かつて存在した映画館についてのwikiです。事実上の個人サイトであり管理人「hekikaicinema」のみが編集可能です。

このページでは尾張東部の映画館を扱います。瀬戸市、尾張旭市、春日井市、小牧市、長久手市、日進市、東郷町の順です。

瀬戸市

陶元座/深川館

1932年の深川館
所在地 : 瀬戸市深川町14*1
開館年 : 1892年(陶元座)、1927年*2
閉館年 : 1962年
座席数 :
『瀬戸 市制50周年記念誌』に大正初期の陶元座の写真あり。
宮前の通りの中ほどから西に入った突き当りに陶元座が建てられたのは、明治25年のことである。せとものの街・瀬戸は職人の街でもあり、庶民の娯楽の場となったのが陶元座だった。栄座中央館などと競いあって芝居や義太夫を興行し、大正後期には活動写真も始めた。入場料は10銭で、1階は椅子席、2階は畳敷、火鉢や座布団の借り賃が5銭したという。写真はこのころのものとみられ、軒先には「(活動)大写真」の看板が読みとれる。昭和3年に深川館と改名し、戦後の同37年まで続いたが、その後スーパーマーケットとなり、さらに現在の(立体)駐車場へと変わった。*3


陶元座は明治25年ごろ現在の瀬戸市深川町に開館したが同35年に焼失。再建して後に深川館と改称。大正初期の写真。*4


中央奥に移っているのは、映画などを上映した深川館で、この時は『ミイラ再生』の看板がかかっている。この写真は、ちょうど第1回せともの祭りが開かれたころのもので、その成功により第2回、第3回と回を重ねるにつれ祭りは大きくなっていった。昔の宮前町の一部が現在では深川町。この付近は飲食店、カフェーの多い所だった。左手にあったカフェーは今は喫茶店となっている。深川館の前身は明治25年にできた陶元座で、芝居や浪花節などを興業していた。昭和3年から深川館となり、37年まで続いたが、その後スーパーマーケット、そして駐車場と経営が変わった。*5

栄座

所在地 : 瀬戸市東本町
開館年 : 1895年
閉館年 : 1937年
座席数 :
昭和12年頃の栄座陶元座とともに明治中期から42年間にわたり庶民に親しまれてきたこの劇場も、昭和12年には閉鎖されてしまった。戦争が本格化して、人びとは次第に娯楽のない生活を強いられていく。*6


栄座は明治28年から昭和12年まで瀬戸市東本町にあった。昭和12年4月の写真。*7

歌舞伎座/瀬戸劇場

所在地 : 瀬戸市滝之湯町
開館年 : 昭和初期
閉館年 : 1943年頃
座席数 :
昭和初期の歌舞伎座。昭和の初め頃に建てられた歌舞伎座は、昭和初期の不況と度重なる戦争による影響をまともに受け、昭和18年頃には閉じてしまった。*8


歌舞伎座は昭和初期から同18年ごろまで瀬戸市滝之湯町にあって、途中で瀬戸劇場と改称。モダンな建物だった。昭和初めの写真。*9

中央館

1954年の中央館
所在地 : 瀬戸市末広町2-4*10、瀬戸市末広町2*11
開館年 : 1921年
閉館年 : 1960年以後
座席数 : 495席*12、400席*13
上映作 : 松竹・大映・日活*14*15

深川神社門前の繁華街入口にあった「中央館」。看板には戦後の松竹を代表するスター佐田啓二と大映の長谷川一夫が描かれている。両作品はともに昭和29年8月の封切り。この劇場ファサードにみる映画セットのようなモルタルの洋風造りは関東大震災以降に大流行した看板建築様式で、たいへん風情があった。写真の「中央館」以外にも、深川神社周辺には「深川館」「朝日劇場」「千代田東映」「瀬戸大映」などが集まり、大賑わいだった。中央館はパチンコ店に変わった。「映画は中央」の看板文字だけが名残を止めている。*16

朝日映画劇場

所在地 : 瀬戸市深川町48*17
開館年 : 1947年
閉館年 : 1955年以後

社会福祉法人・瀬戸中央会が、瀬戸市の銀座通商店街に面した旧映画館の敷地で建設を進めている「ケアハウス聚楽」が、2月に完成する。同ケアハウスは、鉄筋コンクリート造り7階建て延べ約2500平方メートル。同ケアハウスの建物と商店街の間には、100平方メートル近い通路部分があり、この空間を商店街の活性化に生かそうという計画も進行中。*18


瀬戸シネマ

所在地 : 瀬戸市追分町40*19
開館年 : 1951年
閉館年 : 1955年以後

瀬戸大劇

所在地 : 瀬戸市薬師町60*20
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 1980年以後

瀬戸市の映画館

朝日劇場と中央館について。
イラストから見る2つの商店街にはそれぞれ90軒ほどの店舗が並び、その中に集客の目玉のひとつであった映画館が1軒ずつある。昭和28年頃の瀬戸市民の映画館の利用数は、39万人余りで市民1人当たり年間6.8回の利用である。4年後の昭和32年には101万人、15.4回に跳ね上がる。この映画客を当て込んで店の閉店時間を午後11時前に繰り下げていたという話も残っている。その後の映画の斜陽化が商店街への客足にも影響を与えた要因のひとつとも言われている。*21

瀬戸中央劇場・ロマン中央

所在地 : 末広町商店街
開館年 : 1982年
閉館年 : 1993年
中央劇場は座席数125。ロマン中央は座席数86。末広町2-7。1982年(昭和57年)3月13日開館。開館番組は、中央劇場『ドラえもんのび太の大魔境』『忍者服部くんニンニン忍法絵日記の巻』『怪物くんデーモンの剣』の3本立。ロマン中央『機動戦士ガンダム靴瓩阿蠅△け宙』の1本立。興行記録映画は『南極物語』1983年(昭和58年)7月23日公開。代表者は中野喜七郎。支配人は小島章。上映作品は東宝系、松竹系の日本・外国映画を問わず35mmフィルムまでなら上映可能。中央劇場は磁気4チャンネル立体音響設備がある。*22


瀬戸市に2つだけ残っていた映画館が30日からそろって休館することになった。再開予定はなく事実上の閉館で、同市から映画館が消える。名鉄瀬戸線の名古屋栄乗り入れで名古屋都心に出るのに便利になったのが入館者激減につながったといい、大都会周辺中小都市の宿命的現象といえる。閉館するのは、同市中心部で100店ほどの商店が立ち並ぶ末広町商店街通りの瀬戸中央劇場(客席120)とロマン中央劇場(同86)。ともに同じ経営者で、映画会社の系列はない。両館の小島章支配人(57)によると、休館を決めたのは、昨年12月下旬。昭和57年開館、2、3年は両館とも一日800人から1000人ほど入ったが、その後、平日は2、3人のことも多く、休館に追い込まれたという。小島支配人は「若者たちは、休日は映画だけでなく、買い物や食事もできる所へ出掛けるようです。時代の移り変わりですかねえ」と残念そう。井上博通同市長は「本当ですか、初耳です。名古屋へは便利になりましたからね」と複雑な表情だ。*23


尾張旭市

MY劇場

所在地 : 東春日井郡旭町三郷*24
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1963年以後

春日井市

五月座

所在地 : 東春日井郡坂下町坂下*25、東春日井郡坂下町坂下652*26
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1963年以後

高蔵劇場/玉川映画劇場

所在地 : 東春日井郡高蔵寺町東町*27、東春日井郡高蔵寺町*28
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1963年以後
高蔵劇場と玉川映画劇場は同じ館だと推定したが間違ってるかも。

小牧市

小牧市の劇場

小牧には大正期に2つの芝居小屋ができ、やがて映画館やパチンコ店に姿を変えながら、多くの市民が憩う場所として親しまれた。小牧に最初に誕生した芝居小屋は、大正元年(1912年)に現在の小牧市小牧にできた「小桜座」。近くに住む野村、舟橋、佐橋、木全、松田の5人が株主となって創業した。いずれも大地主や当時盛んだった蚕種業、桑問屋などを営む人たちだった。野村の孫で小牧食糧販売企業組合会長の野村重三(67)によると、小桜座が建てられた場所は、当時の小牧町の南端と北外山村桜井の境界線に近く「小牧」と桜井」の1字ずつを取ったのが座名の由来。「空き地があって、周囲には何もないまったくの町はずれだった。小桜座のオープンとともに、向かいに開店したのが婦人衣料を中心とした“百貨店”のコザワヤ。芝居小屋と百貨店の登場で、界わいは一気に華やかな雰囲気になっていった。コザワヤ2代目小沢正温(79)は当時を語る。「毎日の興行ではなかったが芝居、浪曲、奇術、漫才、歌謡曲、映画などが続いた。芝居の一座が来ると、下っ端の役者がちんどん屋になって町中を回った。子どもがのぼり旗を持ってついていくと、無料の札をもらえたもの」。切符売り場のことを「きてつ」と呼んだが「開演後は木戸銭(入場料)が割り引かれたので、皆、きてつの前で割引を待っていた」。1階はござ席と桟敷席、2階は畳敷きだった。入り口上の3階では、呼び込み太鼓も打ちならされた。野村は「近くに太鼓をたたく専門の男がいた。職に就いていない遊び人のような男なんだが、芝居のある日は父に『読んでこい』といわれた」と思い起こす。田端義夫や有名になる前の鶴田浩二なども地方巡業でやって来たという。

小牧市の映画館

小桜座が人気を集める中、2軒目の芝居小屋として誕生したのが、現在の小牧市小牧2丁目、ハシモトカメラ西側にあった「甲子座」(きのえねざ)。大正13年ごろ、地元の大地主、穂積伊左衛門が開設した。2つの芝居小屋ができると、地元の人たちは座名を呼ばなくなった。「甲子座は町の北部、小桜座は南にあったので『きょうは上(かみ)へ行くか、下(しも)へ行くか?』で通じた」(小沢)という。そんな芝居小屋も映画人気に押され、小桜座は昭和12年、どじょう問屋の三輪新吾が映画館にするために買い取り「小牧劇場」と改めた。甲子座はそのまま残ったが、昭和21年、火事で焼失。同26年、名古屋市の大曽根でカムカム劇場を経営していた坂徳弘が小牧に手を広げ、甲子座北東で映画館「カムカム劇場」を開いた。小牧は2つの映画館の時代に入った。
小牧劇場は松竹、東宝、日活系、カムカム劇場は東映、大映作品がそれぞれ見られる劇場だった。坂の孫にあたり、映写技師をしていたハシモトカメラ社長の橋本勇(66)は「正月になると、お客さんが列をつくって大変な騒ぎだった。この時だけは入れ替え制にしました。やくざ映画などがはやった昭和30年代が全盛期だったかなあ」。小牧劇場周辺も華やいでいた。「劇場の前は、コザワヤの照明もあって夜も明るかった。当時は映画の主題歌に合わせてお客が歌ったりしたもので、夜遅くまで中から声は聞こえるし、女の子は集まってくるし、劇場の入口に行くだけで楽しかった」と野村。
映画全盛期、フィルムの本数は少なく、引く手あまた。上映が終わると、フィルムはすぐに次の映画館に送られた。前の映画館での上映終了が待ちきれないケースもあり、「一巻(リール)終わるごとに犬山や古知野の映画館に自転車で運んだこともあった。逆に映画の途中で次の巻が届かず『フィルムが届いてません。お待ちください』と館内放送がかかることもあったが、だれも怒らなかったねえ」と、小澤は懐かしがる。
映画館といっても映画上映だけではなかった。小牧市桃ケ丘3の郷土文芸誌編集人百瀬正昭(69)は「カムカム劇場だったと思うが、衆院選の立会演説会を聴きに行ったことがある」という。小沢も「選挙では映画館がよく使われた。小牧劇場で演説会がある時は、代議士らがうちの座敷で出番を待っていた。三木武夫、中曽根康弘、福田赳夫もいた」。選挙だけではなかった。「大きな体育館もなかったからボクシングの試合もやった」と野村。「舞台にリングをつくったものだからリングを客が囲めず、正面からしか見られない変なボクシング観戦だった」。
小牧劇場前の広場にはやがて板張りの小さなパチンコ店もできた。カムカム劇場は昭和37年(1962年)、一宮松竹と合併。こちらも1階でパチンコ店を始めた。42年からは中日本興業と合併し、1階を「ひかり劇場」、2階を「アサヒ劇場」としたが世はテレビ時代。映画は斜陽産業となっていた。両劇場小牧劇場と共に47年(1972年)、廃業に追い込まれ、取り壊されたのだった。

甲子座/カムカム劇場

所在地 : 東春日井郡小牧町西旭215
開館年 : 1900年*29}、1946年*30
閉館年 : 1955年以後
小牧で一番古い芝居小屋は、明治10年頃にできた中町の豊栄座。明治33年頃上之町にできたのが甲子座(きのえざ)。甲子座は、昭和初期に火災で焼け、戦後その近くに再建されたのが、映画専門のカムカム劇場である。小牧劇場と並び大勢の客を集めた。*31

小桜座/小牧劇場

所在地 : 東春日井郡小牧町小牧2275
開館年 : 明治末期*32}、1924年*33
閉館年 : 1955年以後
明治の終わりころに下之町に小桜座ができ、農繁期を避けて演劇などを上演していた。昭和16年8月、常設の映画館に改築、小牧劇場として再出発した。写真は戦後の小牧劇場*34


昭和20年代の小牧劇場。99ページに掲載した小桜座のあとにできた。小誌執筆の伊藤久男先生は、「昭和34年9月、伊勢湾台風襲来の日、小牧劇場で映画を見ていて帰宅するのが大変であった」と話してくれた。館内の客席北側には売店があり、ラムネや駄菓子などが販売され、休憩時には子どもたちでいっぱいになった。当時は、近くに小牧西駅があり小木や小針方面からのアクセスも良く、多くの市民が集う憩いの場であった。*35


現在の7階建てマンション「クレストステージ」の場所には、映画を上映していた小牧劇場があった。その前身が、芝居小屋の小桜座で、劇団や舞踊の公演のほか、置屋の芸子衆による踊りなども行われた。小牧には古くから芸者の置屋があった。*36

春日井市

鳥居松劇場

所在地 : 春日井市八年町1-187*37
開館年 : 不明
閉館年 : 1955年以後

勝川キネマ

所在地 : 春日井市八光町1-28*38
開館年 : 1926年
閉館年 : 1955年以後

春日井ユニオン劇場

所在地 : 春日井市八事町1-45*39
開館年 : 1955年以後、1980年以前
閉館年 : 営業中
現在は成人映画館として営業中。

長久手市

イオンシネマ長久手

2016年12月11日の新聞記事
長久手市の多機能複合型ショッピングモール「イオンモール長久手」が9日、正式に開館した。売り場面積約59000平方メートルの長久手店は、県内のイオンモール14店舗中6番目の規模。核となるイオンスタイル長久手、飲食店、アパレル店、映画館「イオンシネマ」など約200の専門店が入る。日進市竹の山の主婦林有美さん(24)は「この地域には少ない映画館ができたのは大きい」と笑顔。*40

日進市

プライムツリー赤池の映画館

昨年末に長久手市にイオンモールがオープン、今秋には日進市に「プライムツリー赤池」が完成するなど、尾張東地域でショッピングモール出店が相次いでいる。日進市の赤池駅近くにプライムツリーを開業するのは、セブン&アイ・ホールディングス。同社によるモール出典は、東海三県で初となる。敷地面積は44700平方メートルで、イオンモール長久手の46000平方メートルに匹敵する広さ。4階建てに専門店180店をそろえ、10スクリーン1800席の映画館も併設される。予定地から約7キロ北にはイオンモールがあるが「赤池駅周辺の住宅開発もあり、競合しても十分勝ち残れる」と余裕をみせる。地域には既に「アピタ長久手店」や「アイ・モール三好」といったショッピングセンターがあり、東郷町では三井不動産による大型商業施設開発も予定されている。*41

東郷町

ららぽーと東郷の映画館

所在地 :
開館年 : 2018年以降
閉館年 :
2013年7月20日の新聞記事
東郷町は19日、三井不動産グループが全国展開する大型複合商業施設「ららぽーと」を町中心部に誘致することを決めた。出店すれば東海三県初となり、2018年ごろオープンの予定。同庁はららぽーとにバスターミナルを併設し、町づくりの核にしたい考えだ。計画では、ららぽーとは敷地面積95000平方メートルと県内最大級の大型商業施設となり、100以上の専門店や複合映画館などが入る。出店予定地は、東郷町役場西側で区画整理の進む「東郷セントラル地区」の一角。東郷町は名古屋市と豊田市の間に立地するベッドタウン。町内に商業地域がほとんどなく、町の核がないことが課題となっている。*42

このページへのコメント

初めまして。検索で辿り着きました。

おそらく御存じだとは思いますが、愛知県瀬戸市には81〜88年ごろの短期間「日活有楽座」が山脇町(現UFJ銀行の川向かい)にありましたね。おそらく「瀬戸大劇」閉館後に出来た日活ロマンポルノ専用館です。最近ツイッターに当時の住宅地図をアップしました。何かのお役に立てれば幸いです。

Posted by TOKI 2017年12月12日(火) 21:14:34

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます