かつて存在した映画館についてのwikiです。事実上の個人サイトであり管理人「hekikaicinema」のみが編集可能です。

伊那地方を除く長野県の映画館。長野市、松本市、塩尻市、佐久市。

長野市

長野市の映画館

長野市内の映画館は、『長野商工要覧』(昭和30年・長野商工会議所発行)掲載の特定商工業者名簿によると、裾花映画劇場中央映画劇場長野活動館長野東映商工会館長野映画興業(相生座)、七瀬映画劇場の6館があった。さらに、長野市街地には、千石劇場千石小劇場演芸館長野映画劇場東映劇場が載っている。このほか吉田に1館があり、また、篠ノ井町、松代町にも各1館があった。その後もしだいに増えていき、32年には15館になっている。当時の映画館経営は、ふつう「2万人に1館」が限度とされていたが、長野市は15万人に15館をかかえ「1万人に1館」という飽和状態になっていた。33年には、さらに1館が開館した。東映株式会社直営の封切館で、映画愛好者には冷暖房完備の高級施設で封切映画をみせるということで歓迎されたいっぽうで、同業者からは「経営不振の映画館も2、3館あって、これ以上映画館がふえることは経営面から非常に困る(『信毎』)との意見がだされていた。36年には、映画館客数は前年の3割減となった。テレビの普及に加えて屋外のレジャーを楽しむ人がふえ、若者たちが映画にあまり興味を示さなくなったためと言われており、大衆娯楽としての映画もかげりをみせるようになった。映画館では、対策や人気スター出演の作品を集めたり、施設の改善などをおこなったりして客足の確保に力をそそいだが、閉館を余儀なくされる映画館もふえていった。*1

松本市

松本東宝セントラル

所在地 :
開館年 :
閉館年 : 2004年
松本深志高校に住みつき授業や職員会議に出た野良犬の物語を映画化した「さよなら、クロ」が21日、県内8カ所の映画館で上映が始まった。撮影にも使われた映画館「松本東宝セントラル」では松岡錠司監督や主演の妻夫木聡さんが舞台あいさつに立った。*2


松本市の老舗映画館「松本東宝セントラル」が24日、半世紀余りの歴史の幕を閉じる。今年2月の「松本中劇」に続く閉館で、同市内の映画館は3館に減る。シネマコンプレックスの全盛期となり、各地の地方都市で既存映画館が姿を消している。こうした中、「まちなかの映画館の灯を残したい」と、市民の間に署名活動や自主上映の動きも広がっている。*3


昨年10月に閉館した松本市の老舗映画館「松本東宝セントラル」のロビーに飾られていたシャンデリア3基がこのほど、同市のまつもと市民芸術館に寄贈された。75年の改装時に計180万円で購入した6基のうちの3基。販売した照明器具会社「ヤマギワ」(東京)によると、フランスのベルサイユ宮殿にある1740年製のシャンデリアと同じデザイン。*4

松本中劇

所在地 :
開館年 :
閉館年 : 2004年
松本市のしにせ映画館「松本中劇」を経営する中央劇場(藤本徳次社長、資本金1千万円)が16日、長野地裁松本支部に自己破産を申請した。負債総額は約1億9700万円。*5


2年前に倒産した松本市の映画館「松本中劇」を主な会場に、約25年間にわたって名画の自主上映を続けてきた宮崎義文さん(44)=東筑摩郡山形村がこのほど、NPO法人「コミュニティシネマ松本CINEMAセレクト」を立ち上げた。映画の街・松本の再生をめざし、活動を担う上映者の養成にも力を入れる。
寺の跡取りだったが、映画のそばにいたくて中劇に就職。もぎりや売店の仕事をこなしながら年に数回、見たい映画を自主上映した。87年に任意団体「松本CINEMAセレクト」を1人で結成。上映本数は年100本を超え、監督をゲストに迎えるイベントなども手掛けるようになった。実家の寺が忙しくなり、91年に退社するが、僧侶の仕事を終えた後の夜には中劇に駆けつけた。04年2月、中劇が倒産するまでに公開した作品はアジアや東欧、中南米などの約500本に上る。中劇閉鎖後は松本市美術館などを会場に活動を続けている。大都市と地方との「上映格差」をなくそうという「コミュニティシネマ運動」にも参画。松本をかつてのように映画の盛んな街にしたいと、「CINEMAセレクト」をNPO化して運動を本格化することにした。*6

諏訪市

高島座

開館年 : 不明/1906年
閉館年 : 1921年頃
高島座は、諏訪地方唯一の娯楽の殿堂として人々を楽しませていたが、明治39年10月、清水六軒下(現清水2)へ宏大な洋風建築の劇場として引き移った。その初興行には、煙火を打ち上げ、百俵の撒餅をし、舞台開きは、市川久米八の一座45名によって「菅原伝授手習鑑」「勧進帳」などが上演され、大観衆を集め盛大なものであった。市川団女・坂東鶴之助・中村信乃らの一座の来演もあり、諏訪唯一の常設劇場として栄えた。この高島座も、大正元年(1921)都座の開場のころ廃座となり、建物は下諏訪町へ移され御田劇場となった。明治39年の写真あり。*7

真松亭(真松座)

開館年 : 不明
閉館年 : 1912年
真松亭真松座)は、いつ始まったかはっきりしないが、明治38年8月の南信評論に「中町裏(現末広)に小松真吉氏創立にかかわる寄席あり、三味・太鼓常に不景気風に一導の活気を齎す」と報ぜられている。芝居・義太夫・浪花節・奇術・活動写真などに、気易く出入りする所として多くの人に親しまれ、明治末年までつづいた。*8

都座

開館年 : 1912年
閉館年 : 1966年
都座は、大正元年10月、大手並木南東裏の稲田の中に開場した。洋風三層楼、舞台80坪、観客席1000余という大建築で県下第一の威容を誇った。初興行は市川段四郎・市川猿之助一座76名によって5日間華々しく開かれ、名優の目の覚めるような演技は、満場の大観衆をうっとりさせた。都座は、芝居をはじめ浪花節・義太夫・奇術など次々に開演し、時々映画も上映して、町に唯一の演劇場として大きな存在であった。15年発足の青年演劇「街の劇場」の公演の場であったことも意義深いことであった。都座は単に演劇場としてだけでなく、青年会・壮年会・組合大会・演説会など各種大会が開催され、諏訪地方第一の大集会場としての役割も果たした。芝居が主であったころは、枡席で行火にあたってご馳走を食べながら観劇していたが、映画が主になってきて、昭和12年には椅子席に改造した。戦後、洋画がもてはやされるようになって、31年には洋画専門のシネマレイクをつくった。本館は、邦画を主とする映画館として引き続き庶民の楽しみの場となっていたが、41年には閉館した。大正元年の開館時の写真あり。*9

花松館

開館年 : 1916年
閉館年 : 1976年以後
花松館は、大正5年諏訪地方初めての常設活動写真館として末広町に開館した。当時上諏訪には、大娯楽場としては都座が唯一つしかなかったので、大いに期待されて発足した。尾上松之助が「目玉の松ちゃん」として大活躍をし、「ジゴマ」がもてはやされるころであった。当時はもろちん、昭和初期までは無声映画で、フロックコートや羽織袴の弁士がスクリーン脇の演台で、状況の説明や登場人物の対話などを独演した。映画を活かすも殺すも弁士の口先一つで、人気弁士には大向うから声がかかる程であった。花松館は、前からあった都座、あとかできたオデオン座とともに、3館鼎立して長い間、地方の映画の殿堂として栄えた。創立以来幾多の困難をのり越え、一貫して今なお、市内わずかに残る2映画館の1つとして面目を保ち続けている。1974年の写真あり。*10

シネマレイク

開館年 : 1956年
閉館年 : 1976年以後
シネマレイクは、昭和31年開設以来、幾多の困難に耐えながら、現在市内わずかに残る2つの映画館の1つとして、洋画を上映し、若人たちを引きつけ続けている。*11

オデオン座

開館年 : 1923年
閉館年 : 1965年以前
オデオン座は、大正12年大震災後に大手町に開館した。新しい時代劇「清水の次郎長」が評判になり、女優中心の母性愛映画や恋愛映画がファンを引き付け、アメリカの映画が盛んに輸入される頃であった。その後昭和20年代には市内で一番盛んな時期もあったが、30年代末には姿を消した。*12

諏訪東映・ニュー東映

開館年 : 1955年以後
閉館年 : 1976年以前
諏訪東映ニュー東映は、ともに昭和30年代に開館し、市内に6映画館が競い立つ華やかな時期もあったが、時代の波におされて、わずか十数年にして2館とも転業した。*13

茅野市

茅野市の映画館

テレビが普及する前は、映画が盛んであった。戦後、占領軍の文教政策の一環として「ナトコ映画」がさかんに上映された。ナトコ映画とは、ナトコ映写機を使用してい画を上映したから、この名前が付けられた。「ナトコ映画」は22年ころから、主として民主化に関係したフィルムを上映したが、戦後、娯楽の乏しかった時代に、学校や村の公民館で手軽に上映できたので、人びとに親しまれた。このようなことから、常設映画館でも移動映写機を購入して、映画館のない山浦地方に出張して映画を上映した。このようにして、映画は人々に迎えられ、20年代後半から常設映画館が盛況となった。映画製作会社も新しくでき、映画の画面のワイド化と相まって観客数が急激に増加した。このような情勢下、32年には、茅野駅周辺に「新星劇場」と「東映劇場」が相次いで開館した。今まで、上諏訪以東で茅野市域を含む原村にかけては中央劇場1館だけであったのが3館となり、それぞれの映画会社のフィルムを上映した。しかし、30年代後半からテレビの普及によって次第に映画が衰退し、観客が著しく減少した。この結果、明治45年以来、長い歴史を持つ中央劇場は40年に、東映劇場は41年に閉館した。*14

佐久市

佐久市の映画館

昭和23年頃の岩村田劇場の写真あり。昭和20年代半ばの市域の映画館には、岩村田劇場岩村田キネマ中込座野沢演芸館岸野劇場があり、佐久地域には常設でないものも含めると16館もあった。「定員1200人の中込座では、座席が朝から満員という日が続いたこともあった」という。25年9月10日の『信濃毎日新聞』広告には岩劇(がんげき、岩村田劇場)、望月川西座、同年11月10日の『東信濃新聞』広告では臼田劇場栄座の名が見え、同日の『東信濃新聞』には「入場者数が県下で4番目といわれる中込座」で「東京大歌舞伎市川羽左衛門一行50余名」による「京鹿子娘道成寺」などの特別興業が、昼夜2回おこなわれたという記事も掲載されている。
『信濃毎日新聞』(昭和40年8月5日)によると、当時、県内では観客数の増加に伴って映画館は増え続け、昭和33年度には県下の観客は138万人に達して映画全盛時代を迎え、県民1人あたり1年間に7回は映画を見ていた計算で、県下の常設映画館が一番多かった36年度には141館あって観客を集めたという。映画全盛期であった34年4月『信濃毎日新聞』の週間映画案内には、市域の岩村田ロマンス座野沢演芸館中込座の3館、小諸中映小諸キネマ佐久町栄キネマを含めて咲く全域では計6館の名がある。岸野の依田伯治は35年大みそかの日記で一年を振り返り「映画を見る機会が多く月に3回位は見た」と記し、36年5月13日には「11時から野沢演芸館で有名な『人間の条件』全巻を夜の9時まで10時間。本で読んだことがあるのでよくわかり面白かった。仲代達也主演。10時帰宅」と書いている。
しかし、テレビの普及やレジャー産業の多様化によって、戦後娯楽の中心であった映画の観客数は減少傾向をたどった。県下のテレビ普及率が全世帯の74%に達した38年ころからは、映画館の休廃館が目立つようになって39年度には110館にまで減少し、「県下の観客数はピーク時の4割弱」(『信濃毎日新聞』昭和38年12月5日)にまで落ち込んだ。このような状況が続く一方で観客誘致の努力もみられ、岩村田ロマンス座は30年に新築した映画館の建物を取り壊し、「時代に合ったコンパクトな映画館に生まれ変わった」(『昨新聞』昭和60年8月23日)。しかし、平成13年現在、市内で営業を続けているのは、多様な客の要望に応じるシネマコンプレックスで、最新の機器・施設への投資、話題映画の導入などによって映画館の灯を守り続けている佐久グランドシネマと、アムシネマの2館だけで、佐久地域内にはほかに常設の映画館はない。*15

望月川西座

所在地 : 北佐久郡望月町(現・佐久市)
開館年 : 1907年
閉館年 : 1999年
Wikipedia : 望月川西座
県内の町村部では最後の映画館となっていた北佐久郡望月町の望月川西座が閉館し、ファンたちがお別れ興行を23日から開く。芝居小屋として90余年前に建てられて以来、地元の客を楽しませてきたが、時代の流れはどうしようもなかった。最終日の10月3日には上映終了後の午後四時半から、ファンが3代目経営者の山田寛さん(58)と美代子さん(54)夫婦に花束を贈り、川西座を語る会を開く。
川西座の上棟式は1907年(明治40年)年。当初は畳敷きで、有名な役者や浪曲師が農閑期に巡り、近在から客が集まった。130館近くを数えた県内の映画館は59年を頂点に減り、昨秋は49館と半減した。川西座の経営もピンク映画に頼らざるを得なくなり、施設も老朽化した。7月の大雨がとどめを刺した。雨漏りがひどくなり、修理するには多額の費用が必要となった。通常の興行を今月1日で打ち切った。
突然の閉館を知り、地元のファンは驚いた。川西座で「風の谷のナウシカ」などの上映運動をしたことがある町役場職員の松本荘雄(ただお)さん(52)たちが「閉館を惜しむ有志の会」を急きょ結成。モントリオール映画祭で高倉健さんが主演男優賞を受けたばかりの「鉄道員(ぽっぽや)」と小津安二郎監督の「秋日和」の2本立てのお別れ興行開催を決めた。*16

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます