閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


岡山市

岡山市は岡山市の映画館を参照。

倉敷市

倉敷市は倉敷市の映画館を参照。

備前地域

玉野市

大黒座
所在地 : 岡山県児島郡胸上村西田井池(1953年)、岡山県児島郡東児町(1960年)
開館年 : 1951年頃
閉館年 : 1962年頃
1953年の映画館名簿では「大黒座」。1955年・1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「大黒座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。映画館の建物は「フナツキ石材本社」の一部として現存。
玉野セントラル映劇
所在地 : 岡山県玉野市玉2569-7(1960年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1962年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「玉野セントラル映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「玉野市総合体育館」北西250mにある駐車場。
日比劇場
所在地 : 岡山県玉野市日比607-5(1955年・1958年)、岡山県玉野市日比宮川町(1960年・1963年)
開館年 : 1930年8月
閉館年 : 1963年頃
1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「日比劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「玉野日比郵便局」南東80mにある駐車場。
和田映劇/和田映画劇場
所在地 : 岡山県玉野市和田(1955年)、岡山県玉野市和田新町2128(1958年)、岡山県玉野市和田2128(1960年・1963年)
開館年 : 1946年4月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年4月開館。1955年・1958年の映画館名簿では「和田映画劇場」。1960年の映画館名簿では「和田映劇」。1963年の映画館名簿では「和田映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「和田橋歯科医院」。
衆楽館
所在地 : 岡山県玉野市玉橋(1955年)、岡山県玉野市玉町221(1958年)、岡山県玉野市玉221(1960年)、岡山県玉野市玉223(1963年)
開館年 : 1946年11月
閉館年 : 1963年4月9日
『全国映画館総覧 1955』によると1946年11月開館。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「衆楽館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「百十四銀行玉野支店」。

1957年(昭和32年)頃の玉野市玉にあった映画館「衆楽館」の写真あり。当時の玉野市の娯楽施設は玉に集中しており、2館の映画館があった。衆楽館は2019年(令和元年)現在の百十四銀行玉野支店の場所にあった。*1
宇野映画劇場/宇野映劇/玉野グランド劇場/宇野日活/玉野宇野日活
所在地 : 岡山県玉野市宇野新地2796(1955年)、岡山県玉野市宇野2796(1958年1960年)、岡山県玉野市宇野2769(1963年)、岡山県玉野市西小浦(1966年)
開館年 : 1947年5月
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年5月開館。1955年・1958年の映画館名簿では「宇野映劇」。1960年の映画館名簿では「玉野グランド劇場」。1963年の映画館名簿では「宇野日活」。1966年の映画館名簿では「玉野宇野日活」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は家電量販店「エディオン玉野店」。
和田昭栄館/玉野和田昭栄館
所在地 : 岡山県玉野市和田162(1960年)、岡山県玉野市和田196(1963年)、岡山県玉野市和田(1966年・1969年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1969年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「和田昭栄館」。1966年・1969年の映画館名簿では「玉野和田昭栄館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「和田公園」。
東映館/宇野東映/宇野東映劇場
所在地 : 岡山県玉野市築港老松通(1955年)、岡山県玉野市築港(1960年・1963年)、岡山県玉野市築港7280(1966年・1969年)
開館年 : 1949年10月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年10月開館。1955年の映画館名簿では「東映館」。1960年・1963年の映画館名簿では「宇野東映」。1966年の映画館名簿では「玉野宇野東映劇場」。1969年の映画館名簿では「宇野東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「JR宇野線宇野駅」西北西130mにあるスナック「さくら」やスナック「百恵」が入るビル。
玉野日活(初代)
所在地 : 岡山県玉野市玉2582(1963年)、岡山県玉野市仲之町(1969年・1973年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1971年から1972年頃(移転)
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「玉野日活」。跡地は「香川銀行玉野支店」北西140mにある駐車場。
太陽館/玉野太陽館
所在地 : 岡山県玉野市栄町2丁目(1955年)、岡山県玉野市玉2707(1960年)、岡山県玉野市玉27(1963年)、岡山県玉野市玉2707(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1948年2月
閉館年 : 1973年以後1976年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年2月開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「太陽館」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「玉野太陽館」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「玉野市総合体育館」西南西200mにある駐車場。
東洋劇場/東洋映画劇場/玉大映館/玉野大映/玉大映/玉野大映館
所在地 : 仲之町2197(1955年)、岡山県玉野市玉2697(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1946年2月
閉館年 : 1973年以後1976年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年2月開館。1955年の映画館名簿では「玉大映館」。1958年の映画館名簿では「玉大映」。1960年の映画館名簿では「玉野大映」。1963年の映画館名簿では「玉大映」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「玉野大映館」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「玉野市総合体育館」西160mにある駐車場。少なくとも2007年までパチンコ店「オメガ玉野店」であり、映画館の建物を転用していた可能性がある。
玉野日活(2代)
所在地 : 岡山県玉野市玉野町1-12-9(1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1971年から1972年頃(移転)
閉館年 : 1986年頃
1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「玉野日活」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。玉野市最後の従来型映画館。跡地は「香川銀行玉野支店」北100mにある駐車場。
キリンシネマ(初代)
所在地 : 岡山県玉野市築港1-7-14(1988年・1990年・1992年)
開館年 : 1986年以後168年以前
閉館年 : 1992年頃
1985年・1986年の映画館名簿には掲載されていない。1988年・1990年・1992年の映画館名簿では「キリンシネマ」。1992年の映画館名簿では経営会社がキリン工業、経営者が木村義輝、支配人が千葉四郎、鉄筋2階、125席、邦画・洋画を上映。
キリンシネマ1・2
所在地 : 岡山県玉野市宇野1-38-1 ショッピングモールメルカ3階(1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1993年
閉館年 : 2007年5月31日
1995年の映画館名簿では「キリン シネマ1・2」(2館)。2000年・2005年の映画館名簿では「キリンシネマ1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2007年5月31日、玉野市宇野1の大型商業施設「メルカ」3階にある映画館「キリンシネマ」が閉館する。シネコンに観客を奪われたのが理由。建物は講演会場などに使用される予定。岡山県最後の二番館だった。1993年に開館した当初は玉野市内の映画会社が経営していたが、1998年にはメルカを運営する第3セクターである玉野街づくり株式会社の運営に変わった。ピークの1999年度には観客数が2万60人となったが、1999年には倉敷市に10スクリーンの「MOVIX倉敷」が開館し、2006年7月には岡山市に10スクリーンの「TOHOシネマズ岡南」が開館したことで、2006年度の観客数は1万1700人にまで落ち込んでいた。累積赤字は2006年度末で1400万円となり、今後は観客数が増える見込みがないため、閉館を決定した。最後の上映作品は『ラストサムライ』と『蒼き狼 地果て海尽きるまで』であり、『ラストサムライ』は閉館記念料金の500円で上映されている。*2

備前市

吉永映画館/吉永劇場
所在地 : 岡山県和気郡吉永町吉永中819-1(1960年)、岡山県和気郡吉永町中(1963年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「吉永映画館」。1963年の映画館名簿では「吉永劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「蒲田ふとん店」西側の看板建築の奥。最寄駅はJR山陽本線吉永駅。
備前劇場
所在地 : 岡山県和気郡備前町西片上(1960年・1963年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「備前劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2018年12月開店の「ローソン備前西片上店」。最寄駅はJR赤穂線西片上駅。
三石劇場/三石東映
所在地 : 岡山県和気郡三石町(1958年)、岡山県和気郡三石町177(1960年・1963年)
開館年 : 1937年以前
閉館年 : 1963年以後1965年以前
1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「三石東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「株式会社桂スチール駐車場」。最寄駅はJR山陽本線三石駅。
日生劇場/日生東映
所在地 : 岡山県和気郡日生町(1958年)、岡山県和気郡日生町1243(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1933年8月
閉館年 : 1968年頃
1958年の映画館名簿では「日生劇場」。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「日生東映」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「日生郵便局」北120mにあるガレージ。最寄駅はJR赤穂線日生駅。
日生セントラル
所在地 : 岡山県和気郡日生町241(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1970年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「日生セントラル」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「BIZEN中南米美術館」すぐ東のガレージ。最寄駅はJR赤穂線日生駅。
伊里劇場/備前伊里劇場
所在地 : 岡山県和気郡備前町伊里(1958年)、岡山県和気郡備前町穂浪(1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1969年頃
1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「伊里劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「備前伊里劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「浦上医院」北東70mにあるガレージ。最寄駅はJR赤穂線伊里駅。
片上劇場/片上東映/片上東映劇場
所在地 : 岡山県和気郡備前町西片上(1958年)、岡山県和気郡備前町(1960年)、岡山県和気郡備前町西片上(1963年)、岡山県和気郡備前町西片上1295(1966年・1969年)
開館年 : 1933年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1958年・1960年の映画館名簿では「片上劇場」。1963年の映画館名簿では「片上東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「片上東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「備前郵便局」北西70mにある「福井堂工場」。最寄駅はJR赤穂線西片上駅。
昭和劇場/片上グランド劇場
所在地 : 岡山県和気郡備前町西片上(1960年・1963年)、岡山県和気郡備前町西片上51(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1974年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「昭和劇場」。1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「片上グランド劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。備前市最後の映画館。跡地は「トマト銀行片上支店」。最寄駅はJR赤穂線西片上駅。

瀬戸内市

尾張劇場
所在地 : 岡山県邑久郡邑久村(1953年)、岡山県邑久郡邑久町(1955年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「尾張劇場」。1955年の経営者が神宝伝七、支配人が清野正一、木造1階、定員450、混合を上映。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
オリーブ劇場/オリーブ映劇
所在地 : 岡山県邑久郡牛窓町(1958年)、岡山県邑久郡牛窓町牛窓(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「オリーブ劇場」。1960年の映画館名簿では「オリーブ映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「中国銀行牛窓支店」。
美奈登劇場/牛窓東映
所在地 : 岡山県邑久郡牛窓町3884(1953年)、岡山県邑久郡牛窓町(1955年)、岡山県邑久郡牛窓町2996(1958年)、岡山県邑久郡牛窓町392(1960年)、岡山県邑久郡牛窓町3911(1963年)
開館年 : 1935年5月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1935年5月開館。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「美奈登劇場」。1955年の経営者が神宝伝七、支配人が清野正一、木造2階、定員450、混合を上映。1960年・1963年の映画館名簿では「牛窓東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「中光商店」。

赤磐市

吉井劇場
所在地 : 岡山県赤磐郡吉井町周匝(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1969年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「吉井劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「諏訪神社」北の「周匝会館」。

和気郡和気町

矢田劇場
所在地 : 岡山県和気郡佐伯町(1959年)
開館年 : 1959年以前
閉館年 : 1959年以後1960年以前
1958年・1960年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「和気町役場佐伯庁舎」西南西240mにある空き地。最寄駅はJR山陽本線和気駅。
和気劇場/和気第二富士映劇
所在地 : 岡山県和気郡和気町(1955年・1958年)、岡山県和気郡和気町福富(1960年・1963年)
開館年 : 昭和初期
閉館年 : 1963年頃
1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「和気劇場」。1963年の映画館名簿では「和気第二富士映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「和気駅」南西170mにあるガレージ。最寄駅はJR山陽本線和気駅。
佐伯映劇
所在地 : 岡山県和気郡佐伯町(1960年・1963年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「佐伯映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「和気商工会佐伯支所」北の駐車場。最寄駅はJR山陽本線和気駅。
富士映劇/和気富士映画劇場
所在地 : 岡山県和気郡和気町曽根(1960年)、岡山県和気郡和気町曽根465(1966年・1969年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1969年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「富士映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「和気富士映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はクリーニング店「東備白精社」北西。入口にあたる建物の壁面には「富士映劇」の文字がうっすら残っている。最寄駅はJR山陽本線和気駅。

加賀郡吉備中央町

映画館名簿によると加賀郡吉備中央町に映画館は存在しなかったと思われる。

備中地域

笠岡市

曙館
所在地 : 岡山県小田郡笠岡町(1930年)
開館年 : 1923年以前
閉館年 : 1941年以後1945年以前
1930年の映画館名簿では「曙館」。戦後には同一地点に笠岡映画館が開館。跡地は「株式会社丸民」。最寄駅はJR山陽本線笠岡駅。

1923年7月に発行された「笠岡市街略図」には観照院の南に「曙館」が描かれている。1924-25年版『映画年鑑』には笠岡にある松竹系映画館として「曙館」が掲載されている。1927年版『映画事業総覧』によると定員は700人だった。1932年版『笠岡商工案内』によると、曙館は松竹系の常設映画館であり、収容人員や約600、かつて田中絹代や鈴木傳明がステージに立ったことがある。1929年の大日本東京交通社発行『笠岡長地図」によると、曙館の場所は戦後に「笠岡映画劇場」(笠岡映画館)と「大洋座」があった場所である。*3
大洋座
所在地 : 岡山県笠岡市殿川町213(1953年)、岡山県笠岡市笠岡町(1955年)、岡山県笠岡市笠岡(1958年)、岡山県笠岡市笠岡2869(1960年)
開館年 : 1951年頃
閉館年 : 1960年5月31日
戦前の同一地点には曙館があった。1953年の映画館名簿では「大洋座」。1955年の映画館名簿では「大洋館」。1958年・1960年の映画館名簿では「大洋座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1964年頃の笠岡市住宅地図では跡地に「スーパーマーケットニュー和信」。跡地は「観照院」南南西50mにある「笠岡中央ふれあい会館」。最寄駅はJR山陽本線笠岡駅。

1952年版の『映画年鑑』には「大和座」と「笠映」に加えて「大洋座」と「金星劇場」が掲載されている。大洋座は笠映の北裏側にあり、定員150人の小規模な映画館だった。当初は大映・新東宝・洋画を上映していた。*4

1960年頃をピークとして、笠岡の映画人気は衰退した。1960年5月末には「大洋座」が、1962年8月には「笠映」が閉館し、両者の跡地は和信というスーパーマーケットとなった。その後和信はやや東に移転し、2020年現在の笠映の跡地には丸民が、大洋座の跡地には笠岡中央ふれあい会館がある。*5
笠岡映画劇場/笠岡映画館
所在地 : 岡山県小田郡笠岡町(1950年)、岡山県笠岡市殿川町2869(1953年)、岡山県笠岡市笠岡町(1955年)、岡山県笠岡市笠岡(1958年)、岡山県笠岡市笠岡2869(1960年)
開館年 : 1946年頃
閉館年 : 1962年頃
戦前の同一地点には曙館があった。1950年の映画館名簿では「笠岡映画館」。1953年の映画館名簿では「笠岡映画劇場」。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「笠岡映画館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1964年頃の笠岡市住宅地図では跡地に「スーパーマーケットニュー和信」。跡地は「観照院」南南西70mにある「株式会社丸民」。最寄駅はJR山陽本線笠岡駅。

戦後まもなく、かつて「曙館」があった場所で「笠映」(笠岡映画劇場、東宝笠映)が営業を開始した。当初は大映・東宝・新東宝の配給を受けていた。1950年版『映画年鑑』によると定員は500人。*6

1960年頃をピークとして、笠岡の映画人気は衰退した。1960年5月末には「大洋座」が、1962年8月には「笠映」が閉館し、両者の跡地は和信というスーパーマーケットとなった。その後和信はやや東に移転し、2020年現在の笠映の跡地には丸民が、大洋座の跡地には笠岡中央ふれあい会館がある。*7
大福座
所在地 : 岡山県笠岡市北木島町 民宿多喜2階
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1963年頃
映画館名簿には掲載されていない。跡地は「笠岡市北木島診療所」西北西60mにある「民宿多喜」廃墟。
港映劇場/OK劇場
所在地 : 岡山県笠岡市北木島町
開館年 : 1958年以前
閉館年 : 1963年頃
映画館名簿には掲載されていない。建物は「笠岡市立北木小学校」北西200mに「笠岡奥憲荘」として現存。
神映館
所在地 : 岡山県笠岡市神島外浦
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1963年頃
映画館名簿には掲載されていない。建物は「山本旅館」西北西100mに現存。
白映館
所在地 : 岡山県笠岡市白石島610
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1964年頃
映画館名簿には掲載されていない。食料雑貨店「あまのストア」の向かいに映画館の建物が現存。
光映劇/光映画劇場
所在地 : 岡山県笠岡市北木島(1960年)、岡山県笠岡市北木島8203(1963年・1964年・1965年)
開館年 : 昭和20年代末
閉館年 : 1967年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「光映劇」。1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「光映画劇場」。1965年の映画館名簿では経営者・支配人ともに赤瀬光、木造2階、定員300、邦画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。建物は「笠岡市立北木小学校」西北西130mに見学施設「光劇場」として現存。

北木島は石材業によって栄えた島であり、かつて4館の映画館があったとされる。木造の映画館「光劇場」は昭和20年代末から1967年(昭和42年)頃まで営業していた。スクリーンや木製の椅子など、設備や映写機は映画館時代のまま残っている。近年には北木島の住民による再生プロジェクトが行われ、北木石に関するドキュメンタリー映像などを鑑賞することができる。所在地は笠岡市北木島町7887-52。*8

北木島の映画館「光劇場」は昭和20年代末から1967年(昭和42年)頃まで営業しており、当時の設備や映写機が残っている。日本遺産「笠岡諸島」の構成文化財のひとつとなっている。*9

1950年代初頭の北木島には4館の映画館があり、「光劇場」では週2回ほど夜に2本立てで上映された。日活のアクション作品などが上映され、小林旭主演の『ギターを持った渡り鳥』や赤木圭一郎主演作品などが上映された。1967年には最後まで残っていた「光劇場」が営業を終了した。2014年9月から10月には「北木ノースデザインプロジェクト」の会場の一つとなり、北木島に関するドキュメンタリー映像が上映される。映写室やフィルム用映写機なども残っている。*10
金浦座
所在地 : 岡山県笠岡市金浦1428(1960年)、岡山県笠岡市金浦1048(1963年)、岡山県笠岡市金浦1428(1965年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1965年頃
1953年・1955年・1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「金浦座」。1964年頃の笠岡市住宅地図では「金浦座」。1965年の映画館名簿では経営者が枝広俊一、支配人が枝広幹雄、木造2階、定員210、邦画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「報恩寺」西南西70mにある空き地。最寄駅はJR山陽本線笠岡駅。

戦前からの芝居小屋を引き継いだ「金浦座」があった。金浦口バス停に近く、表通りからは分かりにくい場所にあった。1951年発行の『金浦町沿革史』、『語り継ぐ金浦』に掲載されている。金浦座は1965年頃に閉館したとされる。1966年版『笠岡商工名鑑』にはまだ金浦座が掲載されている。*11
金星劇場/金星映画劇場/笠岡金星映画劇場
所在地 : 岡山県笠岡市笠岡町2127(1953年)、岡山県笠岡市笠岡2127(1955年)、岡山県笠岡市笠岡237(1958年)、岡山県笠岡市笠岡2127(1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1951年3月
閉館年 : 1969年頃
1953年の映画館名簿では「金星劇場」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「金星映画劇場」。1964年頃の笠岡市住宅地図では「金星劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「笠岡金星映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「浄心寺」南東120mにある駐車場。最寄駅はJR山陽本線笠岡駅。

笠岡市の笠神社北側にある浜田地区には「金星劇場」があった。1961年版『笠岡商工名鑑』によると1951年創業。当初は新東宝や東映の配給を受けていたが、やがて大映の配給を受けて「笠岡大映」と称した。金星劇場は「金映」という呼称で親しまれた。伏越港から近かったため、笠岡諸島の住民にとってなじみ深い映画館だった。1971年版『笠岡商工名鑑』にはまだ掲載されているが、1969年までには閉館していたとされる。晩年には成人映画を上映していた。跡地はスーパーマーケットのスーパーキンエーになっていた時期がある。*12
中央劇場/笠岡中央劇場
所在地 : 岡山県笠岡市川辺屋町3839(1958年)、岡山県笠岡市笠岡2839-4(1960年)、岡山県笠岡市笠岡川辺屋2839(1963年)、岡山県笠岡市笠岡2839(1966年・1969年)
開館年 : 1955年5月
閉館年 : 1970年9月末
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「中央劇場」。1964年頃の笠岡市住宅地図では「中央劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「笠岡中央劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1985年のゼンリン住宅地図では跡地に「山陽相互銀行笠岡支店」。跡地は「トマト銀行笠岡支店」。最寄駅はJR山陽本線笠岡駅。

1955年5月には「大和座」の経営者である小野圓治が系列館として「中央劇場」を開館させた。跡地は2020年現在のトマト銀行笠岡支店の敷地東側である。中央劇場は洋画専門館であり、斜め向かいには中華そばの斉藤があった。1970年9月末には中央劇場が閉館した。*13
祝座/戎座/大和座/笠岡東映劇場/笠岡東映
所在地 : 岡山県小田郡笠岡町(1950年)、岡山県笠岡市笠岡(1953年)、岡山県笠岡市笠岡町5603(1955年)、岡山県笠岡市西本町5602(1958年)、岡山県笠岡市笠岡5602(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1982年)
開館年 : 1878年(祝座)、1903年(戎座)、1930年(大和座)
閉館年 : 1981年11月末
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「大和座」。1960年・1963年の映画館名簿では「笠岡東映」。1964年頃の笠岡市住宅地図では「東映」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「笠岡東映劇場」。1976年・1980年の映画館名簿では「笠岡東映」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1985年のゼンリン住宅地図では跡地に「アキヤ」。跡地は「セントラル歯科・矯正歯科」西80mにある駐車場。最寄駅はJR山陽本線笠岡駅。

笠岡には「戎座」の後身として「大和座」があり、1940年版の『合同年鑑』では「劇場・寄席」に区分されていた。1941年版の『日本映画年鑑』には映画館として掲載され、定員は699人だった。戦後まもなく営業を再開し、松竹・東京映配(東映の前身)・洋画が配給された。もともと芝居小屋だったため、歌謡ショーが行える広い舞台があり、廻り舞台を有していた。1950年代末に「笠岡東映」に改称したが、昔を知る住民は大和座と呼ぶことも多い。『今昔写真集 笠岡今はむかし物語』には笠岡東映の外観写真が掲載されている。晩年には成人映画を上映していた。笠岡東映は1981年11月末に閉館した。*14

1971年頃の笠岡市にあった映画館「笠岡東映」の写真あり。手前には線路が見える。梅宮辰夫主演作『未亡人ごろしの帝王』、若山富三郎主演作『極悪坊主 飲む打つ買う』の看板が見える。*15
笠岡セントラル
所在地 : 岡山県笠岡市笠岡2629(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1960年6月
閉館年 : 1985年5月
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「笠岡セントラル」。1964年頃の笠岡市住宅地図では「東映セントラル」。1985年のゼンリン住宅地図では「笠岡セントラル」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。少なくとも2008年まで建物が現存。笠岡市最後の映画館。跡地は「セントラル歯科・矯正歯科」。最寄駅はJR山陽本線笠岡駅。

1960年6月、「笠岡東映」の経営者である小野勇・小野富子夫妻は「東映セントラル」を開館させた。当時の笠岡郵便局の裏付近であり、2020年現在のセントラル歯科付近である。1962年頃には「笠岡セントラル」に改称した。当初は東映の配給を受けたが、やがて主に日活作品を上映するようになり、松竹や東宝の作品を上映していた時期もある。セントラルの2階には座敷席があった。晩年には成人映画を上映していた。笠岡セントラルは1985年5月に閉館し、笠岡市から映画館がなくなった。*16

井原市

かすみ座/加寿美座
所在地 : 岡山県井原市西江原(1958年)、岡山県井原市西江原町(1960年)
開館年 : 1925年
閉館年 : 1961年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「かすみ座」。1960年の映画館名簿では「加寿美座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「西江原郵便局」西南西60mにある空き地。最寄駅は井原鉄道井原線井原駅。

1925年には「加寿美座」が開館した。1934年には回り舞台などの設備を改良して落成した。*17
芳井映劇/芳映館
所在地 : 岡山県後月郡芳井町249(1963年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1965年頃
跡地は「JA晴れの国岡山井原芳井支店」南南西130mにある「池田電機」倉庫敷地。最寄駅は井原鉄道井原線井原駅。
太陽映画劇場/太陽劇場/太陽映劇
所在地 : 岡山県井原市下町(1955年)、岡山県井原市井原683(1958年)、岡山県井原市井原683-6(1960年・1963年)
開館年 : 1947年以前
閉館年 : 1965年2月末
1955年の映画館名簿では「太陽映劇」。1958年の映画館名簿では「太陽映画劇場」。1960年の映画館名簿では「太陽劇場」。1963年の映画館名簿では「太陽映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「皇太子神社」北東60mにある「上田建設」。最寄駅は井原鉄道井原線井原駅。
高屋劇場/井原高屋劇場
所在地 : 岡山県井原市高屋町(1958年・1960年・1963年)、岡山県井原市高屋町363(1966年)
開館年 : 1948年6月
閉館年 : 1966年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「高屋劇場」。1966年の映画館名簿では「井原高屋劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「タカヤ商事高屋物流センター」南西の駐車場。最寄駅は井原鉄道井原線子守唄の里高屋駅。

1948年6月に落成式を行った「高屋劇場」の写真あり。花輪が見える。*18
銀映劇場/井原銀映
所在地 : 岡山県井原市井原町531(1955年)、岡山県井原市井原532(1958年)、岡山県井原市井原町532-1(1960年・1963年)、岡山県井原市井原町532(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1973年頃
1955年の映画館名簿では「銀映劇場」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「井原銀映」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「広島銀行井原支店」と月極「月決有料駐車場」。最寄駅は井原鉄道井原線井原駅。

昭和20年代から昭和30年代の井原市井原町にあった映画館「銀映」の写真あり。壮麗なファサードが目を引く。日活系の作品を上映した。井原町には「井原劇場」、「太陽館」などの映画館もあった。銀映跡地は広島銀行井原支店とその駐車場になっている。手前には井原バスセンターがある。*19
井原東映/井原東映劇場/井原劇場
所在地 : 岡山県井原市本町(1955年)、岡山県井原市井原町(1958年)、岡山県井原市井原町1338-1(1960年・1963年)、岡山県井原市井原町1338(1966年・1969年)、岡山県井原市井原町1-388-1(1973年)、岡山県井原市井原町1338-1(1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1935年以前
閉館年 : 1985年4月2日
1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「井原劇場」。1963年の映画館名簿では「井原東映」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「井原東映劇場」。1976年・1985年の映画館名簿では「井原劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。井原市最後の映画館。跡地は「いばら保育園」南東50mにある民家数軒。最寄駅は井原鉄道井原線井原駅。

総社市

寿座
所在地 : 岡山県吉備郡総社町(1950年)、岡山県吉備郡総社町川崎(1953年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1953年以後1955年以前
1950年・1953年の映画館名簿では「寿座」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。
総社松映/総社東宝松竹映画劇場/総社東宝松竹映劇/総社朝日館
所在地 : 岡山県総社市溝口371(1955年・1958年)、岡山県総社市総社516-1(1960年・1963年)
開館年 : 1954年6月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1954年6月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「総社松映」。1958年の映画館名簿では「総社東宝松竹映画劇場」。1960年の映画館名簿では「総社東宝松竹映劇」。1963年の映画館名簿では「総社朝日館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年以前年不明の総社市住宅案内図(岡山県立図書館所蔵)では跡地に「総社鉄骨モータープール」。跡地は「宝満寺」北西70mにある駐車場。最寄駅はJR吉備線東総社駅。
総社映劇/総社映画劇場
所在地 : 岡山県総社市総社755(1955年)、岡山県総社市栄町755(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1953年8月
閉館年 : 1972年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年8月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「総社映画劇場」。1960年の映画館名簿では「総社映劇」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「総社映画劇場」。1969年以前年不明の総社市住宅案内図(岡山県立図書館所蔵)では「総社映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。「JR吉備線東総社駅」南90mに映画館の建物が現存。最寄駅はJR吉備線東総社駅。

1953年の総社市総社2丁目にあった「総社映画劇場」の写真あり。「総社映画劇場」の文字が見える。総社市内には「総映」(総社映画劇場)、「東映」、「松映」の3館の映画館があった。映画館の建物はそのまま倉庫として使用されている。*20
総社東映/総社東映劇場
所在地 : 岡山県総社市総社141-4(1955年)、岡山県総社市西大町141-4(1958年)、岡山県総社市総社141-4(1960年・1963年)、岡山県総社市西大町141-4(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1954年5月
閉館年 : 1974年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1954年5月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「総社東映」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「総社東映劇場」。1969年以前年不明の総社市住宅案内図(岡山県立図書館所蔵)では「東映劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。総社市最後の映画館。跡地は「清川治療所」。映画館時代の建物が現存。最寄駅はJR伯備線・吉備線総社駅。

高梁市

スバル座/スパル座
所在地 : 岡山県高梁市栄町(1960年)、岡山県高梁市松山1337(1963年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1964年5月4日
跡地は「みどり旅館」西側の駐車場。最寄駅はJR伯備線備中高梁駅。

高梁市栄町に開館した「松栄館」と時を同じくして、日活専門館として「スバル座」が開館した。1980年(昭和55年)現在の跡地はパチンコ店の甲子園となっている。*21

1955年(昭和30年)頃の高梁市栄町に開館した「スパル座」(※バではなくパ)の写真あり。「スバル座」の文字が見える。*22
成羽映画劇場/成羽映劇
所在地 : 岡山県川上郡成羽町大字下原1102(1958年)、岡山県川上郡成羽町下原1102(1960年)、岡山県川上郡成羽町下原(1963年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1965年頃
跡地は「高梁市成羽美術館」北北西100mにある民家。最寄駅はJR伯備線備中高梁駅。
松栄館/高梁松栄館
所在地 : 岡山県上房郡高梁町(1930年)、岡山県上房郡高梁町松山(1953年)、岡山県高梁市栄町1954(1969年)
開館年 : 1929年9月、1956年11月(建て替え)
閉館年 : 1972年
跡地は高梁市役所南西150mにある「松栄駐車場」と「ギフトショップ松栄」。映画館の建物が現存。全蓋式アーケードの栄町商店街沿い。最寄駅はJR伯備線備中高梁駅。

1929年(昭和4年)9月、片岡春雄が高梁の栄町に活動写真専門の小屋「松栄館」を建てた。当初は無声映画だったが、1931年(昭和6年)にトーキー映画ができると活動写真を映画と呼ぶようになった。1956年(昭和31年)11月には近代的な映画館に建て替えられた。1980年(昭和55年)現在は進物贈答品と駐車場の「松栄」となっている。*23

1957年頃の「松栄館」の写真あり。1929年に映画常設館として開館した。*24

1956年(昭和31年)に高梁市に開館した近代的な映画館の写真あり。「松栄館」「SHOEIKAN」の文字が見える。*25

「駐車場に変身 観客減りついに閉館 高梁の『松栄館』」『山陽新聞』1972年6月25日という記事がある。現物は未確認。*26
高梁劇場/高梁東映・高梁セントラル/高梁東映劇場
所在地 : 岡山県高梁市栄町1904(1973年)
開館年 : 1934年
閉館年 : 1973年8月末
高梁市最後の映画館。跡地はマンション「エスティー1栄町」。最寄駅はJR伯備線備中高梁駅。

1932年(昭和7年)、高梁の南町の「高梁劇場」が焼失した。1934年には岡山市の旭座を解体・移転し、栄町に「高梁劇場」が建てられた。浪曲・芝居・バレエ・琴・舞踊・音楽会など様々な催しに使われた。太平洋戦争中には慰安会が開催され、戦後には選挙演説会場にもなった。1947年(昭和22年)に映画を上映するようになり、「高梁映画劇場」に改称した。その後、舞台裏の楽屋を映画館に改装し、洋画専門の「セントラル映画館」も開館した。1955年(昭和30年)頃の高梁映画劇場の舞台と観覧席の写真あり。1980年(昭和55年)現在はエスカショッピングデパートとなっている。*27

昭和に入ると高梁の栄町に「高梁劇場」が開館し、芝居・浪曲・音楽などの興行を行っていた。高梁劇場は火災で焼失した後に再建され、「高梁映画劇場」、「高梁映画館」と名を変えて、東映・新東宝・東宝などの作品を上映した。その後、同じ館内に洋画専門館として「セントラル館」を新設した。時期不明の高梁映画館の写真あり。「高梁映画」の文字、1955年公開作『越後獅子祭り やくざ若衆』、1955年公開作『天下泰平』の看板が見える。高梁映画館の跡地はスーパーマーケットとなったが、2013年(平成25年)現在は閉店している。*28

「過疎に追われ? 閉鎖 高梁の映画館とボウリング場」『山陽新聞』1973年8月26日という記事がある。現物は未確認。*29

「また消える映画の灯 高梁東映、今月で閉館 過疎とTVで営業不振に」『岡山日日新聞』1973年8月22日という記事がある。現物は未確認。*30

新見市

金剛館/松映館/松映劇場/新見松竹
所在地 : 岡山県新見市三日市(1955年)、岡山県新見市新見(1958年)
開館年 : 1947年以前
閉館年 : 1958年頃
跡地は「カツマル醤油製造」南30mにある敷地。高梁川に架かる金谷橋東詰。

新見市域で初めて開館した映画館は三日市の「金剛館」だった。*31

市内在住の重本国雄は、「金剛館」を改築して常設映画館「松映館」を開館させた。*32
寿映画劇場/寿劇場/新見映画劇場/新見映劇
所在地 : 岡山県新見市明治町100(1960年)
開館年 : 1949年以前
閉館年 : 1962年頃
映画館の建物が「明治町文化ホール」として現存。

戦後まもなく、広島県比婆郡東城町の吉田敏夫が阿哲郡新見町の明治町三差路に「新見映劇」を開館させた。当初は「寿館」という名称だった。*33
有楽座
所在地 : 岡山県新見市新見953(1963年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1965年頃
跡地は料理店「浦島」西隣の民家。

新見市史編纂委員会『新見市史 通史編 下巻』新見市、1991年には、新見市にあった映画館「有楽座」の写真が掲載されている。現物は未確認。*34
新見東映/新見東映会館
所在地 : 岡山県新見市西方406(1969年)
開館年 : 1950年、1964年秋(再建)
閉館年 : 1972年5月28日
1950年新見東映開館。1963年12月末焼失。1964年秋再建開館。新見市最後の映画館。跡地は「新見市農業共済センター」。

太田健一・上原兼善(監修)『目で見る 新見・高橋の100年』郷土出版社、2000年には1966年の「新見東映」の写真が掲載されている。現物は未確認。*35

1972年5月28日の上映を最後に、新見市の映画館「新見東映」が閉館する。新見市から映画館がなくなる。新見東映は1950年に開館し、1963年暮れに火災で全焼した。1964年秋には東映会館として新装開館したが、テレビの普及で映画は斜陽産業となっていた。*36

新見市の映画館「新見東映」が閉館する。最終上映作品は鶴田浩二主演の『傷だらけの人生』。昭和30年代の最盛期、新見市には3館の映画館があった。*37

浅口市

ポケット館
所在地 : 岡山県浅口郡鴨方町六条院(1960年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1961年頃
跡地は「笠岡信用組合鴨方支店」北東100mにある巨岩のある空き地。最寄駅はJR山陽本線鴨方駅。
鴨方映劇
所在地 : 岡山県浅口郡鴨方町(1963年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1963年頃
跡地は「かもがた町家郵便局」南西170mにある駐車場。最寄駅はJR山陽本線鴨方駅。
金光東映
所在地 : 岡山県浅口郡金光町(1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年頃
跡地は「金光駅」北東230mにある駐車場。最寄駅はJR山陽本線金光駅。
寄島映画劇場/寄島劇場
所在地 : 岡山県浅口郡寄島町5355-4(1963年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1963年頃
跡地は「JA晴れの国岡山寄島支店」北東100mにある駐車場。最寄駅はJR山陽本線鴨方駅。

都窪郡早島町

早島劇場/万歳座/早島万歳座
所在地 : 岡山県都窪郡早島町(1955年)、岡山県都窪郡早島町1062(1958年)、岡山県都窪郡早島町(1960年・1963年・1969年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「早島劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「万歳座」。1966年・1969年の映画館名簿では「早島万歳座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「玉島信用金庫早島支店」南南東60mにある民家など。最寄駅はJR瀬戸大橋線早島駅。

小田郡矢掛町

小映劇場/小田映劇
所在地 : 岡山県小田郡小田町(1960年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1960年頃
1960年の映画館名簿では「小田映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「出原建設」。
有楽座
所在地 : 岡山県小田郡矢掛町(1950年・1958年)、岡山県小田郡矢掛町小林78(1960年・1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年の映画館名簿では「有楽座」。1953年・1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「有楽座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「やがけ郷土美術館」西290mにある建物。最寄駅は井原鉄道井原線矢掛駅。
矢掛映画劇場/矢掛映劇
所在地 : 岡山県小田郡矢掛町(1958年)、岡山県小田郡矢掛町2649-1(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「矢掛映画劇場」。1963年の映画館名簿では「矢掛映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「笠岡信用組合矢掛支店」。最寄駅は井原鉄道井原線矢掛駅。

浅口郡里庄町

映画館名簿によると浅口郡里庄町に映画館は存在しなかったと思われる。

美作地域

津山市

さくら映画劇場/さくら映劇
所在地 : 岡山県津山市(1950年)、岡山県津山市新魚町58(1953年・1955年・1958年・1960年)
開館年 : 1947年7月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年7月開館。1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「さくら映画劇場」。1960年の映画館名簿では「さくら映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「アルネ津山」建物南部。

銀天街と一番街の交差点から南西方向にあった。現在はアルネ津山になっている場所と思われる。*38
津山映劇/津山映画劇場
所在地 : 岡山県津山市(1950年)、岡山県津山市堺町33(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、岡山県津山市堺町(1966年・1969年)
開館年 : 1950年以前、1954年5月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1954年5月開館。1950年の映画館名簿では「津山映劇」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「津山映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「タイムズ津山堺町」。

アルネ津山の立体駐車場の東側、パチンコ店の駐車場になっている場所には津山映画劇場があった。1955年頃には『二十四の瞳』を上映した。*39
津山東宝映画劇場/津山東宝/津山東宝劇場
所在地 : 岡山県津山市(1950年)、岡山県津山市大谷2(1953年)、岡山県津山市大谷(1955年)、岡山県津山市駅前(1958年)、岡山県津山市駅前明宝ビル(1960年・1963年)、岡山県津山市南町1-28(1966年・1969年)、岡山県津山市南町1-29(1973年・1976年)
開館年 : 1947年8月
閉館年 : 1976年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年8月開館。1950年の映画館名簿では「津山東宝映画劇場」。1953年の映画館名簿では「津山東宝」。1955年の映画館名簿では「津山東宝映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「津山東宝」。1966年・1969年の映画館名簿では「津山東宝劇場」。1973年の映画館名簿では「津山東宝」。1976年の映画館名簿では「津山東宝劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はコンビニ「ファミリーマート津山駅前店」。

津山明宝会館と同じ明宝ビルの1階には津山東宝があったが、津山明宝会館よりもかなり早くに閉館した。『七人の侍』などの邦画を上映した。明宝ビルは2015年前半に取り壊され、明宝ビルの跡地は2015年8月28日に開店した「ファミリーマート津山駅前店」の駐車場となった。*40
新地座/協映劇場/津山協映劇場/津山協映
所在地 : 岡山県津山市(1950年)、岡山県津山市山下39(1953年・1955年)、岡山県津山市山下町39(1958年)、岡山県津山市山下39(1960年・1963年)、岡山県津山市山下町39(1966年・1969年・1973年)、岡山県津山市山下39(1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1885年(新地座)、1953年9月(協映劇場)
閉館年 : 1988年
『全国映画館総覧 1955』によると1953年9月開館。1950年の映画館名簿では「新地座」。1953年の映画館名簿では「新地映画劇場」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「協映劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「津山協映劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「津山協映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「津山市役所リユースプラザ津山くるくる」。

1885年(明治18年)に芝居小屋の「新地座」が開館し、1954年に映画館化して「協映劇場」に改称した。日活作品(石原裕次郎・小林旭出演作品)を上映していた。1988年に閉館した。*41
富士映劇/富士映画劇場/津山東映劇場/津山東映
所在地 : 岡山県津山市本町3-35(1955年)、岡山県津山市本町3丁目(1958年)、岡山県津山市(1960年)、岡山県津山市本町3(1963年・1966年・1969年)、岡山県津山市本町3-25(1973年・1976年・1980年)、岡山県津山市津山本町3-25(1985年)、岡山県津山市本町3-25(1990年)
開館年 : 1953年11月
閉館年 : 1993年4月10日
『全国映画館総覧 1955』によると1953年11月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「富士映劇」。1955年の映画館名簿では「富士映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「津山東映」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「津山東映劇場」。1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「津山東映」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はラーメン店「中華そばむらかみ」西側の駐車場。
明宝会館/津山明宝会館
所在地 : 岡山県津山市駅前明宝ビル(1960年・1963年)、岡山県津山市南町1-28(1966年・1969年)、岡山県津山市南町1-29(1973年・1976年)、岡山県津山市南町29(1980年)、岡山県津山市津山南町29(1985年)、岡山県津山市南町1-28(1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 2008年7月13日
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「明宝会館」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「津山明宝会館」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。明宝ビル2階。跡地はコンビニ「ファミリーマート津山駅前店」。

1955年(昭和30年)頃の津山駅前の写真あり。右の大きな建物は映画館「明宝会館」であり、1階では東宝映画、2階では外国映画が上映された。*42

1959年(昭和34年)の津山市南町にあった「明宝会館」の写真あり。岡山県北部の娯楽の殿堂として、1957年(昭和32年)に津山駅前に明宝会館が開館した。1階と2階は邦画系の「津山東宝劇場」、3階は洋画系の「津山明宝会館」である。ビル内には喫茶店も入り、屋上には観覧車のある遊園地もあった。2008年(平成20年)に閉館したが、2013年(平成25年)現在も建物が残っている。*43

JR津山駅からすぐ、「津山駅前交差点」北側角の明宝ビル2階にあった。1957年に津山明宝会館が開館し、洋画専門館だった。最盛期の津山市内には7館の映画館があった。2008年7月13日に閉館した。最終上映作品は『ナルニア国物語第二章 カスピアン王子の角笛』。観客は約30人であり、支配人に就任してまだ9か月の能勢さん(33歳)の前で片岡社長が閉館のあいさつを行った。片岡社長は3代目である。閉館から1週間後の7月20日と7月21日には、津山明宝会館で『ほっこまい 高松純情シネマ』のロケが行われた。1970年の高松市に住む高校生の主人公が通い詰める映画館として使用された。1960年頃の明宝会館の写真あり。*44

2008年7月13日、津山市南町の映画館「明宝」が閉館する。最終上映作品は現在上映中の『ナルニア国物語』。津山市の映画館は福渡の「銀映」のみとなる。1957年に東宝系洋画館として開館し、同年に開館した東宝系邦画館の「津山東宝」とともに多くのファンが詰めかけた。津山東宝は約30年前に閉館したが、明宝は『タイタニック』などでにぎわった。映画館部分は閉館するが、他のテナントが今まで通り営業する。*45

2008年7月13日、津山市の映画館「明宝」が51年の歴史に幕を閉じて閉館する。津山市の映画館は「銀映」のみとなる。1957年に開館し、当時の津山市には明宝、東宝、津映(松竹)、大栄、協映(日活)、錦映(新東宝)の7館があった。*46

2008年6月18日の『山陽新聞』夕刊には「明宝会館」が7月をもって閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*47

明宝ビルは2015年前半に取り壊され、明宝ビルの跡地は2015年8月28日に開店した「ファミリーマート津山駅前店」の駐車場となった。*48
錦鶴映画劇場/錦鶴映劇/津山錦鶴劇場/津山錦映/津山キンエイ
所在地 : 岡山県津山市(1950年)、岡山県津山市福渡町(1953年)、岡山県津山市福渡町17(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)、岡山県津山市福渡町(1980年)、岡山県津山市津山福渡町(1985年)、岡山県津山市福渡町19(1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1908年9月
閉館年 : 2008年11月30日
『全国映画館総覧 1955』によると1908年9月開館。1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「錦鶴映画劇場」。1960年の映画館名簿では「錦鶴映劇」。1963年の映画館名簿では「錦鶴映画劇場」。1966年の映画館名簿では「津山錦鶴映画劇場」。1969年の映画館名簿では「津山錦鶴劇場」。1973年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。1980年・1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「津山錦映」。2005年の映画館名簿では「津山キンエイ」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。津山市最後の映画館。跡地は「インドア・スポーツ・ジム」。

2008年7月13日に津山明宝会館が閉館すると、3か月後の2008年11月30日には津山市最後の映画館だった錦映も閉館した。最終上映作品は『崖の上のポニョ』。*49

真庭市

湯原中央劇場
所在地 : 岡山県真庭郡湯原町久見(1960年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1962年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「湯原中央劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「JA晴れの国岡山湯原支店」北北東140mにある空き地。最寄駅はJR姫新線中国勝山駅。
日の出座
所在地 : 岡山県真庭郡落合町247(1960年)
開館年 : 1947年以前
閉館年 : 1962年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「日の出座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「落合病院」旧施設南西部にある棟。最寄駅はJR姫新線美作落合駅。
湯原旭館
所在地 : 岡山県真庭郡湯原町禾津(1960年)、岡山県真庭郡湯原町久是(1963年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1964年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「湯原旭館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「湯原温泉郵便局」東200mにある駐車場。最寄駅はJR姫新線中国勝山駅。
旭館/勝山東映
所在地 : 岡山県真庭郡勝山町(1950年・1953年)、岡山県真庭郡勝山町新町303(1955年)、岡山県真庭郡勝山町264(1958年)、岡山県真庭郡勝山町勝山246(1960年)、岡山県真庭郡勝山町勝山264(1963年)
開館年 : 1939年4月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1939年4月開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「旭館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「勝山東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「勝山駅前交番」西南西60mにある建物など。最寄駅はJR姫新線中国勝山駅。
久世劇場/久世映画劇場/福渡劇場
所在地 : 岡山県真庭郡久世町西町2479-4(1955年)、岡山県真庭郡久世町(1958年)、岡山県真庭郡久世町2479(1960年)、岡山県真庭郡久世町2474(1960年)、岡山県真庭郡久世町2479(1966年)、岡山県真庭郡久世町福渡(1969年)
開館年 : 1937年10月
閉館年 : 1967年7月末
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「久世映画劇場」。1958年の映画館名簿では「久世劇場」。1960年の映画館名簿では「久世映画劇場」。1963年の映画館名簿では「久世劇場」。1966年の映画館名簿では「久世映画劇場」。1969年の映画館名簿では「福渡劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。真庭市域最後の映画館。跡地は「久世駅」南東110mにある駐車場。最寄駅はJR姫新線久世駅。

1956年(昭和31年)の久世町久世にあった「久世劇場」の写真あり。「久世映画劇場」の文字が見える。映画・音楽・演劇・集会など様々な用途に使用された。*50

美作市

湯郷映画劇場
所在地 : 岡山県英田郡美作町(1958年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「湯郷映画劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
大原劇場/大原映画劇場
所在地 : 岡山県英田郡大原町大字古町(1953年)、岡山県英田郡大原町古野(1955年)、岡山県英田郡大原町古町(1958年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「大原劇場」。1958年の映画館名簿では「大原映画劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
江見劇場
所在地 : 岡山県英田郡江見町(1950年)、岡山県英田郡江見町大字川崎(1953年)、岡山県英田郡江見町(1955年)、岡山県英田郡作東町江見(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1947年以前
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「江見劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「中国銀行江見支店」東北東110mにある空き地。最寄駅はJR姫新線美作江見駅。
有楽座/美作林野有楽館
所在地 : 岡山県英田郡美作町(1958年)、岡山県英田郡美作町栄町(1960年・1963年)、岡山県英田郡美作町林野(1966年・1969年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1972年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「有楽座」。1966年・1969年の映画館名簿では「美作林野有楽館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。「林野駅」南東80mに映画館の建物が現存。最寄駅はJR姫新線林野駅。
共親館林野劇場/林野座/美作林野座
所在地 : 岡山県英田郡林野町(1950年)、岡山県英田郡林野町大字林野(1953年)、岡山県英田郡美作町(1958年)、岡山県英田郡美作町林野455(1960年)、岡山県英田郡美作町林野(1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1972年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「林野劇場」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「林野座」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「美作林野座」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。「法眼寺」の道路を挟んで東側に映画館の建物が現存。美作市最後の映画館。最寄駅はJR姫新線林野駅。

苫田郡鏡野町

富劇場
所在地 : 岡山県苫田郡富村(1966年・1969年)
開館年 : 1964年以後1966年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1964年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「富劇場」。1969年の映画館名簿では経営者が小島礼治郎、支配人が菱野道郎、木造1階、定員400、邦画を上映。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

久米郡美咲町

藤原劇場/藤原映劇
所在地 : 岡山県久米郡柵原町藤原(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1964年頃
648年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「藤原劇場」。1963年・1964年の映画館名簿では「藤原映劇」。1964年の映画館名簿では経営者が杉山宏夫、支配人が野呂勲、木造2階、定員250、邦画・洋画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「藤原地区公会堂」南東80mにある畑など。

久米郡久米南町

映画館名簿によると久米郡久米南町に映画館は存在しなかったと思われる。

勝田郡勝央町

映画館名簿によると勝田郡勝央町に映画館は存在しなかったと思われる。

勝田郡奈義町

映画館名簿によると勝田郡奈義町に映画館は存在しなかったと思われる。

真庭郡新庄村

映画館名簿によると真庭郡新庄村に映画館は存在しなかったと思われる。

英田郡西栗倉村

映画館名簿によると英田郡西栗倉村に映画館は存在しなかったと思われる。

このページへのコメント

先日、岡山県に日帰り旅行に出かけ、新見市と倉敷市(玉島)の旧映画館施設を尋ねてみました。

新見市の「新見映劇」ですが、「明治町文化ホール」で検索した住所が「岡山県新見市新見1016-1」とあり、Googleマップでも所在が確認できました。が・・・・・・
https://photos.app.goo.gl/T9eGnJBiNaMGVuQC7
荒元酒屋向かいにあった「新見映劇」は残念ながら近年解体された模様で、現在は空き地となっています。

次に玉島ですが、以下のブログを参考にさせていただきました。
・三日画師氏のブログ「写真撮っけど,さすけねがい?」
・佐々張ケン太氏のブログ「日本あちこちめぐり”ささっぷる”」

まずはバス停北にある映画館(らしき建物)。Googleマップによれば住所は「岡山県倉敷市玉島中央町2丁目3−44」との事。
https://photos.app.goo.gl/4EjYntPFFc6rTPJFA
壁には「四國石販株式会社」と書かれており、現存する会社です。これが本当に映画館だったのか、だとすれば「玉島東映劇場」以外のどの映画館だったのかは不明です。

次に向かったのは「東映手芸店」隣にある「玉島東映劇場」で、Googleマップによれば住所は「岡山県倉敷市玉島2丁目5−21」との事。
https://photos.app.goo.gl/55eMLKHBEckJXREt5
外見以外で当時の面影を忍ばせるものは手芸店の看板くらいですが、その店も恐らく閉館後に建てられたものと思われます。

以上、失礼しました。

0
Posted by 名無し(ID:/+VGspmbvg) 2021年08月01日(日) 21:54:34 返信

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます