閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


広島市

広島市は広島市の映画館を参照。

福山市

福山市は福山市の映画館を参照。

呉市

呉市は呉市の映画館を参照。

広島・呉地域

大竹市

朝日座
所在地 : 広島県大竹市玖波町(1958年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「朝日座」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
大竹座/大竹劇場
所在地 : 広島県大竹市大竹町(1955年・1958年・1960年)
開館年 : 1938年9月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では経営者は清水勉、400席、邦画を上映。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「大竹劇場」。1960年の映画館名簿では経営者は大竹興業社、支配人は小沢敏男、木造2階建、424席、東映を上映。1961年の弘文社日本住宅詳細図では「大竹東映 大劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「本町児童公園」北西30mにある民家と美容院「Akari hairdesign」。最寄駅はJR山陽本線大竹駅。

1927年の大竹に新装開館した「大竹座」の写真あり。1924年に大竹町下五区(現在の本町1丁目)に開館し、芝居・漫才・浪曲などの興行が行われた。1926年に焼失したが、1927年に再建された。1935年からは映画の上映も行われるようになった。1929年に開館した「大和館」とともに大竹の2大映画館として親しまれた。*1

時期不明の大竹にあった「大竹劇場」の写真あり。1938年9月、二度目の火災後に洋館で再建された。大竹劇場は演劇と映画の併用館であり、「大和館」とともに大竹市における2大娯楽場だった。昭和30年代には興行を中止した。1984年現在の跡地はゲートボール場となっている。*2
大竹ラッキー劇場/大竹東映
所在地 : 広島県大竹市大竹町駅前(1955年)、広島県大竹市大竹町(1958年)、広島県大竹市大竹町2150(1960年)
開館年 : 1947年4月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年4月開館。1955年の映画館名簿では「大竹ラッキー劇場」。1955年の映画館名簿では経営者は三宅二郎、300席、日活・洋画を上映。1958年・1960年の映画館名簿では「大竹東映」。1958年の映画館名簿では経営者は三宅二郎、支配人は三宅淳、鉄筋コンクリート造平屋建、350席。1960年の映画館名簿では経営者は三宅二郎、312席。1961年の弘文社日本住宅詳細図では「大竹東映 大劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「本町児童公園」北西30mにある民家と美容院「Akari hairdesign」。最寄駅はJR山陽本線大竹駅。
大和館/大竹大和館
所在地 : 広島県大竹市大竹町(1955年)、広島県大竹市大竹町648(1960年)、広島県大竹市大竹町下五区(1963年)、広島県大竹市本町2-3(1969年)
開館年 : 1928年4月
閉館年 : 1969年以後1971年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1928年4月開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「大和館」。1961年の弘文社日本住宅詳細図では「大和館 大竹興業社」。1966年の住宅地図では「大竹興業社 大和館」。1969年の映画館名簿では「大竹大和館」。1971年・1980年の住宅地図では跡地に「上杉商店ソーコ」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「本町児童公園」南南西150mにある建物。最寄駅はJR山陽本線大竹駅。
大竹有楽劇場/有楽座/大竹有楽/大竹有楽座
所在地 : 広島県大竹市大竹町駅前(1955年)、広島県大竹市大竹町(1960年)、広島県大竹市大竹町駅前(1963年)、広島県大竹市新町1-1(1969年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1969年以後1971年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「大竹有楽劇場」。1960年の映画館名簿では「有楽座」。1961年の弘文社日本住宅詳細図では「有楽座」。1963年の映画館名簿では「大竹有楽」。1966年の住宅地図では「有楽座」。1969年の映画館名簿では「大竹有楽座」。1971年・1980年の住宅地図では跡地に「ビリヤードユウラク」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ポケットベビー子供服」北側。最寄駅はJR山陽本線大竹駅。
大竹新映
所在地 : 広島県大竹市大竹町駅前(1963年)、広島県大竹市新町1-9(1969年)、広島県大竹市新町1-9-14(1973年・1976年)、広島県大竹市新町1-8-20(1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1988年以後1990年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年の弘文社日本住宅詳細図では「大竹新映」。1963年の映画館名簿では経営者は大竹興業社、支配人は田中稔、木造。1963年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「大竹新映」。1966年・1971年の住宅地図では「大竹新映」。1980年の住宅地図では「映画館新映」。大竹市最後の映画館。跡地は「栄薬局」建物南西部。最寄駅はJR山陽本線大竹駅。

廿日市市

宮島劇場
所在地 : 広島県佐伯郡宮島町(1955年・1958年)、広島県佐伯郡宮島町568-1(1960年)、広島県佐伯郡宮島町570(1963年)
開館年 : 1915年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「宮島劇場」。1961年の住宅地図では「宮島劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の住宅地図では跡地に「宮島電話交換局」。跡地は「NTT西日本宮島電話交換所」。

1915年に制作された吉田初三郎『厳島新案内』には「劇場」が描かれている。*3
廿日市シネマ
所在地 : 広島県佐伯郡廿日市町(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「廿日市シネマ」。1961年の住宅地図では「廿日市シネマ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の住宅地図では跡地に「廿日市公民館」。跡地は「廿日市天満宮」南南東60mの建物。最寄駅は広島電鉄宮島線広電廿日市駅。
グランド劇場/廿日市グランド劇場
所在地 : 広島県佐伯郡廿日市町(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、広島県佐伯郡廿日市町303(1966年)
開館年 : 1952年4月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年4月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「グランド劇場」。1961年の住宅地図では「グランド劇場」。1966年の映画館名簿では「廿日市グランド劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の住宅地図では跡地に「長谷川ストアー」。跡地はスーパーマーケット「スパーク廿日市店」建物東側。最寄駅は広島電鉄宮島線広電廿日市駅。

江田島市

江田島東劇
所在地 : 広島県安芸郡江田島町向側(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「江田島東劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
旭劇場
所在地 : 広島県佐伯郡能美町高田(1963年)
開館年 : 1947年
閉館年 : 1963年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「旭劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和30年代の能美町高田にあった「旭座」(※旭劇場ではない)の写真あり。1947年に開館し、1963年まで営業した。1997年現在は取り壊されて住宅地となっている。*4
新生劇場
所在地 : 広島県佐伯郡能美町鹿川(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新生劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
旭座
所在地 : 広島県佐伯郡大柿町大君(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「旭座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
三劇
所在地 : 広島県佐伯郡大柿町飛渡瀬(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「三劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
二劇
所在地 : 広島県佐伯郡大柿町大原(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「二劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
東能劇場
所在地 : 広島県佐伯郡大柿町(1950年・1953年)、広島県佐伯郡大柿町柿浦(1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「東能劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1950年の大柿町柿浦にあった「東劇」(東能劇場)の写真あり。大柿高校が主催した芸能祭の時の写真である。「東劇」の文字が見える。主に映画や芝居が行われたが、1953年から1954年頃には素人のど自慢大会も開催され、美空ひばりや近江俊郎などのスターが来館したこともあった。*5
古鷹座
所在地 : 広島県安芸郡江田島町切串(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「古鷹座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
小用映劇
所在地 : 広島県安芸郡江田島町7313(1958年)、広島県安芸郡江田島町小用(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「小用映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
松竹館
所在地 : 広島県佐伯郡能美町中町(1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「松竹館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
江劇/江田島江劇
所在地 : 広島県安芸郡江田島町中郷(1958年・1960年)、広島県安芸郡江田島町1753(1963年)、広島県安芸郡江田島町(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「江劇」。1969年の映画館名簿では「江田島江劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「江田島公民館」南西隣の駐車場。江田島市域最後の映画館。

1968年(昭和43年)頃の江田島町中郷にあった「江劇」の写真あり。1955年(昭和30年)頃には賑わっていたが、テレビの普及とともに観客数が減少し、やがて閉館して駐車場となった。*6

1968年頃の江田島にあった映画館の写真あり。映画館の名称は不明。*7

安芸郡府中町

広島バルト11
所在地 : 広島県安芸郡府中町大須2-1-1 ダイヤモンドシティ ソレイユ4階(2005年)、広島県安芸郡府中町大須2-1-1 イオンモール広島府中ソレイユ4階(2010年)、広島県安芸郡府中町大須2-1-1 イオンモール広島府中4階(2015年・2020年)
開館年 : 2004年3月24日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年の映画館名簿では「広島バルト11 1-11」(11館)。2015年・2020年の映画館名簿では「広島バルト11 シアター1-11」(11館)。

安芸郡海田町

エンパイヤ劇場
所在地 : 広島県安芸郡海田町(1958年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「エンパイヤ劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
銀映劇場/海田銀映劇場
所在地 : 広島県安芸郡海田町(1958年)、広島県安芸郡海田町海田市(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では経営者が井原嘉昭、支配人が藤本修三、木造2階建、260席。1958年・1960年の映画館名簿では「銀映劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が佐伯茂、163席。1961年の住宅地図では「銀映」。1963年の映画館名簿では「海田銀映劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の住宅地図では跡地に「俵邸」。跡地は「花都八幡宮」南南西70mにある建物。最寄駅はJR山陽本線・呉線海田市駅。

安芸郡熊野町

熊野映画劇場/熊野劇場
所在地 : 広島県安芸郡熊野町(1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「熊野映画劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が井上松男、支配人が井上昌和、木造平屋建、300席、邦画を上映。1966年の映画館名簿では「熊野劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

安芸郡坂町

坂セントラル劇場
所在地 : 広島県安芸郡坂町字岡下(1958年)、広島県安芸郡坂町(1960年)、広島県安芸郡坂町5120-1(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「坂セントラル劇場」。1960年の映画館名簿では経営者・支配人ともにが重田末盛、木造平屋建、412席、邦画を上映。1961年の住宅地図では「坂セントラル劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の住宅地図では跡地に「三登外科」。跡地は「三登医院」。最寄駅はJR呉線坂駅。

東広島・竹原地域

竹原市

忠海映画劇場/忠海劇場/忠海映劇
所在地 : 広島県豊田郡忠海町本町(1955年)、広島県竹原市忠海町1350(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「忠海映画劇場」。1960年の映画館名簿では「忠海劇場」。1963年の映画館名簿では「忠海映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の弘文の戸別詳細地図では「忠海映劇(大岡)」。1977年の住宅地図では跡地に「寺谷邸」。跡地は「誓念寺」北東70mの民家や道路など。最寄駅はJR呉線忠海駅。

『忠海を歩いてみよう』竹原市、2003年は「忠海劇場」に言及している。現物は未確認。*8
八千代座/八千代映劇
所在地 : 広島県竹原市吉名町郷2(1958年)、広島県竹原市竹原町大字名郷2(1960年)、広島県竹原市吉名町郷2(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「八千代映劇」。1960年の映画館名簿では「八千代座」。1963年の映画館名簿では「八千代映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
竹原東宝映画劇場/竹原東宝
所在地 : 広島県賀茂郡竹原町(1953年)、広島県竹原市竹原町扇町(1955年)、広島県竹原市竹原町(1960年)、広島県竹原市竹原町駅前(1963年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年開館。1953年の映画館名簿では「竹原東宝映画劇場」。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「竹原東宝」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
竹原劇場
所在地 : 広島県竹原市竹原町(1953年・1955年)、広島県竹原市竹原町向島2(1960年・1969年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年開館。1953年・1955年・1960年・1969年の映画館名簿では「竹原劇場」。1968年の弘文の戸別詳細地図では跡地に空白。1971年の住宅地図では「竹原劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図では跡地に空白。竹原市最後の映画館。跡地は「道の駅たけはら駐車場」。最寄駅はJR呉線竹原駅。

『竹原市の展望』中国観光地誌社、1959年は、「竹原劇場」、「竹原東宝」、「忠海映画劇場」、「八千代映劇」について言及している。現物は未確認。*9

東広島市

長栄座
所在地 : 広島県賀茂郡高屋町白市1091(1958年)、広島県賀茂郡高屋町(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「長栄座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年頃の高屋町白市にあった「長栄座」の写真あり。江戸時代の広島藩は、宮島・三次・白市の3か所にしか歌舞伎の興行を許さず、長栄座は歌舞伎が行えた数少ない劇場だった。1955年時点の長栄座は2代目だったが、回り舞台・せりあがる花道などがある本格的な劇場だった。現在は1981年であるが、数年前に取り壊された。*10

1969年の東広島市にあった芝居小屋「長栄座」の写真あり。回り舞台や花道のせり上がりがある本格的な劇場だった。2014年現在は取り壊されている。*11
八本松劇場
所在地 : 広島県賀茂郡八本松町(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「八本松劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
黒瀬劇場/黒瀬映劇
所在地 : 広島県賀茂郡黒瀬町594(1958年)、広島県賀茂郡黒瀬町159-1(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「黒瀬劇場」。1960年の映画館名簿では「黒瀬映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
風早文化会館
所在地 : 広島県豊田郡安芸津町風早(1958年)、広島県豊田郡安芸津町大字風早浜3(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「風早文化会館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
河内町映画劇場/河内映画劇場/河内映劇
所在地 : 広島県賀茂郡河内町(1953年)、広島県賀茂郡河内町天町2丁目(1955年)、広島県賀茂郡河内町(1960年)、広島県賀茂郡河内町大字中河内(1963年)
開館年 : 1949年8月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年8月開館。1953年の映画館名簿では「河内町映画劇場」。1955年の映画館名簿では「河内映画劇場」。1960年の映画館名簿では「河内映劇」。1963年の映画館名簿では「河内映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
賀茂劇場
所在地 : 広島県賀茂郡黒瀬町字乃美尾(1958年)、広島県賀茂郡黒瀬町(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「賀茂劇場」。1960年の映画館名簿では「加茂劇場」。1963年の映画館名簿では「賀茂劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
豊栄映劇
所在地 : 広島県賀茂郡豊栄町(1958年・1960年)、広島県賀茂郡豊栄町大字清武(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「豊栄映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
乃美劇場
所在地 : 広島県賀茂郡豊栄町(1958年・1960年)、広島県賀茂郡豊栄町大字乙美(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「乃美劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
風早劇場
所在地 : 広島県豊田郡安芸津町風早(1960年・1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「風早劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
志和劇場/志和映画劇場/志和映劇
所在地 : 広島県賀茂郡志和町(1958年・1960年)、広島県賀茂郡志和町大字志和堀(1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「志和劇場」。1960年の映画館名簿では「志和映画劇場」。1963年・1966年の映画館名簿では「志和映劇」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
高屋劇場/高屋映画劇場/高屋映劇
所在地 : 広島県賀茂郡高屋町(1958年)、広島県賀茂郡高屋町大字中島(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「高屋劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「高屋映画劇場」。1966年の映画館名簿では「高屋映劇」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
祇園座/安芸津祇園座
所在地 : 広島県豊田郡安芸津町(1953年)、広島県豊田郡安芸津町駅前(1955年)、広島県豊田郡安芸津町(1960年)、広島県豊田郡安芸津町4246(1963年)、広島県豊田郡安芸津町(1966年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「祇園座」。1966年の映画館名簿では「安芸津祇園座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
西条有楽劇場/有楽劇場/有楽座/西条有楽座
所在地 : 広島県賀茂郡西条町(1953年・1955年)、広島県賀茂郡西条町840(1960年)、広島県賀茂郡西条町大字西条840(1963年)、広島県賀茂郡西条町本町13(1966年)
開館年 : 1950年12月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年12月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「西条有楽劇場」。1960年の映画館名簿では「有楽劇場」。1963年の映画館名簿では「有楽座」。1966年の映画館名簿では「西条有楽座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
安芸津劇場/安芸津東映劇場
所在地 : 広島県豊田郡安芸津町(1955年)、広島県豊田郡安芸津町大字三津4(1960年)、広島県豊田郡安芸津町三津(1969年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年・1960年の映画館名簿では「安芸津劇場」。1968年の弘文の戸別詳細地図では「安芸津東映」。1969年の映画館名簿では「安芸津東映劇場」。1971年の住宅地図では「安芸津東映 2階スタンドコーナーやまびこ」。1977年の住宅地図では跡地に「本宮商会」。跡地は「吉田屋旅館」北側の駐車場。最寄駅はJR呉線安芸津駅。
八本松新世界
所在地 : 広島県東広島市八本松町大字飯田(1980年)
開館年 : 1976年以後1980年以前
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1976年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では後の映画館の場所に「2階パチンコ東広島会館」であり映画館の言及はない。1980年の映画館名簿では「八本松新世界」。1982年の住宅地図では「1階パチンコ東広島会館 2階シネマ新世界」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はパチンコ店「アビック東広島店」西側駐車場。最寄駅はJR山陽本線八本松駅。
富士劇場
所在地 : 広島県東広島市八本松町大字飯田(1980年)
開館年 : 1976年以後1980年以前
閉館年 : 1980年以後1982年以前
1976年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では長屋の左から「富士モーテル」「焼肉センター」「富士劇場」「喫茶」。1980年の映画館名簿では「富士劇場」。1982年の住宅地図では長屋の左から「スナックパル」「白糸の滝」「空白」「喫茶」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はパチンコ店「アビック東広島店」西側駐車場。最寄駅はJR山陽本線八本松駅。
朝日座/西条シネマ
所在地 : 広島県賀茂郡西条町(1953年・1955年・1958年)、広島県賀茂郡西条町779(1960年)、広島県賀茂郡西条町(1973年)、広島県東広島市西条町朝日町3-5(1980年)、広島県東広島市西条朝日町3-5(1985年)
開館年 : 1925年11月
閉館年 : 1985年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「朝日座」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「西条シネマ」。1976年・1982年の住宅地図では「西条シネマ」。東広島市最後の従来型映画館。跡地はマンション「ブリランテA・B」。最寄駅はJR山陽本線西条駅。

1924年の西条町に建設中の「朝日座」の写真あり。1893年に西条駅前に建てられた「御建座」に代わって、1925年11月に朝日座が建築された。芝居・映画・講演会などが催された。1985年(昭和60年)頃に姿を消した。*12

昭和初期の西条町の「朝日座」で開催された弁論大会の写真あり。朝日座の建築は芝居小屋の形式であり、1階は畳敷きで桟敷席があり、2階席もあった。*13

1974年の西条町の本通りにあったくぐり門の写真あり。「朝日座」に通じる路地の南北にくぐり門があり、南側のくぐり門はすでに取り壊されているが、北側のくぐり門は東広島市観光協会が所有者から無償譲渡を受けて改修した。*14

昭和40年代の西条町にあった本通りの写真あり。本通の南側、共栄農機と広島ガスプロパンの場所は路地を2階屋根がまたいでおり、「くぐり門」と呼ばれた。くぐり門の下の路地は芝居小屋の「朝日座」の入口だった。くぐり門の隣には東映会長の岡田茂の生家である岡田酒販店がある。*15

1995年(平成7年)5月11日、東広島市西条朝日町の高橋春三(66)方付近から出火し、木造平屋建の住宅、木造平屋建一部2階建のガレージが全焼した。かつてガレージは映画館として使われていた。*16

1925年(大正14年)、賀茂郡西条町に劇場の舞台や映画の上映設備を有する「朝日座」が開館した。周辺は昭和前期まで花街として賑わいを見せていた。1995年(平成7年)、朝日座の建物が焼失した。*17
T・ジョイ東広島
所在地 : 広島県東広島市西条町御薗宇4405(2005年)、広島県東広島市西条町御薗宇4405 フジグラン東広島SC 3階(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2000年12月
閉館年 : 営業中
2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「T・ジョイ東広島1-6」(6館)。

2000年12月9日、東広島市のフジグラン東広島3階でシネコン「T・ジョイ東広島」が営業を開始する。東映系の映画興行会社であるティ・ジョイにとっての第1号館となる。12月7日には関係者へのお披露目が行われた。フジグラン東広島は11月2日に開業している。座席はスタジアム形式であり、104人から316人までの6劇場計968席を有する。183席の劇場がデジタル映像の映画専用となっており、フィルムを使わずに通信衛星からデジタル映像を受信して上映するシステムは世界初である。フィルムに比べて映像が鮮明なうえに、フィルムの輸送費などが軽減されるので入場料を低額化できるという。将来はスポーツの試合やコンサートなど映画以外のソフト提供も視野に入れているという。かつて東広島市のJR西条駅前には2館の映画館があったが、約30年前に相次いで閉館し、東広島市の映画ファンは広島市の映画館を訪れる必要があった。*18

豊田郡大崎上島町

鮴座/メバル座
所在地 : 広島県豊田郡東野村字鮴崎(1960年)、広島県豊田郡東野村メバル崎(1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「鮴座」。1963年の映画館名簿では「メバル座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
東栄座
所在地 : 広島県豊田郡東野村(1958年)、広島県豊田郡東野村字盛谷1573(1960年)、広島県豊田郡東野村字盛谷1573(1960年)、広島県豊田郡東野村盛谷1523(1963年)、広島県豊田郡東野村盛谷1573(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「東栄座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
昭栄館/木ノ江昭栄館
所在地 : 広島県豊田郡木江町(1950年・1955年)、広島県豊田郡木江町5074(1960年)、広島県豊田郡木江町5074-3(1966年)
開館年 : 1932年
閉館年 : 1967年
1950年・1955年・1960年の映画館名簿では「昭栄館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「木ノ江昭栄館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。2007年に建物が取り壊された。

「特集 木江を歩く」『蔵元だより』中尾醸造株式会社、第3号に掲載されている。*19
公楽館
所在地 : 広島県豊田郡大崎町(1958年)、広島県豊田郡大崎町字中野1189-2(1960年)、広島県豊田郡大崎町1189-2(1963年)、広島県豊田郡大崎町字中野(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「公楽館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
中央座
所在地 : 広島県豊田郡大崎町(1958年)、広島県豊田郡大崎町字中野(1960年)、広島県豊田郡大崎町5178(1963年)、広島県豊田郡大崎町字中野(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「中央座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
大串クラブ
所在地 : 広島県豊田郡大崎町字大串2800(1960年・1966年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「大串クラブ」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「大串クラブ」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

芸北地域

安芸高田市

吉田ラッキー映画劇場/吉田ラッキー劇場
所在地 : 広島県高田郡吉田町4(1969年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前

山県郡安芸太田町

センター劇場
所在地 : 広島県山県郡加計町3453-2(1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
跡地に建物が現存する可能性がある。
芸北文映/戸河内文映
所在地 : 広島県山県郡戸河内町705(1960年)、広島県山県郡戸河内町(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
旭座/加計旭座
所在地 : 広島県山県郡加計町3490(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
近年まで建物が残っていた可能性がある。

山県郡北広島町

開明館
所在地 : 広島県山県郡大朝町新庄(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
大朝映劇
所在地 : 広島県山県郡大朝町字九門明(1960年)、広島県山県郡大朝町(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前

福山・尾三地域

福山市

尾道市

尾道劇場
所在地 : 広島県尾道市西御所町3(1953年)、広島県尾道市西御所町(1955年)、広島県尾道市西御所町2060(1958年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1957年3月18日
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「尾道劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「国道2号祗園橋東詰交差点」南東角の「福岡商店」など。最寄駅はJR山陽本線尾道駅。
尾道セントラル劇場/尾道セントラル
所在地 : 広島県尾道市(1950年)、広島県尾道市久保町294(1953年)、広島県尾道市久保町新地285(1955年)、広島県尾道市久保町新地(1958年)
開館年 : 1940年
閉館年 : 1958年1月21日
『全国映画館総覧 1955』によると1940年開館。1950年の映画館名簿では「尾道セントラル劇場」。1953年の映画館名簿では「尾道セントラル」。1955年の映画館名簿では「尾道セントラル劇場」。1958年の映画館名簿では「尾道セントラル」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1972年の住宅地図では跡地に「尾道会館 ボーリング場」。1981年の住宅地図では跡地に「(建)」。跡地は「尾道教育会館」。最寄駅はJR山陽本線尾道駅。

1926年頃の尾道市にあった「偕楽座」の写真あり。1876年に開館して芝居の興行や映画の上映を行い、1939年まで営業していた。二度焼失し、その後改築されて映画館の「尾道セントラル」となった。尾道セントラルは1960年頃まで営業していた。*20

1958年(昭和33年)の尾道市久保2丁目にあった洋画専門館「セントラル館」の写真あり。「CENTRAL」の文字が見える。同年1月21日をもって閉館した。1876年(明治9年)に開館して1939年(昭和14年)に改築した「偕楽座」が前身である。セントラル館はやがてボウリング場となった。2004年(平成16年)現在は改築されて尾道市勤労会館などになっている。*21
祇園座/祇園東映
所在地 : 広島県尾道市(1950年)、広島県尾道市吉和町687(1953年)、広島県尾道市吉和町新浜(1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1949年
閉館年 : 1965年
1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「祇園座」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「祇園東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「国道2号祗園橋東詰交差点」北西角の建物など。最寄駅はJR山陽本線尾道駅。

1955年頃の「祇園座」の写真あり。「皆様の大衆劇場 祇園座」の文字が見える。*22
ニュース館/松栄劇場/尾道大映
所在地 : 広島県尾道市久保町598(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「松栄劇場」。1960年の映画館名簿では「尾道東宝」。1963年の映画館名簿では「尾道大映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
百島東映劇場
所在地 : 広島県尾道市百島町1333-2
開館年 : 1961年
閉館年 : 1965年
1960年・1963年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。「百島簡易郵便局」の南南西150mに映画館の建物が現存。跡地は2014年にオープンしたアートスペース「日章館」。
尾道会館
所在地 : 広島県尾道市久保町新地(1963年)、広島県尾道市久保町285(1966年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1966年の映画館名簿では「尾道会館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
向島兼吉劇場/兼吉劇場
所在地 : 広島県尾道市西御所町(1955年)※明白な誤り、広島県御調郡向島町兼吉(1958年)、広島県御調郡向島町兼吉547(1960年)、広島県御調郡向島町542-1(1963年)、広島県御調郡向島町兼吉547(1966年)
開館年 : 明治末期
閉館年 : 1966年以後1969年以前? 1977年?
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「向島兼吉劇場」。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「兼吉劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はスーパーマーケット「オンリーワン」南の駐車場。

明治末期には向島に芝居小屋「兼吉劇場」が開館した。それ以前にも「泉座」があった。1950年(昭和25年)の兼吉劇場の写真あり。向島で唯一の娯楽施設であり、芝居や浪曲などが興行された。戦後には主に映画の興行を行い、立ち見が出ることもあった。兼吉劇場の建物は1977年(昭和52年)頃に取り壊された。2004年現在の跡地は駐車場となっている。*23
因島映画劇場/因島東映/因島東映劇場
所在地 : 広島県因島市土生町1899-3(1969年)
開館年 : 1949年5月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1973年の映画館名簿には掲載されていない。
尾道スバル座/大映スバル座/尾道東宝劇場/尾道東宝(2代)
所在地 : 広島県尾道市久保町602(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)、広島県尾道市久保町1-12-4(1973年・1975年)
開館年 : 1951年11月
閉館年 : 1975年以後1978年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年11月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「尾道スバル座」。1955年の映画館名簿では経営者がスバル興業、支配人が川越進、鉄筋造1階、定員300、洋画を上映。1958年・1960年の映画館名簿では「大映スバル座」。1958年の映画館名簿では経営者が盛久慎蔵、支配人が川越進、木造2階、定員450、大映を上映。1963年の映画館名簿では「尾道東宝」。1963年の映画館名簿では経営者が備南興栄、支配人が友井晟、木造2階冷暖房付、定員450、東宝を上映。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「尾道東宝劇場」。1966年の映画館名簿では経営者が備南興業、支配人が友井晟、木造2階冷暖房付、定員170、東宝を上映。1969年の映画館名簿では経営者が関西共栄興行、支配人が松田幸長、木造2階冷暖房付、定員224、東宝・洋画を上映。1972年の住宅地図では「尾道東宝」。1973年の映画館名簿では経営会社が関西共栄興行、経営者が西田盈、支配人が一宮和弘、木造2階冷暖房付、224席、東宝・洋画を上映。1975年の映画館名簿では「尾道東宝」。1975年の映画館名簿では経営会社が関西共栄興行、経営者が西田盈、支配人は記載なし、構造は記載なし、定員は記載なし、上映作品は記載なし。1978年の映画館名簿には掲載されていない。1981年の住宅地図では「東映パラス」。跡地は「ビルF」とその南の駐車場。最寄駅はJR山陽本線尾道駅。
太陽館/尾道太陽館
所在地 : 広島県尾道市本通261(1930年)、広島県尾道市(1950年)、広島県尾道市久保町261-1(1953年)、広島県尾道市久保町(1955年)、広島県尾道市久保町261(1958年)、広島県尾道市久保町26-2(1960年)、広島県尾道市久保町261-2(1963年)、広島県尾道市久保町261-1(1966年・1969年・1973年)、広島県尾道市久保町2-5-21(1976年)
開館年 : 1924年3月27日
閉館年 : 1978年2月24日
1930年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「太陽館」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「尾道太陽館」。1972年の住宅地図では「太陽館」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1981年の住宅地図では跡地に「さんぱストアー」。跡地は「久山内科医院」東の月極駐車場。最寄駅はJR山陽本線尾道駅。

時期不明の「太陽館」の写真あり。「舘陽太」の文字が見える。1924年(昭和13年)3月に開館した。当初は松竹系の映画を上映したが、後に洋画専門館となった。日活系の「玉栄館」とともに市民に親しまれた。*24

昭和初期の「太陽館」の写真あり。「舘陽太」の文字が見える。1924年に開館し、松竹系の映画が上映された。日活系の「玉栄館」とともに尾道の代表的な映画館だった。*25

1962年(昭和37年)頃の尾道市にあった映画館「太陽館」の写真あり。イタリア映画『世界残酷物語』の垂れ幕が見える。1924年(大正13年)3月27日、久保2丁目に尖塔のあるモダンな映画館として開館した。戦後は洋画を中心に上映した。1978年(昭和53年)2月24日に閉館した。その後はスーパーを経て、2004年(平成16年)現在の建物の一部は駐車場となっている。*26

1953年頃の尾道市にあった「太陽館」の写真あり。商店街の坊地口側にあった洋画専門館である。ファサードは日の出をモチーフとしている。1924年に開館し、1972年に閉館した。2021年現在の跡地は駐車場となっている。*27
興栄座/尾道日活/尾道日活劇場
所在地 : 広島県尾道市久保町600(1958年・1960年・1963年)、広島県尾道市久保町602(1966年・1969年・1973年)、広島県尾道市久保1-5-17(1975年・1978年)、広島県尾道市久保1-5-16(1980年・1985年・1986年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1986年以後1988年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「興栄座」。1958年の映画館名簿では経営者が盛久慎蔵、支配人が三浦武司、木造2階、400席、東宝・日活を上映。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「尾道日活」。1963年の映画館名簿では経営者が備南興業、支配人が三浦武司、木造2階冷暖房付、400席、日活を上映。1966年の映画館名簿では経営者が備南興業、支配人が三浦武司、木造2階冷暖房付、273席、日活を上映。1969年の映画館名簿では経営者が備南興業、支配人が三浦武司、木造2階冷暖房付、273席、日活・成人映画を上映。1973年の映画館名簿では経営会社が備南興栄、経営者が盛久慎蔵、支配人が三浦武司、木造2階冷暖房付、273席、松竹・日活を上映。1975年の映画館名簿では経営会社が備南興栄、経営者が盛久慎蔵、支配人が三浦武司、木造2階冷暖房付、273席、日活を上映。1972年・1981年の住宅地図では「尾道日活」。1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「尾道日活劇場」。1978年の映画館名簿では経営会社がトーエー商事、経営者が河野秀明、支配人が岸崎員也、木造2階冷暖房付、273席、日活を上映。1980年の映画館名簿では経営会社がトーエー商事、経営者が河野秀明、支配人が津島武充、木造2階、155席、にっかつ・成人映画を上映。1985年の映画館名簿では経営会社が東映商事、経営者が田中義朗、支配人が高橋収二、木造1階、155席、にっかつ・成人映画を上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は商業ビル「オリエントクボ」。最寄駅はJR山陽本線尾道駅。
日立因島会館/因島日立会館
所在地 : 広島県因島市三庄町3656-37(1980年)、広島県因島市土庄町2009-11(1985年)
開館年 : 1957年7月
閉館年 : 1988年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿には掲載されていない。ビルの日立会館は2007年取り壊し。跡地は「因島総合病院」駐車場。

2007年夏、尾道市因島土生町の「日立会館」が50年の歴史に幕を閉じる。日立造船の企業城下町である因島のシンボルだった。利用者数の減少と建物の老朽化が理由。跡地は日立造船健康保険組合に売却され、因島総合病院の駐車場になる予定。1957年7月、船溜まりを埋め立てて開館した。鉄筋造地上5階建て・地下1階建て。1階と2階は日立因島生協の本店、3階と4階は映画館・劇場、5階はレストラン・宴会場だった。広島県東部では初となるエレベーター付きのビルだった。映画館は1988年まで営業し、邦画や洋画を上映してにぎわった。1986年に日立造船因島工場が撤退し、人口急減にともなって劇場などが閉鎖された。地域の文化拠点としての役割を果たしていた。*28
大正座/因島大正座/因島シネマプラザ
所在地 : 広島県因島市土生町1812(1990年)
開館年 : 1919年
閉館年 : 1990年6月頃
1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「因島ガス土生営業所」北東の駐車場。

村松友視『黄昏のムービー・パレス』には、「因島大正座」に関する随筆が掲載されている。*29
玉栄館/尾道東映劇場/尾道東映(旧)
所在地 : 広島県尾道市久保町(1930年)、広島県尾道市(1950年)、広島県尾道市久住町628(1953年)、広島県尾道市久保町(1955年)、広島県尾道市久保町628(1958年・1963年・1966年)、広島県尾道市久保町602(1969年)、広島県尾道市久保1-12-4(1973年)、広島県尾道市久保5-16(1975年)、広島県尾道市久保町1-5-16(1976年・1980年・1985年)、広島県尾道市久保1-5-16(1988年)
開館年 : 1910年2月
閉館年 : 1988年以後1990年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1910年2月開館。1930年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「玉栄館」。1955年の映画館名簿では経営者が盛久慎蔵、支配人が長井寅雄、木造2階、定員500、新東宝・東映・日活を上映。1958年・1963年の映画館名簿では「尾道東映」。1958年の映画館名簿では経営者が盛久慎蔵、支配人が長井寅雄、木造2階冷暖房付、定員500、東映を上映。1963年の映画館名簿では経営者が備南興業、支配人が長井虎雄、木造2階冷暖房付、定員500、東映を上映。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「尾道東映劇場」。1966年の映画館名簿では経営者が備南興業、支配人が長井虎雄、木造2階冷暖房付、定員339、東映を上映。1969年の映画館名簿では経営者が備南興業、支配人が三浦武司、木造2階冷暖房付、定員170、東映を上映。1973年の映画館名簿では経営会社が備南興栄、経営者が盛久慎蔵、支配人が三浦武司、木造2階冷暖房付、600席、東映を上映。1975年の映画館名簿では経営会社が備南興栄、経営者が盛久慎蔵、支配人が三浦武司、木造2階冷暖房付、450席、東映を上映。1978年の映画館名簿では経営会社がトーエー商事、経営者が河野秀明、支配人が岸崎員也、木造2階冷暖房付、450席、東映を上映。1980年の映画館名簿では経営会社がトーエー商事、経営者が河野秀明、支配人が津島武充、木造1階、213席、東映を上映。1985年の映画館名簿では経営会社が東映商事、経営者が田中義朗、支配人が高橋収二、木造1階、213席、東映を上映。1972年・1981年の住宅地図では「尾道東映」。1988年の映画館名簿では「尾道東映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はJR山陽本線尾道駅。
尾道千日前松竹/尾道東映パラス劇場/尾道東映パラス/尾道東映(新)
所在地 : 広島県尾道市久保町1-12-14(1975年・1978年)、広島県尾道市久保町1-5-16(1980年・1985年)、広島県尾道市久保1-5-16(1990年)
開館年 : 1973年以後1975年以前
閉館年 : 1993年
1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年の映画館名簿では「尾道千日前松竹」。1978年の映画館名簿では「尾道東映パラス劇場」。1978年の映画館名簿では経営会社がトーエー商事、経営者が河野秀明、支配人が岸崎員也、鉄筋造1階冷暖房付、224席、洋画を上映。1980年の映画館名簿では「尾道東映パラス」。1980年の映画館名簿では経営会社がトーエー商事、経営者が河野秀明、支配人が津島武充、鉄筋造1階冷暖房付、210席、洋画を上映。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿では「尾道東映」。1990年の映画館名簿では経営会社が備南興栄、経営者・支配人ともに盛久晋、鉄筋造2階、182席、東映・松竹を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はJR山陽本線尾道駅。
第一劇場/尾道松竹
所在地 : 広島県尾道市(1950年)、広島県尾道市東御所町(1953年・1955年)、広島県尾道市東御所町34(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、広島県尾道市東御所町6-2(1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1948年
閉館年 : 2001年10月
『全国映画館総覧 1955』によると1946年6月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「尾道松竹」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はJR山陽本線尾道駅。
シネマ尾道
所在地 : 広島県尾道市東御所町6-2(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2008年10月18日(シネマ尾道)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : シネマ尾道
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「シネマ尾道」。2020年の映画館名簿では経営会社がNPO法人シネマ尾道、経営者・支配人ともに河本清順、112席。最寄駅はJR山陽本線尾道駅。

三原市

三原セントラル劇場/三原セントラル
所在地 : 広島県三原市(1950年)、広島県三原市港町2235-9(1953年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1953年以後1955年以前
1950年の映画館名簿では「三原セントラル劇場」。1953年の映画館名簿では「三原セントラル」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。
港会館
所在地 : 広島県三原市糸崎町5613(1958年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「港会館」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
糸崎映画劇場/糸崎劇場
所在地 : 広島県三原市糸崎町175(1953年)、広島県三原市糸崎町駅前(1955年)、広島県三原市糸崎町3229(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「糸崎劇場」。1955年の映画館名簿では「糸崎映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「糸崎劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
大劇
所在地 : 広島県三原市東町390-1(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の住宅地図では「大劇」。1960年の映画館名簿では「大劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1967年・1971年・1975年の住宅地図では跡地に「山崎内科」。1980年・1982年の住宅地図では跡地に跡地に「山崎内科医院」。跡地は「三原東町郵便局」南西100mの民家。最寄駅はJR山陽本線・呉線三原駅。
本郷映劇/本郷映画劇場
所在地 : 広島県豊田郡本郷町(1958年)、広島県豊田郡本郷町3191(1960年)、広島県豊田郡本郷町5191(1963年)
開館年 : 1926年
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿では「本郷映劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「本郷映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1967年の住宅地図では跡地に「本郷商工会館」。跡地は「本郷酒造」南西60mの月極駐車場「河城パーキング」。最寄駅はJR山陽本線本郷駅。

1940年頃の本郷町にあった「本郷劇場」の写真あり。1926年(大正15年)に開館し、芝居や演芸のほかに仏教唱歌の発表会にも用いられた。1935年(昭和10年)頃から映画の上映も行われ、1940年(昭和15年)頃からはニュース映画も上映された。戦後は映画のみとなった。テレビの普及によって1963年(昭和38年)頃に閉館した。*30

三原市のJR山陽本線本郷駅の西には「本郷劇場」があった。1925年(大正14年)頃の建設中の写真、1940年(昭和15年)頃の写真、2004年(平成16年)の跡地の写真あり。1926年(大正15年)に開館し、芝居と演芸の殿堂として親しまれた芝居小屋である。建物は2階建てであり、2階の左右には望楼桟敷が付いていた。戦後には映画館としてにぎわったが、1963年(昭和38年)頃に閉館した。跡地は駐車場となっており、近くの溝川の上には1932年(昭和7年)に建立された両面地蔵尊が鎮座している。*31
三原松竹帝劇
所在地 : 広島県三原市港町2235(1960年・1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「三原松竹帝劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
亀山劇場
所在地 : 広島県三原市鷺浦町向田(1958年・1960年)、広島県三原市鷺浦町1729(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「亀山劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1967年の住宅地図では発見できず。
三原太平館/太平館
所在地 : 広島県三原市本町1798(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年の映画館名簿では「三原太平館」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「太平館」。1958年の住宅地図では「大平館」(太ではなく大)。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1967年の住宅地図では「大平館」。1971年の住宅地図では跡地に「アパート 大平館」。1975年の住宅地図では跡地に「アパート 大平館 1階ガレージ」。1980年の住宅地図では跡地に「1階(駐) 2階大久保 西川 瀬川」。1982年の住宅地図では「1階(駐) 2階大久保 山崎 西原 森崎 百田」。跡地は「成就寺」南100mにある徳永邸と月極駐車場。最寄駅はJR山陽本線・呉線三原駅。
三原OS劇場
所在地 : 広島県三原市宮沖町196(1960年・1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「三原OS劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1967年・1975年の住宅地図では「OS劇場」。1982年の住宅地図では跡地に「貸倉庫」。跡地は「三原宮沖郵便局」南30mの月極駐車場。最寄駅はJR山陽本線・呉線三原駅。
三原大映劇場
所在地 : 広島県三原市港町2235(1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1956年3月21日
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「三原大映劇場」。1958年の住宅地図では「三原大映」。1967年・1971年の住宅地図では跡地に「三原ボーリング」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1975年の住宅地図では跡地に「パチンコツルヤ会館」など。跡地は有料駐車場「タイムズ三原港町第2」。最寄駅はJR山陽本線・呉線三原駅。

1956年3月21日、三原市港町の帝人通りに「三原大映」が開館した。館主は徳永多喜男。木造、125坪。徳永興業が三原市で経営する映画館は6館となった。*32
幸崎映画劇場/幸崎劇場/三原幸崎劇場
所在地 : 広島県三原市幸崎町3540(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「幸崎映画劇場」。1963年の映画館名簿では「幸崎劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「三原幸崎劇場」。1967年・1971年の住宅地図では「幸崎劇場」。1968年の弘文の戸別詳細地図では「幸崎劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年の住宅地図には掲載されていない。跡地は「幸崎郵便局」西南西50mにある駐車場。最寄駅はJR呉線安芸幸崎駅。
帝国館/帝国劇場/三原帝国映画劇場
所在地 : 広島県三原市(1950年)、広島県三原市港町(1953年)、広島県三原市港町2235(1955年)、広島県三原市港町2335(1958年・1960年)、広島県三原市港町2235(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1933年
閉館年 : 1973年頃
1950年の映画館名簿では「帝国館」。1953年の映画館名簿では「帝国劇場」。1955年の映画館名簿では「三原帝国劇場」。1958年の住宅地図では「帝劇」。1958年・1960年の映画館名簿では「帝国劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「三原帝国映画劇場」。1967年・1971年の住宅地図では「帝劇」。1974年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。1975年・1980年・1982年の住宅地図では跡地に「インテリアイシハラ」。跡地は「ペアシティ三原西館」西100mにあるマンション「アネックス」。最寄駅はJR山陽本線・呉線三原駅。

1933年(昭和8年)の開館当時の三原にあった「帝国館」の写真あり。後に「帝劇」となる。*33

昭和30年代の三原市の帝人通りの写真あり。右手には映画館「帝劇」があり、松竹作品『紀伊国屋文左衛門』ののぼりが見える。*34

三原市のJR三原駅から帝人三原工場(現・帝人三原事業所)までの帝人通りは「三原の銀座」と呼ばれ、1950年代には飲食店が多く立ち並んでいた。周辺には映画館が5館あり、三原市には最大時10館以上あったが、2000年頃には三原市から映画館が消えた。*35
日本劇場/三原日本劇場
所在地 : 広島県三原市城町703(1958年・1960年)、広島県三原市城町9-8(1963年)、広島県三原市城町9-3(1966年・1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1974年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「日本劇場」。1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「三原日本劇場」。1967年・1971年・1975年の住宅地図では「日劇」。1975年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「アキヤ」。1982年の住宅地図では跡地に「日劇パーキング」。跡地はスパ「海水温熱サロンSEACIO」がある「エムセックビル」。最寄駅はJR山陽本線・呉線三原駅。
三原スカラ座
所在地 : 広島県三原市城町9-8(1966年・1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1974年頃
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「三原スカラ座」。1967年・1971年の住宅地図では「スカラ座」。1975年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。1975年・1980年・1982年の住宅地図では跡地に「スカラパーキング」。跡地は「三原市市民福祉会館」西南西70mにある有料駐車場「スカラパーキング」。最寄駅はJR山陽本線・呉線三原駅。
文化映画劇場/三原文化映画劇場/三原文映(旧)
所在地 : 広島県三原市港町652-2(1955年)、広島県三原市港町652(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、広島県三原市港町651(1976年)、広島県三原市港町653(1978年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1978年以後1980年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「三原文映」。1958年・1960年の映画館名簿では「文化映画劇場」。1963年・1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「三原文化映画劇場」。1967年・1971年・1975年の住宅地図では「文映」。1978年の映画館名簿では「三原文映」。1978年の映画館名簿では経営会社が徳永興行部、経営者が徳永多喜男、支配人が徳永修三、木造2階冷暖房付、466席、東宝・洋画を上映。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1980年・1982年の住宅地図では跡地に「文映パーキング」。跡地は「港町公園」北西にあるアパート「ポートハイム」とその南の建物。最寄駅はJR山陽本線・呉線三原駅。
松竹座/三原松竹座
所在地 : 広島県三原市本町1564(1953年)、広島県三原市本町(1955年)、広島県三原市本町1569(1958年)、広島県三原市本町1564(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1978年・1980年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1980年以後1982年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「松竹座」。1958年の住宅地図では「松竹座」。1966年・1969年・1973年・1976年・1978年・1980年の映画館名簿では「三原松竹座」。1967年・1971年・1975年・1980年の住宅地図では「松竹座」。1978年の映画館名簿では経営会社が徳永興行部、経営者が徳永多喜男、支配人が徳永修三、木造2階冷暖房付、730席、松竹・日活を上映。1982年の住宅地図では跡地に駐車場。1982年・1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「JR三原駅」新幹線口北西100mにある有料駐車場「本町駐車場」。最寄駅はJR山陽本線・呉線三原駅。

1953年(昭和28年)の三原市本町にあった「松竹座」の写真あり。1950年(昭和25年)に花道のある劇場として開館し、その後映画も上映されるようになった。昭和末期に閉館した。2018年(平成30年)現在の隆景広場の北西にあった。*36
三原東宝劇場/東宝劇場/三原東映劇場/三原東映/三原文映1・2/三原文映(新)
所在地 : 広島県三原市(1950年)、広島県三原市港町603(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年)、広島県三原市港町1-7-18(2000年)
開館年 : 1945年
閉館年 : 2000年頃
1950年の映画館名簿では「三原東宝劇場」。1953年の映画館名簿では「東宝劇場」。1955年の映画館名簿では「三原東宝劇場」。1958年の住宅地図では「三原東映」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「三原東映劇場」。1967年・1971年・1975年の住宅地図では「三原東映」。1978年・1980年の映画館名簿では「三原東映」。1978年の映画館名簿では経営会社が徳永興行部、経営者が徳永多喜男、支配人が徳永修三、木造2階冷暖房付、370席、東映を上映。1980年の住宅地図では跡地に「(建)」。1985年の映画館名簿では「三原文映」。1990年の映画館名簿では「三原文映1・2」(2館)。1995年・2000年の映画館名簿では「三原文映」。2002年の映画館名簿には掲載されていない。三原市最後の映画館。跡地の建物は喫茶店「マグダレーナ」などが入る「シネパティオビル」として現存。最寄駅はJR山陽本線・呉線三原駅。

1955年(昭和30年)の三原市にあった「東映映画劇場」の写真あり。「東映映画封切場」「TOEI」の文字が見える。もともとは東宝系の映画館だったが、買収されて東映系に変わった。*37

2015年(平成27年)5月15日、三原市港町のシネパティオビルの映画館跡にアトリエがオープンする。現代アーティストのシマムラヒロシによる「HS-LAB」(エイチ・エス・ラボ)。1980年に完成したシネパティオビルは鉄骨造3階建てであり、飲食店などが入っている。2階と3階には映画館が入っていたが、約20年前に閉館した。アトリエは2階の映画館跡を用い、作業場や展示スペースが設けられる。*38

府中市

朝日座
1935年の府中市朝日町にあった劇場「朝日座」の写真あり。大阪・道頓堀の「中座」の設計図を借用して建築され、福山や尾道にもない規模の立派な劇場だった。しばしば著名な一座も来演した。1954年には朝日座で府中市市制施行祝賀式典も行われた。*39
上下翁座/翁座
所在地 : 広島県甲奴郡上下町(1950年・1953年・1955年)、広島県府中市上下町上下2077(現在)
開館年 : 1925年
閉館年 : 1960年頃
1950年の映画館名簿では「上下翁座」。1953年・1955年の映画館名簿では「翁座」。1958年・1960年の映画館名簿には掲載されていない。映画も上映する芝居小屋。建物が現存。2020年登録有形文化財登録。2021年4月一般公開開始予定。

1952年の上下町上下にあった「翁座」の写真あり。大正末期頃に開館した劇場であり、翁山が名称の由来とされる。トラックに映写機やフィルムを積み、甲奴・呉ヶ峠・神石などを移動映写して回った。*40

1923年頃の上下町にあった「翁座」の上棟式の写真あり。出資者などの世話役や大工の棟梁が映っている。京都の南座を模して着工され、回り舞台・花道のせり上がりなどの仕掛けがあった。1947年には高田公浩吉と鶴田浩二の一座が来館した。1952年の翁座の写真あり。昭和30年代まで映画の上映が行われた。2003年現在の翁座の写真あり。現在は上下町の観光スポットのひとつとなっている。大正時代に建てられた当時の様子を残す木造劇場は広島県唯一である。*41

1995年に小学館から刊行された『全国「芝居小屋」巡り』には、広島県上下町の「翁座」が掲載されている。*42
オリオン座/府中オリオン座
所在地 : 広島県芦品郡府中町(1953年)、広島県府中市府中町(1955年・1958年・1960年)、広島県府中市府中町514(1963年)、広島県府中市府中町(1966年・1969年)
開館年 : 1948年頃? 1950年10月?
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年10月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「オリオン座」。1966年・1969年の映画館名簿では「府中オリオン座」。1972年の住宅地図では跡地に「三兄家具センター」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1981年の住宅地図では跡地に「三兄家具センターソーコ」。

昭和20年代の府中市にあった映画館「オリオン座」の写真あり。1948年(昭和23年)頃に開館し、1966年(昭和41年)頃に閉館した。1997年(平成9年)現在も建物が残っている。*43
府中東映/府中東映劇場/府中劇場
所在地 : 広島県府中市府中町(1955年・1958年)、広島県府中市老松町(1960年)、広島県府中市府中町257(1963年)、広島県府中市老松町(1966年・1969年)
開館年 : 1945年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1945年開館。1955年の映画館名簿では「府中劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「府中東映」。1963年の映画館名簿では「府中東映劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「府中劇場」。1972年の住宅地図では発見できず。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1954年(昭和29年)頃の府中にあった「府中劇場」の写真あり。『次郎長三国志 第七部 初祝い清水港』や『今宵誓いぬ』や『叛乱』や『南国太平記 前篇』の看板が見える。*44
府中日の丸館/日の丸館/日の丸日劇/日劇/府中日の丸映画劇場/府中日の丸劇場
所在地 : 広島県芦品郡府中町(1950年・1953年)、広島県府中市府中町(1955年・1958年・1960年・1969年)、広島県府中市府中町190-9(1980年・1982年)
開館年 : 1923年2月
閉館年 : 1982年以後1985年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1923年2月開館。1950年の映画館名簿では「府中日の丸館」。1953年・1955年の映画館名簿では「日の丸館」。1958年の映画館名簿では「日の丸映劇」。1960年の映画館名簿では「日劇」。1969年の映画館名簿では「府中日の丸映画劇場」。1972年・1981年の住宅地図では「日劇」。1980年・1982年の映画館名簿では「府中日の丸劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。府中市最後の映画館。跡地は「ハローワーク府中」北東の駐車場。

1954年(昭和29年)頃の府中にあった「日の丸館」の写真あり。「HINOMARUKAN」の文字が見える。*45

1954年の「日の丸館」の写真あり。「HINOMARUKAN」の文字が見える。*46

昭和20年代の府中市東町にあった常設映画館「日の丸館」の写真あり。「HINOMARUKAN」の文字が見える。当初は「日の出館」と称していたが、戦時中に改称された。1997年(平成9年)現在は廃業して建物も取り壊されている。*47

世羅郡世羅町

甲山映画劇場/甲山東映
所在地 : 広島県世羅郡甲山町(1953年)、広島県世羅郡甲山町西上原(1955年)、広島県世羅郡甲山町(1958年・1960年・1963年)、広島県世羅郡甲山町西上原83(1966年)
開館年 : 大正末期
閉館年 : 1970年
1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「甲山映画劇場」。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「甲山東映」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はバー「スタンド東映」。

世羅郡甲山町西上原には「甲山映画劇場」があった。昭和30年代に「甲山劇場」から「甲山映画劇場」に改称。昭和30年代の写真あり。「甲山映画劇場」の文字が見える。政治家の松岡洋右や社会運動家の賀川豊彦がここで演説を行っている。やがて「甲山東映」に改称し、1970年に閉館した。劇場の名残として稲荷神社の祠がある。*48

1955年(昭和30年)の世羅町西上原にあった芝居小屋・劇場「甲山劇場」の写真あり。「場劇山甲」の文字が見える。高橋興行社が経営。昭和30年代には「甲山映画劇場」に改称し、さらに「甲山東映」に改称した。1970年(昭和45年)に閉館した。*49

神石郡神石高原町

呉峠メトロ
所在地 : 広島県神石郡神石町(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
初日座
所在地 : 広島県神石郡油木町大字油(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

備北地域

三次市

三次劇場
所在地 : 広島県三次市大工町(1955年)、広島県三次市三次町(1958年・1960年)、広島県三次市大工町(1963年)、広島県三次市三次町(1966年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「三次劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年頃の三次市三次町にあった「三次劇場」の写真あり。略称は三劇であり、「三劇」の文字が見える。明治時代には「大西座」という名称であり、畳敷き・枡席造り・回り舞台のある劇場だった。戦前は大阪歌舞伎や旅回りの一座などが巡業した。戦後には文学座や二葉あき子リサイタルなどの公園が行われた。のちの火災後に取り壊された。*50

昭和30年代の三次市にあった「三劇」(三次劇場)の写真あり。前身は1889年に創建された「大西座」であり、島根県口羽村の中村菊三郎によって建てられた。大正時代には老朽化によって一度廃業したが、1922年に三次劇場株式会社として再建された。映画人気が高かった昭和30年代の三次市には、三劇のほかに3館の映画館や実演劇場があった。*51
東座/三次東座
所在地 : 広島県三次市十日市町(1955年・1960年)、広島県三次市十日市(1963年)、広島県三次市十日市町2631(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「東座」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「三次東座」。1972年の住宅地図では「東座」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。厳島神社のすぐ東。1978年の住宅地図では跡地に空白の建物。

1961年頃の三次市十日市中にあった「東座」の写真あり。隣に神社の鳥居や石灯籠が見える。「三次劇場」とは異なり、東座は映画上映が主体であり、椅子席だった。*52
十日市ラッキー劇場/ラッキー映劇/三次ラッキー映劇/三次ラッキー劇場
所在地 : 広島県三次市十日町2729(1990年・1992年)
開館年 : 1951年4月
閉館年 : 1992年以後1995年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年4月開館。1972年の住宅地図では「ラッキ映劇」。1978年の住宅地図では「1階ラッキ映画館」。1992年の映画館名簿では経営者・支配人ともに高野晴男、木造2階、186席、邦画・洋画・成人映画を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。映画館時代の建物は「観光三次キャバレー」の廃墟として現存し居酒屋「絣」やスナック「咲楽」などが入居。みよし市最後の映画館。

1951年(昭和26年)、三次市十日町中2丁目に映画館「ラッキー劇場」が開館した。1972年に県北を豪雨災害が襲った際には全館が水浸しになり、閉館を選択する道もあったが、1975年に営業を再開した。昭和50年代はすでに映画界が斜陽の時代であり、フィルムが安い成人向け作品や、長期休みの子供向けアニメでしのいでいた。2000年(平成12年)現在は休館中であり、事実上は閉館している。1922年(大正11年)には三次市初の劇場「三次劇場」が開館し、役者が入退場する花道や枡席のような仕切りがあった。昭和30年代の三次劇場は映画館「東座」と同一の経営者だった。*53

1951年の三次市十日市中に開館した映画館「ラッキー映劇」の写真あり。「●UCKY THEA●」「●ッキー映劇」の文字が見える。1951年頃のラッキー映劇の上映宣伝カーの写真あり。三輪バタンコにのぼりを立てた宣伝カーが市中や近郷を回った。1953年に映画『ひろしま』が上映された際には連日にぎわった。*54

1951年の三次市にあった「ラッキー映画劇場」の写真あり。1951年7月に上映された『嵐ヶ丘』の看板が見える。1951年、十日市町に洋画専門館として開館した。収容人員は300人、座席数は260であり、田舎町としては規模が大きかった。昭和30年代には1日3-4回の上映を行い、約500人の観客を集めた。東城町にもチェーン館があった。県北地域で最も遅くまで営業した映画館だった。2003年の写真あり。跡地には映画館の建物が残っており、一部は飲食店として使われている。「KANKO MIYOSHI CABARET」「本日上映中」の文字が見える。*55

庄原市

新栄座
所在地 : 広島県庄原市庄原町(1955年)、広島県庄原市本町979-1(1958年)、広島県庄原市本町1279-1(1960年・1963年)
開館年 : 1927年
閉館年 : 1963年以後1966年以前? 1968年?
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新栄座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1961年11月23日の庄原市西本町にあった「新栄座」の写真あり。1927年に芝居小屋として創立した。しばしば花柳社中の日本舞踊の発表会があった。東宝作品のポスターが掲示され、映画も上映されていた。*56

1959年の庄原市にあった「新栄座」の写真あり。同年の皇太子御成婚祝賀行列が建物前を通過している。1927年に建築された。1968年に閉鎖された。*57
昭和館/寿劇場
所在地 : 広島県比婆郡東城町(1950年・1953年・1955年・1958年)、広島県比婆郡東城町19(1960年・1963年)
開館年 : 1945年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「寿劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はJR芸備線東城駅駅舎の南南東180m。跡地に映画館の建物が現存。

昭和10年代の東城町にあった時雨茶屋と映画館「昭和館」の写真あり。東本町の東側の通りは歓楽街を形成しており、その中核として料理屋の時雨茶屋があった。時雨茶屋の右隣の洋風の建物が昭和館(後の寿劇場)であり、奥に得能家住宅がある。2003年(平成15年)現在の寿劇場の建物はスーパーマーケットに改装されている。かつての時雨茶屋は経営者が代わって上州屋となり、バーのピルゼンを併設。2003年(平成15年)現在はピルゼンのみ営業している。*58
庄原劇場/庄原ラッキー映画劇場/庄原ラッキー劇場
所在地 : 広島県庄原市本町(1958年)、広島県庄原市本町1483-8(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1950年(庄原劇場)、1954年10月または1956年(庄原ラッキー劇場)
閉館年 : 1966年
『全国映画館総覧 1955』によると1951年4月開館(※1954年10月ではない)。1955年の映画館名簿では「庄原ラッキー劇場」。1958年の映画館名簿では「庄原ラッキー映画劇場」。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「庄原ラッキー劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「日本生命保険相互会社庄原営業所」。

1954年10月の庄原市中本町にあった「庄原ラッキー映画劇場」の写真あり。花輪が見える。『ローマの休日』の看板が見える。「新栄座」に次いで庄原の中心部に建設された。こけら落としにはオードリー・ヘプバーン主演の『ローマの休日』が上映された。*59

1962年の庄原市にあった「庄原ラッキー劇場」の写真あり。花まつりの稚児行列が建物前を通っている。もともと庄原の娯楽施設としては「新栄座」があったが、1954年に映画館の庄原ラッキー劇場が開館した。1966年に閉館した。2003年現在の跡地の写真あり。跡地には生命保険会社のビルが建っているが、隣のラッキー食堂に往時の面影を見ることができる。*60

1950年の庄原市に開館したばかりの「庄原劇場」の写真あり。「庄劇」の文字が見える。1898年に開館した「東雲座」が前進であり、倉田百三の父である倉田吾作が5人の同志を募って建てた。1921年には福原熊市が東雲座を取り壊し、庄原劇場を建てた。太平洋戦争末期に廃止されたが、1950年には庄原劇場株式会社によって再建された。*61

1957年の庄原市にあった「庄原ラッキー劇場」の写真あり。1956年、「庄原劇場」の経営者である森吉亀助は「広島ラッキー」の檜垣社長に営業権を譲渡し、庄原ラッキー劇場として再スタートした。1964年には新道の「新栄座」が閉館し、1966年には庄原ラッキー劇場も廃業した。*62
高野劇場
所在地 : 広島県比婆郡高野町大字新市(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
大衆館
所在地 : 広島県比婆郡比和町大字比和753(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
東城ラッキー/東城ラッキー劇場
所在地 : 広島県比婆郡東城町135(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前

1955年頃の東城町にあった「東城ラッキー劇場」の写真あり。洋画が中心だった。東城町には東城ラッキー劇場のほかに、「昭和館」や邦画中心の「偕楽座」などの映画館もあった。*63
庄原伍楽荘
所在地 : 広島県庄原市本町本通(1973年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
庄原市最後の映画館。1972年・1978年の住宅地図では「伍楽荘」であり道路の東側には「伍楽荘ボール」もある。跡地は「伍楽荘ボウル」から広島県道231号を挟んで西隣。
偕楽座/東城偕楽座
所在地 : 広島県比婆郡東城町119(1969年)、広島県比婆郡東城町東城(1985年)
開館年 : 1907年11月
閉館年 : 1985年
1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「偕楽座」。1969年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「東城偕楽座」。

1907年(明治40年)11月には東城に「偕楽座」が開館した。*64

2009年(平成21年)12月5日から、庄原市口和町の口和郷土資料館で日本映画のポスター約50枚が展示される。1985年(昭和60年)に庄原市東城町の映画館「偕楽座」が閉館すると、支配人の妻である入江篤子が自宅小屋に保管していた。口和郷土資料館の安部博良館長らが手入れして展示を行った。*65

2010年4月17日、庄原市東城町の酒蔵で映画上映会「てくてく座」が開催される。25年前まで東城町にあった映画館「偕楽座」の雰囲気をよみがえらせようと企画され、北村醸造場の蔵を会場とする。明治時代末期、東城町の中心部に劇場「偕楽座」が開館。入江篤子(80)は2代目館主の夫・入江文人とともに偕楽座を経営した。昭和20年代には500人入る劇場の入口を閉められないほど観客が入った。テレビの普及などが理由で、1985年に約80年の歴史を閉じて閉館した。1987年には入江文人が死去した。*66

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます