かつて存在した映画館についてのwikiです。事実上の個人サイトであり管理人「hekikaicinema」のみが編集可能です。

東海市、大府市、知多市、常滑市、半田市、東浦町、阿久比町、武豊町、美浜町、南知多町の映画館。

大府市

栄劇場

所在地 :
開館年 : 1928年
閉館年 :
座席数 :
竹内進・吉田弘(編著)『知多今昔 目で見る郷土の移り変り』愛知県郷土資料刊行会、1982年にも掲載されているらしい。

栄劇場は昭和3年8月、東西の歌舞伎大一座を呼んでこけら落としをした。人気を呼んで連日、大入り満員だったという。*1

大府映画劇場

所在地 : 知多郡大府町向畑入6(1963年)、大府市向畑86-1(1980年)*2
開館年 : 1963年以前
閉館年 : 1980年以後

大府東映劇場

所在地 : 知多郡大府町向畑(1963年)、大府市字スクモ94(1980年)*3
開館年 : 1963年以前
閉館年 : 1980年以後
映画館「大府東映」→現:大府公民館((MARUTA写真史 昭和39年頃の「大府派出所」と「サニー」映画館「大府東映」

トロピカホール

所在地 : 大府市中根19*4
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 1980年以後

東海市

明治劇場

所在地 : 知多郡横須賀町三ノ割*5
開館年 : 1945年以後1955年以前
閉館年 : 1964年
愛宕神社西に大仙座あり(大正ころ)、その後歌舞伎座となり、戦後明治劇場(映画館)となる、昭和39年休業、一方扇島に横須賀映画劇場ができた。*6

横須賀映画劇場

所在地 : 東海市横須賀町扇島5-4*7
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 1980年以後

知多市

八幡劇場(八劇)

1953年の八幡劇場
所在地 : 知多郡八幡町寺本*8
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 昭和30年代末
座席数 :
八幡劇場は八幡中央部の寺本にあった映画館で、国道247号沿いにある野彦醸造場前の駐車場がその跡地。地元では「八劇」の名で親しまれていたが、昭和30年代末にはパチンコ屋に転業した。*9

寺本座

所在地 : 知多郡八幡町八幡小根*10
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1955年以後

喜楽座

所在地 : 知多郡岡田町久平*11
開館年 : 1926年
閉館年 : 1955年以後
写真はhttp://okadamachinami.com/gallery/にあり。
岡田繁栄の歴史作成実行委員会『知多木綿発祥の地・岡田 繁栄の歴史』岡田まちづくり準備会、2006にもあり。愛知県図書館と知多市立中央図書館しか所蔵なし。

常滑市

常滑館

所在地 : 常滑市前田*12
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1955年以後

普明座

所在地 : 常滑市市場*13
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1955年以後

中之島劇場/中之島東映

所在地 : 常滑市大野町橋高*14
開館年 : 1950年
閉館年 : 1955年以後

喜久乃世館

所在地 : 常滑市鬼崎町多屋*15
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1955年以後

常滑映画劇場/常滑映劇

昭和20年代の常滑映画劇場
所在地 : 常滑市前田(1955年)*16、常滑市市場町
開館年 : 1953年*17
閉館年 : 1985年以後
常滑映画劇場。建物の中央に芝居の立て看板、右端には映画のポスターが貼ってあるように、時に応じて芝居と映画が上演されていた。常滑には当時もう1館、「常滑キネマ映画館」があり、昭和60年頃まで存続していた。山方橋バス停近くにあった常滑映画劇場は、その後、スーパー「主婦の店」に生まれ変わった。近隣の商店街とともに日用品供給の中心であったが、商店街の衰退と歩調を合わせるように同店も閉店した。(平成18年に撮影された主婦の店の写真あり)*18


昭和30年代当時、映画は「庶民娯楽の王様」といわれ、子どもから大人まで銀幕のスターの活躍に胸踊らせた。この時の常滑映画劇場は「鯉名の銀平」、「赤い自転車」を上映していた。*19

神明映画劇場/常滑日活

1954年頃の神明映画劇場
所在地 : 常滑市字市場12
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 昭和30年代後半
常滑中心部の銀座通りにあった映画館が神明映画劇場。もとは「神明座」という芝居小屋だったが、戦後の映画ブームに即応して映画館に転業した。その後「常滑日活」になったが、昭和30年代の後半には閉鎖。跡地にはスーパーの「ほていや」(のちのユニー)が店舗を構えた。*20

常滑キネマ

所在地 : 常滑市市場120-5(1963年)、常滑市前田50(1980年)*21
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1980年以後

常滑市民文化会館

所在地 :
開館年 : 1988年
閉館年 : 1997年
常滑市民文化会館の自主事業の一つとして続けられてきた劇場映画の上映が、本年度を最後に打ち切られることが決まった。映画会の動員成績はレンタルビデオの台頭を反映してか伸び悩んでおり、会館では「打ち切りは残念だが、観客が少ないのも事実」と、苦しい胸の内を語っている。自主事業は昭和58年の開館と同時に始まり、毎年演劇や落語会、コンサートなど質の高い舞台を企画している。映画会は昭和63年、35ミリ映写機を設置したのを機に始まり、平成元年度から自主事業に位置付け、毎年2本から4本を上映してきた。開館はスクリーン、音響とも本格的な設備を持ち、映画館並みの内容。作品は「七人の侍」「グレムリン」「ニュー・シネマ・パラダイス」など多彩だが、料金は千円以下に抑えた。二度にわたって新作計4本を上映した本年度でも計564人にとどまっている。特に今月に入って上映した「キャスパー」と「クリムゾンタイド」の2本立ては3階上映でわずか150人しか入らず“惨敗”に終わった。常滑には昭和40年代まで2つの映画館があったが、現在はゼロ。*22

イオンシネマ常滑

所在地 :
開館年 : 2017年7月12日
閉館年 : 営業中
イオンモール常滑は27日、来年夏にモールに隣接したシネマコンプレックス「イオンシネマ常滑」をオープンさせると発表した。9スクリーンを備える計画という。イオンシネマ常滑は、イオンモールのグループ会社「イオンエンターイテイメント」が運営する。これまで駐車場として利用していた西側敷地に、本棟と結ぶ形で床面積3900平方メートルのシネマ棟を新たに建設する。イオンモール常滑の担当者は「利用客からの要望が強くエンターテインメントモールになるためにはシネコンが必要と考えた」と話している。*23


イオンモール常滑は、敷地内に建設中の「イオンシネマ常滑」を7月12日にオープンさせると発表した。イオンシネマ常滑は9スクリーン、1100席を備えるシネマコンプレックス。午前9時から午前0時まで営業する。国内初の設備として、子どもが跳びはねたり滑ったりできるトランポリンや滑り台を客席に併設する「キッズ向けシアター」を1カ所設置する。映画の上映と遊具をどのように組み合わせるかは今後検討するが、親子連れで訪れやすいシネマを目指すという。*24


2017年6月1日の新聞記事
イオンの商業施設で映画館を運営するイオンエンターテイメント(東京都)は31日、イオンモール常滑(愛知県常滑市)に7月12日に映画館「イオンシネマ常滑」をオープンすると発表した。劇場内に子ども向けの遊具を備え、国内初の「遊べる映画館」にするという。全9スクリーンで、うち1つが「キッズ向けシアター」。客席の横に滑り台やトランポリンなどの遊具が設けられ、子供を遊ばせることができる。映画の上映中は劇場内の照明を落とすため、「安全上の問題などから上映中に遊具の使用を認めるかは今後検討する」(広報)。来場者の反響を見て、他の映画館にも導入するかどうかを決める。*25



2017年7月13日の新聞記事
イオンモール常滑(常滑市)に12日、映画館「イオンシネマ常滑」がオープンした。全9スクリーン」(1089席)のうち一つに、全国で初めて、子ども向けの遊具を備えた「げんきッズシアター」(43席)を設けた。客席の横に滑り台やトランポリンがあるのが特徴で、上映前後の各15分間、遊ばせることができる。また、上映中も真っ暗にせず、音量も抑えめにするなど子どもへ配慮しているという。料金は他のスクリーンと同じで、遊具の利用は3歳〜小学6年生。イオンの商業施設で映画館を運営するイオンエンターテイメント(東京)の広報担当者は、「映画館は暗くて怖いというイメージを払拭するのが狙い。小さい子どもの映画館デビューにおすすめです」と話す。来場者の反応を見て、他の映画館にも導入するか検討するという。*26

半田市

住吉劇場(下の住吉会館と同一?)

1957年頃の住吉劇場
所在地 :
開館年 :
閉館年 :
座席数 :
昭和30年代前半の半田には、映画館だけでも「半田日活」「東宝」「東映」「キネマ」「ロマン」「半田劇場」「住吉劇場」の7館があった。住吉劇場のこの写真は、2階の窓に掲げられた看板の映画「暁の非常線」(昭和32年封切)に主演した俳優、天地茂の実兄が撮影したものである。かつて映画館があった踏切脇の一角には、電気工事店や住宅などが建ち並び、敷地の広さがうかがえる。*27

葉住座/住吉会館(上の住吉劇場と同一?)

所在地 : 半田市住吉町33
開館年 : 1898年
閉館年 : 1955年以後
葉住座は明治31年5月に加登屋の榊原健一によって建てられたもので、業葉神社の葉と、住吉神社の住をとって葉住座と名付けたもの。当時は知多半島一の娯楽の殿堂であった。この写真は大正5年11月、吉田奈良丸の興行の時の風景である。戦後住吉会館と名を改め映画館となったが、現在は取り壊されてしまった。*28


昭和15年6月28、29両日に上演された片岡松之助の歌舞伎「元禄忠臣蔵」のポスター。二代目座主の追善興業で、入場料1円5銭のところ20銭で見せたという。*29

相生座

所在地 : 半田市亀崎町大池38-1
開館年 : 1902年
閉館年 : 1955年以後
半田の葉住座と並んで、亀崎の芝居小屋相生座が、明治35年亀崎劇場株式会社によって設立、旧火葬場の町有地に建設された。この写真は昭和15年9月25日に亀崎芸妓連によって演じられた踊りで、日の丸の旗を持っているのがいかにも戦時中らしい。題して「紀元2600年」。*30


昭和14年頃の相生座の舞台である。亀崎芸妓連による「春をどり」といった舞台であろうか。相生座の経営者は間瀬信四郎で、芸人の面倒見のよいことでは評判であった。浪曲界の玉川勝太郎も不遇時代には、ここで足をとめていたこともあったという。*31

半田映画劇場

所在地 : 半田市山方新田216*32
開館年 : 1949年
閉館年 : 1955年以後

元緑座

所在地 : 半田市南荒石36*33
開館年 : 不明
閉館年 : 1955年以後

半田東映劇場

所在地 : 半田市中町1-64*34
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 1980年以後

半田日活映画劇場

所在地 : 半田市中町3-15*35
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 1980年以後

知多キネマ

所在地 : 半田市南末広町51*36、半田市末広町74*37
開館年 : 1926年
閉館年 : 1980年以後

半田ロマン/半田ロマン・知多東宝劇場

所在地 : 半田市駅前*38、半田市広小路54*39
開館年 : 1954年
閉館年 : 1980年以後

半田コロナシネマワールド

所在地 :
開館年 : 1998年7月11日改装
閉館年 : 営業中
1998年7月9日の新聞記事
半田市旭町、アミューズメントパーク「半田コロナワールド」(コロナグループ本社・小牧市)が11日、新装開店する。6館から11館にほぼ倍増した映画館は「中部地方最大級」(関係者)という。改装工事は平成9年12月に着工し、今月3日に完成したばかり。半田コロナワールドの敷地面積は13640平方メートルで、建物は3階建て延べ22065平方メートル。1階はパチンコ屋回転ずし。2階はカラオケ、天然温泉、ゲームセンター、レストランがあるほかバッティングセンターのドームに通じるようになっている。3階はボウリング場と映画館。同社によると目玉はコロナグループとして初めての試みという、コンピューターグラフィックスを駆使したドーム型バッティングセンター。*40


2000年7月20日の新聞記事
半田コロナシネマWORLD」は、小牧市に本社があるコロナグループ経営のアミューズメントパーク「半田コロナワールド」内にある。スクリーン数は11。総座席数は1617。建物には飲食店、パチンコ、カラオケ、ゲームセンター、ボウリング場、温泉などがあり、加藤茂GMは「子どもからお年寄りまで一日遊べるのが売り」と話す。半田コロナシネマWORLDの加藤GMは「外資系企業は確かに脅威」としながらも「売りが違うので、競合はあまり考えていない。動員数は作品で決まるため、いい作品が続くことに期待したい」とする。*41

東浦町

TOHOシネマズ東浦

所在地 :
開館年 : 2001年
閉館年 :
2000年7月20日の新聞記事
また、東浦町商工会によると、同町緒川のJR武豊線緒川駅の東側、約9000平方メートルの敷地に「イオン東浦ショッピングセンター(仮称)」の建設計画がある。開店は来年秋の予定で、やはり複合型映画館が併設されるという。*42

阿久比町

ユナイテッド・シネマ阿久比

所在地 :
開館年 : 2000年7月20日
閉館年 :
2000年7月20日の新聞記事
夏休みが始まる20日、阿久比町植大に複合型映画館「ユナイテッド・シネマ阿久比」が開館する。半島の複合型映画館としては、既存の「半田コロナシネマWORLD」(半田市旭町)に続いて2館目。このほか、東浦町に来年秋開館予定のショッピングセンターにも複合型映画館がつくられる予定という。人口約60万人の知多半島に3館? 担当者らは「“売り”が違い、競合は起こらない」としているが。「ユナイテッド・シネマ阿久比」は、米大手映画会社「パラマウント」と「ユニバーサル」が共同出資して設立した英国の映画会社「UCI」の日本法人「ユナイテッド・シネマ」(本社東京)の経営。アピタ阿久比店の敷地内の建物に入る。スクリーン数は9。総座席数は2277。知多半島全域と名古屋市、西三河地方を商圏として意識している。なぜ阿久比町で? 同感の玉井佳行ゼネラルマネジャー(GM)は「愛知県はマーケットとして大きく、名古屋市の一部を入れさえすれば、どこでも商圏ができる」といい、「知多半島といえば海。半島内外から来た家族連れなどの海水浴客が帰りに寄ってくれれば、また来てくれる」。アピタに隣接しているため、買い物客も当然、ターゲットだ。最大の“売り”は「この空間」。最新の音響システム、ゆったりとした座席、飲食店や入り口部分の照明はやや暗めに設定した。「(どの映画館も)上映作品に違いはありません。だからこそ、100パーセント満足できる空間づくりを目指しました」。(中略)ユナイテッド・シネマ阿久比の玉井GMも「客を取る、取らないではなく、映画館に来る客を増やすことが課題。目指すのは全体の底上げです」。映画館でしか味わえないのは「臨場感と迫力」(加藤GM)。こうした魅力をPRし、いかに“映画館人口”を増やすかが今後のカギといえそうだ。*43

美浜町

野間劇場

所在地 : 知多郡野間町南奥田*44
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1955年以後

南知多町

京映会館

所在地 : 知多郡内海町東浜田13*45
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1955年以後

豊浜座

所在地 : 知多郡豊浜町田名畑13*46
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1955年以後

師崎劇場

所在地 : 知多郡師崎町76*47
開館年 : 1927年
閉館年 : 1955年以後

あかつき映画劇場

所在地 : 知多郡篠島村字神戸39*48
開館年 : 1951年
閉館年 : 1955年以後

大利根館

所在地 : 知多郡篠島村字堂山18*49
開館年 : 1935年
閉館年 : 1955年以後

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます