かつて存在した映画館についてのwikiです。事実上の個人サイトであり管理人「hekikaicinema」のみが編集可能です。

刈谷市

刈谷映劇

昭和20年代の刈谷映劇
所在地 : 刈谷市広小路1-15*1
開館年 : 1918年
閉館年 : 2000年
座席数 : 308席
Wikipedia : 刈谷映劇

・刈谷市新栄町。
・戦前からの映画専門劇場であり、通称「東宝」と呼ばれる市民の娯楽の殿堂だった。
・廃業後の現在は跡地にマンションが建っている。
・大黒座と交互に刈谷市主催の成人式の会場になったことがあった。
*2

大黒座

1955年頃の大黒座
所在地 : 刈谷市元中根町48*3、刈谷市司町1-31*4
開館年 : 1918年(芝居小屋)、1950年(映画専門館)
閉館年 : 2012年
座席数 :
Wikipedia : 大黒座

刈谷町には、明治のころ緒川町(現司町)に大生座という芝居小屋があった。大正に入って、東浦緒川に通ずる街道の急坂を直すため土を取った跡地広場を利用して、伊藤鋭太郎という人が大黒座を創立した。名古屋の御園座をまねて仕上げたといい、格天井・周り舞台・大小2つの花道と桟敷など豪華なものであった。戦後は映画専門館となって、人びとに親しまれていた。*5


大正7年に創設され、菊五郎や幸四郎の歌舞伎、映画、政談演説会などが催された。格天井、回り舞台などを持つ大きな芝居小屋であったが、老朽化したので、惜しまれつつ現在の大黒座に変わった。手前は美しい庭園を持つ料理屋の大喜館で、跡地には電装会館が建っている。*6


知立で千両役者といえば、決まって五代目坂東蓑助である。元治元年(1864)池鯉鮒宿の旅籠巴屋の次男として生まれ、本名は鉄三郎、母の実家は東境(刈谷市)の泉正寺である。やがて認められて坂東喜知六の養子となり、明治22年守田勘弥の知遇を受け、坂東蓑助を襲名した。明治42年知立東雲座に出演した翌月、刈谷の大黒座で興行中急死した。47歳であった。*7


刈谷市のNPO法人が、運営しているデイサービスセンターの一角にミニシアターの整備を進めている。きっかけは近くの映画館から映画のビデオテープ約1200本を譲り受けたためだ。「だいふく」は2007年11月、駄菓子屋付きの小規模デイサービス施設としてオープン。昨年3月、「だいふく」が駐車場を借りていた近くの映画館「大黒座」が閉館。映画館と合わせてレンタルビデオ業を営んでいたオーナーから「お年寄りの鑑賞用にいかがですか」と、ビデオテープを無償で譲り受けた。大黒座は1918年に芝居小屋として開業。50年に映画館として生まれ変わり、地域の人たちに親しまれてきた。*8


日本映画全盛期を経て国内の映画産業が活気に溢れていた当時は刈谷市内に東宝・松竹の上映館“刈谷映画劇場”と東映・日活の“大黒座”といった邦画専門館が存在しており各劇場が上手く共存していた。*9

刈谷日劇

所在地 : 刈谷市広小路3-33(1963年)、刈谷市御幸町1-86(現在)
開館年 : 1954年
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 刈谷日劇
本Wiki内単独ページ : 刈谷日劇

知立市

東雲座/知立劇場

1950年の知立劇場
所在地 : 碧海郡池鯉鮒町中山町30*10、知立市中山町77
開館年 : 1926年*11
閉館年 : 1975年
Wikipedia : 知立劇場

大村六三郎が座主で、明治34年6月に行われた東雲座のこけら落しである。知立は文政8年(1825)の大阪版の芝居番付「諸国芝居繁栄数望」に三州池鯉鮒として、東方三段目(13番目)に格付けされているように、演劇の盛んなところであった。その名残が続いて、明治24年に西三河でも珍しい、常小屋日吉座ができたのである。明治43年に知立出身の名優坂東蓑助一座が、東雲座で興行したことは、今も老人の語り草になっている。*12


知立で千両役者といえば、決まって五代目坂東蓑助である。元治元年(1864)池鯉鮒宿の旅籠巴屋の次男として生まれ、本名は鉄三郎、母の実家は東境(刈谷市)の泉正寺である。やがて認められて坂東喜知六の養子となり、明治22年守田勘弥の知遇を受け、坂東蓑助を襲名した。明治42年知立東雲座に出演した翌月、刈谷の大黒座で興行中休止した。47歳であった。*13


大正の末期に、東雲座を建て直してできた劇場のため、一階も和式であったが、昭和25年に増資をして厳寒・座席を洋式にして、映画の常設館にした。知立劇場のこけら落しには、沢村宗十郎の「阿古屋の琴責め」が上演された。西三河地方で最も新しい大劇場であったが、昭和50年に閉館、のち取壊されて、跡は駐車場となった。*14


「劇場通り」は旧国道、旧東海道、新地通りが交わる六差路の中町交差点から、旧東海道を東へ向かう通りのこと。昭和40年代まで中山町に老舗の映画館「知立劇場」があったことからこの名が付けられた。なお、この写真が撮影された当時は、旧知立駅周辺に洋画専門の「オリオン座」と東映系の「第一劇場」があった。バイパスが完成する昭和26年まではこの狭い通りが国道1号で、渋滞が激しかったという。写真は知立劇場の方向から仲町方面を見ている。*15

知立オリオン座

所在地 : 碧海郡知立町知立西新地*16
開館年 : 1952年*17
閉館年 : 1961年
「劇場通り」は旧国道、旧東海道、新地通りが交わる六差路の中町交差点から、旧東海道を東へ向かう通りのこと。昭和40年代まで中山町に老舗の映画館「知立劇場」があったことからこの名が付けられた。なお、この写真が撮影された当時は、旧知立駅周辺に洋画専門の「オリオン座」と東映系の「第一劇場」があった。バイパスが完成する昭和26年まではこの狭い通りが国道1号で、渋滞が激しかったという。写真は知立劇場の方向から仲町方面を見ている。*18

知立第一劇場/知立第一東映

所在地 : 碧海郡知立町平田43*19、知立市内幸町平田43*20
開館年 : 1955年
閉館年 : 1994年
1966年の第一劇場
知立市内幸町にあった第一劇場。かつて知立には3つの映画館があり、互いにしのぎを削っていた。昭和30年、最後発として第一劇場が誕生する。3年前の同27年、新地町にオープンしたオリオン座に続く新設だった。そのため、過当競争が起こり、第一劇場開館から4年で、まずオリオン座が廃業。次いで同50年に老舗の知立劇場も廃業した。第一劇場は平成まで何とか生き残ったが、その後廃業。平成21年に建物も取り壊された。*21

知立小劇場

所在地 : 知立市栄1-8*22
開館年 : 1980年代初頭
閉館年 : 2008年
『映画年鑑1980年版別冊 映画館名簿』によると60席。洋画と成人映画を上映。運営は愛三観光。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます