「愛知県の映画館の総合情報サイト」であり、「日本の映画館の総合データベース」です。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


刈谷市

刈谷市の映画館

1957年(昭和32年)の商工年鑑には、映画館として「刈谷映画劇場」、「株式会社大黒座」、「日劇」の3館が掲載されている。刈谷映画劇場は、代表者が大野允敬、所在地が葭池町1。大黒座は、代表者が保良市蔵、所在地が元中根町47。日劇は、代表者が堀部俊枝、所在地が二ツ池下。*1

1962年(昭和37年)の商工年鑑には、映画館として「刈谷映画劇場」、「株式会社大黒座」、「日本劇場」の3館が掲載されている。刈谷映画劇場は、代表者が大野久吉、所在地が広小路1-15。大黒座は、代表者が保良市蔵、所在地が司町1-31。日本劇場は、代表者が堀部煌三、所在地が司町3-33。*2

1967年(昭和42年)の商工年鑑には、映画館として「刈谷映画劇場」、「株式会社大黒座」、「日本劇場」の3館が掲載されている。刈谷映画劇場は、代表者が大野久吉、所在地が広小路1-15、従業員が16人。大黒座は、代表者が三浦善一郎、所在地が司町1-31、従業員数が11人。日本劇場は、代表者が堀部治雄、所在地が広小路3-33、従業員数が12人。*3

刈谷東宝映画劇場/刈谷映画劇場

昭和20年代の刈谷映劇
所在地 : 愛知県碧海郡刈谷町(1950年)、愛知県刈谷市葭池町39(1955年)、愛知県刈谷市葭池町(1960年)、愛知県刈谷市広小路1-15(1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1918年
閉館年 : 2000年
Wikipedia : 刈谷映劇
地図 : 消えた映画館の記憶地図
1950年の映画館名簿では「刈谷東宝映画劇場」。1955年・1963年・1966年・1969年・1973年・1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「刈谷映画劇場」。1973年の全航空住宅地図帳では「刈谷映画劇場」。跡地は2002年竣工のマンション「ユーハウス第5刈谷」。「刈谷映劇」とも呼ばれた。

刈谷映画劇場では1979年の正月興行として、山口百恵・三浦友和主演『炎の舞』とピンク・レディ主演の『活動大写真』を上映。*4

刈谷映画劇場では1979年11月6日まで、『配達されない三通の手紙』と『男はつらいよ 寅さん誕生』を上映。11月8日から11月15日まで『太陽を盗んだ男』と『黄金のパートナー』を上映。*5

刈谷映画劇場では1982年7月3日から7月15日まで、『マチルダ』と『スター・ウォーズ』を上映。*6 刈谷映画劇場では1985年1月17日まで、超大作怪獣映画『ゴジラ』を上映。*7 刈谷映画劇場では1985年9月25日まで、市川崑監督作『ビルマの竪琴』を上映。*8 刈谷映画劇場では1986年12月10日まで、『スペクターX』と『魔男天使』を上映。12月13日から1987年1月中旬まで『タッチ2』と『恋する女たち』を上映。*9

刈谷映劇は刈谷市新栄町にあった。戦前からの映画専門劇場であり、通称「東宝」と呼ばれる市民の娯楽の殿堂だった。大黒座と交互に、刈谷市主催の成人式の会場になった時期がある。廃業後の現在は跡地にマンションが建っている。*10

大黒座/刈谷大黒座/刈谷大黒座シネマ1・2

1955年頃の大黒座
所在地 : 愛知県刈谷市元中根47(1955年)、愛知県刈谷市元中根町48(1960年)、愛知県刈谷市司町1-31(1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1918年(芝居小屋)、1950年(映画専門館)
閉館年 : 2012年
Wikipedia : 大黒座
地図 : 消えた映画館の記憶地図
1955年・1960年の映画館名簿では「大黒座」。1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1981年・1982年の映画館名簿では「刈谷大黒座」。1973年の全航空住宅地図帳では「大黒座」であり当時は大黒座前バス停もあった。1983年・1984年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「刈谷大黒座シネマ1・2」(2館)。跡地は分譲住宅地。

明治時代の刈谷町緒川町(現・刈谷市司町)には大生座という芝居小屋があった。大正時代には東浦の緒川に通ずる街道の急坂を直すために土を取り、跡地広場に伊藤鋭太郎という人が大黒座を創立した。名古屋の御園座をまねて仕上げたといい、格天井・周り舞台・大小2つの花道と桟敷など豪華なものであった。戦後には映画専門の劇場となった。*11

1918年(大正7年)には大黒座が創設され、尾上菊五郎や松本幸四郎の歌舞伎の興行、映画の上映、政談演説会などが催された。格天井、回り舞台などを持つ大きな芝居小屋だったが、老朽化により大黒座に変わった。手前は美しい庭園を持つ料理屋の大喜館で、跡地には電装会館が建っている。*12

五代目坂東蓑助は1909年(明治42年)に知立の東雲座で公演を行った。翌月には刈谷の大黒座で公演を行ったが、興行中に急死した。47歳だった。*13

大黒座は1918年に芝居小屋として開業し、1950年に映画館に転換した。2007年11月には刈谷市のNPO法人が、近くに駄菓子屋併設小規模デイサービス施設「だいふく」を開設。「だいふく」は大黒座から駐車場を借りていた。2012年3月に大黒座が閉館すると、映画館業と合わせてレンタルビデオ業も営んでいたオーナーから年寄りの観賞用に映画のビデオテープ1200本を無償で譲り受けた。これにより、「だいふく」は運営するデイサービスセンターの一角にミニシアターの整備を進めている。*14

日本映画最盛期の刈谷市内には、東宝・松竹の上映館“刈谷映画劇場”、東映・日活の“大黒座”といった邦画専門館が存在した。*15

1898年(明治31年)、大野介蔵(刈谷町長の大野一造の父?)によって旧緒川町の坂の下り口に大生座が開館した。大野家の先祖は常総国結城郡大生村(おおのおむら、現在の茨城県常総市)出身であるため村名を館名とした。向かって右側に木戸札を売る木戸口があり、左側に氷水などを売る売店があった。ホールの入口には木戸番が座り、大人の木戸札と子供の木戸札を受け取って入場者数を数えた。回り舞台があり、大道具・小道具の奥が楽屋だった。歌舞伎の興行が多く、市川團十郎一座などの有名な役者がきた。浪花節の東中軒雲右衛門の興行の際などは、前日から行列ができて緒川町は大賑わいだったという。400人ほどの客が入ると、大道具・小道具から木戸番・下足番まで二銭銅貨を入れた大入り袋が配られた。当時流行した新派の「不帰鳥」(ホトトギス)なども人気があった。後には活動写真も上映し、開始時刻の午後2時まではのぼりを立てた楽隊が宣伝に回った。*16

日本劇場/刈谷日本劇場/刈谷日劇

刈谷日劇
Asturio Cantabrio cc-by-4.0
所在地 : 愛知県刈谷市広小路3-33(1963年)、愛知県刈谷市御幸町1-86(1973年・1976年・1980年・1985年)、愛知県刈谷市御幸町4-208(1990年・1995年・2000年・2005年・2015年)
開館年 : 1954年
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 刈谷日劇
港町キネマ通り : 刈谷日劇/刈谷小劇場 - 港町キネマ通り
地図 : 消えた映画館の記憶地図
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「日本劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「刈谷日本劇場」。1973年・1974年・1975年の映画館名簿では「刈谷日本劇場・刈谷小劇場」(2館)。1973年の全航空住宅地図帳では「刈谷会館 小劇 日劇 パチンコ」であり移転前の場所は空き地。1976年・1977年・1978年・1980年・1981年・1982年・1983年・1984年・1985年の映画館名簿では「刈谷日劇・刈谷小劇場」(2館)。1990年・1991年・1992年・1993年・1994年・1995年・1997年・1998年・1999年・2000年・2001年・2002年・2004年・2005年・2006年の映画館名簿では「刈谷日劇・刈谷小劇場・刈谷日劇3」(3館)。2010年の映画館名簿では「刈谷日劇・刈谷小劇場」(2館)。2015年・2018年の映画館名簿では「刈谷日劇1・刈谷日劇2」(2館)。

1970年12月25日の『中日新聞』「映画案内」によると、12月26日には愛三ビルに成人映画専門の新館として刈谷小劇が開館する。オープニング作品は『女湯物語』や『浮世院参り』などの成人映画3本立て。刈谷市唯一の「邦画・成人映画専門劇場」であり18歳未満の方の入館お断りとある。今週に入館された方にはもれなく雑誌『成人映画』をプレゼントとある。*17

1987年4月28日の『中日新聞』「映画案内」によると、4月29日には新館として日劇3が開館する。オープニング作品は1986年のアメリカ映画『プラトーン』と1986年のアメリカ映画『サボテン・ブラザース』。刈谷日劇、日劇3、刈谷小劇の3館体制となる。刈谷日劇では1986年のアメリカ映画『リトルショップ・オブ・ホラーズ』と1985年のアメリカ映画『エルム街の悪夢2 フレディの復讐』を上映している。刈谷小劇では痴漢電車大会3本立てを上映している。*18

「仕事帰りにぶらっと映画でもどう? 60余年の歴史あり 刈谷市唯一の映画館 刈谷日劇」地域情報フリーペーパー『COCON』2016年3月号、第13号、pp.4-5
昭和29年、週3本の映画を上映する洋画専門館として、先代社長が広小路町に開館した「刈谷日劇」。昭和46年に御幸町に移転、平成13年のリニューアルを経て、平成24年からは2スクリーンのミニシアターとして営業しています。市内にいくつかあった映画館はすでに閉館し、市唯一の映画館となった刈谷日劇。地元の映画館の魅力について、お話を伺ってきました。

地元の人も、映画ファンも作品と交流を楽しめる場所
スクリーン1では最新のデジタル映写機による新作を、スクリーン2ではいわゆる「名画座」スタイルの2本立てをと、1つの映画館の中で2つの楽しみ方ができる「刈谷日劇」。20年前に入れ替えたというスピーカーは、「当時最高級なものを入れたんです。セッティングの関係か『シネコンよりもいい音がする』と言ってくださる方も多くて」と、代表取締役の堀部さん。そのため、音楽に関係した映画を比較的多く上映しているのだとか。スクリーン1は堀部社長が、スクリーン2はマネージャーの亀谷さんが作品を選んでいますが、「作品選びの参考にするのは、お客様のリクエスト」と亀谷さん。マニアックになり過ぎず万人に楽しんでもらえることにも留意して、作品選びをされています。

刈谷日劇ならではの特徴のひとつが、今でもフィルム上映が楽しめること。フィルム作品を昔と同じ環境で見られるので懐かしく、また貴重だということから、作品によっては名古屋や東京からもファンが訪れています。亀谷さんは「ここでしか観られないものを求めて遠方から来ていただけるのはとてもありがたい。でも、もっと地元の方にも気軽に来てもらえたら」と考えています。近年では、テレビはもちろんDVDレンタルなども増え頻繁には映画館に行かない方も多いのでは。それでも映画館だからこそ味わえるのが臨場感。住宅事情などの変化で、自宅で大きな音を出すのは気が引けて…という方にも、大きなスクリーンと音響設備は魅力的です。さらには「お客様とお話ししてわかったのですが、映画が好きな人はそのことを誰かと語り合いたいという気持ちが強いようです」と亀谷さん。刈谷日劇の休憩スペースで話に花を咲かせている場面もよく見らられるのだとか。「ファン同士で話ができるというのも、わざわざ映画館に出かけるきっかけになると思います。シネコンではなく規模が小さいからこそ、顔なじみになりやすいのかもしれませんね」。刈谷日劇は、映画と人、そして人と人とをつなぐ場にもなっています。

興行収入など、やっと少しずつ映画界も盛り返してきているそうですが、さまざまな娯楽やレジャーのある今日、刈谷というまちの規模でも、一企業でのミニシアターの経営は、いつ閉館しても仕方ないような状況なのだそう。それでも堀部社長は「刈谷の文化や芸術を少しでも残していきたい」と考えています。この春には近隣市とも協力しフィルムコミッションの立ち上げも計画中で、映画をきっかけとしたまちづくりにも取り組んでいます。亀谷さんは「スクリーン2は名画座スタイルなので、入場料を払えばお気に入りの作品ならくりかえし観て一日中でも楽しめます。本命のついでに見た作品が面白かったという経験もありますから(笑)、新しい作品に出会えるきっかけにもなる。地元の方にも映画ファンにも満足してもらえる作品を提供したい。映画館を残したいという社長の思いにも応えたいです」とお話ししてくださいました。

毎月第2土曜の19時からは、亀谷さんと刈谷日劇ファンとで、映画についてワイワイと語らう場が設けられています。「ギャラをお支払いしているわけでもないんですが、たくさん集まってくださって(笑)、皆さんにいろいろ教えていただいています。その後お茶をしにいったりもするんですよ」。そこから友達になって新しい交流が始まって、という方もたくさんいるのだそう。初めての方でも、もろちん参加OKなのでお気軽にどうぞ。また、刈谷日劇のラスト上映は19時からですが、ここにも亀谷さんの「仕事帰りにぶらっと1本見に行けるように」という思いが込められています。「何を上映しているかわからないけどぶらっと行ってみようかな、気分転換に2時間ほど違う世界に行ってみようかな、と気楽な感じで足を運んでもらえたら。なんとか刈谷最後の映画館として残していきたい。刈谷の方でもここに映画館があると知らない方もいらっしゃるので、ぜひ映画館の存在を知っていただきたいです」。

休憩スペース
休憩スペースには軽食やドリンクが。壁面に描かれているのは、三池崇史監督作品の美術を手掛けることなどで知られる、映画美術監督・林田裕至氏の直筆! 舞台挨拶に来られた際に、2日かけて2面を描かれたのだとか。ド迫力!
館内の様子
40代、50代〜の方には懐かしさもある「映画館」のムードを、今なお感じられる館内。当時の気分に浸りながら映画を楽しむのもおススメ。
フリーメッセージボード
見たい作品のリクエストや、映画ファン同士の交流の場として設けられている「掲示板」。「ぜひ〇〇やってください」「居心地いいのでまた来ます!」などの声がびっしり。
フィルム映写機
スクリーン1のフィルム映写機。昔はフィルム映写機が2台並んでいたところへ「1台横にずらしてデジタルを入れました(笑)。スクリーン2では、実際に35mmフィルムにて上映中だった。
代表取締役 堀部俊仁さん
アクションものなどの洋画がお好きな堀部社長。悩んだ末のお気に入り1作品は『グラディエーター』。「アカデミー賞もとりましたよね。ラッセル・クロウ、かっこいいでしょう」
マネージャー 亀谷宏司さん
お好きな映画は『私をスキーに連れてって』。「一番見ているというならこれです。ベタすぎるくらいベタで娯楽大作過ぎてあまり現実味はありませんが(笑)、当時の社会すべてがつめこんである。スキーが好きなので、年に1回ずつ、冬が近くなると見ています。


知立市

知立市の映画館

1901年に東海道沿いに東雲座が開館し、知立出身の坂東蓑助の歌舞伎公演も行われた。大正末期には東雲座が知立劇場に改称し、1950年には映画館となった。1952年にはオリオン座が開館し、1955年には第一劇場も開館した。しかし1959年にはオリオン座が閉館し、1975年には知立劇場も閉館、1991年には第一劇場が閉館して、全盛期にあった3館はすべて消えた。1950年の知立劇場の外観の写真あり。昭和時代の第一劇場の外観の写真あり。1952年のオリオン座のチラシの写真あり。*19

オリオン座/知立オリオン/知立オリオン座

所在地 : 愛知県碧海郡知立町知立西新地(1955年)
開館年 : 1952年
閉館年 : 1961年
地図 : 消えた映画館の記憶地図
1950年の映画館名簿には掲載されていない。『全国映画館総覧 1955』によると1952年設立。1955年の映画館名簿では「オリオン座」。1960年の映画館名簿では「知立オリオン」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の全航空住宅地図帳では跡地に「岡崎信用金庫知立支店」。1984年の航空住宅地図帳では跡地に「山本学園 体育館・講堂」。現在の跡地は「山本学園1号館」。名鉄名古屋本線知立駅または名鉄三河線三河知立駅からほぼ等距離。

この写真が撮影された当時、旧知立駅(現・三河知立駅)周辺に洋画専門の「オリオン座」と東映系の「第一劇場」があった。*20

1952年(昭和27年)には新地町にオリオン座が開館。経営者は工業会社の社長による兼任であり、また人気映画の配給権が得られなかった。このため経営は苦しく、何度か経営権の委譲が行われている。*21

1955年(昭和30年)頃のオリオン座の写真あり。1952年(昭和27年)に知立2番目の映画館としてオリオン座が開館した。人気作品の配給権獲得競争に負け、1959年(昭和34年)末に閉館した。現在の山本学園1号館の場所である。*22

東雲座/知立劇場

1950年の知立劇場
所在地 : 愛知県碧海郡知立町中山町30(1955年)、愛知県知立市中山町77(1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1926年
閉館年 : 1975年
Wikipedia : 知立劇場
地図 : 消えた映画館の記憶地図
『全国映画館総覧 1955』によると1926年設立。1950年・1955年の映画館名簿では「知立劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の全商工住宅案内図帳では「知立劇場」。1963年・1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「知立劇場」。1973年の全航空住宅地図帳では「知立劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。1984年の航空住宅地図帳では跡地に駐車場。現在の跡地は「鈴木洋服店」の20m東にある月極駐車場。最寄駅は名鉄三河線三河知立駅。

文政8年(1825)の大阪版芝居番付「諸国芝居繁栄数望」には、東方三段目(13番目)に三州池鯉鮒が格付けされているように、知立は演劇の盛んなところであった。その名残で1891年(明治24年)には西三河でもまだ珍しかった常小屋として日吉座が開館した。1901年(明治34年)6月、大村六三郎を座主とする東雲座のこけら落し公演が行われた。1910年(明治43年)には知立出身の歌舞伎俳優である坂東蓑助の一座が東雲座で興行した。*23

知立出身の歌舞伎役者には五代目坂東蓑助がいる。元治元年(1864)に池鯉鮒宿の旅籠巴屋の次男として生まれた。本名は鉄三郎であり、母の実家は東境(刈谷市)の泉正寺である。鉄三郎はやがて坂東喜知六の養子となり、1889年(明治22年)に守田勘弥の知遇を受けて坂東蓑助を襲名した。1909年(明治42年)に故郷知立にある東雲座での公演に出演したが、翌月には刈谷の大黒座での興行中に急死した。47歳だった。*24

大正末期には東雲座を建て直して知立劇場が開館したため、劇場内は1階も和式だった。1950年(昭和25年)に増資をし、玄関と座席を洋式にする大改装を行って映画の常設館となった。知立劇場のこけら落しには、沢村宗十郎の「阿古屋の琴責め」が上演された。西三河地方における大劇場であったが、1975年(昭和50年)に閉館した。建物はのちに取り壊されて、1980年(昭和55年)現在の跡地は駐車場となっている。*25

昭和40年代まで知立市中山町には映画館の知立劇場があったため、劇場前の通りは「劇場通り」と呼ばれる。旧国道1号、旧東海道、新地通りが交わる六差路の中町交差点から、旧東海道を東へ向かう通りのことである。この写真が撮影された当時は旧知立駅(現・三河知立駅)近辺に洋画専門の「オリオン座」と東映系の「第一劇場」があった。バイパスが完成する1951年(昭和26年)までは、狭い「劇場通り」が国道1号であり、渋滞が激しかったという。写真は知立劇場の方向から仲町方面を見ている。*26

1950年(昭和25年)の知立劇場の写真あり。大正末期に東雲座を建て直して開館。1950年(昭和25年)に大改装して知立唯一の映画館に生まれ変わった。1975年(昭和50年)閉館。*27

知立第一劇場/知立第一東映

所在地 : 愛知県碧海郡知立町平田43(1960年・1963年)、愛知県碧海郡知立町平田町(1966年・1969年)、愛知県知立市内幸町平田43(1973年・1976年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1994年
地図 : 消えた映画館の記憶地図
1966年の第一劇場
1960年の映画館名簿では「知立第一劇場」。1963年の映画館名簿では「知立第一東映」。1963年の全商工住宅案内図帳では「東映第一」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1993年の映画館名簿では「知立第一劇場」。1973年の全航空住宅地図帳では「第一劇場」。1984年の航空住宅地図帳では「第一劇場」。1994年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は戸建て住宅地。最寄駅は名鉄三河線三河知立駅。

知立市内幸町にあった第一劇場の写真。かつて知立には3つの映画館があった。1955年(昭和30年)に最後発として開館したのが第一劇場であり、3年前の1952年(昭和27年)に新地町に開館したオリオン座に続く3番目だった。第一劇場の開館から4年後にはまずオリオン座が閉館し、1975年(昭和50年)には老舗の知立劇場も閉館した。第一劇場も平成になってから閉館し、2009年(平成21年)には建物も取り壊された。*28

1955年(昭和30年)12月には建坪260坪(860平方メートル)の第一劇場が開館。1977年(昭和52年)現在の知立に残る映画館は第一劇場のみである。*29

1965年(昭和40年)の第一劇場の写真あり。昭和30年代には全国で映画館の開館ブームが起こり、1955年(昭和30年)12月に知立3番目の映画館として第一劇場が開館した。*30

アミスタ知立

所在地 : 愛知県知立市
開館年 : 1994年?
閉館年 : 不明
地図 : 消えた映画館の記憶地図
1994年11月10日、大型ショッピングセンター「ギャラリエ・アピタ知立」の前身である「ネクステージ知立」がオープンした。現在のセガワールド知立の相当する部分は、アミスタ知立という映画館だった。映画館名簿には登場しない。

知立小劇場

所在地 : 愛知県知立市栄1-8(1980年・1985年)、愛知県知立市栄2-8(1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1978年以後1980年以前
閉館年 : 2008年
地図 : 消えた映画館の記憶地図
1978年の映画館名簿には掲載されていない。1984年の航空住宅地図帳では「マイアミ知立店 映画小劇」。1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2006年の映画館名簿では「知立小劇場」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。ビルの1階が「あっちゃん」、2階が知立小劇場。『映画年鑑1980年版別冊 映画館名簿』によると60席。洋画と成人映画を上映。運営は愛三観光。最寄駅は名鉄名古屋本線・三河線知立駅。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます