かつて存在した映画館についてのwikiです。事実上の個人サイトであり管理人「hekikaicinema」のみが編集可能です。

このページでは尾張北部の映画館を扱います。犬山市、岩倉市、江南市、稲沢市、北名古屋市の順です。一宮市は別ページを参照。

犬山市

桃劇/桃劇場/犬山桃太郎劇場

所在地 : 犬山市犬山*1、犬山市高見町71*2
開館年 : 昭和20年代後半
閉館年 : 1980年以後
1954年(昭和29年)頃の桃劇(とうげき)の写真。昭和20年代後半、現在の犬山駅西交差点の北側に開館。1階がスーパー、2階が映画館だった。2002年(平成14年)時点で跡地は駐車場。跡地の写真あり。*3

1953年(昭和28年)頃の名鉄犬山駅前の写真。すでに大きな駅前ロータリーがあり、駅前では相撲の地方巡行興業も行われた。ロータリーの先には、運送会社・パーマネント・パンなどの看板が見える。右奥の白い屋根が映画館「桃劇」。*4

昭和30年代の犬山。犬山駅前のを走る国道41号に沿ってある映画館が桃劇(とうげき)。撮影技師や切符売りなども合わせると約12人が働いている。犬山には桃劇のほかにライン劇場や犬山東映もある。*5

ライン劇場/ライン映画劇場

所在地 : 犬山市新通町(1955年)*6、犬山市東新道町(1963年)
開館年 : 1943年
閉館年 : 1963年以後
1954年(昭和29年)頃のライン劇場の写真。東新道にあった。2002年時点で跡地は住宅。*7

新栄座/犬山劇場

所在地 :
開館年 : 1954年以前
閉館年 :
1954年(昭和29年)頃の犬山劇場の写真。前身は下大本町にあった新栄座という芝居小屋。新栄座には畳敷きの升席や花道があり、有名な役者も来演した。やがて映画を上映するようになり、のちに犬山劇場と改称した。跡地は飲食街。*8

犬山洋画劇場

所在地 : 犬山市大石通*9
開館年 : 1947年
閉館年 : 1955年以後

犬山東映

所在地 : 犬山市西古券(1963年)
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1963年以後

岩倉市

開栄座

昭和初期の開栄座
所在地 :
開館年 : 1891年の濃尾大地震以後
閉館年 : 1941年頃?
座席数 : 700人
写真: 『岩倉・西春日井今昔写真集』 樹林舎、2009年、p.95

1891年(明治24年)の濃尾大地震後、中市場中北裏の光昭寺の東に建てられた芝居小屋*10
約50年にわたって町民全体の娯楽施設として機能*11
定員は700人だったが、1,500人まで入場させたことがある*12
芝居、映画、浪花節、浄瑠璃、曲芸のほか、政談演説会も行われた*13
加藤鯛一、尾崎行雄、大山郁夫、浜口雄幸、井上準之助などが来演した*14

旧丹羽郡内で一番古い芝居小屋は犬山の真栄座と岩倉の開栄座だった。開栄座は濃尾大地震後間もなく、高梁藤七(中市場)、石黒喜平(東市場)の両人が中心となって新町の光昭寺の東に建てられ、そのこけら落し興行には坂東蓑助が出演した。その後、名の通った役者では嵐三五郎一座が来たぐらいだが、いつのことか、浪花節の京山小円が来演した。呼び役浅野善三郎の外に三十余人もの勧進元希望者が続出し、一人3円ずつの負担金を出し合ったという。開栄座は定員700人だが、小円の折には1500人を入れて入場記録をつくった。小円の声が余りよく透るので入口にいても十分に聞えたので、遠くはなれた地点に竹矢来を急ごしらえして群衆を整理したとさえ伝えられている。この開栄座には大正デモクラシーのやかましかったことに尾崎行雄、大山郁夫も来て政談演説をしている。当座は小さな田舎の芝居小屋にすぎなかったが開設以来50年間、町民の娯楽施設として芝居、活動写真、浪花節、曲芸、浄瑠璃等を絶えず開演してきたが、戦時中に人手に移り、一時は倉庫や工場に転用されていたが現在はその跡形もなくなった。*15


映画が当地の開栄座にかかるようになったのは明治末のことで、当時は活動写真といい、盆、正月には活動大写真と銘うって盛んに客を呼んだものである。来演の数日前から町の所々へポスターを張り、当日の昼下りには弁士、楽士が隊を組んで町回りをした。これには幟り持ちやビラ配りの大人、子供が何人か加って賑やかなものだった。明治24年の濃尾大地震後に、中市場中北裏の光昭寺の東に開栄座が建てられた。田舎の芝居小屋だったが、開設以降50年あまり、大人も子どもも楽しめる町民全体の娯楽施設として機能していた。定員700人であったが、1,500人まで入場させたこともある。芝居、映画、浪花節、浄瑠璃、曲芸のほか、政談演説会も行われた。*16

岩倉劇場

所在地 :
開館年 : 戦後
閉館年 : 1947年以後
座席数 :
戦後娯楽の復活は意外に早かった。岩倉でも戦後間もないころ、下本町の河村彦三郎が中心となって岩倉劇場が創設された。劇場開きには坂東秀一郎一座が興行したが、その後、梅沢昇・東家浦太郎・川崎弘子・豆千代・天勝などが来演し、初期には盛況であった。ところが昭和22年ごろになり、名古屋などに新しい興行施設が続々と建てられるようになると、詳しい事情は不明であるけれども採算がとれなくなり、岩倉町公民館に転用されることになった。「岩倉町議会議事録」によれば、昭和22年11月3日以後、岩倉町公民館として使用することになり、町有財産とされた。しかし、町に支障のない限り興行を認めるという条件がついていて、引続き映画が上映されていた。*17

江南市

布袋座

所在地 :
開館年 : 1921年以後
閉館年 : 1960年?
座席数 :
初代布袋座は、1912年(大正元年)に名古屋市の鶴舞公園で開催された共進博覧会の建物を移築したものである。しかし1927年(昭和2年)の火災で全焼したため、写真にある2代の布袋座を建設したが、2代の建物も1960年(昭和35年)3月6日に焼失した。*18

古知野劇場

所在地 : 江南市古知野町久保見*19
開館年 : 1927年
閉館年 : 1976年以後1980年以前

戦前から古知野の街なかにあった劇場が古知野劇場である。1950年(昭和25年)には『緑色の髪の少年』や『ヘンリィ五世』を上映した。1961年(昭和36年)には『お染半九郎』や『流れの旅路』を上映した。芝居も興行した。1961年の写真あり。*20

布袋映画劇場

所在地 : 江南市布袋町栄町*21
開館年 : 1952年
閉館年 : 1960年以後1963年以前

江南東映劇場

所在地 : 江南市古知野町薬師23*22
開館年 : 1960年から1963年の間
閉館年 : 1980年以後

新盛館

所在地 : 江南市古知野町新町*23、江南市古知野町本郷2-1*24
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1980年以後

江南シネマ

所在地 : 江南市古知野町本郷2-1*25
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 1980年以後

稲沢市

大正座

所在地 : 中島郡稲沢町稲沢*26
開館年 : 1913年
閉館年 : 1955年以後
1921年(大正10年)頃の写真あり。大衆娯楽の少なかった時代にこの地方唯一の演劇場として1913年(大正2年)に大正座が開館した。おもな出資者は、稲沢町の山田市三郎、水谷宗次、田中甚三郎ら。株主から委託されて鈴木富三郎(右から2人目鳥打ち帽)が経営した。昭和になると演劇とともに映画も上映された。写真撮影当時は凧揚げが流行したため、凧揚げ大会の商品が屋上に積み上げられている。*27

新富座

所在地 : 中島郡祖父江町祖父江*28
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1960年から1963年の間

森上会館

所在地 : 中島郡祖父江町村上*29
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1963年から1969年の間

稲沢東映館

所在地 : 稲沢市稲沢町(1963年)
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1963年から1969年の間

稲沢映画劇場

所在地 : 稲沢市稲沢町下津南六反田(1963年)
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1963年から1969年の間

稲沢大劇

所在地 : 稲沢市稲沢町(1963年)
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1963年から1969年の間

北名古屋市

末広館

所在地 : 西春日井郡西春村西之保(1963年)
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1963年以後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます