かつて存在した映画館についてのwikiです。事実上の個人サイトであり管理人「hekikaicinema」のみが編集可能です。

北区、東区、千種区の映画館。(※千種区から分区した名東区には映画館が存在しなかった。)

北区

北区の映画館

活動写真は、明治末に投影式の興行場ができてから、しだいに日本各地に広がり、大正のころには娯楽の王座をしめるようになった。名古屋でも広小路の中央電気館や万松寺の芦辺館・帝国座、大須の文明館・世界館など多くの活動小屋ができた。北区の人々も見に行ったものであった。当時は、いわゆるサイレント映画で、スクリーンの左前のせまい囲いに弁士がいて、活動写真に合わせて説明し、数人の楽士が音楽を演奏したのである。また、臨監席というのがあって、常時警察官が座っていた。当時の社会の様子をかいまみることができるようだ。しかし、昭和の初めにトーキーが上映されるようになり、弁士や楽士の人員整理が行われるようになった。昭和7年(1932)には、各映画館で反トーキー運動が起こったが、結局、時代の波には勝てず、トーキーの時代に入っていった。*1

日の出館

所在地 :
開館年 : 1929年
閉館年 :
北区では、大曽根に日の出館があった。日の出館は、昭和4年に建てられ、初めはマキノ映画の直営であったが、昭和9年以来新興映画の経営となった。2階建てで、1階と2階とでは料金が異なっていた。2階にはいるには、お直り券が必要で、1階の30銭に対して2階は50銭であった。1階は、土間になっていて4-5人が座れるベンチが4列に並んでおり、2階はたたみ敷きで座布団が用意してあった。観賞できる人数は、1・2階合わせて400人程度であった。近くに三菱の工場があり、各地からの徴用工がよく日の出館にきたそうである。その他、北区の人々や東区の人々もよく利用したとのことである。*2

大曽根劇場/有楽座

所在地 : 北区彩紅通
開館年 : 1951年
閉館年 : 不明
有楽座は昭和26年に洋画の映画館「大曽根劇場」として開館。雄飛を目指して東京日比谷の有楽座と同名にし、邦画上映に切り替えた。北区彩紅通。昭和31年。有楽座の前の彩紅通電停で人が乗り込む。昭和46年。*3

スズラン東映

所在地 : 北区
開館年 : 1951年
閉館年 : 1954年以後
鈴蘭通のスズラン東映。昭和31年。北区東大杉町4の大曽根・鈴蘭通の「スズラン東映映画劇場」。この劇場は昭和26年12月、東宝封切館として開場し、当時の名称は「鈴蘭映画劇場」だった。映画と実演の劇場で、映画はエノケン・ロッパ、金語楼主演の『極楽六花撰』。実演は三門順子らと楽団演奏だった。同29年正月から東映上映館となり「スズラン東映」に。なお、鈴蘭通の名は同21年春、商店街発展会が設立記念に一般から名称を募集して決めたという。*4

大曽根東映・スズラン第二東映

所在地 : 北区
開館年 : 1960年
閉館年 : 不明
大曽根娯楽センターが大曽根スズラン通に完成した時のようす。1階に大曽根東映、2階にスズラン第二東映があった。開館祝賀会には俳優の松方弘樹らが駆け付けた。北区。昭和35年。*5

黒川日劇

所在地 : 北区志賀町
開館年 : 1955年
閉館年 : 不明
黒川日劇は昭和30年10月に開館。松竹と日活の映画を上映して女性客で賑わった。鉄筋3階建ての耐震耐火建築が売りだった。北区志賀町。昭和31年。*6

上飯田劇場

所在地 : 北区上飯田北町
開館年 : 1955年
閉館年 : 不明
上飯田劇場は昭和30年に開館。大映、日活、東宝、新東宝の作品を55円で上映した。女性に人気の映画館であった。北区上飯田北町。昭和31年。*7

東区

敷島劇場

所在地 : 東区矢田
開館年 : 1937年以後
閉館年 :
代官町は明治末期18,000坪の敷地を有する丸織会社の織布工場があり女工さんも1,000数百名がいたと言われ、それを目当に商店がまばらに開業したのがそもそもの始まりで、商店街としての歴史は古い。当時代官町にお芝居の京枡座が全盛で市民の憩いの場となった。昭和の初期の代官町は黄金時代であった。昭和7年丸織会社はこの広大な土地と工場を残して呉羽紡と合併した。そして仲田に移転した。昭和9年移転後の丸織跡の無償貸与を受けて代官町仮設遊園地を開設することになった。昭和12年支那事変勃発と同時にこの遊園地も一朝の夢として消え去った。その後区画整理により有力な商店が、この遊園地跡に進出して新店舗を構えた。映画の敷島劇場も開館した。この頃市内第1号の鉄骨コンクリート映画館として有名な音羽館がお隣の筒井町八千代館と共に全盛であった。代官町も商店街として充実した時代であった。*8

矢田シネマ

所在地 : 東区矢田
開館年 : 1957年
閉館年 : 1965年
矢田シネマは大曽根から瀬戸に通ずる瀬戸街道沿いの矢田本通商店街に昭和32年に創業し、新東宝・東宝・日活・東映・大映の邦画を上映していたが、同40年に閉館となった。東区矢田。昭和33年頃。*9

京枡座/京映劇場

所在地 :
開館年 : 1876年
閉館年 : 1956年以後
京映劇場(昭和31年撮影)は明治9年に「京桝座」として開館。芝居を公演していたなごりで映画館になってからも回り舞台があった。回り舞台がある映画館は市内では名宝劇場とここだけだった。*10

東松竹映劇

所在地 :
開館年 : 1956年以前
閉館年 : 1956年以後
昭和31年4月の筒井町商店街・東松竹映劇。戦前から「八千代館」の名で営業。戦後は一時、キャバレーに転向していた。日光屋ふとん店主人「このマップに描いてあるように、僕が子どものころは東松竹映劇の前に金魚やとおでん屋が店を出しとってね。ヘビ使いや紙芝居も来とったなあ」。日光屋を出て東に歩いていくとマップにもある「ラク亭食堂」。その東向かいの映画館「東松竹映劇」は現在はマンションになっていて、1階にコメダ珈琲がある。その南向い、マップでは「空地」と書いてあるところは、今はおしゃれなフランス料理店に変身。その隣の「桶甚風呂桶店」は現在も経営している。桶甚主人「家の前が映画館だもんで、最後の上映のナイトショーは無料で入れてくれた。東映の時代劇が多かったね」。映画館の「タダ観」は商店街の子どもたちに共通する思い出だ。*11

代官町映劇

所在地 :
開館年 : 1956年以前
閉館年 : 1956年以後
昭和26年12月の代官町商店街。戦災で焼け残った2つの映画館を中心に戦後、にぎわいを取り戻した。昭和31年撮影の代官町映劇。中京を代表する映画館で、昭和元年に名古屋市最初の鉄筋映画館として建てられた「音羽座」が前身。開館当初には松竹のオールトーキー『マダムと女房』をかけて話題になった。頑丈に造ったために客席に太い柱があり観客には観づらかった。*12

ライブシアター銀映

所在地 :
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 2010年10月31日
2010年11月1日の新聞記事
愛知県内最後のストリップ劇場だった「ライブシアター銀映」(名古屋市東区)が31日夜、閉館した。かつて繁華街や温泉街で風俗産業の代表格だったストリップだが、最近は娯楽の多様化などで減少の一途。時代の流れには逆らえず、大衆文化の灯がまた一つ消えた。愛知県警によると、ストリップ劇場は風営法の店舗型性風俗特殊営業三号に当たり、劇場型施設として営業許可を得ていたのは銀映だけだった。経営者の男性によると、銀映は50年以上前に映画館として開業した。その後、ストリップ劇場に改装され、この男性は38年前から銀映を経営してきたという。男性は「騒がずにひっそりと閉めたい」と多くを語らないが、近年は風俗産業の多様化やインターネットの普及などにより観客が減少。銀映は経費がかさむ専属の踊り子を持たず、カップル席を設けるなど集客の工夫もしてきたが、経営が立ち行かなくなり、閉館に追い込まれたとみられる。31日の最終日は200人以上のファンで立ち見が出るほど。午後10時半に最終公演が終わり、踊り子が「長い間、銀映を愛してくださりありがとうございました」とあいさつすると、拍手が鳴りやまなかった。岐阜県多治見市の会社員(36)は「踊り子の頑張っている姿に励まされた。時代の流れで仕方ないが寂しい」と名残を惜しんでいた。銀映の閉館で、東海地方に残るストリップ劇場は岐阜市だけになった。銀映の今後の活用法は未定という。*13

千種区

仲田ロマン座

所在地 : 千種区
開館年 : 1951年
閉館年 :
仲田ロマン座は昭和26年12月に開館。当初は東宝・大映系上映館で、のち松竹系、東映系となった。『君の名は』『二十四の瞳』は多くの観客を呼び込んだが、同40年代に閉館している。千種区。昭和31年。*14

覚王山スバル座

覚王山スバル座。昭和31年。千種区覚王山通9の映画館「覚王山スバル座」の外観。同館は昭和27年開館。低料金洋画劇場(定員350人)としてスタートしたが、その後、邦画(日活)との併映館に。当初は「スパル座」だったが、経営者が代わって、意味が分からない、の声もあり「スバル座」に。同劇場は覚王山発展会の西端にあった。どう発展会は同24年、組合員94人で発足したが、東西の覚王山通と南北の日泰寺参道の商店で構成する珍しいT字型発展会。現在の覚王山商店街の組合員数は107人。*15

今池映画劇場

所在地 : 千種区今池
開館年 :
閉館年 :
今池交差点付近。現在、新今池ビルが建つ区画を西に望む。この区画の右の道路が錦通、左が広小路通。かつて今池は「映画の街」と言われ、最盛期には8つの映画館があった。中央に移る映画館は新今池ビル2階に入り、昭和40年代までは大勢の来館者があった。千種区今池。昭和35年。*16

三越映画劇場

所在地 : 千種区星ヶ丘元町14-14
開館年 : 1980年
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 三越映画劇場

名古屋シネマテーク

所在地 : 千種区今池1-6-13 今池スタービル2階
開館年 : 1982年
閉館年 :
Wikipedia : 名古屋シネマテーク

キノシタホール

所在地 : 千種区内山1-18-10
開館年 : 1986年
閉館年 :
Wikipedia : キノシタホール

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます