かつて存在した映画館についてのwikiです。事実上の個人サイトであり管理人「hekikaicinema」のみが編集可能です。

旧西尾市

西尾市の映画館

昭和30年代、映画は黄金期を迎えた。その時代、西尾駅前にはわずか半径数百メートルの範囲内に、3つの映画館があった。松栄館西尾劇場、そしてパール劇場である。大正10年頃、西尾初の活動写真常設館として開館したのが松栄館である。その後戦前にオーナーが交代し、戦時を経て、戦後の復興期を迎えた昭和20年代半ばには、早くも、映画は人気を集め、館の増築が繰り返された。当時、西尾の街にはしばしば松栄館の巨大看板やPR部隊が出現し、道行く市民をワクワクさせた。松栄館以外にも戦前、西尾には芝居小屋や演芸場があったが、その多くは火災に遭い、失われた。そして周囲に芝居小屋がなくなった昭和15年、岡崎市の竜城座を移築して杮落としを迎えたのが、西尾劇場である。同劇場は昭和初期の都市開発、花ノ木耕地整理事業で生まれた新しい西尾駅前の発展を促す使命もあったという。西欧に倣ったまちづくりの中に位置づけられ、映画を上映するようになった戦後も、地域の文化施設としてさまざまに利用された。戦後の松栄館西尾劇場が主に邦画の上映館として人気を博した一方、洋画専門館として西尾に新しい風を吹き込んだのが、パール劇場だった。昭和30年、松栄館オーナーが始めた映画館である。当時、一般の日本人にとってまだまだ未知の部分が多かった外国の風物や風俗を、いち早く教えてくれたのは映画だった。衣服も髪型も、映画から流行が生まれた。西尾劇場は、昭和の匂いを纏ったまま今も営業を続け、平成20年、経済産業省の近代化産業遺産に認定された。*1

西尾劇場(芝居小屋)

所在地 :
開館年 : 1919年
閉館年 :
1940年に西尾駅前に開館した映画館の西尾劇場西尾東映)とは異なります。

西尾劇場の前身は本町の向春軒の隣にあった西尾座であり、この西尾座が市域最初の常設の芝居小屋であった。それが大正8年頃に火災によって焼失したため、名称も西尾劇場と改めて吾妻町に新築されたのが左頁の写真の建物である。巡り合わせという過去の建物お昭和の初めに焼失してしまい、西尾劇場株式会社は解散している。西尾劇場が建てられていたのは吾妻町の交差点から三間通りを北に入った辺りになる。現在は普通の商店街であり、ただ間口が商店6軒くらいはあったという話だけが、当時の建物の大きさを想像させるのみである。なお、後に花ノ木町に建てられた西尾劇場(現在の西尾東映)はこれとは別物で、かつて西尾座と双璧をなしていた鶴城座の社長、中村謙作を代表者として昭和15年に創立されている。

西尾劇場(映画館)

西尾劇場 CC BY atsushi masegi
所在地 : 愛知県西尾市花ノ木町4-15(1963年)、西尾市花ノ木町4*2
開館年 : 1940年
閉館年 : 2013年
Wikipedia : 西尾劇場
銀輪並ぶ西尾劇場前。映画の黄金期は、自転車の黄金期でもあった。駅利用者と劇場来場者の自転車がずらりと並んでいる。正面に見える数々のポスターが、上映本数の多さを物語る。「西尾東映」の表記と街並みは変わったが、西尾劇場のたたずまいはほとんどこの頃のままである。西尾市花ノ木町。昭和35年頃。*3


芝居小屋として誕生した西尾劇場には、昭和38年頃に内部が改築されるまで桟敷や花道があり、戦後しばらくは芝居と映画の両方を上演していた。そのほか、政治家の講演会から青年団の集会、プロレス興行まで、さまざまに利用された。写真は市議会議員を務めた劇場主の後援会発足会場となったときのもので、映画も見られると大勢の支援者たちが詰めかけた。西尾市花ノ木町。昭和30年頃か。*4

西尾パール劇場

所在地 : 愛知県西尾市花ノ木町4-43(1963年)、西尾市花ノ木町4(1980年)*5
開館年 : 1955年
閉館年 : 1980年以後
運営は松栄館と同じ松栄館。1957年頃の新築当初のパール劇場の写真あり。1955年(昭和30年)に開館した当時のパール劇場はかたの倉庫を利用していた。1957年から数年後、上映場の手前にロビーと受付ができる。西尾駅前の再整備にともなって、パール劇場があった場所は道路となっている。西尾市花ノ木町。*6

松栄館

所在地 : 愛知県西尾市高砂町26
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1990年以後1995年以前
運営は西尾パール劇場と同じ松栄館。
松栄館前の賑わい。中央通りから劇場前に差しかかる場所には看板アーチがあり、館の前には石畳が敷かれて、モダンな雰囲気だった。大看板には、長谷川一夫の『獅子の座』と花菱アチャコの『あっぱれ五人男』が見える。道を隔てた場所に、「竜神さん」こと日御碕龍神社ができる前の光景。西尾市高砂町。昭和28年。*7


松栄館前には趣向を凝らした看板や模型がしばしば登場し、市民の注目を集めた。この『用心棒』の三船敏郎の看板も大変巨大で、さぞかし迫力があったことだろう。当時の劇場はその外観でも、人びとを楽しませた。西尾市高砂町。昭和36年。*8


松栄館の関係者たちが赤穂浪士に扮し、映画をPR。西尾の街にはこうした宣伝隊がしばしば登場した。路上でのパフォーマンスに大人も子どもも連れ立って集まり、通行人も足を止めている。車が往来する現在では見られない光景である。西尾市吾妻町。昭和32年。*9

港座/平坂港座

所在地 : 愛知県西尾市平坂町長堀41(1963年)
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1966年以後1969年以前

合資会社澤村は戦前から多角経営を展開し、映画館として港座を運営した。港座は現在の西尾心月ホールの基盤になっている。港座は平坂町にあった唯一の映画館であり、様々な配給会社の作品を上映した。火曜日のサービスデーには2本立ての映画を20円で上映した。当時は娯楽が少なかったため、ホールに入りきれないほどの観客でにぎわった時期もある。*10

寺津劇場

所在地 : 愛知県西尾市寺津町巨海
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1963年以後

米津映画劇場

所在地 : 愛知県西尾市米津町蓮台6-1
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1963年以後

鶴城映画劇場/鶴城映劇

所在地 : 愛知県西尾市菅原町60
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 営業中

旧一色町

一色町の映画館

『一色町勢要覧 昭和27年版』p.49には劇場として以下の2館。
朝日座(一色字亥新田) 代表者:高須正義、内容:邦画・洋画、定員300人、従業員5人
一色映画劇場(一色字乾地) 代表者:田口音松、内容:東宝・新東宝・松竹、定員200人、従業員3人

『一色町勢要覧 昭和30年版』p.13には劇場として以下の2館。
朝日座(東新町) 代表者:森得一、内容:演劇・映画、定員300人
一色映画劇場(上栄町) 代表者:田口音松、内容:映画、定員200人

朝日座

所在地 : 愛知県幡豆郡一色町亥新田(1955年)*11、愛知県幡豆郡一色町一色字亥新田*12
開館年 : 戦前
閉館年 : 1963年以後1966年頃?
戦前、戦後を通じて幡豆郡一色町の町民に娯楽の殿堂として親しまれた朝日座。昭和37年ごろの写真だが、取り壊されて今はない。*13

1960年10月28日には一色町商工会創立総会が一色町朝日座で開催された。1961年5月31日の第1回通常総会、1962年5月26日の第2回通常総会、1963年5月29日の第3回通常総会、1964年5月25日の第4回通常総会、1965年5月25日の第5回通常総会も一色町朝日座で開催されている。1966年5月23日の第6回通常総会からは一色中部公民館で開催されている。それぞれの年に459人から593人の出席者があった。『一色町商工会創立30周年記念誌』p.96には朝日座の写真あり。*14

一色映画劇場/一色映画館

所在地 : 愛知県幡豆郡一色町上栄町5(1955年)*15、愛知県幡豆郡一色町栄町5*16
開館年 : 1950年
閉館年 : 1967年頃?

一色映画劇場と一色映画館が同一かは定かでないが、
1964年6月28日の新規卒業就職者激励大会、1966年5月15日の新規卒業就職者激励大会、1967年5月7日の新規卒業就職者激励大会は一色町映画館で開催されている。1968年の新規卒業就職者激励大会は勤労青少年ホーム集会室で開催されている。*17

旧吉良町

吉田座

所在地 : 愛知県幡豆郡吉田町富好*18
開館年 : 1934年
閉館年 : 1963年以前

旧幡豆町

幡豆映画劇場

所在地 : 愛知県幡豆郡幡豆町南岡割59*19
開館年 : 1916年
閉館年 : 1963年以後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます