閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


九州地方 福岡県

福岡市

西新アカデミー
所在地 : 福岡県福岡市西区西新町1-7-28(1980年)、福岡県福岡市早良区西新1-7-8(1990年)
開館年 : 1977年9月
閉館年 : 1999年9月15日
1999年9月15日、福岡市の映画館「西新アカデミー」が閉館する。副都心である西新地区には昭和30年代に約7館があったが、現在は西新アカデミーが唯一の映画館だった。1977年9月、オレンジ通り商店街にある7階建てマンションの1階部分に西新アカデミーが開館。180席の1スクリーン。1996年4月にはキャナルシティ博多に13スクリーンのシネコンが開館し、最近は天神地区や近隣地にも新映画館が開館していた。最終上映作品は『ポケットモンスター』。*1

北九州市

小倉中央会館
所在地 : 福岡県北九州市小倉北区大阪町45(1980年)、福岡県北九州市小倉北区船頭1-5-14(1990年)、福岡県北九州市小倉北区魚町1-5-14(2000年)
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 2002年9月16日
1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「小倉中央会館」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2002年9月16日、北九州市のJR小倉駅前のロードショー映画館「小倉中央会館」が閉館した。11月末をめどに、大型アミューズメント施設に生まれ変わる。546席の客席数は九州地方最大であり、大スクリーンや小倉駅前という立地の良さがあったが、シネコンに観客が流れた。*2
八幡有楽映画劇場/八幡有楽劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡東区前田町805(1980年)、福岡県北九州市八幡東区前田2-5-1(1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1954年
閉館年 : 2019年6月27日
1969年・1980年の映画館名簿では「八幡有楽映画劇場」。1990年・2000年・2010年の映画館名簿では「八幡有楽劇場」。

2019年6月27日、北九州市八幡東区前田2丁目の成人映画館「有楽映画劇場」が閉館する。所在地の地名から「前田有楽」とも呼ばれる。高度経済成長期初期の1954年に一般映画館として開館し、八幡製鉄所の工員などが詰めかけて盛況だった。映画離れに加えて製鉄業の低迷もあり、1970年代に成人映画館に転換した。近年は10年以上にわたって赤字が続いていた。2005年公開の映画『カーテンコール』、2007年公開の映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』ではロケ地としても使用された。閉館後の6月29日には有志によって「さよなら前田有楽まつり」が開催され、館内や映写室内の見学会や、倖田李梨主演作『スモーキング・エイリアンズ』の上映、倖田李梨によるアフタートークなどが開催される。建物は近いうちに取り壊される予定。*3

飯塚市

飯塚セントラル/飯塚セントラル映画劇場/セントラル映劇・スカラ座・飯塚日活/飯塚セントラル1・2・飯塚スカラ座・飯塚東映劇場/飯塚シネマセントラル1-5/飯塚シネマセントラル1-4
所在地 : 福岡県飯塚市吉原町8-48(1990年・2000年)、福岡県飯塚市吉原町8-48 セントラルビル(2010年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 2015年3月26日
1960年の映画館名簿では「飯塚セントラル」。1969年の映画館名簿では「飯塚セントラル映画劇場」。1980年の映画館名簿では「セントラル映劇・スカラ座・飯塚日活」(3館)。1990年の映画館名簿では「飯塚セントラル1・2・飯塚スカラ座・飯塚東映劇場」(4館)。2000年の映画館名簿では「飯塚シネマセントラル1-5」(5館)。2010年の映画館名簿では「飯塚シネマセントラル1-4」(4館)。

2008年10月には飯塚市の映画館「飯塚シネマセントラル」が閉館したが、2009年3月にはNPO法人もっといいづかの運営で営業を再開した。月額1200円で会員になると映画を見放題であり、再開当初に900人だった会員は6月に1700人台にまで増えたが、7月以降は頭打ちで退会者も出ているという。運営費を会費収入に頼っており、3000人に達しないと人件費・フィルム代・光熱費などが賄えないという。現在はビルの所有者が不足分を補填しているが、2010年3月には補填が打ち切られるという。飯塚市唯一の映画館であり、4スクリーン計519席を有する。封切りから2か月程度たった準新作を中心に上映しており、会員は入館無料、同伴者4人までは大人500人・中学生以下300円で入館できる。*4

2015年3月26日をもって、飯塚市の映画館「飯塚シネマセントラル」が閉館する。これによって飯塚市から映画館が姿を消す。2008年にいったん閉館したが、2009年にはNPO法人もっといいづかが運営を引き継いだ。個人会員になれば月額1200円で見放題だった。法人・団体会員や個人会員の合計は990であり、目標の3000を大きく下回っていた。かつてはビル全体が映画館であり、地下にもスクリーンがあったという。最終上映作品は『GODZILLA』と『西遊記 はじまりのはじまり』。*5

大川市

大川シネマホール
所在地 : 福岡県大川市酒見215-1
開館年 : 2015年10月11日
閉館年 : 営業中
2015年(平成27年)10月11日、福岡県大川市に映画館の大川シネマホールが開館した。運営は国際医療福祉大学などを運営する高邦会グループ。2015年4月にオープンした同グループの複合施設「おおかわ交流プラザ」4階に設置される。370席。スクリーンは高さ6.3メートル、幅14.5メートル。かつて大川市には4館の映画館があったが、1975年(昭和50年)頃までにすべて閉館している。*6

糟屋郡志免町

志免映劇
所在地 : 福岡県糟屋郡志免町
開館年 : 1984年12月
閉館年 : 1993年1月15日
1993年1月15日をもって、福岡県糟屋郡志免町(しめまち)の映画館「志免映劇」が閉館する。1984年12月に開館。132席。経営者の八尋新は故郷の須恵町に映写機やスクリーンや音響装置などの機材一式を寄贈する予定であり、須恵町は1994年開館を目指している文化会館に設置する予定である。*7

九州地方 佐賀県

佐賀市

佐賀東映劇場
所在地 : 佐賀県佐賀市松原2-11-10(1980年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1980年以後1990年以前
1969年・1980年の映画館名簿では「佐賀東映劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
佐賀松竹映画劇場
所在地 : 佐賀県佐賀市松原2-13-18(1980年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1980年以後1990年以前
1969年・1980年の映画館名簿では「佐賀松竹映画劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
佐賀平和劇場
所在地 : 佐賀県佐賀市松原3-3-39(1980年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1980年以後1990年以前
1969年・1980年の映画館名簿では「佐賀平和劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
佐賀朝日映画劇場/佐賀朝日館/佐賀シネマ朝日
所在地 : 佐賀県佐賀市水ケ江1-5-5(1980年・1990年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1969年の映画館名簿では「佐賀朝日映画劇場」。1980年の映画館名簿では「佐賀朝日館」。1990年の映画館名簿では「佐賀シネマ朝日」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
佐賀グランド映画劇場/佐賀グランド劇場
所在地 : 佐賀県佐賀市松原4-5-29(1980年・1990年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1969年の映画館名簿では「佐賀グランド映画劇場」。1980年・1990年の映画館名簿では「佐賀グランド劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
佐賀有楽映画劇場/佐賀有楽会館・佐賀有楽オスカー/佐賀東映劇場・佐賀有楽劇場・佐賀スカラ座・佐賀セントラル劇場/佐賀東宝劇場・佐賀有楽劇場・佐賀スカラ座・佐賀スカラ座2
所在地 : 佐賀県佐賀市松原2-11-6(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 2000年以後2010年以前
1969年の映画館名簿では「佐賀有楽映画劇場」。1980年の映画館名簿では「佐賀有楽会館・佐賀有楽オスカー」(2館)。1990年の映画館名簿では「佐賀東映劇場・佐賀有楽劇場・佐賀スカラ座・佐賀セントラル劇場」(4館)。2000年の映画館名簿では「佐賀東宝劇場・佐賀有楽劇場・佐賀スカラ座・佐賀スカラ座2」(4館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
佐賀にっかつ/ロッポニカ佐賀/佐賀セントラルシネマ
所在地 : 佐賀県佐賀市中央本町10-1(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 2000年以後2010年以前
1980年の映画館名簿では「佐賀にっかつ」。1990年の映画館名簿では「ロッポニカ佐賀」。2000年の映画館名簿では「佐賀セントラルシネマ」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
イオンシネマ佐賀大和
所在地 : 佐賀県佐賀市大和町尼寺2965(2010年)
開館年 : 2001年7月20日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「イオンシネマ佐賀大和1-8」(8館)。
109シネマズ佐賀
所在地 : 佐賀県佐賀市巨勢町牛島717 モラージュ佐賀2階(2010年)
開館年 : 2006年11月
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「109シネマズ佐賀1-10」(10館)。
佐賀東宝劇場/佐賀セントラル1・2・3/シアター・シエマ1・2
所在地 : 佐賀県佐賀市松原2-14-16(1980年・1990年・2000年)、佐賀県佐賀市松原2-14-16 セントラルプラザ3階(2010年)
開館年 : 1996年(佐賀セントラル)、2007年12月15日(シアター シエマ)
閉館年 : 2006年9月(佐賀セントラル)、営業中(シアター・シエマ)
1980年・1990年の映画館名簿では「佐賀東宝劇場」。2000年の映画館名簿では「佐賀セントラル1・2・3」(3館)。2010年の映画館名簿では「シアター・シエマ1・2」(2館)。

2007年12月15日、佐賀市松原のセントラルプラザに映画館「シアター・シエマ」が開館する。1996年に開館した映画館が2006年9月に閉館していたセントラルプラザの跡地。2スクリーン、95席と72席。運営は市民団体「まちなかキネマさが」。12月12日にはプレイベントが開催され、13日には『ニュー・シネマ・パラダイス』の上映会が、14日には『バサラ人間』の上映会が開催された。正式オープン日の12月15日には『ボルベール』、『もがりの森』などを上映する。1985年に開館した佐賀セントラルも2006年9月に閉館している。*8

佐賀市の閉館した映画館を使用して、2007年12月15日に「シアター・シエマ」が開館。2スクリーンに計165席。ランチが食べれるカフェもある。10年間で上映した作品数は約1700作品。2008・2009年頃にはデジタル化に際して約1000万円かかる機材の導入に頭を悩ませたが、募金で1200万円超が集まり、2014年末に1スクリーンで新しい映写機を導入できた。2014年以降には上映された作品についてカフェで語り合う催しを開催。2017年12月10日にはファン投票による歴代上映作ベスト10を発表。*9

唐津市

唐津中央大劇
所在地 : 佐賀県唐津市材木町2987(1980年)
開館年 :
閉館年 : 1980年以後1990年以前
1980年の映画館名簿では「唐津中央大劇」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
唐津スカラ座・唐津センターシネマ
所在地 : 佐賀県唐津市材木町2087(1980年・1990年)
開館年 :
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1980年・1990年の映画館名簿では「唐津スカラ座・唐津センターシネマ」(2館)。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
唐津東宝大劇/唐津東宝大劇1・2
所在地 : 佐賀県唐津市千代田町2109-3(1980年・1990年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 1997年2月16日
1980年の映画館名簿では「唐津東宝大劇」。1990年の映画館名簿では「唐津東宝大劇1・2」(2館)。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

1997年2月16日、唐津市の映画館「東宝大劇」が閉館する。1957年に開館し、全盛期には唐津市だけで約8館の映画館があった。閉館後には建物を取り壊し、テナントビルを建設する予定。*10

伊万里市

伊万里東宝喜楽館
所在地 : 佐賀県伊万里市浜町甲503(1980年)
開館年 :
閉館年 : 1980年以後1990年以前
1980年の映画館名簿では「伊万里東宝喜楽館」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
伊万里国際映劇
所在地 : 佐賀県伊万里市浜町甲541(1980年)
開館年 :
閉館年 : 1980年以後1990年以前
1980年の映画館名簿では「伊万里国際映劇」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
伊万里第二国際映劇/伊万里国際劇場
所在地 : 佐賀県伊万里市浜町甲545(1980年・1990年)
開館年 :
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1980年の映画館名簿では「伊万里第二国際映劇」。1990年の映画館名簿では「伊万里国際劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

鳥栖市

鳥栖銀星映劇
所在地 : 佐賀県鳥栖市京町(1980年)
開館年 :
閉館年 : 1980年以後1990年以前
19890年の映画館名簿では「鳥栖銀星映劇」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

武雄市

武雄大洋映劇
所在地 : 佐賀県武雄市松原町(1980年)、佐賀県武雄市松原町3丁目(1990年)
開館年 :
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1980年・1990年の映画館名簿では「武雄大洋映劇」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

鹿島市

鹿島マコト映劇
所在地 : 佐賀県鹿島市大字高津原3804-1(1980年)
開館年 :
閉館年 : 1980年以後1990年以前
19890年の映画館名簿では「鹿島マコト映劇」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

小城郡小城町

小城巡映
所在地 : 佐賀県小城郡小城町(1980年)
開館年 :
閉館年 : 1980年以後1990年以前
1980年の映画館名簿では「小城巡映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

三養基郡上峰町

ワーナー・マイカル・シネマズ上峰
所在地 : 佐賀県三養基郡上峰町大字坊所1539-1(2000年・2010年)
開館年 : 1996年9月
閉館年 : 2010年2月28日
2000年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ上峰1-7」(7館)。

2010年2月28日、佐賀県上峰町の映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ上峰」が閉館した。施設の老朽化や、商圏への相次ぐシネコンの進出が影響した。1996年9月、大型ショッピングセンターの上峰サティに佐賀県初のシネコンとして開館した。7スクリーン計1559席。1997年には『タイタニック』や『もののけ姫』などのヒット作が公開され、一家の娯楽としてシネコンでの映画鑑賞が定着したという。佐賀県と福岡県の2件にまたがる、20-30km圏内を商圏に見込んでいたが、2001年と2006年には佐賀市にシネコンが開館し、2004年には久留米市に(ティ・ジョイ久留米)、2008年には筑紫野市に(ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野)シネコンが開館し、スクリーン数で上回るシネコン4施設に囲まれる形となっていた。*11

九州地方 長崎県

長崎市

長崎日活映劇/長崎日活劇場
所在地 : 長崎県長崎市万屋町5-10(1980年・1990年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1969年の映画館名簿では「長崎日活劇場」。1980年の映画館名簿では「長崎日活映劇」。1990年の映画館名簿では「長崎日活劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
長崎宝塚映劇/長崎宝塚劇場
所在地 : 長崎県長崎市本石灰町6-38(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 2000年以後2010年以前
1969年の映画館名簿では「長崎宝塚映劇」。1969年・1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「長崎宝塚劇場」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
長崎東映劇場/長崎東映シネマ1・2/長崎東映
所在地 : 長崎県長崎市本石灰町6-40(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 2000年以後2010年以前
1980年の映画館名簿では「長崎東映劇場」。1990年の映画館名簿では「長崎東映シネマ1・2」(2館)。2000年の映画館名簿では「長崎東映」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
長崎新世界・長崎名画座/長崎新世界1・2
所在地 : 長崎県長崎市梅香崎町2-10(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 2001年1月31日
1980年の映画館名簿では「長崎新世界・長崎名画座」(2館)。1990年・2000年の映画館名簿では「長崎新世界1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2001年1月31日、長崎市梅香崎町の映画館「新世界」が閉館する。JR長崎駅アミュプラザ長崎にシネコン「ユナイテッド・シネマ長崎」が開館したことで観客が減少したのが理由。2スクリーン、計685席。長崎市有数の大型館であり、幅14メートルのスクリーンは長崎県最大級。1993年から長崎市未公開の名画を夜間に上映する試みを行って映画ファンを引き付けていた。1955年に開館。*12
長崎松竹映画劇場/長崎松竹映画劇場・長崎東宝劇場/長崎松竹1・2・3
所在地 : 長崎県長崎市浜町1-22(1980年)、長崎県長崎市浜町1-12(1990年)、長崎県長崎市浜町1-22(2000年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 2002年2月28日
1980年の映画館名簿では「長崎松竹映画劇場」。1990年の映画館名簿では「長崎松竹映画劇場・長崎東宝劇場」(2館)。2000年の映画館名簿では「長崎松竹1・2・3」(3館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2002年2月28日、長崎市浜町の映画館「長崎松竹」が閉館する。2001年1月には「長崎新世界劇場」も閉館している。長崎松竹は1955年に開館し、『男はつらいよ』などの松竹作品を上映していたが、「ユナイテッド・シネマ長崎」の開館などで観客数が低迷していた。*13
東宝富士館/長崎東宝富士館/長崎ステラ座
所在地 : 長崎県長崎市銅座町5-4(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1938年(富士館)、1977年6月10日(長崎ステラ座)
閉館年 : 2008年8月31日
Wikipedia : 長崎ステラ座
1960年の映画館名簿では「東宝富士館」。1969年の映画館名簿では「長崎東宝富士館」。1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「長崎ステラ座」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2008年8月31日、長崎市銅座町の映画館「長崎ステラ座」が閉館した。376席。1938年に開館した木造2階建ての映画館「富士館」が前身。1977年に老朽化した富士館がテナントビルに建て替えられた際に、5階に長崎ステラ座が開館した。観客数は年間平均9万人があったが、2008年10月には長崎市茂里町に同じ東宝系のシネコン「TOHOシネマズ長崎」が開館するため、長崎ステラ座の閉館が決定した。長崎ステラ座のステンドグラス6枚のうち1枚はTOHOシネマズ長崎のロビーに移される予定。*14
長崎千日館/長崎丸山千日館/長崎千日劇場
所在地 : 長崎県長崎市丸山町1(1980年・1990年)、長崎県長崎市丸山町1-8(2000年・2010年)
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 2015年12月31日
1980年の映画館名簿では「長崎丸山千日館」。1990年の映画館名簿では「長崎千日館」。2000年の映画館名簿では「長崎丸山千日館」。2010年の映画館名簿では「長崎千日劇場」。晩年は成人映画館。
長崎セントラル・長崎東映パラス/長崎セントラル1・2/長崎セントラル劇場
所在地 : 長崎県長崎市万屋町5-9(1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1960年8月
閉館年 : 営業中
1990年の映画館名簿では「長崎セントラル・長崎東映パラス」(2館)。2000年の映画館名簿では「長崎セントラル1・2」(2館)。2010年の映画館名簿では「長崎セントラル劇場」。

長崎市万屋町の映画館「セントラル劇場」は、地域に根差した取り組みで県内外から脚光を浴びている。セントラル劇場はベルナード観光通りの近くにあり、128席を有する。1960年8月に日活作品の二番館として開館し、近年はシネコンで見られない個性派作品を上映してきた。2004年から毎年秋に「浜んまち映画祭」の会場となり、毎年2000人近くの観客を集めている。地元商店街も協賛しており、県外から映画関係者が視察に訪れるほどである。*15
ユナイテッド・シネマ長崎
所在地 : 長崎県長崎市尾上町1-1 アミュプラザ長崎4階(2010年)
開館年 : 2000年9月21日
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマ長崎No.1-8」(8館)。
TOHOシネマズ長崎
所在地 : 長崎県長崎市茂里町1-55 みらい長崎ココウォーク6階(2010年)
開館年 : 2008年10月1日
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿では「TOHOシネマズ長崎1-9」(9館)。

佐世保市

ピカデリー映劇/佐世保ピカデリー劇場/佐世保ピカデリー/佐世保東宝ピカデリ
所在地 : 長崎県佐世保市島瀬町4-13(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 2005年
1960年の映画館名簿では「ピカデリー映劇」。1969年・1980年の映画館名簿では「佐世保ピカデリー劇場」。1990年の映画館名簿では「佐世保ピカデリー」。2000年の映画館名簿では「佐世保東宝ピカデリ」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
佐世保日活劇場/佐世保日活・佐世保東館/佐世保ロッポニカ1・2/佐世保エクラン東宝1・2
所在地 : 長崎県佐世保市栄町7-5(1980年・1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1954年9月(佐世保日活)、1990年(佐世保エクラン東宝)
閉館年 : 2011年9月30日
Wikipedia : 佐世保エクラン東宝
1980年の映画館名簿では「佐世保日活・佐世保東館」(2館)。1990年の映画館名簿では「佐世保ロッポニカ1・2」(2館)。1990年に5階建てビル化。2000年・2010年の映画館名簿では「佐世保エクラン東宝1・2」(2館)。
佐世保太陽館/佐世保太陽劇場/佐世保シネマボックス太陽
所在地 : 長崎県佐世保市島地町1-17(1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1986年(シネマボックス太陽)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : シネマボックス太陽
1969年の映画館名簿では「佐世保太陽館」。1980年の映画館名簿では「佐世保太陽劇場」。1986年ビル化。1990年の映画館名簿では「佐世保シネマボックス太陽松竹1・名画座2・3・4」(4館)。2000年の映画館名簿では「佐世保シネマボックス太陽松竹・2-7」(7館)。2010年の映画館名簿では「佐世保シネマボックス太陽1-7」(7館)。

諫早市

永楽座/諫早プラザ・ヤギ1・2/諫早パルファン1・2
所在地 : 長崎県諫早市栄町46(1980年・1990年)、長崎県諫早市栄町7-1(2000年・2010年)
開館年 : 1978年
閉館年 : 2011年10月21日
Wikipedia : 諫早パルファン
1978年にビル化。1980年の映画館名簿では「諫早プラザ・ヤギ」(2館)。1990年・2010年・2010年の映画館名簿では「諫早パルファン1・2」(2館)。

島原市

島原八木館1・2
所在地 : 長崎県島原市中堀町18・中堀町156(1980年・1990年)
開館年 : 1964年
閉館年 : 1991年6月4日
1980年・1990年の映画館名簿では「島原八木館1・2」(2館)。

島原市中堀町にある「八木館」は島原半島唯一の映画館である。経営者は八木晴恵。1991年6月3日には雲仙普賢岳の大規模災害が起こり、(建物に被害はなかったものの)6月4日から休館していた。7月上旬にはボランティア団体がアニメ映画の無料上映会を開催し、大きな反響があったことから、10月12日には通常営業を再開した。*16

1999年11月3日、島原市中堀町の水都88ビルにある映画館「八木館」が4年ぶりに営業を再開する。日曜と祝日の上映を続けたいとしている。経営者は八木晴恵(62)。1964年に島原市の要請などで開館した。1991年には雲仙普賢岳の災害などで休館を余儀なくされ、1995年に営業を再開したものの、再び休館していた。常設館を休館させている間は、島原半島の施設や学校などで出張上映を行っていた。*17

福江市

福江中央館/福江中央シネマ/平山木材商事イベントホール中央シネマ
所在地 : 長崎県福江市錦町3-10(1980年)、長崎県福江市栄町8-7(1990年・2000年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 2000年以後2010年以前
1969年・1980年の映画館名簿では「福江中央館」。1990年の映画館名簿では「福江中央シネマ」。2000年の映画館名簿では「平山木材商事イベントホール中央シネマ」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

九州地方 熊本県

阿蘇郡小国町

小国シネ・ホール
所在地 : 熊本県阿蘇郡小国町宮原1988-7
開館年 : 1970年代
閉館年 : 2007年12月(定期上映終了)
2007年12月から休館中の映画館「小国シネ・ホール」(阿蘇郡小国町宮原)が、約8年ぶりに期間限定で上映会を行う。休館前は阿蘇郡唯一の映画館だった。2018年6月18日から6月24日まで、2016年4月の熊本地震前に県内で撮影された短編映画『うつくしいひと』をチャリティー上映する。*18

小国町中心部の宮原地区にはかつて約250席の「雄国館」があったが、1960年代後半に閉館。北村の父・弘義が同館の設備を賃借し、1970年代から不定期に映画興行を行ってきた。『砂の器』『スター・ウォーズ』などのヒット作を次々に上映したが、過疎化で観客が減少して賃借料の支払いが困難になったため、弘義は1983年に自宅を改装して小国シネ・ホールを開館し、不定期で上映を続けた。1994年頃に栄次朗が帰郷して手伝い、『もののけ姫』や『タイタニック』などを上映。町内外から入りきらないほどの客が訪れ、「雄国館」の建物でも臨時上映した。2002年頃には大規模改修。映画館用の固定椅子63席と音響設備。ワーナー・ブラザーズなどと契約し、常設館として最新作を毎日上映した。しかし熊本市近郊に相次いでシネコンが開業すると、客数が減少して2007年12月に休館。支配人の北村栄次朗50歳。2016年4月の熊本地震後、『うつくしいひと』を上映すると1週間で約350人が来館。以後は不定期で上映を再開し、2017年には『この世界の片隅に』、2018年6月には『blank13』を上映。町民数人が「小国シネマ倶楽部」を結成してチケット販売や宣伝用看板の製作を手伝っている。*19

九州地方 大分県

別府市

別府日活ブルーバード/別府にっかつ・別府テアトルブルーバード/別府にっかつ劇場・別府松竹ブルーバード/別府松竹ブルーバード・シネマ ブルーバード/別府ブルーバード劇場
所在地 : 大分県別府市北浜1-2-12(1980年・1990年・2000年)、大分県別府市北浜1-2-12 ブルーバード会館2階(2010年)
開館年 : 1949年
閉館年 : 営業中
1969年の映画館名簿では「別府日活ブルーバード」。1980年の映画館名簿では「別府にっかつ・別府テアトルブルーバード」(2館)。1990年の映画館名簿では「別府にっかつ劇場・別府松竹ブルーバード」(2館)。2000年の映画館名簿では「別府松竹ブルーバード・シネマ ブルーバード」(2館)。2010年の映画館名簿では「別府ブルーバード劇場」。

中津市

中津銀映映画劇場/中津銀映/中津銀映1・2/中津シネマ1・2
所在地 : 大分県中津市大字島田町363-2(1980年)、大分県中津市駅前東本町レンガ館4階(1990年)、大分県中津市東本町458-1 レンガ館4階(2000年)、大分県中津市東本町1-1 ビッグパレスビル4階(2010年)
開館年 : 1981年(移転)
閉館年 : 2002年4月(中津銀映)、2011年3月(中津シネマ)
1969年の映画館名簿では「中津銀映映画劇場」。1980年の映画館名簿では「中津銀映」。1990年・2000年の映画館名簿では「中津銀映1・2」。2010年の映画館名簿では「中津シネマ1・2」。

2002年4月には中津市東本町の映画館「中津銀映」が閉館した。大分県北部と福岡県京築地区で唯一の映画館だったことから惜しむ声が多かったため、7月にはビルを所有する興行会社の西日本産業が一部改装してリニューアルオープンする。1981年にJR中津駅前のビル4階に中津銀映が開館。200席の銀映1と90席の銀映2があったが、シネコンの進出で観客数が伸び悩んだことで閉館していた。*20

豊後高田市

玉津東天紅
所在地 : 大分県豊後高田市玉津380-2
開館年 : 2017年4月
閉館年 : 営業中
2017年4月、豊後高田市の商店街「玉津プラチナ通り」にミニシアター「玉津東天紅」(たまつとうてんこう)が開館した。大分県北部唯一の映画館である。閉店したパン工場を改修。1933年に開館して昭和40年代に閉館した映画館「東天紅」が名称の由来。隔週の金曜・土曜・日曜のみ開館し、それ以外の期間はカラオケルームとして使用されている。鑑賞量は一般が1800円、60歳以上が1000円。現在は約450人の会員がおり、一般会員は1300円、60歳以上会員は500円。開業に際しての資金1500万円は、大分県と豊後高田市の補助金も入っており、行政が補助しながら運営する独特のスタイルの映画館である。大分市でシネマ5を運営する田井肇が作品選定に協力している。*21

九州地方 宮崎県

宮崎市

宮崎東映劇場
所在地 : 宮崎県宮崎市中央通6-2(1990年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1999年1月17日(宮崎東映劇場)
Wikipedia : 宮崎東映劇場
1960年の映画館名簿では「宮崎東映」。1969年の映画館名簿では「宮崎東映劇場」。1980年の映画館名簿では「宮崎東映劇場・宮崎東映パラス」(2館)。1990年の映画館名簿では「宮崎東映シネマ1・2」(2館)。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

1999年1月17日、宮崎市中央通の映画館「宮崎東映劇場」が閉館する。東映の直営館だった。理由は観客離れによる業績不振。施設は宮崎市内の興行会社が引き継ぎ、5月23日に洋画上映館「マジソンシアター」として再出発する。運営する九州東映事業によると、移転や建て替えなどの際に資料が廃棄されて詳しくわからないものの、1956年頃には開館していたとされる。1993年から現在の貸しビルで営業していたが、施設を借りてまで直営するメリットが薄れていたという。*22

1999年1月17日、宮崎市中央通3丁目の映画館「宮崎東映劇場」が閉館する。1スクリーン180席。観客数の減少による経営不振が理由。東映の子会社である九州東映事業が運営していた。宮崎県における大手邦画会社の直営館は宮崎東宝劇場のみとなる。昭和30年代初頭に開館し、1993年には現在の貸しビルに移転していた。1998年の観客数は2万7000人、興行収入は3700万円だった。宮崎市内の興行会社が施設を引き取って改装し、1月23日には洋画上映館「マジソンシアター」が開館する予定である。*23
宮崎セントラル会館
所在地 : 宮崎県宮崎市橘通西4-1-4(1980年)、宮崎県宮崎市橘通西4-1-2(1990年・2000年)
開館年 : 1977年
閉館年 : 2005年5月1日
1980年野映画館名簿では「宮崎スカラ座・宮崎東宝劇場・宮崎東宝プラザ・宮崎セントラル・宮崎オスカー」(5館)。1990年の映画館名簿では「宮崎スカラ座・宮崎東宝劇場・宮崎東宝プラザ・宮崎セントラル・宮崎アカデミー・宮崎オスカー・宮崎セントラル1」(7館)。2000年の映画館名簿では「宮崎セントラル・宮崎アカデミー・宮崎オスカー・宮崎ティアラ・宮崎東宝劇場・宮崎プラザ」(6館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2005年5月1日、宮崎市の映画館ビル「宮崎セントラル会館」でセントラル観光が運営していた映画館が閉館した。5月17日にはイオン宮崎内に、セントラル観光によるシネコンが開館する。1977年にセントラル観光が運営を開始し、宮崎県最大規模の映画館であった。宮崎セントラル会館の映画館は7スクリーン計1300席を有しているが、シネコンは9スクリーン計1832席となる。*24
宮崎松竹ピカデリー・宮崎にっかつ/宮崎ピカデリー・宮崎シネサロン/宮崎ピカデリー・宮崎シネサロン・宮崎マジソンシアター
所在地 : 宮崎県宮崎市中央通3-47(1980年・1990年)、宮崎県宮崎市中央通3-47 中めがね東洋ビル5階、4階(2000年)
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 2007年12月21日
1980年の映画館名簿では「宮崎松竹ピカデリー・宮崎にっかつ」。1990年の映画館名簿では「宮崎ピカデリー・宮崎シネサロン」(2館)。2000年の映画館名簿では「宮崎ピカデリー・宮崎シネサロン・宮崎マジソンシアター」(3館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2007年12月21日、宮崎市の映画館「宮崎ピカデリー」と「宮崎シネサロン」が閉館する。経営難などが理由。1974年に開館し、当初はピカデリーが大作映画、シネサロンが単館系作品を上映していた。宮崎市内にシネコンが開館したことで、2005年頃から観客数が減少し、ピーク時の半分まで落ち込んだことから、2007年9月に閉館が決定した。*25

2007年12月21日、宮崎市中央通の商業ビル5階にある「宮崎ピカデリー」と「宮崎シネサロン」が閉館する。2005年に宮崎市郊外にシネコンが開館して観客数が減少したことが理由。宮崎ピカデリーでは最終週の12月15日から12月21日に『ニュー・シネマ・パラダイス』を上映する。*26

2007年12月21日、宮崎市中央通の映画館「宮崎ピカデリー」が閉館する。12月15日からは「ラストショー」と題して、500円で『ニュー・シネマ・パラダイス』を上映する。*27
宮崎ロマン東映/宮崎東映パラス/宮崎ロマン
所在地 : 宮崎県宮崎市中央通6-10(1980年・1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 宮崎ロマン
1980年の映画館名簿では「宮崎ロマン東映」。1990年の映画館名簿では「宮崎東映パラス」。2000年・2010年の映画館名簿では「宮崎ロマン」。
宮崎キネマ館1・2
所在地 : 宮崎県宮崎市橘通東3-1-11 アゲインビル2階(2010年)
開館年 : 2001年3月24日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 宮崎キネマ館
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「宮崎キネマ館1・2」(2館)。

2011年10月1日、宮崎市の映画館「宮崎キネマ館」で『僕たちは世界を変えることができない。』の舞台挨拶が行われ、主演した俳優の向井理が挨拶した。配給会社の東映は最も多くの応援メッセージを集めた映画館に向井を派遣するイベントを企画し、9745通のメッセージを集めた宮崎キネマ館は、全国108の映画館の中で首位となった。*28

宮崎市のミニシアター「宮崎キネマ館」で上映されている『カメラを止めるな!』には行列ができている。宮崎県で唯一の上映館であるため。人気に火が付く前から公開を決めていたが、ブームに火が付いたことで、予定より2週間早く8月11日から上映を開始した。8月26日に行われた上田慎一郎監督の舞台挨拶は、瞬く間に予約が埋まった。*29
宮崎セントラルシネマ
所在地 : 宮崎県宮崎市新別府町江口862-1 イオンモール宮崎内(2010年)
開館年 : 2005年5月17日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : セントラルシネマ宮崎
2000年の映画館名簿には掲載されていない。前身は2005年5月1日に閉館した「宮崎セントラル会館」。2010年の映画館名簿では「宮崎セントラルシネマ1-9」(9館)。

延岡市

延岡大師館・延岡名画座
所在地 : 宮崎県延岡市山下町2-6-6(1980年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1980年以後1990年以前
1969年・1980年の映画館名簿では「延岡大師館・延岡名画座」(2館)。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
有楽映劇/延岡有楽映画劇場/延岡東宝有楽
所在地 : 宮崎県延岡市幸町88(1980年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1980年以後1990年以前
1960年の映画館名簿では「有楽映劇」」。1969年の映画館名簿では「延岡有楽映画劇場」。1980年の映画館名簿では「延岡東宝有楽」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
延岡ニュー旭館・延岡松竹劇場・延岡日活劇場・延岡東映劇場/延岡旭館1・2
所在地 : 宮崎県延岡市安賀多町3-3-1(1980年・1990年)
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1980年の映画館名簿では「延岡ニュー旭館・延岡松竹劇場・延岡日活劇場・延岡東映劇場」(4館)。1990年の映画館名簿では「延岡旭館1・2」(2館)。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
延岡シネマ・延岡ピカデリー・延岡ロマン/延岡スカラ座・延岡ピカデリー・延岡セントラル/延岡セントラル1・2・3/延岡シネマ1・2・3
所在地 : 宮崎県延岡市北町1-1-13(1980年・1990年・2000年)、宮崎県延岡市中町17-9(2010年)
開館年 : 1970年
閉館年 : 営業中
港町キネマ通り : 延岡シネマ
1970年開館。1979年現行ビル化。1980年の映画館名簿では「延岡シネマ・延岡ピカデリー・延岡ロマン」(3館)。1990年の映画館名簿では「延岡スカラ座・延岡ピカデリー・延岡セントラル」。2000年の映画館名簿では「延岡セントラル1・2・3」(3館)。2010年の映画館名簿では「延岡シネマ1・2・3」(3館)。

都城市

神都館/都城神都館
所在地 : 宮崎県都城市上町2-19(1980年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1980年以後1990年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1960年の映画館名簿では「神都館」。1969年・1980年の映画館名簿では「都城神都館」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
都城セントラル映画劇場/都城セントラル劇場・都城日活劇場
所在地 : 宮崎県都城市中町13-6(1980年・1990年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1969年の映画館名簿では「都城セントラル映画劇場」。1980年・1990年の映画館名簿では「都城セントラル劇場・都城日活劇場」(2館)。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
都城東宝劇場/都城東宝劇場・都城東宝劇場2/都城スカラ座/都城シネポート別館
所在地 : 宮崎県都城市上町6-19(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 2003年1月26日
1969年・1980年の映画館名簿では「都城東宝劇場」。1990年の映画館名簿では「都城東宝劇場・都城東宝劇場2」(2館)。1996年にシネポートの運営会社が都城東宝を引き継いで別館に。2000年の映画館名簿では「都城シネポート別館」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2003年1月26日、都城市の映画館「シネポート別館」が閉館した。1スクリーン180席。都城市にはかつて10館近くの映画館があったが、これによって3スクリーンの「シネポート」のみとなった。1962年に「都城東宝」として開館。当時は傾斜がある客席は珍しかった。1990年に経営者が交代して「都城スカラ座」に改称し、1996年にシネポート別館に改称した。観客数の減少や施設の老朽化などが閉館の理由。都城東宝時代には年間3万人以上の観客数があったが、1万人余りに減少していた。*30
都城東映劇場/都城シネポート/シネポート1・2・3
所在地 : 宮崎県都城市中町16-20(1980年・1990年・2000年)、宮崎県都城市北町1-1-13(2010年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 営業中
港町キネマ通り : CINE PORT
1980年の映画館名簿では「都城東映劇場」。1990年・2000年の映画館名簿では「都城シネポート」。2001年移転。2010年の映画館名簿では「シネポート1・2・3」(3館)。

日向市

シネスクリーンアスティ1・2/シネスクリーンアスティ1
所在地 : 宮崎県日向市都町10754-11(1990年・2000年)、宮崎県日向市都町 日向寿屋3階(閉館時)
開館年 : 1987年10月14日
閉館年 : 2000年以後2010年以前
1990年の映画館名簿では「シネスクリーンアスティ1・2」(2館)。2000年の映画館名簿では「シネスクリーンアスティ1」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。2スクリーン176席のビデオシアター。

日南市

日南大劇・テアトル日南/シネマ日南
所在地 : 宮崎県日南市岩崎3-13-1(1990年・2000年)
開館年 : 1990年以前
閉館年 : 2000年以後2010年以前
1990年の映画館名簿では「日南大劇・テアトル日南」(2館)。2000年の映画館名簿では「シネマ日南」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

九州地方 鹿児島県

鹿児島市

鹿児島名画座
所在地 : 鹿児島県鹿児島市下荒田3-27-20(1990年)
開館年 :
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1990年の映画館名簿では「鹿児島名画座」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
鹿児島有楽座・鹿児島ロマン
所在地 : 鹿児島県鹿児島市山之口町11-1(1990年)
開館年 :
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1990年の映画館名簿では「鹿児島有楽座・鹿児島ロマン」(2館)。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
鹿児島文化プラザ120・鹿児島文化プラザ80
所在地 : 鹿児島県鹿児島市東千石町2-12(1990年)
開館年 :
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1990年の映画館名簿では「鹿児島文化プラザ120・鹿児島文化プラザ80」(2館)。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
鹿児島東映劇場
所在地 : 鹿児島県鹿児島市千日町13-24(1990年)
開館年 : 1962年3月15日
閉館年 : 2004年9月16日
1990年・2000年の映画館名簿では「鹿児島東映劇場」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

1962年3月15日に東映会館が開館。鉄筋コンクリート造1790m2。地上3階・地下1階建。地下1階と1階が映画館。2階と3階はキャバレーエンパイア。2004年9月16日には閉館。東映九州最後の直営館だった。翌日の9月17日には西鹿児島駅前に鹿児島ミッテ10が開館している。
松竹高島劇場/鹿児島松竹タカシマ/松竹タカシマ1・2・3
所在地 : 鹿児島県鹿児島市
開館年 : 1987年4月25日
閉館年 : 2005年5月5日
1990年・2000年の映画館名簿では「鹿児島ピカデリー・鹿児島松竹高島」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

1987年4月25日に開館。2階がピカデリー、4階が松竹高島劇場。2000年8月には松竹高島劇場が3スクリーンの鹿児島松竹タカシマに。2005年5月5日に閉館した。*31
文化劇場/鹿児島シネシティ文化
所在地 : 鹿児島県鹿児島市千日町5-6(1980年)
開館年 : 1957年9月
閉館年 : 2006年6月5日
1990年の映画館名簿では「鹿児島シネシティ文化1-4」(4館)。2000年の映画館名簿では「鹿児島シネシティ文化1-5」(5館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

福岡県の有楽興行は鹿児島県に進出し、1957年9月に富士館を文化劇場と改称して鹿児島の拠点とした。1959年に劇場を新築し、鹿児島市の洋画館として初めて冷房設備を設置した。文化劇場・銀ザシネマ・銀座劇場の洋画上映館3館は提携して番組編成を行っており、文化劇場はその要となった。1988年9月には約10億円を投じた地上7階・地下1階のシネシティビルが千日町天文館通りに完成し、4スクリーンの複合映画館「シネシティ文化」が開館。厳密にはシネコンの定義には当てはまらない。1990年6月には5スクリーンに増やし、2003年12月には6スクリーンに増やした。2004年にミッテ10が開館したことなどが理由で、2006年6月5日から休館し、10月7日には営業再開の断念を決定した。*32
鹿児島東宝銀映座/鹿児島東宝銀映・鹿児島東宝スカラ座/鹿児島東宝銀座・鹿児島東宝スカラ座・鹿児島銀座劇場/鹿児島東宝1・2・3
所在地 : 鹿児島県鹿児島市千日町14-28(1980年・1990年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 2006年10月11日
1969年の映画館名簿では「鹿児島東宝銀映座」。1980年の映画館名簿では「鹿児島東宝銀映・鹿児島東宝スカラ座」(2館)。1990年の映画館名簿では「鹿児島東宝銀座・鹿児島東宝スカラ座・鹿児島銀座劇場」(3館)。2000年の映画館名簿では「鹿児島東宝1・2・3」(3館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2006年10月11日には鹿児島市の映画館「鹿児島東宝」が閉館し、南九州随一の繁華街である天文館から映画館が姿を消す。天文館には1911年に常設映画館が開館し、最盛期には16の映画館がひしめいていた。2年前の時点ではシネシティ(6スクリーン)、鹿児島東映、松竹タカシマ(3スクリーン)、鹿児島東宝(3スクリーン)の4館計13スクリーンが営業していたが、JR鹿児島中央駅前のアミュプラザに開館したシネコン「鹿児島ミッテ10」の影響は大きく、まずは鹿児島東映と松竹タカシマが閉館し、2006年6月には天文館にある6スクリーンの映画館「シネシティ文化」も閉館していた。2006年10月14日には郊外に10スクリーンのTOHOシネマズ与次郎が開館するため、鹿児島東宝の閉館が決定した。*33

1995年には東宝銀座が3スクリーンの鹿児島東宝に。鹿児島東宝は2004年10月14日をもって閉館。翌日には鹿児島市郊外にTOHOシネマズ与次郎が開館している。*34
鹿児島旭シネマ
所在地 : 鹿児島県鹿児島市中央町20-12(2010年)
開館年 : 1977年2月
閉館年 : 2017年9月30日
1990年・2000年・2010年の映画館名簿では「鹿児島旭シネマ」。晩年は鹿児島県唯一の成人映画館だった。

1977年2月、上町東映の経営者は西鹿児島駅周辺の平和通り(ベル通り)に西駅旭シネマを開館させた。西鹿児島駅周辺では久々の映画館だった。*35
鹿児島ミッテ10
所在地 : 鹿児島県鹿児島市中央町1-1 アミュプラザ鹿児島6階
開館年 : 2004年9月
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「鹿児島ミッテ10 1-10」(10館)。10スクリーンのシネコン。

2004年3月には九州新幹線の新八代駅=鹿児島中央駅間が開業。同年9月には鹿児島中央駅ビルに隣接して複合商業施設「アミュプラザ鹿児島」が開業し、6階にシネコン「鹿児島ミッテ10」が開館。10スクリーン計1922席。東映の子会社と有楽興行の合弁会社が運営。*36
TOHOシネマズ与次郎
所在地 : 鹿児島県鹿児島市与次郎1-11-1 フレスポジャングルパーク内
開館年 : 2004年10月15日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「TOHOシネマズ与次郎1-10」(10館)。
ガーデンズシネマ
所在地 : 鹿児島県鹿児島市呉服町6-5 マルヤガーデンズ7階
開館年 : 2010年4月4日
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿には掲載されていない。
天文館シネマパラダイス
所在地 : 鹿児島県鹿児島市東千石町19‐1 LAZO表参道3階
開館年 : 2012年5月3日
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿には掲載されていない。7スクリーン計875席のシネコン。

鹿屋市

鹿屋テアトル文化
所在地 : 鹿児島県鹿屋市本町4-6(1980年・1990年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1992年2月
1969年・1980年・1990年の映画館名簿では「鹿屋テアトル文化」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

1992年2月には鹿屋市のテアトル文化が閉館。鹿児島県内では鹿児島市以外にあった唯一の映画館だった。2000年8月には奄美市にシネマパニックが開館するまで、約8年間は鹿児島県内の映画館は鹿児島市のみという状態が続いた。*37
リナシアター
所在地 : 鹿児島県鹿屋市大手町1-1 鹿屋市市民交流センター内
開館年 : 2007年4月
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「リナシアター」。

2007年4月に鹿屋市民交流センター「リナシティ」にリナシアターが開館。鹿屋市の指定管理施設。座席数68席。

西ノ表市

西ノ表文化劇場
所在地 : 鹿児島県西ノ表市西町3-2(1990年)
開館年 :
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1990年の映画館名簿では「西ノ表文化劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

奄美市

シネマパニック
所在地 : 鹿児島県奄美市名瀬有屋町2-3
開館年 : 2000年8月3日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「シネマパニック機Ν供廖

2000年8月3日には名瀬市に映画館「シネマパニック」が開館した。1989年に閉館した映画館の跡地を改装しており、140席と50席の2スクリーンがある。鹿児島県の地方部としては8年ぶりの映画館である。*38

2010年6月1日には奄美市の「シネマパニック」が閉館した。鹿児島県の離島部唯一の映画館だった。*39

伊佐市

大口喜楽館
所在地 : 鹿児島県里2070(1990年)
開館年 :
閉館年 : 1990年以後2000年以前
1990年の映画館名簿では「大口喜楽館」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

姶良市

シネマサンシャイン姶良
所在地 : 鹿児島県姶良市東餅田336 イオンタウン姶良東街区3階
開館年 : 2010年以後
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿には掲載されていない。

熊毛郡中種子町

平興行
所在地 : 鹿児島県熊毛郡中種子町野間旭町(1980年)

九州地方 沖縄県

石垣市

シネマ石垣
所在地 : 沖縄県石垣市美崎町7-14(1990年・2000年)
開館年 : 1980年以後1990年以前
閉館年 : 2001年
2001年にはシネマ石垣が閉館した。2003年7月12日には営業を再開した。*40

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます