かつて存在した映画館についてのwikiです。事実上の個人サイトであり管理人「hekikaicinema」のみが編集可能です。

大須周辺

太陽館

所在地 : 中区大須
開館年 : 1921年
閉館年 : 不明
太陽館は大正10年、のちに日本ヘラルド映画を興すことになる古川為三郎が開業した。為三郎はほかにも帝国館帝国座大勝館などを開館、大須は名古屋屈指の映画街となる。映画館入口には『二匹の用心棒』『クレイジー・キャッツの大冒険』などと懐かしい映画のポスターが貼られている。入場料は当時150円だった。中区大須。昭和45年頃。*1

グランド劇場

所在地 :
開館年 : 1947年以前
閉館年 : 1947年以後
グランド劇場前の写真。大須「柳下水」。昭和22年。名古屋三名水のひとつで、かつては井戸のそばに柳があり、そう呼ばれた。茶の湯や化粧水に利用された。*2

東洋劇場

所在地 :
開館年 : 1955年11月1日
閉館年 :
東洋劇場。昭和30年。昭和30年11月1日、大須公園北側に洋画専門劇場として開館した東洋劇場である。封切り映画はエディ・マーフィ主演『地獄の戦線』。定員850人。同劇場の前身は新歌舞伎座で、同27年10月に開場だった。新歌舞伎座のこけら落としは関西大歌舞伎「片岡仁左衛門一座」公演だったが、その3年後、映画の波に押され「交代」。なお、同30年11月1日には名古屋駅前に中日本興業直営のグランドロキシーニュース劇場の3館も同時オープン。現在ここには「夏草や兵どもが夢の跡」ではないが、高層マンションがデーン…。*3

栄周辺

名宝会館

1955年の名宝ニュース劇場
所在地 : 中区
開館年 : 1935年
閉館年 : 2002年12月1日
1960年(昭和35年)5月、ゴールデンウィークでにぎわう名宝会館の写真あり。1935年(昭和10年)に名古屋宝塚劇場として開館した劇場である。3階席まであったホール内には真紅の絨毯が敷かれた。名古屋で初めて宝塚少女歌劇団の公演が行われた劇場でもある。*4

1955年(昭和30年)頃の名宝会館の名宝ニュース劇場の写真あり。広小路通り沿いにあった。1935年に名古屋宝塚劇場として開館。戦後は映画館3館の併設であり、2階の名宝ニュース劇場は名古屋初のニュース映画専門館だった。「名宝ニュース劇場 30円均一」という看板が見られる。*5

名古屋市中区栄1の名宝劇場など映画館3館が入る名古屋市中区栄1丁目の名宝会館は、2002年12月1日に67年の歴史を終える。11月23日には「さよなら、名宝会館ファイナル・シネマ」は始まり、名画や過去の大ヒット作を上映している。11月28日・29日には『カサブランカ』と『ひまわり』の名作2本を上映。50-60歳代を中心に予想の2倍の一日約1200人が訪れた。30日に上映した『千と千尋の神隠し』には朝から親子連れの行列。「『シェーン』などの西部劇をよく見た」という人、「『アラビアのロレンス』や『サウンド・オブ・ミュージック』を見た」という人が来場。12月1日の『ゴジラ』『ゴジラVSモスラ』2本立てが最終上映。名宝会館は、ビルの老朽化と、郊外の複合型映画施設(シネコン)の影響で客足が減ったことが閉館の理由である。現在のビルの解体後、2004年末には跡地に10階と11階のツインビルが竣工予定。このツインビルに映画館が入る予定はなく、オフィス棟とホテル棟になる。*6

八重垣劇場

所在地 : 中区上長者町
開館年 : 1930年
閉館年 : 1962年
1956年(昭和31年)の写真あり。中区上長者町(現丸の内2)にあった八重垣劇場は、洋画専門館として1930年(昭和5年)10月に開館。定員は623人。名古屋屈指の名門映画館とされ、ヨーロッパの名作をほとんど独占的に上映した。本町通西側の愛知商工館(現県産業貿易館西館)と那古野神社の間にあった。戦後はアメリカ映画のロードショー館であったが、1953年(昭和28年)後半から邦画の上映館に転向した。1962年(昭和37年)3月に閉館した。*7

朝日会館

所在地 : 中区広小路通
開館年 : 1935年
閉館年 : 1967年
銀幕全盛期の朝日会館。昭和31年。昭和31年4月、中区広小路通(現栄1)名古屋朝日ビル内の朝日会館映画劇場の光景。同劇場は同10年、朝日新聞名古屋支社(現名古屋本社)の社屋竣工と共に開館、3-5階を占めた。当初は主に催し物、貸し会場で、合間に映画を上映していたが、同16年ごろから映画本位に。戦後、松竹系封切館となったが、映画全盛の同30年代前半、洋画専門に。同42年11月末、都市計画による改築工事で閉館。同44年4月、朝日ビルが完成したが、同60年に高層ビル計画が浮上。平成元年3月、ホテル、オフィスなどが入居した複合ビル「アムナットビル」が完成した。*8

名古屋松竹映画劇場

所在地 : 中区
開館年 : 1946年
閉館年 : 1970年
南呉服町にあった名古屋松竹映画劇場(昭和31年撮影)。21年に開館。こけら落としは林長二郎(長谷川和夫)主演の『鯉名の銀平』。38年の新装開館時には松竹スターの倍賞千恵子も駆けつけた。45年閉館。*9


名古屋松竹映画劇場。昭和31年3月。昭和21年に中区呉服町通に開場。名古屋トップクラスの映画館だった。*10

広小路劇場

所在地 :
開館年 : 1947年
閉館年 :
1956年(昭和31年)の広小路劇場の写真あり。明治期に設立された栄の名門劇場であり、戦後の1947年(昭和22年)に映画館に転換された。全国初のスタジアム式構造である。*11

丸栄ピカデリー劇場

所在地 :
開館年 : 1950年正月
閉館年 : 1960年11月末
1956年(昭和31年)の丸栄ピカデリー劇場の写真あり。1400万円で建設され、1949年(昭和24年)末に竣工。1950年(昭和25年)正月にイギリス映画『赤い靴』でこけら落としし、この作品は記録的な観客動員数であった。定員は580人。洋画ロードショー館だった。名古屋タイムズはピカデリー劇場について「ハイクラスな映画を上映、外国製映写機ゴーモンは当初名古屋に1台しかなかった」と報じている。映画が斜陽産業化すると1960年(昭和35年)11月末で閉館した。*12

ミリオン座

所在地 : 名古屋市中区仲ノ町(現・中区栄1丁目)
開館年 : 1950年11月
閉館年 : 1983年
1958年(昭和33年)のミリオン座の写真あり。中区仲ノ町(現・栄1丁目)にあった。ディズニー映画『百獣の王ライオン』に長蛇の列を作っている。*13

1950年(昭和25年)11月に開館。名古屋市の人口は太平洋戦争でいったんは100万人を切ったが、戦後の1950年には再び100万人を超えたことで、これを記念してミリオン座(100万)と名付けられた。昭和30年代は映画全盛期であり、名古屋市内には約130の映画館がった。ミリオン座の手前に見えているのは資生堂パーラー広小路店。*14

名古屋日活劇場

所在地 :
開館年 : 1952年8月
閉館年 : 1963年以後
1952年(昭和27年)8月に名古屋日活劇場が開館した際の写真あり。現在の丸栄の南にあった。開館記念上映作品はアメリカ映画『砂漠の鬼将軍』。*15

名古屋東映劇場

所在地 :
開館年 : 1955年
閉館年 : 2002年
1956年(昭和31年)5月の名古屋東映劇場の写真あり。1955年(昭和30年)7月に現在の錦3丁目に開館した劇場であり、開館記念には東映スター19人が来館している。*16

1956年(昭和31年)頃の名古屋東映劇場の写真あり。名古屋東映、東映パラス(東映地下劇場)、東映小劇場(栄・東映ホール)の3館の併設。ニュースも映画も見られる特徴的な劇場だった。現在のサンシャイン栄。*17

ヘラルドシネプラザ

所在地 : 名古屋市中区栄3丁目
開館年 :
閉館年 : 1999年9月(部分閉館)、2004年2月22日(完全閉館)

1999年9月には観客減少などが理由で、ヘラルドシネプラザ(名古屋市中区栄3丁目)内の巨大スクリーンの名門館シネプラザ1が閉館。その後には名古屋市中心部の名駅地区・栄地区だけでも20もの映画館が閉鎖され、現在は名古屋駅前にピカデリー6館、名鉄東宝2館と、ゴールド・シルバー劇場、栄にエンゼル東宝センチュリーシネマが残るだけ。約5年間で半減以下となった。2004年2月22日にはヘラルドシネプラザ2など映画館3館も閉館する。*18

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます