日本の映画館の総合データベースです。


呉市

春日座
所在地 : 広島県呉市本通4丁目
開館年 : 1913年以前
閉館年 : 1918年12月30日
映画館名簿には掲載されていない。映画館ではなく演劇場。

1913年2月16日、呉市の「春日座」で在呉同志記者らの主催による憲政擁護呉市民大会が開催された。1918年8月31日、春日座で広島県同志新聞記者団による内閣弾劾言論擁護大演説会が開催された。1918年12月30日、春日座が全焼した。*1

大正後期から昭和初期の呉市本通4丁目にあった「春日座」の写真あり。*2

明治時代の呉には多数の芝居小屋や寄席興業場があったが、大正時代にはこの中で「春日座」と「呉座」が中心となった。1886年に開館した「桧垣座」は1910年に春日座に改称し、1911年には3階建てに改築して面目を一新した。1918年12月30日には失火によって春日座が焼失したが、1920年8月に再建された。表構えは和洋折衷。定員は階下が700で階上が500の計1200。舞台の幕幅は11間。中通4丁目。*3

大正期の呉市街地において、芝居や寄席の中心は「春日座」と「呉座」だった。1910年5月には活動写真館の「電気館」が、同年10月には「世界館」が開館し、高度経済成長期までは映画が娯楽の中心だった。呉市の中通7丁目から9丁目は演芸場・映画館・飲食店がひしめき合い、大阪市の千日前に倣って「千日前」と呼ばれた。*4
呉座
所在地 : 広島県呉市
開館年 : 1918年以前
閉館年 : 1945年?
映画館名簿には掲載されていない。映画館ではなく演劇場。跡地は「ポポロショッピングセンター呉店」北西90mにあるドラッグストア「ウォンツ呉中通店」建物中央部。最寄駅はJR呉線呉駅。

1918年9月26日、呉市の「呉座」で家賃地料値下要求呉市民大会が開催され、3000人が参加した。*5

1931年1月11日、呉市の「呉座」で呉工廠従業員の軍縮整理失業対策同盟会による演説会が開催された。*6

明治時代の呉には多数の芝居小屋や寄席興業場があったが、大正時代にはこの中で「春日座」と「呉座」が中心となった。1901年に開館した呉座が一度焼失したが、1905年7月に佐々木千秀と山下吉十郎らによって新築された。観覧定員1133人。中通7丁目。*7

大正期の呉市街地において、芝居や寄席の中心は「春日座」と「呉座」だった。1910年5月には活動写真館の「電気館」が、同年10月には「世界館」が開館し、高度経済成長期までは映画が娯楽の中心だった。呉市の中通7丁目から9丁目は演芸場・映画館・飲食店がひしめき合い、大阪市の千日前に倣って「千日前」と呼ばれた。*8
演芸館
所在地 : 広島県呉市
開館年 : 不明
閉館年 : 1945年?
映画館名簿には掲載されていない。映画館ではなく劇場。跡地は「ポポロショッピングセンター呉店」北北東80mにある宝石店「金光金銀堂」など。最寄駅はJR呉線呉駅。

1939年の『大日本職業別明細図 呉市』には「地球館」、「呉演芸館」、「二河活動館」、「吉浦座」(後の吉浦劇場の場所)が描かれている。*9
弁天座
所在地 : 広島県呉市
開館年 : 不明
閉館年 : 1945年?
映画館名簿には掲載されていない。映画館ではなく劇場。跡地は「天理教呉府分教会」南南東60mにある駐車場。「青木自動車整備工場」や「呉豆腐組合」のすぐ東。最寄駅はJR呉線呉駅。写真家の明田弘司の実家。
帝国館/大帝館
所在地 : 広島県呉市本通6-22(1925年)、広島県呉市本通6(1927年)、広島県呉市本通6丁目(1930年)
開館年 : 1921年
閉館年 : 1930年以後1936年以前
1925年・1927年の映画館名簿では「帝国館」。1930年の映画館名簿では「大帝館」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。

1910年5月には呉市初の常設活動写真館として「電気館」(本通9丁目)が開館し、同年10月には「世界館」も開館した。次いで「中央館」、「演芸館」、「地球館」などが開館した。大正時代には1915年に「第二世界館」、1916年に「喜楽館」、1917年に「日の出館」、1919年に「日本館」、1921年に「帝国館」、1923年に「衆楽館」が開館した。大正末期の呉における映画の中心は、喜楽館、帝国館、地球館、衆楽館の4館だった。中通7丁目にあった喜楽館は帝国キネマ系で、観客定員は1533人だった。本通6丁目にあった帝国館は松竹系で、観客定員は1200人だった。中通8丁目にあった地球は東亜キネマ系で、観客定員は878人だった。松本町にあった衆楽館は日活系で、観客定員は760人だった。*10

大正後期から昭和初期の呉市中通にあった「帝国館」の写真あり。*11
八千代館
所在地 : 広島県呉市中通(1936年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「八千代館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。
呉港館
所在地 : 広島県呉市中通4丁目(1936年・1941年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1941年の映画館名簿では「呉港館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「呉中通郵便局」西北西20mにあるカフェ「ルオカラキッサ」など。最寄駅はJR呉線呉駅。
呉会館
所在地 : 広島県呉市神田町 海運共済組合内(1943年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1945年?
1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「呉会館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
加栄劇場
所在地 : 広島県呉市警固屋町5丁目(1941年)、広島県呉市警固屋町3(1943年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1945年?
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年の映画館名簿では「加栄劇場」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
東亜館
所在地 : 広島県呉市広町(1943年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1945年?
1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「東亜館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
文化会館
所在地 : 広島県呉市中通8(1943年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1945年?
1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「文化会館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
地球館/呉東宝地球館/呉東宝映劇
所在地 : 広島県呉市中通8-4(1925年・1927年)、広島県呉市中通8丁目(1930年)、広島県呉市中通8丁目2(1936年)、広島県呉市中通8丁目(1941年)、広島県呉市中通8(1943年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1945年?
1925年・1937年・1930年・1936年の映画館名簿では「地球館」。1941年の映画館名簿では「呉東宝地球館」。1943年の映画館名簿では「呉東宝映劇」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「ライオンパークれんが通り」。最寄駅はJR呉線呉駅。戦後には跡地に映画館「サン劇場」が開館。

1910年5月には呉市初の常設活動写真館として「電気館」(本通9丁目)が開館し、同年10月には「世界館」も開館した。次いで「中央館」、「演芸館」、「地球館」などが開館した。大正時代には1915年に「第二世界館」、1916年に「喜楽館」、1917年に「日の出館」、1919年に「日本館」、1921年に「帝国館」、1923年に「衆楽館」が開館した。大正末期の呉における映画の中心は、喜楽館、帝国館、地球館、衆楽館の4館だった。中通7丁目にあった喜楽館は帝国キネマ系で、観客定員は1533人だった。本通6丁目にあった帝国館は松竹系で、観客定員は1200人だった。中通8丁目にあった地球は東亜キネマ系で、観客定員は878人だった。松本町にあった衆楽館は日活系で、観客定員は760人だった。*12

大正後期から昭和初期の呉市中通8丁目にあった映画館「地球館」の写真あり。「館球地」の文字が見える。*13

1938年12月8日、呉市の「地球館」でドイツ映画『スパイ団を衝く』が上映された。*14

1939年の『大日本職業別明細図 呉市』には「地球館」、「呉演芸館」、「二河活動館」、「吉浦座」(後の吉浦劇場の場所)が描かれている。*15
映画劇場桜
所在地 : 広島県呉市中通7(1943年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1945年?
1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「映画劇場桜」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
寿館
所在地 : 広島県呉市警固屋町(1936年)、広島県呉市警固屋町7(1943年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1945年?
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年の映画館名簿では「寿館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
大衆楽館/大衆楽/大衆館
所在地 : 広島県呉市松本町38(1925年)、広島県呉市松本町(1927年)、広島県呉市松本町38(1930年)、広島県呉市松本町37(1936年)、広島県呉市松本町(1943年)
開館年 : 1923年
閉館年 : 1945年?
1925年・1927年の映画館名簿では「大衆楽館」。1930年の映画館名簿では「大衆楽」。1936年・1943年の映画館名簿では「大衆館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。

1910年5月には呉市初の常設活動写真館として「電気館」(本通9丁目)が開館し、同年10月には「世界館」も開館した。次いで「中央館」、「演芸館」、「地球館」などが開館した。大正時代には1915年に「第二世界館」、1916年に「喜楽館」、1917年に「日の出館」、1919年に「日本館」、1921年に「帝国館」、1923年に「衆楽館」が開館した。大正末期の呉における映画の中心は、喜楽館、帝国館、地球館、衆楽館の4館だった。中通7丁目にあった喜楽館は帝国キネマ系で、観客定員は1533人だった。本通6丁目にあった帝国館は松竹系で、観客定員は1200人だった。中通8丁目にあった地球は東亜キネマ系で、観客定員は878人だった。松本町にあった衆楽館は日活系で、観客定員は760人だった。*16
朝日館
所在地 : 広島県呉市東雲町(1936年)、広島県呉市東雲町3(1943年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1945年?
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年の映画館名簿では「朝日館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は国道185号本通6丁目交差点北80mの「アロー薬局呉店」。最寄駅はJR呉線呉駅。
国際ニュース館
所在地 : 広島県呉市東雲町2-6-1(1941年)、広島県呉市東雲町2(1943年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1945年?
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年の映画館名簿では「国際ニュース館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「平沢獣医科」南南東20mの「鍼灸庵 杉野原治療院」。最寄駅はJR呉線呉駅。
喜楽館
所在地 : 広島県呉市中通8-11(1925年)、広島県呉市台町(1927年)、広島県呉市中通8丁目(1930年)、広島県呉市中通8-12(1936年)、広島県呉市中通8(1943年)
開館年 : 1921年
閉館年 : 1945年?
1925年・1927年・1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「喜楽館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ポポロショッピングセンター呉店」北北東100mにあるラーメン店「RYU麺」。最寄駅はJR呉線呉駅。

1910年5月には呉市初の常設活動写真館として「電気館」(本通9丁目)が開館し、同年10月には「世界館」も開館した。次いで「中央館」、「演芸館」、「地球館」などが開館した。大正時代には1915年に「第二世界館」、1916年に「喜楽館」、1917年に「日の出館」、1919年に「日本館」、1921年に「帝国館」、1923年に「衆楽館」が開館した。大正末期の呉における映画の中心は、喜楽館、帝国館、地球館、衆楽館の4館だった。中通7丁目にあった喜楽館は帝国キネマ系で、観客定員は1533人だった。本通6丁目にあった帝国館は松竹系で、観客定員は1200人だった。中通8丁目にあった地球は東亜キネマ系で、観客定員は878人だった。松本町にあった衆楽館は日活系で、観客定員は760人だった。*17

大正後期から昭和初期の呉市中通8丁目にあった「喜楽館」の写真あり。*18
トキワ館
所在地 : 広島県呉市本町6丁目(1936年)、広島県呉市中通6(1943年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1945年?
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年の映画館名簿では「トキワ館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ポポロショッピングセンター呉店」南南西50mにある「トキワビル」など。最寄駅はJR呉線呉駅。
乙女座
所在地 : 広島県豊田郡御手洗町(1953年・1955年)、広島県豊田郡豊町字御手洗(1958年)
開館年 : 1937年
閉館年 : 1958年頃
公式サイト : 乙女座
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「乙女座」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。2002年3月に復元された。映画館時代の建物が現存。文化財指定はされていない。

1941年頃の御手洗にあった芝居小屋「乙女座」の写真あり。御手洗青年団の演芸会の記念写真である。乙女座は1937年に完成し、芝居・映画・演芸・手品・学習発表会などに使用された。*19

2008年11月30日、大崎下島の劇場「乙女座」で御手洗演芸大会が開催され、御手洗節・寸劇・舞踊などが披露される。11月18日に呉市の上蒲刈島と豊島を結ぶ豊島大橋が開通するのに合わせて地元自治会らが企画した。約40年ぶりに興行が行われる。乙女座は1937年11月に劇場として開館した。木造2階建てであり、2階席も含めて定員232人。花道や奈落もある。戦前には演劇や活動写真の興行を行い、戦後はもっぱら映画館として使用された。昭和40年代には選果場に転用され、その後は空き家となっていた。2002年3月には開館時と同じように復元され、資料館の江戸みなとまち展示館となった。御手洗演芸大会の開催に先立って、消防法上の利用用途を資料館から劇場に変更し、自動火災報知機や避難誘導棟を新設した。*20

2009年6月10日、大崎下島の「乙女座」で『真夏のオリオン』の特別試写会が開催される。大崎下島の呉市立豊小学校・豊中学校の児童生徒全員と教職員が観賞する。潜水艦長役の堂珍嘉邦(ケミストリー、安芸高田市出身)や潜水艦機関長役の吉田栄作らが舞台挨拶を行う。6月13日から全国の東宝系劇場で一般公開される。乙女座で映画が上映されるのは約半世紀ぶり。1937年に建築された乙女座は木造2階建てであり、戦前は演劇などに、戦後は1960年代初頭まで映画などに使われた。2002年に復元され、江戸みなとまち展示館となった。*21

2010年1月11日、呉市豊町御手洗(大崎下島)の江戸みなとまち展示館・乙女座で「懐かしの無声映画上映会」が開催される。乙女座は1937年に木造2階建ての劇場として開館し、戦前には演劇や活動写真で、戦後には昭和30年代まで映画館として利用された。戦後間もない時期まで無声映画を上映していた。その後は選果場となり、空き家となっていたが、2002年に資料館に転換された。2008年には消防法上の利用用途を劇場に変更し、現在は地元の演芸大会や映画上映会などに使用されている。*22

「乙女座」に言及している書籍として、藤森照信(文)、中馬聰(写真)『藤森照信のクラシック映画館』青幻舎、2019年がある。*23
寿劇場
所在地 : 広島県豊田郡安浦町(1958年・1959年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1959年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1959年の映画館名簿では「寿劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
金星座
所在地 : 広島県呉市広町大新開(1943年)、広島県呉市広町大開通り(1947年)、広島県呉市広町大新開1-670(1950年)、広島県呉市広町大新開(1953年・1955年・1958年)、広島県呉市広町10670(1959年)
開館年 : 1941年12月
閉館年 : 1959年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1941年12月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1959年の映画館名簿では「金星座」。1954年呉市住宅案内図では「金星座」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の弘文の戸別詳細地図では跡地に「パチンコパラダイス」。1972年のゼンリン住宅地図では跡地に「パチンコパラダイス」。跡地はパチンコ店「スロットグランド」。最寄駅はJR呉線広駅。

1946年の呉市広本町にあった「金星座」の写真あり。「CINEMA HOUSE」の文字が見える。戦前の広には広海軍工廠や第十一海軍航空廠などがあり、広商店街は連日縁日のような賑わいだった。広には数館の映画館があり、金星座は代表格だった。*24
民衆劇場/民衆会館
所在地 : 広島県呉市広町長浜(1957年)、広島県呉市広町大新開(1958年・1960年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1960年頃
1954年呉市住宅案内図では「民衆会館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「民衆劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「民衆会館」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の弘文の戸別詳細地図では跡地に「堀向印刷」。1972年のゼンリン住宅地図では跡地に「スーパーコトブキ」。跡地はパチンコ店「クロネコホール」。最寄駅はJR呉線広駅。
三坂劇場
所在地 : 広島県呉市広町塩焼(1956年・1958年・1960年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1960年頃
1954年呉市住宅案内図では発見できず。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年の映画館名簿では「三坂劇場」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の弘文の戸別詳細地図では発見できず。
呉劇場
所在地 : 広島県呉市栄町5(1958年)、広島県呉市栄町(1960年)
開館年 : 1951年以前
閉館年 : 1960年頃
1954年呉市住宅案内図では「呉劇場」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「呉劇場」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の弘文の戸別詳細地図では跡地に「スーパーサンエイー」など10軒の店舗。跡地は全蓋式アーケード商店街「新栄街」。最寄駅はJR呉線呉駅。

1951年の呉市栄町にあった演芸館「呉劇場」の写真あり。「呉劇」の文字が見える。*25
高砂座
所在地 : 広島県賀茂郡川尻町(1953年・1955年)、広島県豊田郡川尻町(1958年)、広島県豊田郡川尻町1646(1960年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1960年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「高砂座」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。
共楽座
所在地 : 広島県豊田郡安浦町大字三津口(1957年)、広島県豊田郡安浦町(1958年)、広島県豊田郡安浦町大字三津口2(1960年)、広島県豊田郡安浦町三津口(1961年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1961年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1961年の映画館名簿では「共楽座」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。
新生映画劇場/新生映劇/新生座
所在地 : 広島県呉市広町長浜(1956年・1958年・1960年・1961年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1961年頃
1954年呉市住宅案内図では「新生店」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「新生映画劇場」。1958年の映画館名簿では「新生映劇」。1960年・1961年の映画館名簿では「新生座」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の弘文の戸別詳細地図では跡地に「三崎食品店」。跡地は「呉長浜郵便局」東120mの民家数軒。最寄駅はJR呉線広駅。

呉市の広長浜には路面電車が通じており、商店街には2012年に廃業した銭湯の胡子湯があった。胡子湯は時代考証家の山田順子の母の実家である。商店街の中央、胡子湯の向かいには映画館があり、脱衣所にはチャンバラ映画などのポスターが貼られていた。*26
呉セントラル劇場/呉セントラル
所在地 : 広島県呉市本通7丁目(1958年・1960年)、広島県呉市本通7-1(1961年)、広島県呉市本通7丁目(1962年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1962年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「呉セントラル劇場」。1958年の映画館名簿では経営者が海生逸一、支配人が松本常雄、木造平屋建、306席。1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「呉セントラル」。1958年の映画館名簿では経営者・支配人ともに海生逸一、木造平屋建、306席。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
呉名画劇場/名画劇場
所在地 : 広島県呉市中通6-13(1955年・1958年)、広島県呉市中通6丁目(1960年・1962年)
開館年 : 1953年4月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955年版』によると1953年4月開館。1954年呉市住宅案内図では「呉名劇」。1955年の映画館名簿では「呉名画劇場」。1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「名画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はパチンコ店「摩ヤデ美」。
宮原会館
所在地 : 広島県呉市宮原通6丁目(1956年)、広島県呉市宮原町6丁目(1958年)、広島県呉市宮原通6丁目(1960年・1963年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1963年頃
1954年呉市住宅案内図では「宮原会館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「宮原会館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の弘文の戸別詳細地図では跡地に民家。跡地は「呉警察署宮原交番」南西30mの駐車場。最寄駅はJR呉線呉駅。
二河館
所在地 : 広島県呉市海岸通1-17(1936年)、広島県呉市海岸通1(1943年)、広島県呉市海岸通1-17(1950年)、広島県呉市海岸通1(1953年)、広島県呉市海岸通1丁目(1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年の映画館名簿では「二河館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「二河館」。1954年呉市住宅案内図では「二河館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の弘文の戸別詳細地図では跡地に「有料二河ガレージ」。跡地はマンション「パブリコーポ鴎橋」西隣の月極駐車場「湾岸月極駐車場」。最寄駅はJR呉線川原石駅。

1939年の『大日本職業別明細図 呉市』には「地球館」、「呉演芸館」、「二河活動館」、「吉浦座」(後の吉浦劇場の場所)が描かれている。*27

1955年の呉市にあった「二河館」のポスターの写真あり。『男一匹』の写真が見える。二河館は大衆演技館として親しまれた。*28
安浦セントラル劇場
所在地 : 広島県豊田郡安浦町(1960年・1963年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1963年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「安浦セントラル劇場」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
安登劇場
所在地 : 広島県豊田郡安登村2058-1(1957年)、広島県豊田郡安登村(1958年)、広島県豊田郡安浦町(1960年)、広島県豊田郡安浦町大字安登(1963年・1964年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1964年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「安登劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
川尻ラッキー/ラッキー映劇/川尻ラッキー映劇
所在地 : 広島県豊田郡川尻町(1957年・1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1964年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「川尻ラッキー」。1958年・1960年の映画館名簿では「ラッキー映劇」。1963年・1964年の映画館名簿では「川尻ラッキー映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
ラッキー劇場(音戸町)
所在地 : 広島県安芸郡音戸町南隠渡(1957年・1958年・1960年)、広島県安芸郡音戸町南隠渡1725(1963年・1964年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1964年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「ラッキー劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の弘文の戸別詳細地図では「ラッキー劇場」。跡地は「呉市音戸市民センター」北西160mの民家4軒。最寄駅はJR呉線呉駅。
豊楽座
所在地 : 広島県豊田郡豊浜村字豊島(1957年)、広島県豊田郡豊浜村(1958年・1960年)、広島県豊田郡豊浜町(1963年・1964年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1964年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「豊楽座」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
大浦館
所在地 : 広島県安芸郡蒲刈町大浦(1958年)、広島県安芸郡蒲刈町大浦805(1960年)、広島県安芸郡蒲刈町大浦(1963年・1964年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1964年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「大浦館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
蒲刈劇場
所在地 : 広島県安芸郡蒲刈町向1122(1958年)、広島県安芸郡蒲刈町向(1960年・1963年)、広島県安芸郡蒲刈町大浦(1964年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1964年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「蒲刈劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
天応劇場
所在地 : 広島県呉市天応町浜崎(1958年)、広島県呉市天応町(1960年)、広島県呉市天応町大浜(1963年・1964年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1964年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「天応劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の弘文の戸別詳細地図では「天応劇場」。跡地は「寺井アパート」。最寄駅はJR呉線天応駅。
内海劇場
所在地 : 広島県豊田郡安浦町大字内海(1957年)、広島県豊田郡安浦町1915(1958年)、広島県豊田郡安浦町字内海(1960年)、広島県豊田郡安浦町大字内海(1963年・1964年)、広島県豊田郡安浦町内海2915-1(1965年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1965年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「内海劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
倉橋座
所在地 : 広島県安芸郡倉橋町宇和木(1956年)、広島県安芸郡倉橋町6414(1958年)、広島県安芸郡倉橋町宇和木(1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1965年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「倉橋座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
吉浦座/吉浦劇場
所在地 : 広島県呉市吉浦本町2-4(1956年)、広島県呉市吉浦本町2丁目(1958年・1960年)、広島県呉市吉浦本町2-4(1963年・1965年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1965年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「吉浦劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の弘文の戸別詳細地図では「吉浦劇場」。跡地は有料駐車場「わんわんぱーく吉浦本町1丁目」。最寄駅はJR呉線吉浦駅。

1939年の『大日本職業別明細図 呉市』には「地球館」、「呉演芸館」、「二河活動館」、「吉浦座」(後の吉浦劇場の場所)が描かれている。*29
オリオン座
所在地 : 広島県呉市大正町6丁目(1956年・1958年)、広島県呉市大正町1丁目(1960年)、広島県呉市大正町1-63(1963年・1965年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1965年頃
1954年呉市住宅案内図では「オリオン座」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「オリオン座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の弘文の戸別詳細地図では「オリオン座」。跡地は「呉警固屋郵便局」北40mの民家2軒。最寄駅はJR呉線呉駅。
久比劇場
所在地 : 広島県豊田郡豊町字久比2407-1(1957年)、広島県豊田郡豊町(1958年)、広島県豊田郡豊町字久比2047-1(1960年)、広島県豊田郡豊町久比2047(1962年・1963年)、広島県豊田郡豊町久比(1965年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1965年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1962年・1963年・1965年の映画館名簿では「久比劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
大長劇場/大劇/大長大劇
所在地 : 広島県豊田郡大長村(1955年)、広島県豊田郡豊町(1958年)、広島県豊田郡豊町字大長5904(1960年・1962年・1963年・1965年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「大長劇場」。1958年の映画館名簿では「大長大劇」。1960年・1962年・1963年の映画館名簿では「大劇」。1965年の映画館名簿では「大長大劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
音戸座
所在地 : 広島県安芸郡音戸町(1955年)、広島県安芸郡音戸町鰯浜(1958年・1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「音戸座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の弘文の戸別詳細地図では「音戸座」。跡地は「法専寺」西南西100mの民家5軒。最寄駅はJR呉線呉駅。
仁方劇場/呉仁方劇場
所在地 : 広島県呉市仁方町西町(1956年・1958年・1960年)、広島県呉市仁方西町(1963年)、広島県呉市仁方町西町(1966年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1966年頃
1954年呉市住宅案内図では「仁方劇場」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「仁方劇場」。1966年の映画館名簿では「呉仁方劇場」。1968年の弘文の戸別詳細地図では「仁方劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。1972年のゼンリン住宅地図では跡地に空白の建物。跡地は「相原酒造冷蔵倉庫」。最寄駅はJR呉線仁方駅。
天地館/呉天地館
所在地 : 広島県呉市阿賀町(1943年・1947年・1950年)、広島県呉市阿賀町沖田(1953年)、広島県呉市阿賀町(1955年・1958年)、広島県呉市阿賀町2933(1960年)、広島県呉市阿賀町海岸通(1963年)、広島県呉市阿賀町2933(1966年)
開館年 : 1930年5月
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955年版』によると1930年5月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年・1950年の映画館名簿では「天地館」。1953年の映画館名簿では「天地座」。1954年呉市住宅案内図では「天地館」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「天地館」。1966年の映画館名簿では「呉天地館」。1968年の弘文の戸別詳細地図では「天地館」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。1972年のゼンリン住宅地図では跡地に「ア」(※アキヤを意味すると思われる)。跡地は「東町自治会館」北90mの建物。最寄駅はJR呉線安芸阿賀駅。
御手洗劇場
所在地 : 広島県豊田郡豊町字大長御手洗(1960年)、広島県豊田郡豊町御手洗243(1966年・1968年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1968年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「御手洗劇場」。1961年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1968年の映画館名簿では「御手洗劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
明徳劇場
所在地 : 広島県安芸郡音戸町藤の脇(1956年・1958年・1960年・1963年・1966年・1968年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1968年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年・1966年・1968年の映画館名簿では「明徳劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
弁天座
所在地 : 広島県安芸郡倉橋町室尾(1957年・1958年・1960年・1963年・1966年・1968年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1968年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年・1966年・1968年の映画館名簿では「弁天座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
長門座/長門劇場
所在地 : 広島県安芸郡倉橋町本浦(1956年・1958年・1960年・1963年・1966年・1968年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1968年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「長門座」。1966年・1968年の映画館名簿では「長門劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
港劇場/中央劇場
所在地 : 広島県安芸郡倉橋町尾立(1957年・1958年・1960年・1963年・1966年・1968年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1968年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「港劇場」。1958年・1960年・1963年・1966年・1968年の映画館名簿では「中央劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
リッツ劇場/呉リッツ劇場/日本劇場/呉東宝(初代)/呉東宝劇場
所在地 : 広島県呉市本通り(1950年)、広島県呉市中通7(1953年)、広島県呉市中通7-1(1955年・1958年)、広島県呉市中通7丁目(1960年・1963年)、広島県呉市中通7-1(1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1948年? 1949年4月?
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1954』によると1948年開館。『全国映画館総覧 1955』によると1949年4月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「リッツ劇場」。1954年呉市住宅案内図では「リッツ映劇」。1955年の映画館名簿では「呉リッツ劇場」。1958年の映画館名簿では「日本劇場」。1958年の映画館名簿では経営者が海生逸一、支配人が松永正雪、木造平屋建、639席。1960年の映画館名簿では「呉東宝」。1960年の映画館名簿では経営者・支配人ともに海生逸一、木造平屋建冷暖房付き、639席。1963年の映画館名簿では「呉東宝」。1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「呉東宝劇場」。1967年の塔文社呉市街地図では「リッツ劇場」。1968年の弘文の戸別詳細地図では「呉東宝」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1972年のゼンリン住宅地図では跡地に「パチンコリッツ」。跡地は「ポポロショッピングセンター呉館」建物南西側。最寄駅はJR呉線呉駅。

1948年1月頃の呉市中通7丁目にあった洋画専門館「リッツ劇場」の写真あり。LITZの文字が見えるが、綴りを間違えている。1951年12月31日から1952年1月3日のリッツ劇場の写真あり。RITZの文字が見える。1952年4月23日から4月27日のリッツ劇場の写真あり。1955年7月31日から8月1日のリッツ劇場の写真あり。『紅の翼』や『モニカ』が上映されている。1956年9月1日の邦画上映館「ニチゲキ」(旧リッツ劇場)の写真あり。『金語楼のお巡りさん』や『肉体の魅惑』や『花笠太鼓』が上映されている。イギリス連邦軍兵士によるリッツ劇場の写真が多数残されている。*30

1948年の呉市にあった「リッツ劇場」の写真あり。「RITZ」や「AMERICAN MOVIE THEATRE」の文字が見える。呉市では戦後初の洋画専門館だった。*31

1954年11月30日から12月7日の呉市中通7丁目にあった洋画専門館「リッツ」の写真あり。国連軍にも人気があった。*32

1953年から1955年頃の呉市にあった映画館「リッツ劇場」の写真あり。1953年公開のフランス映画『恐怖の報酬』や1954年公開公開のアメリカ映画『雪原の追跡』の看板が見える。戦時中の呉市中通7丁目(現在の中通3丁目)には「東宝劇場」(後に「桜東宝」)があったが、呉空襲で全焼した。戦後には進駐軍向けのパレスダンスホールが開業したが、1948年には洋画専門館の「リッツ劇場」が開館した。*33

1957年の呉市にあった映画館「日劇」の写真あり。「現代劇は日劇」の文字が見える。『黒い河』や『青い山脈』や『集金旅行』の看板が見える。リッツが日劇に改称して邦画を上映するようになった。テレビの普及にともなって閉館し、一時はパチンコ店となったが、やがて跡地には大型商業施設のポポロが開業している。*34

1954年の呉市中通7丁目にあった映画館「リッツ劇場」の写真あり。「RITZ」の文字が見える。『●大平原』(※ミズーリ大平原か)やフランス映画『外人部隊』などの看板が見える。洋画専門館だった。1948年3月には「第3劇場」と合同でアメリカ映画祭が開催された。*35
第一劇場/呉第一劇場
所在地 : 広島県呉市中通7丁目(1950年)、広島県呉市中通7(1953年)、広島県呉市中通7-11(1955年・1958年)、広島県呉市中通7丁目(1960年・1963年・1966年・1968年)
開館年 : 1945年12月
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955年版』によると1945年12月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「第一劇場」。1954年呉市住宅案内図では「呉一劇」。1955年の映画館名簿では「呉第一劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「第一劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が海生逸一、支配人が北原暁、木造平屋建、496席。1966年・1968年の映画館名簿では「呉第一劇場」。1967年の塔文社呉市街地図では「第一劇場」。1968年の弘文の戸別詳細地図では跡地に「空地」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1972年のゼンリン住宅地図では跡地に「いづみ百貨店」。1985年の住宅地図では跡地に「いづみ百貨店 丸美本店呉店 みやび呉いづみ店」。跡地はドラッグストア「ウォンツ呉中通店」敷地南東部。最寄駅はJR呉線呉駅。
広末広館/末広館/呉末広館/呉末広座
所在地 : 広島県賀茂郡広村(1941年)、広島県呉市広町(1943年)、広島県呉市大字広町(1947年)、広島県呉市末広町広町(1950年)、広島県呉市広町末広(1953年・1955年・1958年)、広島県呉市広町(1960年)、広島県呉市広町14714-1(1963年)、広島県呉市広町末広町(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年・1947年の映画館名簿では「末広館」。1950年の映画館名簿では「広末広館」。1953年の映画館名簿では「末広館」。1954年呉市住宅案内図では「末広館」。1955年の映画館名簿では「末広座」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「末広館」。1966年の映画館名簿では「呉末広館」。1968年の弘文の戸別詳細地図では「末広館」。1969年・1970年の映画館名簿では「呉末広座」。1972年の住宅地図では「末広館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1979年の住宅地図では跡地に「末広ガレージ」。跡地は「伊予銀行呉支店」北東の月極駐車場。最寄駅はJR呉線広駅または新広駅。
呉第二劇場/第二劇場/呉東宝劇場/呉東宝(2代)
所在地 : 広島県呉市中通7丁目(1950年)、広島県呉市中通7(1953年)、広島県呉市中通7-7(1955年)、広島県呉市中通7丁目(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、広島県呉市中通り4-1-24(1976年)、広島県呉市中通り4-1-23(1980年・1982年・1984年)
開館年 : 1946年3月
閉館年 : 1984年頃
『全国映画館総覧 1955年版』によると1946年3月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「第二劇場」。1954年呉市住宅案内図では「呉二劇」。1955年の映画館名簿では「呉第二劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「第二劇場」。1966年の映画館名簿では「呉第二劇場」。1967年の塔文社呉市街地図では「第二劇場」。1968年の弘文の戸別詳細地図では「二劇」。1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「呉東宝劇場」。1972年の住宅地図では「呉東宝二劇」。1979年の住宅地図では「呉東宝二劇」。1980年・1982年・1984年の映画館名簿では「呉東宝」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「ベスト電器 FCかじもと呉店」。跡地はパチンコ店「日野ビルライト館」。映画館の建物が現存している可能性あり。最寄駅はJR呉線呉駅。

昭和20年代の呉市中通にあった映画館「第2劇場」の写真あり。「第2劇場」「movies」の文字が見える。*36

1954年の呉市中通にあった「第二劇場」のカラー写真あり。戦後の呉市においては、1945年暮れに「第一劇場」が、1946年に第二劇場が開館した。*37

1955年の呉市中通2丁目にあった映画館「第二劇場」の写真あり。邦画専門館だった。終戦後すぐの1946年に開館した。*38
第三劇場/呉第三劇場/サン映画劇場/呉サン映画劇場/呉サン劇場
所在地 : 広島県呉市中通8丁目1(1947年)、広島県呉市中通8丁目(1950年)、広島県呉市中通8(1953年)、広島県呉市中通8-2(1955年)、広島県呉市中通8丁目(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)、広島県呉市中通り4-2-3(1973年)、広島県呉市中通り4-11-3(1976年・1980年・1985年・1986年・1987年)
開館年 : 1946年8月(第三劇場)、1955年9月9日(サン劇場)
閉館年 : 1987年頃
『全国映画館総覧 1955年版』によると1946年8月開館。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「第三劇場」。1950年の映画館名簿では「呉第三劇場」。1953年の映画館名簿では「第三劇場」。1954年呉市住宅案内図では「呉三劇」。1955年の映画館名簿では「呉第三劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「サン映画劇場」。1966年の映画館名簿では「呉サン映画劇場」。1967年の塔文社呉市街地図では「第三劇場」。1968年の弘文の戸別詳細地図では「サン劇」。1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1986年・1987年の映画館名簿では「呉サン劇場」。1972年の住宅地図では「サン劇 喫茶ひまわり マリ理容 てんま ABC 地下食堂サン」。1979年の住宅地図では「サン劇 喫茶ひまわり マリノ理容 スタンド白銀 地下食堂サン食」。1985年の住宅地図では「サン劇 地下食堂サン食堂」。1988年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「ライオンパークれんが通り」。アーケード商店街のれんが通りに面していた。最寄駅はJR呉線呉駅。

1955年3月30日、呉市の「第三劇場」が「グランド劇場」に改称し、シネスコ設備館として新発足した。第1週は『聖衣』と『豪傑カサノヴァ』。呉興行倶楽部が経営。なお、同社の洋画封切館だった「リッツ劇場」は邦画上映館に転換した。*39

1955年9月9日、呉市中通8-2に「サン映画劇場」が開館した。オープニング作品は『スタア誕生』と『白人酋長』。4月に焼失した「グランド劇場」の跡地。敷地270坪、建坪430坪。鉄骨鉄筋造4階建て。冷暖房完備。縦20尺×横50尺のワイドスクリーン。経営は呉興行クラブ。*40

1955年の呉市にあった映画館「3劇」の写真あり。「日本一面白い御家族連れの娯楽」「断然面白い粒選りの3劇お正月映画」などの文字が見える。東映作品『紅孔雀 第2部 呪いの魔笛』(1955年)、美空ひばり主演の松竹作品『七変化狸御殿』(1955年)などの看板が見える。「3劇」は後に改装されて「グランド劇場」となったが、1955年4月の火災で焼失した。その後新築されて「サン劇場」となった。2004年現在の跡地はカラオケボックスなどである。映画全盛期の1955年頃の周辺には8館の映画館があったが、パチンコ店やショッピングセンターなどに変わり、2004年現在は「呉シネマ1・2」と「呉ポポロ1・2」の4館となった。*41

1951年2月27日から3月13日の呉市中通8丁目にあった「第3劇場」の写真あり。1956年1月の呉市中通8丁目にあった「サン劇場」の写真あり。1955年4月に第3劇場が火災で焼失し、9月9日にサン劇場に改称して開館した。冷暖房付き収容人員1000人の映画館だった。*42

昭和30年代の「サン劇」横で写真を撮る家族の写真あり。サン劇は旧中通7丁目にあり、現在の住所では中通3丁目である。*43

昭和30年代の呉市にあった「サン劇」の写真あり。「Sangeki」の文字が見える。戦後の呉市において、「第一劇場」と「第二劇場」に続いて「第三劇場」が開館した。やがて「グランド劇場」に改称し、呉市初のシネマスコープ上映館となったが、それから間もない1955年4月11日17時10分頃、上映中に過電流によって出火して全焼した。軽傷者が4人出たが多くの観客は無事だった。直ちに再建されて「サン劇場」として開館した。*44

1956年の呉市にあった映画館「サン劇」の写真あり。「Sangeki」の文字が見える。戦後の中通にはまず「第一劇場」「第二劇場」「第三劇場」が開館し、第三劇場は「グランド劇場」に改称して呉市初のシネマスコープ上映館となった。1955年4月11日、グランド劇場は上映中の火災で全焼し、再建されて「サン劇場」に改称した。*45

1955年から1956年頃の呉市中通8丁目にあった「サン劇場」の写真あり。「Sangeki」の文字が見える。ハンフリー・ボガート主演の『必死の逃亡者』、ハリウッドのミュージカル映画『掠奪された七人の花嫁』の看板が見える。1946年、東宝系の「第3劇場」として開館した。第3劇場は1955年4月に火災に遭い、1955年9月9日に1000人収容冷暖房付きの大規模映画館「サン劇場」が開館した。*46
呉シネマ劇場/呉シネマ・呉大映劇場/呉シネマ・呉大映/呉シネマ1・2
所在地 : 広島県呉市泉場町(1958年)、広島県呉市泉場町23(1960年・1963年・1969年・1973年)、広島県呉市本通4-5-13(1976年・1980年・1985年・1990年)、広島県呉市本通4-5-2(1995年)、広島県呉市本通4-5-13(2000年・2005年・2010年・2011年)
開館年 : 1957年12月、1963年(ビル化)
閉館年 : 2011年4月30日
1958年の映画館名簿では「呉シネマ劇場・呉大映劇場」(2館)。1960年の映画館名簿では「呉シネマ劇場・呉大映」(2館)。1963年の映画館名簿では「呉シネマ・呉大映」(2館)。1968年の弘文の戸別詳細地図では「呉シネマ 呉大映」。1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「呉シネマ・呉大映劇場」(2館)。1972年の住宅地図では「呉シネマ 呉大映」。1979年・1985年の住宅地図では「呉シネマ 呉大映」。1980年・1985年の映画館名簿では「呉シネマ・呉大映」(2館)。1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2011年の映画館名簿では「呉シネマ1・2」(2館)。2011年の映画館名簿では経営会社が呉興行倶楽部、経営者が海生孝昭、支配人が竹内誠司、1が鉄筋造3階で400席、2が鉄筋造1階で200席、いずれも邦画・洋画を上映。2012年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「眼鏡市場呉本通り店」。最寄駅はJR呉線呉駅。

1962年の呉市本通9丁目(現在の本通4丁目)にあった映画館「大映」前をパレードする子供たちの写真あり。「DAIEI」の文字が見える。1957年12月、1階が大映の直営館、2階が「呉シネマ」で開館した。大映は後に倒産し、2004年現在は「シネマ1」と「シネマ2」となっている。*47

1957年の呉市本通にあった「呉シネマ・呉大映」の写真あり。「呉大映」「CINEMA」の文字が見える。寺迫運動公園入口交差点の角にあった。このころはひとつのビルに呉シネマと呉大映の2館が入っていた。のちに呉シネマ1・2となり、1階は邦画専門館、3階は洋画専門館となった。*48

2011年4月30日をもって、呉市の映画館「呉シネマ」が閉館する。経営は呉興行倶楽部。2スクリーン計600席を有する。市外にあるシネコンに押される中、採算割れでも営業を続けてきたが、同社が呉市内で経営する「ポポロ」に集約することを決定した。1957年に現在のビルが建ち、1961年には呉興行倶楽部が買い取った。呉シネマは映画館単独のビルであり、維持管理費がかさむことも閉館の理由である。約15年前からは呉映画サークルが定期上映会を開催していた。*49

2011年4月末をもって、呉市本通の映画館「呉シネマ」が閉館する。2スクリーンがあり、片方は2階席を有する。呉シネマは1961年に開館し、春には花見客が弁当を持参して入館していたこともある。近年はシネコンに押されて観客数が伸び悩み、2か月に一度は市民映画サークルに貸し出していた。「呉ポポロ」とともに呉興行俱楽部が運営しているが、呉ポポロを残して資源を集中させる。*50

2011年4月30日をもって、呉市本通の映画館「呉シネマ」が閉館した。1961年から50年に渡って営業していた。最終日は3作品を計8回上映し、約130人が観賞した。4月初頭からは閉館イベントを開催しており、呉市でロケが行われた『男たちの大和 YAMATO』などが上映された。*51

「呉シネマ」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*52

「呉シネマ1・2」に言及している書籍として、大屋尚浩『日本懐かし映画館大全』辰巳出版、2017年がある。*53
呉ポポロ1・2
所在地 : 広島県呉市中通り3-5-3(1988年)、広島県呉市中通3-5-3(1990年)、広島県呉市中通3-5-3 ポポロビル4階(1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1986年
閉館年 : 営業中
1979年の住宅地図では後の映画館の場所に「パチンコリッツ」「パチンコ桜」など多数の店舗。1985年の住宅地図では後の映画館の場所に空白。1988年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「呉ポポロ1・2」(2館)。呉ポポロショッピングセンター内。最寄駅はJR呉線呉駅。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます