かつて存在した映画館についてのwikiです。事実上の個人サイトであり管理人「hekikaicinema」のみが編集可能です。

浜松市

浜松市の映画館

戦後いち早く闇市ができて復興した広小路には、洋画系の国際劇場、邦画系二番館の文化劇場、邦画系二番館の浜映劇場の3館が散在している。広小路より復興が遅れたみゆき通りには郵便局や諸銀行や松菱百貨店があり、松菱の5階には松菱ニュース劇場がある。
*1

現在の浜松随一の盛り場である有楽街には映画館10館が立ち並んでいる。松竹直営で松竹系封切館の浜松松竹座、浜活の運営による東映系封切館の浜松東映劇場、浜活の運営による洋画系二番館の有楽劇場、浜活の運営による新東宝系封切館の富士館、欧米系封切館の松菱劇場、東宝直営の東宝系封切館の東宝劇場、東宝直営の洋画系二番館の名画館、協和興行の運営による大映系封切館の浜松大映劇場、浜活の運営による洋画系封切館の浜松東洋劇場、浜活の運営による日活系封切館の肴街劇場である。浜松松竹座は地の利がよく、松竹東京支店管内の地方館では1-2位の成績であるが、1955年に開館した浜松東映劇場の出現で苦戦が予想されている。浜松東宝劇場は横浜=名古屋間で唯一のエアコン装置を持つ劇場であるが、東宝カラーが好まれない土地柄であり成績は芳しくない。浜松大映劇場は地の利が悪いが宣伝がうまい。松菱劇場は独自色があり高踏的雰囲気のある。浜松東映劇場は浜活系7館のモデル館として期待されている。浜松東洋劇場はアメリカ映画系のロードショー館で浜松最大のシネスコを完備している。
*2

浜松東洋劇場、肴街劇場、富士館、松菱劇場、浜松大映、文化劇場、国際劇場、浜松松竹座、浜松東映、浜松東宝の写真あり。
*3

文化劇場

所在地 : 静岡県浜松市板屋町
開館年 : 1946年
閉館年 : 1953年以後
戦後の1946年に開館した文化劇場は、戦後初めて浜松市に開館した映画館だった。内部には椅子がなく、観客全員が立ち見だった。1948年には木造二階建ての建物が新築された。跡地には銀行のビルが建っている。*4

松竹座

所在地 : 静岡県浜松市
開館年 : 1947年
閉館年 : 1956年以後
1956年の松竹座の写真あり。1947年には有楽街のほぼ中央に松竹座が開館した。1954年公開の小林正樹監督作『この広い空のどこかに』の看板がかかっている。当時の浜松市には20館を超える映画館があった。*5

1956年頃の正月の松竹座の写真あり。野村芳太郎監督作『踊る摩天楼』の看板がかかっている。*6

時期不明の写真あり。1953年公開の『雪間草』の看板がかかっている。板屋町の文化劇場に次いで浜松市で戦後2番目に開館した映画館は、1946年に開館した有楽街の松竹座である。松竹座は松竹の直営館であり、開館時は有楽街の開通前だった。映画館が客寄せに一役買ったことで有楽街は発展した。*7

浜松セントラル劇場/第2セントラル

所在地 : 静岡県浜松市伝馬町
開館年 : 1946年
閉館年 : 1946年以後
戦前には銀行として使用されていたビルの内部を改装し、1946年にはアメリカ映画の専門館として浜松セントラル劇場が開館した。後に有楽街に第2セントラルが開館すると、第2セントラルに改称し、映画会館とも呼ばれた。1991年現在の浜松信用金庫伝馬町支店の場所にあった。*8

浜松映画劇場/浜松大映劇場

所在地 : 静岡県浜松市
開館年 : 1946年
閉館年 : 1968年?
1962年春の写真あり。日本初の70mm映画『釈迦』の看板がある。戦前には松竹劇場があった場所に、戦後の1946年に浜松映画劇場が開館した。1949年には浜松大映劇場に改称して大映作品の封切館となった。1962年には場所を南側に移転し、1968年まで洋画専門館となった。*9

浜松東宝劇場

所在地 : 静岡県浜松市
開館年 : 1947年
閉館年 : 1954年以後
1954年の浜松東宝劇場の写真あり。『七人の侍』の看板がかかっている。1947年に開館した浜松東宝劇場は、田町の交差点から松菱方向に60mほど南に進んだ道路(田町新道)の西側にあった。後に名画座が併設され、東宝の直営館となった。1991年現在の跡地には銀行などが入ったビルが建っている。*10

第1セントラル劇場/有楽座/浜松東映劇場

所在地 : 静岡県浜松市
開館年 : 1947年4月
閉館年 : 1958年以後
1948年ころの第1セントラル劇場の写真あり。当時は劇場前の道路が舗装されていなかった。英名は「FIRST CENTRAL THEATRE」。1947年4月には有楽街の中央に第1セントラル劇場が開館した。アメリカ映画の専門館だった。その後改築を行って有楽座に改称し、1958年には浜松東映に改称した。*11

第1セントラル劇場は松竹座の南隣にあり、洋画の封切館だった。その後東映作品の封切館となって有楽座に改称した。やがて日活となり、東映劇場となり、建物も立て直された。*12

肴街劇場

所在地 : 静岡県浜松市肴町
開館年 : 1953年4月
閉館年 : 1953年以後
1953年4月の開館当初、祝福の花輪で埋められた肴街劇場の写真あり。初上映作品は『地上最大のショー』であり大ヒットした。住所は「肴町」だが劇場名は「肴街」だった。*13

国際劇場

所在地 : 静岡県浜松市
開館年 : 1954年
閉館年 : 1954年以後
時期不明の国際劇場の写真あり。1954年日本公開のアメリカ映画『醜聞殺人事件』や1946年公開のイタリア映画『戦火のかなた』の看板が見える。電話局(後の電電公社、現在のNTT)東側の繊維問屋街の一角に、1954年に日活映画の封切館として国際劇場が開館した。その後洋画館となり、浜松で初めて立体音響装置を設置した。初の大型映画(シネマスコープ作品)である『聖衣』も上映された。*14

富士館

所在地 : 静岡県浜松市
開館年 : 1956年?
閉館年 :
有楽街の南入り口には富士館があった。時期不明だが祝開館の文字が見える写真があり、看板の表記は「冨士舘」(「冨」は異体字であり「舘」も俗字)。1956年公開の日本映画『栄光と驀走王』の看板がかかっている。*15

浜松中央劇場・浜松宝塚・浜松みゆき座

所在地 : 静岡県浜松市田町(現・静岡県浜松市中区田町)
開館年 : 1968年3月
閉館年 : 2005年9月
1969年の浜松中央劇場の写真あり。『ウエストサイド物語』(浜松中央劇場)や『日本海大海戦』(浜松宝塚)などのポスターが見える。現在の浜松市中区田町にあった。1968年3月に開館し、浜松中央劇場、浜松宝塚、浜松みゆき座の映画館3館、麻雀店、パチンコ店が入る娯楽ビルにあった。近隣にシネコンができたため観客数が減少し、2005年9月に閉館した。*16

松菱劇場

所在地 : 静岡県浜松市(現・静岡県浜松市中区肴町)
開館年 : 1956年以前
閉館年 : 1956年以後
1956年9月の松菱劇場の写真あり。当時にはすでに完全冷房だった。有楽街(現在の肴町)にあった。芸術性の高いヨーロッパ映画などを上映していた。*17

浜松松竹映画劇場・浜松名画座

所在地 : 静岡県浜松市(現・静岡県浜松市中区)
開館年 : 1959年1月
閉館年 : 1960年以後
1960年の棒屋松竹会館の写真あり。1959年1月には、棒屋松竹会館の1階から4階に浜松松竹映画劇場が、地下に浜松名画座が開館した。戦前の浜松市に11館あった映画館は浜松空襲ですべて焼失したが、戦後には文化劇場を皮切りに次々と映画館が開館した。*18

東洋劇場

所在地 : 静岡県浜松市鍛治町
開館年 : 1946年12月、1949年
閉館年 : 1965年以後
1965年(昭和40年)の東洋劇場の写真あり。1954年のウォルト・ディズニー・プロ作品『海底二万哩』や1965年のウォルト・ディズニー・プロ作品『まぼろし密輸団』の看板がかかっている。東洋劇場ではもともと演劇や歌謡ショーなどの興行を行っていたが、やがて映画館となった。1961年の浜松市における1劇場あたりの入場者数は1日564人だったが、1964年には1日334人に減少している。1965年にはテレビの普及率が90%を超え、映画業界は勢いを失っていた。*19

1957年(昭和32年)12月の東洋劇場の写真あり。『復讐の谷』や『朝やけ雲』『戦場にかける橋』などの看板が見るる。英語表記は「TOYO THEATRE」。終戦直後の1946年(昭和21年)12月に開館し、演劇、歌謡ショー、浪曲などを上演する演劇場だったが、1949年(昭和24年)に洋画の封切館となった。のちに鉄筋コンクリート造のビルに建て替えられた。*20

磐田市

スバル劇場

所在地 :
開館年 : 1946年
閉館年 : 1970年代前半
田町の久保川沿いの西側にあった。1946年12月25日、歌舞伎役者の沢村田之助や9歳だった美空ひばりを招いてこけら落とし公演を行った。こけら落としには長谷川一夫を招こうとしたが、出演料が高額すぎて断念している。1947年から1949年にかけて、藤山一郎、加藤大介、東海林太郎、岡春夫、ディック・ミネ、古賀正男、近江敏郎、市川右太衛門、柳谷金語楼、昔々亭桃太郎、小林旭、小暮美千代、松原操、高峰三枝子、月形竜之介、片岡千恵蔵など、そうそうたる役者を招いている。夏には22時過ぎからナイトショーが行われ、『蜘蛛の巣城』や『七人の侍』などを2本、昼間の半額で観ることができた。1963年8月には日活に貸与され、日活が10年間ほど興行した。*21

磐田中活劇場

所在地 : 磐田市中泉507番地
開館年 : 1921年12月28日
閉館年 : 1983年10月
中泉507番地、大乗院三仭坊(だいじょういんみひろぼう)の西側には磐田中活劇場があった。1921年(大正10年)12月28日、東町の有力者による経営で創立。座席数は379席。戦前は芝居が主だったが、戦後は洋画が主となった。1950年にはローレンス・オリビエ主演の『ハムレット』を上映。1955年(昭和30年)以後は株式会社組織だった。磐田市で最後まで残っていた映画館であり、1983年(昭和58年)10月に閉館した。現在、跡地は磐田市の公園となっている。*22

磐田東映劇場/磐田松竹劇場

所在地 : 磐田市中泉402-1番地
開館年 : 1941年1月14日
閉館年 :
磐田駅を北上したところの中泉402-1番地に磐田東映(松竹)劇場があった。1941年(昭和16年)1月14日創業。座席数は436席。町の中心街にあったため観客が多かった。なお、現在のセブンイレブン磐田ジュビロード店は中泉400-1番地にある。1953年頃の松竹劇場の写真あり。*23

花月劇場

所在地 :
開館年 : 戦後
閉館年 : 昭和30年代後半
かつて磐田駅前にあった善導寺の北側に花月劇場があった。戦後に開館した畳敷きの劇場であり、1952年頃には三浦環の『蝶々夫人』などが上演された。昭和30年代後半の区画整理事業で閉館。現在は善導寺の大クスのみが磐田駅前に残っている。*24

磐田座/新生劇場

所在地 : 磐田市見付西坂町
開館年 : 1881年以前
閉館年 : 1951年
見付西坂町にあった磐田座では、1881年(明治14年)にはすでに興行が行われていた。磐田座は本格的な芝居劇場であり、回り舞台や花道や下道もあった。天井は横天井であり、升目の中に呉服店の宣伝が書かれていた。1948年頃に土木建築業者の手にわたり、磐田座から新生劇場に改称、こけら落とし公演には松本幸四郎が招かれた。1951年には天竜二俣に移築された。1955年には新生劇場の跡地に西坂会館が建設された。*25

あさひ座

所在地 : 磐田市見付天王町
開館年 :
閉館年 :
見付天王町の金剛寺の西隣にはあさひ座があった。あさひ座は200席ほどの畳敷きの芝居小屋である。*26

袋井市

オリオン座

所在地 : 静岡県袋井市
開館年 : 1955年秋
閉館年 : 1966年以後
昭和30年代の写真あり。『美しき哀愁』と『忠臣蔵』の看板がかかっている。1955年秋、駅前東通りにオリオン座とセンターホールという映画館2館が同時に開館した。*27

センターホール

所在地 : 静岡県袋井市
開館年 : 1955年秋
閉館年 :
1955年秋、駅前東通りにオリオン座とセンターホールという映画館2館が同時に開館した。*28

島田市

みのる座

所在地 : 静岡県島田市本通6-7835
開館年 : 1916年
閉館年 : 2010年3月10日
1916年(大正5年)に芝居小屋として開館した。1950年代に東京で映画関係の仕事をしていた太田修平が引き継いで映画館に改修したが、大正時代の煉瓦張りタイルは残っている。2010年(平成22年)3月10日に閉館した。静岡県に残る唯一の木造映画館だった。最終日の3月10日には山田洋次監督作『男はつらいよ 噂の寅次郎』を上映し、山田監督のトークショーを開催する。*29

2010年(平成22年)3月10日、島田市の映画館「みのる座」が93年の歴史に幕を閉じて閉館。静岡県内の現存する映画館としてはもっとも古いとされていた。*30

閉館した島田市のみのる座を舞台とする映画の製作が進んでいる。余命僅かとなったみのる座の館主の物語である。題名は『安寧の巣』。製作費はゼロだが、みのる座やフィルムサポート島田の支援を受けている。2010年(平成22年)9月14日から9月24日頃まで現地で撮影し、2011年1月頃の完成を目指す。*31

2010年11月18日付の日本経済新聞にはみのる座の閉館に関する記事があるらしい。11月23日の勤労感謝の日には最終興行として地元の落語家の興行が行われたらしい。未確認。*32

榛原郡吉田町

神戸劇場

所在地 : 静岡県榛原郡吉田町
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1967年頃
1959年の神戸劇場(かんどげきじょう)の写真あり。神戸の交差点近くにあった。1957年頃に建設され、1967年頃まで営業していた。広告看板には初倉地区の商店の名前も見える。跡地には民家が建っており、近くにはJAハイナン神戸支店や吉田町立自彊小学校がある。映画館前の静岡県道79号吉田大東線は交通量の増加により拡幅整備された。*33

静岡市

電気館

所在地 : 静岡県静岡市七間町
開館年 : 1920年
閉館年 :
1920年(大正9年)に開館した電気館は静活の主力館であり、キネマ館と双璧とされる映画館だった。当時の映画館には全国的に電気館という名前の映画館が多かった。*34

歌舞伎座/カブキ座/カブキ

所在地 : 静岡県静岡市両替町
開館年 : 1922年
閉館年 : 1969年以降
1922年(大正11年)に今日の青葉通りの場所に歌舞伎座が開館したが、1940年(昭和15年)1月15日の静岡大火で焼失した。著名建築家の村野藤吾の設計で再建されるが、1945年(昭和20年)6月19日・20日の静岡大空襲で再び焼失した。*35

両替町にあった歌舞伎座。邦画の封切館だった歌舞伎座は、目抜き通りから一歩それた両替町にあった。1950年頃の写真あり。*36

大正時代の1922年の開館当時の歌舞伎座の写真あり。1940年の静岡大火後の1941年には、村野藤吾の設計によって歌舞伎座が新築された。映画館のイメージを一新する、ロココを思わせる美しいカーブが特徴的だった。1941年の開館当時の写真あり。1951年のカブキ座時代の写真あり。1969年3月のカブキ時代の写真あり。*37

新興劇場

所在地 : 静岡市静岡市七間町
開館年 : 1941年
閉館年 :
1940年の静岡大火後の1941年に開館。1941年の写真あり。2009年時点では岩井屋・ゴール・珈琲舎茜の場所。2018年時点では泊まれる純喫茶ヒトヤ堂の場所。*38

地球座

所在地 : 静岡市南町
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 1966年8月29日
静岡駅南側の南街に開館。洋画旧作2本立ての二番館。1952年12月に開館し、1957年3月には経営が静活に移行。1966年8月29日をもって閉館した。1953年12月の写真あり。*39

若竹座/常盤座/松竹座/国際劇場

所在地 : 静岡市七間町
開館年 : 1946年(国際劇場)
閉館年 : 1963年6月
Wikipedia : 若竹座
1870年に芝居小屋の玉川座として開館し、小川座を経て1887年には若竹座となった。若竹座では1897年に静岡で初の活動写真が上映されている。1940年の静岡大火後には常盤座や松竹座に名を変えた。太平洋戦争後の1946年には洋画封切館の国際劇場となった。特に映画看板が秀逸だった。1963年6月に閉館し、10月には跡地が静岡ボウリングセンターとなった。国際劇場時代の映画看板の写真が多数あり。*40

静活会館

所在地 : 静岡市静岡市七間町
開館年 : 1957年
閉館年 : 1971年に静岡オリオン座に改称
1959年、1968年の写真あり。有楽座と静岡松竹劇場。1959年の有楽座では『ぼくの伯父さん』を上映していた。*41

銀座劇場

所在地 : 静岡県静岡市
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1953年以後
1953年9月の写真あり。*42

銀映劇場

所在地 : 静岡県静岡市
開館年 : 1954年以前
閉館年 : 1954年以後1969年以前
1954年1月の写真あり。跡地のパチンコ西陣の1969年1月の写真あり。*43

電気館/セントラル劇場

所在地 : 静岡県静岡市七間町
開館年 : 1946年
閉館年 :
セントラル劇場は昔の電気館であり、戦後もっとも早く開館した映画館である。『ターザンの復讐』の映画看板がある1946年の写真あり。*44

ニュース劇場/朝日劇場/中央劇場/東宝劇場/東宝シネセブン/静岡東宝会館

所在地 : 静岡県静岡市七間町12
開館年 : 1946年
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 静岡東宝会館
1946年にニュース劇場として開館し、洋画や東宝作品を上映。その後朝日劇場、中央劇場に改称した。その後東宝劇場、東宝シネセブンに改称し、2015年現在は東宝会館。1953年の『太平洋の鷲』の映画看板が目立つ写真あり。*45

白鳥座

所在地 : 静岡県静岡市
開館年 :
閉館年 :
浅間神社の石鳥居前、長谷通りと呼ばれる一角にあった。三本立ての二番館であり、入場料が安めで気軽には入れる映画館だった。1953年頃の写真あり。*46

静岡オリオン座

所在地 : 静岡県静岡市七間町15
開館年 : 1951年末
閉館年 : 1971年
Wikipedia : 静岡オリオン座
1951年末に開館した、東海一の規模を誇る映画館。ビルの壁面には「LIVE TODAY」の文字が書かれている。1970年7月には『ヨーロッパの開放』を、1971年には『新・猿の惑星 バニシング・ポイント』上映。両作品の映画看板が目立つ写真あり(2枚)。1971年に閉館した。*47

写真のオリオン座は洋画のロードショウ専門館であり、ややハイグレードな印象があった。2階には同伴用特別席もあった。通りに面した壁面にはオリジナルの壁画が描かれていた。多感よりやや入場料が高めだった。『第三の男』『ローマの休日』『リオグランデの砦』などを上映した。1954年の写真あり。*48

『チャップリンの独裁者』の映画看板が見える1960年の写真、『007 サンダーボール作戦』の映画看板が見える1965年12月の写真、『トラ! トラ! トラ!』の映画看板が見える1965年12月あり。*49

旧清水市

名画座・オリオン座

所在地 : 静岡県清水市巴町(現・静岡県静岡市清水区)
開館年 : 1973年
閉館年 : 1989年8月31日
静活は清水市巴町にある名画座とオリオン座を1989年8月末で同時に閉館させる。両者は1973年に開館。名画座は邦画のロードショー館、オリオン座は洋画のロードショー館であり、名画座では『砂の器』(1974年)、オリオン座では『ジョーズ』(1975年)などのヒット作を生んだ。1989年2月には静活はやはり清水市のスカラ座を閉館させており、清水市から映画館が消えた。*50

スカラ座

所在地 : 静岡県清水市(現・静岡県静岡市清水区)
開館年 :
閉館年 : 1989年2月
1989年2月、静活は清水市のスカラ座を閉館させた。*51

富士市

富士オリオン座

所在地 : 静岡県富士市和田町
開館年 : 1956年以前
閉館年 : 2000年以後2010年以前
1956年秋の富士市の富士オリオン座では、ジャン・ギャバン主演のフランス映画『ヘッドライト』、ジェームズ・ディーン主演のアメリカ映画『エデンの東』、マリリン・モンロー主演のアメリカ映画『七年目の浮気』など、立て続けに洋画の話題作が上映された。地元紙「富士ニュース」には「連日満員、熱狂的人気」と報じられた。建物は2001年頃に解体された。*52

1965年(昭和40年)5月26日の写真あり。スティーブ・マックイーン主演のアメリカ映画『ハイウェイ』、シルヴィ・ヴァルタン主演のフランス映画『アイドルを探せ』、アメリカ映画『若さでブッ飛ばせ!』の看板が見える。オリオン座が開館したのは昭和30年代であり、こけら落としは『有楽町で逢いましょう』だった。映画最盛期には上映を待つ親子連れが映画館の入り口から和田川の橋まで並んでいたこともある。*53

1966年頃のオリオン座の写真あり。*54

富士市の地図が掲載されており、富士裾野線と富士沼津線の交差点(和田交差点)南側の三角地帯に「オリオン座跡地」とある。*55

沼津市

金鵄館

所在地 : 静岡県沼津
開館年 : 1915年
閉館年 : 不明
1915年(大正4年)には沼津に初めて活動写真常設館の「金鵄館」が開館した。1階は土間に長椅子が置かれ、2階は畳敷きの席だった。

宝塚劇場

所在地 : 静岡県沼津市大手町
開館年 : 1956年
閉館年 : 不明
岩村渉は戦前に沼津市大手町で弁護士事務所を開いていたが、1946年(昭和21年)には自宅を改築して銭湯の営業を始めた。銭湯はよく流行ったが、1956年(昭和31年)には銭湯をさらに改築して映画館の宝塚劇場を開館させた。脱衣所と浴室の間の壁を取り除いて一つのフロアにし、建物の前面には巨大な看板を掲げた。入場料は大人120円・子ども55円であり、散髪代と映画館代はほぼ同じだった。*56

沼津セントラル劇場

所在地 : 静岡県沼津市大手町
開館年 : 昭和20年代中期以前
閉館年 : 1955年以後
昭和30年代初期の沼津セントラル劇場の写真あり。1952年のアメリカ映画『ゼンダ城の虜』の看板が見える。あんみつ屋の広告があり、劇場前にはオート三輪が止められている。*57

昭和20年代中期の沼津セントラル劇場の写真あり。英名は「Numazu Central」。洋画専門館だった。沼津市出身の映画監督である原田眞人は、5歳だった1955年に沼津セントラル劇場でアメリカ映画を鑑賞し、自分の仕事を決めたと語っている。*58

文化劇場

所在地 : 静岡県沼津市大手町
開館年 : 昭和20年代中期
閉館年 : 1963年かその少し前
1960年頃の写真あり。アメリカ映画『腰抜け二挺拳銃の息子』の幕がかかっている。昭和20年代中期には沼津市大手町の本通町に洋画専門館の沼津文化劇場が開館した。『シェーン』などの西部劇、『ローマの休日』などのラブロマンス映画を上映した。この場所に沼津信用金庫が移転することが決定したため、1963年には文化劇場が解体された。1964年には沼津信用金庫本店の建物内北側に再び文化劇場が開館したが、昭和60年代に閉館した。しかし現在も沼津信用金庫本店の建物内には映画館の跡が残っており、昭和の映画をテーマとするイベントが開催されることもある。*59

沼津映画劇場

所在地 : 静岡県沼津市通横町
開館年 : 昭和30年代中期以前
閉館年 : 昭和40年代
昭和30年代中期の沼津映画劇場の写真あり。東海道沼津宿の中心地だった本町通交差点南東角(通横町)には、沼津宿の老舗旅館である杉本旅館があった。杉本旅館の経営者は、昭和40年代まで旅館の北側に沼津映画劇場(通称:沼映)を経営していた。スルガ銀行本店の西側である。沼津映画劇場では洋画も邦画も上映された。旅館と映画館が閉館したのちは靴屋などの店舗があったが、現在は駐車場となっている。*60

銀星座/東海劇場

所在地 : 静岡県沼津市本町
開館年 : 昭和30年代中期
閉館年 : 1970年代以降
昭和30年代中期の銀星座の写真あり。英名は「GINSEIZA」。『謎の人形師』の看板がかかっており、また肉体映画3本立として『花嫁の性典』『裸の女王』『肉体の白書』の看板もかかっている。お色気系のほうが専門館だった。晩年には日活ロマンポルノなどを上映していたが、やがて閉館して取り壊されり、南隣にあった「むさし屋」が映画館の位置に移築された。道路の向かいには姉妹館の国際劇場があり、国際劇場では洋画を上映していた。*61

沼津東海劇場/沼津東映パラス・東映シネマ1・2

所在地 : 静岡県沼津市
開館年 : 昭和30年代中期以前
閉館年 : 2002年
昭和30年代中期の沼津東海劇場の写真あり。その後本町の銀星座が東海劇場の名前を受け継いでいる。夏休みには東映まんがまつりが開催された。2002年に沼津東映パラスが閉館したのち、建物は取り壊され、跡地は沼津駅西側のあまねガードの一部となった。*62

第一劇場/スカラ座・ピカデリー・プラザ(ジョイランド沼津ボウルビル)

所在地 : 静岡県沼津市添地
開館年 : 1957年以前
閉館年 : 2008年5月
1957年の第一劇場の写真あり。当時は邦画専門館であり、任侠映画『花の喧嘩状』の看板がかかっている。昭和30年代後半にはボウルビルに建て替えられ、映画館・ボウリング場・屋内スケート場などが入る娯楽ビルとなった。ジョイランド沼津ボウルビルは2007年に閉鎖された。*63

沼津宝塚劇場・有楽座/ジョイランドシネマ1・2

所在地 : 静岡県沼津市大手町8-5
開館年 :
閉館年 : 2015年2月27日
宝塚劇場→ジョイランドシネマ1(300席)、有楽座→ジョイランドシネマ2(283席)は、地上6階・地下1階建てのジョイランド沼津宝塚ビルにあった。以前はグランド劇場(148席)、ミラノ座(235席)、名画座(69席)を含む5館体制だったが、グランド劇場/ミラノ座/名画座は先に閉館している。

沼津シネマ10

所在地 : 静岡県沼津市大手町5-9-20
開館年 :
閉館年 : 営業中
静岡県東部唯一の成人映画館として営業中。

シネマサンシャイン沼津

所在地 : 静岡県沼津市大手町1丁目1−5
開館年 : 2006年4月15日
閉館年 : 営業中
2006年(平成18年)4月15日、沼津駅北口にBiVi沼津がオープンし、計1280席の映画館も開館した。沼津駅北口は開発が遅れていたが、1995年(平成7年)に静岡東部特定再開発事務所が駅北拠点開発事業を開始し、2002年(平成14年)には沼津駅北口バスターミナルを整備していた。*64

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます