「愛知県の映画館の総合情報サイト」であり、「日本の映画館の総合データベース」です。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。



1952年、安城町が市制施行して安城市に。1955年、安城市は明治村依佐美村の一部を合併。1967年、安城市は桜井町を合併。旧安城町には3館の映画館が、旧桜井町には1館の映画館があった。明治村と依佐美村には映画館がなかった。

安城市の映画館

2002年3月31日まで安城市歴史博物館で「なつかしの映画ポスター展」が開催された。安城市歴史博物館が所蔵している昭和30年代・40年代の映画ポスター120点と、映画パンフレットや宣伝用スチール写真など160点が展示された。安城市内には昭和40年代まで中心市街地などに5つの映画館があり、市内の収集家から借りたこれらの映画館の当時の上映案内チラシなども含まれている。*1

「安城にあった劇場・映画館」。戦前の安城駅周辺には、安城座、帝国館、弥生館、明治座などの娯楽施設があった。戦前の安城座と帝国館のチラシ、戦後の安城座のチラシの写真あり。*2

1950年時点の碧海郡安城町の娯楽施設としては、映画常設館1、映画と演劇を兼ねる劇場1、麻雀店、撞球店、パチンコ店など数々の遊技場がある。弥生館と安城映画劇場の写真あり。1949年度の弥生館の映画観覧者数は、洋画が約2,200人、邦画が約130,000人、計131,701人。1949年度の安城映画劇場の映画観覧者数は、洋画が約28,000人、邦画が約5,000人、映画以外が約8,500人、計41,313人。弥生館と安城映画劇場の広告が掲載されている。「映画常設 弥生館」「映画・演劇 安城映画劇場 澤田興行社 沢田敏夫」。*3

1953年時点では、安城市の映画館として「弥生館」と「安城映画劇場」がある。弥生館の所在地は安城市末広、代表者は太田信之、年間入場者数は100,819人。安城映画劇場の所在地は安城市末広、代表者は沢田敏夫、年間入場者数は36,251人。*4

1956年時点では、安城市民は1年間に1人あたり5.6回映画を鑑賞するという。自動車・トラックは56人に1台。ラジオは0.95戸に1台。電話は98戸に1台。1956年時点の人口は53,490人。*5

1958年の『安城商工名鑑』には、「安城東映」、「弥生館」、「南映会館」の3館が掲載されている。「安城東映」の代表者は沢田敏男、所在地は安城町花ノ木23。「弥生館」の代表者は太田信之、所在地は安城町上細田1-180。「南映会館」の代表者は安城東映と同じ沢田敏男、所在地は安城町的場90-3。*6

1963年の『安城商工名鑑』には、「安城東映」、「安城日活」、「弥生館」、「安城南映会館」の4館が掲載されている。「安城東映」の代表者は沢田敏男、所在地は末広町。「安城日活」の代表者は小坂幸之助、所在地は本町。「弥生館」の代表者は太田信之、所在地は末広町。「安城南映会館」の代表者は安城東映と同じ沢田敏男、所在地は日の出町。*7

1968年の『安城商工名鑑』には、「安城東映」、「安城東宝」、「弥生館」、「南映会館」の4館が掲載されている。「安城東映」の代表者は沢田一郎、所在地は末広町11-11。「安城東宝」の代表者は小坂幸之助、所在地は御幸本町7-2。「弥生館」の代表者は太田信之、所在地は末広町6-6。「南映会館」の代表者は安城東映と同じ沢田一郎、所在地は日の出町6-20。*8

1983年の『創立30周年記念 1983 安城商工名鑑』には、「安城東映」の1館が掲載されている。「安城東映」の事業主は野木一郎、所在地は末広町11-11。創業は1934年。従業員は1人。*9

安城市中心部

南映会館/安城南映会館

所在地 : 愛知県安城市朝日町的場(1960年)、愛知県安城市安城町的場90-3(1963年)、愛知県安城市日ノ出町3(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1961年の『安城市居住者明細図帳』では「南映会館」。1960年・1963年の映画館名簿では「南映会館」。1966年の映画館名簿では「安城南映会館」。1966年の住宅地図では「南映会館」。1969年のアイゼン住宅地図では「三河観光 南映会館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1972年のゼンリン住宅地図では「かつら」。1974年の全航空住宅地図帳では跡地に「和食料理かつら」。1985年のアイゼン住宅地図では跡地に「料理かつら中島靖男」。1992年のゼンリン住宅地図では跡地に「天婦羅かつら(中島靖男)」。1994年のゼンリン住宅地図では跡地に「天婦羅かつら中島靖男」。現在の跡地には2000年以降竣工と思われる民家。「安城スイミングスクール」の北北東30m。マンション「グラニート412」の道路を挟んで南西側。マンション「レゾンシティ安城」の道路を挟んで南東側。最寄駅は名鉄西尾線南安城駅。

安城日活劇場/安城東宝劇場

所在地 : 愛知県安城市御幸本町7-2(1976年・1980年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1982年以後1983年以前
地図 : 消えた映画館の記憶地図
1961年の『安城市居住者明細図帳』には掲載されていない。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「安城日活劇場」。1969年のアイゼン住宅地図では「安城日活」。1972年のゼンリン住宅地図では「東宝」。1974年の全航空住宅地図帳では「安城東宝」。1969年・1976年・1980年の映画館名簿では「安城東宝劇場」。1979年のゼンリン住宅地図では「安城東宝」。1981年(※誤記ではない)発行の1983年航空住宅地図帳では「安城東宝」。1983年5月発行のゼンリン住宅地図には跡地に「フランセハラダ」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の安城市には映画館が存在しなかった。跡地は1983年竣工の商業ビル「フランセビル」。最寄駅はJR東海道本線安城駅。

安城市歴史博物館の企画展の目録である『汽笛一聲 安城駅120年』には、「駅前の映画館」として「安城東宝」の写真あり。年月日は不明だが、『レガシー』(1978年、アメリカ=イギリス合作)、『エーゲ海に捧ぐ』(1979年、東宝)の看板が出ている。*10

安城座/安城東映劇場

1950年頃の安城座
所在地 : 愛知県安城市末広町6(1953年・1955年)、愛知県安城市末広町8-7(1976年・1980年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1984年以後1985年以前
Wikipedia : 安城東映
地図 : 消えた映画館の記憶地図

1955年の映画館名簿では「安城座」。1959年に安城座から安城東映に改称。1960年・1963年の映画館名簿では「安城東映」。1972年のゼンリン住宅地図では「東映」。1974年の全航空住宅地図帳では「安城東映」。1966年・1969年・1976年・1980年の映画館名簿では「安城東映劇場」。1969年のアイゼン住宅地図では「安城東映」。1979年のゼンリン住宅地図では「安城東映」。1981年(※誤記ではない)発行の1983年航空住宅地図帳では「安城東映」。1983年5月発行のゼンリン住宅地図では「安城東映」。1985年のアイゼン住宅地図では「安城東映」。この住宅地図に掲載されている映画館は安城東映のみ。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の安城市には映画館が存在しなかった。1992年のゼンリン住宅地図では跡地に安城東映時代の建物が残されていることがわかる。1994年のゼンリン住宅地図では跡地に駐車場。2010年代の跡地では区画整理が進行中であり道路用地となった。マンション「グランドメゾン安城」の西北西30m。最寄駅はJR東海道本線安城駅。

安城市末広町には「安城座」があり、碧海農業祭ではみどり会が碧海おどりを踊った。安城座はのちに「安城東映」に改称し、1989年(平成元年)現在は閉館して姿を消している。*11

末広町にあった安城座は1911年(明治44年)創業の劇場であり、当初は演劇などが中心だったが、やがて映画も上映するようになった。その後、安城映画劇場に改称し、戦後には映画館の安城東映となった。戦前の安城座や戦後の安城座のチラシの写真あり。*12

1961年(昭和36年)に安城市が発行した住宅地図『安城市居住者明細図帳』では「安城東映」。安城デジタルアーカイブで閲覧可能。*13

弥生館/安城弥生館

1950年頃の弥生館
所在地 : 愛知県安城市安城町上細田(1953年・1955年)、愛知県安城市末広町5-6(1976年・1980年)
開館年 : 1928年
閉館年 : 1984年
地図 : 消えた映画館の記憶地図
1955年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「弥生館」。1969年のアイゼン住宅地図では「安城館」。1972年のゼンリン住宅地図では「弥生映画館」。1974年の全航空住宅地図帳では「弥生館」。1976年・1980年の映画館名簿では「安城弥生館」。1979年のゼンリン住宅地図では「弥生座」(※館ではなく座)。1981年(※誤記ではない)発行の1983年航空住宅地図帳では「弥生館」。1983年5月発行のゼンリン住宅地図では「弥生館」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の安城市には映画館が存在しなかった。跡地はマンション「オーキッドマンション末広」の20m南西。最寄駅はJR東海道本線安城駅。

1928年(昭和3年)、末広町の表通りから路地を東へ入った場所に弥生館が開館した。弥生館は松竹系の映画館であり、上原謙・田中絹代・佐分利信などのスターの作品が上映された。盆や正月には早朝から開館を待つ人の列ができ、弥生館の前から隣の半弓場、置屋、そして菓子屋の角を曲がってずっと続いていた。一時期の安城市内には、弥生館のほかに安城座(のちの安城東映)、南映日活の映画館があったが、1984年(昭和59年)には弥生館も閉館した。弥生館の跡地は駐車場となっている。1958年(昭和33年)頃の島田正吾・山田五十鈴主演の『夏祭り三度笠』を上演中の弥生館の写真あり。*14

1950年(昭和25年)頃の弥生館の写真。当時の1年間の映画観覧者は、洋画1,466人、邦画107,441人だった。*15

弥生館とある『安城市居住者明細図帳』で場所確認。1961年に安城市が発行した住宅地図。*16

『安城ホームニュース』を1985年4月13日の創刊号から1985年12月14日の第17号まですべて閲覧したが、映画館に関する記事は確認できなかった。

安城コロナシネマワールド

所在地 : 愛知県安城市浜富町6-8
開館年 : 1995年12月23日
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図

(※ザ・モール安城として開業したショッピングセンターの記事)1990年(平成2年)10月25日、大手紡績メーカーのクラボウは、安城工場用地の一部(愛知県安城市大東町9-13)を再開発し、セゾングループの西友をキーテナントにしたショッピングセンター「スプリングサーカス安城」を建設すると発表した。総店舗面積3万6000平方メートルは東海地区第2位、テナント数は郊外型ショッピングセンターでは愛知県第1位となる。安城工場はJR安城駅の約800メートル西にあり、敷地約23万平方メートルに工場・社宅・寮などがある。設備の近代化などで従業員は最盛期の半分以下の670人に減り、寮や社宅の老朽化が進行したため、数年前に浮上した再開発計画で西友とともに開発することで合意に達した。総事業費は約250億円で、うち西友が150億円を投資する。*17

1995年(平成7年)12月23日、安城市浜富町に映画館「安城コロナシネマワールド」が開館する。1984年(昭和59年)を最後に映画館が消えていた安城市にとって、11年ぶりの映画館の復活である。小牧市に本社を置くコロナグループによる運営。JR安城駅東約1キロの工場跡地(約4万平方メートル)に、映画館に加えてパチンコ店、ボウリング場、天然温泉浴場などが入る4棟を建設中である。このうち映画館はA棟2階の約1300平方メートル。10スクリーンが入る。*18}

2015年(平成27年)8月1日、映画の画面に合わせて座席が揺れ動くなど臨場感を味わえる上映設備「4DX」が安城コロナシネマワールドに導入された。安生コロナシネマワールドを経営するコロナワールドは、2013年に国内で初めて名古屋市の中川コロナシネマワールドに4DXを導入している。愛知県内では中川と豊川コロナシネマ・ワールドに次いで3店目である。10スクリーンのうち1スクリーンに約2億円を投じて整備した。座席は120席。通常料金に加え1000円が必要。初日となった8月1日には『進撃の巨人』を4DXで上映した。8月7日から『ジュラシック・ワールド』『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネーション』も4DXで上映する予定。*19

安城市周縁部

桜井劇場/桜井映画劇場/桜映画劇場

所在地 : 愛知県碧海郡桜井村東町(1955年)、愛知県碧海郡桜井町東町(1963年)
開館年 : 1929年*20
閉館年 : 1964年
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「桜井劇場」。1955年の映画館名簿では「桜井映画劇場」であり経営者は水野庄六。1960年・1963年の映画館名簿では「桜映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年のアイゼン住宅地図では跡地に「水野豊」邸。1972年のゼンリン住宅地図では「水野豊」邸。1974年の全航空住宅地図帳ではそれまでの水野豊邸に「映劇アト」と記載されている。1979年のゼンリン住宅地図では跡地に「桜山水墨画教室」。桜井駅の東60m。「ファッションセンターしまむら桜井店」の西50m。跡地は空き地。最寄駅は名鉄西尾線桜井駅。

碧海郡桜井町の安城市への編入合併は1967年のため、この映画館は閉館時まで碧海郡桜井町にあった。安城市図書情報館にレファレンスしたら東町ではなく桜井駅の南西あたり(北新田)とのこと。1961年-1969年の航空写真を見ると近辺に民家ではなさそうな建物があるようにも見えるが、解像度が低いため判然としない。

『企画展 千客万来 安城を彩った広告』には1955年(昭和30年)頃の「桜井村案内図」が掲載されている。この案内図における名鉄西尾線桜井駅の東側、現在の西尾信用金庫桜井支店の西10mに、「櫻井劇場」と書かれているように見えるが、解像度が低いため判然としない。同文献には「桜井劇場」(実際の表記は櫻井劇場)で昭和20年代に公開された際の映画『王政復古』の上演チラシが掲載されている。*21

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます