かつて存在した映画館についてのwikiです。事実上の個人サイトであり管理人「hekikaicinema」のみが編集可能です。

<iframe src="https://www.google.com/maps/d/embed?mid=13fjGXjwAN..." width="640" height="480"></iframe>

このページでは一宮市の映画館を扱います(旧尾西市域・旧木曽川町域も含む)。一宮市以外の尾張地方の映画館については、尾張地方の映画館?で扱います。

旧一宮市域

一宮市の映画館

一宮市内で繊維産業が全盛を誇った昭和30-40年代には市内の映画館数が10館を超え、週末には繊維会社に勤める女性などで満員になった*1
その後の客数は減少の一途であり、10年前(1990年)に中心市街地にあった最後の映画館が閉館した*2

舞鶴座/日吉座

所在地 :
開館年 : 1902年
閉館年 : 1912年頃
一宮市内に演芸専門館が登場するのは1877年(明治10年)頃からであり日吉座明治座歌舞伎座真澄座などがあった。1902年(明治35年)に下馬町(現在の本町4丁目名古屋銀行西側)に開設された舞鶴座は、1906年(明治39年)に日吉座に改称。国鉄東海道線一宮駅が現在地に移転して駅前から岩倉街道が新設される際、日吉座は城屋敷18番地に移転した。移転先で新築された日吉座は収容人数720人の中規模演芸場。客席興行が主体であり落語・講談ファンで繁昌したが、1912年(大正元年)9月の台風の被害で再建されることなく廃業した。移転後の日吉座は、現在の本町4丁目「ぷらっと横丁」の一角でアーケード街。*3

朝日座/八百菊劇場/一宮大映/八百菊映画劇場(八映)

所在地 : 一宮市川田町
開館年 : 1921年
閉館年 : 1974年
演芸専門館が娯楽の殿堂としてもてはやされていたところに、映画の常設館が登場し、娯楽の流れは少しずつ映画へと傾いていった。一宮市に初めて映画常設館ができたのは大正10年、新町の朝日座である。同13年、都市計画で上本町路線が新設されたのを機に、やや北に移転した。左頁の写真は、移転直後の新装開店当日の朝日座とこけらおとしの記念上映に集まった観客を、現在の一真堂書店前あたりから撮影したものである。この立派な映画館も空襲で焼け、戦後、その跡地に寄席の八百菊劇場ができた。昭和21年には洋画専門の八百菊映画劇場となり、「八映」の名で市民に親しまれた。一時、一宮大映と改称したこともあるが、大映専門館として「八映」のまま昭和49年1月まで営業を続けた。大映の人気とともに興隆し、斜陽と共に運命を同じくした映画館のひとつであった。朝日座があったところは、市役所北交差点の八百菊貸店舗にあたる。*4


昭和20年12月、寄席劇場として八百菊劇場が、伊藤勤氏によって設立された。翌21年7月洋画専門館として八百菊映画劇場(通称八映)となり同30年一宮大映と改称した。だが昭和36年1月6日火災全焼、同年11月鉄筋コンクリート劇場として完成、一宮大映のまま興行したが、当時は映画の乱立時代で東宝、松竹映画をも上映した。同41年洋画館に転じ、再び八百菊映画と改称、其後は大映映画専門館となり、昭和49年1月6日閉鎖した。*5

朝日座

所在地 :
開館 : 大正10年
閉館 : 1945年
朝日座は大正10年3月、東北部の発展策として、京都の今井和一郎により、新町21番地に、活動写真常設館として建設された。収容人員は950人、興行管理人を小沢由太郎として経営したが、大正13年株式会社とし持主名義を取締役柴田為一郎とした。同年上本町路線の新設にあたり、隣接地上本町通5丁目に移転した。今次大戦空襲により姿を消した。一宮の人たちに映画を見せた最初の映画館で、古い時代の尾上松之助、坂東妻三郎、片岡千恵蔵、市川右太エ門、嵐寛寿郎らの映画で多くの人々を楽しませた。*6

弥生館

所在地 :
開館 : 大正12年
閉館 : 不明
弥生館は大正12年中町方面の繁栄策として、今枝久兵衛、木村甚九郎、佐藤忠左右衛門三氏の発起に依って中宮町2丁目、旧歌舞伎座跡に建設された。一宮では初めての様式鉄筋2階建の映画館で、収容人員650人。名義人は今枝久兵衛。映画は松竹現代映画を主とし、女優が初めて一宮で紹介されたものだった。枯すすきが大きな人気を呼び栗島すみ子の華麗な姿に多くの市民が集まった。活動常設館は通常1日2回興行だったが、この映画で1日3回上映されたのは珍しいことだった。朝日座との激しい競争があった。当時の映画製作は、日活、松竹の二社が大半で、朝日座が日活、弥生館が松竹として入場料金割引で争われたものだった。*7

友楽館

所在地 :
開館 : 大正12年
閉館 : 1945年
友楽館は大正12年市の東南部の発展策として、林利雄、滝多賀男、田中鉄三郎等の発起により、公園通1丁目に建設された。木筋コンクリート建、4階までの観覧席を持った大規模な劇場で、収容人員優に1200を超えた。当時市内3館のうち最大を誇った。管理人は本多吉次郎で、奇抜な興行振りは多くの市民に親しまれて来た。映画以外の寸劇またはレビューなどを組入れて、映画切替の間を埋めていた。主として松竹系の映画が多かったが、俳優を舞台に招いて挨拶させるなど、新しい興行策で繁栄を極めた。空襲によって焼失。戦後は一宮映画劇場となる。*8


一宮市大志。大正14年。大正14年11月、現在の公園通(本町通4丁目)に開場した友楽館は、常設の活動写真映写劇場として人気を集めた。戦災で焼失し、戦後、跡地には一宮松竹劇場テアトル一宮が開場した。*9

花岡劇場

花岡劇場
所在地 :
開館 : 1932年
閉館 : 1953年
花岡劇場は一宮料理業組合によって、広畑町に昭和6年11月工事を起し、昭和7年6月1日竣工した。木造2階建で防火のため外壁は着色モルタル塗、屋根はスレート葺としその建坪は361坪、収容人員、1500人を上回った。名義人は沢木明一、興行管理人は都築常三郎があたった。このこけら落としには関西大歌舞伎、実川延若が来演し華々しい門出であった。当時歌舞伎の殿堂として東西の有名一座が来演し、地方劇場としては花町だけにあでやか賑やかな劇場であった。今次大戦にも被害を受けることなく、終戦の焼け野原と化した一宮にたった一つの市民の慰安の場所として大きな使命を果たした。八百菊伊藤菊次郎氏によって、興行、経営され、特に構成音楽協会によって一流の芸能人が来宮し、すさみきった戦後の焼跡に明るい希望を与えたものだった。昭和28年漸く映画の進出が目立ち始め劇場として大一座を招く機会にも恵まれず遂に解体廃業した。*10


昭和7年の開場以来市民に親しまれた劇場で、各地から多方面の興行師や役者を迎えた。戦前は一流の歌舞伎等も上演され、戦災をまぬがれて昭和22年長谷川一夫が来演した。その後映画黄金時代になり取りこわされ、別の場所で映画館として事業は引き継がれている。*11

北栄館

北栄館
所在地 :
開館 : 1943年
閉館 : 不明
北栄館は昭和18年8月市の北部発展として、太田藤吉、築城国次郎等30有余名の人々の発起により杉戸町3丁目に建設された。木筋コンクリート建で、収容人員は420名、小型な寄席として開館されたが、映画館をも兼ねて北部にあって人気を集めていた。北栄館は市の中心を外れた条件としては不利な立場にあり好ましい成績を得ることはできなかった。ただ大きな記録として、オリンピック映画、美の祭典を独占上映したことは一宮の人々を喜ばせた記録がある。演芸館としては市民に印象の少ない演芸館であった。*12


今ではこの北栄館も一宮市民には懐かしい映画館となった。*13

一宮東宝劇場

所在地 :
開館 : 1937年
閉館 : 1945年
御朱印地町にあった満寿美座廃業後、昭和12年10月東宝劇場として映画専門劇場となった。戦前に於ける映画4館の1つである。PCL映画、日活現代映画などを上映した。当時はすでにトーキー時代を迎えており、新しい感覚の映画案として若い層に人気を集めて行った。この時代日本はすでに支那事変下であり、徐々に軍事映画の作品が多くなり、坂東妻三郎の『将軍と参謀と兵』、小林勇の『五人斥候兵』などが上映されて人気を博した。美女原節子が初めて一宮のファンに姿を見せた劇場でもある。今次大戦の空襲によって姿を消した。*14

一宮日活映画劇場

一宮日活(1960年)
一宮日活(1960年)
所在地 :
開館 : 1946年
閉館 : 1973年
一宮日活映画劇場は昭和21年5月、終戦後一宮で最初に日活直営館として建設された。御朱印地町元一宮宝塚劇場跡で、洋画、日活映画を中心に上映されていた。昭和35年4月、新しく鉄筋建築の映画館として、収容人員1200、再改築された。一宮の中心地であっただけに繁栄を極めた。戦後の人気俳優石原裕次郎、長門裕之、小林旭などを広く紹介していった。後は洋画専門館であったが、昭和45年以後映画も斜陽産業としてテレビ攻勢の前に屈し昭和48年後半にいたって日活の手を離れ映画館の幕を閉じ、本町通商店街の駐車場ビルとなった。*15


2009年11月15日の新聞記事
正面に昭和の大スター、石原裕次郎の手書き看板。封切りを心待ちにするファンが行列をつくっている。1960年の正月。一宮市本町にあった映画館「一宮日活」のにぎわいを収めた一コマだ。「今でも、日活の映画館前の本屋ですって言うと、通じるお年寄りが多いんだよね」。書店「蛍光堂」の店主、平出雅則さん(71)がほほ笑んだ。午後10時ごろまで上演していて、繊維会社に集団就職した女性従業員も大勢、来ていた。途中買い物に寄る人のため、書店を夜遅くまで営業したという。「映写技師のお兄さんと仲良くなって、スクリーンの裏側を見せてもらった。映画が最大の娯楽だった時代だよ」と振り返る。次第に客足が減り、市内に数軒あった映画館と同様に、一宮日活も閉鎖された。その後「本町商店街に駐車場を」と有志十数人が土地を買い取って、ビルを建てた。現在の本町パーキングビルで、4階建てで161台収容できる。*16


一宮市大志。昭和35年。御朱印地町(本町3丁目)に戦後開場したのが、日活映画劇場。石原裕次郎・小林旭・赤木圭一郎・浅丘ルリ子・吉永小百合らの活躍で日活映画が黄金時代を築いた昭和30年代には、いつも鈴なりのファンで埋まっていた。織物工場で働く女性たちの姿も多かった。*17

一宮東宝映画劇場/一宮東宝劇場

所在地 : 一宮市本町3-6-7*18
開館 : 1946年
閉館 : 1987年
一宮東宝映画劇場は昭和21年10月、東宝直営館として新柳通に開場した。開館当時は洋画専門館だったが各社の映画を上映した。開館の当日、古賀政男が来演したことは余り多くの人には知られていない。昭和26年10月より、東宝の傍系会社中部興行の直営館となった。三船敏郎、志村隆などがこの劇場から一宮の人たちに知られていった。多く消え去った映画館の中で、現在も興行をつづけている映画館である。*19

一宮東映

所在地 :
開館 : 1954年
閉館 : 1961年
一宮東映は昭和29年8月、八百菊こと伊藤菊次郎氏によって建設、八百菊映画劇場系列のもとに東映映画専門館として開館した。東映映画の出発時代で、中村錦之助、里見浩太朗、東千代之助などを一宮の時代劇ファンに紹介した。昭和36年5月閉館した。*20

一宮中央劇場/一宮中央東映劇場/一宮東映

所在地 : 一宮市東町50(1980年)*21、一宮市松降1丁目(1990年閉館時)
開館 : 1961年
閉館 : 1990年4月8日
一宮中央劇場は昭和36年2月伊藤菊次郎氏によって東町に建設された。主として洋画専門館として開館されたが、36年5月駅前東映の閉館により、一宮東映と改称し東映専属の専門館になった。名義人長崎勇氏、週1、2階の定体を持ちつつ現在も興行を続けている。*22



愛知県一宮市で唯一の映画館「一宮東映」(同市松降1丁目、小島潤二支配人)が8日閉館する。昭和30年代には市内で11館を数えたが、映画ファンの減少やビデオブーム、名古屋、岐阜に客を取られるなどで、人口26万の織物の町でついに映画館はゼロとなった。一宮市では昭和61年ごろまでは、映画館が3館あり、「一宮東映」も正月や、春・夏休みの客足でまずまず採算が取れたが、62年に一宮東宝、翌年に菊映が閉館した後、平日で10-30人、日曜日でも5、60人ほどしか客がなくなった。小島支配人は「駐車場がなく、客のニーズに合っていない面があった。若い人は名古屋や岐阜へ行ってしまう。映画とショッピングなどプラスアルファの魅力がないのが閉館に追い込まれた原因」と話している。*23

一宮菊映

所在地 : 一宮市大江1-12-7*24
開館 : 1953年
閉館 : 1988年
昭和28年、伊藤菊次郎氏によって解体された花岡劇場の資材によって、常念町に移築、よせとして菊劇場と称した。同30年鉄筋劇場として改築、菊ビル内に一宮菊映映画劇場として同年4月洋画専門館として開館した。現在も興行を続けている。名義人は伊藤義郎氏。*25

一宮映画劇場(松竹映画劇場)

所在地 :
開館 : 1946年
閉館 : 1957年
一宮映画劇場は昭和21年12月公園通1丁目(元友楽館跡)に、松波義一氏の手によって建設された。当時劇場建設については戦前の権利者が優先したもので、本多楽水氏名義を、豊橋映画合同株式会社代表松波義一に譲渡してなったもので、後この豊橋映画合同株式会社は尾張部、三河部に分かれ劇場建設後に解散した。同25年一宮松竹映画劇場と改称昭和32年解体した。*26

一宮松竹

所在地 :
開館 : 1958年
閉館 : 1973年
一宮松竹解体後昭和33年9月鉄筋2階建に改築、1階を一宮宝塚劇場とし、2階一宮松竹映画とした。収容人員は両館ともに1200人、宝塚は東宝映画、松竹は松竹映画を独占した。松波義一氏の映画館作りは東海一般にしられた人で、松波氏の手にかかったものは、豊橋、岡崎、大垣、津島、小牧、そして一宮と数十館にのぼった。昭和48年10月閉館した。*27

一宮東東映

所在地 : 一宮市川田町
開館 : 1958年
閉館 : 1967年
一宮東東映は昭和33年6月、解体された一宮松竹の資材を以て川田町に建設された。一宮松竹の系列の者で名義は松波義一氏、東映の二番館として一宮東部の発展に寄与した。同42年4月閉鎖。*28

マスミ映画劇場/一宮松竹マスミ劇場

所在地 : 一宮市松降1-8-12*29
開館 : 1960年
閉館 : 1982年
マスミ映画劇場は昭和35年4月、一宮松竹系列館として、松降(真清田神社東)に建設された。収容人員300人、松竹二番館として開館された。名義人松波義一氏。同57年4月閉鎖した。*30

ステーション劇場

所在地 : 一宮市長良町
開館 : 1955年
閉館 : 1972年
ステーション劇場は昭和30年7月一宮駅北(長良町)に建設された。名義人矢田三左右衛門氏。興行管理は松波義一氏。昭和47年9月閉鎖した。*31

国際劇場

所在地 :
開館 : 1957年
閉館 : 1971年
国際劇場は昭和32年5月駅西発展策として神山に建設された。閉鎖は同46年3月となっているが、資料には乏しい。一時名古屋の今枝隆義氏の名も見えたし、また松波義一氏の名もあったがその初期であったようだ。経営管理者については筆者にはわからない。*32

萩原劇場

所在地 : 中島郡萩原町萩原*33
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1963年から1969年の間

旧尾西市域

起映画劇場

所在地 : 中島郡起町156*34
開館年 : 1938年
閉館年 : 1950年代後半以後
尾西市に最も早くできた劇場は、明治43年開業の千歳座である。大正14年に経営組織を改変し、名称も起劇場となり、主に浪花節や講談の出し物で賑わっていた。昭和13年になると、蘇東線起停留所のすぐ傍の起街道沿いに、起映画劇場が開館した。地元の人々や地方から乗り物工場へ就職した女子従業員の娯楽の場として繁盛し、子供たちは入口に貼り出された映画の広告やスターのブロマイドに魅了されたものである。蘇東線が廃止されると、映画フィルムの入ったリール巻を運ぶ役割をバスが担い、起停留所の出札所にリール巻を置いておけば、映画館の従業員が取りにくることになっていた。それでバスの運転手は、無料で映画を見ることができた、と当時を知る人は語る。昭和30年には、21世紀映画社製作の「毛織物王国尾西市」という記録映画も封切られ、中部六県下の大映系映画館で一斉に上映された。その後、起映画劇場に代わってパチンコ店が開業したが、現在の同所には呉服の「扇屋」が営業している。*35



2011年10月9日の新聞記事「森繁よ何処へ行く」「不良少年」のタイトル文字に、流し目の俳優がひときわ目立つ看板。壁には次のプログラムかスターのポスターだろうか。1950年代後半、一宮市起の起街道沿いにあった映画館「起映画劇場」を移した一枚だ。「いつも客でいっぱい。街がすごくにぎやかだった」と振り返るのは現在、跡地に建つ呉服店「扇屋」を経営する欲賀登さん(74)。当時、毛織物で栄えていた起地区には、九州などから大勢の若い女性が働きにやってきた。彼女らにとって、森繁久弥や石原裕次郎ら銀幕のスターは憧れの的。「あづま起劇場」「尾西映画劇場」も含め、映画館は計3館あった。繊維産業が陰りを見せると、若い女性従業員らは姿を消し、人通りも寂しくなった。起映画劇場もパチンコ店を経て81年、呉服店に変わった。*36


昭和31年。起映画劇場は、東宝作品を中心に洋画も上映して人気があった。写真の看板には、東宝作品の森繁久彌主演『森繫よ何処へ行く』、菅原謙次主演『不良少年』、アメリカ映画のジェームズ・スチュアート主演『カービン銃第一号』、グレゴリー・ペック主演『紫の平原』などが見える。*37

起劇場/あずま起劇場

所在地 : 中島郡起町栄町*38
開館年 : 1951年
閉館年 : 1955年以後
昭和27年。あずま起映画劇場は昭和26年の開場で、東映作品を中心に上映した。写真には、開場1周年記念に人気歌手だった菅原都々子が来場するという看板が見える。起の中心部には、あずま起劇場起映画劇場尾西映画劇場の3館が集まっていた。*39

尾西映画劇場

所在地 : 尾西市起町茜屋41
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1965年以後
2008年9月7日の新聞記事
一宮とゆかりの深い歌手の舟木一夫さんが主演した映画「花咲く乙女たち」には、繊維工業で働く女性が数多く登場する。舞台は昭和40年ごろの一宮市尾西地区(旧尾西市)。映画に描かれた当時の女性工員らの憩いの場となったのが、この尾西映画劇場だ。撮影されたのは昭和30-40年代とみられる。「観客があふれるほどいて、席に座れずに立ち見した。ぐんと背伸びをして映画を見ていました」と、一宮市三条の主婦江崎敦子さん(67)は懐かしげに振り返る。昭和30年代の尾西には、織物工場に就職するため、外からも多くの女性たちがやってきた。朝から晩まで働く日々で、休みは月1、2回。まだテレビが広く普及する前の時代だから、休日には映画館に足を運び、美空ひばりや鶴田浩二の主演映画にくぎ付けになった。尾西の起地区だけで映画館は3館あったという。時を経て、写真にある映画館は閉館になったが、建物は今も残る。1階は貸し車庫、2階はアパートとして使われている。古びたコンクリートの外壁の正面には、「尾西映画劇場」の文字がうっすら。人々を魅了した存在感は消えていない。*40

奥町劇場

所在地 : 中島郡奥町芝原28*41
開館年 : 1935年
閉館年 : 1955年以後

旧木曽川町

帝国劇場

所在地 : 葉栗郡木曽川町*42
開館年 : 1950年代後半開館
閉館年 : 1960年から1963年の間に閉館

1957年(昭和32年)にドイツ人宣教師W・ウエレナー師によって開拓され、黒田字松山、あるいは小塩医院裏、虫鹿電器店(当時は自転車店)借家にて畳の部屋で集会が続けられ、その後D・ホッテンバッハ師の時に現在地の帝国劇場、国定興行社の事務所跡を購入して木曽川キリスト教会の集会所となりました。*43

木曽川東映

所在地 : 葉栗郡木曽川町*44
開館年 : 1950年代後半開館
閉館年 : 1963年以後閉館

木曽川銀座映画劇場

所在地 : 葉栗郡木曽川町黒田字古城15*45
開館年 : 1950年代後半開館
閉館年 : 1963年以後閉館

一宮市の映画館

通っていた小学校は第三国民学校から神山小学校となった。生れ育ったのは一宮駅南の新生。封切りのたびに、長くて大きな四谷踏切を渡った。千歳通りの東映に向かうのである。映画館は、大江の菊映が多かったと思う。裕次郎と小林旭が登場した昭和30年代は日活がすごかった。御朱印町にあった一宮日活は、いつも立ち見の状態で、その熱気がまた楽しかった。日活を見て、公園通りの松竹に行くといった、映画ざんまいの一日は、最高の幸福だった。休日には、集団就職で働く「織姫さん」(織物工場の女性従業員を親しみを込めてこうよんでいた)の姿もたくさん見られた。あの頃の一宮の街中にはほかにも、東町の大映、新柳通の東宝松竹と同じビルのテアトル、駅北のステーション劇場、駅西の国際劇場などが開館し、旧尾西市の起には、あずま起劇場起映画劇場尾西映画劇場があり、これらの映画館が「一宮文化」のひとつを形作っていたように思える。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます