かつて存在した映画館についてのwikiです。事実上の個人サイトであり管理人「hekikaicinema」のみが編集可能です。

笛吹市

テアトル石和

所在地 : 山梨県笛吹市石和町八田291
開館年 : 1968年
閉館年 : 2018年2月28日
1968年にテアトルアンネとして開館。当初はポルノ映画を上映していたが、レンタルビデオ店が普及するにつれて、1993年からロードショーを終えた作品を2本立てで公開する二番館に路線を変更。また原発や戦争などの社会問題を扱った作品も多く上映。映画上映以外には「シネ婚」などの企画、劇場貸し切りサービス、イベントでの出張上映など、地域に密着した活動を行ってきた。有泉商事であり、有泉忍50歳は3代目だった。50周年を迎えた2018年の2月28日に閉館。出張上映は続ける。テアトル石和サポートクラブが上映作品の案内紙を発行するなどして運営を支援していた。28日には開館からの歴史を写真で振り返るお別れ会を開催。*1

1968年にテアトルアンネとして開館。100席の1スクリーン。同じ運営会社の映画館は映画最盛期には18館もあったが、2001年に甲府市のテアトル甲府が閉館するとテアトル石和のみとなった。戦争や原発を主題とする社会派作品の上映に力を入れていた。2004年には石和町などが合併して笛吹市に。シネマコンプレックスの台頭などで観客数が減少したため、50年の節目となる2018年2月28日で閉館する。2月28日午後6時半からお別れの会を開催する。かつては月3000人の観客がいたが、閉館時には月500人にまで減少していた。*2

上野原市

大正館

所在地 : 山梨県上野原市
開館年 : 1912年
閉館年 : 1988年
1912年(大正元年)に演芸館として開館。1924年からは上野原唯一の映画専門館だった。1988年閉館。建物は登録有形文化財。映写機2代は使用できる状態で保存されている。2017年8月には昭和40-60年頃に上映された映画ポスター1800点の展示会が行われた。三船敏郎、石原裕次郎、小林旭、渡哲也、鶴田浩二、浅丘ルリ子、加山雄三、舟木一夫、和泉雅子らの出演作。美術評論家の阿部紀好が館長だった。*3

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます