朝日会館や広島リッツ劇場など計7館が閉館している。*15

2009年(平成21年)11月13日、広島市中区八丁堀にある映画館「広島東映」と「広島ルーブル」が閉館する。9月6日には「広島スカラ座」も閉館しており、老舗映画館の閉館が相次いでいる。1956年(昭和31年)9月に開館し、開館当初から2スクリーンだった。1995年(平成7年)10月には同一地点で建て替えが行われ、東急ハンズ広島店を核とする東映プラザビルの8階に入った。現在は258席の広島東映と178席の広島ルーブルの2館。『相棒』や『男たちの大和』などがヒットしたが、広島市周辺にシネコンが相次いで開館したことで客足が減少し、2009年3月に西区にもシネコンが開館したことで追い打ちをかけられた。*16
東洋座/松竹東洋座・松竹名画座/広島松竹東洋座・広島名画座/八丁座壱・弐
所在地 : 広島県広島市鉄砲町1-1(1955年・1958年)、広島県広島市鉄砲町1(1960年)、広島県広島市鉄砲町1-1(1963年)、広島県広島市中区胡町6-1(1969年)、広島県広島市中区胡町6-5(1980年・1990年・2000年)、広島県広島市中区胡町6-26 福屋八丁堀本店8階
開館年 : 1950年12月(東洋座)、2010年11月26日(八丁座)
閉館年 : 2008年(東洋座・名画座)、営業中
『全国映画館総覧 1955年版』によると1950年12月開館。1955年・1958年の映画館名簿では「東洋座」。1960年・1963年の映画館名簿では「松竹東洋座・松竹名画座」(2館)。1962年の住宅地図では「東洋座 松竹名画座」。1969年の住宅地図では「1階東洋座 2階松竹名画座」。1969年・1980年の映画館名簿では「広島松竹東洋座・広島松竹名画座」(2館)。1980年の住宅地図では「東洋座ビル(福屋) 8階松竹東洋座」。1990年・2000年の映画館名簿では「広島松竹東洋座・広島名画座」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。2010年11月26日八丁座開館。

1958年(昭和33年)の広島市にあった福屋と「松竹東洋座」の写真あり。松竹東洋座の屋上にはウイスキー「トリス」の巨大立体看板がある。アクリルボードの内側に電灯が仕込んであり、暗くなると点灯して回転して人目を引いた。1975年(昭和50年)から1981年(昭和56年)、福屋は松竹東洋座跡地で増築し、シースルータイプの展望エレベーターが設置された。2003年現在の増築部分8階には「松竹東洋座」と「広島名画座」が入っている。*17

東区

牛田映劇/トキワ館
所在地 : 広島県広島市牛田本町439(1958年・1960年)、広島県広島市牛田町439(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「牛田映劇」。1962年の住宅地図では「牛田映劇」。1963年の映画館名簿では「トキワ館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「トキワスーパー」。跡地は「USHITA DESIGN ASSOCIATE」。
寿映劇/寿映画劇場/広島寿映画劇場
所在地 : 広島県広島市若草町(1958年・1960年・1963年・1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「広島寿映画劇場」。1960年の映画館名簿では「寿映劇」。1962年の住宅地図では「寿劇場」。1963年の映画館名簿では「寿映画劇場」。1969年の映画館名簿では「広島寿映画劇場」。1969年の住宅地図では「寿座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は居酒屋「麦笑家若草店」。

南区

港映画劇場/港劇場/広島港劇場
所在地 : 広島県広島市宇品町330(1953年・1958年・1960年)、広島県広島市宇品町4-330(1963年・1966年)
開館年 : 1940年12月
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955年版』によると1940年12月開館。1953年の映画館名簿では「港映画劇場」。1958年の映画館名簿では「港劇場」。1960年の映画館名簿では「湊劇場」。1962年・1966年の住宅地図では「港劇場」。1963年の映画館名簿では「港劇場」。1966年の映画館名簿では「広島港劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「EL CAMINO」。
太陽館/広島太陽館
所在地 : 広島県広島市的場町(1953年)、広島県広島市的場町106(1958年・1960年・1963年)、広島市広島市的場町1-7(1966年)
開館年 : 1946年3月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955年版』によると1946年3月開館。1953年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「太陽館」。1962年・1966年の住宅地図では「太陽館」。1966年の映画館名簿では「広島太陽館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ファミール比治山通り」。
向洋銀映劇場/広島向洋銀映
所在地 : 広島県広島市仁保町字青崎74(1963年)、広島県広島市仁保町字青崎(1960年)、広島県広島市仁保町青崎73(1963年)、広島県広島市仁保町青崎73-1(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1970年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「向洋銀映劇場」。1962年・1966年の住宅地図では「向洋銀映」。1963年の映画館名簿では「向洋銀映」。1969年の映画館名簿では「広島向洋銀映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
広島新映/広島段原新映/広島段原大映
所在地 : 広島県広島市段原中町401(1960年・1963年・1969年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1968年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「広島新映」。1963年の映画館名簿では「広島段原新映」。1969年の映画館名簿では「広島段原大映」。1969年の住宅地図では「段原新映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はパチンコ店「テキサス段原店」建物南西部。
広島興映映劇/的場宝映劇/宝映劇場/的場宝映画劇場/広島的場宝映画劇場
所在地 : 広島県広島市段原大畑町(1955年)、広島県広島市段原大畑町10(1958年)、広島県広島市段原大畑町(1960年)、広島県広島市段原大畑町10(1963年)、広島県広島市的場町6-21(1969年)
開館年 : 1946年8月
閉館年 : 1970年頃
『全国映画館総覧 1955年版』によると1946年8月開館。1955年の映画館名簿では「広島興映映劇」。1958年の映画館名簿では「的場宝映劇」。1960年の映画館名簿では「宝映劇場」。1962年・1966年・1969年の住宅地図では「的場宝劇」。1963年の映画館名簿では「的場宝映画劇場」。1969年の映画館名簿では「広島的場宝映画劇場」。跡地は「広島エース電研」。
広島文化ニュース/文化ニュース/広島文化ニュース館
所在地 : 広島県広島市金屋町119(1960年・1963年・1969年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1970年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「広島文化ニュース」。1962年・1966年の住宅地図では「広島労働会館 地下 広島文化ニュース」。1963年の映画館名簿では「文化ニュース」。1969年の映画館名簿では「広島文化ニュース館」。1969年の住宅地図では「労働会館 地下1階 広島文化ニュース」。跡地は「ワークピア広島」。
広島新東宝/広島劇場/広島日活劇場
所在地 : 広島県広島市荒神町120(1953年・1958年・1960年・1963年)、広島県広島市荒神町5-9(1969年)
開館年 : 1946年3月
閉館年 : 1971年頃
『全国映画館総覧 1955年版』によると1946年3月開館。1953年の映画館名簿では「広島劇場」。1958年の映画館名簿では「広島新東宝」。1960年の映画館名簿では「広島日活劇場」。1963年の映画館名簿では「広島劇場」。1962年・1969年の住宅地図では「広島日活」。1969年の映画館名簿では「広島日活劇場」。1980年の住宅地図では跡地に駐車場。
ライオン座/広島ライオン座
所在地 : 広島県広島市大須賀町(1958年・1960年)、広島県広島市大須賀町1085(1963年・1969年)、広島県広島市松原町10-30(1976年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1975年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「ライオン座」。1962年の住宅地図では「吉田ビル ライオン座」。1969年の映画館名簿では「広島ライオン座」。1969年の住宅地図では「吉田ビル 1階東京パチンコ 2階映画ライオン座 3階河村歯科 4階東京荘ホテル」。跡地は複数の居酒屋が入る雑居ビル「宏和14」など。
大劇/広島大劇/出汐大劇/広島出汐大劇
所在地 : 広島県広島市出汐町625(1958年・1960年)、広島県広島市出汐町626(1963年)、広島県広島市出汐町625(1969年)、広島県広島市出汐町1-10-10(1980年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1981年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「大劇」。1960年の映画館名簿では「広島大劇」。1963年の映画館名簿では「出汐大劇」。1969年・1980年の映画館名簿では「広島出汐大劇」。1980年の住宅地図では「出汐大劇 ビリヤード大劇」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はゲーム販売店「レプトン出汐店」。
南座/広島南座
所在地 : 広島県広島市皆実町3-975(1953年)、広島県広島市皆実町3-957(1958年)、広島県広島市皆実町3丁目(1960年)、広島県広島市皆実町3-957(1963年・1969年・1973年)、広島県広島市皆実町5-14-14(1980年)
開館年 : 1946年4月
閉館年 : 1982年頃
『全国映画館総覧 1955年版』によると1946年4月開館。1953年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「南座」。1969年の住宅地図では「南座」。1969年・1980年の映画館名簿では「広島南座」。1980年の住宅地図では「南座 映画劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ライオンズプラザ皆実町」建物西端部。
駅前昭映/広島駅前東映/広島駅前東映劇場
所在地 : 広島県広島市猿猴橋町53(1958年・1960年・1963年・1969年)、広島県広島市猿喉橋町5-16(1980年・1985年)
開館年 : 1955年中頃
閉館年 : 1987年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「駅前昭映」。1960年・1963年の映画館名簿では「広島駅前東映」。1962年の住宅地図では「1階パチンコセンター 2階駅前昭映 3階前田旅館」。1969年の住宅地図では「駅前横丁 駅前東映 ニュウマカオ」。1969年・1980年の映画館名簿では「広島駅前東映劇場」。1980年の住宅地図では「1階駅前横町食堂街 2階駅前東映 3階・4階ニューマカオ」。

1955年(昭和30年)中頃、広島市南区猿喉橋町に映画館「駅前東映」が開館した。主に二番館として営業し、多くの人でにぎわった。1959年(昭和34年)の広島市には50館以上の映画館があったが、1999年(平成11年)現在は30館に減っている。1987年(昭和62年)には駅前東映も閉館した。*18
広島ステーションシネマ
所在地 : 広島県広島市松原町 駅ビル(1969年)、広島県広島市松原町2-37 駅ビル(1980年)、広島県広島市南区松原町2-37 駅ビル(1990年)
開館年 : 1965年12月1日
閉館年 : 1998年
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1969年・1980年・1990年の映画館名簿では「広島ステーションシネマ」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
日本劇場/広島日本劇場/広島東宝日劇/広島日劇
所在地 : 広島県広島市荒神町15(1953年・1958年・1960年・1963年)、広島県広島市荒神町4-20(1969年・1980年)、広島県広島市南区荒神町4-20(1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1952年9月
閉館年 : 2010年3月30日
『全国映画館総覧 1955年版』によると1952年9月開館。1953年・1958年の映画館名簿では「日本劇場」。1960年の映画館名簿では「広島日本劇場」。1962年・1969年の住宅地図では「日劇」。1963年の映画館名簿では「広島日劇」。1969年の映画館名簿では「広島東宝日劇」。1972年2月成人映画館化。1980年の住宅地図では「日劇」。1990年・2000年・2010年の映画館名簿では「広島日劇」。跡地は有料駐車場「三井のリパーク」。
的場東映劇場/広島的場東映/広島的場東映・広島的場シネマ・広島的場有楽座/広島的場シネマ・広島的場有楽座
所在地 : 広島県広島市段原大畑町11(1958年・1960年・1963年)、広島県広島市的場町2丁目(1969年)、広島県広島市的場町2-1-15(1980年)、広島県広島市南区的場町2-1-15(1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1955年以後1958年以前、1966年12月(ビル化)
閉館年 : 2018年9月28日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「広島的場東映」。1960年・1963年の映画館名簿では「的場東映劇場」。1962年・1966年の住宅地図では「的場東映」。1966年12月ビル化。1969年の映画館名簿では「広島的場東映」。1969年の住宅地図では「清水観光ビル 1階スターレーン 喫茶スター 2階ボーリング 3階有楽座 的場東映 4階ビリヤードスター」。1980年の映画館名簿では「広島的場東映・広島的場シネマ・広島的場有楽座」(3館)。1990年・2000年・2010年の映画館名簿では「広島的場シネマ・広島的場有楽座」(2館)。2018年9月28日閉館。11月1日には横川銀映跡地に的場有楽座後継館の横川有楽座が開館。「清水ビル」は2019年に取り壊された。

2018年9月末をもって、広島市南区的場町にある大衆演劇場「清水劇場」が閉館する。広島県唯一の大衆演劇の常打ち劇場である。入居するビルの老朽化と観客数の減少のため。1966年に3階建てのビルが開館し、当初は映画館として営業していた。1983年には3階に演劇場「清水劇場」が開館。高度成長期には大衆演劇が下火となっていたが、1980年代には梅沢富美男の登場で再ブームが起こった。全盛期には年間9万人の観客がいたが、現在は年間約4万人となっていた。耐震基準を満たしていないこともあり、清水興業は劇場の廃業とビルの取り壊しを決めた。大衆演劇の常打ち劇場は全国に約50館あり、中国地方では岡山市北区にもある。*19
ワーナー・マイカル・シネマズ広島/イオンシネマ広島
所在地 : 広島県広島市南区段原南1-3-52 広島サティ6階(2000年・2010年)、広島県広島市南区段原南1-3-52 広島段原ショッピングセンター6階(現在)
開館年 : 1998年
閉館年 : 営業中
1990年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ広島1-7」(7館)。2013年7月1日イオンシネマ広島に改称。
MOVIX広島
所在地 : 広島県広島市南区
開館年 : 2025年春(予定)
閉館年 : 開業予定
広島新駅ビル7階にMOVIX広島が開館予定。

西区

富士映劇
所在地 : 広島県広島市西観音町2丁目(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「富士映劇」。1962年の住宅地図では「富士劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「三谷鋼業KK」。
第二有楽劇場/第二有楽座
所在地 : 広島県広島市南観音町(1953年)、広島県広島市観音新町47(1963年)、広島県広島市観音新町69(1960年)
開館年 : 1952年4月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1952年4月開館。1953年の映画館名簿では「第二有楽劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「第二有楽座」。1964年の住宅地図では「第二有楽劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の住宅地図では跡地に空白。跡地は「ダンロップタイヤ中国株式会社広島営業所」。
草津花月劇場/草津有楽座/草津花月
所在地 : 広島県広島市草津町(1953年)、広島県広島市草津本町701(1958年)、広島県広島市草津本町702(1960年)、広島県広島市草津本町701(1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955年版』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿では「草津花月劇場」。1958年の映画館名簿では「草津有楽座」。1960年・1963年の映画館名簿では「草津花月」。1962年・1966年の住宅地図では「花月劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
衆楽映画劇場/衆楽劇場/己斐松竹
所在地 : 広島県広島市己斐町2539(1953年)、広島県広島市己斐中本町2539(1958年)、広島県広島市己斐町2519(1960年)、広島県広島市己斐中本町2539(1963年)
開館年 : 1946年3月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1946年3月開館。1953年の映画館名簿では「衆楽映画劇場」。1958年の映画館名簿では「衆楽劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「己斐松竹」。1962年の住宅地図では「松竹己斐映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「(ケ)」(※建設中)。跡地はマンション「フローレンス己斐本町リバーサイド」。
旭映画劇場/旭劇場/横川大映
所在地 : 広島県広島市横川町2(1953年)、広島県広島市横川町2丁目(1958年)、広島県広島市横川町2-604(1960年)、広島県広島市横川町2-621(1963年)
開館年 : 1946年5月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1946年5月開館。1953年の映画館名簿では「旭劇場」。1958年の映画館名簿では「旭映画劇場」。1960年の映画館名簿では「旭劇場」。1960年・1962年・1966年の住宅地図では「横川大映」。1963年の映画館名簿では「横川大映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「株式会社きんでん中国支社」。
アルパークドライブインシアターOWL
所在地 : 広島県広島市西区井口明神1-16-1 アルパーク天満屋屋上(2000年・2005年)
開館年 : 1995年4月
閉館年 : 2005年11月25日
1990年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年の映画館名簿では「アルパーク・ドライブイン・シアターOWL」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2005年11月25日をもって、広島市西区のアルパーク西棟屋上にあるドライブインシアター「アウル」が営業を終了する。西日本で唯一のドライブインシアターであり、日本でも首都圏など3施設が残るのみとなっているだった。1995年4月、屋上駐車場を活用して営業を開始した。19時30分と22時の1日2回上映であり、音声はカーラジオで聴く。85台分のスペースがある。県外からも観客を集め、若い男女に加えて家族連れも目立った。封切り作品が難しいため上映作品の多様性に欠け、さらにシネコンの進出が響いた。最近は週末でも20台程度の観客数だった。2005年11月に入ってからは20時開始の1日1回上映であり、『ステルス』を上映している。*20
アルパークシネマ1・2
所在地 : 広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟6階(2000年・2005年)
開館年 : 1990年
閉館年 : 2009年4月12日
1990年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年の映画館名簿では「アルパーク・シネマ1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2009年4月12日をもって、広島市西区の大規模商業施設アルパーク東棟にある映画館「アルパークシネマ1・2」が閉館する。経営は常盤興行。4月24日には別館に東急レクリエーションのシネコン「109シネマズ」が開館するため。アルパークシネマ1・2は東棟6階に計390の座席を有する。『ハリー・ポッター』などの話題作を上映し、家族連れや女性客でにぎわった。1995年から2005年には、西棟屋上に西日本唯一のドライブインシアターも有していた。1990年代後半に年間約20万人だった観客数は、近年には7万人から8万人で推移していた。*21
横川銀映劇場/銀映劇場/広島銀映劇場/広島横川銀映/横川有楽座
所在地 : 広島県広島市横川町2-633(1955年・1958年・1960年・1963年)、広島県広島市横川町2-4(1969年)、広島県広島市横川町2-4-26(1980年)、広島県広島市西区横川町2-4-26(1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1954年10月(横川銀映)、2018年11月1日(横川有楽座)
閉館年 : 2018年9月30日(横川銀映)、営業中(横川有楽座)
『全国映画館総覧 1955年版』によると1954年10月開館。1955年・1958年の映画館名簿では「銀映劇場」。1960年の映画館名簿では「横川銀映劇場」。1960年・1962年・1966年の住宅地図では「横川銀映」。1963年の映画館名簿では「銀映劇場」。1969年・1980年の映画館名簿では「広島銀映劇場」。1990年・2000年・2010年の映画館名簿では「広島横川銀映」。2018年9月30日横川銀映閉館。2018年11月1日横川有楽座開館。
広島横川シネマ
所在地 : 広島県広島市松原町2-37(1973年)、広島県広島市横川町3-1-12(1980年)、広島県広島市西区横川町3-1-12(1990年・2000年・2010年)、広島県広島市西区横川町3-1-12 横川商店街ビルA棟1階(現在)
開館年 : 1967年(名画座)、1999年11月27日(ミニシアター化)
閉館年 : 営業中
1967年開館。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1980年・1990年の映画館名簿では「広島横川シネマ」。1999年11月27日ミニシアター化。2000年・2010年の映画館名簿では「広島横川シネマ」。2014年7月暫定閉館。2014年10月5日営業再開。

1999年(平成11年)11月27日、広島市西区の成人映画館「横川シネマ」が成人映画館からアート系ミニシアターに転換する。128席。10月21日から約1か月間休館し、内部の改装を行う。広島ステーションシネマでアート系作品のレイトショーなどを企画した溝口徹(28)が支配人を務める。洋画・邦画を問わず、広島での未公開作品を中心に上映する予定である。改装中の10月30日には、プレイベントとして『豚の報い』の先行上映会を行う。*22

2013年秋にも、広島市西区で「横川シネマ」を経営する新広島興業が経営から撤退する。地元の横川商店街振興組合が運営を引き継き、地域イベントも行うホールとして存続させる。現在は振興組合が所有する建物を新広島興業が借りて営業している。経営者の高齢化、デジタル化への対応の遅れが理由で、11月末に撤退するという。2014年夏以降、振興組合は国や市の補助金など5000万円をかけてデジタル対応の映写機機の導入などを行う。横川シネマは1999年に開館し、2005年には横川商店街を舞台とする『横川サスペンス』なども上映した。*23

広島市西区の映画館「横川シネマ」が上映する作品は、アジア・ヨーロッパ・中南米の佳作、硬派なドキュメンタリー、若手監督の意欲作など多彩であり、「雑食系ミニシアター」を自任している。1967年、横川シネマは映画ファンや学生向けの名画座として開館し、1970年代半ばには成人映画館となった。1999年には溝口徹(46)が支配人に就任し、方針を転換してミニシアターとなった。広島修道大学の映画研究会で8ミリ映画の製作に没頭し、在学中から広島市の映画館でアルバイトした。卒業後にもレイトショーの編成などを担当し、28歳の時に横川シネマの経営会社から支配人を任された。2014年には経営が横川商店街振興組合に移り、デジタル化対応を含む改装を行った。2017年には1967年公開の名作を順次公開し、1月15日からの第1弾は『アルジェの戦い』である。*24
109シネマズ広島
所在地 : 広島県広島市西区草津南4-7-1 アルパーク北棟3階(2010年)
開館年 : 2009年4月24日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「109シネマズ広島1-9」(9館)。

安佐南区

古市有楽/古市劇場/安新映
所在地 : 広島県安佐郡古市町(1953年)、広島県安佐郡安古市町大字相田(1960年)、広島県安佐郡安古市町安(1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955年版』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿では「古市有楽」。1955年の映画館名簿では「古市劇場」。1955年の映画館名簿では木造2階建、200席、上映作品は混合。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「安新映」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
祇園劇場/祇園映劇
所在地 : 広島県安佐郡祇園町(1953年・1958年)、広島県安佐郡祇園町南下安(1960年)、広島県安佐郡祇園町(1963年)
開館年 : 1950年4月
閉館年 : 1963年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1950年4月開館。1953年の映画館名簿では「祇園劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「祇園映劇」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
TOHOシネマズ緑井
所在地 : 広島県広島市安佐南区緑井1-5-2 フジグラン緑井3階(2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2004年10月1日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ緑井1-8」(8館)。

安佐北区

昭和館
所在地 : 広島県安佐郡可部町(1953年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955年版』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「昭和館」。1955年の映画館名簿では木造平屋建、250席、松竹・大映・東宝を上映。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
演芸館/可部映劇/可部映画劇場
所在地 : 広島県安佐郡可部町(1953年・1958年)、広島県安佐郡可部町3-467(1960年)、広島県安佐郡可部町467(1969年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955年版』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「可部映画劇場」。1955年の映画館名簿では木造平屋建、450席、上映作品は混合。1958年の映画館名簿では「演芸館」。1958年の映画館名簿では経営者が中山信行、支配人が松岡忠司、木造平屋建、414席。1960年の映画館名簿では「可部映劇」。1969年の映画館名簿では「可部映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

安芸区

中野座
所在地 : 広島県安芸郡瀬野川町(1958年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「中野座」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
矢野映画劇場
所在地 : 広島県安芸郡矢野町字神崎(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「矢野映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

佐伯区

五日市有楽劇場/有楽座/五日市有楽/五日市有楽座
所在地 : 広島県佐伯郡五日市町(1953年・1958年・1960年)、広島県佐伯郡五日市町260(1963年)、広島県佐伯郡五日市町五日市262(1969年・1973年)、広島県佐伯郡五日市町五日市1-2-9(1976年)、広島県佐伯郡五日市町1-2-9(1980年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
1953年の映画館名簿では「五日市有楽劇場」。1958年の映画館名簿では「有楽座」。1960年・1963年の映画館名簿では「五日市有楽」。1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「五日市有楽座」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。
イオンシネマ広島西風新都
所在地 : 広島県広島市佐伯区石内東4-1-1 THE OUTLETS HIROSHIMA 1階
開館年 : 2018年4月27日
閉館年 : 営業中
9スクリーンのシネコン。

広島・呉地域

呉市

呉市の映画館
大正期の呉市街地において、芝居や寄席の中心は「春日座」と「呉座」だった。1910年(明治43年)5月には活動写真館の「電気館」が、同年10月には「世界館」が開館し、高度経済成長期までは映画が娯楽の中心だった。呉市の中通7丁目から9丁目は演芸場・映画館・飲食店がひしめき合い、大阪市の千日前に倣って「千日前」と呼ばれた。*25
春日座
所在地 : 広島県呉市本通4丁目
開館年 : 不明
閉館年 : 1945年?
大正後期から昭和初期の呉市本通4丁目にあった「春日座」の写真あり。*26
帝国館
所在地 : 広島県呉市中通
開館年 : 不明
閉館年 : 1945年?
大正後期から昭和初期の呉市中通にあった「帝国館」の写真あり。*27
弁天座
所在地 : 広島県呉市
開館年 : 不明
閉館年 : 1945年?
映画館ではなく劇場。跡地は「天理教呉府分教会」南南東60mにある駐車場。「青木自動車整備工場」や「呉豆腐組合」のすぐ東。写真家の明田弘司の実家。
朝日館
所在地 : 広島県呉市
開館年 : 不明
閉館年 : 1945年?
跡地は国道185号本通6丁目交差点北80mの「アロー薬局呉店」。
国際ニュース館
所在地 : 広島県呉市
開館年 : 不明
閉館年 : 1945年?
跡地は国道185号本通6丁目交差点北西50mの「鍼灸庵 杉野原治療院」。
喜楽館
所在地 : 広島県呉市中通8丁目
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1945年?
1930年の映画館名簿では「喜楽館」。跡地は「ポポロショッピングセンター呉店」北北東100mにあるラーメン店「RYU麺」。アーケードのれんが通り商店街沿い。

大正後期から昭和初期の呉市中通8丁目にあった「喜楽館」の写真あり。*28
演芸館
所在地 : 広島県呉市
開館年 : 不明
閉館年 : 1945年?
所在地は呉市。跡地は「ポポロショッピングセンター呉店」北北東80mにある宝石店「金光金銀堂」など。アーケードのれんが通り商店街沿い。
地球館
所在地 : 広島県呉市中通8丁目
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1945年?
1930年の映画館名簿では「地球館」。戦後には跡地に映画館「サン劇場」が開館した。跡地は有料駐車場「ライオンパークれんが通り」。アーケードのれんが通り商店街沿い。

大正後期から昭和初期の呉市中通8丁目にあった映画館「地球館」の写真あり。「館球地」の文字が見える。*29
呉座
所在地 : 広島県呉市
開館年 : 不明
閉館年 : 1945年?
映画館ではなく演劇場。跡地は「ポポロショッピングセンター呉店」北西90mにあるドラッグストア「ウォンツ呉中通店」建物中央部。
トキワ館
所在地 : 広島県呉市
開館年 : 不明
閉館年 : 1945年?
跡地は「ポポロショッピングセンター呉店」南南西50mにある「トキワビル」など。
呉港館
所在地 : 広島県呉市
開館年 : 不明
閉館年 : 1945年?
跡地は「呉信用金庫本店」西北西100mにある「あをいビル」や「野山アパート」。
乙女座
所在地 : 広島県豊田郡御手洗町(1953年・1955年)、広島県豊田郡豊町字御手洗(1958年)
開館年 : 1937年
閉館年 : 1958年以後1960年以前
公式サイト : 乙女座
1937年に建築された。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「乙女座」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。2002年3月に復元された。映画館時代の建物が現存。文化財指定はされていない。

2008年11月30日、大崎下島の劇場「乙女座」で御手洗演芸大会が開催され、御手洗節・寸劇・舞踊などが披露される。11月18日に呉市の上蒲刈島と豊島を結ぶ豊島大橋が開通するのに合わせて地元自治会らが企画した。約40年ぶりに興行が行われる。乙女座は1937年(昭和12年)11月に劇場として開館した。木造2階建てであり、2階席も含めて定員232人。花道や奈落もある。戦前には演劇や活動写真の興行を行い、戦後はもっぱら映画館として使用された。昭和40年代には選果場に転用され、その後は空き家となっていた。2002年(平成14年)3月には開館時と同じように復元され、資料館の江戸みなとまち展示館となった。御手洗演芸大会の開催に先立って、消防法上の利用用途を資料館から劇場に変更し、自動火災報知機や避難誘導棟を新設した。*30

2009年(平成21年)6月10日、大崎下島の「乙女座」で『真夏のオリオン』の特別試写会が開催される。大崎下島の呉市立豊小学校・豊中学校の児童生徒全員と教職員が観賞する。潜水艦長役の堂珍嘉邦(ケミストリー、安芸高田市出身)や潜水艦機関長役の吉田栄作らが舞台挨拶を行う。6月13日から全国の東宝系劇場で一般公開される。乙女座で映画が上映されるのは約半世紀ぶり。1937年(昭和12年)に建築された乙女座は木造2階建てであり、戦前は演劇などに、戦後は1960年代初頭まで映画などに使われた。2002年(平成14年)に復元され、江戸みなとまち展示館となった。*31

2010年(平成22年)1月11日、呉市豊町御手洗(大崎下島)の江戸みなとまち展示館・乙女座で「懐かしの無声映画上映会」が開催される。乙女座は1937年(昭和12年)に木造2階建ての劇場として開館し、戦前には演劇や活動写真で、戦後には昭和30年代まで映画館として利用された。戦後間もない時期まで無声映画を上映していた。その後は選果場となり、空き家となっていたが、2002年(平成14年)に資料館に転換された。2008年(昭和20年)には消防法上の利用用途を劇場に変更し、現在は地元の演芸大会や映画上映会などに使用されている。*32
御手洗劇場
所在地 : 広島県豊田郡豊町字大長御手洗(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「御手洗劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
新生映劇/新生座
所在地 : 広島県呉市広町長浜(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「新生映劇」。1960年の映画館名簿では「新生座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
民衆会館
所在地 : 広島県呉市広町大新開(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「民衆会館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
三坂劇場
所在地 : 広島県呉市広町塩焼(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「三坂劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
呉劇場
所在地 : 広島県呉市栄町5(1958年)、広島県呉市栄町(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「呉劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
呉セントラル劇場/呉セントラル
所在地 : 広島県呉市本通7丁目(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「呉セントラル劇場」。1958年の映画館名簿では経営者が海生逸一、支配人が松本常雄、木造平屋建、306席。1960年の映画館名簿では「呉セントラル」。1958年の映画館名簿では経営者・支配人ともに海生逸一、木造平屋建、306席。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
呉名画劇場/名画劇場
所在地 : 広島県呉市中通6-13(1958年)、広島県呉市中通6丁目(1960年)
開館年 : 1953年4月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1953年4月開館。1955年の映画館名簿では「呉名画劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「名画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
久比劇場
所在地 : 広島県豊田郡豊町(1958年)、広島県豊田郡豊町字久比2047-1(1960年)、広島県豊田郡豊町久比2047(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「久比劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
大長大劇/大劇
所在地 : 広島県豊田郡豊町(1958年)、広島県豊田郡豊町字大長5904(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「大長大劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「大劇」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
音戸座
所在地 : 広島県安芸郡音戸町(1955年)、広島県安芸郡音戸町鰯浜(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「音戸座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
ラッキー劇場
所在地 : 広島県安芸郡音戸町南隠渡(1958年・1960年)、広島県安芸郡音戸町南隠渡1725(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「ラッキー劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
明徳劇場
所在地 : 広島県安芸郡音戸町藤の脇(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「明徳劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
倉橋座
所在地 : 広島県安芸郡倉橋町6414(1958年)、広島県安芸郡倉橋町宇和木(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「倉橋座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
弁天座
所在地 : 広島県安芸郡倉橋町室尾(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「弁天座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
長門座
所在地 : 広島県安芸郡倉橋町本浦(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「長門座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
中央劇場
所在地 : 広島県安芸郡倉橋町尾立(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「中央劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
豊楽座
所在地 : 広島県豊田郡豊浜村(1958年・1960年)、広島県豊田郡豊浜町(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「豊楽座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
大浦館
所在地 : 広島県安芸郡蒲刈町大浦(1958年)、広島県安芸郡蒲刈町大浦805(1960年)、広島県安芸郡蒲刈町大浦(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「大浦館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
蒲刈劇場
所在地 : 広島県安芸郡安芸郡蒲刈町向1122(1958年)、広島県安芸郡安芸郡蒲刈町向(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「蒲刈劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
二河館
所在地 : 広島県呉市海岸通1丁目(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「二河館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
吉浦劇場
所在地 : 広島県呉市吉浦本町2丁目(1958年・1960年)、広島県呉市吉浦本町2-4(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「吉浦劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
オリオン座
所在地 : 広島県呉市大正町6丁目(1958年)、広島県呉市大正町1丁目(1960年)、広島県呉市大正町1-63(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「オリオン座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
天応劇場
所在地 : 広島県呉市天応町浜崎(1958年)、広島県呉市天応町(1960年)、広島県呉市天応町大浜(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「天応劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
仁方劇場
所在地 : 広島県呉市仁方町西町(1958年・1960年)、広島県呉市仁方西町(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「仁方劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
天地館
所在地 : 広島県呉市阿賀町(1958年)、広島県呉市阿賀町2933(1960年)、広島県呉市阿賀町海岸通(1963年)
開館年 : 1930年5月
閉館年 : 1963年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1930年5月開館。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「天地館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
宮原会館
所在地 : 広島県呉市宮原町6丁目(1958年)、広島県呉市宮原通6丁目(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「宮原会館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
リッツ劇場/呉リッツ劇場/日本劇場/呉東宝(初代)
所在地 : 広島県呉市中通7(1953年)、広島県呉市中通7-1(1955年・1958年)、広島県呉市中通7丁目(1960年・1963年)
開館年 : 1948年
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1953年の映画館名簿では「リッツ劇場」。1955年の映画館名簿では「呉リッツ劇場」。1958年の映画館名簿では「日本劇場」。1958年の映画館名簿では経営者が海生逸一、支配人が松永正雪、木造平屋建、639席。1960年の映画館名簿では「呉東宝」。1960年の映画館名簿では経営者・支配人ともに海生逸一、木造平屋建冷暖房付き、639席。1963年の映画館名簿では「呉東宝」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ポポロショッピングセンター呉店」。

1948年(昭和23年)の呉市にあった「リッツ劇場」の写真あり。「RITZ」や「AMERICAN MOVIE THEATRE」の文字が見える。呉市では戦後初の洋画専門館だった。*33

1953年(昭和28年)から1955年(昭和30年)頃の呉市にあった映画館「リッツ劇場」の写真あり。1953年公開のフランス映画『恐怖の報酬』や1954年公開公開のアメリカ映画『雪原の追跡』の看板が見える。戦時中の呉市中通7丁目(現在の中通3丁目)には「東宝劇場」(後に「桜東宝」)があったが、呉空襲で全焼した。戦後には進駐軍向けのパレスダンスホールが開業したが、1948年には洋画専門館の「リッツ劇場」が開館した。*34

1957年(昭和32年)の呉市にあった映画館「日劇」の写真あり。「現代劇は日劇」の文字が見える。『黒い河』や『青い山脈』や『集金旅行』の看板が見える。リッツが日劇に改称して邦画を上映するようになった。テレビの普及にともなって閉館し、一時はパチンコ店となったが、やがて跡地には大型商業施設のポポロが開業している。*35
呉第一劇場/第一劇場
所在地 : 広島県呉市中通7-11(1958年)、広島県呉市中通7丁目(1960年・1963年)
開館年 : 1945年12月
閉館年 : 1963年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1945年12月開館。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「第一劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が海生逸一、支配人が北原暁、木造平屋建、496席。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
広末広館/末広館/呉末広座
所在地 : 広島県呉市(1950年)、広島県呉市広町末広(1953年・1958年)、広島県呉市広町(1960年)、広島県呉市広町14714-1(1963年)、広島県呉市広町末広町(1969年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿では「広末広館」。1953年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「末広館」。1969年の映画館名簿では「呉末広座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1972年の住宅地図では「末広館」。1979年の住宅地図では跡地に「末広ガレージ」。跡地は「伊予銀行呉支店」北東の月極駐車場。最寄駅はJR呉線広駅または新広駅。
呉第二劇場/第二劇場/呉東宝劇場/呉東宝(2代)
所在地 : 広島県呉市(1950年)、広島県呉市中通7(1953年)、広島県呉市中通7-7(1955年)、広島県呉市中通7丁目(1958年・1960年・1963年・1969年)、広島県呉市中通り4-1-23(1980年)
開館年 : 1946年3月
閉館年 : 1980年以後1985年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1946年3月開館。1950年・1953年の映画館名簿では「第二劇場」。1955年の映画館名簿では「呉第二劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「第二劇場」。1969年の映画館名簿では「呉東宝劇場」。1972年の住宅地図では「呉東宝二劇」。1979年の住宅地図では「呉東宝二劇」。1980年の映画館名簿では「呉東宝」。跡地はパチンコ店「日野ビルライト館」。映画館の建物が現存している可能性あり。最寄駅はJR呉線呉駅。

昭和20年代の呉市中通にあった映画館「第2劇場」の写真あり。「第2劇場」「movies」の文字が見える。*36
第三劇場/呉第三劇場/サン映画劇場/呉サン劇場
所在地 : 広島県呉市中通8丁目(1953年・1958年・1960年・1963年・1969年)、広島県呉市中通り4-11-3(1980年・1985年)
開館年 : 1946年8月(第三劇場)、1955年以後1956年以前(サン劇場)
閉館年 : 1985年以後1990年以前
『全国映画館総覧 1955年版』によると1946年8月開館。1953年の映画館名簿では「第三劇場」。1955年の映画館名簿では「呉第三劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「サン映画劇場」。1969年・1980年・1985年の映画館名簿では「呉サン劇場」。1972年の住宅地図では「サン劇 喫茶ひまわり マリ理容 てんま ABC 地下食堂サン」。1979年の住宅地図では「サン劇 喫茶ひまわり マリノ理容 スタンド白銀 地下食堂サン食」。跡地は有料駐車場「ライオンパークれんが通り」。アーケード商店街のれんが通りに面していた。最寄駅はJR呉線呉駅。

1955年(昭和30年)の呉市にあった映画館「3劇」の写真あり。「日本一面白い御家族連れの娯楽」「断然面白い粒選りの3劇お正月映画」などの文字が見える。東映作品『紅孔雀 第2部 呪いの魔笛』(1955年)、美空ひばり主演の松竹作品『七変化狸御殿』(1955年)などの看板が見える。「3劇」は後に改装されて「グランド劇場」となったが、1955年(昭和30年)4月の火災で焼失した。その後新築されて「サン劇場」となった。2004年(平成16年)現在の跡地はカラオケボックスなどである。映画全盛期の1955年(昭和30年)頃の周辺には8館の映画館があったが、パチンコ店やショッピングセンターなどに変わり、2004年現在は「呉シネマ1・2」と「呉ポポロ1・2」の4館となった。*37

昭和30年代の「サン劇」横で写真を撮る家族の写真あり。サン劇は旧中通7丁目にあり、現在の住所では中通3丁目である。*38

昭和30年代の呉市にあった「サン劇」の写真あり。「Sangeki」の文字が見える。戦後の呉市において、「第一劇場」と「第二劇場」に続いて「第三劇場」が開館した。やがて「グランド劇場」に改称し、呉市初のシネマスコープ上映館となったが、それから間もない1955年(昭和30年)4月11日17時10分頃、上映中に過電流によって出火して全焼した。軽傷者が4人出たが多くの観客は無事だった。直ちに再建されて「サン劇場」として開館した。*39

1956年(昭和31年)の呉市にあった映画館「サン劇」の写真あり。「Sangeki」の文字が見える。戦後の中通にはまず「第一劇場」「第二劇場」「第三劇場」が開館し、第三劇場は「グランド劇場」に改称して呉市初のシネマスコープ上映館となった。1955年(昭和30年)4月11日、グランド劇場は上映中の火災で全焼し、再建されて「サン劇場」に改称した。*40
呉シネマ劇場・呉大映劇場/呉シネマ・呉大映/呉シネマ1・2
所在地 : 広島県呉市泉場町(1958年)、広島県呉市泉場町23(1960年・1963年・1969年)、広島県呉市本通4-5-13(1980年・1990年)、広島県呉市本通4-5-2(1995年)、広島県呉市本通4-5-13(2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1957年12月
閉館年 : 2011年4月30日
1958年の映画館名簿では「呉シネマ劇場・呉大映劇場」(2館)。1960年の映画館名簿では「呉シネマ劇場・呉大映」(2館)。1963年の映画館名簿では「呉シネマ・呉大映」(2館)。1969年の映画館名簿では「呉シネマ・呉大映劇場」(2館)。1972年の住宅地図では「呉シネマ 呉大映」。1979年の住宅地図では「呉シネマ 呉大映」。1980年の映画館名簿では「呉シネマ・呉大映」(2館)。1990年・1995年・2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「呉シネマ1・2」(2館)。跡地は「眼鏡市場呉本通り店」。最寄駅はJR呉線呉駅。

1962年の呉市本通9丁目(現在の本通4丁目)にあった映画館「大映」前をパレードする子供たちの写真あり。「DAIEI」の文字が見える。1957年(昭和32年)12月、1階が大映の直営館、2階が「呉シネマ」で開館した。大映は後に倒産し、2004年(平成16年)現在は「シネマ1」と「シネマ2」となっている。*41

2011年(平成23年)4月30日、呉市の映画館「呉シネマ」が閉館する。経営は呉興行倶楽部。2スクリーン計600席を有する。市外にあるシネコンに押される中、採算割れでも営業を続けてきたが、同社が呉市内で経営する「ポポロ」に集約することを決定した。1957年(昭和32年)に現在のビルが建ち、1961年(昭和36年)には呉興行倶楽部が買い取った。呉シネマは映画館単独のビルであり、維持管理費がかさむことも閉館の理由である。約15年前からは呉映画サークルが定期上映会を開催していた。*42

2011年(平成23年)4月30日、呉市本通の映画館「呉シネマ」が閉館した。1961年(昭和36年)から50年に渡って営業していた。最終日は3作品を計8回上映し、約130人が観賞した。4月初頭からは閉館イベントを開催しており、呉市でロケが行われた『男たちの大和 YAMATO』などが上映された。*43
呉ポポロ1・2
所在地 : 広島県呉市中通3-5-3 ポポロビル4階
開館年 : 1986年
閉館年 : 営業中
1979年の住宅地図では後の映画館の場所に「パチンコリッツ」「パチンコ桜」など多数の店舗。最寄駅はJR呉線呉駅。

大竹市

大竹劇場
所在地 : 広島県大竹市大竹町(1955年・1958年・1960年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では経営者は清水勉、400席、邦画を上映。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「大竹劇場」。1960年の映画館名簿では経営者は大竹興業社、支配人は小沢敏男、木造2階建、424席、東映を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
大竹ラッキー劇場/大竹東映
所在地 : 広島県大竹市大竹町駅前(1955年)、広島県大竹市大竹町(1958年)、広島県大竹市大竹町2150(1960年)
開館年 : 1947年4月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年4月開館。1955年の映画館名簿では「大竹ラッキー劇場」。1955年の映画館名簿では経営者は三宅二郎、300席、日活・洋画を上映。1958年・1960年の映画館名簿では「大竹東映」。1958年の映画館名簿では経営者は三宅二郎、支配人は三宅淳、鉄筋コンクリート造平屋建、350席。1960年の映画館名簿では経営者は三宅二郎、312席。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
大和館/大竹大和館
所在地 : 広島県大竹市大竹町(1955年)、広島県大竹市大竹町648(1960年)、広島県大竹市大竹町下五区(1963年)、広島県大竹市本町2-3(1969年)
開館年 : 1928年4月
閉館年 : 1969年以後1971年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1928年4月開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「大和館」。1966年の住宅地図では「大竹興業社 大和館」。1969年の映画館名簿では「大竹大和館」。1971年・1980年の住宅地図では跡地に「上杉商店ソーコ」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はJR山陽本線大竹駅。
大竹有楽劇場/有楽座/大竹有楽/大竹有楽座
所在地 : 広島県大竹市大竹町駅前(1955年)、広島県大竹市大竹町(1960年)、広島県大竹市大竹町駅前(1963年)、広島県大竹市新町1-1(1969年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1969年以後1971年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「大竹有楽劇場」。1960年の映画館名簿では「有楽座」。1963年の映画館名簿では「大竹有楽」。1966年の住宅地図では「有楽座」。1969年の映画館名簿では「大竹有楽座」。1971年・1980年の住宅地図では跡地に「ビリヤードユウラク」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ポケットベビー子供服」北側。最寄駅はJR山陽本線大竹駅。
大竹新映
所在地 : 広島県大竹市大竹町駅前(1963年)、広島県大竹市新町1-9(1969年)、広島県大竹市新町1-9-14(1973年・1976年)、広島県大竹市新町1-8-20(1980年・1985年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では経営者は大竹興業社、支配人は田中稔、木造。1963年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「大竹新映」。1966年・1971年の住宅地図では「大竹新映」。1980年の住宅地図では「映画館新映」。大竹市最後の映画館。跡地は「栄薬局」建物南西部。最寄駅はJR山陽本線大竹駅。

廿日市市

グランド劇場
所在地 : 広島県佐伯郡廿日市町(1953年・1960年・1963年)
開館年 : 1952年4月
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1953年・1960年・1963年の映画館名簿では「グランド劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
廿日市シネマ
所在地 : 広島県佐伯郡廿日市町(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「廿日市シネマ」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

江田島市

江田島東劇
所在地 : 広島県安芸郡江田島町向側(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「江田島東劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
古鷹座
所在地 : 広島県安芸郡江田島町切串(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「古鷹座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
小用映劇
所在地 : 広島県安芸郡江田島町小用(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「小用映劇」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
江劇/江田島江劇
所在地 : 広島県安芸郡江田島町中郷(1960年)、広島県安芸郡江田島町1753(1963年)、広島県安芸郡江田島町(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「江劇」。1969年の映画館名簿では「江田島江劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「江田島公民館」南西隣の駐車場。江田島市域最後の映画館。

1968年(昭和43年)頃の江田島町中郷にあった「江劇」の写真あり。1955年(昭和30年)頃には賑わっていたが、テレビの普及とともに観客数が減少し、やがて閉館して駐車場となった。*44

安芸郡府中町

広島バルト11
所在地 : 広島県安芸郡府中町大須2-1-1 ダイヤモンドシティ ソレイユ4階(2005年)、広島県安芸郡府中町大須2-1-1 イオンモール広島府中ソレイユ4階(2010年)、広島県安芸郡府中町大須2-1-1 イオンモール広島府中4階(2015年・2020年)
開館年 : 2004年3月24日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年の映画館名簿では「広島バルト11 1-11」(11館)。2015年・2020年の映画館名簿では「広島バルト11 シアター1-11」(11館)。

安芸郡海田町

エンパイヤ劇場
所在地 : 広島県安芸郡海田町(1958年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「エンパイヤ劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
銀映劇場/海田銀映劇場
所在地 : 広島県安芸郡海田町(1958年)、広島県安芸郡海田町海田市(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では経営者が井原嘉昭、支配人が藤本修三、木造2階建、260席。1958年・1960年の映画館名簿では「銀映劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が佐伯茂、163席。1963年の映画館名簿では「海田銀映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

安芸郡熊野町

熊野映画劇場
所在地 : 広島県安芸郡熊野町(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「熊野映画劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が井上松男、支配人が井上昌和、木造平屋建、300席、邦画を上映。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

安芸郡坂町

坂セントラル劇場
所在地 : 広島県安芸郡坂町字岡下(1958年)、広島県安芸郡坂町(1960年)、広島県安芸郡坂町5120-1(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「坂セントラル劇場」。1960年の映画館名簿では経営者・支配人ともにが重田末盛、木造平屋建、412席、邦画を上映。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

東広島・竹原地域

竹原市

忠海映画劇場/忠海劇場
所在地 : 広島県豊田郡忠海町本町(1955年)、広島県竹原市忠海町1350(1960年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「忠海映画劇場」。1960年の映画館名簿では「忠海劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
八千代座
所在地 : 広島県竹原市竹原町大字名郷2(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「八千代座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
竹原東宝映画劇場/竹原東宝
所在地 : 広島県賀茂郡竹原町(1953年)、広島県竹原市竹原町扇町(1955年)、広島県竹原市竹原町(1960年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1960年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年開館。1953年の映画館名簿では「竹原東宝映画劇場」。1955年・1960年の映画館名簿では「竹原東宝」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
竹原劇場
所在地 : 広島県竹原市竹原町(1953年・1955年)、広島県竹原市竹原町向島2(1960年・1969年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年開館。1953年・1955年・1960年・1969年の映画館名簿では「竹原劇場」。1971年の住宅地図では「竹原劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。竹原市最後の映画館。跡地は「道の駅たけはら駐車場」。最寄駅はJR呉線竹原駅。

東広島市

志和映画劇場
所在地 : 広島県賀茂郡志和町(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「志和映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
高屋映画劇場
所在地 : 広島県賀茂郡高屋町中島(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「高屋映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
長栄座
所在地 : 広島県賀茂郡高屋町(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「長栄座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
八本松劇場
所在地 : 広島県賀茂郡八本松町(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「八本松劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
加茂劇場
所在地 : 広島県賀茂郡黒瀬町(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「加茂劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
黒瀬映劇
所在地 : 広島県賀茂郡黒瀬町159-1(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「黒瀬映劇」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
河内町映画劇場/河内映画劇場/河内映劇
所在地 : 広島県賀茂郡河内町(1953年)、広島県賀茂郡河内町天町2丁目(1955年)、広島県賀茂郡河内町(1960年)
開館年 : 1949年8月
閉館年 : 1960年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年8月開館。1953年の映画館名簿では「河内町映画劇場」。1955年の映画館名簿では「河内映画劇場」。1960年の映画館名簿では「河内映劇」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
豊栄映劇
所在地 : 広島県賀茂郡豊栄町(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「豊栄映劇」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
乃美劇場
所在地 : 広島県賀茂郡豊栄町(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「乃美劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
風早文化会館
所在地 : 広島県豊田郡安芸津町大字風早浜3(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「風早文化会館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
祇園座
所在地 : 広島県豊田郡安芸津町(1953年)、広島県豊田郡安芸津町駅前(1955年)、広島県豊田郡安芸津町(1960年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「祇園座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
風早劇場
所在地 : 広島県豊田郡安芸津町風早(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「風早劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
西条有楽劇場/有楽劇場
所在地 : 広島県賀茂郡西条町(1953年・1955年)、広島県賀茂郡西条町840(1960年)
開館年 : 1950年12月
閉館年 : 1960年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年12月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「西条有楽劇場」。1960年の映画館名簿では「有楽劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
朝日座
所在地 : 広島県賀茂郡西条町(1953年・1955年)、広島県賀茂郡西条町779(1960年)
開館年 : 1925年
閉館年 : 1960年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「朝日座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1995年(平成7年)5月11日、東広島市西条朝日町の高橋春三(66)方付近から出火し、木造平屋建の住宅、木造平屋建一部2階建のガレージが全焼した。かつてガレージは映画館として使われていた。*45

1925年(大正14年)、賀茂郡西条町に劇場の舞台や映画の上映設備を有する「朝日座」が開館した。周辺は昭和前期まで花街として賑わいを見せていた。1995年(平成7年)、朝日座の建物が焼失した。*46
安芸津劇場/安芸津東映劇場
所在地 : 広島県豊田郡安芸津町(1955年)、広島県豊田郡安芸津町大字三津4(1960年)、広島県豊田郡安芸津町三津(1969年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年・1960年の映画館名簿では「安芸津劇場」。1969年の映画館名簿では「安芸津東映劇場」。1971年の住宅地図では「安芸津東映 2階スタンドコーナーやまびこ」。跡地は「吉田屋旅館」北側の駐車場。最寄駅はJR呉線安芸津駅。
八本松新世界
所在地 : 広島県東広島市八本松町大字飯田(1980年)
開館年 : 1976年以後1980年以前
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1976年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では後の映画館の場所に「2階パチンコ東広島会館」であり映画館の言及はない。1980年の映画館名簿では「八本松新世界」。1982年の住宅地図では「1階パチンコ東広島会館 2階シネマ新世界」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はパチンコ店「アビック東広島店」西側駐車場。最寄駅はJR山陽本線八本松駅。
富士劇場
所在地 : 広島県東広島市八本松町大字飯田(1980年)
開館年 : 1976年以後1980年以前
閉館年 : 1980年以後1982年以前
1976年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では長屋の左から「富士モーテル」「焼肉センター」「富士劇場」「喫茶」。1980年の映画館名簿では「富士劇場」。1982年の住宅地図では長屋の左から「スナックパル」「白糸の滝」「空白」「喫茶」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はパチンコ店「アビック東広島店」西側駐車場。最寄駅はJR山陽本線八本松駅。
西条シネマ
所在地 : 広島県賀茂郡西条町(1973年)、広島県東広島市西条町朝日町3-5(1980年)、広島県東広島市西条朝日町3-5(1985年)
開館年 : 1969年以後1973年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「西条シネマ」。1976年・1982年の住宅地図では「西条シネマ」。東広島市最後の従来型映画館。跡地はマンション「ブリランテA・B」。最寄駅はJR山陽本線西条駅。
T・ジョイ東広島
所在地 : 広島県東広島市西条町御薗宇4405(2005年)、広島県東広島市西条町御薗宇4405 フジグラン東広島SC 3階(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2000年12月
閉館年 : 営業中
2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「T・ジョイ東広島1-6」(6館)。

2000年12月9日、東広島市のフジグラン東広島3階でシネコン「T・ジョイ東広島」が営業を開始する。東映系の映画興行会社であるティ・ジョイにとっての第1号館となる。12月7日には関係者へのお披露目が行われた。フジグラン東広島は11月2日に開業している。座席はスタジアム形式であり、104人から316人までの6劇場計968席を有する。183席の劇場がデジタル映像の映画専用となっており、フィルムを使わずに通信衛星からデジタル映像を受信して上映するシステムは世界初である。フィルムに比べて映像が鮮明なうえに、フィルムの輸送費などが軽減されるので入場料を低額化できるという。将来はスポーツの試合やコンサートなど映画以外のソフト提供も視野に入れているという。かつて東広島市のJR西条駅前には2館の映画館があったが、約30年前に相次いで閉館し、東広島市の映画ファンは広島市の映画館を訪れる必要があった。*47

豊田郡大崎上島町

鮴座
所在地 : 広島県豊田郡東野村字鮴崎(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「鮴座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
東栄座
所在地 : 広島県豊田郡東野村字盛谷1573(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「東栄座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
昭栄館
所在地 : 広島県豊田郡木江町(1950年・1955年)、広島県豊田郡木江町5074(1960年)
開館年 : 1932年
閉館年 : 1967年
1950年・1955年・1960年の映画館名簿では「昭栄館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。2007年に建物が取り壊された。

「特集 木江を歩く」『蔵元だより』中尾醸造株式会社、第3号に掲載されている。*48
公楽館
所在地 : 広島県豊田郡大崎町字中野1189-2(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「公楽館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
中央座
所在地 : 広島県豊田郡大崎町字中野(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「中央座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
大串クラブ
所在地 : 広島県豊田郡大崎町字大串2800(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「大串クラブ」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

芸北地域

安芸高田市

吉田ラッキー映画劇場/吉田ラッキー劇場
1953年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は高田郡吉田町4。

山県郡安芸太田町

センター劇場
1953年以前開館。1963年以後1966年以前閉館。1963年の所在地は山県郡加計町3453-2。跡地に建物が現存する可能性がある。
芸北文映/戸河内文映
1955年以後1958年以前開館。1966年以後1969年以前閉館。1960年の所在地は山県郡戸河内町705。1966年の所在地は山県郡戸河内町。
旭座/加計旭座
1955年以後1958年以前開館。1966年以後1969年以前閉館。1966年の所在地は山県郡加計町3490。近年まで建物が残っていた可能性がある。

山県郡北広島町

開明館
1955年以後1958年以前開館。1963年以後1966年以前閉館。1963年の所在地は山県郡大朝町新庄。
大朝映劇
1955年以後1958年以前開館。1963年以後1966年以前閉館。1960年の所在地は山県郡大朝町字九門明。1963年の所在地は山県郡大朝町。

福山・尾三地域

福山市

宝石座
1952年1月1日開館。時期不明で映画館からストリップ劇場に転換。1957年ストリップ劇場閉館。所在地は福山市。跡地は「広島銀行福山胡町支店」。

1952年の福山市胡町にあった映画館「宝石座」の写真あり。俳優の大友柳太朗の姿が見える。同年元旦に開館した。五社協定でフィルムが入手できず、やがてストリップ劇場となり、1957年に廃業した。2016年(平成28年)現在の跡地には広島銀行福山胡町支店が建っている。*49
大和館/福山鞆東映劇場
1930年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1960年の所在地は福山市鞆後地1278。1969年の所在地は福山市鞆後地1289。1973年の住宅地図では「鞆東映」。
松映/松永東映/松永映画劇場
1955年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1960年の所在地は松永市今津町。1969年の所在地は福山市今津町宮の下9。1973年の住宅地図では「松永映劇」。
福山東宝/福山東宝劇場
1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は福山市紅葉町1-2。1973年の住宅地図では「福山東宝」。1980年の住宅地図では跡地に「市役所来庁者駐車場(セントラル開発ビル建設予定地)」。跡地は「中国銀行福山支店」。
鞆劇場/福山鞆劇場
1950年以後1953年以前開館。1973年閉館。1973年の所在地は福山市鞆町1208。1973年の住宅地図では「鞆劇場」。跡地は「福山市鞆コミュニティセンター」。

1971年(昭和46年)頃の鞆町後地にあった「鞆劇場」の写真あり。映画上映以外にも演劇や町民の演芸会などが開催された。1973年(昭和48年)に建物が取り壊された。2016年(平成28年)現在はコミュニティセンターが建っている。*50
名画劇場/福山名画座/福山名画劇場
1960年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は福山市御船町1-9-20。1973年の住宅地図では「名画劇場」。1980年の住宅地図では「名画劇場」。
福山劇場
1960年以前開館。1990年以後1995年以前閉館。1990年の所在地は福山市船町6-4。跡地は「まごころ料理ふな家」。アーケード商店街のJOYふなまちに面していた。1973年の住宅地図では「福山劇場」。1980年の住宅地図では「福山劇場」。
福山銀座東宝劇場/福山グリーン劇場・福山ローズ劇場/福山グリーン劇場/グリーン劇場/シネマモード/シネマモード アネックス
1960年以後1969年以前開館。2000年シネマモード改称。2007年閉館。2000年の所在地は福山市昭和町8-8。跡地は多目的スペース「シネマモード アネックス」。1973年の住宅地図では「1階東宝会館 2階グリーン劇場 ローズ劇場」。1980年の住宅地図では「1階パチンコ東宝 2階グリーン劇場 ローズ劇場」。
大黒座/福山大黒座・福山新天地劇場/福山大黒座・福山スカラ座/福山大黒座・ミラノ座・スカラ座/大黒座・ミラノ座1・2/シネフク大黒座・ミラノ座・シネマモード1・2/シネフク大黒座1・2・3・4
1892年開館。1950年再開館。1960年火災後に建て替え。2014年8月31日閉館。2010年の所在地は福山市笠岡町3-9。跡地は「ローソン福山大黒座店」。1973年の住宅地図では北に「大黒座」で南に「新天地劇場」。1980年の住宅地図では「70mm大黒座 スカラ座」。
福山ピカデリー劇場・福山日米館/福山ピカデリー・福山日米館/福山ピカデリー劇場・日米劇場/ピカデリー劇場1・2/福山駅前シネマモード1・2
1947年開館。1967年開館(ビル化)。2007年リニューアル開館。2013年福山駅前シネマモードに改称。所在地は福山市伏見町4-33。1973年の住宅地図では「3階ピカデリー劇場 地下2階日米劇場」。1980年の住宅地図では「3階70mmピカデリー劇場 地下1階地下2階日米劇場」。

1952年の福山市にあった築切の写真あり。左は映画館「日米館」である。通りには日米館のアーチも架かっている。*51

1956年(昭和31年)の福山市伏見町にあった「日米館」の写真あり。日米館は1947年(昭和22年)に開館した。1967年(昭和42年)にはこの場所に藤本ビルディングが建設され、日米劇場が開館した。*52

2000年4月12日、福山市昭和町の老舗映画館「グリーン劇場」を改装し、福山市初のミニシアター「シネマモード」が開館した。座席数168席の1スクリーン。4月12日からの上映作品はレオス・カラックス監督のフランス映画『ポーラX』と日本映画『地雷を踏んだらサヨウナラ』。グリーン劇場は約15年間にわたって成人向け映画を上映していたが、観客数が減少したことから藤本興業は路線転換を模索していた。広告プランナーの岩本一貴がミニシアター化を提案すると、藤本興業は岩本を運営責任者に抜擢した。上映作品の選定、イベントの企画などは藤本興業に代わってボランティアが行う。*53
エーガル8シネマズ
2005年開館。営業中。所在地は福山市神辺町大字新道上字2-10-26 フジグラン神辺3階。
福山コロナワールド
2008年2月23日開館。営業中。所在地は福山市一文字町24-1。10スクリーンのシネコン。

尾道市

尾道セントラル劇場/尾道セントラル
1950年以前開館。1958年以後1960年以前閉館。1953年の所在地は尾道市久保町294。1955年の所在地は尾道市久保町新地285。1958年の所在地は尾道市久保町新地。1972年の住宅地図では跡地に「尾道会館 ボーリング場」。1981年の住宅地図では跡地に「(建)」。現在の跡地は「尾道教育会館」。

1958年(昭和33年)の尾道市にあった洋画専門館「セントラル館」の写真あり。「CENTRAL」の文字が見える。同年1月21日、尾道市久保2丁目に開館した。1876年(明治9年)に開館して1939年(昭和14年)に改築した「偕楽座」が前身である。セントラル館はやがてボウリング場となった。2004年(平成16年)現在は改築されて尾道市勤労会館などになっている。*54
尾道スバル座/大映スバル座/尾道東宝/尾道東宝劇場
1953年以後1955年以前開館。1960年以後1969年以前閉館。1960年の所在地は尾道市久保町602。
百島東映劇場
1961年開館。1965年閉館。所在地は尾道市百島町1333-2。映画館の建物は現存し、2014年にはアートスペース「日章館」が開館。
向島兼吉劇場/兼吉劇場
所在地 : 広島県御調郡向島町兼吉(1958年)、広島県御調郡向島町兼吉547(1960年)、広島県御調郡向島町542-1(1963年)、広島県御調郡向島町兼吉547(1966年)
開館年 : 明治末期
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿では「向島兼吉劇場」。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「兼吉劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はスーパーマーケット「オンリーワン」南の駐車場。

明治末期には向島に芝居小屋「兼吉劇場」が開館した。それ以前にも「泉座」があった。1950年(昭和25年)の兼吉劇場の写真あり。向島で唯一の娯楽施設であり、芝居や浪曲などが興行された。戦後には主に映画の興行を行い、立ち見が出ることもあった。兼吉劇場の建物は1977年(昭和52年)頃に取り壊された。2004年現在の跡地は駐車場となっている。*55
因島東映/因島東映劇場
1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は因島市土生町1899-3。
尾道東宝/尾道東宝劇場/尾道千日前松竹
1960年以前開館。1976年以後1980年以前閉館。1976年の所在地は尾道市久保町1-12-4。1972年の住宅地図では「尾道東宝」。1981年の住宅地図では「東映パラス」。
太陽館/尾道太陽館
1924年3月27日開館。1978年2月24日閉館。1969年の所在地は尾道市久保町261-1。1976年の所在地は尾道市久保町2-5-21。跡地は「久山内科医院」東の月極駐車場。1972年の住宅地図では「太陽館」。1981年の住宅地図では跡地に「さんぱストアー」。

時期不明の太陽館の写真あり。「舘陽太」の文字が見える。1924年(昭和13年)3月に開館した。当初は松竹系の映画を上映したが、後に洋画専門館となった。日活系の「玉栄館」とともに市民に親しまれた。*56

1962年(昭和37年)頃の尾道市にあった映画館「太陽館」の写真あり。イタリア映画『世界残酷物語』の垂れ幕が見える。1924年(大正13年)3月27日、久保2丁目に尖塔のあるモダンな映画館として開館した。戦後は洋画を中心に上映した。1978年(昭和53年)2月24日に閉館した。その後はスーパーを経て、2004年(平成16年)現在の建物の一部は駐車場となっている。*57
日立因島会館/因島日立会館
1957年7月開館。1988年閉館。ビルの日立会館は2007年取り壊し。1980年の所在地は因島市三庄町3656-37。1985年の所在地は因島市土庄町2009-11。跡地は「因島総合病院」駐車場。

2007年夏、尾道市因島土生町の「日立会館」が50年の歴史に幕を閉じる。日立造船の企業城下町である因島のシンボルだった。利用者数の減少と建物の老朽化が理由。跡地は日立造船健康保険組合に売却され、因島総合病院の駐車場になる予定。1957年7月、船溜まりを埋め立てて開館した。鉄筋造地上5階建て・地下1階建て。1階と2階は日立因島生協の本店、3階と4階は映画館・劇場、5階はレストラン・宴会場だった。広島県東部では初となるエレベーター付きのビルだった。映画館は1988年まで営業し、邦画や洋画を上映してにぎわった。1986年に日立造船因島工場が撤退し、人口急減にともなって劇場などが閉鎖された。地域の文化拠点としての役割を果たしていた。*58
因島大正座/因島シネマプラザ
1960年以前開館。1990年6月頃閉館。1990年の所在地は因島市土生町1812。跡地は「因島ガス土生営業所」北東の駐車場。
尾道東映/尾道東映劇場・尾道日活/尾道東映劇場・尾道日活劇場・尾道東映パラス/尾道東映
1960年以前開館。1993年閉館。1990年の所在地は尾道市久保1-5-16。1972年・1981年の住宅地図では西に「尾道東映」で東に「尾道日活」。1981年の住宅地図では跡地に「(建)」。
尾道松竹/シネマ尾道
1948年尾道松竹開館。1963年移転。2001年10月尾道松竹閉館。2008年10月18日シネマ尾道開館。営業中。所在地は尾道市東御所町6-2。
Wikipedia「シネマ尾道」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%8D%E...

三原市

大劇
1958年以後1960年以前開館。1960年以後1963年以前閉館。1960年の所在地は三原市東町390-1。1958年の住宅地図では「大劇」。1967年・1971年・1975年の住宅地図では跡地に「山崎内科」。1980年・1982年の住宅地図では跡地に跡地に「山崎内科医院」。
本郷映劇/本郷映画劇場
所在地 : 広島県豊田郡本郷町(1958年)、広島県豊田郡本郷町3191(1960年)、広島県豊田郡本郷町5191(1963年)
開館年 : 1926年
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿では「本郷映劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「本郷映画劇場」。1967年の住宅地図では跡地に「本郷商工会館」。跡地は「本郷酒造」南西60mの月極駐車場「河城パーキング」。最寄駅はJR山陽本線本郷駅。

1940年頃の本郷町にあった「本郷劇場」の写真あり。1926年(大正15年)に開館し、芝居や演芸のほかに仏教唱歌の発表会にも用いられた。1935年(昭和10年)頃から映画の上映も行われ、1940年(昭和15年)頃からはニュース映画も上映された。戦後は映画のみとなった。テレビの普及によって1963年(昭和38年)頃に閉館した。*59

三原市のJR山陽本線本郷駅の西には「本郷劇場」があった。1925年(大正14年)頃の建設中の写真、1940年(昭和15年)頃の写真、2004年(平成16年)の跡地の写真あり。1926年(大正15年)に開館し、芝居と演芸の殿堂として親しまれた芝居小屋である。建物は2階建てであり、2階の左右には望楼桟敷が付いていた。戦後には映画館としてにぎわったが、1963年(昭和38年)頃に閉館した。跡地は駐車場となっており、近くの溝川の上には1932年(昭和7年)に建立された両面地蔵尊が鎮座している。*60
亀山劇場
1955年以後1958年以前開館。1963年以後1966年以前閉館。1960年の所在地は三原市鷺浦町向田。1963年の所在地は三原市鷺浦町1729。1967年の住宅地図では発見できず。
太平館
1953年以前開館。1963年以後1966年以前閉館。1963年の所在地は三原市本町1798。1958年の住宅地図では「大平館」(太ではなく大)。1967年の住宅地図では「大平館」。1971年の住宅地図では跡地に「アパート 大平館」。1975年の住宅地図では跡地に「アパート 大平館 1階ガレージ」。1980年の住宅地図では跡地に「1階(駐) 2階大久保 西川 瀬川」。1982年の住宅地図では「1階(駐) 2階大久保 山崎 西原 森崎 百田」。
三原OS劇場
1958年以後1960年以前開館。1963年以後1966年以前閉館。1963年の所在地は三原市宮沖町196。1967年・1975年の住宅地図では「OS劇場」。1982年の住宅地図では跡地に「貸倉庫」。跡地は月極駐車場。
三原大映劇場
1955年以後1958年以前開館。1966年以後1969年以前閉館。1966年の所在地は三原市港町2235。1958年の住宅地図では「三原大映」。1967年・1971年の住宅地図では跡地に「三原ボーリング」。1975年の住宅地図では跡地に「パチンコツルヤ会館」など。跡地は有料駐車場「タイムズ三原港町第2」。
幸崎映画劇場/三原幸崎劇場
1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は三原市幸崎町3540。1967年・1971年の住宅地図では「幸崎劇場」。1975年の住宅地図には掲載されていない。
日本劇場/三原日本劇場
1960年以前開館。1973年以後1976年以前閉館。1973年の所在地は三原市城町9-3。1967年・1971年・1975年の住宅地図では「日劇」。1980年の住宅地図では跡地に「アキヤ」。1982年の住宅地図では跡地に「日劇パーキング」。
三原スカラ座
1960年以後1969年以前開館。1973年以後1976年以前閉館。1973年の所在地は三原市城町9-8。1967年・1971年の住宅地図では「スカラ座」。1975年・1980年・1982年の住宅地図では跡地に「スカラパーキング」。
帝国館/帝国劇場/三原帝国映画劇場
1933年開館。1973年以後1976年以前閉館。1973年の所在地は三原市港町2335。1958年の住宅地図では「帝劇」。1967年・1971年の住宅地図では「帝劇」。1975年・1980年・1982年の住宅地図では跡地に「インテリアイシハラ」。跡地はマンションの「アネックス」。

1933年(昭和8年)の開館当時の三原にあった「帝国館」の写真あり。後に「帝劇」となる。*61

昭和30年代の三原市の帝人通りの写真あり。右手には映画館「帝劇」があり、松竹作品『紀伊国屋文左衛門』ののぼりが見える。*62

三原市のJR三原駅から帝人三原工場(現・帝人三原事業所)までの帝人通りは「三原の銀座」と呼ばれ、1950年代には飲食店が多く立ち並んでいた。周辺には映画館が5館あり、三原市には最大時10館以上あったが、2000年頃には三原市から映画館が消えた。*63
三原文映/文化映画劇場/三原文化映画劇場
1953年以後1955年以前開館。1976年以後1980年以前閉館。1976年の所在地は三原市港町651。1967年・1971年・1975年の住宅地図では「文映」。1980年・1982年の住宅地図では跡地に「文映パーキング」。
松竹座/三原松竹座
1950年開館。1980年以後1985年以前閉館。1980年の所在地は三原市本町1564。1958年の住宅地図では「松竹座」。1967年・1971年・1975年・1980年の住宅地図では「松竹座」。1982年の住宅地図では跡地に駐車場。

1953年(昭和28年)の三原市本町にあった「松竹座」の写真あり。1950年(昭和25年)に花道のある劇場として開館し、その後映画も上映されるようになった。昭和末期に閉館した。2018年(平成30年)現在の隆景広場の北西にあった。*64
三原東宝劇場/東宝劇場/三原東映劇場/三原東映/三原文映1・2/三原文映
所在地 : 広島県三原市港町603(1953年・1960年・1969年・1980年・1990年)、広島県三原市港町1-7-18(2000年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 2000年頃
1950年の映画館名簿では「三原東宝劇場」。1953年の映画館名簿では「東宝劇場」。1958年の住宅地図では「三原東映」。1960年・1969年の映画館名簿では「三原東映劇場」。1967年・1971年・1975年の住宅地図では「三原東映」。1980年の映画館名簿では「三原東映」。1980年の住宅地図では跡地に「(建)」。1990年の映画館名簿では「三原文映1・2」(2館)。2000年の映画館名簿では「三原文映」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地の建物は喫茶店「マグダレーナ」などが入る「シネパティオビル」として現存。三原市最後の映画館。

1955年(昭和30年)の三原市にあった「東映映画劇場」の写真あり。「東映映画封切場」「TOEI」の文字が見える。もともとは東宝系の映画館だったが、買収されて東映系に変わった。*65

2015年(平成27年)5月15日、三原市港町のシネパティオビルの映画館跡にアトリエがオープンする。現代アーティストのシマムラヒロシによる「HS-LAB」(エイチ・エス・ラボ)。1980年に完成したシネパティオビルは鉄骨造3階建てであり、飲食店などが入っている。2階と3階には映画館が入っていたが、約20年前に閉館した。アトリエは2階の映画館跡を用い、作業場や展示スペースが設けられる。*66

府中市

翁座
1925年開館。1960年頃閉館。所在地は府中市上下町上下2077。映画も上映する芝居小屋。建物が現存。2020年登録有形文化財登録。2021年4月一般公開開始予定。
オリオン座/府中オリオン座
所在地 : 広島県芦品郡府中町(1953年)、広島県府中市府中町(1960年・1969年)
開館年 : 1948年頃
閉館年 : 1966年頃
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1960年の映画館名簿では「オリオン座」。1969年の映画館名簿では「府中オリオン座」。1972年の住宅地図では跡地に「三兄家具センター」。1981年の住宅地図では跡地に「三兄家具センターソーコ」。

昭和20年代の府中市にあった映画館「オリオン座」の写真あり。1948年(昭和23年)頃に開館し、1966年(昭和41年)頃に閉館した。1997年(平成9年)現在も建物が残っている。*67
府中東映/府中劇場
1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は府中市老松町。1972年の住宅地図では発見できず。

1954年(昭和29年)頃の府中にあった「府中劇場」の写真あり。『次郎長三国志 第七部 初祝い清水港』や『今宵誓いぬ』や『叛乱』や『南国太平記 前篇』の看板が見える。*68
日劇/府中日の丸映画劇場/府中日の丸劇場
所在地 : 広島県芦品郡府中町(1950年・1953年)、広島県府中市府中町(1960年・1969年)、広島県府中市府中町190-9(1980年)
開館年 : 1945年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
1950年の映画館名簿では「府中日の丸館」。1953年の映画館名簿では「日の丸館」。1960年の映画館名簿では「日劇」。1969年の映画館名簿では「府中日の丸映画劇場」。1972年・1981年の住宅地図では「日劇」。1980年の映画館名簿では「府中日の丸劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。府中市最後の映画館。跡地は「ハローワーク府中」北東の駐車場。

1954年(昭和29年)頃の府中にあった「日の丸館」の写真あり。「HINOMARUKAN」の文字が見える。*69

昭和20年代の府中市東町にあった常設映画館「日の丸館」の写真あり。「HINOMARUKAN」の文字が見える。当初は「日の出館」と称していたが、戦時中に改称された。1997年(平成9年)現在は廃業して建物も取り壊されている。*70

世羅郡世羅町

甲山映画劇場/甲山東映
所在地 : 広島県世羅郡甲山町(1953年)、広島県世羅郡甲山町西上原(1955年)、広島県世羅郡甲山町(1958年・1960年・1963年)、広島県世羅郡甲山町西上原83(1966年)
開館年 : 大正末期
閉館年 : 1970年
1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「甲山映画劇場」。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「甲山東映」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はバー「スタンド東映」。

世羅郡甲山町西上原には「甲山映画劇場」があった。昭和30年代に「甲山劇場」から「甲山映画劇場」に改称。昭和30年代の写真あり。「甲山映画劇場」の文字が見える。政治家の松岡洋右や社会運動家の賀川豊彦がここで演説を行っている。やがて「甲山東映」に改称し、1970年に閉館した。劇場の名残として稲荷神社の祠がある。*71

1955年(昭和30年)の世羅町西上原にあった芝居小屋・劇場「甲山劇場」の写真あり。「場劇山甲」の文字が見える。高橋興行社が経営。昭和30年代には「甲山映画劇場」に改称し、さらに「甲山東映」に改称した。1970年(昭和45年)に閉館した。*72

神石郡神石高原町

呉峠メトロ
1955年以後1958年以前開館。1963年以後1966年以前閉館。1963年の所在地は神石郡神石町。
初日座
1955年以後1958年以前開館。1966年以後1969年以前閉館。1966年の所在地は神石郡油木町大字油。

備北地域

三次市

東座/三次東座
所在地 : 広島県三次市十日市町2631(1973年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
1972年の住宅地図では「東座」。厳島神社のすぐ東。1978年の住宅地図では跡地に空白の建物。

『目で見る三次・庄原の100年』郷土出版社、1996年に掲載されている。現物は未確認。*73
十日市ラッキー劇場/ラッキー映劇/三次ラッキー映劇/三次ラッキー劇場
所在地 : 広島県三次市十日町2729(1990年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1990年以後1995年以前
三次市最後の映画館。1972年の住宅地図では「ラッキ映劇」。1978年の住宅地図では「1階ラッキ映画館」。映画館時代の建物は「観光三次キャバレー」の廃墟として現存し居酒屋「絣」やスナック「咲楽」などが入居。

1951年(昭和26年)、三次市十日町中2丁目に映画館「ラッキー劇場」が開館した。1972年に県北を豪雨災害が襲った際には全館が水浸しになり、閉館を選択する道もあったが、1975年に営業を再開した。昭和50年代はすでに映画界が斜陽の時代であり、フィルムが安い成人向け作品や、長期休みの子供向けアニメでしのいでいた。2000年(平成12年)現在は休館中であり、事実上は閉館している。1922年(大正11年)には三次市初の劇場「三次劇場」が開館し、役者が入退場する花道や枡席のような仕切りがあった。昭和30年代の三次劇場は映画館「東座」と同一の経営者だった。*74

『目で見る三次・庄原の100年』郷土出版社、1996年に掲載されている。現物は未確認。*75

庄原市

昭和館/寿劇場
所在地 : 広島県比婆郡東城町(1950年・1953年・1955年・1958年)、広島県比婆郡東城町19(1960年・1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「寿劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はJR芸備線東城駅駅舎の南南東180m。跡地に映画館の建物が現存。

昭和10年代の東城町にあった時雨茶屋と映画館「昭和館」の写真あり。東本町の東側の通りは歓楽街を形成しており、その中核として料理屋の時雨茶屋があった。時雨茶屋の右隣の洋風の建物が昭和館(後の寿劇場)であり、奥に得能家住宅がある。2003年(平成15年)現在の寿劇場の建物はスーパーマーケットに改装されている。かつての時雨茶屋は経営者が代わって上州屋となり、バーのピルゼンを併設。2003年(平成15年)現在はピルゼンのみ営業している。*76
庄原ラッキー映画劇場/庄原ラッキー劇場
所在地 : 広島県庄原市本町1483-8(1966年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前

『目で見る三次・庄原の100年』郷土出版社、1996年に掲載されている。現物は未確認。*77
高野劇場
所在地 : 広島県比婆郡高野町大字新市(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
大衆館
所在地 : 広島県比婆郡比和町大字比和753(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
東城ラッキー/東城ラッキー劇場
所在地 : 広島県比婆郡東城町135(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前

『目で見る三次・庄原の100年』郷土出版社、1996年に掲載されている。現物は未確認。*78
庄原伍楽荘
所在地 : 広島県庄原市本町本通(1973年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
庄原市最後の映画館。1972年・1978年の住宅地図では「伍楽荘」であり道路の東側には「伍楽荘ボール」もある。跡地は「伍楽荘ボウル」から広島県道231号を挟んで西隣。
偕楽座/東城偕楽座
所在地 : 広島県比婆郡東城町119(1969年)、広島県比婆郡東城町東城(1985年)
開館年 : 1907年11月
閉館年 : 1985年
1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「偕楽座」。1969年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「東城偕楽座」。

1907年(明治40年)11月には東城に「偕楽座」が開館した。*79

2009年(平成21年)12月5日から、庄原市口和町の口和郷土資料館で日本映画のポスター約50枚が展示される。1985年(昭和60年)に庄原市東城町の映画館「偕楽座」が閉館すると、支配人の妻である入江篤子が自宅小屋に保管していた。口和郷土資料館の安部博良館長らが手入れして展示を行った。*80

2010年4月17日、庄原市東城町の酒蔵で映画上映会「てくてく座」が開催される。25年前まで東城町にあった映画館「偕楽座」の雰囲気をよみがえらせようと企画され、北村醸造場の蔵を会場とする。明治時代末期、東城町の中心部に劇場「偕楽座」が開館。入江篤子(80)は2代目館主の夫・入江文人とともに偕楽座を経営した。昭和20年代には500人入る劇場の入口を閉められないほど観客が入った。テレビの普及などが理由で、1985年に約80年の歴史を閉じて閉館した。1987年には入江文人が死去した。*81

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます